メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 名無しさん@おーぷん 20/04/26(日)17:04:31 ID:3qf

    【キングヌーの常田さん、くっそサブい呟きをしてしまう。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: muffin ★ 2020/03/22(日) 12:27:29.22 ID:MXscdtEv9
    https://toyokeizai.net/articles/amp/337379
    2020/03/21

    まず注目するのは「上手さ」である。音楽家としての確実なテクニック。メンバーの経歴で目を見張るのは、作詞・作曲を担当する中心メンバー=常田大希と井口理が東京芸術大学出身という事実。

    ボーカル担当の井口理が声楽科出身というのはともかく、常田大希は何と音楽学部器楽科チェロ専攻で、ニューアルバム『CEREMONY』のクレジットでも、担当が「ギター、ピアノ、チェロ、コントラバス、プログラミング&ボーカル」だから忙しい。

    ほかのメンバーについても、2月23日放送のTBS・MBS系『情熱大陸』では、ドラムスの勢喜遊が、昔から通っている六本木のバー「Electrik神社」でセッションに参加している姿や、ベースの新井和輝が地元・福生のバーで「俺の音楽の生みの親」と表現するギタリスト・斎藤デメらとの演奏に興じる姿を映し出していた。

    平成の音楽シーンは「テクニック冬の時代」だった。演奏技術はデスクトップへの入力データに置き換わった。しかしその反動で、フェスブームなど生演奏への渇望が発生、しっかりとしたテクニックで、音楽を奏でられるバンドが求められることとなった。King Gnuは、クラシックやジャズの素養も活かして、そのニーズに真正面から応えている。

    驚いたのは、昨年末『紅白歌合戦』で生演奏を披露したことだ(井口理がラジオ番組で「生演奏」だったと明言)。最近の『紅白』は、さすがに「口パク」は少ないものの、演奏に関してほとんどがカラオケなのだが、そんな中、生演奏に果敢に挑んだ彼らの姿に、演奏テクニックへの確かな自信を感じたものだ。

    しかし、それだけだとここまでの成功に至らなかったはずだ。私が注目するのは、彼らの音楽の「美味さ」、つまり普通の音楽ファンにも、食べやすく/取っつきやすく仕上げている点である。

    中略

    最後に指摘したいのは、「上手さ」を「美味さ」に変える「巧さ」である。King Gnuの「戦略功者」としての側面についてだ。

    King Gnuのインタビューを読んでわかるのは、「自分たち自身はJポップという場にいない、別の場からJポップを演じている」というスタンスである。彼らが表紙を飾った『AERA』(2/3号)のインタビューで、ボーカルの井口理はこう語る。

    ――「J-POPシーンに切り込む、じゃないですけど、そういう形のバンドなので、どういうアプローチで歌ったらいいのか、自分なりに前回より切り詰めて考えました。あくまで一例ですが、カラオケで玉置浩二さんや布施明さんの歌を歌ったり、僕を知っている人がいない場で、どれだけ心を掴めるか、常に本番ですから」――

    この発言に垣間見えるのは、「玉置浩二さんや布施明」など、邦楽(≒Jポップ)の王道的な歌い方を、「あえて」選択しているという彼らの意識である。

    ここで思い出すのは、その井口理と常田大希の大先輩である、東京芸術大学音楽学部作曲科出身・坂本龍一に関するエピソードだ。

    今や「世界のサカモト」=坂本龍一が世に知られるキッカケとなったのは、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のメンバーとして、であり、そのYMOの最初期のヒットは、坂本作曲の『テクノポリス』(1979年)だった。

    この『テクノポリス』は、「踊れる音楽で売れる曲を」というYMOのリーダー・細野晴臣の意向で坂本龍一が、ピンク・レディーの大ヒット曲を徹底的に分析して作ったものなのである。

    そう言えばYMO(第1期)の活動期間はたった5年。常田大希は過去のインタビュー(2019年1月16日 CINRA.NET)で、「(アルバム)5枚目くらいで(バンドを)終わりにする」「ダサくなる前に終わらせる」と言っているという。ちなみにアルバム『CEREMONY』は3枚目となる。

    たった5年間であっても、YMOは私の人生に決定的な影響を及ぼした。King Gnuというプロジェクトが万が一、白日夢のように消え去ったとしても、その「上手くて美味くて巧い」音楽性は、永遠に語られるものとなるだろう。

    全文はソースをご覧ください

    ★1が立った日時:2020/03/21(土) 19:44:11.45
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1584787451/

    【『King Gnu』の音楽が別格的人気を得た理由。 「Jポップという場にいない、別の場からJポップを演じている。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (4)


    1: Egg ★ 2020/03/28(土) 22:11:25.35 ID:cfuPfQlm9
    昨年大みそかの「第70回紅白歌合戦」にも初出場した4人組バンド「King Gnu(キングヌー)」のボーカル兼キーボードの井口理(26)が28日、自身のツイッターを更新。新型コロナの感染拡大の中、文化庁長官名で出された「声明」に怒りを露わにした。

     文化庁は新型コロナ拡大の中、宮田亮平長官名で「文化芸術に関わる全ての皆様へ」と題した声明を発表。「明けない夜はありません! 今こそ私たちの文化の力を信じ、共に前に進みましょう」などと表明したが、この内容に井口は反応。

    この日、「いや、仮にも芸大の学長だった人からこのコメント出しは虚しいよ!! すでにみんな1か月仕事を失ってるんだから一刻も早く補償をしましょうよ!!!」と書き込んだ。

     現在、新型コロナの影響で日本の文化、芸術活動は危機的状況。美術館、博物館は1か月以上の長期休館。演劇、音楽など幅広い分野のアーティストや関係者たちがイベント全面中止によって、経済的にも大きなダメージを受けている。

     「文化芸術の危機」と言える状況下で補償に全く触れない宮田氏の言葉に井口が抗議する形となった今回のツイート。宮田氏は自身が学んだ東京芸大の元学長でもあり、その姿勢への疑問も露わにした形となった。

     「King Gnu」は昨年1月にメジャーデビュー。東京芸大声楽科出身の井口と同じくチェロ専攻出身の常田大希(27)の異なる特徴を持つツインボーカルと、ドラム・勢喜遊(27)、ベース・新井和輝(27)の実力派の“リズム隊”が魅力。紅白でも披露した「白日」はストリーミング累計再生数2億回突破のメガヒットとなっている。

    3/28(土) 20:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-03280113-sph-ent

    【『King Gnu』井口理、文化庁長官の声明に激怒。「このコメント出しは虚しいよ!」「一刻も早く補償をしましょうよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: muffin ★ 2020/03/25(水) 23:17:27.16 ID:uRoyLclk9
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/86314/2
    20年03月25日

     King Gnu「白日」のストリーミング総再生回数が2億回を突破した。

     「白日」は、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、2019年2月22日より配信がスタートした。
    2019/3/4付チャート(集計期間:2019年2月18日~2月24日)で15位に初登場し、翌週からはトップ10をキープ。
    チャートイン39週目を迎えた2019/11/25付チャート(集計期間:2019年11月11日~11月17日)で1億回再生を突破し、57週目となる2020/3/30付チャート(集計期間:2020年3月16日~3月22日)で2億回再生を突破した。

     なお、2017年10月のストリーミング・チャート集計開始以降、総再生回数が2億回を突破した楽曲は、Official髭男dism「Pretender」、あいみょん「マリーゴールド」、そして、King Gnu「白日」の3作のみとなる。

    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000086/86314/650x_image.jpg
    650x_image

    白日
    https://youtu.be/ony539T074w


    【『King Gnu』代表曲の「白日」がストリーミング累計再生数2億回突破。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2020/02/29(土) 20:21:52.55 ID:UXZP1Vqe9
    https://e-talentbank.co.jp/news/133469/
    2020.2.29

    2月27日深夜に放送されたニッポン放送の『King Gnu井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)』に出演したKing Gnuの井口理の発言が、ネットで反響を呼んでいる。

    番組内で、井口は3月26日の放送をもって同番組が終了すると告知し「オールナイトニッポン側からも続けませんかって話が来ていて、それはもう年末ぐらいかな、決めなきゃいけないみたいな感じだったんですけど」として、番組側の決定ではなく、自分の意志で終了することをうかがわせた。

    終了理由について「僕の中で葛藤が生まれてというか、それはまったく悪い意味ではなくて」「去年、King Gnuでかなり駆け抜けてきて、非常になんかこう…バンドもそうだし、自分もそうなんだけど、ひとつ消費してるじゃないけど、すり減らしてきた部分がものすごくあって」と、言葉を選びながら心境を明かした。

    続けて「自分の活動というか、もう一度見直したいなっていう時期になっていて、今」「自分の本当にやりたいことだったりとか、自分の伸ばしたいところを伸ばす一年に今年はしたいなっていう気持ちもあって」と、前向きな理由であることを覗かせながらも「本心も言えてたんだけど、“面白くしなきゃ”みたいな、どこか強迫観念に駆られてる時もすごくあって」「自分の中でしんどくなったりもしてて」と、複雑な思いもあったと吐露した。

    最後に「楽しくここまでやれたのは、本当にみんなのおかげというか、スタッフもそうだし、リスナーがちゃんといてくれて」「いい経験になれたというか、すごく楽しかったです」と、感謝を述べていた。

    【『King Gnu』井口理、冠ラジオ「オールナイトニッポン」の終了を告知。「自分の中でしんどくなったりもしてて。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: シュードノカルディア(栃木県) [JP] 2020/02/21(金) 15:30:14.75 ID:JrA3tjJx0● BE:886559449-PLT(22000)
    sssp://img.5ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
    King Gnu井口理、aikoに「好きだー!」 手作りシュークリーム贈呈で落涙

    人気バンド「King Gnu(キングヌー)」のボーカル&キーボードの井口理(いぐちさとる)さんが、
    シンガーソングライターのaikoさんに手作りシュークリームをプレゼントして、その「公開イチャつき」が
    反響を呼んでいる。

    井口さんとaikoさんの交友関係はファンの間では有名。井口さんは過去に勝手にaikoさんとの
    交際宣言したことがあった。しかし、2019年10月に自身がパーソナリティを務めるラジオ番組
    「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)にaikoさんがゲスト出演した際に、
    恋愛対象外であることが伝えられた。

    そんな2人が2020年2月20日深夜放送の同ラジオで再び共演。ラジオの中で、井口さんは
    aikoさんに手作りシュークリームを贈った。その様子は、動画アプリ「MixChannel」でライブ
    配信された。美味しそうにシュークリームを食べる様子を見て、「aiko好きだー!」と叫ぶ井口さん。
    その後CM中には、突然涙を流した。

    ラジオでは、aikoさんが自身のヒット曲「カブトムシ」を歌い、井口さんがそれにハモる場面も。
    途中、手も握り合っていた。2人の公開イチャつきはファンも公認のようで、「前回よりも親密度が
    上がった」「2人くっついてほしい」「aikoさんと結婚してよもう」といった声も散見される。

    https://www.j-cast.com/2020/02/21380250.html

    【『キングヌー』とかいうバンドのボーカルが『aiko』とイチャついてるらしい。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: プーアル ★ 2020/02/20(木) 22:55:50.95 ID:DBERLQdP9
    人気ロックバンド・King Gnuの井口理がファンに向けて発信したあるツイートが賛否を呼んでいる。

     問題となっているのは、井口が19日に投稿したあるツイート。
    その中で「全然自由だろっていうのは前提として、MV出すとYouTubeコメント欄で大喜利が行われる文化なんなんだろ」とユーチューブ動画のコメント欄でのファンのおふざけについて言及。
    「内輪ノリだしまじで笑えたことない」と厳しく断罪した。さらに、井口は「音楽や作品を出汁にして、おまえのコメントのいいね稼ぎに使うんじゃねえ」と釘を刺し、「ふざけるのはおれのリプ欄までにしとけよメリハリ」とつづっていた。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-200003966/

    【『King Gnu』井口「いいね稼ぎに使うな。」MVのYouTubeコメント欄が物議。曲に無関係のネタ発言に苦言。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/18(土) 18:57:17.765 ID:HB8xYtwK0
    オシャレ感、カッコよさ、演奏力、話題性
    全て持っていかれたよな

    【『サチモス』とかいう『キングヌー』に全てを持っていかれたバンド。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2020/01/18(土) 00:46:22.50 0
    要は平井研とかMISIAみたいなもんだろ

    【『King Gnu(キングヌー)』とかいうクッソつまらん音楽が持て囃されている日本音楽の堕落について。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 47の素敵な(武蔵國) (7級) 2019/12/16(月) 12:25:49.37

    【『King Gnu』とかいうバンドの発言がカッコよすぎると話題に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/08/10(土) 05:15:27.87 ID:9uIO9XX+9
    King Gnuの井口理が12kgのダイエットに成功! 「笑いはとれてませんが脂肪はとれました」
    [2019/8/9 19:55]
    https://33man.jp/article/007394.html
    King Gnu井口のスリムボディに注目!
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1159382443884830724/pu/vid/720x1280/x_fs3yDbO-3ZA-PA.mp4


    ミクスチャーロックバンド・King Gnuの井口理(ボーカル、キーボード)が8月8日に自身のTwitterを更新し、約12kgという大幅なダイエットに成功したことを報告した。体重を測定する動画が180万回以上も再生されるなど、ネット上で話題になっている。

    5ヶ月間で-12kgのダイエットに成功。

    78.5kg→66.7kg

    笑いはとれてませんが脂肪はとれました。
    井口理 (@Satoru_191)August 8, 2019


    今年1月から放送されたドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌『白日』をきっかけに、爆発的なブレイクを果たしたKing Gnu。同バンドのムードメーカー的な存在である井口は、『King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)』でパーソナリティを担当。また、Twitterでジャスティン・ビーバーやクリスティアーノ・ロナウド、バラク・オバマやローマ法王といったビッグネームを相手にKing GnuのMVのリンクを貼った“クソリプ”を送りつけることや、ネタ的な動画をたびたび投稿することでも知られている。

    ひょうきんなキャラクターで多くのリスナーに愛されている井口だが、不摂生な生活で体重が増加してしまったことが悩みだったようだ。しかし地道なランニングやジム通いの結果、「5ヶ月間で-12kgのダイエットに成功。78.5kg→66.7kg」と大幅なシェイプアップを果たしたことをTwitterで報告。ツイートに添付された動画では、アーノルド・シュワルツェネッガーの写真がプリントされたタンクトップを着用して「ぼく、ターミネーター!」とダイエットに至った経緯を寸劇で説明した。「これじゃあターミネーターじゃなくて、お腹の肉がハーミデーター」というダジャレで酒席を盛り上げた井口は、周囲が見守る中「あのころの僕、アイル・ビー・バック」と体重を測定。体重計のモニターにはたしかに「66.7」と減量の成果が表示されていた。

    「偉すぎる!」「有言実行カッコイイ!!」と称賛の声

    「笑いはとれてませんが脂肪はとれました」という井口の報告ツイートに対して、「偉すぎる!」「有言実行カッコイイ!!」「めちゃめちゃ痩せましたね!おめでとうございます!」「すごいじゃないですか!」「目標にします」など称賛と祝福のリプライが殺到。また「井口の面積が減った…」「余った12kg分の井口さん下さい」「ただの変態かと思ってましたが立派です」「タンクトップもシュワちゃんで草」「痩せたことよりもシュワちゃんタンクトップ持ってるのが驚き」など、ほんのりと屈折した反応も続々と寄せられていた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『King Gnu』の井口理が12kgのダイエットに成功。 「笑いはとれてませんが脂肪はとれました。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2019/04/27(土) 19:21:57.65 ID:rKqGztiP9
    2019.04.26.デイリースポーツ
    King Gnu Mステ出演にネット沸騰「洗濯物干してたが手が止まった!」
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/04/26/0012279210.shtml

     King Gnu・井口理
    https://i.daily.jp/gossip/2019/04/26/Images/d_12279211.jpg
    d_12279211


     大ブレーク中のロックバンド「King Gnu(キングヌー)」が26日、テレビ朝日系の生音楽番組「ミュージックステーション」でヒット中の「白日」をテレビ初披露したことで、ネットが沸騰している。

     キングヌーは4人組ロックバンドで、2017年からこの名前で活動している。

     Mステで共演したジャニーズWEST・中間淳太は「僕めっちゃくちゃ好きなんですけど、ジャニーズの中でもキングヌーさんのファンってたくさんいらっしゃるんですけど、間違いなく一番最初に好きになったのは僕だと思います。間違いないです。間違いないです。確実にもう毎日聴いてますから」と、キングヌー愛をアピール。

     司会のタモリとのトークでキングヌーが発した言葉は極めて少なく、常田大希がヒットについて「いやあ、ありがたいことでねえ。ありがたいことです」と語った他は、井口理と新井和輝が中間の称賛に対して「ありがとうございます」、ステージに向かう前に新井が「よろしくお願いします」と述べたのみ。勢喜遊は一言も発しなかった。

     ネットでは「洗濯物干してたが手が止まった!」、「今日のMステは神ですか?」、「もう世界のキングヌーだ!届かない花だ!!!!!」などの称賛が続々とツイートされる一方、「自害」、「なんで誰も教えてくれんかったの(お友達がいないからだよ!)」といった、見逃した人の悲鳴も次々にツイートされた。


    (おわり)

    ★1が立った日時:2019/04/26(金) 23:28:52.64
    前スレ
    【音楽】King Gnu Mステ出演にネット沸騰「洗濯物干してたが手が止まった!」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556288932/

    【『King Gnu』、Mステ出演にネット沸騰。】の続きを読む

    このページのトップヘ