メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/09/27(金) 19:24:25.90 ID:tH5Zl0ug9
     米米CLUBの石井竜也(60)が27日、TOKYO MX「5時に夢中」(月~金曜後5・00)に生出演。東京五輪の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」での国歌独唱が話題となった男性デュオ、コブクロの小渕健太郎(42)について自身の見解を語った。

     サッカー日本代表の試合で過去に国歌独唱を担当したことがある石井は、「今まで歌ってきた試合は全部日本が勝っている」「わりかし(自分は)国歌がうまいほうに入れていただいてる」とプチ自慢。声がうわずり、高音のまま歌い切ったことが「緊張しすぎ」などと、ネット上で注目となった小渕の歌唱について、「見ました。他にも、もっともっとひどい場合がありますけど」と話した。

     「君が代は難しいんです、歌う前は、一回深呼吸しています」と経験を交え語った石井。ネット上の小渕に対する批判的な声に、ギタリストの布袋寅泰(57)が、「力ある素晴らしいシンガーの一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」とコメントしたことには、「どうかなって思う」と疑問を呈した。続けて、「こういうときに、こういうフォローしないほうが、お前何やってんだって言ったほうが、本人はスッキリするかな、みたいな。失敗したヤツに対して力強い言葉って難しいですよね」と述べ、最後は「深呼吸することで袋(肺)が膨らむ。小袋が大袋になる」と共演者の笑いを誘っていた。

    2019年09月27日 17:51芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/27/kiji/20190927s00041000254000c.html

    【『米米CLUB』石井竜也、コブクロ・小渕の国歌独唱に持論。布袋のコメントには「どうかなって思う。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/09/24(火) 07:16:08.70 ID:GCUmPW0o9
    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/hotei-kobukuro

    布袋寅泰「ミスを許さない風潮、寂しい」コブクロ小渕の国家独唱、ネットの声に言及
    小渕さんは9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」で、国歌「君が代」を独唱。ネット上では、一部で「放送事故」などと揶揄する声も広がっていた。

    2019/09/23 07:28

    Kota Hatachi
    籏智 広太 BuzzFeed News Reporter, Japan
    Be one of the first to comment
    ギタリストの布袋寅泰さんが、コブクロ・小渕健太郎さんの国歌独唱についての意見を自身のSNSに投稿した。

    小渕さんは9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」で、国歌「君が代」を独唱。

    その歌声のキーが高かったことから、ネット上では「放送事故」「笑った」などという声が一部で拡散。一部のメディアは「笑撃」と取り上げたほか、「絶対に笑ってはいけないMGC」というYouTube動画は160万回以上再生されている。

    一方、「マラソンが大好き」という本人は歌唱後に「ちょっと思いが強すぎて、非常に緊張しすぎました。僕も限界に挑戦しようというところで思ってチャレンジしてみました。ひっくり返りましたけれど」と、コメントしている。

    布袋さんは「ネットで意見されているのを見て僕も動画を見た」とコメント。

    「確かに理想的な歌唱であったとは言えず、誰よりも本人が一番悔しい思いをしている」「歌いきった後の彼は、泣きたいくらい悔しかったはずだ」とその心境を記した。

    そのうえで、歌う前に「深々とお辞儀」をしたことに原因があると指摘。

    「発声の際大切な横隔膜と喉との間の呼吸バランスか崩れ、歌い出しからオクターブが狂い、瞬時に元に戻すことが不自然だと察し、そのままのキーで歌わざるを得ない状況であったと僕は推測する」

    布袋さんは「擁護もしない。しかし否定もしない」として、ネット上で揶揄するような声が広がったことに、こう自らの思いを綴った。

    「ただ、力ある素晴らしいシンガーの一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」

    https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2019-09/23/5/asset/8130c5295b2a/sub-buzz-1313-1569215551-1.jpg?downsize=700%3A%2A&output-quality=auto&output-format=auto&output-quality=auto&output-format=auto&downsize=360:*
    387d6c3c6e7a2b82ded0b438b793670c

    ★1が立った日時:2019/09/23(月) 15:49:04.29

    ※前スレ
    【布袋寅泰】「ミスを許さない風潮、寂しい」コブクロ小渕の国家独唱、ネットの声に言及★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569240530/

    【布袋寅泰、『コブクロ』小渕の国家独唱に言及。擁護と見せかけて追い討ちをかます。「ミスを許さない風潮、寂しい。」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: イエネコ(家) [US] 2019/09/15(日) 13:05:56.26 ID:LRG1mJH90● BE:231930161-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_suberi.gif
    2019年9月15日(日)――この日、日本代表が決まる。東京オリンピック マラソン日本代表選手選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」国歌独唱者にコブクロの小渕健太郎さんが決定!
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000025141.html


    この度、 2019年9月15日(日)に開催の東京オリンピック マラソン日本代表選手選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の国歌独唱者に、 コブクロの小渕健太郎さんが決定いたしました。

    コブクロは、 2001年3月「YELL~エール/Bell」でメジャーデビューし、 2014年には、 「今、 咲き誇る花たちよ」をNHKソチオリンピック・パラリンピックの放送テーマソングとしてリリースしました。
    小渕さんは、 2012年に初マラソン完走し、 今も走り続けているランナー。

     東京オリンピックに続く決戦の火ぶたが切られる、 明治神宮外苑いちょう並木のスタート/フィニッシュラインを前に、 オープニングセレモニーで国歌独唱をしていただきます。  

    「マラソングランドチャンピオンシップ」は、 明治神宮外苑いちょう並木を発着とし、 皇居や雷門、 東京タワーなど東京の名所を臨む42.195kmのコースで、 男子31名、 女子12名が出場。
    それぞれ2枠の東京オリンピックマラソン日本代表の切符を目指して走ります。

    【『コブクロ』、国歌斉唱でやらかす。】の続きを読む

    このページのトップヘ