メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > シャネルズ (ラッツ&スター)

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/08/24(土) 17:26:46.89 ID:YqUlUjqg9
     元タレントの田代まさし氏(62)が23日深夜放送のTBS系「NEWSな2人」(金曜深夜0・50)に出演し、薬物事件で逮捕された芸能人に手紙を出したことなどを明かした。

     2001年、04年、10年に覚せい剤取締法違反で逮捕されている田代氏は現在、薬物更生施設「日本ダルク」に所属し、薬物依存の実態を伝えるセミナーなどを行っている。番組では、MCを務めるNEWSの加藤シゲアキ(32)が、田代氏にインタビューした模様が放送された。加藤が芸能界の薬物問題について水を向けると田代氏は、「手紙を書いたりするんだよ、留置場とかに。有名な方たちに」と告白した。手紙の内容については、「よかったら(ダルクに)おいでよって。僕も完璧じゃないけど回復目指していますって」と話したものの「返事来ないもんね」と苦笑した。

     薬物事件をきっかけに、家族との関係も壊れてしまったそうで、「息子と娘はようやく会ってくれるようになったけど、娘には15年くらい会えなかった。成人式の写真も見られなかった」。今でも薬物を使いたい欲求に駆られることがあると明かした。今後の目標については、「前は目標を立てていたけど、届かなくて挫折して、打ち砕かれてもう1回(薬物に)手を出したから、もうそういうことは考えないようにした」と話していた。


    2019年08月24日 16:13芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/24/kiji/20190824s00041000232000c.html
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/24/jpeg/20190824s00041000227000p_view.jpg 
    20190824s00041000227000p_view

    【田代まさし氏、薬物で逮捕の芸能人に手紙書くも「返事来ないもんね。」 】の続きを読む

    images (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/11/24(土) 08:01:53.28 ID:CAP_USER9
     11月20日、久しぶりに『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)が放送された。殿と家来、腰元たちによるコントで知られているが、1986年から2001年まで、殿にツッコミを入れる側用人として田代まさしが出演、人気者だった。姿が消えたのは、度重なる逮捕と懲役によって元タレントとなったからだが、今回のバカ殿様放送より少し前、十年ぶりにバラエティ番組出演を果たしていた。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、田代がゲスト出演したスピードワゴン司会の『The NIGHT』(Abema TV)の挑戦と意義について考えた。

     * * *
     2016年に開局したAbemaTV。生まれては消えていく同局の番組のなかで、開局当初から一定の人気を保っているのが『The NIGHT』だ。月曜日~土曜日の深夜1:00~3:00に配信されるトーク番組。曜日ごとにパーソナリティーが変わる形態、AbemaTV版『オールナイトニッポン』と例えていいだろう。自由な番組作りが魅力、トークが脱線しても面白かったらオーケー、と生放送の即興性が発揮される。

     そんな『The NIGHT』、月曜日を担当するのがスピードワゴンの2人(井戸田潤、小沢一敬)。お笑い、裏社会、怖い話、エロ、少し危険なネタ扱うゲストを呼び番組を盛り上げる。しかし、10月30日に配信された『The NIGHT』は“少し”じゃなくて“かなり”だった。どれほどかといえば、生放送をやめて収録にするくらいにデンジャー。

     そんな厳戒態勢のなかで組まれた特集が「1周回って知らないマーシー」。ゲストに田代まさし本人を招き、波乱万丈な半生を紐解いた。最近、覚せい剤のご意見番としてニュースでコメントする機会も多いマーシー。しかし、バラエティ番組への出演は10年ぶりとのこと。これがめちゃくちゃ面白かった、私的ギャラクシー賞をあげたいくらい。

     1980年にドゥーワップグループ「シャネルズ」でデビュー、デビューシングル『ランナウェイ』が110万枚の大ヒット。その後、志村けんにお笑いセンスを見出されコメディアンとしても活躍。これが田代のすごくざっくりとした略歴。

     歌手時代の記憶はないが、『志村けんのバカ殿様』に出演していたことは覚えている。バカ殿・志村にツッコむ側用人・田代。当時小学生だった僕は天才2人のやりとりが好きだった。過去のバラエティ番組を見返す環境は誰もが持っているハズ。見たことがない方は、往年の『志村けんのバカ殿様』をチェックして欲しい、超楽しいから。

     事件前の田代は、評価が確立した人気者だった。現在のタレントで例えるならば、劇団ひとりクラスかなぁ……。司会力、トーク力、演技力と芸能人に求められる能力を全て持っていた。だから、今では本人曰く「日本一有名な元覚せい剤中毒者」。変な言い草になるが、一時代を築いたから“覚せい剤の象徴”になっちゃったマーシー。つまりタダ者ではない、尊敬できないがバカにもできない。

    山といえば川!
    田代といえば覚せい剤!
    いや、田代といえば盗撮!

     2000年、田代は駅構内で女性を盗撮したとして書類送検された。全てはここからはじまり、はじまり。覚せい剤を常用しおかしくなった結果、盗撮に至ったと考えている人は多い。僕もそうだった。しかし、本人曰く順番は逆。

    >>2以降に続きます

    2018.11.24 07:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20181124_810079.html?PAGE=1#container

    【田代まさし「10年ぶりのバラエティ」がめちゃくちゃ面白かった。】の続きを読む

    images (1)


    1: Egg ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/04(金) 19:28:56.71 ID:CAP
    度重なる薬物所持で逮捕され、現在は薬物依存リハビリ施設ダルクのスタッフとして働いている田代まさしさん。
    そんな田代さんが覚せい剤についてラップした楽曲「リハビリマーシー」をリリースしました。YouTubeにも動画が公開されています。

    もしもMC漢 a.k.a.GAMI率いる「鎖グループ」のスタジオに田代さんが訪れたら、という妄想仕立てのストー

    出会いのシーンでは田代さんがラッパーたちに「変なおじさん」「まだ(薬)やってんじゃねーか」
    「大丈夫かって話はマーシーのほうだぜメーン」などとディスられるシーンがコミカルに描かれています。すごい内容だ……。

    楽曲は漢さん、D.Oさん、RIKEYさんによるユニット「炎上BOYZ」が覚せい剤の危険についてラップし、
    田代さんに「マーシーは大丈夫か?」などと呼びかける構成。

    漢さんのラップの大師匠という設定の田代さんも「大丈夫だぁ」
    を連呼して自身の覚悟を伝えるラップを返しており、元ミュージシャンらしい姿を披露しています。

     いろいろと踏み込みすぎな内容に「こんなラップして大丈夫か?」
    ということのほうが心配になる楽曲「リハビリマーシー」。iTunesにて200円で配信中です。

    2016年3月4日 18時14分
    http://www.excite.co.jp/News/it_g/20160304/Itmedia_nl_20160304096.html

    動画
    http://www.youtube.com/watch?v=J3-5NcvTNz0


    【田代まさしが覚せい剤についてラップする「リハビリマーシー」リリース! ラッパーたちにディスられて「大丈夫だぁ」を連呼。】の続きを読む

    images (10)


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/06(土) 17:02:43.05 ID:Sl9OWBjp0.n
    清原容疑者は、覚せい剤の所持、使用については認めているものの、入手先については「しゃべらない」としている。これについて、暴力団からの報復を恐れているという見方もされているが、田代氏は違った見解を示した。
    「売人の名前は誰にも言わない」とし、その理由について「出所したときに連絡ができなくなり、次に頼めなくなるから」と説明。再び覚せい剤を手に入れられなくなる恐怖が、入手経路をしゃべらない理由の1つだと解説した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160205-00000039-dal-ent

    【元シャネルズ、ラッツアンドスター田代まさし「(清原容疑者が)入手先言わないのは出たらまたやるから。」】の続きを読む

    このページのトップヘ