メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/05/09(木) 19:34:21.20 ID:SEkGaRxq9
    https://www.oricon.co.jp/news/2135114/full/
    2019-05-09 19:03

    女優の芦田愛菜が9日、都内で行われたアニメ映画『海獣の子供』(6月7日公開)完成報告会見に出席。主題歌「海の幽霊」を担当しているシンガー・ソングライターの米津玄師について「好きでよく聴いていて、歌詞に魅力を感じています」と明かし「米津さんのことが好きなので、主題歌を歌ってくださると聞いた時はびっくりして、『どんな曲になるんだろう?』と楽しみでした」と笑顔で伝えた。

    米津が個人名義で映画主題歌を手がけるのは今回が初で、この日、予告映像第2弾とともに新曲「海の幽霊」が初公開。「大切なことは言葉にならない」とフレーズがあり、映画のキャッチコピー「一番大切な約束は、言葉では交わさない」に通ずる世界観が表現されている。

    映像を見て「登場キャラクターのジムのせりふで『人間は言葉にしないと思っていることの半分も伝えられない』というのがある。この世の中には『言葉で表現できないことがあるけど、ちゃんと理解しよう』と。その時に感じたことを心に留めておくことが大事だなと感じ、米津さんの曲が心に響きました」と満足げな様子。

    「映画を総括するような主題歌がほしかった」という渡辺歩監督は米津について「制作チームとともに主題歌をお願いしにいった時に、この映画はエンドロールが終わったあとにラストシーンがある。ですから、エンドロールの時にお客さんが立って移動してしまう懸念があると伝えたら、米津さんが『席を立たない曲を書きます』と…」と裏エピソードを告白。すると森崎は「かっけ…」と目を輝かせていた。

    作品全体の映像を観て芦田は「映像がとてもきれいで、『水は生きている』と。その映像に音楽が加わることで命を感じました」といい「自分の気持ちを誰かにわかってほしいのにうまく伝えられない女の子なので、そういう複雑な気持ちは共感できました」と演じたキャラクターに共感した部分を伝えた。

    同作は、五十嵐大介氏による同名漫画が原作で、自然界への畏敬を下地に“14歳の少女”と“ジュゴンに育てられた2人の兄弟”とのひと夏の出逢いを描く海洋冒険物語。『鉄コン筋クリート』などを手掛ける「STUDIO4℃」が制作し、監督を渡辺氏が担当。声優陣は、主人公・琉花役を芦田、海役を石橋陽彩、海の兄・空役に浦上晟周、アングラード役を森崎、ジム役を田中泯が務める。

    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190509/2135114_201905090889786001557396644c.jpg 
    2135114_201905090889786001557396644c

    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190509/2135114_201905090889530001557396644c.jpg 
    2135114_201905090889530001557396644c

    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190509/2135114_201905090887896001557396644c.jpg 
    2135114_201905090887896001557396644c

    【芦田愛菜、米津玄師好きを公言。「好きでよく聴いていて、歌詞に魅力を感じています。」 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/31(日) 19:29:18.26 ID:bTQaEeGb9
    31日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、和田アキ子が歌手の「米津玄師」の名前を言い間違い、ネットでツッコミが殺到する事態となっている。

    ■和田の発言に静まるスタジオ
    翌日の新元号発表を控えた今回の放送では、平成の主な出来事をプレイバック。そのなかで「平成で最もカラオケで歌われたアーティストTOP3」について、クイズ形式で紹介。

    3位「Mr.Children」、2位「EXILE」と回答が明かされていくなかで、1位を当てようと和田が口を開いた。

    「じゃぁ米山…くん、じゃないの?」

    この発言に、「誰?」と言った様子で静まり返るスタジオ。すぐに出演者から「米津?」と救いの手が伸び、事なきを得ることに。ちなみに1位は「浜崎あゆみ」だった。

    ■「ひどすぎる」と騒然
    この和田の言い間違いに、ツイッターのタイムラインには「ひどすぎる」「笑う…」とツッコミの声が殺到した。

    平成で最も歌われたアーティスト#米津玄師 って言いたかったんだろうけど、うろ覚えだから“米山”って答えた #和田アキ子#アッコにおまかせ #おまかせ #できない

    ? まりもっちゃん (@2008chai1005) March 31, 2019

    米山くんは笑うってww

    米津って誰かが突っ込むまで分からんかった笑

    ? はじ(ha〆) (@0zero_game_) March 31, 2019

    米津玄師を米山はひどすぎる!笑#アッコにおまかせ!

    ? 不機嫌な麦茶 (@sasayakiya) March 31, 2019

    ■ゲストに無茶振りも…
    和田はこの日調子が悪かったのか、ゲストに無茶な質問を投げかけるシーンも見られた。出演者に「いつ生まれ?」と聞いて回る和田は、平成生まれのタレント、元NMB48の山田菜々を見つけ、

    「平成生まれ(の人)って、いくつのときに『平成』って意識した(する)?」

    と謎の質問。「えーっ…」とあからさまに困惑する山田を見たカンニング竹山が、「それは大正や明治生まれの人が、アッコさんに『昭和っていつ意識した?』って聞いてるようなもんですから」とフォロー。和田は「ああ」と納得し、スタジオは笑いに包まれた。

    ■「名前間違いは失礼」6割
    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,336名を対象に調査したところ、全体の6割強が「人の名前を間違えるのは何よりも失礼だと思う」と回答した。

    次々の新しいスターがデビューする芸能界。すべてを覚えきるのは大ベテランといえども難しいのかもしれないが、まわりのフォロー含めて、ファンの期待を裏切らないでほしい。

    (文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
    対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162058185/
    2019年03月31日 14時30分 しらべぇ

    【和田アキ子、生放送中の番組内で『米津玄師』を言い間違え。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/17(日) 09:59:23.08 ID:pNn+Tib89
    http://image.dailynewsonline.jp/media/8/6/866b69aa89217c7c9b8d0ea8ccf96832827fb79b_w=666_h=329_t=r_hs=1223c564120a32abf9359ee940bfcf42.jpeg
    866b69aa89217c7c9b8d0ea8ccf96832827fb79b

    米津玄師が13日、Twitterを更新して<絵音に幸あれ>とツイートをした。この日は、2016年に「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が巻き起こした“ゲス不倫”騒動のお相手、
    ベッキーが結婚を報告したニュースが日本中を駆け巡っていた。
    なんとも意味深なコメントだが、米津玄師は川谷絵音を励ましたかったのだろうか、それともイジりたかったのだろうか。いずれにしろ、二人の仲が良いことは間違いない。

    川谷絵音も負けじとTwitterを更新し、<米津に幸あれ>というコメントを添えつつ、米津らしき人物が手で顔を覆っている写真をアップした。
    人気アーティスト同士の気さくな掛け合いに、ファンからは「米津さんもイジったりするんだ」
    「絵音はドンマイだけど、ふたりが仲良さそうでほっこりした~」という好意的なコメントが相次いでいた。

    アーティストとしてミステリアスな世界観を持つ米津玄師だが、その私生活の交友はことのほか広い。

    人気YouTuberのヒカキンは14日にTwitterを更新し、<昨夜、みんなと朝まで楽しく飲みました。
    一人一人全員と、めちゃくちゃ語り合いました。マジで楽しかった>というコメントとともに、飲み会の写真をアップした。
    セカオワハウスと見られる一室に、セカオワことSEKAI NO OWARIの男性メンバー3人と、野田洋次郎(RADWIMPS)、川谷絵音(ゲスの極み乙女。)、
    古市憲寿ら豪華メンバーが集結しており、米津玄師の姿も写り込んでいる。この1枚の写真からアーティストたちの知られざる親交が明らかとなっており、ファンからの反響は大きかった。

    米津はさる1月30日にもヒカキンと飲み明かしていたようである。
    この日、ヒカキンが更新したTwitterには<ヒカキン、米津玄師、まふまふ、ワタナベマホトでベロベロになるまで飲み明かしました。
    同世代、ネット世代なので話が噛み合いすぎで爆笑の連続でした。
    初対面で打ち解けて、最高の夜でした>とのコメントとともに、4人が泥酔している写真がアップされていた。米津とヒカキンとは馬が合ったのだろうと推察できるし、
    また米津がリラックスして笑っている表情には、孤高のアーティストというイメージとはまた違った魅力があり、そのギャップにときめいたファンも多いのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1695630/
    2019.02.17 08:05 wezzy

    【米津玄師の知られざるプライベートに一部のファンが「馴れ合う姿は見たくなかった。」】の続きを読む

    images (2)


    1: muffin ★ 2019/01/16(水) 19:56:33.50 ID:nKJQW+RB9
    https://www.musicvoice.jp/news/201901160111938/
    19年01月16日06時33分

     米津玄師が15日に自身のツイッターを更新し、吉田拓郎がラジオで自身を称賛したことに感謝。各方面からの「嬉しい言葉」を励みに2019年に臨む心境を明かしている。

     米津は「吉田拓郎さんがラジオでびっくりするくらい褒めてくださっている。嬉しすぎるな…。ありがとうございます」と感謝のツイートをおこない、radiko.jpで配信されているニッポン放送『吉田拓郎 ラジオでナイト』のリンクを貼った。

     吉田がパーソナリティを務め、毎週日曜夜に放送されている同番組。1月13日の放送の中で吉田は、家族で“米津漬け”の状態になっていることを明かした。

     この正月から自身も米津の過去の楽曲やライブ映像を視聴し続けていることを話す吉田。米津の音楽性について研究したといい、「男の僕が言うのもなんだけど、彼はセクシーです。率直に言ってセクシーな歌手です。なかなかね、セクシーな歌手は男性でいないんです」などと絶賛した。

     さらに、「明暗で言うと、僕は明るい方だと思う。詞の内容とか寂しい歌詞を歌ってたとしても、彼のボーカルが明なんで、聴く側の僕たちは救われるんですよ。どっぷり暗い方向に持って行かれると嫌なんだけどね、彼のボーカルが救ってくれる」などと、自らの言葉で米津の魅力を口にしていた。

     この吉田をはじめ、12日にはTOKYO FM『桑田佳祐のやさしい夜遊び』の中で、サザンオールスターズの桑田佳祐も米津を絶賛。紅白歌合戦で披露した生歌歌唱は多くの視聴者を釘付けにしたが、同業のアーティストにとっても語らずにはいられないパフォーマンスだったようだ。

     米津は前段のツイートに続けて投稿。「最近偉大な方々から嬉しい言葉をいただく機会が沢山あって、なにが起きてるのかよくわからずちょっと他人事っぽくも感じてるんだけど、しっかり受け止めて励みにしようと思う。今更だけど2019年もよろしくお願いします」とメッセージを書き込み、気持ちを新たに活動に挑みたい気持ちを寄せている。

     前段の番組のなかで、吉田は「彼の曲にはね、古い日本の歌謡曲的なノスタルジーを感じる時がね、曲の中にフワッとある。なんか聞き覚えがある、なんだろうっていう風に考える」などと世代や性別を超える力があることにも言及。

     さらに、「どんな新しい人がどんどんヒット曲を出そうと、どんなライバルが人気が出ようが、うらやましいとか、やきもちをやくとか、ジェラシーの感情は一切なかったです」とこれまでの自身を振り返りつつ、「自分は自分の音楽を進むだけと思っていたんですが、米津玄師、ちょっとやきもちをやいてる(笑)。ちょっとジェラシーを感じてる」と率直な心境を明かしていた。

    https://www.musicvoice.jp/wp-content/uploads/2019/01/photonews190107-K018.jpg
    photonews190107-K018

    ★1が立った日時:2019/01/16(水) 14:12:13.94
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547615533/

    【吉田拓郎も認める米津玄師の才能。「ちょっとジェラシーを感じてる。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/11(金) 21:35:33.59 ID:KyCotlQu9
    2018年大みそか、平成最後の紅白歌合戦は、見どころが多かった。
    サザンオールスターズは35年ぶりにNHKホールでパフォーマンス、ユーミンこと松任谷由実(64)もNHKホールにサプライズ登場、
    サブちゃんこと北島三郎(82)の復活、米津玄師(27)初のテレビ生出演など、多くの話題を集めた結果、2年ぶりに視聴率40%超えを記録した。

    NHK関係者も、胸をなでおろしている……と思ったが、「新たな火種が生まれてしまった。
    今年の年末が思いやられる」と、頭を抱えているという。いったいどういうことなのだろうか。

    「視聴率回復の要因となったサザンと米津玄師の遺恨です。自分たちが紅白最後の隠し球だと信じていたサザンにとって、不出場だったはずの米津玄師の出演は寝耳に水の出来事だったようです。
    また米津は、急遽出演が決定したにもかかわらず、彼の故郷である徳島県の大塚国際美術館内に5000本のキャンドルをともすという凝ったステージが用意され、
    国際的に活躍する菅原小春をダンサーに起用するなど、超特別待遇。最後の目玉アーティストが自分たちではなかったことは、サザンのプライドを大きく傷つけたはずです」(芸能記者)

    こうしたサザンのとまどいと怒りを察した一部のネットメディアは、12月28日に「米津の急な出場決定にサザンが激怒している」という記事を掲載。ネットは、この記事をめぐって一時騒然となった。

    ヒートアップするネット世論を沈静化させようとしたのか、サザンの公式ツイッターは、12月29日になって突如この記事に言及、激怒報道を完全否定したのだ。

    〈いよいよ紅白歌合戦が迫ってきました!!  米津さんの出演に、大激怒!? なんて文言をWeb見かけましたが、逆ですよー。
    ラジオでも桑田さんは、数年前から絶賛しながら曲をかけています。チーム一同おめでとうございますです。
    今年の紅白を一緒に盛り上げましょう!! 宜しくお願い致します〉(サザンオールスターズ公式ツイッターより原文ママ)

    しかし、フォローのはずのこのツイートも、更なる事態の悪化を招いてしまった。レコード会社関係者はこう言う。

    「公式ツイッターの文言は建前で、やはりはサザン側は米津玄師のふるまいを面白く思っていなかったと聞こえてきています。
    というのも、実はサザンの所属事務所は、このようなツイッターをサザンの公式見解として発信したツイッター担当者に対しても怒ったといいます。
    あんなかたちで相手にする必要はなかった。放っておけば良かったのに、と怒りを表したようですよ」

    来年以降も両者に出場してほしいであろうNHKにとって、この問題が遺恨になるという事態だけはなんとしても避けたいだろう。

    はたしてNHKは、2019年末、この問題をどう乗り越えるのだろうか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1647443/
    2019.01.11 06:30 日刊大衆

    前スレ 2019/01/11(金) 07:39
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547159999/

    【サザンオールスターズはやっぱり米津玄師に怒ってた? 紅白が頭を抱える”2年目の遺恨”。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し 2018/11/17(土) 00:15:12.37 ID:kIoYg7c50
    ジャニAKBがトップだった時代より100倍マシではあるが

    ※前スレ
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542375463/

    ※前スレ
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542378387/

    【『米津玄師』『あいみょん』『星野源』がトップアーティストな日本の音楽業界の終わりっぷり。】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2018/03/19(月) 19:38:40.31 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/14453664/
    2018年3月19日 12時25分 トピックニュース

    18日深夜放送の「Love music」(フジテレビ系)で、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音が、シンガー・ソングライターの米津玄師からショッキングな言葉を浴びせられるも尊敬していると明かした。

    番組では、川谷と吉本新喜劇座長の小籔千豊をゲストに迎え、影響を受けたアーティストや最近聴いている曲などについてトークを展開した。

    ストリーミングやYouTubeの関連動画を見て新しい音楽をチェックしているという川谷。最近聴いている曲について、原田真二の「タイム・トラベル」、People In The Box「かみさま」、米津玄師「Lemon」、サカナクション「夜の東側」を挙げると、友人でもある米津について語り始めた。

    川谷は「今、一番時代の価値観すらも作り出している」と米津の音楽性を絶賛し、「現代の鬼才」と評す。また、後輩にあたる米津からは「お前を先輩だとは思ってない」とショッキングな言葉を言われたそうだが、川谷は「米津君に関しては年は関係ない」と断言した。

    さらに川谷は「ただ、ただ天才が出てきたなという。10年とかじゃなくて、20年に一度ぐらいの天才」と熱弁。米津に対して嫉妬はあるかという質問には「嫉妬というか、とにかくリスペクトしかない」とも語っていた。

    【川谷絵音が後輩・米津玄師から言われた衝撃ひと言。「お前を先輩だとは思ってない。」】の続きを読む

    このページのトップヘ