メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2020/03/04(水) 05:57:12.04 ID:BHz1ulB59
    ジェネシス復活 13年ぶりの再結成ツアー開催へ 英The Sun紙報道
    2020/03/04 05:45
    http://amass.jp/131941/

    https://www.instagram.com/p/B9RNw6yhpW3/


    英タブロイド紙The Sunは、ジェネシス(Genesis)が再結成ツアーを行うと報道。メンバーはフィル・コリンズ(Phil Collins)、トニー・バンクス(Tony Banks)、マイク・ラザフォード(Mike Rutherford)の3人。3月4日に放送される英BBC Radio 2の番組『The Zoe Ball Breakfast Show』の中で再結成を正式に発表すると伝えています。

    ジェネシスのライヴ・パフォーマンスは2007年以来13年ぶり。The Sunによると、11月と12月に英国各地の複数のアリーナでコンサートを開催する予定で、今月後半にチケットを販売するという。

    ジェネシスの公式Instagramアカウントには、1978年発売のアルバムのタイトルでもある「And then there were three...」(※そして3人が残った)というコメント付きでこの3人の写真が投稿されています。

    この3人は、今年1月に同じ場所で目撃されています。3人は米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでNBAのニューヨーク・ニックスの試合(対ロサンゼルス・レイカーズ戦)を観戦し、その写真がファンサイトGenesis Newsに掲載されています。Genesis Newsは、3人は「将来の活動のために様子を見る」ためにニューヨーク市内で会ったという噂も紹介していました

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『ジェネシス』復活。13年ぶりの再結成ツアー開催へ。英「The Sun」紙報道。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2020/01/24(金) 22:20:56.19 ID:0srKsn2w9
    ジェネシスの3人が同じ場所で目撃され、再結成の噂を巻き起こす
    2020/01/24 12:36掲載
    http://amass.jp/130529/

    @genesis_news
    https://twitter.com/genesis_news/status/1220326915002773504


    ジェネシス(Genesis)の3人、フィル・コリンズ(Phil Collins)、マイク・ラザフォード(Mike Rutherford)、トニー・バンクス(Tony Banks)が同じ場所で目撃される。3人は1月22日、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでNBAのニューヨーク・ニックスの試合(対ロサンゼルス・レイカーズ戦)を観戦し、その写真がファンサイトGenesis Newsに掲載されています。写真ではラザフォードとバンクスが一緒に観戦しているように見え、コリンズは2人とは別で観戦しているように見えます。

    Genesis Newsによると、3人は「将来の活動のために様子を見る」ためにニューヨーク市内で会ったという噂もあるようです。単なる偶然なのかもしれませんが、同じ場所で目撃されたことで噂を巻き起こしています

    (おわり)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『ジェネシス』の3人が同じ場所で目撃され、再結成の噂を巻き起こす。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2018/09/29(土) 11:39:00.85 ID:CAP_USER9
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/68200/2
    2018/09/28

    フィル・コリンズがドラマー、プロデューサーとして他アーティストとコラボレーションした楽曲を、4枚組CDにコンパイルした作品『プレイズ・ウェル・ウィズ・アザーズ』をリリースした。

     本作には、フィル・コリンズが初めて参加したバンドとして知られるフレイミング・ユースをはじめ、70年代の伝説のアーティストであるブランドX、ブライアン・イーノ、ロバート・フリップ、ジョン・ケイルの曲や、80年代に関わったエリック・クラプトンやロバート・プラントの曲、あのバンド・エイドの大ヒット曲、さらにはクインシー・ジョーンズやトニー・ベネットとの共演まで、合計59曲を収録している。

     また、数々の面白いエピソードが楽しめるマイケル・ハンによるライナーノーツも収録。なかでも、ピーター・ガブリエルの3枚目のソロ・アルバムの仕事を通じ、エンジニアのヒュー・パジャムと80年代のポップを席巻するゲート・リバーブのドラム・サウンドを生みだした話は興味深い。同サウンドは、本作にも収録されているピーター・ガブリエルの「イントルーダー」で初めて聞かれ、後にフィル・コリンズの象徴的なヒット曲「夜の囁き」でも使われた。

    フィル・コリンズ『プレイズ・ウェル・ウィズ・アザーズ』 トレーラー映像
    https://youtu.be/mIM2iWsReqg



    ◎リリース情報
    アルバム『プレイズ・ウェル・ウィズ・アザーズ』
    2018/9/28 RELEASE
    <英文ライナーノーツ訳付、輸入盤国内仕様>
    【収録曲】:
    (Disc 1)
    01. ガイド・ミー・オリオン / フレイミング・ユース
    02. ナイツ(リプリーズ) / ピーター・バンクス
    03. ドント・ユー・フィール・イット / ユージン・ウォレス
    04. アイ・キャント・リメンバー、バット・イエス / アージェント
    05. オーヴァー・ファイアー・アイランド / ブライアン・イーノ
    06. サヴァンナ・ウーマン / トミー・ボーリン
    07. パブロ・ピカソ / ジョン・ケイル
    08. ニュークリア・バーン / ブランドX
    09. ノー・ワン・レシーヴィング / ブライアン・イーノ
    10. ホーム / ロッド・アージェント
    11. M386 / ブライアン・イーノ
    12. ・・・アンド・ソー・トゥ・F・・・ / ブランドX
    13. ノース・スター / ロバート・フリップ
    14. スウィート・リトル・ミステリー / ジョン・マーティン
    15. イントゥルーダー / ピーター・ガブリエル
    16. 予感 / フリーダ
    17. プレッジ・ピン / ロバート・プラント
    18. リード・ミー・トゥ・ザ・ウォーター / ゲイリー・ブルッカー
    (続きはソースをご覧下さい)

    【フィル・コリンズがドラマー/プロデューサーとしてのコラボ曲を集めた4枚組CDをリリース。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/06/09(金) 04:59:49.80 ID:CAP_USER9
    2017/06/09 03:09

    フィル・コリンズ(Phil Collins)が背中の手術を受けた影響で、歩行中に足先が垂れ下がり、歩行を始めとした日常生活に支障をきたす「下垂足(drop foot)」を患っていることが明らかにされています。フィルはロンドン公演を行うために滞在していたホテルで夜中にトイレに行く際、転んでしまい、近くにあった椅子に頭を打ったため治療のため病院に搬送されています。フィルは現在、回復に向っていますが、24時間は安静にする必要があるため、6月8日&9日に予定されていたロンドン公演は2日間とも11月に延期されています。


    Phil Collins
    https://www.facebook.com/philcollins/posts/10155346752787716
    http://amass.jp/89911/


    ∥画像∥
    http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2017/06/06/10/411E4BD700000578-4576360-image-a-32_1496739945861.jpg 
    411E4BD700000578-4576360-image-a-32_1496739945861
     

    【フィル・コリンズ、「下垂足」を患っていることが明らかに。ホテルで転倒して公演は延期に。】の続きを読む

    このページのトップヘ