メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/02/04(月) 22:14:09.08 ID:gvVqD+YT9
    Maroon 5(マルーン5)アダム・レヴィーンの上半身裸のパフォーマンスが、15年前のジャネット・ジャクソンと比較され、ダブルスタンダードではないかと物議を醸している。

    Maroon 5は、ジョージア州アトランタで2月3日夜(現地時間)に開催された、アメフトの頂上決定戦「スーパーボウル」のハーフタイムショーに登場。人気ラッパーのトラヴィス・スコットやBig Boiとともに、ヒット曲を次々と披露して会場を盛り上げた。

    パフォーマンスの後半で、レヴィーンはジャケットやタンクトップを脱ぎ捨て、最後は上半身裸になって熱唱した。

    このパフォーマンスと比較されたのが、15年前のジャネット・ジャクソンとジャスティン・ティンバーレイクのパフォーマンスだ。

    2004年のハーフタイムショーで、ティンバーレイクがジャクソンの衣装をはぎとった際、あやまってジャクソンの片胸が露わになるハプニングが起きた。

    一部始終がTVで生中継され、大問題になった。この出来事はその後「衣装の不具合」と説明され、ティンバーレイクとジャクソンはともに、この「事故」は意図的ではなかったと説明してきた。

    そして、ジャクソンはこの件で大きなバッシングを受けた。非難されたのはティンバーレイクではなく、ほとんどがジャクソンだった。

    2004年のスーパーボウルを放送したTV局CBSの当時のCEOは事件の後、CBS関連の放送局でジャクソンの曲を流さないように指示し、ジャクソンを締め出そうとした疑惑が報じられている。

    しかし、今回上半身裸でパフォーマンスしたレヴィーンは、ジャクソンのような批判は受けなかった。これに対し、「なぜアダム・レヴィーンの胸はOKで、ジャネット・ジャクソンの胸はダメなの?教えて」とか、「レヴィーンは露出して良くて、ジャクソンはダメなのか?ダブルスタンダードじゃ?」といった、疑問を呈する声がSNSで上がっている。


    2/4(月) 19:45配信 ハフポスト日本版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00010010-huffpost-int
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/04/jpeg/20190204s00040079233000p_view.jpg 
    20190204s00040079233000p_view

    【ジャネット・ジャクソンの”ポロリ”は非難されたのに、男性ならいいの? スーパーボウルの“矛盾“に疑問の声。】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/02/04(月) 16:40:41.74 ID:gvVqD+YT9
     第53回スーパーボウルのハーフタイムショーにはロサンゼルスで結成された人気バンド「マルーン5」と、多くの支持を集めているラッパーのトラビス・スコット(26)と、ビッグ・ボーイ(43)が出演したが、米国内のメディアの評価はいまひとつだった。

     USA―TODAY紙は「可もなく不可もないパフォーマンス。このイベントに対してこれでいいのか?」と疑問を投げかけ、AP通信のメスフィン・フェカドゥ記者は「マルーン5を表現する言葉として無、退屈、普通、眠気、とるにたらない、満たされない、不要」などが挙げられるだろうと記した。

     もともと試合が行われたアトランタはヒップホップの聖地で、マルーン5の曲調が合わないとする意見があり、途中からスコットの横でダンスを始めたマルーン5のボーカル、アダム・レヴィーン(39)のパフォーマンスにも違和感を訴える意見が続出。レヴィーンのボーカルとゴスペルのバックコーラスも“ミスマッチ”と指摘された。

     大きな問題やハプニングなどはなかったが、無難にこなしすぎたゆえに評価が上がらなかったパフォーマンス。歌い終えたスコットが背中からステージ下のファンに向かって倒れこむ場面が「唯一のハイライト」とも報じられた。

     今回のハーフタイムショーを巡ってはかねてから論争がぼっ発。国歌吹奏時に膝をついてリーグを追われた状況になっている元49ersのQBコリン・キャパニック(31)への支持を訴えるために、ハーフタイムショーのオファーを受けていたリアーナやカーディ・Bらは出演を断っていた。

     昨年の第52大会で同じくオファーを拒否したヒップホップ界の大御所、ジェイ・Z(49)は、スコットに対して出演を断るように訴えたほど。結局、ハーフタイムショーの出演者が公表されたのは1月に入ってからで、微妙な「立ち位置」を察してか、マルーン5はアトランタ入りしてからの公式会見をキャンセルしていた。

     キャパニックがどこかのチームと契約してNFL復帰を果たさない限り、来年もまたオファーを断るアーティストが出てくる可能性が大。NFLの関係者にとっては悩み多き“演出”になりそうだ。


    [ 2019年2月4日 15:05 ]
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/04/kiji/20190204s00040079247000c.html
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/04/jpeg/20190204s00040079233000p_view.jpg 
    20190204s00040079233000p_view


    Maroon 5 FULL Super Bowl LIII Halftime Show ft. Travis Scott & Big Boi
    https://youtu.be/zIwkhEqVq4s


    【NFLスーパーボウルハーフタイムショーで論争を呼んだ『マルーン5』 米メディアは辛らつ評価。】の続きを読む

    images (2)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/30(水) 18:53:40.08 ID:nx4suE/59
     第53回NFLスーパーボウル(2月3日=アトランタ)のハーフタイム・ショーに出演する人気バンド「マルーン5」が29日に予定されていた公式会見を直前になってキャンセルした。NFL側は「日曜日には準備していた通りのステージを見せるだろう」としたが、マルーン5側は会見を中止にした理由を明らかにしていない。

     今回のハーフタイムショーを巡っては論議が続出。当初出演オファーを受けていたのはバルバドス出身の人気シンガーで女優、モデルでもあるリアーナ(30)だった。しかしリアーナは国歌吹奏の際に膝をついて抗議の姿勢を示した元49ersのQBコリン・キャパニック(31)を支持するためにNFLからのオファーを拒否。その“代役”となったマルーン5に対しては各方面から「抗議の姿勢を示せ」という声が沸き起こっていたが、バンド側はここまで沈黙を貫いている。

     ペイトリオッツとラムズが激突する舞台となったアトランタは、ヒップホップのルーツという土地柄もあって人気ラッパーの起用を望む声も多く、マルーン5の曲調が合わないとする意見も出ていた。


    [ 2019年1月30日 11:52 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/30/kiji/20190130s00041000145000c.html

    【NFL・スーパーボウルでハプニング。ハーフタイムショー出演の『マルーン5』が会見をドタキャン。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/14(月) 18:00:38.91 ID:QPzTaL229
    【1月14日 AFP】米ナショナルフットボール(NFL)の王者を決める第53回スーパーボウル(Super Bowl LIII)で、グラミー賞(Grammy Awards)を3回受賞している米バンド「マルーン5(Maroon 5)」がハーフタイムショーのメインを務めることが決まった。出演拒否を求める署名活動も行われていた中で、リーグとバンドがどちらも13日に発表した。

     NFL王者を決める年に一度の祭典スーパーボウルは、今年は2月3日にアトランタ(Atlanta)のメルセデス・ベンツ・スタジアム(Mercedes-Benz Stadium)で開催される。ハーフタイムショーは、毎年全米で視聴率がとりわけ高まるスーパーボウルのハイライトで、マルーン5は地元出身のビッグ・ボーイ(Big Boi)、今年のグラミー賞にノミネートされたトラビス・スコット(Travis Scott)という、ラッパー2人と共演する。

     一方でマルーン5の出演はしばらく前にうわさが出て以降、大きな論争を呼んでおり、元NFL選手のコリン・キャパニック(Colin Kaepernick)を支持する姿勢を示すため、出演を拒否してほしいと嘆願するオンライン署名が7万5000人以上から集まっていた。

     キャパニックは黒人差別や社会の不正義に対する膝つき抗議を始めた人物で、報道によれば、キャパニックを支持する複数のアーティストが、ハーフタイムショー出演を断ったという。また音楽業界誌「ビルボード(Billboard)」が匿名の人物の言葉として明かした情報によれば、スコットはリーグが自分と一緒に社会運動団体へ寄付を行うことを条件に、オファーを受けたという。

     膝付き抗議をめぐっては、2016年から所属チームのない状態が続いているキャパニックが、リーグと各チームのオーナーが共謀して自身を「干した」として、両者への苦情を申し立てている。さらに、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が膝つき抗議をする選手を「くそ野郎」と呼び、クビにしろと求めたことで、抗議は大きな社会問題と化している。(c)AFP

    2019年1月14日 11:45 発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]
    http://www.afpbb.com/articles/-/3206266?act=all
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/d/1000x/img_9dcbf3879108e11c42a1da6ac35e0c8f209110.jpg 
    img_9dcbf3879108e11c42a1da6ac35e0c8f209110

    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/nfljapan/wp-content/uploads/2019/01/14144831/0ap3000001010246.jpg 
    0ap3000001010246

    【第53回スーパーボウルのハーフタイムショーに『マルーン5』出演が決定。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/09/24(月) 18:04:04.68 ID:CAP_USER9
    [19日 ロイター] - 来年2月に開催される米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王者決定戦「スーパーボウル」のハーフタイムショーに、米国のポップバンド「マルーン5」が出演する。芸能誌バラエティが19日、匿名の関係筋2人が確認したとして報じた。

     報道によると、来年2月3日にアトランタで開催されるスーパーボウルのショーに、「マルーン5」はヘッドライナーとして出演する。

     NFLのスポークスマンは、「ショーがどのようなものになるかについての発表は何もない」と述べた。マルーン5からもコメントは得られていない。

     「スーパーボウル」のハーフタイムショーは、米国では最も注目を集める芸能イベントの一つで、数千万人がテレビを通じて鑑賞する。

     これまでビヨンセ、レディー・ガガ、ケイティ・ペリー、マドンナ、ブルース・スプリングスティーン、プリンス、マイケル・ジャクソンなどの人気スターが出演している。


    2018年9月24日 15時24分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0103741
    https://img.cinematoday.jp/a/N0103741/_size_640x/_v_1537520519/main.jpg 
    main

    【マルーン5、来年のスーパーボウル・ハーフタイムショー出演。】の続きを読む

    このページのトップヘ