メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/04(水) 22:19:47.95 ID:CAP_USER9
    2018/04/04 12:11
    キング・クリムゾン結成50周年、そのキャリアを総括する日本ツアーが11月、12月に決定

    キング・クリムゾン(King Crimson)結成50周年、そのキャリアを総括する日本ツアーが11月、12月に決定。東京、北海道、宮城、石川、大阪、福岡、広島、愛知で行われます

    <King Crimson>

    【来日メンバー】
    Robert Fripp - Guitar
    Jakko Jakszyk - Guitar, Vocals
    Mel Collins - Saxes, Flute
    Tony Levin - Basses, Stick, Backing Vocals
    Pat Mastelotto - Acoustic And Electronic Percussion
    Gavin Harrison - Acoustic And Electronic Percussion
    Jeremy Stacey - Acoustic And Electronic Percussion, Keyboards
    Bill Rieflin - Mellotron, Keyboards, Fairy Dusting

    ●2018/11/27(火)11/28(水)11/29(木) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/2(日) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
    OPEN 17:00  START 18:00
    (中略)

    ●2018/12/4(火) 宮城・仙台サンプラザホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/7(金) 石川・本多の森ホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/9(日)12/10(月) 大阪・グランキューブ
    12/9(日)OPEN 17:00  START 18:00
    12/10(月)OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/12(水) 福岡・福岡サンパレス
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/14(金) 広島・広島文化学園HBGホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/17(月)12/18(火) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/21(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.creativeman.co.jp/artist/2018/12KingCrimson/


    http://amass.jp/103247/

    【キング・クリムゾン結成50周年。そのキャリアを総括する日本ツアーが11月、12月に決定。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 湛然 ★ 2018/01/01(月) 04:50:35.53 ID:CAP_USER9
    2017/12/28 19:5

    キング・クリムゾンのライヴ・アルバム『ライヴ・イン・シカゴ2017』が日本発売決定

    キング・クリムゾン(King Crimson)のライヴ・アルバム『Official Bootleg: Live in Chicago, June 28th, 2017』が日本発売決定。『ライヴ・イン・シカゴ2017』は2018年2月21日発売。日本盤は2HQCD、見開き紙ジャケット、日本語解説付き。リリース元はWOWOWエンタテインメント。海外盤は10月に発売済。

    キング・クリムゾン・コレクターズ・クラブのスペシャル・エディションとして発売された本作には、最新の米国ツアーから2017年6月28日シカゴ公演の模様をCD2枚に収録。

    以下、インフォメーションより
    1年間の休養を経たビル・リーフリンがキーボード・プレイヤーとして復帰し、8人という最強体制となった2017年のクリムゾン。至上最も緻密で完璧と言っても過言ではない、ハイクオリティーのパフォーマンスが収録された2017年ライヴ盤が来年2月にリリース!
    注目の新曲「エラーズ」、2016年に引き続きアンコールの定番となった「ヒーローズ」を始め、2016年からセットに入ったアルバム『リザード』からの楽曲を更に発展させた「リザード組曲」、そして、2016年のボックス・セット『セーラーズ・テールズ』発表に合わせ、オリジナル発売当時は1971年秋のUKツアーで数回演奏されたのみだった超レア曲「アイランズ」が46年ぶりにセットに復活!
    また、80’sクリムゾン期のヴォーカル入り楽曲は封印かという大方の予想を覆し「ニューロティカ」が先鋭的なアレンジでセット入りするなど、セットリストは話題満載

    【メンバー】

    Mel Collins: Saxes & flute
    Robert Fripp: Guitar & keyboards
    Gavin Harrison: Drums
    Jakko Jakszyk: Guitar & voice
    Tony Levin: Basses, stick, voice
    Pat Mastelotto: Drums
    Bill Rieflin: Keyboards
    Jeremy Stacey: Drums & keyboards

    ●『ライヴ・イン・シカゴ2017』
    2018年2月21日発売(中略)価格:\4,000+税
    仕様:2HQCD、見開き紙ジャケット、日本語解説付き

    [CD 1]

    Intro: Scape Bells
    Larks’ Tongues In Aspic, Part One
    Neurotica
    The Errors
    Cirkus
    The Lizard Suite:
    a) Dawn Song
    b) Last Skirmish
    c) Prince Rupert’s Lament
    Fallen Angel
    Larks’ Tongues In Aspic, Part Two
    Islands
    Pictures of a City

    [CD 2]

    Indiscipline
    The ConstruKction of Light
    Easy Money
    The Letters
    Interlude
    Meltdown
    Radical Action II
    Level Five
    Starless
    Heroes
    21st Century Schizoid Man


    http://amass.jp/99242/

    【キング・クリムゾンのライヴ・アルバム『ライヴ・イン・シカゴ2017』が日本発売決定。】の続きを読む

    images (3)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/08/05(土) 12:45:30.08 ID:CAP_USER9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000145416
    2017-08-04 17:33:01

    キング・クリムゾンが、ライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・ジャパン 2015』を9月27日にリリースすることを決定し、詳細内容が公開された。

    ライヴ本編にあたる2016年12月1日のウィーン公演はアンコールを含め全27曲を完全収録している。
    ドラム・トリオの一角、ビル・リーフリンがジェレミー・ステイシーに交代し行われた2016年ヨーロッパ・ツアーは3rdアルバム『リザード』収録の大作タイトル曲を部分抜粋ながらライヴで初披露、
    2016年初頭に亡くなったデヴィッド・ボウイへのトリビュートとしてアンコールで「ヒーローズ」を演奏するなどファンの注目を集める話題が目白押しで、
    単にキング・クリムゾン・コレクターズ・クラブのスペシャル版としての発売ではなく、ロバート・フリップ自らが陣頭指揮を執り、ヒット作となった『ラディカル・アクション』クラスのクオリティの高い作品となっている。

    期待値の高いウィーン・ライヴ本編以上に話題となっているのが、日本盤パッケージのみに付く『ライヴ・イン・ジャパン2015』部分だ。
    2015年のジャパン・ツアー全10公演から1曲ずつピックアップしたものが収録。
    過去、日本盤用にボーナス・トラックが追加されることはあったが、専用のライヴCDが制作されたことは一度もなく、このCDは長きに渡りクリムゾンを支持してきた日本のファンが勝ち取った最大の成果と呼べるだろう。
    『ライヴ・イン・ジャパン2015』部分は永久保存盤としてHQCDフォーマットでプレスされることが決定している。

    『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・ジャパン 2015』は日本大幅先行発売となり、海外は2018年1月以降の発売となっている。

    また、クリムゾンのオフィシャル・グッズ・CDを扱うショップが池袋パルコ店にて期間限定出店することが決定した。
    8月10日~9月4日で行われるプログレッシブ・ロック公式グッズの祭典「THE PROGRESSIVE ROCK 2017」内に特設ブースにて出店。
    普段はwebでしか買えないオリジナル・グッズの数々やCD、限定BOXなど約50点の商品に加え、会場限定商品なども並ぶ予定。
    メンバーの等身大ともいえる巨大パネルも登場。今年亡くなったジョン・ウェットンを含めた『太陽と戦慄』期のメンバーのパネルとなっている。

    また、『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・ジャパン 2015』の予約も受付する。会場限定特典が付くのでぜひ足を運んで欲しい。

    (続きはソースをご覧下さい)

    https://img.barks.jp/image/review/1000145416/news_photo01.jpg 
    news_photo01


    【キング・クリムゾン、3枚組ライヴ・アルバム詳細発表。池袋パルコにグッズの期間限定ショップも出店決定。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/06/29(木) 05:25:46.47 ID:CAP_USER9
    2017/06/28 14:51

    キング・クリムゾン(King Crimson)のライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015』が日本で9月13日発売予定。
    メーカー・インフォメーションによれば、海外盤『Live In Vienna』の内容に日本盤のみのライヴ・トラック『ライヴ・イン・東京 2015』を追加した日本盤オリジナル仕様でリリースされる予定。リリース元はWOWOWエンタテインメント。

    『Live In Vienna』には2016年に行われたワールド・ツアーからウィーン公演(11月31日、12月1日)の音源を収録。

    日本盤のみに収録される『ライヴ・イン・東京 2015』には、2015年ジャパン・ツアーより、東京・渋谷オーチャード・ホール6公演からセレクトされたライヴ・トラック全10曲を収録予定。

    CD枚数は海外盤も日本盤も3枚ですが、日本盤オリジナル仕様は海外盤収録内容をCD1、CD2に詰め込み、CD3に『東京 2015』を収録する予定です。


    http://amass.jp/90792/

    【キング・クリムゾンのライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015』が日本で9月発売】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/12(土) 21:30:06.29 ID:CAP
    2015-12-12 18:18:55

    <セットリスト 12/8(火)@オーチャードホール>
    1. Peace
    2. 21st Century Schizoid Man
    3. Epitaph
    4. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)I
    5. Meltdown
    6. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)II
    7. Level Five
    8. Hell Hounds Of Krim
    9. The ConstruKction Of Light
    10. One More Red Nightmare
    11. Banshee Legs Bell Hassle
    12. The Letters
    13. Sailor's Tale
    14. Easy Money
    15. Starless
    Encore
    16. In The Court of the Crimson King
    17. The Talking Drum
    18. Larks' Tongues In Aspic Part II

    http://img-test.barks.jp/image/review/1000122326/news_photo01.jpg
    news_photo01

    http://img-test.barks.jp/image/review/1000122326/news_photo02.jpg
    news_photo02

    http://img-test.barks.jp/image/review/1000122326/news_photo03.jpg
    news_photo03


    キング・クリムゾンは予定調和を許さない。ロバート・フリップの理想の下、
    1968年に結成したこのバンドは、数回の活動休止を挟みながら、常に新しい音楽表現を行ってきた。
    真の意味での“プログレッシヴ”なグループととして前進することを求められてきた彼らが
    最もファンにショックを与えるとしたら、グレイテスト・ヒッツ・ショーをやることだろう。

    2015年12月、約12年半ぶりの来日公演は、ファースト・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』
    (1969)からの曲を含む名曲の数々を披露するという、まさか!?...のステージが実現することになった。

    ◆キング・クリムゾン@渋谷オーチャードホール~画像~

    過去のクラシックスを多く演奏する今回のツアーだが、メンバー構成は新しいラインアップだ。
    ステージ前方にはパット・マステロット、ビル・リーフリン、ギャヴィン・ハリスンの3台のドラム・キットが置かれ、
    他4人のメンバーは後方の壇上で演奏することになる。

    そんなステージ・セットを見るだけで、今回のツアーがただのレトロ・ショーでないことが明らかだった。
    「ライヴの撮影は禁止。撮っていいのはトニー・レヴィンがカメラを構えているときだけ」
    「演奏中の再入場は禁止」など、フリップ自らが開演前のアナウンス(姿は見せず)。
    相変わらずの偏屈ぶり…と思わせて、最後は「以上を守って、キング・クリムゾンとパーティーしましょう」
    と締めくくり、観衆を沸かせている。

    東京公演2日目となるこの日のオープニングは、『ポセイドンのめざめ』(1970)からの「平和/終章」だ。
    ジャッコ・ジャクスジクが歌い上げるこの曲を導入部にして、効果音が流れ始める。
    観客はもちろんそれが何かを知っている。そう、「21世紀のスキッツォイド・マン」のイントロだ。
    キング・クリムゾンというバンドを世界に知らしめた名曲で斬り込むこの日のセットリストは、
    ジャパン・ツアーで最もインパクトのあるものだった。

    >>2以降につづく)


    http://www.barks.jp/news/?id=1000122326

    【キング・クリムゾン、来日公演!! 渋谷オーチャードホールにてあの名曲の数々を披露。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 15:41:30.66 ID:???*.net
    12月に約12年半ぶりの来日公演を行うキング・クリムゾンだが、新たに東京での追加2公演と高松での新規公演の日程が発表された。

    公演の詳細は以下の通り。

    「THE ELEMENTS OF KING CRIMSON TOUR in JAPAN 2015」
    東京追加公演
    2015年12月16日(水) Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN18:00 / START19:00
    指定席 ¥15,000(税込/全席指定)
    チケット発売日:10月31日(土)~
    2015年12月17日(木) Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN18:00 / START19:00
    指定席 ¥15,000(税込/全席指定)
    チケット発売日:10月31日(土)~

    高松
    2015年12月19日(土) サンポートホール高松
    OPEN17:00 / START18:00
    指定席 ¥15,000(税込/全席指定)
    チケット発売日:10月31日(土)~

    <チケット発売中公演>
    東京
    2015年12月7日(月) Bunkamuraオーチャードホール
    2015年12月8日(火) Bunkamuraオーチャードホール
    2015年12月9日(水) Bunkamuraオーチャードホール
    2015年12月10日(木) Bunkamuraオーチャードホール ※SOLD OUT
    OPEN 18:00 / START 19:00
    指定席 \15,000(税込/全席指定)

    大阪
    2015年12月12日(土) フェスティバルホール
    OPEN 17:00 / START 18:00
    指定席 \15,000(税込/全席指定)
    2015年12月13日(日) フェスティバルホール
    OPEN 16:00 / START 17:00
    指定席 \15,000(税込/全席指定)


    名古屋
    2015年12月21日(月) 名古屋国際会議場センチュリーホール
    OPEN 18:00 / START 19:00
    指定席 \15,000(税込/全席

    更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。
    http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/12kingcrimson/


    ◆RO69
    http://ro69.jp/news/detail/130172?rtw

    【12年ぶり来日のキング・クリムゾン、12月に東京での追加公演と高松公演の開催が決定【た、高松!?】】の続きを読む

    このページのトップヘ