メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images (2)


    1: フォーエバー ★ 2019/05/09(木) 21:55:58.73 ID:koUCqn759
    5/9(木) 21:41配信

    ケイティ・ペリーとセリーヌ・ディオン

    ケイティ・ペリー(Katy Perry)が4月6日(月)に開催された、METガラのアフターパーティーにハンバーガーを模ったドレスで登場した。

    【写真】METガラ2019 セレブたちが本気を見せた! 過激なドレススタイル集

    同イベント中、ケイティはつまづき、ドレスの形状から転がり続け自力で起きられないハプニングに見舞われていた。

    グッチ主催のもとニューヨーク市立大学ハンター校で行われた同イベントでケイティが纏ったバーガードレスはサラダのひらひらや爪楊枝などディティ―ルにも抜かりがなかったが、その重さ故ケイティはバランスを崩し床に転倒、赤面する羽目となっていた。

    目撃者がニューヨーク・ポスト紙にこう話す。「最高の瞬間でした。ケイティは踊っていたところひっくり返ったのです」「一度床に倒れたら起きることができませんでした。腕はバーガーの中ですし、そのまま転がり続けて、そのあと静止していました。周りの人々が寄ってきて、彼女を持ち上げやっと立ち上がっていましたね」

    そして、ケイティの友人が「元に戻った!これも彼女のパフォーマンスアートの一部よ」とフォローしていたそうだ。

    ケイティのバーガー好きは今回に始まったことではなく婚約者オーランド・ブルームとの出会いも、3年前のゴールデングローブ賞の式典後イン・アンド・アウト・バーガーでの食事がきっかけだったと以前明かしてもいた。

    「私の人生ではインアンドアウトバーガーがかなり大きな役目を果たしているの。彼とは3年前にゴールデン・グローブ賞でそれを巡って仲良くなったのよ」「彼が私のテーブルからハンバーガーを1つ盗んだの。私はデンゼル・ワシントンと座っていたんだけどね。彼が取るのを見て私は『ちょっと待ちなさいよ!あ、でもあなたってすごくカッコいいわね。じゃぁ、いいわ。持ってきなさい』って感じだった」「それで式典後のパーティーでまた彼に会って、私は『玉ねぎが歯に詰まってるみたいだけど?』って言ったの。そうしたら彼は『君って面白いね』って言って、それから今に至るわけ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190509-00010001-numero-ent
    https://i.imgur.com/f6bkVod.jpg 
    f6bkVod

    【ケイティ・ペリー、ハンバーガードレスで転倒。隣の女(セリーヌ・ディオン)もヤバいと注目を集める。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/03/22(金) 22:49:46.22 ID:0z0p1x9c9
    2019.3.22 10:19 BARKS
    ドン・ドッケン、セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」をカバー

    ドッケンのフロントマン、ドン・ドッケンは、ソロ・アルバム『Solitary』(2008年)を再リリースするにあたり、セリーヌ・ディオンが歌った映画『タイタニック』のテーマ曲「My Heart Will Go On」をレコーディングしたそうだ。

    ドッケンにとって2枚目のソロ・アルバム『Solitary』は、当時、彼の公演に来た人のみ購入可能だった。

    ドッケンは『Focus On Metal』ポッドキャストのインタビューで、こう明かした。「夏に俺のソロ・アルバム『Solitary』をリリースする。あれは正式にリリースされていなかった。8年前に作ったんだ。3曲加えて、12曲入りのCDにした。新たに3曲やったんだよ。新曲じゃない。カバーだ。でも、すごく美しいよ。セリーヌ・ディオンの『タイタニック』の曲をやった。みんな、『タイタニック』の曲は誰にもできない、オリジナルには太刀打ちできないって言ってた。あれは素晴らしいからね。でも、俺はドン・ドッケン化した」

    「それに、ラビリンスの“Jealous”もやったんだ。俺はピアノを弾き、歌った。本当にビューティフルなものになったよ。それと、『タイタニック』の曲と同じ作者(ジェイムス・ホーナー)の“All Love Can Be”もね。有名な作曲家だ。彼は飛行機事故で亡くなった。だから、追悼のようなものだ。彼は僕の友人だった。ひと月違いの誕生日で、同い年だったんだ。だから、“Jealous”以外は、彼へのちょっとしたオマージュだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000165681/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000165681

    【ドン・ドッケン、『セリーヌ・ディオン』の「My Heart Will Go On」をカバー。】の続きを読む

    images (2)


    1: muffin ★ 2018/01/12(金) 13:21:02.87 ID:CAP_USER9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000150771
    2018.1.12 10:33

    セリーヌ・ディオンが、約10年ぶりとなる来日公演<Celine Dion Live 2018 in Japan>を、6月26日(火)に東京・東京ドームで開催することが明らかになっている。

    彼女が日本でライブを行なうのは通算5度目、またドーム会場での開催は1999年、2008年に続き3度目となる。
    セリーヌは現地時間1月10日(水)に米ラスベガスのシーザーズパレスで記者会見を開き、日本と同じく10年ぶりとなるマカオ、そして初の公演地となるシンガポール、ジャカルタ、台北、マニラ、バンコクのアジア太平洋地域7都市を回るツアーの開催を発表した。同アジア・ツアーは日本からスタートする。

    日本公演のチケットは、1月26日(金)より順次先行販売が開始される。詳細は公演オフィシャル・サイトにて。

    <Celine Dion Live 2018 in Japan>
    2018年6月26日(火) 東京・東京ドーム
    16:00開場 18:00開演(予定)
    チケット料金
    ・VIP席: 35,000円※グッズ付
    ・S席: 15,000円
    ・A席: 10,000円

    (続きはソースをご覧下さい)

    https://img.barks.jp/image/review/1000150771/001.jpg
    001

    https://img.barks.jp/image/review/1000150771/002.jpg
    002

    https://img.barks.jp/image/review/1000150771/003.jpg 003

    【セリーヌ・ディオン、10年ぶりの東京ドーム公演決定。】の続きを読む

    images (3)


    1: みつを ★@無断転載は禁止 2017/07/09(日) 22:14:20.38 ID:CAP_USER9
    http://japan.techinsight.jp/2017/07/kay07051117.html

    大ヒット曲『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』などで知られるカナダ発の女性歌手セリーヌ・ディオン(49)が、人気誌でまさかのセミヌードを披露した。普段は過激とは言い難いセリーヌだけに大事な部分を隠しているものの、この大胆なチャレンジにファンはずいぶん驚いたようだ。

    このほどセリーヌ・ディオンが服を脱ぎカメラをじっと見つめる姿を、『VOGUE』誌が公式アカウントにアップ。そこには以下のように綴られている。

    「ここ5年間、セリーヌはショーを行う際はほぼオートクチュールのみ着ていました。」
    「セリーヌの注文を受ける側は、3度の試着に立ち会うチームをネバダに送るのです。最終的には彼女の近くにある個人経営のアトリエで仕上げをします。」
    「セリーヌはこう言います。『服が私についてくる。そう、その逆はないわ』と。」

    かなり大胆なセリーヌの姿にファンは驚きつつも「美しい」と思ったようで、インスタグラムには「グウィネス・パルトロウより良い」「素晴らしい」「キレイだと思う」というコメントがズラリと並んだ。ちなみにセリーヌは2012年にも『V』誌でトップレスを披露。大変セクシーな姿でファンを驚かせるも、「普段はこんな感じなのよ」と明かしていた。しかし夫の死を経てひとりで育てている息子3人のうち、長男はすでに16歳。難しい年頃の彼に、母親のこのような姿は決して「アート」とは思えないだろう。

    画像は『Vogue 2017年7月4日付Instagram「Here’s a little naked fact to ponder while Celine Dion changes looks between shows:」』のスクリーンショット
    http://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/07/celine-dion170705-300x324.jpg
    celine-dion170705-300x324

    (TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

    2017.07.05 12:02

    【セリーヌ・ディオン、人気誌でまさかのチャレンジ。 】の続きを読む

    このページのトップヘ