メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images (2)


    1: muffin ★ 2018/01/12(金) 13:21:02.87 ID:CAP_USER9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000150771
    2018.1.12 10:33

    セリーヌ・ディオンが、約10年ぶりとなる来日公演<Celine Dion Live 2018 in Japan>を、6月26日(火)に東京・東京ドームで開催することが明らかになっている。

    彼女が日本でライブを行なうのは通算5度目、またドーム会場での開催は1999年、2008年に続き3度目となる。
    セリーヌは現地時間1月10日(水)に米ラスベガスのシーザーズパレスで記者会見を開き、日本と同じく10年ぶりとなるマカオ、そして初の公演地となるシンガポール、ジャカルタ、台北、マニラ、バンコクのアジア太平洋地域7都市を回るツアーの開催を発表した。同アジア・ツアーは日本からスタートする。

    日本公演のチケットは、1月26日(金)より順次先行販売が開始される。詳細は公演オフィシャル・サイトにて。

    <Celine Dion Live 2018 in Japan>
    2018年6月26日(火) 東京・東京ドーム
    16:00開場 18:00開演(予定)
    チケット料金
    ・VIP席: 35,000円※グッズ付
    ・S席: 15,000円
    ・A席: 10,000円

    (続きはソースをご覧下さい)

    https://img.barks.jp/image/review/1000150771/001.jpg
    001

    https://img.barks.jp/image/review/1000150771/002.jpg
    002

    https://img.barks.jp/image/review/1000150771/003.jpg 003

    【セリーヌ・ディオン、10年ぶりの東京ドーム公演決定。】の続きを読む

    images (3)


    1: みつを ★@無断転載は禁止 2017/07/09(日) 22:14:20.38 ID:CAP_USER9
    http://japan.techinsight.jp/2017/07/kay07051117.html

    大ヒット曲『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』などで知られるカナダ発の女性歌手セリーヌ・ディオン(49)が、人気誌でまさかのセミヌードを披露した。普段は過激とは言い難いセリーヌだけに大事な部分を隠しているものの、この大胆なチャレンジにファンはずいぶん驚いたようだ。

    このほどセリーヌ・ディオンが服を脱ぎカメラをじっと見つめる姿を、『VOGUE』誌が公式アカウントにアップ。そこには以下のように綴られている。

    「ここ5年間、セリーヌはショーを行う際はほぼオートクチュールのみ着ていました。」
    「セリーヌの注文を受ける側は、3度の試着に立ち会うチームをネバダに送るのです。最終的には彼女の近くにある個人経営のアトリエで仕上げをします。」
    「セリーヌはこう言います。『服が私についてくる。そう、その逆はないわ』と。」

    かなり大胆なセリーヌの姿にファンは驚きつつも「美しい」と思ったようで、インスタグラムには「グウィネス・パルトロウより良い」「素晴らしい」「キレイだと思う」というコメントがズラリと並んだ。ちなみにセリーヌは2012年にも『V』誌でトップレスを披露。大変セクシーな姿でファンを驚かせるも、「普段はこんな感じなのよ」と明かしていた。しかし夫の死を経てひとりで育てている息子3人のうち、長男はすでに16歳。難しい年頃の彼に、母親のこのような姿は決して「アート」とは思えないだろう。

    画像は『Vogue 2017年7月4日付Instagram「Here’s a little naked fact to ponder while Celine Dion changes looks between shows:」』のスクリーンショット
    http://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/07/celine-dion170705-300x324.jpg
    celine-dion170705-300x324

    (TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

    2017.07.05 12:02

    【セリーヌ・ディオン、人気誌でまさかのチャレンジ。 】の続きを読む

    このページのトップヘ