メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 訃報

    ダウンロード


    1: みつを ★ 2019/07/22(月) 00:21:00.79 ID:5w57qhKP9
    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/ashida-machiko

    【訃報】戦時中に活躍した元アイドル「まっちゃん」こと明日待子さんが死去、99歳
    新宿の劇団「ムーラン・ルージュ」でデビューし、山口淑子、原節子らと同時代に元祖アイドルとして活躍。愛称は「まっちゃん」だった。

    2019/07/21 11:51
    Kota Hatachi
    籏智 広太 BuzzFeed News Reporter, Japan

    昭和初期~戦後にかけて活躍した元アイドルで女優、日本舞踊家の明日待子さん(本名・須貝とし子さん)が、7月14日に亡くなっていたことがわかった。

    99歳だった。死因は老衰で、葬儀は家族だけで営まれた。

    明日さんは、かつて一斉を風靡した新宿の劇団「ムーラン・ルージュ」でデビューし、山口淑子、原節子らと同時代に元祖アイドルとして活躍。愛称は「まっちゃん」だった。

    戦後も映画に出演し、その後は「五條殊淑」の名で日本舞踊の研究所を主宰していた。

    明日さんは1920(大正9)年、いまの岩手県の釜石市出身。

    鉄工所の役員のもとに生まれ、幼いころから日本舞踊などの芸事を学んでいた。13歳のころ、1931(昭和6)年に創設したかつての「ムーラン・ルージュ」主催者の養女になった。

    1933(昭和8)年にデビューすると、瞬く間に人気が出た。そのあどけない見た目から、広告モデルとしても引っ張りだこに。

    「初恋の味」のキャッチコピーで売り始めていたカルピスの専属になり、花王石鹸、キッコーマン醤油、ライオン歯磨きなどの商品のポスターも飾った。

    「ムーラン」の舞台でも活躍。特に大学総長の格好をしたアイドルたちが、「哲学」の授業をするという内容の「ムー哲」(ムーラン哲学)は目玉作品だったという。

    戦時中には慰問公演も
    (リンク先に続きあり)

    https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2019-07/21/9/asset/eb556ea916f0/sub-buzz-13021-1563701639-1.png?downsize=700%3A%2A&output-quality=auto&output-format=auto&output-quality=auto&output-format=auto&downsize=360:* 
    f5e8f48456bd82045718c207bb35d051

    【戦時中に活躍した元アイドル「まっちゃん」こと明日待子さんが死去、99歳。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/07/07(日) 11:30:01.70 ID:2He3zaRq9
    “ボサノヴァの神様” ジョアン・ジルベルトが死去
    2019/07/07 08:40
    http://amass.jp/122819/

    Michael Ochs Archives via Getty Image caption Joao Gilberto (photo from around 1970)
    https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/16F05/production/_107775939_gettyimages-74272859.jpg
    _107775939_gettyimages-74272859


    その類稀なるギター演奏と甘美な歌声によって世界中にその名を知らしめた“ボサノヴァの神様”と称される伝説的ミュージシャン、ボサノヴァの創始者のジョアン・ジルベルト(Joao Gilberto/本名ジョアン・ジルベルト・プラド・ペレイラ・オリヴェイラ)が7月6日、ブラジルのリオデジャネイロにある自宅で死去。
    息子のマルセロが自身のFacebookページで明らかにしています。
    英BBCによると数年前から体調を崩していました。死因は明らかにされていません。88歳でした。

    ジルベルトは、ブラジル北東部バイーア州ジュアゼイロに生まれ。1950年、19歳でリオデジャネイロへ出て、ヴォーカルグループ、ガロットス・ダ・ルアにリードヴォーカルとして参加。
    1958年には、アントニオ・カルロス・ジョビン、ヴェニシウス・ヂ・モラエスによるシングル「想いあふれて」を、翌年にアルバムを発表。
    まもなく「ボサノヴァ」と呼ばれるようになる音楽スタイルでブラジル中を熱狂させる。
    代表曲は「想いあふれて」「イパネマの娘」など。1964年発表のアルバム『ゲッツ/ジルベルト(Getz/Gilberto)』で米グラミー賞最優秀アルバム賞を受賞した。

    (おわり)

    【“ボサノヴァの神様” 『ジョアン・ジルベルト』が死去。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/10(月) 13:57:57.63 ID:9xGF5pR19
    “熊殺し”と呼ばれた空手家ウィリー・ウィリアムスさんが7日に出身地の米国で死去したことが分かった。67歳。
    死因は心臓病。関係者が明らかにした。

    身長196センチ体重100キロの体格を誇ったウィリアムスさんは極真会館の米国コネチカット支部で空手を学び、76年公開の映画「地上最強のカラテPart2」で熊と戦ったことで“熊殺し”と呼ばれるようになった。
    79年には極真会館の全世界空手道選手権で3位に入賞。80年2月には蔵前国技館でプロレスラーのアントニオ猪木と異種格闘技戦で対戦し、両者ドクターストップの死闘を演じた。

    84年に師匠の大山茂氏が設立したUSA大山空手に移った後、空手選手を引退。
    だが、90年代には度々試合に出場し、91年には「USA大山空手VS正道会館5対5マッチ」で佐竹雅昭に判定負け。
    92年には総合格闘技リングスで前田日明と、97年1月には新日本プロレスで再び猪木と対戦して敗れ、99年にはプロレス団体FMWのリングにも上がった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000022-dal-fight
    6/10(月) 7:49配信

    https://stat.ameba.jp/user_images/20150523/11/zennihonbudogu-karatedo/15/41/j/o0480036013315340721.jpg
    o0480036013315340721

    https://i.ytimg.com/vi/wCZGbUkabd4/hqdefault.jpg
    hqdefault

    https://stat.ameba.jp/user_images/20150523/11/zennihonbudogu-karatedo/40/b6/j/o0400030013315341148.jpg
    o0400030013315341148

    https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FTokyoSports%252FTokyoSports_1426107_240d_1.jpg,zoom=1200,quality=70,type=jpg
    https://stat.ameba.jp/user_images/20150523/11/zennihonbudogu-karatedo/6f/02/j/o0599041813315340338.jpg
    o0599041813315340338

    https://www.dailyshincho.jp/image/log/16/03190510/1.jpg
    1

    https://www.youtube.com/watch?v=wCZGbUkabd4


    極真 W.Williams (ウィリー・ウィ

    https://www.youtube.com/watch?v=JYgZ_cSv04c


    USA大山空手vs正道空手5対5マッチ 佐竹vsW・ウィリアムス 1991年6月4日/国立代々木競技場第二体育館

    https://www.youtube.com/watch?v=Phd_yDijZlA


    激突!暴走! 三瓶啓二 VS ウィリーウィリアムス  Keiji Sanpei VS Willie Williams kyokushin  極真空手

    【“熊殺し”空手家『ウィリー・ウィリアムス』さん死去。アントニオ猪木と異種格闘技戦で死闘。前田日明率いる「リングス」にも参戦。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/06/09(日) 08:36:48.90 ID:xyj7VRtB9
    元ANGRAのヴォーカリスト、アンドレ・マトスが死去
    2019/06/09 08:22
    http://amass.jp/121695/

    Andre Matos
    https://pbs.twimg.com/media/D8kDfXzUwAAtrGE.jpg
    D8kDfXzUwAAtrGE


    ブラジルのヘヴィメタル・バンド、ANGRAやVIPERなどでの活躍でも知られるヴォーカリストのアンドレ・マトス(Andre Matos)が死去。元ANGRAのドラマー、リカルド・コンフェッソーリが自身のFacebookページで明らかにしています。死因は発表されていませんが、ブラジルのメディアUOL Entretenimentoは心臓発作を起こしたと報じています。47歳でした。

    アンドレは6月2日にブラジルのサンパウロでトビアス・サメッツ・アヴァンタジア(TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA)のライヴにゲスト参加していました。アヴァンタジアはFacebookページで「たった5日前にステージを共にした友人のアンドレが亡くなったという悲劇的なニュースに打ちのめされています。ショックを受けています」と投稿しています。

    アンドレ・マトスはブラジル・サンパウロ生まれ。1985年にVIPERを結成。2枚のアルバムを発表したのち脱退。1991年にキコ・ルーレイロらと共にANGRAを結成。デビューアルバム『Angels Cry』ほか発表したのち脱退。2000年に一緒に脱退した2人と共にシャーマンを結成。2006年に脱退したアンドレは、自分の名前を掲げたアンドレ・マトスを結成しています。

    (おわり)

    【元『ANGRA』のヴォーカリスト、アンドレ・マトスが死去。】の続きを読む

    SlayerReignInBlood-720x720


    1: 湛然 ★ 2019/05/23(木) 22:44:45.12 ID:9IUyiysm9
    2019.5.23 木曜日
    スレイヤー、『レイン・イン・ブラッド』などのアートワークを手がけたラリー・キャロルが逝去
    https://nme-jp.com/news/73274/

    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/05/SlayerReignInBlood-720x720.jpg


    スレイヤーの数々のアルバムでアートワークを手がけてきたアーティストのラリー・キャロルが亡くなった。享年65歳だった。

    ラリー・キャロルは1999年から所属していたケルンにあるギャラリーのカルステン・グリーヴによって、現地時間5月21日の午前中に息を引き取ったことが伝えられている。

    https://www.facebook.com/galeriekarstengreve/photos/a.434266033436354/1055632814633003/

    ラリー・キャロルはスレイヤーをデフ・ジャム・レコードに引き入れたプロデューサーのリック・ルービンが彼にコンタクトを取ったことをきっかけに、1986年からスレイヤーのアートワークを手がけるようになり、『レイン・イン・ブラッド』や『サウス・オブ・ヘヴン』、『シーズンズ・イン・ジ・アビス』、『クライスト・イリュージョン』などのアートワークを手がけている。

    ラリー・キャロルは以前、2010年に行った『リヴォルヴァー』誌とのインタヴューで次のように語っている。「エアロスミスだったり、スティングの次のアルバムのイラストを描いてくださいっていうふうに、多くのアート・ディレクターが列をなして待っているなんてことはなかった。どんな作品になるのかが怖かったんだと思うよ。僕の作品は大抵の人たちには暗すぎるって、いつもそう言われていたからね。そういうわけで、スレイヤーはまさにピッタリだったんだよ」

    ラリー・キャロルは自身の手がけたスレイヤーのアートワークがすべて様々な素材が用いられたミクストメディアの作品であることを明かして、続けて次のように語っている。「僕は大抵、アクリルや油、コピーした絵画のコラージュを素材として使っているんだ」

    「よく絵を描いた後で、ゼロックスの機械を使ってそれをコピーをしているんだけどさ、そういうことを1970代の半ばからやっていたんだ。その後でコピーしたものを拡大したり、必要であればそれを増やしていくという具合にね。今ではフォトショップというものがあるけど、当時の僕のやり方のほうが遥かにオーガニックだし、フィジカル的だった。僕はいまだにコンピューターよりもそういうもののほうが好きなんだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『SLAYER』の名盤「Reign In Blood」などのアートワークを手がけたラリー・キャロルが逝去。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/01(水) 06:07:29.22 ID:XKQhDad29
    パンクバンド「ザ・スターリン」元メンバーのミュージシャン、遠藤ミチロウさんが4月25日に亡くなったことが分かった。
    68歳。福島県二本松市出身。
    5月1日、本人の公式ツイッターで所属事務所が発表した。

    遠藤さんは昨年10月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたことを公表し、闘病中だった。

    1980年、自身がボーカルのザ・スターリンを結成。
    鳥の生首を客席に投げつけたりマイクではなく拡声器で歌うなど、過激なライブと言動が話題となり、アングラパンクのカリスマとなった。
    代表作はアルバム「STOP JAP」「虫」など。スターリン解散後もソロ、バンドで活躍。
    「日本パンクのゴッドファーザー」とも呼ばれている。

    11年の東日本大震災後は「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げ、被災地支援ライブを開催。
    福島をテーマにした映画を監督するなど、故郷の復興に尽力。
    15年には膠原(こうげん)病を患っていると明かしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000000-spnannex-ent

    遠藤ミチロウ
    http://pbs.twimg.com/media/Dlw6exhVAAAn00s.jpg
    Dlw6exhVAAAn00s

    ★1が立った日時:2019/05/01(水) 00:50:30.41

    前スレ
    【訃報】「ザ・スターリン」パンクのカリスマ・遠藤ミチロウさん死去 昨年10月に膵臓がん公表
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556639430/

    【パンクのカリスマ『ザ・スターリン・遠藤ミチロウ』死去。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/04/14(日) 05:47:52.75 ID:XnmzqLox9
    2019/04/14 01:27
    UFOのギタリスト/キーボード奏者ポール・レイモンドが死去

    ブリティッシュ・ハード・ロック・バンド、UFOのギタリスト/キーボード奏者ポール・レイモンド(Paul Raymond)が死去。レイモンドのFacebookページにて、彼の人生のパートナーであるサンドラが明らかにしています。死因は心臓発作。73歳でした。

    レイモンドは、今年3月と4月にイギリスとアイルランドで行われたUFOのツアーに参加。最後に参加したコンサートは4月5日のロンドン公演でした。サンドラによると、レイモンドは今年のツアーの残りを楽しみにしていたそうです。

    レイモンドは英ハートフォードシャー生まれ。プロとしてのキャリアは1964年にジャズ・ミュージシャンとしてスタート。UFOには1976年に加入。1976年から1980年、1984年から1986年、1993年から1999年、2003年から今日まで、UFOには断続的に参加し、スタジオ・アルバムの『Lights Out』『Obsession』『No Place to Run』や、ライヴ・アルバム『Strangers in the Night』などUFOの10枚以上のアルバムに参加。UFOのクラシック・ラインナップのメンバーとして知られています。

    レイモンドはマイケル・シェンカーがUFOを去った後、シェンカーのバンド、マイケル・シェンカー・グループ(MSG)に参加。またUFOのベーシスト、ピート・ウェイのバンド、Waystedにも参加しています。


    https://pbs.twimg.com/media/D4Djm7BUwAAj2zN.jpg
    ダウンロード

    http://amass.jp/119377/

    【『UFO』のギタリスト/キーボード奏者ポール・レイモンドが死去。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/04/08(月) 13:13:29.41 ID:Cry3Xh1k9
    https://www.oricon.co.jp/news/2133153/full/
    2019-04-08

     ロックバンド・ヒトリエのボーカル&ギターで、ボカロP「現実逃避P」としても知られるwowaka(ヲワカ)さんが5日、急性心不全のため31歳で亡くなった。バンドの公式サイトで8日、伝えられた。

     サイトでは「ヒトリエのボーカル・ギターのwowakaは、4月5日に急性心不全のため、永眠致しました。享年31歳でした。謹んで皆様にお知らせ致します。これまでwowaka、ヒトリエを応援してくださった方々に深く感謝申し上げます」と訃報を伝えた。葬儀は、遺族の意向により近親者のみで執り行われた。

     また、wowakaさん死去にともない、現在発表しているヒトリエの全国ツアーは中止、イベントへの出演はキャンセルとすることも発表。「突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ一同、現実を受け止められない状況です。バンドの今後の活動については現在未定ですが、イガラシ、シノダ、ゆーまおの各メンバーは、これからも音楽活動を続けてまいります」と伝えた。

     同バンドは6日、全国ツアー『ヒトリエ TOUR 2019 "Coyote Howling" 』の京都・磔磔公演(6日)と岡山・CRAZYMAMA 2nd Room公演(7日)を「メンバーの諸事情により」中止すると発表していた。

     メンバーのイガラシ、シノダ、ゆーまお3人は、wowakaへ追悼コメントを寄せている。(コメントは前スレにあります)

     ヒトリエはボカロPとしてニコニコ動画で活躍していたwowakaさんを中心に2011年に結成。2014年にシングル「センスレス・ワンダー」でメジャーデビューした。

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0902/hitorie_art201809_fixw_730_hq.jpg
    hitorie_art201809_fixw_730_hq


    3月1日に大阪・心斎橋 BIGCATでスタートした全国ツアー『ヒトリエ TOUR 2019 "Coyote Howling"』の模様
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0302/hitorie_live0301_3_fixw_730_hq.jpg 
    hitorie_live0301_3_fixw_730_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0302/hitorie_live0301_5_fixw_640_hq.jpg 
    hitorie_live0301_5_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0302/hitorie_live0301_8_fixw_640_hq.jpg 
    hitorie_live0301_8_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0302/hitorie_live0301_1_fixw_640_hq.jpg
    hitorie_live0301_1_fixw_640_hq

    ボカロP時代の代表曲
    https://i.imgur.com/ioWhjPH.jpg
    ioWhjPH

    ★1が立った日時:2019/04/08(月) 11:10:12.64
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554689412/

    【『ヒトリエ』のボーカル・ギターでボカロP『現実逃避P』としても知られるwowaka、急性心不全で死去。31歳。】の続きを読む

    images


    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [GB] 2019/04/04(木) 19:11:11.42 ID:dMTBMhQ80 BE:324419808-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/syobo1.gif
     がんのため闘病中だった音楽プロデューサーの松原裕(まつばら・ゆたか)さんが4日、39歳で亡くなった。松原さんが代表を務めていたライブハウス「MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎」の公式サイトとツイッターが伝えた。

     松原さんは関西を中心にライブハウスの主宰や『COMIN'KOBE』などイベントの企画運営と多方面で活躍。2016年4月に自身のブログでステージ4の腎臓がん(腎細胞がん)であることを公表した。

     闘病の様子をツイッターなどSNSで常に前向きにつづる姿が大きな反響読んでいた。今年1月にはHi-STANDARDの横山健、10-FEETのTAKUMAら親交のあるミュージシャンたちが見舞いに訪れた様子も報告。
    亡くなる前日(3日)も「おはようございます! さぁ、今日も飲むぞ! 効いてくれー!」と諦めずに投薬で治療に取り組む様子がつづられていた。

     「太陽と虎」のツイッターでは「かねてより病気療養中の弊社代表取締役社長 松原裕が平成31年4月4日享年39歳にて永眠致しました。ここに生前のご厚誼に感謝致しますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えている。

    音楽プロデューサー・松原裕さん死去 39歳 がんで闘病 | ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2132942/

    【がんの闘病中だったライブハウス「MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎」代表で音楽プロデューサーの松原裕さんが39歳で死去。】の続きを読む

    Ca2NffBWcAEVNfL


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/03/29(金) 19:17:19.35 ID:CQ28gLVF9
    元横綱双羽黒の北尾光司さん死去 格闘家でも活躍
    2019年3月29日18時16分
    https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/201902120000630_m.html?mode=all
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/img/201902120000630-w500_0.jpg
    201902120000630-w500_0

    87年大相撲秋場所初日 土俵入りを行う双羽黒(1987年9月13日撮影)

    大相撲の第60代横綱で、現役横綱双羽黒のまま廃業し、プロレスラーに転身した北尾光司さんが亡くなっていたことが29日、分かった。55歳だった。

    北尾さんは立浪部屋から1979年(昭54)3月の春場所で初土俵を踏み、86年(昭61)1月の初場所から大関、同年9月の秋場所から横綱に昇進。横綱として8場所務めた後、87年12月にトラブルで部屋を飛び出し、その後、師匠から当時の「廃業届」が提出された。1909年(明42)に優勝制度が導入されて以降、唯一、優勝経験のない横綱となった。これをきっかけに、横綱昇進は慎重な見方をされるようになり、大関として連続優勝、またはそれに準ずる成績が求められることになった。

    相撲界を離れた後、90年2月10日の新日本東京ドーム大会で、本名の「北尾光司」でプロレスデビューした。クラッシャー・バンバン・ビガロとのデビュー戦を勝利。その後、SWS、UWFインターなどにも参戦し、総合格闘家としても活動したが、98年7月にプロレス、格闘技界からも引退した。

    03年9月には、自身が相撲界にいた時とは代替わりしていたが、16年ぶりに立浪部屋を訪れ、部屋のアドバイザーに就任した。その際には「名門立浪復活の手助けをしたい」と、意気込みを語っていた。

    当時から師匠を務める立浪親方(元小結旭豊)は「交流はその時の一瞬で、その後は連絡を取っていなかったから、最近の様子は知らなかった」と話していた。

    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/img/201902120000630-500_1.jpg

    新日本東京ドーム大会 プロレスデビュー戦を勝利で飾った北尾光司は花道でガッツポーズ (1990年2月10日撮影)
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/img/201902120000630-w500_3.jpg
    201902120000630-w500_3

    WAR両国大会で天龍源一郎と戦う北尾光司(1995年7月)
    ★1: 2019/03/29(金) 17:38:42.73 ※ ソース差し替え

    ※ 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553848722/

    【元横綱・双羽黒、プロレスラーの北尾光司氏さんが死去。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/03/18(月) 04:56:25.50 ID:b0VvBcWy9
    3/18(月) 3:01配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000001-spnannex-ent
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggSuDaEs9YOtyy3x6S9ghz_Q---x568-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190318-00000001-spnannex-000-3-view.jpg

     ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、東京都内で死去した。79歳。兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマだった。

     希林さんの死から半年、波乱に満ちた“ロケンロール人生”に幕が引かれた。年明けから体調が悪化し、17日に天に召された。1995年に俳優の本木雅弘(53)と結婚した長女の也哉子(43)らが裕也さんの遺体に寄り添っていた。

     晩年は病気やケガと闘う日々が続いた。16年11月に英国ロンドンのホテルの浴室で転倒し、尾てい骨を強打。17年夏には転倒して右足甲を骨折。さらに同11月に脱水症状を起こして緊急入院するなど、満身創痍(そうい)だった。

     完全復帰を目指してリハビリに励んできたが、日増しに体力は低下。自身が主催する恒例の年越しライブ「ニューイヤーロックフェスティバル」にも17~18年からは車椅子で出演。執念で立ち上がり、熱唱する状況が続いていた。12年から毎年欠かさず参列していた3月11日の東日本大震災の追悼式も今年は欠席していた。

     エルビス・プレスリーに憧れて高校を中退し、1957年にバンドボーイとして音楽活動をスタートさせた。幾つかのバンドを渡り歩き、66年のビートルズ日本公演では尾藤イサオ(75)らとの特別編成のバンドで前座を務めた。

     同年、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」で活動していた沢田研二(70)らをスカウト。これが後のザ・タイガースとなった。67年には麻生レミをボーカルに据えて結成したフラワーズにジョー山中さんらが参加し、フラワー・トラベリン・バンドとして再編成。アルバムがカナダチャートで8位を記録するなど海外でも活躍し、邦楽ロックの礎を築いた。

     70年代からは映画俳優としても活躍。崔洋一監督の「十階のモスキート」(83年)、自ら脚本を手掛けた滝田洋二郎監督の「コミック雑誌なんかいらない!」(86年)など話題作に主演した。  私生活では故かまやつひろしさんの紹介で出会った希林(当時悠木千帆)さんと73年10月にスピード結婚。裕也さんの家庭内暴力などもあり、1年半で別居生活に入った。81年には一方的に離婚届を提出。希林さんが訴訟を起こし離婚成立を阻止する一幕もあった。

     別居生活は43年半にも及び、裕也さんは大麻取締法違反(77年)、銃刀法違反(83年)、そして強要未遂と住居侵入容疑(11年)と3度の逮捕歴を重ねた。それでも離婚には踏み切らなかった。

     2人にとってお互いは特別で最愛の存在だった。長女の也哉子が離婚しない理由を聞いた際に希林さんは「彼にはひとかけらの純なものがあるから」とし、一方の裕也さんも「一生頭が上がらない」と話していた。

     91年には東京都知事選に出馬。政見放送で「パワー・トゥ・ザ・ピープル」と「コミック雑誌なんかいらない!」を歌うなど自由奔放な人生を貫き「シェキナベイベー」の名言も残した。

     ◆内田 裕也(うちだ・ゆうや)1939年(昭14)11月17日生まれ、兵庫県出身。神戸のジャズ喫茶でならし、エルビス・プレスリーに憧れて上京。58年にブルージーン・バップスを結成し59年にデビュー。渡辺プロ退社後の67年からヨーロッパを1年あまり放浪。帰国後、日本ロックの振興に大きく貢献した。阪神大震災、東日本大震災発生後はいち早く被災地に入り、ジョー山中さんや安岡力也さんら“ファミリー”を引き連れ炊き出しなどを行った。


    前スレ(★1=2019/03/18(月) 03:07:01.78)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552846021/

    【内田裕也さん、死去。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/03/09(土) 08:31:42.22 ID:yAbwVR5V9
    『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』の主人公ストリングフェロー・ホーク役などで知られる俳優のジャン=マイケル・ヴィンセント(Jan-Michael Vincent)が死去。死亡診断書を入手したという海外サイトTMZによると、米ノースカロライナ州の病院で心不全を起こした後、2月10日に亡くなっています。74歳でした。

    ヴィンセントは米コロラド州デンバー生まれ。1967年頃から端役で俳優としての活動を始める。『テキサスの七人』で映画デビュー。1978年にサーフィン映画『ビッグ・ウェンズデー』に主人公のマット役で出演し注目を集め、1984年から放送が開始されたテレビドラマ・シリーズ『Airwolf(邦題:超音速攻撃ヘリ エアーウルフ)』に、主人公のストリングフェロー・ホークとして出演。同シリーズは1987年まで続く人気シリーズとなり世界各国でも放送され、多くのファンを獲得しました。主な出演作は『メカニック』『弾丸を噛め』『世界が燃えつきる日』『グレートスタントマン』『摩天楼ブルース』『バッファロー'66』など。

    ヴィンセントは2002年公開のインディーズ映画『White Boy』を最後に事実上引退。2012年には、感染症のため、右足の切断手術を受けていました

    2019/03/09 02:26掲載(Last Update:2019/03/09 08:17)
    http://amass.jp/117967/
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2019/97086.jpg 
    97086

    【『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』の主人公ホーク役の俳優「ジャン=マイケル・ヴィンセント」が死去。】の続きを読む

    このページのトップヘ