メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 訃報

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/01/11(土) 07:14:04.60 ID:9wyKaCUI9
    Rush
    @rushtheband
    Neil Peart September 12, 1952 - January 7, 2020

    https://pbs.twimg.com/media/EN83zeOWAAEINJq.jpg
    EN83zeOWAAEINJq

    午前6:46 · 2020年1月11日·Twitter for iPhone
    https://twitter.com/rushtheband/status/1215751793247969281?s=21
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『RUSH』のドラマー、ニール・パート氏が死去。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: グレートウォール(宮城県) [US] 2019/12/31(火) 00:35:25.24 ID:GiwMXRZr0 BE:878978753-PLT(12121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    https://hochi.news/images/2019/12/30/20191230-OHT1I50143-T.jpg
    20191230-OHT1I50143-T

    アイドルユニット「リーチエンジェル」のメンバーとして活躍していた大城杏さんが23日、不整脈による心臓発作のため急逝した。
    33歳だった。30日までに所属事務所が公式サイトで発表した。

     所属事務所の公式サイトでは、「弊社所属リーチエンジェル大城杏さんが去る2019年12月23日不整脈による心臓発作でご逝去されました」と急死を伝えた。

     大城さんは、同グループの2020年カレンダーの11月を担当していた。突然の訃報に活動をともにしていたメンバーらも悲嘆に暮れている。
    「大城杏さんのご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。
    共に過ごした思い出等、在りし日の思い出は尽きません。安らかにご永眠されますようお祈りしております」と悲しみを記した。

    https://hochi.news/articles/20191230-OHT1T50160.html

    【アイドルグループ『リーチエンジェル』の大城杏さんが心臓発作で急逝。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/19(木) 17:50:02.79 ID:anBSq6h89
     
     かねてより口腔底がんで闘病中だった性春パンクバンド・オナニーマシーンのリーダーで元雑誌編集者のイノマーさんが19日午前2時50分、都内の病院で死去した。53歳だった。通夜・葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れの会が営まれる。

     イノマーさんはオリコンが発行していた週刊誌『オリコンウィークリー』の編集長に同社当時最年少の29歳で就任。ガガガSP、氣志團、サンボマスター、峯田和伸(銀杏BOYZ/当時GOING STEADY)といった人気バンドマンらを数多く紹介し、亡くなる直前まで親交が続いた。

     バンド愛にあふれ、特に1980年代のバンドシーン、インディーズシーンへの造詣が深かった。ザ・ブルーハーツのベスト盤『EAST WEST SIDE STORY』やGOING STEADYのシングル「童貞ソー・ヤング」のライナーノーツなども担当するなど、音楽業界の名物編集長の一人として知られた。

     オリコン在籍中の1999年12月24日、ギターのオノチン(JET BOYS)、ドラムのガンガンと共に自身がボーカル&ベースとして3人組ロックバンド、通称オナマシを結成。退社後の2003年7月、サンボマスターとのスプリットアルバム『放課後の性春』でメジャーデビューを飾ると、シーモネーター(現SEAMO)とのコラボレーションシングル「家出/恋のABC」なども発表し“童貞のカリスマ”の異名もとった。

     バンドマンとしてはシングル2枚、アルバム11枚、DVD2枚を発表。オナマシとしてブルーハーツやJUN SKY WALKER(S)のトリビュート盤にも参加。主催イベント『ティッシュタイム』を定期的に開催して数多くのバンドマンと共演。新人バンドマンを発掘する『イノマー万博』なども定期開催するなど新たな音楽との出会いをライフワークとしていた。

     オナマシ結成20周年企画を温めていた矢先の昨年7月21日、口腔底がんステージ4で余命3年と公表。舌の全摘手術が無事成功し、まともな発声・滑舌は失われるも再びステージでパフォーマンスできるまでに回復した。

     これから新たな人生を夢見ていた1年後の今年7月、がんが再発。治療の手段はなく「完治を目指すのではなく延命」と医師から宣告された。その後は抗がん剤治療など懸命な闘病生活を続け、満身創痍の状態で10月22日、東京・豊洲PITで『=オナマシ20周年記念特別企画=ティッシュタイム・フェスティバル~大感謝祭~』を敢行した。

     バンド仲間となっていた銀杏BOYZ、ガガガSP、サンボマスター、氣志團(出演順)の4組と共演を果たし、峯田和伸が、コザック前田が、山口隆が、綾小路翔ら皆“売れる前からの恩人”としてイノマーさんへの感謝をMCで語りかけた。

     一大企画を終えたあとは再び入退院を繰り返した。11月22日深夜に危篤状態となり意識が戻らないと診断されていたが、翌日に奇跡の復活を遂げ意識も戻るなど関係者を驚かせた。そこから約1ヶ月、最後まで諦めず闘病生活を続けたが19日未明、帰らぬ人となった。

     目立ちたがり屋なのに照れ屋でシャイな人だった。バンドマンを愛する一方でビートたけしを敬愛。一人称はオイラだった。芸人では江頭2:50をこよなく愛し、舌を切除したあとはソフト・オン・デマンドの雑誌で江頭との対談も実現。対談企画は全部断っているという江頭が近年、唯一OKを出した対談がイノマーさん。イノマーさんが息を引き取ったのは12月19日深夜“2時50分”だった。


    オナニーマシーンのイノマーさんの生前の写真はリンク先をご覧ください。

    性春パンクバンド「オナマシ」イノマーさん、53歳で死去 口腔底がんで闘病1年5ヶ月
    https://www.oricon.co.jp/news/2149311/full/
    ORICON NEWS 2019-12-19 17:30


    ★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

    【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★247
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576513021/
    ・悪意のあるスレッド
    ・誤解を招くスレッド
    ・ほぼ同じ話題の重複スレッド
    ・政治や災害それ自体のスレッド
    など、お気軽にご報告ください。
    スレッド検索にこちらもご活用ください。
    http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E9%8E%E7%83&ita=8&creator=Egg
    http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%B5%E3%83%E3%AB%E3%BC&ita=8&creator=%E7%A0%E6%BC%A0

    【性春パンクバンド『オナニーマシーン』イノマーさん、53歳で死去。口腔底がんで闘病1年5ヶ月。】の続きを読む

    ダウンロード (7)


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/24(日) 20:27:15.91 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】2016年に解散した韓国ガールズグループKARA(カラ)の
    元メンバー、ク・ハラさん(28)が24日、自宅で遺体で発見された。

    韓国のソウル・江南警察署によると、クさんは同日午後6時ごろ、ソウル市江南区の自宅で、遺体で見つかった。

    警察はクさんが自殺を図った可能性を念頭に置き調べを進めている。
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191124002000882


    元KARAハラさん死去 自宅で遺体発見
    http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/24/2019112480026.html
    女性アイドルグループKARAのメンバーだったク・ハラさんはグループ解散後、韓国と日本を行き来して活動した。
    昨年9月には元交際相手と暴行や違法撮影などをめぐって告訴合戦を繰り広げたが、このほど日本で芸能界に復帰し、芸能活動を再開していた。

    【元『KARA』のク・ハラさん、自宅で遺体で発見。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 記憶たどり。 ★ 2019/10/29(火) 11:31:37.50 ID:S26KUVY79
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000057-sph-ent

    ROLLY(56)率いるロックバンド「すかんち」のメンバーで「ドクター田中」こと田中尚人さんが先週、亡くなったことが29日、分かった。
    ROLLYの公式サイトやSNSで発表された。57歳だった。

    公式サイトでは「お知らせ」と題した文書を掲載し、「すかんちのメンバー、ドクター田中こと、田中尚人氏が先週、
    57歳という若さで永眠されました」と訃報を報告。キーボードを弾く田中氏の写真などをアップし
    「これまで応援してくださった皆様、ありがとうございました。謹んでお悔み申し上げますと共に、
    故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます」とつづった。

    またROLLYも自身のツイッターを更新し「大切な仲間が又別次元に旅立った。『すかんち』にとってドクター田中は
    無くてはならぬトリックスターで、心から愛すべき奇妙な人でした。彼と演奏する事の出来ない寂しさを未だ受け入れがたいですが、
    独特な美意識でドラマチックに人生を生き抜いた彼は永遠に皆の中で怪しい光を放ち続けるのです。合掌」と追悼した。


    https://www.rollynet.com/news/index.php#id86240
    お知らせ
    すかんちのメンバー、ドクター田中こと、田中尚人氏が
    先週、57歳という若さで永眠されました。

    これまで応援してくださった皆様、ありがとうございました。
    謹んでお悔み申し上げますと共に、故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
    https://www.sma.co.jp/files/15/artist/169/34/2018 176hinkiba%20tanaka%20w%20rolly.jpg

    ROLLY(寺西一雄)本人? @RollyBocchan
    https://twitter.com/RollyBocchan/status/1188978500746665984
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『すかんち』のメンバー、ドクター田中さん死去。享年57。ROLLYの公式サイトなどで発表。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: みつを ★ 2019/07/22(月) 00:21:00.79 ID:5w57qhKP9
    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/ashida-machiko

    【訃報】戦時中に活躍した元アイドル「まっちゃん」こと明日待子さんが死去、99歳
    新宿の劇団「ムーラン・ルージュ」でデビューし、山口淑子、原節子らと同時代に元祖アイドルとして活躍。愛称は「まっちゃん」だった。

    2019/07/21 11:51
    Kota Hatachi
    籏智 広太 BuzzFeed News Reporter, Japan

    昭和初期~戦後にかけて活躍した元アイドルで女優、日本舞踊家の明日待子さん(本名・須貝とし子さん)が、7月14日に亡くなっていたことがわかった。

    99歳だった。死因は老衰で、葬儀は家族だけで営まれた。

    明日さんは、かつて一斉を風靡した新宿の劇団「ムーラン・ルージュ」でデビューし、山口淑子、原節子らと同時代に元祖アイドルとして活躍。愛称は「まっちゃん」だった。

    戦後も映画に出演し、その後は「五條殊淑」の名で日本舞踊の研究所を主宰していた。

    明日さんは1920(大正9)年、いまの岩手県の釜石市出身。

    鉄工所の役員のもとに生まれ、幼いころから日本舞踊などの芸事を学んでいた。13歳のころ、1931(昭和6)年に創設したかつての「ムーラン・ルージュ」主催者の養女になった。

    1933(昭和8)年にデビューすると、瞬く間に人気が出た。そのあどけない見た目から、広告モデルとしても引っ張りだこに。

    「初恋の味」のキャッチコピーで売り始めていたカルピスの専属になり、花王石鹸、キッコーマン醤油、ライオン歯磨きなどの商品のポスターも飾った。

    「ムーラン」の舞台でも活躍。特に大学総長の格好をしたアイドルたちが、「哲学」の授業をするという内容の「ムー哲」(ムーラン哲学)は目玉作品だったという。

    戦時中には慰問公演も
    (リンク先に続きあり)

    https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2019-07/21/9/asset/eb556ea916f0/sub-buzz-13021-1563701639-1.png?downsize=700%3A%2A&output-quality=auto&output-format=auto&output-quality=auto&output-format=auto&downsize=360:* 
    f5e8f48456bd82045718c207bb35d051

    【戦時中に活躍した元アイドル「まっちゃん」こと明日待子さんが死去、99歳。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/07/07(日) 11:30:01.70 ID:2He3zaRq9
    “ボサノヴァの神様” ジョアン・ジルベルトが死去
    2019/07/07 08:40
    http://amass.jp/122819/

    Michael Ochs Archives via Getty Image caption Joao Gilberto (photo from around 1970)
    https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/16F05/production/_107775939_gettyimages-74272859.jpg
    _107775939_gettyimages-74272859


    その類稀なるギター演奏と甘美な歌声によって世界中にその名を知らしめた“ボサノヴァの神様”と称される伝説的ミュージシャン、ボサノヴァの創始者のジョアン・ジルベルト(Joao Gilberto/本名ジョアン・ジルベルト・プラド・ペレイラ・オリヴェイラ)が7月6日、ブラジルのリオデジャネイロにある自宅で死去。
    息子のマルセロが自身のFacebookページで明らかにしています。
    英BBCによると数年前から体調を崩していました。死因は明らかにされていません。88歳でした。

    ジルベルトは、ブラジル北東部バイーア州ジュアゼイロに生まれ。1950年、19歳でリオデジャネイロへ出て、ヴォーカルグループ、ガロットス・ダ・ルアにリードヴォーカルとして参加。
    1958年には、アントニオ・カルロス・ジョビン、ヴェニシウス・ヂ・モラエスによるシングル「想いあふれて」を、翌年にアルバムを発表。
    まもなく「ボサノヴァ」と呼ばれるようになる音楽スタイルでブラジル中を熱狂させる。
    代表曲は「想いあふれて」「イパネマの娘」など。1964年発表のアルバム『ゲッツ/ジルベルト(Getz/Gilberto)』で米グラミー賞最優秀アルバム賞を受賞した。

    (おわり)

    【“ボサノヴァの神様” 『ジョアン・ジルベルト』が死去。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/10(月) 13:57:57.63 ID:9xGF5pR19
    “熊殺し”と呼ばれた空手家ウィリー・ウィリアムスさんが7日に出身地の米国で死去したことが分かった。67歳。
    死因は心臓病。関係者が明らかにした。

    身長196センチ体重100キロの体格を誇ったウィリアムスさんは極真会館の米国コネチカット支部で空手を学び、76年公開の映画「地上最強のカラテPart2」で熊と戦ったことで“熊殺し”と呼ばれるようになった。
    79年には極真会館の全世界空手道選手権で3位に入賞。80年2月には蔵前国技館でプロレスラーのアントニオ猪木と異種格闘技戦で対戦し、両者ドクターストップの死闘を演じた。

    84年に師匠の大山茂氏が設立したUSA大山空手に移った後、空手選手を引退。
    だが、90年代には度々試合に出場し、91年には「USA大山空手VS正道会館5対5マッチ」で佐竹雅昭に判定負け。
    92年には総合格闘技リングスで前田日明と、97年1月には新日本プロレスで再び猪木と対戦して敗れ、99年にはプロレス団体FMWのリングにも上がった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000022-dal-fight
    6/10(月) 7:49配信

    https://stat.ameba.jp/user_images/20150523/11/zennihonbudogu-karatedo/15/41/j/o0480036013315340721.jpg
    o0480036013315340721

    https://i.ytimg.com/vi/wCZGbUkabd4/hqdefault.jpg
    hqdefault

    https://stat.ameba.jp/user_images/20150523/11/zennihonbudogu-karatedo/40/b6/j/o0400030013315341148.jpg
    o0400030013315341148

    https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FTokyoSports%252FTokyoSports_1426107_240d_1.jpg,zoom=1200,quality=70,type=jpg
    https://stat.ameba.jp/user_images/20150523/11/zennihonbudogu-karatedo/6f/02/j/o0599041813315340338.jpg
    o0599041813315340338

    https://www.dailyshincho.jp/image/log/16/03190510/1.jpg
    1

    https://www.youtube.com/watch?v=wCZGbUkabd4


    極真 W.Williams (ウィリー・ウィ

    https://www.youtube.com/watch?v=JYgZ_cSv04c


    USA大山空手vs正道空手5対5マッチ 佐竹vsW・ウィリアムス 1991年6月4日/国立代々木競技場第二体育館

    https://www.youtube.com/watch?v=Phd_yDijZlA


    激突!暴走! 三瓶啓二 VS ウィリーウィリアムス  Keiji Sanpei VS Willie Williams kyokushin  極真空手

    【“熊殺し”空手家『ウィリー・ウィリアムス』さん死去。アントニオ猪木と異種格闘技戦で死闘。前田日明率いる「リングス」にも参戦。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/06/09(日) 08:36:48.90 ID:xyj7VRtB9
    元ANGRAのヴォーカリスト、アンドレ・マトスが死去
    2019/06/09 08:22
    http://amass.jp/121695/

    Andre Matos
    https://pbs.twimg.com/media/D8kDfXzUwAAtrGE.jpg
    D8kDfXzUwAAtrGE


    ブラジルのヘヴィメタル・バンド、ANGRAやVIPERなどでの活躍でも知られるヴォーカリストのアンドレ・マトス(Andre Matos)が死去。元ANGRAのドラマー、リカルド・コンフェッソーリが自身のFacebookページで明らかにしています。死因は発表されていませんが、ブラジルのメディアUOL Entretenimentoは心臓発作を起こしたと報じています。47歳でした。

    アンドレは6月2日にブラジルのサンパウロでトビアス・サメッツ・アヴァンタジア(TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA)のライヴにゲスト参加していました。アヴァンタジアはFacebookページで「たった5日前にステージを共にした友人のアンドレが亡くなったという悲劇的なニュースに打ちのめされています。ショックを受けています」と投稿しています。

    アンドレ・マトスはブラジル・サンパウロ生まれ。1985年にVIPERを結成。2枚のアルバムを発表したのち脱退。1991年にキコ・ルーレイロらと共にANGRAを結成。デビューアルバム『Angels Cry』ほか発表したのち脱退。2000年に一緒に脱退した2人と共にシャーマンを結成。2006年に脱退したアンドレは、自分の名前を掲げたアンドレ・マトスを結成しています。

    (おわり)

    【元『ANGRA』のヴォーカリスト、アンドレ・マトスが死去。】の続きを読む

    SlayerReignInBlood-720x720


    1: 湛然 ★ 2019/05/23(木) 22:44:45.12 ID:9IUyiysm9
    2019.5.23 木曜日
    スレイヤー、『レイン・イン・ブラッド』などのアートワークを手がけたラリー・キャロルが逝去
    https://nme-jp.com/news/73274/

    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/05/SlayerReignInBlood-720x720.jpg


    スレイヤーの数々のアルバムでアートワークを手がけてきたアーティストのラリー・キャロルが亡くなった。享年65歳だった。

    ラリー・キャロルは1999年から所属していたケルンにあるギャラリーのカルステン・グリーヴによって、現地時間5月21日の午前中に息を引き取ったことが伝えられている。

    https://www.facebook.com/galeriekarstengreve/photos/a.434266033436354/1055632814633003/

    ラリー・キャロルはスレイヤーをデフ・ジャム・レコードに引き入れたプロデューサーのリック・ルービンが彼にコンタクトを取ったことをきっかけに、1986年からスレイヤーのアートワークを手がけるようになり、『レイン・イン・ブラッド』や『サウス・オブ・ヘヴン』、『シーズンズ・イン・ジ・アビス』、『クライスト・イリュージョン』などのアートワークを手がけている。

    ラリー・キャロルは以前、2010年に行った『リヴォルヴァー』誌とのインタヴューで次のように語っている。「エアロスミスだったり、スティングの次のアルバムのイラストを描いてくださいっていうふうに、多くのアート・ディレクターが列をなして待っているなんてことはなかった。どんな作品になるのかが怖かったんだと思うよ。僕の作品は大抵の人たちには暗すぎるって、いつもそう言われていたからね。そういうわけで、スレイヤーはまさにピッタリだったんだよ」

    ラリー・キャロルは自身の手がけたスレイヤーのアートワークがすべて様々な素材が用いられたミクストメディアの作品であることを明かして、続けて次のように語っている。「僕は大抵、アクリルや油、コピーした絵画のコラージュを素材として使っているんだ」

    「よく絵を描いた後で、ゼロックスの機械を使ってそれをコピーをしているんだけどさ、そういうことを1970代の半ばからやっていたんだ。その後でコピーしたものを拡大したり、必要であればそれを増やしていくという具合にね。今ではフォトショップというものがあるけど、当時の僕のやり方のほうが遥かにオーガニックだし、フィジカル的だった。僕はいまだにコンピューターよりもそういうもののほうが好きなんだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『SLAYER』の名盤「Reign In Blood」などのアートワークを手がけたラリー・キャロルが逝去。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/01(水) 06:07:29.22 ID:XKQhDad29
    パンクバンド「ザ・スターリン」元メンバーのミュージシャン、遠藤ミチロウさんが4月25日に亡くなったことが分かった。
    68歳。福島県二本松市出身。
    5月1日、本人の公式ツイッターで所属事務所が発表した。

    遠藤さんは昨年10月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたことを公表し、闘病中だった。

    1980年、自身がボーカルのザ・スターリンを結成。
    鳥の生首を客席に投げつけたりマイクではなく拡声器で歌うなど、過激なライブと言動が話題となり、アングラパンクのカリスマとなった。
    代表作はアルバム「STOP JAP」「虫」など。スターリン解散後もソロ、バンドで活躍。
    「日本パンクのゴッドファーザー」とも呼ばれている。

    11年の東日本大震災後は「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げ、被災地支援ライブを開催。
    福島をテーマにした映画を監督するなど、故郷の復興に尽力。
    15年には膠原(こうげん)病を患っていると明かしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000000-spnannex-ent

    遠藤ミチロウ
    http://pbs.twimg.com/media/Dlw6exhVAAAn00s.jpg
    Dlw6exhVAAAn00s

    ★1が立った日時:2019/05/01(水) 00:50:30.41

    前スレ
    【訃報】「ザ・スターリン」パンクのカリスマ・遠藤ミチロウさん死去 昨年10月に膵臓がん公表
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556639430/

    【パンクのカリスマ『ザ・スターリン・遠藤ミチロウ』死去。】の続きを読む

    このページのトップヘ