メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:アイドル > クラシックアイドル

    ダウンロード (2)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/16(金) 04:58:26.59 ID:CAP_USER9
    かつて一世を風靡した男性アイドルグループ『光GENJI』が復活するという話が持ち上がっている。
    同グループは1980年代後半から1990年代半ばに活躍し、ジャニーズ事務所が作った最高のグループともいわれている。

    「『SMAP』がかつて、光GENJIのバックダンサーをやっていました。中居正広は人気になってからも『あのグループだけは超えられない』と明言しています。
    いまではみんな当たり前のようにこなしている俳優業や司会などはやらずに、CDとコンサートだけで売っていました。本当の音楽ユニットです」(ジャニーズライター)

    光GENJIはどれほどの存在だったのか。

    「実質の活動8年間で1000億円以上を売り上げたといいます。これは音楽だけのもので、グッズなどを含めれば、その倍の数字をたたき出したといいます」(同・ライター)

    光GENJIのメンバーは7人で、大沢樹生と諸星和己が人気の中心だった。

    「1994年に大沢と佐藤寛之が脱退し、ジャニーズ事務所からも退所しました。その後『光GENJI SUPER5』と、グループ名に変えたのですが、1年後に解散しています。
    諸星もジャニーズ事務所を辞めたのですが、彼は後年、『月給15万円で嫌になった』と待遇を暴露。ジャニーズ事務所のブラック体質ぶりが話題になりました」(女性誌記者)

    大沢も諸星も現在はほかの芸能事務所で活躍している。大沢は昨年12月に、自身のブログに諸星、山本淳一、佐藤寛之と一緒に写った写真を掲載し、再結成の意志を示していた。

    「内海光司と佐藤アツヒロは、いまでもジャニーズ事務所に在籍しています。赤坂晃は覚せい剤取締法違反で2度の逮捕を経験しているため、
    再結成に加わるのはもっと難しいでしょう。ただ大沢と諸星だけでも十分に客は呼べます。本当は5月に再結成する予定でしたが、10月になるという話です」(同・記者)

    この10月という時期にも意味があるらしい。

    https://myjitsu.jp/archives/24092

    【大沢樹生と諸星和己を中心に「光GENJI」再結成へ。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/05/20(土) 23:23:29.82 ID:CAP_USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170519-OHT1T50137.html
    2017年5月19日18時29分 スポーツ報知

    光GENJI
    http://i.imgur.com/vJNqivJ.jpg
    vJNqivJ

     19日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)で、歌手でタレントの諸星和己(46)が、光GENJIのメンバーが“再結集”したことを明かした。

     不定期に同番組に出演している諸星はこの日、ゲストMCとして登場。番組オープニングでアシスタントのミッツ・マングローブ(42)に、1か月遅れの誕生日プレゼントとして手渡したのが、光GENJI全員のサイン入りの「太陽がいっぱい」のシングルレコードだった。

     「光GENJI」は87年デビュー。94年に「光GENJI SUPER 5」と名前を変え、95年9月に解散した。

    ◆光GENJIのメンバー
    ▽光 内海光司(49)、大沢樹生(48)

    ▽GENJI 諸星和己、佐藤寛之(46)、山本淳一(45)
    赤坂晃(44)、佐藤敦啓(43、現・佐藤アツヒロ)

    【「光GENJI」メンバー7人がひそかに“再結集”。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 元ジャニーズJr. ★@無断転載は禁止 2017/05/14(日) 10:14:06.30 ID:CAP_USER9
    歌手の郷ひろみ(61)が14日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演し、歌謡曲を否定した時期があったことを明かした。

     郷は、演出家のテリー伊藤氏(67)、イラストレーターで俳優のリリー・フランキー(53)と出演。このほど102枚目の新曲「スキだから」を
    発売した。

    歌を聴いたテリー氏から「歌い方を変えた?」と指摘されるとうなずき、「キャリアを大切に、郷ひろみっていう部分も大切にしていかないといけ
    ないんですけど、そこだけにすがるのも嫌だなっていう感覚がある。ボクの意識なんですけど、自分を変えて、変えて、変えて、変えて行きた
    いって。変化の先に常に進化がああって。変化しないと進化は手に入れることはできないなっていう意識は常にあるんですよね」と話した。

     その上で、これまでの歌手人生の中で「もう『お嫁サンバ』、いいんじゃないっていう時期があったんですよ。2億4千万のジャパンはいいん
    じゃないっていう時期があったんですよ。自分のことを否定した時期があるんですよ。歌謡曲を、もういいなって」と告白した。

     30代で「もう少し格好いい音楽やりたいなって思って」という。それでも「40代の中頃から米国にもう1回、勉強に行って。いろんなことあり
    ましたよね、人生は。結婚して、離婚して、再婚してまた離婚して。そういう中で気づいたんですけど、歌謡曲のド真ん中行くのが郷ひろみな
    んだって。これでいいんだって吹っ切れたのが実は50歳ぐらい。それまでいろいろ試行錯誤、紆余(うよ)曲折が会った中でそういう考えに
    行き着いたんですよね」と話した。

    こうした経験から今では「お嫁サンバ」などを歌うことに「まったく抵抗ないですんよ。今は吹っ切れているから」と自身の楽曲への誇りを口に
    していた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170514-OHT1T50058.html

    【郷ひろみ、歌謡曲を否定していた過去を告白。「もう『お嫁サンバ』、いいんじゃない。」】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/05/14(日) 08:31:44.12 ID:CAP_USER9
    「西城秀樹の妹」としてデビュー、アイドルとして一世を風靡した河合奈保子。『女性セブン』の地下倉庫で、1987年の彼女の秘蔵写真を発掘。
    河合奈保子の思い出について、彼女の歌を全曲歌える石破茂代議士が特別寄稿した。

     * * *

    私にとって河合奈保子は、夢中になった「最後のアイドル」です。彼女が「西城秀樹の妹」としてデビューした時、私はもう23歳。
    彼女は16歳だったから、“恋人”というより可愛い“妹“のような存在でしたね。

    最初の印象は裏表がなさそうで、「性格が良さそうな娘だな」と思った。でも彼女のことを知るうちに、
    「音楽性」に惹かれるようになりました。歌唱力が抜群で、明るい歌からしっとりした歌まで幅広いジャンルを歌える人だった。

    私が特に好きだった曲が2曲あります。1曲目が明るくてノリの良い『エスカレーション』(1983年)。
    今でも、夏になると歌いたくなりますね(笑い)。もう1曲は、打って変わって大人のしっとり感を感じさせた
    『ハーフムーン・セレナーデ』(1986年)。彼女自身で作曲して、ピアノを弾きながら歌う姿がとても良かったですね。

    今回掲載された1987年の頃の写真もそうだけど、この頃には彼女も「大人の女性」になっていた。単に天真爛漫なアイドルで終わらず、美しい大人に変わっていったところにも魅力がありました。

    彼女が私にとって他のアイドルと違って特別なのは、「辛い時期」を支えてくれた存在だったというところにあります。

    私は1986年の7月に29歳で国会議員になりましたが、その2年ほど前から地元・鳥取で挨拶廻りをしていました。
    当時は運転手もいなくて、来る日も来る日も自分で運転しながら1日に何百軒と挨拶していたんです。
    若造だった私は「お前に入れる票はここにはねえぞ」などと、厳しいことも言われました。
    その時に、車の中でいつも聴いていたのが河合奈保子だった。その明るい歌声に元気を貰っていました。

    だからか、今もたまに出張先で急に聴きたくなったりするんです。
    最近は便利な世の中になったから、ユーチューブで動画を観ながら彼女の曲を聴いています(笑い)。議員仲間でカラオケに行く時にも歌いますよ。

    今回の写真では着物姿が良いですね。私はグラマーな水着姿より断然、爽やかな服装の方が似合っていると思う。

    休業してからも、彼女は当時の美しい姿と声のままいつまでも私の心に「永遠のアイドル」として残っています。

    ◆河合奈保子(かわい・なおこ)1963年7月24日生まれ。大阪市出身。
    1980年「HIDEKIの弟・妹オーディション」で優勝し、同年『大きな森の小さなお家』でデビュー、日本レコード大賞新人賞を受賞。
    翌年『スマイル・フォー・ミー』でNHK紅白歌合戦に出場するなどトップアイドルとなり、計36曲のシングルをリリース。1996年の結婚を機に活動を休止した。
    今回は、『女性セブン』(小学館刊)が撮影した写真を保管する地下倉庫から発見された貴重写真を特別に掲載した

    http://news.livedoor.com/article/detail/13059196/
    2017年5月14日 7時0分 NEWSポストセブン

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/c/e/ce5ee_759_e0941df0_340415a9.jpg 
    ce5ee_759_e0941df0_340415a9

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/a/6/a6896_759_e0941df0_59969848.jpg 
    a6896_759_e0941df0_59969848

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/7/4/7417b_759_e0941df0_b7eb1ef3.jpg 
     7417b_759_e0941df0_b7eb1ef3

    【「1987年の河合奈保子」秘蔵写真に石破茂氏が感慨。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: りんがべる ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/10(水) 13:37:19.73 ID:CAP_USER9
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/10/kiji/20170510s00041000159000c.html

     歌手の小泉今日子(51)が10日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に生出演。
    「あなたに会えてよかった」など自身の楽曲にまつわる秘話を明かした。

     今月17日にデビュー35周年を記念したベストアルバム「コイズミクロニクル」を発売する小泉。
    全50曲ある中、番組では1991年5月に自身が作詞した「あなたに会えてよかった」について触れた。

     TBS系ドラマ「パパとなっちゃん」の主題歌で、ドラマでは俳優・田村正和(73)と父子役で共演。
    当時、歌詞については自身の経験や交際相手との破局が元になっているとも言われたが、この日は「恋人に対する歌って、歌詞ではそうなっていますけど、私はお父さんを思って書いたのを覚えています」と明かし、パーソナリティの伊集院光(49)を驚かせた。

     また、リスナーへ送る一曲として選んだのが93年2月の「優しい雨」だった。
    小泉はこれまでの楽曲を振り返り「初期は16歳とかなので、別人。(今は)“かわいいね~”って言えるようになった。昔は、ちょっと前のことって恥ずかしかったりするじゃないですか」と告白。
    伊集院が「熟成するんでしょうね。飲みごろになるというか。5年とか8年、10年前のことだと“うー”て(恥ずかしく)なる」と話すと、小泉も自身に「すごくおいしいワインに育ってる」と同調していた。


    スポニチ
    [ 2017年5月10日 13:20 ]

    【小泉今日子の名曲「あなたに会えてよかった」秘話。歌詞に思い込めた相手とは。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/08(月) 20:31:55.12 ID:CAP_USER9
    タレントの渡辺満里奈さん(46)がセーラー服姿を披露し、「まだまだいけなくも.........ない」と自信をのぞかせた。

    渡辺さんのファンは「可愛い」などと絶賛しているが、
    一部では戸惑いの声もあがっている。

    https://www.j-cast.com/assets_c/2017/05/news_20170508144043-thumb-645xauto-111613.jpg
    news_20170508144043-thumb-645xauto-111613

    渡辺満里奈さんがセーラー服姿を披露(画像は渡辺さんのインスタグラムより)

    「可愛いけどエグい」

    渡辺さんは2017年5月6日に自身のインスタグラムなどを更新し、白いスカーフを結んだ紺色のセーラー服を公開した。顔の前でハートマークを作り、こちらを見つめている。

    「#セーラー服 #まだまだいけなくも... #......ない #うん #そう信じて収録に臨む」
    と、仕事の衣装であることをアピールしつつも、自信が見え隠れしている。ファンからも「まだまだ、いけます!!」「いつになってもかわいい」と絶賛コメントが寄せられている。

    その一方で、本人もポージングには自信がないようで、不安げに「#女子高生っぽいポーズをと思ったけど #まったくわからなかった(笑) #ポーズ古い?」とコメント。

    「今は人差し指と親指でハートつくるんだよ~(笑)」
    とファンから指摘されるなど、「現役感」は薄い。

    さらに厳しいコメントも複数あり、

    「えーっとぉ」
    「熟女のセーラー服!エロいっすよ満里奈さんっ!」
    「可愛いけどエグい」
    「見た目考えろよ」
    など正直な感想も。おニャン子クラブの元メンバーとして一時代を築いた超人気アイドルも加齢には抗えないようだ。

    >>2以降に続きます

    2017/5/ 8 14:53
    https://www.j-cast.com/2017/05/08297271.html

    【元おニャン子クラブの渡辺満里奈(46)がセーラー服姿を公開。「まだまだ、いけます」派と「見た目考えろよ」派に分かれる。】の続きを読む

    images


    1: きのこ記者φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/04(木) 21:04:08.16 ID:CAP_USER9
    歌手の西城秀樹(62)が、8月19日、20日に静岡市葵区駿府城公園で開催される
    『駿府城夏まつり 超ドSフェスタしずおか』(静岡新聞社・静岡放送)の音楽ステージに
    18年ぶりに登場することが、明らかになった。4日に「フェスタしずおか」実行委員会が発表した。

    毎年注目の歌手が多数出演し、1972年から1999年までの28年間にわたり開催してきた「フェスタしずおか」。
    昨年、静岡新聞が創刊75周年、今年は静岡放送が開局65周年を迎え、周年のキャッチフレーズ
    「超ドS~これまでの自分を超えろ」を掲げて、さまざまな事業を展開してきたが、
    その集大成として『超ドSフェスタしずおか』の開催が決定。さらに、西城の出演も決まった。

    48歳だった2003年、56歳だった2011年に脳梗塞を発症し、2度目の脳梗塞では右半身まひという
    後遺症を負ったが、再びファンに自分の歌を届けたいと苦しいリハビリ生活を継続してきた西城。

    「フェスタしずおか」に出演していた当時は“ミスターフェスタ”と呼ばれ、イベントの象徴的な存在だった
    西城が18年ぶりに「フェスタしずおか」のステージでパフォーマンスを披露する。

    なお、イベントでは、アーティストやアイドルによるステージ「Music」のほか、首都圏と静岡県内の有名カレー店が
    集結する「Food」、駿府城の天守を実感する「Culture」、そして中堀を使って城址をめぐる「Boat」の4つのカテゴリーを
    柱に展開する。

    http://www.oricon.co.jp/news/2090261/full/
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170504/2090261_201705040275531001493845212c.jpg 
    2090261_201705040275531001493845212c

    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170504/2090261_201705040275639001493845212c.jpg 
    2090261_201705040275639001493845212c

    超ドSフェスタしずおか 公式サイト
    http://festa.at-s.com/
    フェスタしずおかキャンペーンSBS女子アナユニット「ら・フェスタ」
    http://starrysky.minibird.jp/lafesta/img/bg3.jpg
    bg3 (1)

    http://starrysky.minibird.jp/lafesta/img/bg4.jpg 
     bg4

    【18年ぶり復活のフェス『フェスタしずおか』、“ミスターフェスタ”西城秀樹の参戦決定。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/23(木) 14:04:43.09 ID:CAP_USER9
    「昨年末に7年ぶりのディナーショーを行い、完全復活を印象づけた明菜さんですが、年明け以後、まったく近況が聞こえてきません。ファンから、また体を壊したんじゃないかと心配する声も聞こえてきます」(アイドル評論家・中森明夫さん)

    昨年12月、全10公演のディナーショーを開催。ひさびさに元気な姿を見せた中森明菜(51)。だが期待された“完全復活”とはほど遠い状況だ。

    「じつはいま、明菜にはテレビ局からの出演オファーが殺到しているんです。音楽番組、バラエティ、特番……、50本以上の依頼があると聞いています」

    そう話すのは、長年、明菜を追いかけてきたワイドショーの芸能デスクだ。だが、それに対する明菜サイドの答えは――。

    「オファーを伝えても、返って来る答えは、『本人が出たくないと言っている』の一点張り。そこから一歩も前に進まないんです。生放送ではなくVTRの出演でもと譲歩しても、答えは変わりません」

    さらに、あるテレビ局関係者が、声をひそめて明菜の現状を教えてくれた。

    「びっくりするんですが、彼女は今、大好きな“南の島”でバケーションをエンジョイ中です(苦笑)。体調は悪くないですよ。いや、ディナーショー前よりはるかによくなっています。海外に行けば中森明菜を知っている人はいませんからね。そこでのびのびリフレッシュ。そして、5月からはサンフランシスコで新曲作りに入る予定だと聞いています」

    なんと、明菜の体調は問題ないのだ。ならば、なぜテレビ出演オファーを“全拒否”するのか。

    「それは彼女の心の問題なんです。彼女は、自分を応援してくれるファンの前ならば、ああやってディナーショーも開けますが、自分を嫌っている人たちがいるかもしれない、テレビや公の場では、いまだに歌うことさえできません。体調はよくなっても、心がそれに追いついていないのです」(前出・ワイドショーデスク)

    明菜は、“なぜ嫌な思いをしてまで、ファンではない人たちの前で歌わなければならないの?”と思い詰めているとのだいう。完全復活まであとわずか。だが、その“あと一歩”が果てしなく遠いようだ――。

    2017年3月23日 12時0分 女性自身
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12835526/

    【中森明菜、TV出演オファー数十本を全て拒否。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/08(水) 16:07:19.15 ID:CAP_USER9
     元アイドルで女優の芳本美代子(47)が、8日に放送されたカンテレ「よ~いドン!」(月~金曜・前9時50分=関西ローカル)に出演し、アイドル時代の恥ずかしい秘密を打ち明けた。

     芳本は1985年3月に「白いバスケット・シューズ」で歌手デビュー。しかし歌詞を覚えるのが大の苦手で、毎週土日にデパートの屋上などで行っていたイベントでは、ステージの近くで一緒に歌っているファンの口の動きを見ながら歌っていたのだという。

     「新曲を発売したら、次は新しいのを録らなきゃいけないので…」と振り返ったように、当時は3か月ごとに新曲をリリースするような状況で歌詞を覚える時間もなかったようだ。ファンの“口パク”に合わせて何とか歌い終わった後は、いつも「ありがとうって」と心の中で感謝していたと明かしていた。

    スポーツ報知 3/8(水) 16:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000160-sph-ent

    【芳本美代子、アイドル時代は歌詞覚えられず、ファンの口の動き見ながら歌っていたと告白。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 忍次郎 ★@無断転載は禁止 2017/03/08(水) 23:00:59.25 ID:CAP_USER9
     中山美穂(47)が、4月スタートの月9連ドラ『貴族探偵』(フジテレビ系)で、アラフィフにしてメイド役で出演することが決まり、
    波紋が広がっている。
     「このドラマは嵐・相葉雅紀(34)の主演作。自身を貴族と名乗り、探偵を趣味にしている相葉演じる青年による物語です。
    中山は、相葉に仕える役を演じ、ほぼ全編メイド服を着用する見込み。
    実はこの役、47歳の中山本人の強い希望で実現したというから驚きです」(フジ関係者)

     さらに彼女は、ある積極的な志願をしたという。
     「ミニスカのパンチラ露出シーンも織り込みたいと願っているようです。
    '85年の連ドラ『毎度おさわがせします』や'10年公開の映画『サヨナライツカ』でセミヌードを披露した経験があるだけに、
    脱ぎはへっちゃら。低迷続きで打ち切り説も出ている月9だけに、もはや何でもアリ状態で、彼女の“セクシー志願”も了承されるはず」(同)

     中山は自身の美脚に相当自身を持っており、だからミニスカに積極的なのだという。その背景には、中山の“全身若返り完了説”が囁かれている。
     「ミポリンは昨年10月の映画イベントに出席した際、頬は膨らみ、皮膚は不自然に輝いていたことから、
    報道陣から整形疑惑が噴出。以来、全身美容を行っているとの見方が強まっています。
    実際、脚がキュッと引き締まり、胸は突き出て、完全に20代のボディーになった。メイド役を志願し、
    パンチラ露出に積極的なのは“20代のボディーになった私を見て”という思いがあるからでしょう」(芸能関係者)

     最近の中山は激動続きだ。パリで夫婦生活を送っていた辻仁成氏と'14年7月に離婚。
    新恋人の音楽家・渋谷慶一郎氏ともパリ生活を送ったが、昨年初め頃までに破局したとされる。
     「日本に戻った中山は、2人の男へのリベンジとして完全復活を狙っている。
    3月29日放送のテレビ東京の特番ドラマ『花実のない森』では、
    東山紀之と初共演するなど、本格再始動をしています」(スポーツ紙記者)

     そればかりか、“アラフィフオールヌード”披露のタイミングも狙っているというのだ。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    週刊実話|掲載日時 2017年03月08日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年3月16日号
    http://wjn.jp/article/detail/5390964/

    27: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/03/08(水) 23:10:16.74 ID:hSJMKSMM0
    30年遅いわ!
     
    【中山美穂、20代ボディーへ全身若返り完了で全裸ヌードに挑戦か?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/08(水) 04:46:04.55 ID:CAP_USER9
    2017.3.8 04:05

     歌手、松田聖子(54)が29日に初のジャズアルバムを発売することが7日、分かった。構想から6年かけて制作した「SEIKO JAZZ」で、世界最強のビッグバンドらジャズ界の大御所たちとの豪華コラボで完成。デビュー37年目にして「SEIKO MATSUDA」名義でジャズシンガーに挑む聖子は「また、こうして新しいことにチャレンジできたことをうれしく思います」と喜んでいる。

     日本が誇る歌姫が、ジャズアーティスト・SEIKO MATSUDAとして一歩を踏み出す。

     「SEIKO JAZZ」は自身が愛する「遥かなる影」などの名曲をはじめ、「イパネマの娘」などのボサノバをジャズアレンジで収録した10曲入り。全曲英語詞で、聖子が優しく歌い上げるジャズアルバムだ。

     ジャズとの関係は深い。1990年代に米国を拠点に活動していた聖子は、巨匠、クインシー・ジョーンズ(83)らジャズ界のレジェンドたちと交流を深める中で「数々のジャズに触れ、魅了された」という。

     2011年にロサンゼルスで行われたクインシーの60周年公演に出演したころから、「いつかジャズを歌ってみたいという熱い気持ちがあふれた」といい、ジャズアルバム制作を視野に活動。12年にジャズグループ、フォープレイの作品にゲストボーカルとして参加するなど経験を積んだ。

     構想から6年、ついに豪華コラボでアルバムが完成。今作ではグラミー賞や数々のプラチナディスクを獲得したアレンジャー、デビッド・マシューズ(75)とタッグ。さらに彼が率いる世界最強のビッグバンド、マンハッタン・ジャズ・オーケストラも参加し、グラミー賞を受賞したプロデューサー、川島重行氏を迎えて制作した。

     東京とニューヨークでレコーディングを終えた聖子は、世界トッププレーヤーとの共演に「本当に素晴らしい経験でした。制作過程でジャズのさまざまなことを学ぶこともできました」と充実の笑み。今後もジャズをライフワークのひとつに据え、海外でも活動する予定で「デビュー37年目に、また、こうして新しいことにチャレンジできたことをとてもうれしく思います」と気合十分。

     ジャズの本場、NYで単独ライブが開催される日も遠くなさそうだ。


    ・松田聖子の初ジャズアルバム通常盤ジャケット写真。ジャズシンガーらしいムーディーな雰囲気だ
    http://www.sanspo.com/geino/images/20170308/geo17030805050010-p1.jpg
    geo17030805050010-p1

    ・グラミー賞や数々のプラチナディスクを獲得したアレンジャー、デビッド・マシューズ
    http://www.sanspo.com/geino/images/20170308/geo17030805050010-p2.jpg
    geo17030805050010-p2

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170308/geo17030805050010-n1.html

    【松田聖子、初ジャズアルバム完成。世界最強ビッグバンドと夢コラボ。】の続きを読む

    このページのトップヘ