メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:アイドル > クラシックアイドル

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 18:57:30.61 ID:CAP_USER9
    女優で歌手の南野陽子(50)が17日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(日曜・後5時)に出演し、人生を変えた歌について語った。

    17歳でスカウトされデビューしたが、「興味がなくて断ろうと思っていた」と南野は当時を振り返った。
    テレビ番組の観覧で訪れた際に、カメラマンから誘いを受けたという。
    そんなタイミングで良く聞いていたのが松田聖子の「Rock’n Rouge」で、南野は「お声かけしてもらった時に、毎日、この曲がかかってきて…。
    想像がふくらんで聞くたびに、私はどんな歌を歌えるんだろうなと思うようになった」と芸能界デビューに導いてくれた曲だったと説明した。

    斉藤由貴、中山美穂、本田美奈子、おニャン子クラブと同期だった南野は、
    もっとも忙しい時は睡眠が3時間程度で「学校の前だったり、次の撮影場所に車に行って(車の中で)寝ていた。家には10か月帰らなかったことも…」と話した。

    今でも「Rock’n Rouge」が南野の“チカラウタ”になっているという。
    「仕事を辞めたいことも、人生を辞めてしまおうかと思ったこともありましたけど、車の中で(この曲を)聞いたりして、あのときの自分の思いに戻って、切り開くことが大事、“よし、頑張ろう”と思えた」と話した。

    歌手活動再開について問われると、「32年間(芸能活動を)やってきて、歌を歌ったのは4年ちょっと。
    でもそう言われるのならば、アイドルはちょっと無理だけど、歌は関わっていきたい」と歌手活動への意欲を見せていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13625818/
    2017年9月17日 18時15分 スポーツ報知

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/a/0abc0_60_6f0bd3f5977b306296e048f78e453c6c.jpg
    0abc0_60_6f0bd3f5977b306296e048f78e453c6c

    https://www.youtube.com/watch?v=zWuJdLWd7Rc


    楽園のDoor 南野陽子

    https://www.youtube.com/watch?v=7tYE9pc6eNs


    南野陽子 さよならのめまい (1985)

    https://www.youtube.com/watch?v=Tg4WHwphhTU


    秋からもそばにいて

    https://www.youtube.com/watch?v=X9a_Ec5Jwxo


    南野陽子 秋のIndication

    【南野陽子、アイドル・デビューのきっかけは松田聖子だった? 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 12:23:11.26 ID:CAP_USER9
    明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった 作詞家売野雅勇氏明かす
    2017.8.29(Tue)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/29/0010504728.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/08/29/Images/f_10504740.jpg
    f_10504740

    売野雅勇氏

     作詞家の売野雅勇氏が27日放送のBS朝日「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」に出演し、売野氏が作詞した歌手・中森明菜のヒット曲「少女A」が、実は沢田研二のために原曲を書き下ろしていたことを明かした。

     「少女A」は売野雅勇作詞、芹澤廣明作曲で1982年7月に明菜の2枚目のシングルとしてリリースされ、大ヒット。明菜はこの年の新人賞を総なめとした。
     売野氏は書き下ろした経緯について、「アルバムの曲を集めているから」とスタッフから言われ、明菜には直接会うことはなく、明菜のチラシを1枚もらって書き上げたという。

     当時について「アイドルの人に書くのは初めてだったが、売れるとも思っていなかったし、そんなに書きたい訳じゃなかった。
    書くんだったら変わったものを書きたいなというコピーライター的な本能があって、まず少女Aというタイトルが出来てから書いた」と振り返った。
     コピーライターから作詞家に転身した売野氏は「新聞を見ていて、少女Aってこういうのがタイトルだと面白いだろうなと思った。それが事の始まりというか、勝因。
    最初は違う曲が付いていたが、詞だけが生き残って、いまみなさんが知っている少女Aのメロディーが付いた」と説明した。

     詞の内容については、映画「ベニスに死す」を原点として以前、沢田研二のために書き下ろしていたことを明かし、「ああいうのを書いたら格好いいだろうなと書いたが、ボツになって」と苦笑い。
    そこで「じゃあ、あのコンセプトを使おうと、(男女を)ひっくり返して少女Aになった」という。原曲は沢田がプールサイドから少女を上目使いに見ている詞だったという。
     一方、明菜は少女Aについてあまり気に入らず、売野氏は「明菜のAだと思って私生活を誤解する人がいると言って嫌いだったらしい。聖子ちゃんの世界とはあまりにかけ離れていて。
    マネジャーが1回だけ歌ってっていって、レコーディングしたらしい。ずっと知らなくて去年知りました」と制作エピソードを披露していた。

    【中森明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 05:06:33.12 ID:CAP_USER9
    9/16(土) 5:00 サンケイスポーツ

    渡辺満里奈、26年ぶり歌った躍った!「懐かしすぎて涙が出そう」

     タレント、渡辺満里奈(46)が15日、東京都内で行われた元ピチカート・ファイヴの小西康陽(58)のイベントにゲスト出演し、26年ぶりに歌声を披露した。

     ファン約200人の「満里奈~!」コールで沸き返る中、水色のブラウスにチェックのパンツルックで登場した渡辺は、自身の代表曲「マリーナの夏」を、おニャン子クラブ時代を彷彿させるようにキュートなダンスを交えて熱唱。「懐かしすぎて涙が出そう。うれしい。こんな風に皆さんが来てくださるとは思っていなかったので感激です」と目を潤ませた。

     ライブは小西のコンピレーションアルバム「エース」に渡辺の楽曲「バースデイ・ボーイ」が収録された縁で実現。公の場での歌唱は1991年8月の東京・日比谷野外音楽堂公演以来。2005年にお笑いトリオ、ネプチューンの名倉潤(48)と結婚し、長男(9)、長女(7)を出産後は初だ。

     長年のブランクも「子供が学校に行った後に家でこっそりと練習しました。(名倉には)『頑張ってこい』と言われました」とうれしそうに告白。歌唱については「すごく楽しかった。音楽は好きなので機会があったらぜひ!」と宣言した。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    26年のブランクを感じさせない華やかなパフォーマンスを披露した渡辺満里奈 =東京・渋谷区(撮影・斎藤浩一)(写真:サンケイスポーツ)
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20170916-00000501-sanspo-000-1-view.jpg
    20170916-00000501-sanspo-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00000501-sanspo-ent

    【渡辺満里奈、26年ぶり歌った躍った。「懐かしすぎて涙が出そう。」】の続きを読む

    uqghcN5


    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@無断転載は禁止 [CN] 2017/09/12(火) 22:56:58.88 ID:4yEqKShU0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    https://s.eximg.jp/exnews/feed/Sirabee/Sirabee_20161287594_1.jpg

    先月、50代の男性医師とのダブル不倫が報じられた女優・斉藤由貴(51)。

    その後の続報によって11日に不倫関係を認めたふたりだが、12日発売号の『FLASH』の写真が物議を醸している。

    ■下着を被ってフルーツを頬張る同誌には、斉藤のものらしき女性モノのパンツを被ってフルーツを?張る男性医師の写真が掲載されている。
    どういう経緯で撮られたものなのかは知る由もないが、目を引く写真であることは間違いないだろう。

    前回の「自撮りキス写真」が掲載された段階では強気な態度をとっていた男性医師。しかし、今回の「パンツ被り写真」で観念したのだろうか、
    11日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)で不倫を認めていた。

    斉藤もそれに続き、所属事務所を通じてFAXを送っている。

    ■『変態仮面』になぞらえた声も交際している相手の下着をかぶるという行為。本来なら仲睦まじいカップルの悪ふざけで済まされる問題なのだろうが、
    ダブル不倫という状況だけに、世間の声は甘くないようだ。

    また、ネット民からはマンガ『究極!!変態仮面』になぞらえたコメントも数多くみられた。

    ・不倫どうのこうのよりも、パンツを被ってるって行為のほうが子供としてはショックだろう…

    ・パンツかぶり医師の奥さん、かわいそう。浮気されただけでなく、夫の破廉恥写真が出回るんだ

    ■パンツ被りは1割未満しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,340名に「交際相手の下着を被った経験」について調査したところ、
    「経験アリ」と回答したのは6.7%と1割未満という結果に。

    https://s.eximg.jp/exnews/feed/Sirabee/Sirabee_20161287594_2.jpg
    Sirabee_20161287594_2

    50代男性は9.8%とほぼ1割が経験しているようだ。

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170912/Sirabee_20161287594.html
    https://www.lomero.net/wp-content/uploads/2017/09/img_59b7475b6c454.png 
    img_59b7475b6c454

    【斉藤由貴の不倫相手の医師「女物のパンツをかぶってご満悦」のパンチある写真が掲載。これはなかなか厳しい。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 15:48:21.47 ID:CAP_USER9
    9月11日放送の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、女優の斉藤由貴との不貞騒動の渦中にある医師がVTRで登場し、胸中を告白。
    これまでは不貞関係は否定しつつ多くを語ることのなかった医師だが、ここにきて一転、不貞を認め、関係の解消も明言した。

    「コメントを聞けば、『昔からファンだった』『欲ではなかった気がします。言語で語れるものではないと思う』など、ミーハー心満載。
    “演出家”気取りで斉藤にアドバイスし、あたかも自分が再ブレイクのきっかけを作ったかのような言い草でした。
    家族との関係については『特に家内がズタボロですよ。街も歩けない』としながらも『今でも僕は斉藤由貴さんを守ってあげたい』と未練タラタラ。
    これにはネット上でも『反省の色が見えない』『さらに奥さんをズタボロにする発言』『守るべきは家族だろう』など、批判殺到です」(芸能ライター)

    もう、斉藤由貴を守ってあげられないことについて「そんなこと言っちゃうと涙が出てきちゃうけど」と語った医師。
    本当に泣きたいのは、こんな夫、父親を持った家族であることに気付くべきだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353869/
    2017.09.11 14:30 アサジョ

    【斉藤由貴との不貞を認めた医師の「未練タラタラ」釈明に批判殺到。】の続きを読む

    images


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 16:05:59.43 ID:CAP_USER9
    http://www.sanspo.com/geino/news/20170911/sca17091115440002-n1.html
    2017.9.11 15:44

     女優、斉藤由貴(51)が11日、FAXでコメントを発表。
    W不倫疑惑を8月に報じられた妻子ある50代主治医との関係について、「女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。でも、もう、終わりにしました」と関係を認め、解消したことを明かした。

     「今回のことは全て私の責任です」と前置きしたうえで、先月3日の会見では「本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした」と真実を語らなかったことを謝罪。
    「先方のご家族には、今更謝罪する資格もありませんが、心よりお詫びいたします」とつづった。

     夫との現在の関係については「先日、ありのままを話し、謝罪しました」と報告。
    夫からは「今は子供たちのことを第一に考えよう。お互い努力し直そう」といわれたといい、「この先のことは、今後もよく話し合っていけたらと願っています」と関係修復に向け、話し合っていることを明かした。

     相手男性は同日、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜前8・0)にVTR出演。斉藤との不倫関係を認めていた。

    関連スレ
    【芸能】斉藤由貴との不貞を認めた医師の「未練タラタラ」釈明に批判殺到 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505112501/
    【芸能】男性医師、斉藤由貴との不倫関係を認める 「2012年から5年間」、報道後に関係解消★2©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505101551/

    【斉藤由貴、不倫相手の医師がテレビ番組で関係をゲロった為に、自身も認めるハメに。「もう終わりにしました。」 夫には「ありのままを話し謝罪。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/07(木) 10:04:10.60 ID:CAP_USER9
    8月31日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、女優の斉藤由貴(50)が出演。
    かつて音楽番組に出演していた際の意外なエピソードを明かし、タレントのマツコ・デラックス(44)やナインティナインの矢部浩之(45)らを驚かせる場面が見られた。

    この日は、ゲストとして斉藤が登場し、マツコや矢部らとトークを展開した。
    その中で、矢部が「他の歌手が歌っているのを聴いている時間が嫌い」と斉藤の“アウト”な点を紹介したところ、
    斉藤は「それってアウトですか?」と納得がいかない様子を見せ、マツコや矢部らを驚かせた。

    その理由について、斉藤は「生放送の歌番組とかあるじゃないですか。すごく苦手でした。たくさんの歌手の人と後ろで、手拍子したりとか」と吐露し、
    「ときどき、“カメラがこっちを向いている”みたいなのが分かって、そのときは、ただこう、何者でもないような顔をして(いた)」とアイドルらしからぬ態度をとっていたことを明かした。

    さらに、「(歌手同士が)なんだかみんな仲がいい感じに見えた。でも私はそこに入ることはできなかったから、すごくつらかったですね」と孤独を感じていたと告白。
    それを聞いた矢部が「独特な感じで、分かるような気がします」と納得する一方、斉藤は「なんで、みんなあんな仲良くなったんだろう」と当時を振り返り、不思議そうな表情を浮かべた。

    最後に、マツコから「番組のコンセプトには非常にマッチしています」と絶賛された斉藤が「アウトな感じってことですか?」と質問すると、
    マツコは「なんていうんだろう、ミステリアスな感じとかね」と返答。
    それに対し、斉藤は「分かった! フリークスな感じだ」と自虐的に言い放ち、スタジオを爆笑の渦に包み込んでいた。

    「50歳になりますが、斉藤の美貌と独特な雰囲気は健在ですね。不倫疑惑が報道されましたが、まったくブレないのはさすがです。
    ぜひもっとバラエティ番組で活躍してもらいたいですね」(芸能誌記者)――マツコもたじたじ……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1352527/
    2017.09.07 09:00 日刊大衆

    https://www.youtube.com/watch?v=SlOvMqnHxV4


    斉藤由貴 卒業 (1985)

    https://i.ytimg.com/vi/SlOvMqnHxV4/maxresdefault.jpg
    84a39323955cd641b9a6e92bf3623398

    http://natsukashi-music.up.n.seesaa.net/natsukashi-music/image/E69689E897A4E794B1E8B2B420E58D92E6A5AD2028198529.mp4_000206118.jpg 
    mp4_000206118

    https://stat.ameba.jp/user_images/20150830/09/acm-0329/e0/3b/j/t02200303_0400055013410547746.jpg
    t02200303_0400055013410547746

    http://img.xiaobaiban.net/u6IjUVDo5d_2B9pq5F_2B9U9ZacdsuBpKafijujd2rknuLAGrXINzoyJthSvVTei5DJtYJgItJeLefEIPcf8fwggjVqpMVb_2BTW2K0vZxilnJcM1qxMNVS9nYIhnHyZY_3D.jpg 
    maxresdefault

    https://pbs.twimg.com/media/DIj7wZjWsAE5UwF.jpg 
    DIj7wZjWsAE5UwF

    【斉藤由貴「つらかった。」アイドル時代の苦悩を明かす。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/05(火) 11:29:31.87 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が5日、日本テレビ系「スッキリ!」で、一部写真週刊誌にキス写真が流出した女優・斉藤由貴が写真の真偽について
    「記憶が曖昧」としていることに「私だったら2年前のキスは覚えてます」と断言した。

    番組では、キス写真が流出した斉藤の騒動について特集。斉藤側は4日に報道各社へFAXを送信し、
    写真が2年前のものであることや「驚きとともに非常に残念に思っております」「(写真の真偽は)本人の記憶が曖昧」などのコメントを発表している。

    これを受け、春菜は「写真を見ましたが、数枚あって、キスされてるんですが、
    なんで出た(流出)のかも分からないし…」と戸惑いの表情を浮かべた後、「でも、私だったら、2年前のキスだったら覚えてます」と胸を張った。

    MCの加藤浩次は「回数にもよるってことだね。2年間で何回してるかっている…」と苦笑したが、春菜は「私だったら、覚えていたいタイプです!」とロマンチックな一面を見せていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13569095/
    2017年9月5日 11時9分 デイリースポーツ

    【【斉藤由貴騒動】ハリセン春菜、2年前のキス「私だったら覚えてる。」】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/01(金) 06:12:58.34 ID:CAP_USER9
    9/1(金) 6:04 スポーツ報知

    渡辺満里奈、20歳以来26年ぶりライブで歌う

     タレントの渡辺満里奈(46)が、26年ぶりにライブで歌唱することが31日、分かった。15日に東京・タワーレコード渋谷でのイベントで、元「ピチカート・ファイヴ」の小西康陽(58)のステージにゲスト出演する。

     おニャン子クラブのメンバー、ソロとしても人気を集めた渡辺のキュートな歌声が、26年ぶりに復活する。

     2月発売の小西のアルバム「エース」で、自身の楽曲「バースデイ・ボーイ」が収録された縁でコラボが実現。当日は自身の楽曲から1曲披露するが、歌唱曲は当日まで明かされない。

     1986年に15歳でオリコン週間1位の女性ソロ最年少記録を更新したソロデビュー曲「深呼吸して」、自身の名前が曲名に盛り込まれた代表曲「マリーナの夏」(87年)などヒット曲があり、何を選ぶか注目される。

     昨年10月、ソロデビュー30周年を迎え、「子育てもやっと一段落ついたし、30周年のお誕生日を祝ってくれるのはとてもありがたい」と感謝。今年は31年目となるが、「(記念盤の制作に向けた)いろんな準備、私の心の準備もあり1年遅くなり、どうなんだろうという気持ちもあったけど、少しずつスタッフも動き出してたので」と決意した。

     人前で歌うのは、20歳だった91年8月24日の東京・日比谷野外音楽堂でのライブ以来。2005年に「ネプチューン」の名倉潤(48)と結婚し、長男(9)、長女(7)を出産後は初の歌唱となる。長年のブランクも「家でこっそり練習します。家族には『頑張って、楽しんできてね』と言われた」といい、「緊張しますが、全力を尽くします」と力を込めた。

     20日には、デビュー30周年記念アルバム「MY FAVOURITE POP」を発売。自身が選んだ30曲を収録し「80年代のアイドルポップスのキラキラした雰囲気を感じてほしい」と呼び掛けた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。) 


    渡辺満里奈
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20170831-00000210-sph-000-3-view.jpg
    20170831-00000210-sph-000-3-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000210-sph-ent

    【渡辺満里奈、20歳以来26年ぶりライブで歌う。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/08/13(日) 14:01:22.26 ID:CAP_USER9
    1982年に『スローモーション』でデビューを果たして以来、またたく間にトップアイドルに上りつめた歌手の中森明菜(52)。
    2010年に体調不良により芸能活動の無期限休止を発表したが、14年の『NHK紅白歌合戦』(NHK)に“スペシャルゲスト”として出演。
    昨年はディナーショーを開催し、ついに7年ぶりのステージ復帰を果たして往年のファンを喜ばせた。
    そこで今回は、彼女の全盛期ともいえる1980年代に発売された「中森明菜のシングル曲の中で一番好きな曲」を、40~50代の男女200人にリサーチしてみた。

    第5位(8%)に選ばれたのは『難破船』。87年9月に発売された19枚目のシングルで、作詞、作曲は加藤登紀子(73)によるもの。
    もともと加藤自身がリリースした曲だったが、「あなた(中森)が歌ったほうがいい」と加藤が熱望し、この曲を贈ったという逸話がある。
    この曲は歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で5週連続1位を記録し、この年の『NHK紅白歌合戦』でも披露。悲壮感が漂う失恋ソングながら、
    壮大なスケールを感じさせる同曲を、当時22歳だった中森が抜群の歌唱力と表現力で歌い上げ、世間を驚かせた。

    続いては、同率(8.5%)で『セカンド・ラブ』と『飾りじゃないのよ涙は』の2曲が3位にランクイン。
    『セカンド・ラブ』は、82年の11月に発売された3枚目のシングル。
    作詞、作曲は、来生えつこ氏(69)、来生たかお(66)の姉弟が担当した。
    売上枚数は77万枚を超え、中森のシングルの中で、最大の売上枚数を記録している。
    繊細な歌詞とメロディが特長のバラード曲で、中森自身もこの楽曲には思い入れが深かったようだ。

    第3位のもう一曲は『飾りじゃないのよ涙は』。
    84年11月にリリースされた10枚目のシングルで、作詞と作曲は井上陽水(68)によるもの。
    中森にとって、アイドルからシンガーへの分岐点となったともいわれている曲で、売上枚数は62万枚を記録。
    ダンサブルな曲調と独特の歌詞がとてもマッチしており、“歌姫”と称された中森を象徴する楽曲の一つとなっている。

    第2位(12%)に支持されたのは『DESIRE-情熱-』。

    86年2月に発売された14枚目のシングルで、作詞は阿木燿子(72)、作曲を鈴木キサブロー氏(64)が担当している。
    当時の音楽番組などで、ボブのウィッグとハイヒール、そして洋風にアレンジされた着物を着て歌う姿が印象的だったが、この衣装は中森自身による発案だったそうだ。
    この曲で中森は、同年の日本レコード大賞を受賞。2年連続の大賞受賞という偉業を成し遂げた。

    そして見事第1位(12.5%)に選ばれたのは『少女A』。
    82年7月に発売された2枚目のシングルで、作詞を売野雅勇氏(66)、作曲は芹澤廣明(69)が担当。
    この曲により中森は、アイドル歌手としての地位を確かなものにしたといわれている。
    同時期に活躍した松田聖子がいわゆる“王道のアイドル”だったのに対し、中森は“クールで大人びた”イメージが強かった。
    この『少女A』は、まさにそんな中森のイメージにピッタリの楽曲だったと言えるだろう。

    80年代を代表するアイドルであり、実力派の歌手としても知られている中森明菜。
    歌唱力の高さは同世代のアイドルの中でもぬきんでており、表現力も素晴らしかった。そんな“歌姫”の本格復帰が待ち遠しい限りである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1344168/
    2017.08.13 06:00 日刊大衆

    【中森明菜の好きな曲2位は『DESIRE』、1位は? 】の続きを読む

    images


    1: ぴこぐらむ ★@無断転載は禁止 2017/08/05(土) 21:58:14.43 ID:CAP_USER9
     元光GENJIの諸星和己(46)が5日、千葉・幕張メッセ近郊で行われた「オモロック2017」に出席。最近、光GENJIの元メンバー7人全員で食事会をしたことを明かした。

     1987年から94年まで7年間活動した光GENJI。解散していなければ、今年デビュー30周年を迎えていた。諸星は「仲が悪かった。(今は)7人で光GENJIのLINEをやっている。『まず、飯を食おう』って。お金は俺が払っている」と食事会で“再結成”したという。「復活はない」と言うが、「人は幸せだから笑うんじゃない。笑うから幸せとメンバーも思ってるよ」と“格言”を残した。
     ジャニーズを9月に退社する元SMAPの香取慎吾(40)ら3人には、「俺は大もめして辞めてるから辞め方が違う。エール?ないよ。俺がエール欲しいわ」と初言及した。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/05/0010437530.shtml

    【諸星和己、元光GENJIの7人で食事&LINE明かす。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/06/17(土) 05:43:22.27 0
    当時問題にならなかったの?

    【「毎度おさわがせします」ってドラマ、中学生アイドルを凄い格好させて出演させてたけど・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ