メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: スポーツ系

    ダウンロード (4)


    1: Egg ★ 2019/05/07(火) 20:57:50.57 ID:rZM8jpXN9
    世界女子プロテニス(WTA)ランキング1位の大坂なおみ選手が防弾少年団のファンであることを明らかにした。

    大坂は6日にスペインのマドリードで開かれたWTAツアーのムチュア・マドリード・オープン女子シングルス1回戦の試合後の記者会見で「まずBIGBANG(ビッグバン)と2NE1(トゥエニィワン)が好きだった。特に2NE1メンバーのうちCLのファンだった」として好きなK-POP歌手を挙げた。

    続けて、防弾少年団を見ることになり、最初は「このグループはだれだろう」という程度の関心だったが、「そのうちに『I NEED U』が出てからだんだん防弾少年団のファンになった」と話した。

    大坂なおみは昨年から防弾少年団が公式ツイッターに書き込んだツイートに「いいね」を押し続けており防弾少年団に対する愛情を見せている。

    2019年05月07日 11時11分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253083

    【大坂なおみ「私も防弾少年団ファンです。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/24(水) 14:20:15.68 ID:WiZNXulc9
    事故の直後に届いたサイン入りユニホーム「嬉しくて泣いてしまいました」

    Full-Countがお送りする野球と音楽をつなげるインタビュー・シリーズ。
    今回はパ・リーグ連覇と日本一を目指す西武を熱狂的に応援する勝利の女神、仮面女子の猪狩ともかのロング・インタビューを3回に渡ってお届けする。
    最後は事故からわずか4か月半で人生2度目の始球式を行った彼女に、その支えとなったライオンズについて、これからの活動について語ってもらった。
    最終回では、猪狩ともかが選ぶ「西武歴代ベストナイン」も紹介する。

    ――第1、2回ではチーム、選手、球場グルメとライオンズのおすすめをたくさんお話ししていただきましたが、振り返ると事故からわずか1年しか経ってないんですよね。
    大きな怪我から心身ともに復活するためには、どんな人でもかなりの時間を要することは想像に難くないのですが、それを遥かに超えるスピードで猪狩さんは復活を果たしました。
    我々には計り知れないご自身との闘いはもちろんのこと、たくさんの方々の助けもあったとお話をされていますが、その中でもライオンズの選手の皆さんからの応援は大きな力になったとブログでも書かれていますよね?

    猪狩「そうですね。事故にあった2018年4月12日の翌日の夜、ICU病棟でラジオをつけてもらうと、阪神から移籍してきた榎田(大樹)投手の初登板だったんです。
    途中で眠ってしまいましたが、翌朝、勝利したことを知りました。
    日本ハム戦で8点差をひっくり返して勝利した試合もあとから話を聞き、とても勇気付けられました。
    いろんな方に支えていただいた中でライオンズには入院中、試合も見ながら元気をもらっていました。
    そして、入院中に炭谷(銀仁朗)選手からライオンズの皆さんのサインが入ったユニホームを直接届けていただいて……」

    ――炭谷選手のお話はブログでも拝見しました。私たちには想像もできない大きな励みになったんでしょうね。

    猪狩「はい。炭谷選手自ら選手の皆さんに声をかけていただき、ユニホームいっぱいのサインを集めて下さったんです。嬉しくて泣いてしまいました。
    それからも選手の皆さんやファンの皆さんからもエールを贈って下さり、ライオンズは私に大きな力をくれました」

    怪我を乗り越えて迎えた2度の始球式「球場全体の温かさを感じました」
    ――そして見事復活を果たし、昨年9月に人生2度目となる始球式を行いました。今度は車いすでの始球式だったわけですが、そこで見た球場の景色はいかがでしたか?

    猪狩「そうですね、1回目の始球式は、恐らくほとんどの方が、ライオンズ好きの仮面のアイドルが始球式をやるんだくらいの印象だったかもしれませんが、
    去年は事故に遭ったことやライオンズが大好きだってこともたくさんの人に知っていただき、球場全体の温かさを感じました。みんなが『頑張って!』って応援してくれて」


    ――怪我を乗り越えて、球場に戻ってきた仲間を『お帰り!』って迎え入れてくれた。そんな瞬間だったんでしょうね。

    猪狩「ライオンズが勝った試合の後にいつも応援団の皆さんが応援歌メドレーを歌うのですが、怪我の公表をした後にその応援歌メドレーで私にエールを贈って下さって、その動画を入院中に見て、すごく感動して……。
    そのお礼をどうしても言いたくて、始球式が終わってから外野に行ったんです」

    ――子供の頃から大好きな西武ライオンズが、猪狩さんを助けてくれたり、支えてくれる存在になるなんて、思いも寄らない巡り合わせですよね?

    猪狩「本当に夢みたいです。もともと自分が好きで見ていたチームで始球式や国家斉唱まで、信じられないような形で関わらせていただいたり、大変な時に皆さんに助けていただいたり、今でも信じられないです」

    ――やっぱり、好きなものは「好きだ」と声に出したほうが良いのかもしれませんね。

    猪狩「本当にそう思います。『好き』と『夢』は言葉にするのが何より大事です」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00353262-fullcount-base
    4/24(水) 11:45配信

    https://public0.potaufeu.asahi.com/5ea3-p/picture/15966105/8e57a5d6c780bd243414a4683933dbd3_640px.jpg
    8e57a5d6c780bd243414a4683933dbd3_640px

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/14/jpeg/20180814s00041000100000p_thum.jpg 
    20180814s00041000100000p_thum

    https://s.yimg.jp/images/promotion/actions/images/article/igari/igari_image6.jpg
    igari_image6

    https://pbs.twimg.com/media/DckJEUzVMAAzyPR.jpg
    DckJEUzVMAAzyPR

    https://www.alice-project.biz/img/rep/userimg/2/20180911203046_02.jpg
    20180911203046_02

    https://yot-portfolio.com/wp-content/uploads/2018/05/noname-93.png
    noname-93

    http://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/f/8/f8e123c9-s.jpg 
    f8e123c9-s


    【『仮面女子・猪狩ともか』インタビュー。事故から始球式、そして今。力をくれた西武ライオンズ。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 20:24:47.15 ID:E6cld47f9
    格闘技の祭典「RIZIN.15」のゲスト解説をつとめたミュージシャンのGACKTさんが、一夜明けた2019年4月22日インスタグラムで「今後解説席に座ることはもうない」と宣言した。

    「RIZIN.15」は21日にフジテレビ系で放送されたが、GACKTさんの解説についてインターネット上では酷評が相次いでいた。「引退宣言」を受け、ネット上ではさまざまな意見が噴出している。

    ■「ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」

    18年大晦日に那須川天心選手対フロイド・メイウェザー・ジュニア選手戦を実現させ、格闘技ファンだけでなく一般層にまで人気が拡大しつつある総合格闘技RIZIN。
    4月21日に横浜アリーナで開催された「RIZIN.15」は、その那須川選手が今度は「フィリピンの英雄」マニー・パッキャオ氏の刺客、フリッツ・ビアグダン選手と激突する1戦が組まれるなど、大きな注目を集めていた。

    この一大イベントのテレビ放送でゲスト解説に招かれたのが、大の格闘技ファンとして知られるGACKTさん。だが大役を終えた翌22日のインスタグラムで吐露したのは、

    「今回度重なる要請を受けてやったものの、ボクの話すペースは全く解説者向きじゃない。解説を本業にやってる方達にも失礼だとも思うし、技術面も話せる人がいるならボクがそれを話す必要も全くない」

    と、自身の「立ち位置」に戸惑っていることを伺わせるネガティブな心境だった。そして、

    「今後解説席に座ることはもうない。これで最後だ。強く頼まれたこととはいえ、ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」

    と解説から身を引くことを宣言した。

    「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」

    GACKTさんが放送中に展開したトークへの評判は、必ずしも芳しいものではなかった。特に指摘が多かったのが、RENA選手対S・ジャン・フランソワ選手戦で「スタミナ」と連呼していたこと。
    試合前に「RENA選手はどれくらい練習してスタミナをつけてきたのかが気になります。
    お互いスタミナのない選手なので、勝負は思った以上に早く着くのではないか」と予想すると、
    1R途中では「ここら辺で決めないと、RENA選手のスタミナのことを考えると、なるべく早いラウンドでグラウンドに持っていって締めたほうが良い」と解説した。

    2R開始前にも「RENA選手もフランソワ選手もスタミナが強い選手ではないので、なるべく早い段階で試合を終わらせにくるとみえると思うんですよ」と展望。
    だが予想に反して試合は最終3Rに突入すると、「RENA選手は苦手なスタミナの甘さが仇になるかと思ったのですが、実際今回の試合では調整してきて、彼女はフランソワ選手よりスタミナで上回っている。
    相手は試合を焦っている。スタミナがないので」と両選手のスタミナに再び言及。終了間際にも「相手もグラウンドに持ち込もうにもスタミナが切れている」と指摘した。

    結局RENA選手が3-0の判定勝利に終わったが、試合後のGACKTさんは感想を聞かれ「ひいき目なしにRENA選手のスタミナがフランソワ選手を上回っていた」とやはりスタミナを最重要視していた。こうした解説にツイッターでは、

    「Gackt氏の解説が RENA戦でやたらスタミナはがないって言ってたのは少し的外れやった」
     「スタミナスタミナうるさいねん」
    「GACKTの解説いる??  スタミナしか言わないじゃん」

    と不満の声が漏れることになった。

    GACKTさん特有の低く落ち着いた語り口に対しても「ボソボソで何言ってるか解らない。
    伝わらない解説」「喋り方が壊滅的に解説・実況に向いていない。聞き取りづらくて逆に気になってしまい映像に集中できなかった」などと快く思わない視聴者も多かったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000012-jct-ent
    4/22(月) 19:40配信

    https://www.youtube.com/watch?v=AP4_hD3upZw


    RIZIN.15 Shindo Nasugawa Tenshin and Muay Thai Philippines King REN RENA wins revival! ?

    【「スタミナを。」「スタミナが。」「スタミナの。」 RIZIN登板も不評の『GACKT』、解説者引退宣言。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 15:08:23.58 ID:JHZNSl+k9
    4月21日、フジテレビ系が放送する格闘技イベントにGACKTが出演。
    解説席にも加わり、GACKTならではの低いトーン、テンポで独自の論評を繰り返したが、視聴者からは批判する声が殺到。
    格闘技初心者からも「同じことしか言わない」「それしか知識がないの」と呆れる声が噴出している。

    フジテレビ系は同日、格闘技イベントの『RIZIN』を放送。
    「エグゼクティブオーガナイザー」として同イベントに関わることになったGACKTは、試合前のVTRで出場選手を論評するなど、格闘技にも造詣が深いことをうかがわせた。

    しかし、視聴者から「格闘技のことを知らないのでは?」と指摘されたのは、女子の人気格闘家・RENA選手の試合でのことだった。
    この試合で解説席に陣取ったGACKTは試合前に展望を聞かれ「(対戦相手も含め)お互いスタミナがないので、早く決着する」と分析していた。

    「スタミナがない」を連呼も、決着は判定に…
    試合開始から攻めるRENA選手に、GACKTは「これ以上長引かせるとスタミナが持たなくなってくる」と不安げにつぶやき、その後も「スタミナが…」と連呼。
    しかし、皮肉にも試合はなかなか決着することなく、最終ラウンドに持ち込まれた。
    RENA選手は結局、最後まで攻め続けて判定勝ち。
    GACKTは「RENA選手のスタミナが上回っていた」と論評。
    最後も「スタミナ」の一言で締めた。

    ツイッターではGACKTの解説を批判する声が続出する状態に。

    《GACKTの解説が最初から最後までスタミナがあるかどうかで笑った》
    《GACKT様のスタミナへのこだわりは異常》
    《GACKT好きだけど、RIZINの解説としては無能感がすごい…終始「スタミナが?」しか言ってないし…》
    《GACKTがスタミナスタミナうるさ過ぎて笑えてくる》
    《ガクトがスタミナ太郎とか言われてるのはほんと笑った》
    《これ以上スタミナって言わないでよ。GACKTが安くなっちゃうよ》

    格闘技ファンのみならず、格闘技初心者と思われるツイッターユーザーからも批判の声が出た。

    しかし、「スタミナ」1本で解説を乗り切ったGACKTはスゴい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1788935/
    2019.04.22 11:38 まいじつ
    ?

    【『GACKT』、格闘技「RIZIN」を解説。語彙力の無さが露呈するも”スタミナ”で乗り切る。】の続きを読む

    Ca2NffBWcAEVNfL


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/03/29(金) 19:17:19.35 ID:CQ28gLVF9
    元横綱双羽黒の北尾光司さん死去 格闘家でも活躍
    2019年3月29日18時16分
    https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/201902120000630_m.html?mode=all
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/img/201902120000630-w500_0.jpg
    201902120000630-w500_0

    87年大相撲秋場所初日 土俵入りを行う双羽黒(1987年9月13日撮影)

    大相撲の第60代横綱で、現役横綱双羽黒のまま廃業し、プロレスラーに転身した北尾光司さんが亡くなっていたことが29日、分かった。55歳だった。

    北尾さんは立浪部屋から1979年(昭54)3月の春場所で初土俵を踏み、86年(昭61)1月の初場所から大関、同年9月の秋場所から横綱に昇進。横綱として8場所務めた後、87年12月にトラブルで部屋を飛び出し、その後、師匠から当時の「廃業届」が提出された。1909年(明42)に優勝制度が導入されて以降、唯一、優勝経験のない横綱となった。これをきっかけに、横綱昇進は慎重な見方をされるようになり、大関として連続優勝、またはそれに準ずる成績が求められることになった。

    相撲界を離れた後、90年2月10日の新日本東京ドーム大会で、本名の「北尾光司」でプロレスデビューした。クラッシャー・バンバン・ビガロとのデビュー戦を勝利。その後、SWS、UWFインターなどにも参戦し、総合格闘家としても活動したが、98年7月にプロレス、格闘技界からも引退した。

    03年9月には、自身が相撲界にいた時とは代替わりしていたが、16年ぶりに立浪部屋を訪れ、部屋のアドバイザーに就任した。その際には「名門立浪復活の手助けをしたい」と、意気込みを語っていた。

    当時から師匠を務める立浪親方(元小結旭豊)は「交流はその時の一瞬で、その後は連絡を取っていなかったから、最近の様子は知らなかった」と話していた。

    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/img/201902120000630-500_1.jpg

    新日本東京ドーム大会 プロレスデビュー戦を勝利で飾った北尾光司は花道でガッツポーズ (1990年2月10日撮影)
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/img/201902120000630-w500_3.jpg
    201902120000630-w500_3

    WAR両国大会で天龍源一郎と戦う北尾光司(1995年7月)
    ★1: 2019/03/29(金) 17:38:42.73 ※ ソース差し替え

    ※ 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553848722/

    【元横綱・双羽黒、プロレスラーの北尾光司氏さんが死去。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/02/28(木) 22:42:17.60 ID:loN970Xo9
    2019/02/28 07:01
    マーティ・フリードマン 3年連続で「東京マラソン」でギター演奏決定

    マーティ・フリードマン(Marty Friedman)は今年も「東京マラソン」のスタート地点でギターを演奏します。
    自身のSNSページで発表。マーティが「東京マラソン」のスタート地点で生演奏を行うのは今年で3年連続。
    今年もスタート地点でギターを演奏し、ランナー達を力強く送り出します。

    2019年の「東京マラソン」は3月3日(日)に開催されます


    @marty_friedman
    https://twitter.com/marty_friedman/status/1100842346655158273

    http://amass.jp/117564/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【マーティ・フリードマン、3年連続で「東京マラソン」でギター演奏決定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/02/16(土) 20:55:30.90 ID:XKYNf5/i9
     日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子副会長は16日、東京都府中市で開かれた2020年東京五輪・パラリンピックに向けた機運を高めるイベントでの講演で、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子選手について触れ、「私も高校3年の時に(腎臓などの)病気をして、立ち直ることができた一人であるなというふうに思っております。池江選手には何とか頑張って欲しい、と思うと同時に、彼女ならできると信じているんです」と語った。

     また、「
    私はオリンピックの神様が池江璃花子の体を使って、オリンピック、パラリンピックというものをもっと大きな視点で考えなさい、と言ってきたのかなというふうに思いました。あらゆる問題が去年から頻繁に、スポーツ界には起きました。池江選手が素晴らしい発信をしてくれたことによって、スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきではない、ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない、もっと前向きにしっかりやりなさい、ということの発信を、池江選手を使って、私たちに叱咤(しった)激励をしてくれているとさえ思いました」などと話した。

     イベント終了後に報道陣から真意を問われると、池江選手が『神様は乗り越えられない試練は与えない』とのメッセージを出したことについて「私たちこそが、池江選手の治療できる環境、頑張ってもらえる環境を作らなければならない、と教えられたということです。コンプライアンス、ガバナンスを今こそしっかりとしていかなければ、池江選手を盛り上げることにもならないし、しっかりしなければいけないということです」などと説明。「今、大臣の発言とか、いろいろ言われており、変なことは言ってはいけないことは理解しています。スポーツ全体の問題としてとらえてしっかりとやっていくべきなんだ、ということを彼女の頑張りから私たちスポーツ界が教えられた、ということです」と話した。


    2/16(土) 20:35配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000052-asahi-spo

    【橋本聖子JOC副会長、何を言っているのか分からなくなる。】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/02/04(月) 16:40:41.74 ID:gvVqD+YT9
     第53回スーパーボウルのハーフタイムショーにはロサンゼルスで結成された人気バンド「マルーン5」と、多くの支持を集めているラッパーのトラビス・スコット(26)と、ビッグ・ボーイ(43)が出演したが、米国内のメディアの評価はいまひとつだった。

     USA―TODAY紙は「可もなく不可もないパフォーマンス。このイベントに対してこれでいいのか?」と疑問を投げかけ、AP通信のメスフィン・フェカドゥ記者は「マルーン5を表現する言葉として無、退屈、普通、眠気、とるにたらない、満たされない、不要」などが挙げられるだろうと記した。

     もともと試合が行われたアトランタはヒップホップの聖地で、マルーン5の曲調が合わないとする意見があり、途中からスコットの横でダンスを始めたマルーン5のボーカル、アダム・レヴィーン(39)のパフォーマンスにも違和感を訴える意見が続出。レヴィーンのボーカルとゴスペルのバックコーラスも“ミスマッチ”と指摘された。

     大きな問題やハプニングなどはなかったが、無難にこなしすぎたゆえに評価が上がらなかったパフォーマンス。歌い終えたスコットが背中からステージ下のファンに向かって倒れこむ場面が「唯一のハイライト」とも報じられた。

     今回のハーフタイムショーを巡ってはかねてから論争がぼっ発。国歌吹奏時に膝をついてリーグを追われた状況になっている元49ersのQBコリン・キャパニック(31)への支持を訴えるために、ハーフタイムショーのオファーを受けていたリアーナやカーディ・Bらは出演を断っていた。

     昨年の第52大会で同じくオファーを拒否したヒップホップ界の大御所、ジェイ・Z(49)は、スコットに対して出演を断るように訴えたほど。結局、ハーフタイムショーの出演者が公表されたのは1月に入ってからで、微妙な「立ち位置」を察してか、マルーン5はアトランタ入りしてからの公式会見をキャンセルしていた。

     キャパニックがどこかのチームと契約してNFL復帰を果たさない限り、来年もまたオファーを断るアーティストが出てくる可能性が大。NFLの関係者にとっては悩み多き“演出”になりそうだ。


    [ 2019年2月4日 15:05 ]
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/04/kiji/20190204s00040079247000c.html
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/04/jpeg/20190204s00040079233000p_view.jpg 
    20190204s00040079233000p_view


    Maroon 5 FULL Super Bowl LIII Halftime Show ft. Travis Scott & Big Boi
    https://youtu.be/zIwkhEqVq4s


    【NFLスーパーボウルハーフタイムショーで論争を呼んだ『マルーン5』 米メディアは辛らつ評価。】の続きを読む

    images (2)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/30(水) 18:53:40.08 ID:nx4suE/59
     第53回NFLスーパーボウル(2月3日=アトランタ)のハーフタイム・ショーに出演する人気バンド「マルーン5」が29日に予定されていた公式会見を直前になってキャンセルした。NFL側は「日曜日には準備していた通りのステージを見せるだろう」としたが、マルーン5側は会見を中止にした理由を明らかにしていない。

     今回のハーフタイムショーを巡っては論議が続出。当初出演オファーを受けていたのはバルバドス出身の人気シンガーで女優、モデルでもあるリアーナ(30)だった。しかしリアーナは国歌吹奏の際に膝をついて抗議の姿勢を示した元49ersのQBコリン・キャパニック(31)を支持するためにNFLからのオファーを拒否。その“代役”となったマルーン5に対しては各方面から「抗議の姿勢を示せ」という声が沸き起こっていたが、バンド側はここまで沈黙を貫いている。

     ペイトリオッツとラムズが激突する舞台となったアトランタは、ヒップホップのルーツという土地柄もあって人気ラッパーの起用を望む声も多く、マルーン5の曲調が合わないとする意見も出ていた。


    [ 2019年1月30日 11:52 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/30/kiji/20190130s00041000145000c.html

    【NFL・スーパーボウルでハプニング。ハーフタイムショー出演の『マルーン5』が会見をドタキャン。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/14(月) 18:00:38.91 ID:QPzTaL229
    【1月14日 AFP】米ナショナルフットボール(NFL)の王者を決める第53回スーパーボウル(Super Bowl LIII)で、グラミー賞(Grammy Awards)を3回受賞している米バンド「マルーン5(Maroon 5)」がハーフタイムショーのメインを務めることが決まった。出演拒否を求める署名活動も行われていた中で、リーグとバンドがどちらも13日に発表した。

     NFL王者を決める年に一度の祭典スーパーボウルは、今年は2月3日にアトランタ(Atlanta)のメルセデス・ベンツ・スタジアム(Mercedes-Benz Stadium)で開催される。ハーフタイムショーは、毎年全米で視聴率がとりわけ高まるスーパーボウルのハイライトで、マルーン5は地元出身のビッグ・ボーイ(Big Boi)、今年のグラミー賞にノミネートされたトラビス・スコット(Travis Scott)という、ラッパー2人と共演する。

     一方でマルーン5の出演はしばらく前にうわさが出て以降、大きな論争を呼んでおり、元NFL選手のコリン・キャパニック(Colin Kaepernick)を支持する姿勢を示すため、出演を拒否してほしいと嘆願するオンライン署名が7万5000人以上から集まっていた。

     キャパニックは黒人差別や社会の不正義に対する膝つき抗議を始めた人物で、報道によれば、キャパニックを支持する複数のアーティストが、ハーフタイムショー出演を断ったという。また音楽業界誌「ビルボード(Billboard)」が匿名の人物の言葉として明かした情報によれば、スコットはリーグが自分と一緒に社会運動団体へ寄付を行うことを条件に、オファーを受けたという。

     膝付き抗議をめぐっては、2016年から所属チームのない状態が続いているキャパニックが、リーグと各チームのオーナーが共謀して自身を「干した」として、両者への苦情を申し立てている。さらに、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が膝つき抗議をする選手を「くそ野郎」と呼び、クビにしろと求めたことで、抗議は大きな社会問題と化している。(c)AFP

    2019年1月14日 11:45 発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]
    http://www.afpbb.com/articles/-/3206266?act=all
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/d/1000x/img_9dcbf3879108e11c42a1da6ac35e0c8f209110.jpg 
    img_9dcbf3879108e11c42a1da6ac35e0c8f209110

    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/nfljapan/wp-content/uploads/2019/01/14144831/0ap3000001010246.jpg 
    0ap3000001010246

    【第53回スーパーボウルのハーフタイムショーに『マルーン5』出演が決定。】の続きを読む

    このページのトップヘ