メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ: スポーツ系

    ダウンロード (4)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/19(日) 15:18:08.79 ID:CAP_USER9
     日本代表が4大会連続の準決勝進出を決めた野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。中継番組の視聴率も日本での開催試合の観客動員も好調で、この春の国民的な関心事になっている。TBS系列での中継番組では、番組内で流されるロックの名曲が「侍ジャパン」をもり立てる。米ロックバンド、ジャーニーの「セパレート・ウェイズ」。鋭く力強いリズムは、世界の舞台で頂点を目指す武者たちのイメージを引き立てる。日本代表が世界一の奪還を成し遂げたとき、興奮と感動とともに、あのイントロのリズムが再び記憶に刻まれるに違いない。スポーツの大会と音楽との関係をまとめてみた。(吉原知也)

    ■実は野球とは無関係!?

     きらびやかなシンセサイザーのイントロに、ギターとドラムのキレ味のあるリズムが刻む。そこにスティーブ・ペリーの伸びやかでさわやかなハスキーボイスが乗ることで、骨太な音のうねりを作り出していく…。

     これが、1983年に発表された「セパレート・ウェイズ」。アメリカン・ロックの名作の一つに数えられ、エイティーズの洋楽ファンなら誰もが知る「ツウな選曲」。今回、侍ジャパンの活躍を通して、お茶の間に改めて広く知られることになったが、この曲の歌詞の意味を読み解いてみると、非常に興味深い。

     実は、この曲は男女の別れに際した男の赤裸々な心境を歌ったもの。野球と何かの関係ある歌かといえば、そうではない。

     しかし、日本の視聴者や野球ファンのイメージの中には、80年代の音楽シーンを彩ったジャーニーと、WBCが印象付けられているといえる。

    ■なでしこもロック 

     女子サッカーの世界一を決める大会では、米国の歌姫が大いに盛り上げた。

     国際サッカー連盟(FIFA)が主催し、2015年に開かれたサッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会では、女子日本代表「なでしこジャパン」が準優勝を果たした。

     カナダ全土で行われた同大会の試合会場では、米人気女性歌手のケイティ・ペリーの「ロアー」(2013年)がテーマソングのように“ヘビー・ローテーション“で流されていた。

     この曲のミュージック・ビデオは、ケイティ・ペリーがジャングルに生息するトラを手なずける内容が描かれている。「私はチャンピオン」と自らを鼓舞し、力強く吠える(ロアー)歌詞の内容は、懸命にピッチを走って闘い合う“なでしこ”の選手たちにぴったりだった。

     特筆すべきなのは、試合が始まる前の盛り上げに使われていた一曲。それは、オーストラリアのハード・ロックバンドAC/DCの「サンダーストラック」だった。言わずと知れたロック界のレジェンド。日本での知名度がそれほど高くないことが、不思議でならない。

     早弾きギターのイントロに響く「サンダー!」のシャウトは、つかみばっちり。熱戦の火ぶたが切られるのを待つスタジアムでのあおりにはもってこいの選曲だった。

    ■五輪ソングと言えば… 

     4年に一度のスポーツの祭典、オリンピックといえば、あの曲が挙げられるだろう。

     人気フォークデュオ「ゆず」の「栄光の架橋」だ。04年アテネ五輪で、体操の男子が団体総合金メダルを獲得した際に、NHKの実況でタイトルをなぞらえたこともあり、大きな話題を集めた。歓送迎会の応援歌として、今やカラオケの定番ソングになっている。

     この曲は、NHKのアテネ五輪関連番組のテーマソングにとどまらず、日本では五輪を連想させる音楽の代表曲として地位を確立した。

     氷上のアーティストたちが演技を極めるフィギュアスケート。14年ソチ五輪で羽生結弦がショートプログラムで使用して耳目を集めたのが、故ゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」だ。ワイルドさを演出した振り付けも相まって話題が沸騰した。

     ゲイリー・ムーアは北アイルランド出身のロックギタリストで、情熱がほとばしるギタープレイが多くのギタリストに影響を与えた。その素晴らしい才能はロックファンのみならず、世界中の人々が称賛した。

     来年2月には冬季・平昌五輪が、夏にはサッカーの祭典W杯ロシア大会が開催される。果たして、どんな曲が大会を彩るだろうか?

     スポーツとロックの共演は、果てしない可能性を秘めている。


    2017.3.19 11:00
    http://www.sankei.com/west/news/170319/wst1703190010-n1.html

    Journey - Separate Ways (Worlds Apart)
    https://youtu.be/LatorN4P9aA


    【音楽史上屈指のダサさを誇るPVとしても有名な、Journeyが演奏するWBCのテーマソング「Separete Ways」は、実は男女の別れを歌った名曲。イントロのリズムが侍ジャパンの名シーンとともに。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/13(月) 11:13:34.54 ID:CAP_USER9
    12日、テレビ朝日にて20時58分から放送される予定だったプロレス総選挙。
     『日本のプロレス界を支えてきた&現役のプロレスラーの中から【本当にすごいプロレスラーNo.1】が決定!豪華プロレスの祭典をお見逃しなく!!』と煽られていたこの番組は、現役・OBレスラー200人によるアンケートとファン1万人の投票をもとにランキング上位20人を発表するほか、日本のプロレス界の名勝負や名場面も紹介するということで往年のプロレスファンから若い世代のファンまで幅広い世代に注目を集めていた。

     番組には棚橋弘至や天龍源一郎、豆腐プロレスの松井珠理奈も出演し2時間以上の特番放送となるが、なんと前番組のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が大幅に延長し開始時間が24時を超える事態となった。
     0時13分からの放送となり終了予定時刻は2時25分。これにはTwitter上でも「他の日にやってほしい」「結局深夜番組じゃないか!」とクレームが上がり、放送前から「プロレス総選挙」が注目ワード入り。

     “ゴールデンタイムにプロレス復活”と盛り上がっていた番組だけに、様々な方面に遺恨が残る結果となった。

    バトル・ニュース 3/12(日) 23:49配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-battlen-fight

    【プロレスが2時間特番でゴールデン放送でプヲタが盛り上がる → WBC野球中継延長でやっぱり深夜放送へ。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/08(水) 17:37:30.83 ID:CAP_USER9
    野球日本代表「侍ジャパン」は2017年3月7日、第4回WBCでの「初陣」となる対キューバ戦に快勝した。だが、この試合ではグラウンドにいた選手以上にネット上の注目を集めた「観客」がいた。

    その観客とは、レフトスタンドで侍ジャパンを応援していた少年だ。彼は、侍ジャパンの選手が放ったホームランを「妨害」したとして、ネットユーザーから猛バッシングを浴びている。だが一方で、この少年の行為を報じた一部メディアに対しては、「未成年を晒し者にするのか」と問題視する動きも高まっている。

    http://www.j-cast.com/assets_c/2017/03/news_20170308155047-thumb-autox380-107342.jpg
    news_20170308155047-thumb-autox380-107342

    スポーツ各紙は「幻のホームラン」を大きく取り上げた

    ■ホームラン性の当たりを「キャッチ」

    事件は、1-1の同点で迎えた4回ウラの侍ジャパンの攻撃中に起きた。1アウト2塁のチャンスで打席に立った山田哲人選手は、レフト方向に強烈なホームラン性の大飛球を放った。

    だが、この打球がスタンドに入る直前、レフトスタンド最前列にいた少年が身を乗り出すようにしてキャッチ。この行為を受け、審判団がビデオ判定を行った結果、山田選手の打球はホームランではなく「二塁打」として試合が再開することになった。

    こうした判定を受け、打球をキャッチした少年に一部のネットユーザーが激怒。少年の行為がなければ「判定はホームランだった」として、

    「バカなファンが山田のホームランキャッチして二塁打にしちゃったよ...捕らなきゃスタンドインだったのに」
    「2度と野球見にくるな」
    といった批判の声をツイッターに寄せたのだ。試合中には一時、ツイッターのトレンドには「クソガキ」など複数の関連ワードが登場するほど、少年に対するバッシングは過熱していた。

    観客がプレー中にグラウンド上の打球を触ることは野球規則で「妨害行為」とされており、大リーグでは退場処分になったケースもある。そのため、今回の少年の行為には問題があるのだが、ネット上でのバッシングは「異常」と言えるほど高まっていった。

    一部のネットユーザーは、ツイッターを通じて少年の氏名や通う学校などの個人情報を「特定」したと主張して公開。また、球場にいた観客の中には、少年の写真を撮影してリアルタイムでツイッターに投稿する人も出ていた。こうした写真や個人情報をネット上で拡散するユーザーも現れるなど、騒動は深刻化している。

    >>2以降に続きます

    2017/3/ 8 16:00
    http://www.j-cast.com/2017/03/08292586.html

    【WBC 日本 対 キューバ戦「幻の本塁打」を巡り、少年の顔をメディアが報道。「バートマン事件」の再来を危惧。】の続きを読む

    images


    1: 詳細はリンクからどうぞ ★@無断転載は禁止 2017/03/04(土) 15:16:39.28 ID:CAP_USER9
    2017.3.4
    【お知らせ】本間朋晃選手が頚椎の負傷により欠場へ、3.6大田区は天山&小島組がIWGPタッグ王座挑戦

    3月3日沖縄大会の試合中のケガにより、試合後に病院に緊急搬送された本間朋晃選手に関しまして。
      
    病院での診断の結果、頚椎の負傷によりドクターストップがかかり、3月6日大田区大会を含む、
    以降の試合を欠場することとなりました。なお、今後の復帰時期は未定となります。
     
    本間選手の試合を楽しみにしていたファンの皆様には、深くお詫びいたします。
     
    また、本間選手の欠場により、タッグパートナーの真壁刀義選手は
    3月6日大田区大会で行われる予定でしたIWGPタッグ選手権の挑戦を辞退。
     
    これを受け、新日本プロレスのIWGP実行委員会が代打チームとして、
    天山広吉選手&小島聡選手を挑戦者に指名し、同チームの挑戦が決定。
    一部の対戦カードが変更となります。

    何卒、ご了承いただけますよう、よろしくお願いします。

    新日本プロレスリング株式会社

    http://www.njpw.co.jp/86637
    http://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2017/03/TOP000.jpg
    TOP000

    本間朋晃、頚椎負傷で長期離脱へ!新日がHPで発表
    http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170304-OHT1T50096.html

    試合経過
    http://www.njpw.co.jp/card_result/85285

    【本間朋晃、長期離脱へ。新日本プロレスの試合中のケガで頚椎を負傷。近年、危険度が増している技の応酬や試合運びに警鐘。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 22:34:28.16 ID:CAP_USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170220-OHT1T50203.html
    2017年2月20日21時32分 スポーツ報知

     20日放送の日本テレビ系「有吉ゼミSP」(月曜・後7時)で、米国在住のタレント・野沢直子(53)の長女、真珠(しんじゅ)オークライヤー(23)の総合格闘技デビュー戦の模様が放送された。

     真珠オークライヤーは「ジュジュ・オークライヤー(Team SFS)」として今月4日、米デトロイトで行われたドノフリオMMAインパクトファイトリーグでデビュー。
    小柄ながら5戦5勝の戦歴を持つラーキン・ダッシュと対戦した。

     「反対しても聞いてくれない子」と長女について話していた野沢。真珠は当時の彼氏と自宅のあるサンフランシスコからデトロイトに駆け落ち。
    離れて暮らしており、デビュー戦にも誘われていたが「胃が上がる」と自宅で家族と観戦していた。

     夫ボブさん、次女・珊瑚さん(21)、長男・海くん(高1)との3人でネットで応援する野沢は、パンクでひょうひょうとしたいつもの姿とはうって変わり、
    必死の形相で手を握って祈り、目から涙。「オーマイガー!」「イエス!イエス!」と絶叫応援。
    右ミドルなど蹴り技を中心に落ち着いて試合を運び、真珠が見事に5回判定勝ちを収めると、野沢は絶叫し手を叩いて号泣。ボブさんと喜び合った。

     試合後「勝ったよー」と電話で報告を受けた野沢は「ベストデイ インマイライフ(生涯最高の日)」と返事。母の顔でほほ笑んでいた。

    https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/15803507_1842631959309009_2277745887214043136_n.jpg
    15803507_1842631959309009_2277745887214043136_n

    https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/16789367_754632354704691_2060191392646299648_n.jpg
    16789367_754632354704691_2060191392646299648_n

    https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/16230172_433362276994838_3919100603254439936_n.jpg
    16230172_433362276994838_3919100603254439936_n (1)

    https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/15624685_1591794257514068_3354736171073667072_n.jpg
    15624685_1591794257514068_3354736171073667072_n

    https://www.instagram.com/shinju_auclair/

    【野沢直子、娘の総合格闘技デビュー戦で「オーマイガー!」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/12/28(水) 13:03:46.28 ID:D/Dufd/o0
    多くの国では、感染症を予防するために、タトゥーを入れた人は一定の期間は献血を行うことができません。

    ロナウド選手は年に2回の献血を行っているそうで、そのためにタトゥーを入れていないというのです。

    彼は15歳のとき頻拍症と診断され、レーザー手術を受けたのですが、「結果によっては2度とプレーできないかもしれない」と言われていたそう。

    献血を行うなどの慈善活動に勤しむ彼は、自身の体験が影響しているのかもしれません。
    http://cyclestyle.net/article/2016/06/09/36898_2.html

    【クリスティアーノ・ロナウドが身体に刺青を入れない理由。】の続きを読む

    ダウンロード (12)


    1: THE FURYφ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/11(土) 21:43:44.62 ID:CAP_USER9
    <女子無差別級/5分2R>
    世志琥(日本)
    Def.1R2分01秒by TKO
    チョン・ソンユ(韓国)

    右を振るって前に出た世志琥は、迎え撃つチョンのパンチを被弾しても前に出る。バランスを崩しかけた世志琥だが、
    それでも前に出て右を振っていく。下がりながら右を当てたチョン。世志琥がパンチを受けても前に出る。髪の毛を
    掴んでパンチを入れた世志琥は、売り物のようなルール違反へ。

    左目を抑えるチョンだが、これは指が入ったのか。そうでなければ、世志琥が注意を受ける筋合いはない。が、
    髪の毛を掴んでのパンチでダメージを受けたのであれば、反則負けも致し方ない。

    再開後、右を受けた世志琥は一旦下がるような仕種を初めて見せたが、直後に右ロングを思い切り打ち込み
    KO勝ちを決めた。

    「まずはロードFCの関係者、対戦相手、本当にありがとうございました。申し訳ないですけど、今はこの言葉しか
    出てきません。今は何も考えれません」と世志琥は涙を見せながら語った。

    http://mmaplanet.jp/64563

    【リング上でアイドルレスラーをリンチして追放された「世IV虎」改め「世志琥」がMMAデビュー。韓国人選手チョン・ソンユを右ストレートで一撃KO勝利。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/02/13(月) 12:52:00.56 ID:CAP_USER9
    パンクラス・バンタム級クイーンの中井りん(パンクラス ヴィーナス)が2月10日(金)、
    自身のブログで活動休止を発表し、ファンから心配の声が上がっている。

    1月28日のブログで腕の負傷を報告して以降、体調不良や精神的な不安を吐露するような内容でのブログ更新が続いていた中井。

    今回も冒頭で、「昨日、雪や雨の降る天候で外で、ベアトップ(胸のところだけ)とパンツと僅かな着衣で1日仕事が有り、気温は2~3度と言われていましたが、
    夕方から体調が悪くなり、帰ってから沢山の身体に悪い症状があらわれて発熱し、
    救急病院で投薬、医師の治療を受けました」と、イベント参加後に体調を崩したことを報告した。

    続けて、「パンクラスの女子バンタム級のタイトル・ベルトは、パンクラスが返上しろというので、返上しようと想います」と、
    現在保持するバンタム級初代クィーン・オブ・パンクラシストのベルトを返上する意向であることも明かした。

    そして最後、「中井りんの活動を休止したいと想っています」と締めくくっている。

    これに対して、ファンからは「心身ともにダメージを受けているように感じる」、「格闘技はやめないでね」、
    「体を第一に考えてください」、「マジか!最近ファンになったのに…」といった心配と驚きの声が続々と届けられた。

    昨年末のRIZIN出場で注目度がアップした中井だが、今後の動向が注目される。
    なお、パンクラスからの公式発表などは現在のところまだされていない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000006-gbr-fight
    イーファイト 2/13(月) 12:07配信

    http://livedoor.blogimg.jp/ikanzi/imgs/5/4/549314dc.jpg
    BlogPaint

    http://livedoor.blogimg.jp/kininarunavi/imgs/6/b/6be78898.jpg 
    BlogPaint


    【RIJIN・パンクラスの女子格闘家「中井りん」がブログで突然の活動休止を発表。】の続きを読む

    images


    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/07(火) 17:43:28.48 ID:CAP_USER9
    現地時間2017年2月5日のNFLスーパーボウルのハーフタイム・ショーで観客と世界中の視聴者を魅了したレディー・ガガだが、ショーを終えた後のアルバムと楽曲のセールスが前日比で爆発的に伸びていたことが明らかになった。

     ニールセン・ミュージックに報告された2月5日の米国内初期売上枚数によると、デジタル・アルバムと楽曲が約150,000枚で、前日の15,000枚弱と比べると1000%以上の伸びを記録した。

     また、2月5日の“スーパーボウル・サンデー”の1日のデジタル・フォーマットの売り上げは、2月2日付の週全体のフィジカルとデジタル両方の売り上げよりも多かった。レディー・ガガの2月2日付の週のアルバムと楽曲の売上枚数は30,000枚で、内26,000枚がデジタルだった。

     ガガによる13分のハーフタイム・ショー・パフォーマンスには、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”1位を獲得した全3曲(「ジャスト・ダンス」、「ポーカー・フェイス」、「ボーン・ディス・ウェイ」)や、TOP10入りした「テレフォン」、「バッド・ロマンス」、そして最近のシングル「ミリオン・リーズンズ」などが含まれていた。

     楽曲だけで見ると、2月5日に約125,000回のダウンロード数を記録し、前日の約10,000回と比較すると約960%の伸びだった。一番売れた楽曲は「ミリオン・リーズンズ」で約45,000回ダウンロードされ、前日の約5,000回から約900%の伸びを見せた。また、「バッド・ロマンス」は13,000回で前日比1,525%増、「ボーン・ディス・ウェイ」は12,000回で2,202%増、「ポーカー・フェイス」は10,000回で1,212%増を記録した。

     「ミリオン・リーズンズ」は、2016年11月12日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位デビューを果たした最新アルバム『ジョアン』に収録されている。『ジョアン』は2月5日に最も売れたアルバムとなり、12,000枚以上の売上枚数は、前日の約1,000枚から1,077%増だった。次いで「バッド・ロマンス」と「テレフォン」が収録されている『ザ・モンスター』で、6,000枚だった。全アルバムで見ると23,000ダウンロードで、前日の2,000回から1,395%の伸びだった。

     2016年のスーパーボウル・ハーフタイム・ショーでヘッドライナーを務めたコールドプレイの場合、終了後の2月11日付の週にアルバムが95,000枚(355%増)、デジタル・ソングが254,000枚(174%増)の売り上げを記録し、リリース直後だったアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』も2016年2月20日付のBillboard 200チャートで前週の16位から4位に急上昇した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00047218-exp-musi

    【レディー・ガガ、NFLスーパーボウルのハーフタイム・ショー後に売り上げが1000%以上増。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/02/06(月) 01:13:56.20 ID:CAP_USER9
    サッカー専門暴露サイトがベッカムのEメール内容を暴露、各国メディアも一斉報道

    元イングランド代表キャプテンのデイビッド・ベッカムはユニセフなどの慈善活動に従事しているが、
    全ては騎士号欲しさによるものだったことが赤裸々となり、一大スキャンダルとなっている。
    ベッカムのEメールの内容がサッカー専門の暴露サイト「フットボール・リークス」で流出した。

    サッカー界の移籍金や契約書などの秘密を赤裸々に暴露している爆弾メディアはフットボール界のカリスマの暗部を照らし出している。

    英地元紙「サン」が「騎士号じゃなければ、ふざけるな。デイビッド・ベッカムはユニセフのチャリティ活動を騎士号獲得のために使っている。
    衝撃のEメールが公開」と特集を組んだ。もっとも英メディアのみならず、仏紙「レキップ」やスペイン紙「エルムンド」など、各国メディアも一斉に報じており、その余波は広がり続けている。

    今回流出したメールでは、ユニセフや騎士号叙勲に対する凄まじい内容が暴露されている。
    当初はユニセフへの寄付を拒否したこと、個人スポンサーが支払っているビジネスクラスの飛行機代6685ポンド(約93万円)を請求したエピソードなど、様々な内容が表面化している。

    「あいつらはクズの集まり」とぶちギレ

    2013年に叙勲を逃したベッカムは選出委員会について「あいつらはクズの集まりだ。誰が叙勲を決定しているんだ?」とメールでぶちギレていた。

    さらに「正直恥ずかしいよ。もしも、自分がアメリカ人なら、これ(叙勲)は10年前に手にできていた」と、怒りとともに綴っていたことも暴露されている。

    「これで今年ユニセフ、軍隊、チャリティ活動に従事しなければいけない理由を与えてくれた」という内容のメールも流出してしまった。

    好青年を地で行くハンサムなカリスマだが、イメージダウンを避けられない情勢となっているようだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170205-00010009-soccermzw-socc
    Football ZONE web 2/5(日) 14:19配信

    http://cdn-ak.b.st-hatena.com/entryimage/241514429-origin-1423701328.jpg
    241514429-origin-1423701328

    http://blog-imgs-93.fc2.com/n/a/2/na2ka4/livejupiter_1463148422_101.jpg
    livejupiter_1463148422_101


    【ベッカム、終了! ”衝撃赤裸々メール”が流出し、一大スキャンダルに発展。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 的井 圭一 ★@無断転載は禁止 【特別重大報道】©2ch.net 2017/02/06(月) 16:26:48.20 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    帝国データバンク 2/6(月) 13:14配信

     (株)ピーアールエヌ(TDB企業コード981080681、資本金1000万円、東京都江東区有明1-3-25、代表田上明氏)は、2月1日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

     当社は、故・ジャイアント馬場氏が立ち上げた「全日本プロレス」の人気プロレスラーとして知られ、99年から同社の代表に就任していた三沢光晴氏が、
    新団体の旗揚げに伴い2000年(平成12年)7月に設立し、初代代表に就任。
    選手、職員の大半が全日本プロレス出身者で構成されたプロレス興行団体「ノア」を運営し、本社および道場、合宿所を置く「ディファ有明」(東京都江東区)をメイン会場として、全国各地で興行を行い、試合会場での選手コスチューム、サイン色紙、
    タオル、ポスターなどの販売やリングマット上の広告料、ファンクラブなどの収入、テレビ放映権などを得て事業規模を拡大させた。

     しかし、2009年6月に三沢氏が広島市で行われた試合中の事故で死去する事態が発生。翌7月にプロレスラー兼取締役であった田上明氏が代表に就任したが、
    その後は有名選手の退団移籍なども重なり経営状態が徐々に悪化。
    2016年11月1日付で(株)プロレスリング・ノアから現商号に変更するとともに、興行事業をノア・グローバルエンタテインメント(株)<東京都千代田区、2016年11月7日付でエストビー(株)から商号変更>に譲渡し、破産申請の準備に入っていた。

     負債は調査中。

     なお、ノア・グローバルエンタテインメントに譲渡された「ノア」の試合・大会は予定通り行われている。

    詳細・全文はソース先で
    最終更新: 2/6(月) 13:14
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00010000-teikokudb-ind

    【元・プロレス興行団体「ノア(NOAH)」の運営会社が破産。】の続きを読む

    このページのトップヘ