メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:アイドル > メジャーアイドル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2021/03/19(金) 18:06:41.23 0
    PINK CRES.活動終了のお知らせ

    http://www.pinkcres.com/news/detail/12966

    【『PINK CRES.』活動終了のお知らせ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: jinjin ★ 2021/03/09(火) 21:45:53.90 ID:CAP_USER9
    《有名なアイドルです。希望10 セット15》
    指原プロデュース・佐竹のん乃(22)高級交際クラブで“パパ活”【現場撮・証拠メール】


    2021年2月25日18時頃、都内の高級ホテル「X」のロビーに若い女性が現れた。

    ニットのワンピースに白いブルゾンというカジュアルな装いは、高級ホテルの落ち着いた空間で一際目立つ。
    帽子を目深に被りマスクをしているが、モデルのようなスラリとしたスタイルが醸し出す“芸能人オーラ”は周囲の目を引いていた。


    その女性のもとへ、エレベーターから降りてきた男性が足早に近づいてきた。
    年頃は40~50代だろうか。男性はシャツにパーカーを羽織り、荷物などは持っていない。
    男性が女性に声をかけると、2人は一定の距離を保ったままエレベーターに向かい、客室フロアへと上がっていった。


    その後、女性がロビーへ降りてきたのは19時30分頃。約1時間30分の短い逢瀬だった。

    この女性はアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のメンバー・佐竹のん乃(22)だ。
    3月6日にコンサート「=LOVE 佐竹のん乃卒業コンサート ~君のいる世界~」を行った佐竹は、「オンラインお話し会」でファンと最後の別れをした後、今月いっぱいで同グループを卒業する。


    では、この男性は一体何者なのか。佐竹を知る人物が衝撃的な事実を明かす。

    「男性は、交際クラブが紹介した“パパ”ですよ」
    佐竹に、一体何が起きているのだろうか――。


    指原莉乃がプロデュースする「12人組アイドル」

    佐竹が所属するグループ「=LOVE」(通称イコラブ)は、2017年に12人組でデビューしたアイドルグループだ。
    「代々木アニメーション学院のバックアップで全員が “声優教育”を受けていて、声優としても活躍しています。だから歌っていてもアニメ声で可愛いらしいんですよ。最近では2.5次元の舞台にも出演しています。
    しかもプロデュースは元AKB48の指原莉乃(28)。指原はアイドルをプロデュースするのが夢だと常々言っていましたから、念願が叶ったわけです。オーディションからガッツリ関わっていて、かなり気合いが入っている」(音楽関係者)

    指原は楽曲の作詞を担当するほか、元アイドルとしての“目線”を生かして、メンバーの髪型やメイクなども細かくプロデュースしているという。
    情報サイト「モデルプレス」(2018年7月19日)のインタビューでは、メンバーらが指原プロデューサーへの信頼をこう明かしている。


    「指原さんに人生相談をしたんです」

     野口衣織(20)《私は少し前に指原さんに人生相談をしたんです(笑)。思いの丈を指原さんにバッーってLINEで送ったら電話を下さって直接話を聞いてくれて、それで「今度ご飯行こう」と言ってそのままご飯に連れていって下さいました》

    齊藤なぎさ(17)《2月に上演した『けものフレンズ』の舞台の初日、観に来てくださったときに「表情がちょっと乏しい」と言われて、それで直そうというか意識を変えようと思って、次の日に変えてみたら指原さんから個人LINEで「すごく可愛かったよ、100点」と来て、色々指摘して下さるけどちゃんと褒めても下さるので、すごく優しいなと思います》

    なかでも佐竹は、指原も大きな期待を寄せるホープだった。
    指原は佐竹卒業についてのコメントで、オーディション時の思い出をこう振り返った。

    《思い返せば初めてのん乃を認識したのは、オーディションの2次審査のショールームでした。ぶっちぎりの一位で最終審査に現れて、一位になったその魅力に賭けたいなと思い合格にしたのを覚えています》
    《「ステージ上でちゃんと笑いなさい」と何度も注意したこと、それを経てステージパフォーマンスがすごく良くなったこと。自分もそうだったんですが注意されると不貞腐れてしまったりそもそも自分の間違えに気づけずに年齢を重ねてしまったりするのですが、ここまで明確に成長できた人は初めてですごく感動したのも覚えています》


    前出の音楽関係者が語る。

    「佐竹はスタイルもいいし、おっとりした雰囲気も魅力です。アイドルオタクな一面もあり、アイドルという職業に対して一生懸命なところもいい。控えめな性格の努力家で、熱狂的なファンが多いのも特徴的ですね。佐竹のファンらは自分たちのことを『俺たちが守る会』と自称しています」


    https://news.yahoo.co.jp/articles/17f994dab28f92e99f3f79a6149a4533d7e1e2b1?page=1
    https://i.imgur.com/o9koq49.jpg
    o9koq49

    https://i.imgur.com/vtSsz6l.jpg
    vtSsz6l

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1615286022/


    >>2以降に続く

    【【文春砲炸裂】指原莉乃プロデュースアイドル『=LOVE』佐竹のん乃、高級交際クラブで”実名登録”パパ活。クラブの紹介で複数の男性会員と逢瀬を。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/07(日) 19:54:30.31 ID:CAP_USER9
    https://anonymous-post.mobi/archives/6760
    蓮舫氏の息子でアイドル・村田琳が告白 「母との決別宣言」をした理由〈dot.〉
    3/7(日) 17:02
    配信
    AERA dot.

     男性アイドルグループ「VOYZ BOY」のメンバー・村田琳(23)。立憲民主党代表代行の蓮舫参院議員の息子といえば、思い出す人もいるだろう。最近、自身のYouTubeチャンネルで「母との決別宣言」ともとれる動画を投稿して、注目を集めている。彼は有名政治家である母に、どういう感情を抱いてきたのか。なぜ今、「母離れ」ともいえる宣言をしたのか。村田が「母との決別後」に初インタビューに応じ、胸中を語った。

    ――今年1月以降、自身のYouTubeチャンネルで政治に関する意見を発信されています。政治的なメッセージを配信するに至った経緯や、動画に込めた思いを教えてください。

    「今日で、母親のことを気にして生きるのはやめたいと思います」というメッセージを発した動画(1月27日配信)はメディアでも話題になってしまいましたが、実は思い付きだったんです。

     ちょうど、テレビで予算委員会の様子が流れていて、母が菅首相に「そんな答弁だから伝わらないんですよ」と批判している姿が映りました。コロナの危機に面したこの状況でも、政治家は言葉尻を捉えるような揚げ足取りをしていて、ベクトルは選挙にしか向いてないのだなと憤りを感じました。いうなれば、小学校のホームルームの時間に「○○くんがこんな悪い事していました。謝ってくださーい!」というようなやりとりを、国を背負っている議員が国会でやっているのが、もうどうしようもないなと。

     こういう話をすると「お前の母親がいつもやっている事だろ!」とSNSなどで批判されてしまうのですが、それは母に直接言ってほしい。

     それよりも、コロナを本気で国難と捉えて、医療や経済の改善に最善を尽くして行動を起こしている政治家がどれだけいるのか、と思ってしまいます。それでスイッチが入ってしまって、率直な感情をそのまま動画にぶつけました。

    ――動画の反響は大きかったと思いますが、どのように受け止めましたか。

     正直、どんな反応が来るのかまったく考えずに発信してしまったのですが、多くの方から応援の声をいただきました。特に、母のことを良く思っていない人から(笑)。母はアンチも多いですが、逆に言えば、反応を通じて、母はこれだけ多くの人と闘っているんだということを実感しました。

     僕は23年間、「母が蓮舫」という宿命と向き合ってきましたが、YouTubeで発信したことで、村田琳として、一個人の意見が届いた気がして、うれしかったです。

    ――政治については、幼い頃から関心があったのですか。

     つい最近まで、政治には興味がありませんでした。母とも、これまでは政治の話はまったくしてません。

     よく、国会議員の息子は政治をわかっているのだろうと思われがちですが、僕は幼いころから「政治」というよりも「母」を見てきて、母の意見がすべてでした。母に付いていくばかりで、政治的な問題について、何も疑問を持たずに生きてきたんです。

    ――母親に対する捉え方が変わったのはいつ頃ですか。

     成人してからです。徐々に母の言うことに疑問を持つようになっていたのですが、(1月27日の)予算委員会の映像を見て決定的になりました。ただ、今、その不満を母にぶつけても、僕がまだ政治の知識がなさ過ぎて、論破されるのは目に見えています。母の意見を「間違っている」と言うには、知識がないと的外れになってしまうし、単なるアンチになってしまう。かみつくことは簡単ですが、相手の意見を理解したうえで反論しないと、意味がない。

     偏った意見になりたくないので、今はさまざまなニュースを見たり、新聞を読んだり、政治の本を読むことで、本当に基礎的なことから学び始めています。最近は池上彰さんの『政治のことよくわからないまま社会人になった人へ』という本を読みました。基本的な知識を勉強して、まずはメンバーや友達に聞かれた時に答えられるようになりたい。徐々に知識を深めて、以前の僕と同じように、政治に興味を持てない若者にも考えてもらうきっかけを作りたいです。

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/78a0aea35b35d8c7d7fb2da9cc612eb421d72ef6


    (略)

    【蓮舫の息子・村田琳、成人してから母の言うことに疑問を持つように。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: jinjin ★ 2021/02/17(水) 22:57:13.74 ID:CAP_USER9
    ファーストサマーウイカに壮絶過去!? アイドル時代の「セクハラ地獄」が強烈…


    人気タレントのファーストサマーウイカの、地下アイドル時代の武勇伝が発覚し、ファンをざわつかせている。

    宝塚ヘアー、コテコテの関西弁、毒舌のミスマッチキャラでバラエティー番組を中心に大人気となり、『2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング』で1位を獲得するなど、ブレーク中のウイカ。
    そんなウイカもかつては、売れない地下アイドル時代があったことは周知の通りだ。


    「ウイカはもともと大阪で劇団員をしていましたが、上京後、アイドルグループ『BiS』のオーデションに応募し、見事合格。2013年5月にグループに加入すると同時に、ファーストサマーウイカを芸名にしました。同グループは〝売れるためなら何でもアリ〟がコンセプトで、ランジェリーや水着姿でライブを行い、客席にダイブ。観客はどさくさに紛れて、触りたい放題でした。当時は、女の武器を最大限に活用したアイドルグループと言われていましたね。ウイカは色白美肌のバストがメンバーの中でも際立っていましたから、ファンに相当もみくちゃにされていたでしょうね」(アイドルライター)



    「ハグ会」に「キス会」も…

    客席にダイブしていた「BiS」だが、その伝説は枚挙にいとまがない。
    メンバーの胸に顔をうずめることができる「ハグ会」、生クリームを口にチューとしてもらえる「キス会」、メンバーに好きな言葉を耳元でささやいてもらえる「ささやき会」では、禁断の4文字をリクエストするファンが続出したとか。


    BiSの元リーダーだったプー・ルイはYouTubeで当時の給料を公開し、2018年1~3月の3ヵ月分の給料が35万3482円だったことを明かしている。
    当時のウイカも身体を張り、薄給に耐えながら、売れっ子になる日を夢見ていたに違いない。

    今やすっかり売れっ子になってしまったウイカだが、当時を知るファンにとって見れば、懐かしい思い出になっていることだろう。


    https://myjitsu.jp/archives/261975

    【ファーストサマーウイカ、『BiS』時代のセクハラ地獄が強烈。”ハグ会”に”キス会”、給料は3ヶ月で35万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/02/10(水) 07:59:01.00 ID:CAP_USER9
    2/10(水) 5:30配信
    スポニチアネックス

    タレントのファーストサマーウイカ

     タレントのファーストサマーウイカ(30)が、ファンだった女性に慰謝料100万円を求め東京地裁に訴訟を起こされたことが発覚して一夜明けた9日、ウイカがSNSでファンに誹謗(ひぼう)中傷を受けていると発信したことについて、法曹関係者から「勇み足」との指摘が上がった。

     騒動の発端は、原告女性を名乗るツイッターアカウントが、ウイカへの誹謗中傷を書き込んだこと。原告女性は関与を否定しているが、真偽は明らかになっておらず(1)本当は原告女性が関与しておりウイカ側に根拠がある(2)ウイカが確証なく原告女性の中傷と思い込んだ――の2通りが考えられる。

     SNSのトラブルに詳しい戸田総合法律事務所の椿良和弁護士は「芸能人がSNSで責任追及するのはリスクしかない。(2)のケースなら言うまでもないが(1)だとしても必ずしもいい手ではない」と指摘する。

     椿弁護士は「仮に根拠があって名前を出してなくても一般人を犯人と決めつけることは危険」と説明。またウイカが脅迫者に「最終警告」「このご時世なのでマジで気を付けて」という言葉を用いたことも「警告や忠告の意味と思うが、脅迫ともとれる。言葉一つで揚げ足を取られる世界。公に発信するにふさわしくなかった」。

     SNSでファンとタレントがつながりやすい時代、芸能人はSNSとどう付き合うべきか。椿弁護士は「中傷を受けても、SNSで公にせず、最低数カ月はかかるがアカウントの情報開示を求めるのがベスト。事務所も対処のマニュアルを決めておくべき」とした。

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210209-00000219-spnannex-000-3-view.jpg
    20210209-00000219-spnannex-000-3-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b0cb4a75100fd3d69922cce84e56761fda304d6e

    【ファーストサマー・ウイカの“勇み足”に弁護士が指摘、SNSでの責任追及は「リスクしかない。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 風吹けば名無し 2021/02/09(火) 02:09:02.43 ID:/NJK56mP0
    《当事者 ファーストサマーウイカこと堂島初夏》
     2021年1月29日、東京地裁で、ある損害賠償請求事件の口頭弁論が開かれた。

    「この日は、被告側から提出された答弁書の内容を確認する、事務的手続きのみでした。本人が出廷するはずないとわかっていたけど、つい傍聴してしまいました」

     裁判ウオッチャーが、そう興奮するのも無理はない。トラブルの当事者として、今、飛ぶ鳥を落とす勢いのタレント、ファーストサマーウイカ(30)が訴えられていたからだ。

     バラエティ番組で見ない日はないほどの活躍に加え、NHKの朝ドラ『おちょやん』に出演するなど、女優としても話題を振りまく “最旬タレント” に何があったのかーー。

     本件の原告は、都内在住のA子さんだ。もともと、ウイカが所属していたアイドルグループ「BILLIE IDLE(R)」のファンだった。

    「関西弁のヤンキーキャラとトーク力を武器に、2013年に『BiS』というグループでメジャーデビュー。次に所属したのが、BILLIE IDLEでした。グループは2019年12月に解散しましたが、熱狂的なファンが多くいました」(テレビ誌ライター)

     そのBILLIEファンの女性とウイカの間で巻き起こったトラブルとはなんなのか。A子さんの知人で、事の経緯を知る女性に話を聞いた。

    「A子さんは、BILLIEをきっかけに “アイドルオタク” となり、ウイカさん推しになった人です。ウイカさん本人も彼女を “認知” していて、SNS上で交流する関係になっていました。2人の距離の近さに、ほかのファンが嫉妬するほどだったんです。

     ところが2019年8月に、A子さん本人が知らない間に突然、A子さんを名乗るツイッターアカウントが作られていたんです。それは、ウイカさんを誹謗中傷する投稿を連発する、いわゆる “アンチ” アカウントでした。その投稿をウイカさんが見つけ、A子さんを犯人扱いしたのがトラブルの始まりでした」

     今でもエゴサーチを欠かさないというウイカ。かつてテレビ番組で、こう明かしている。

    《炎上してないか、出演した番組の評価を調査するのが日課。直接悪口を言ってくる奴はブロックするけど、間違えてたら修正しに行く》

     味方と敵をはっきり分ける性格だけに、A子さんは、わけがわからぬまま、ウイカから “敵認定” されてしまった。

    「2019年9月、BILLIEの京都公演がありました。ライブ後の撮影会に並んでいたA子さんに向かって、ウイカさんが大声で問題のツイッターアカウント名を叫びはじめたんです。

    【ファーストサマーウイカさん、元ファンに訴えられていた。 SNSでファンと誹謗中傷トラブル。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2020/12/30(水) 19:59:31.36 0
    豆柴の大群・ミユキがレコ大で倒れるも、メンバー考案の演出「面白い印象を」

     「第62回 日本レコード大賞」の発表が30日、行われ、最優秀新人賞を真田ナオキ(31)が受賞した。Novelbright、豆柴の大群、Rin音とともに受賞した新人賞4組の中から選出された。

     司会の吉岡里帆が真田を発表した瞬間、ステージで豆柴の大群のメンバーのミユキエンジェルが飛び跳ねて、その後倒れて残りのメンバーに抱えられながら退場するという一幕があった。

     視聴者は思わぬハプニングに騒然となったが、関係者はデイリースポーツの取材に「面白い印象を残そうと、本人たちが考えたみたいです」と“演出”だったと明かした。ミユキは舞台裏では問題無く元気にしているという。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/12/30/0013975444.shtml

    【『豆柴の大群』、自分たちで考えたレコ大新人賞落選演出が盛大にスベる。本人たちは面白いと思ってたかもしれないけど全然面白くなくて炎上。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 47の素敵な(日本のどこかに) (3級) 2020/11/14(土) 00:14:07.96

    【AKB系アイドル『ラストアイドル』、迷走しすぎてヤバイ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2020/11/12(木) 10:05:00.98 0

    【最上もが、できちゃった未婚のお知らせ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: パリビズマブ(東京都) [IN] 2020/09/20(日) 19:06:08.24 ID:5BOvVVaU0● BE:748916136-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/niratyaneko32.gif
    シュワルツェネッガー知らないアイドルに驚きの声

    アイドルグループ・=LOVEの大谷映美里(22歳)が、9月17日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。
    米俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスタ・スタローンを「知らない」と話し、共演者たちを驚かせた。   

    この日、“好きな異性のボディパーツ”についてトークが進む中で、大谷は「私は、肩幅が好きですね。
    広い人」と語り、「誰みたいってのあるの?」「シュワルツェネッガーみたいな?」と質問が飛ぶ。

    すると、大谷は「ちょっと…存じてないんですけど」と答え、バイきんぐ・小峠英二、極楽とんぼ・加藤浩次らから
    「シュワルツェネッガー知らない!? ええ!?」「ウソだろ!?」「アーノルド・シュワルツェネッガーだよ?」と驚きの声が上がり、
    大谷は「シュワルツェネッガーですか…?えっ、どなたですか?」と困惑。

    さらに「シュワちゃんだよ、シュワちゃん」「アーノルド・シュワルツェネッガー知らないの??」「いるのそんな人?」「衝撃的」などと言われた大谷は、
    訳が分からず「え?どういうことですか?誰ですか?」と、共演者の反応に戸惑い続けた。

    そして、小峠から「シルベスタ・スタローンは知ってる?」と、同世代のハリウッドスターであるスタローンの名前を聞か
    れると、大谷はこちらも「知らないです」と即答。小峠・加藤らは「ウソでしょ…」「マジで?」と、ただただ驚くばかりだった。
    https://www.narinari.com/Nd/20200961569.html
    アーノルド・シュワルツェネッガー
    https://imgur.com/8OG3LPS.jpg
    8OG3LPS

    =LOVE 大谷映美里(22歳)
    https://imgur.com/fV4PljH.jpg 
    fV4PljH

    【『=LOVE』の大谷映美里「シュワルツェネッガー?スタローン?知らない。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2020/09/05(土) 19:09:03.09 0
    タレント・神田うのが8月30日、都内で行われたテークアウトアプリ「ClickDishes」のPRイベントに出席した。
    各スポーツ紙によると、神田は今年6月に芸能事務所「スペースクラフト・エンタテインメント」を退社して以来、初めての公の場。
    「元々、自由にやっていましたが、さらに自由になりました」と笑顔を浮かべたという。

    現在は個人で活動しており、14歳の時から31年間所属した事務所について、
    「お世話になっていた方が辞めて、社長以外に誰一人いなくなった。社長にも『私の居場所がなくなっちゃった』と言ったら、謝られました。不義理はしていません」。

    また、親交のある歌手・美川憲一からは「今までよくいたよね。偉かった」と言われたというのだが…。
    「思わず明かしてしまった、美川から掛けられた言葉がなんとも意味深。親友である美川には、
    事務所の内情などを相談していたはずで、その美川がそう言うぐらいなので、もう事務所に留まることに限界を感じての退社となったのだろう」(芸能記者)

    同社といえば、今年3月に栗山千明、5月に有森也実、さらには「ミュージカル 刀剣乱舞」で一躍人気になった俳優の崎山つばさも退所・独立しているが、そうなった原因は金銭問題だった。

    「18年2月に、年間20億円以上を稼ぎ出すと言われていた音楽プロデューサーの梶浦由記氏が、
    その後、梶浦氏がプロデュースしたユニット・Kalafinaのうちメンバー2人が退所。それによって経営が傾き、社員やタレントに対する給与の遅配が発生してしまったという。


    にもかかわらず、俳優7人の音楽グループ・TFG、現役女子大生グループのカレッジ・コスモスに金を投資したものの、思うように売れず。

    そのため、うのや栗山のような古参の所属タレント、さらには心ある社員たちが退社に至ったようだ」(芸能プロ関係者)

    退社するタレントが相次ぐのも、うのが「お世話になった方」がいなくなったのも納得だ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18849615/

    【『カレッジ・コスモス』に投資した芸能事務所が崩壊。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: ジョーカーマン ★ 2020/09/05(土) 19:00:28.27 ID:CAP_USER9
    マジカル・パンチラインの浅野杏奈、小山リーナ、清水ひまわりが11月3日をもってグループを卒業する。

    2016年の活動開始以降、マジパンのオリジナルメンバーとして活動してきた3人は、本日9月5日に行われたリモートワンマンライブ「MAGiCAL PUNCHLiNE 4th Annivasary ONLINE Live Express ~MAGiCAL SUPERMARKET~」内でグループから卒業することを発表。
    小山は「約5年間、マジカル・パンチラインのメンバーとして活動してきた中で、新しいことにチャレンジしてみたいという好奇心やもっと違う自分を発見したいという思いが芽生え、高校を卒業する時期を迎えるにあたってこれからの自分の将来や方向性に悩んで葛藤した結果、卒業を決意しました」とその理由を語った。

    また清水はグループ卒業と共に芸能界を引退することを明かし、「高校3年生は人生の岐路。このタイミングでたくさん悩み、いろいろ考えた結果、もともと学ぶことが好きということもあり、さらに勉強に専念して知識を増やす機会を得るために大学に進学することを決めました」と説明。
    浅野も「20歳を迎えるこの歳に自分の人生を見つめ直そうと毎日考えました。悩みました。そして私は新たなステップへ進むべく、マジカルの卒業を決意いたしました」としっかりとした口調で述べた。
    なお、11月3日には3人の卒業ライブが行われる。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/f93f51a562d9d013e2191bd626728584b4769b32

    マジカル・パンチライン
    上段中央が浅野杏奈、下段左が清水ひまわり、下段中央が小山リーナ
    http://ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0602/magicalpunchline_art202006.jpg 
    bba88e23c1238ca919ac37ce9e18e497

    http://pbs.twimg.com/media/EcyzEbiUYAE3Wpa.jpg
    EcyzEbiUYAE3Wpa

    小山リーナ
    http://pbs.twimg.com/media/EYfyQ9OUYAA3ZWI.jpg
    EYfyQ9OUYAA3ZWI

    http://pbs.twimg.com/media/EX_4SEeU4AAB-vx.jpg
    EX_4SEeU4AAB-vx

    清水ひまわり
    http://pbs.twimg.com/media/EgWZ46JU8AIRUpf.jpg 
    EgWZ46JU8AIRUpf

    【美少女アイドルグループ『マジカル・パンチライン』から小山リーナ、清水ひまわり、浅野杏奈が卒業を発表。清水ひまわりは芸能界も引退。】の続きを読む

    このページのトップヘ