メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/02(木) 20:36:58.77 ID:CAP_USER9
    2017.3.1 水曜日

    スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンは、ニルヴァーナの成功によって自身の成功が矮小化されたことで、鬱になって自殺を考えていたことについて語っている。

    ビリー・コーガンとカート・コバーンのライバル関係についてはこれまで多くが語られてきており、両バンドはグランジの最盛期に共に最前線にいただけでなく、ビリー・コーガンもコートニー・ラヴと交際していた。
    今回、ビリー・コーガンは、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』とパール・ジャムの『テン』の成功が、いかにスマッシング・パンプキンズのデビュー作『ギッシュ』の成功に影を投げかけ、自身の精神状態に悪影響を与えたかについて語っている。

    「スマッシング・パンプキンズは1枚アルバムを出して、大きな成功を収めたんだ。でも、俺たちがアルバムのプロモーションをやってる時にニルヴァーナのアルバムが出て、みんなも知ってる通り、『ネヴァーマインド』は巨大なセールスを記録して、その後、パール・ジャムも出てきて、巨大なバンドになったわけだよね」と彼はエイミー・ジョー・マーティンの「ホワイ・ノット・ナウ」というポッドキャストで語っている。

    「短い時期の間に俺は、自分が与えられたフィールドの中で成功していると考えていたところから、与えられたフィールドのルールがすべて変わってしまった状況を迎えたんだ。自分がのし上がるためにやっていたことなんかがすべて、求められているほどの現在性を持たなくなってしまったんだよ。
    それで非常におかしな鬱に陥ることになった。だって、何かを奪われたというわけでもないのに、その変化に対応できてない点で無力さを感じるようになってしまったんだ」

    彼は次のように続けている。「すごく長い間、鬱を経験することになって、その時は曲も書けなかったし、ブレイクするために格闘してた。過去に何度か話したことがあるんだけどね。
    それに続いて自殺性の鬱にもなって、自分の抱く感情と闘わなければならなかった。ある朝には窓から飛び降りるか、人生を変えるかどちらかだって、そんな状況にまでなってたんだ。すごくドラマチックに聞こえるのは分かるよ。でも、本当にそんなことになってたんだよ」

    ビリー・コーガンはそうした精神状態がブレイク作となったセカンド・アルバム『サイアミーズ・ドリーム』収録の“Today”を生み出すきっかけとなったことについても語っている。「ある朝起きて、窓の外を眺めていてね。それで思ったんだ。『分かった。窓から飛び降りないんだったら、やらなきゃならないことをやったほうがいい』ってね。その日に書いたんだよ。
    曲は“Today”だったと思うんだけどさ。みんなもよく知ってる、アイスクリーム・トラックのビデオの曲だよ。自殺に対する皮肉な見解みたいなものだよ。でも、エッセンスとしてあの歌詞には、君さえそう思えば、毎日が最高の日になるっていう考えがあるんだ」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/03/getty_smashing_pumpkins_kurt_cobain_suicide_1000-720x457.jpg
    getty_smashing_pumpkins_kurt_cobain_suicide_1000-720x457

    http://nme-jp.com/news/34502/

    【スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン「ニルヴァーナの成功に苦しんだ。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 元ジャニーズJr. ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/04(水) 23:06:40.92 ID:CAP
    スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンはフェイスブックに希望に満ちたテキストを投稿し、オリジナル・メンバーでの再結成について匂わせている。

    今年1月にビリー・コーガンは元メンバーとの関係改善を望んでいたが、今はオリジナル・メンバーでの再結成の可能性があるようだ。

    フェイスブックで彼は次のように述べている。「このワイルドで波乱に満ちた旅を始めたのがもう30年近く前だと思うとクレイジーだよね。ジェイムス、ダーシー、
    そしてジミーに会ったことが僕たち全員の人生を永遠に変えたんだ。良い方向に変えたって僕は訴えたい。困難もあったと思うけど、甘く切ないね」

    フェイスブックへの投稿の全文訳は以下の通り。

    「飛行機からの投稿by WPC(ビリー・コーガンの本名の頭文字):最近はビデオの投稿っていうのが皆に伝えるのにすごい効果的な方法だよね。実際、
    楽しんでやっているよ(どうやって僕たちが“その際中に”コメントを遮断するかについては、どんなにフェイスブック側と連絡をとろうとしても彼らから返事が
    返ってくることはないけどさ。気が散るし、『もしあなたのブランドにまた“いいね”をしてほしかったら~をすべきです』なんて不作法だね……話がそれたな!
     )僕はきっと明日ビデオの投稿をする。5月にティー・ショップ『マダム・ズーズーズ』で開催する『イン・プレーンソング』の少なくとも4つのショウがどのよう
    なものになるか発表するためにね。だけど、そうはいっても、時々書く言葉って別の感情的な力を持っているね。そして、昨晩、フォートローダーデールで
    終わったこのすばらしいツアーにやってきてくれたファンの皆に僕の感謝の気持ちを伝えたい。ちなみに昨日のゲスト・ヴォーカルには僕の姪、アヴァを
    迎えたんだ(“Lily”と“Knockin’ on Heaven’s Door”の曲の時にね)。チケットを買ってくれた皆、本当にありがとう。君たちなしじゃ、僕たちはあんなすばら
    しいショウをすることができなかったよ。

    それに、ジェフ・シュローダー、ジミー・チェンバレン、ケイティ・コール、シエラ・スワンにも毎晩熱心にツアーに打ち込んでくれたことに、感謝の気持ちを伝え
    たい。こんなに素晴らしくて優しいミュージシャンたちと演奏できて僕は本当に恵まれている。

    ステージで一緒に演奏できて光栄なミュージシャンと言えば、今日はダーシー・レッキーの誕生日だ。ここから盛大で幸せな誕生日のメッセージを彼女に
    送りたい! 彼女がまた音楽を始めて、曲も書いているって聞いて僕は勇気付けられている。僕がよく言っているように、僕たちのバンドの中で、彼女ほど
    音楽の洞察力が優れているメンバーはいない。

    家に帰りながら、考えてたんだ。このワイルドで波乱に満ちた旅を始めたのがもう30年近く前だと思うとクレイジーだよね。ジェイムス、ダーシー、そしてジミー
    に会ったことが僕たち全員の人生を永遠に変えたんだ。良い方向に変えたって僕は訴えたい。困難もあったと思うけど、甘く切ないね。次にどんなことがこの
    バンドに起こるのかって頭の中で考え始めた時、ジェフと僕にとって最も大事なことは音楽だって、かなりさりげなく、そしてダイレクトに言いたい。だって、
    過去10年にわたって一緒に過ごした辛かった日々から、それが僕たちの信念だったから。僕たちが作る音楽、そして拡大解釈すれば、当初から作った曲の
    僕たちが愛するキュレーションがね。それが、この古くて、ぼろい船をもう一年と前に向かって進めているんだ。

    次のツアーか、どこかで、いつか、また会おう。WPC」

    https://www.facebook.com/smashingpumpkins/posts/10154227383752642:0

    スマッシング・パンプキンズは、ジェイムス・イハが今回のツアーのロサンゼルスとシカゴ公演で16年ぶりに共演を果たしたほか、ダーシー・レッキーは先日
    「ブラスト・エコー」のインタヴューで「復帰を検討している」と語っている。

    http://nme-jp.com/news/19163/

    【スマパンのビリー・コーガン、オリジナル・メンバーでの再結成を匂わせるテキストを投稿。全文訳を掲載。】の続きを読む

    images-1


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/28(月) 14:17:17.32 ID:CAP

    3月26日に行われた公演で、2000年以来初めて、スマッシング・パンプキンズの結成メンバーであるジェイムス・イハがバンドに参加している。

    ビリー・コーガンとジェイムス・イハが共演するのは約16年ぶりで、オリジナル・ラインナップでの解散以降、緊張関係が続いていた。しかし、ロサンゼルスで行われた公演でそうした反目は解消されたようで、1993年発表の『サイアミーズ・ドリーム』の楽曲でジェイムス・イハはバンドに参加している。

    音楽サイト「オルタナティヴ・ネイション」によれば、現在のギタリストであるジェフ・シュローダーがステージを降りて、ジェイムス・イハが取って代わる形になったという。ビリー・コーガンは熱狂する観客に対して次のように紹介している。「そうだよ。ジェイムス・イハだよ」

    ドラマーのジミー・チェンバレンがその後ステージにやってきて、現在のメンバーであるジェフ・シュローダー、ケイティ・コール、シエラ・スワンも加わって、“Mayonaise”、“Soma”、“Rocket”、“Spaceboy”、“Today”、“Whir”、“Disarm”を演奏したという。

    ジェイムス・イハはアンコールでも再び登場し、48歳を迎えたジェイムス・イハをバースデー・ケーキで驚かし、“Happy Birthday”を披露している。

    ビリー・コーガンとジェイムス・イハは、昔のデモを公開した人物に対しての法的措置で行動を共にしていた。
    オリジナル・ドラマーであるジミー・チェンバレンは、昨年バンドに復帰している。

    スマッシング・パンプキンズは現在「プレーンソング」と題したツアーを行っており、ツアーを終えた後は2014年リリースの『モニュメンツ・トゥ・アン・エレジー』に続くアルバム制作に取り掛かるという。


    ◆NME JAPAN
    http://nme-jp.com/news/16984/
    ◇Smashing Pumpkins - Mayonaise (Live) 2016/03/26 Los Angeles with James Iha
    http://youtu.be/sSYTpbLtaVo


    ◇The Smashing Pumpkins Live - Amarinthine 3/26/16
    http://youtu.be/-VPzyJFzpzg



    【スマッシング・パンプキンズ、約16年ぶりにジェイムス・イハがバンドに参加】の続きを読む

    images (2)


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/25(金) 01:05:40.68 ID:CAP
    スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン(48歳)とガールフレンド(22歳)の間に11月、赤ちゃんが誕生していたことが明らかになった。コーガンにとって初めての子供となる。

    『People』誌によると、赤ちゃんは男の子で11月16日に誕生。Augustus Juppiter Corganと名づけられたそうだ。現在のところ、それ以上の詳細は明かされておらず、コーガンからのコメントもなされていない。

    コーガンは、ファッション・デザイナー、ジル・メンデルの娘で26歳年下のChloeと交際している。彼女は、コーガンが経営するティー・ショップMadame Zuzu’sのマネージャーでもあり、公私ともども良きパートナーのようだ。


    ◆BARKS.jp
    http://www.barks.jp/news/?id=1000122666

    【スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン(48歳)、パパになる!!】の続きを読む

    このページのトップヘ