メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > 電気グルーヴ

    images


    1: 大迷惑ρ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/16(日) 13:58:56.68
    ピエール瀧「本業は無職」面白感度の高さ、武井壮を“発掘”

     芸能界を見渡してもトップ級の大きさだ。ピエール瀧(48)の顔。テクノバンド
    「電気グルーヴ」として20年以上音楽シーンで活躍する一方、最近では俳優としてドラマ
    や映画を席巻。話題の映画「進撃の巨人」でも存在感を発揮するなど、多彩な顔を見せている。

     高校まで野球部に所属し、高3の時にはプロ野球阪神の入団テストを受けた。「会場が
    甲子園球場だったので、県大会を勝ち抜かなくても甲子園のグラウンドに立てる。プロ
    野球選手になれるとはこれっぽっちも思ってなかったけど、合法的に甲子園のグラウンド
    に立つために受けに行った。いい思い出です」と笑う。

     電気グルーヴを組む石野卓球(47)とも高校時代に友人のつながりで出会った。部活
    が終わると、石野の自宅で音楽やサブカルに熱中。卒業後、上京して臨床検査技師の専門
    学校に通いながら、インディーズのバンド活動を経て、89年に電気グルーヴを結成した。

     ステージ上でろくろを回して陶芸作品を作ったり、鶏を会場に放すなど破天荒なパフォー
    マンスで有名。面白いことへの感度が高く、タレントの武井壮(42)も“発掘”。
    06年、東京・西麻布のバーでトレーニングのために犬用のガムをかみ牛乳を飲んでいた
    武井に声を掛け、当時、司会を務めていたCS放送の番組に出演させブレークのきっかけ
    をつくった。「面白いことを探すぞって家を出るわけじゃないけど“あれ面白くない?”って
    いうことがいろんなところにあるんです」

     野球熱は冷めておらず、友人らと草野球の試合を月に2、3回やる。「平日の午前中に
    集まれるような社会不適合者たちが楽しくやってますよ。本業は無職。無職が一番よく
    ないですか」。ひょうひょうとして力まず、面白いと思うことを心から楽しんでやる。
    うそのないその姿が、ファンや視聴者を楽しませている。

     ◆ピエール瀧(たき)本名瀧正則。1967年(昭42)4月8日、静岡市出身の48歳。
    91年にアルバム「FLASH PAPA」でメジャーデビュー。フジテレビ「ポンキッキーズ」
    (94~99年)などバラエティーにも出演。07年の日テレ「おじいさん先生」で初主演。
    主な出演作はNHK「あまちゃん」(13年)、映画「ローレライ」、「ALWAYS 
    三丁目の夕日」シリーズなど。大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の日本語版で
    人気キャラクター、オラフの声を担当。

    ピエール瀧「本業は無職」面白感度の高さ、武井壮を“発掘” (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150816-00000085-spnannex-ent

    【ピエール瀧「本業は無職」「顔がデカくて古い」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/24(月) 12:37:34.48 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13378144/
    2017年7月24日 11時11分 トピックニュース

    23日放送の「Love music」(フジテレビ系)で、小室哲哉が、「本物」「衝撃的だった」とする電気グルーヴとの出会い、思い出について語った。

    この日、番組には電気グルーヴがゲスト出演。スペシャルステージを披露したほか、小室哲哉やスチャダラパーなどが電気グルーヴについて語った。

    小室と電気グルーヴは、オールナイトニッポンのプロデューサーの紹介で知り合い、小室が曲のリミックスを依頼したのが最初の交流だという。
    当時、電気グルーヴはデビュー前だったが、生意気でびっくりするぐらい平然としていたとか。小室は「『大きくなるな』というか、『凄いことになるな』と思ってました」と、当時からただ者ではないと感じていたようだ。

    作ってもらったリミックスの出来も上々だったようで、まだ日本にヒップホップが浸透していない中で「衝撃的だった」という。
    小室は、電気グルーヴの音楽について「どっちかというと洋楽というか本物。僕たちの方がなんとかしたいけどできなかった」と考察。
    また、全てにシニカルさを感じさせるため「余裕があってカッコイイ」と魅力を語っていた。

    【小室哲哉、 電気グルーヴとの出会いを「本物。」「衝撃的だった。」】の続きを読む

    このページのトップヘ