メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/07/14(土) 20:30:22.34 ID:CAP_USER9
    2018/07/14 01:45
    ラモーンズ『Road to Ruin』の発売40周年記念デラックス・エディション発売、1曲試聴可

    ラモーンズ(Ramones)が1978年にリリースした通算4作目のスタジオ・アルバム『Road to Ruin』。発売40周年を記念した40thアニヴァーサリー・デラックス・エディションが発売決定。海外で9月21日発売。リイシュー元はRhino/Warner Bros.。

    1stアルバム『Ramones』、2nd『Leave Home』、3rd『Rocket to Russia』に続く発売40周年記念盤で、今回の『Road to Ruin』もCD3枚+アナログレコード1枚の計4枚組。

    CD1には、『Road to Ruin』のオリジナル・ステレオ・ミックスの最新リマスター・ヴァージョンと、エド・ステイシアムによる『Road to Ruin』の40th Anniversary Road Revisited Mixを収録。ステイシアムによる新しいミックスは、オリジナル・アルバム・ミックスの商業的なコーティングを剥し、そのパンク・ロックの核を剥きだしにしたもの。この新しいミックスは、デラックス・エディションのアナログLPにも収録されます。

    CD2には、アルバム収録曲それぞれのラフ・ミックス、2曲のオリジナルとは全く違う別テイク、そして2曲の未発表アウトテイクを含む20曲以上の未発表音源を収録。未発表アウトテイクの「I Walk Out」と「S.L.U.G.」は、1978年のオリジナル・レコーディング・セッション時には未完成だったものを、ステイシアムが今作の為に完成させたもの。その他、1988年の『RAMONES MANIA』コンピレーションの時に制作された”Ramones-on-45-Mega-Mix!”を含む3つの異なるヴァージョンの「I Wanna Be Sedated」や、「Questioningly」、「Needles and Pins」そして「Don't Come Close」のアコースティック・ヴァージョンなども収められています。

    CD3には、バンドが1979年12月31日に行ったニューヨーク公演をフル収録。WNEW-FMで放送されたこのライヴのミックスを手掛けているのは、エド・ステイシアム。今回のライヴ音源は、トミー・ラモーン所有のPA卓から録音したカセットをオーディオソースとしています。

    (中略)

    同日には、リマスター音源を収めた1CD版も発売される予定です。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Ramones - The Ramones released the band’s fourth studio... | Facebook
    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-0/p480x480/37015862_10156073985975379_5014086288983195648_n.jpg?_nc_cat=0&oh=d735e994baaabd98013d5f645f06f514&oe=5BDD940A
    37015862_10156073985975379_5014086288983195648_n

    https://www.facebook.com/theramones/photos/a.10151197504400379.494562.12789020378/10156073985965379/

    ※試聴(SOUNDCLOUD)は引用元サイトにてご確認ください。
    http://amass.jp/107794/

    【ラモーンズ『Road to Ruin』の発売40周年記念デラックス・エディション発売。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: きのこ記者φ ★ 2017/11/20(月) 20:22:55.17 ID:CAP_USER9
    パンクロックの元祖とも言われる伝説のロックバンド、ラモーンズ。

    バンドはメンバーチェンジを繰り返しながら1996年に解散。それから20年以上がたち、
    2014年にはバンドのオリジナルメンバー4人は全てこの世を去った。
    しかし、「Blitzkreig Bop(電撃バップ)」や「Do You Remember Rock‘N’Roll Radio?(リメンバー・ロックンロール・レイディオ?)」など、
    簡潔にしてインパクトのある楽曲は、現在でも人気は高い。しかし、そのファンクラブが現在も活動を続けているのは、世界で唯一、日本だけだという。

    ファンクラブの会長で、音楽雑誌『BURRN!』創刊メンバーでもあるyuki kuroyanagiさんが10万字の書き下ろしと多数の未発表写真で
    構成した書籍『Thank You RAMONES』(リトルモア刊)が、10月末に発売された。

    メンバーのジョニー・ラモーンと88年から文通を続け、他のメンバーとも交流があったyukiさんが07年に発表した著書
    『I Love RAMONES』の「その後」を記した本という位置づけになる。
    今もファンクラブの入会希望者の中には、バンドが実際に活動した時代を知らない若い世代も多い。
    本書中で、yukiさんは、そんなファンたちとニューヨークやLA、ラモーンズ「聖地巡礼」の旅に出る――。

    ・メンバーの人間らしさが分かる本
    著者と同じくラモーンズを愛し、98年にはジョーイ・ラモーンがプロデュースしたアルバム「父母?NY(フボラブニューヨーク)」をリリース、
    「ROCKAWAY BEACH」や「WART HOG」などラモーンズのカバーも行っているパンクバンド、ロリータ18号。
    11月18日からスタートした東名阪ツアーを直前に控えた、ボーカリスト・石坂マサヨさんが『Thank You RAMONES』の感想を聞かせてくれた。

    「yukiさんは、特にジョニーが身近な存在で、だからこそ書ける面白さをまず感じました。文章もどこかポップで読みやすく、どんどん読めちゃいます」

    yukiさんが前著『I Love RAMONES』を記したきっかけの一つが、04年公開のラモーンズ初のドキュメンタリー映画『エンド・オブ・ザ・センチュリー』だった。
    作品内で、ジョニーがジョーイの彼女を奪い、その後二人は口をきくことなくバンド活動を続けたなどという描写があった。

    今回の『Thank You?』の前書きにもその経緯がこう書かれている。
    <ジョニーがヒールとして描かれていたことが悔しかった>
    それから10年。オリジナルメンバー4人はこの世を去ったが、編集者に言われたこんな言葉がyukiさんに「その後」を書かせた。
    「yukiさんにとってラモーンズは過去。でも、今日から彼らを聴くファンにとってラモーンズはいま、そして夢なんですよ」

    ロリータ18号・マサヨさんは言う。
    「ジョニーのことがあまりよく描かれていなかった映画が1冊目のきっかけで、それを払拭するために書かれた文章からは、
    ジョニーの人間性がすごくよく伝わりますよね。外国のバンドって、直接接する機会がなかなかなくて、ライブを見ても、
    見られるのはその姿だけなので、そのミュージシャンがどんな人で、どんなことを考えてるのかまではなかなかわからない。
    ある意味アニメのキャラクターと同じレベルみたいなところもあると思うんです。それが、どんな人間だったのか、
    ラモーンズっていうすごいバンドも、自分たちと変わらない同じ人間がやってるバンドなんだ、彼らの人間らしいところなんかがよく分かる2冊だと思います」

    https://www.excite.co.jp/News/bit/E1510808413990.html

    【伝説的バンド「ラモーンズ」のファンクラブが今も活動しているのは日本だけ。会長が本をリリース。】の続きを読む

    images


    1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 投稿日:2011/10/04(火) 20:18:19.88
     89年から96年にかけてラモーンズのベーシストとして活躍したCJ・ラモーンが、
    二度もメタリカの加入を打診されていたことを明らかにした。
     C.Jによると、誘いを受けたのは、メタリカからベーシストのジェイソン・ニューステッドが
    脱退したとき。彼はこのように話している。
     「一度だけじゃなくて二度も、メタリカに加入するようにアプローチを受けたんだ。
    ジェイソンが初めてバンドを抜けたときに、彼らはアプローチしてきたよ。それから
    少し経ってから、まだ彼らは新しいメンバーを見つけるのに苦労していたみたいで、
    僕に再びアプローチしてきたんだ。でも、当時は息子が自閉症と診断されていたから、
    彼を置いていくなんてことは出来なかったんだよね」。
     メタリカとラモーンズというと意外な組み合わせに思えるが、ラモーンズの
    ジョニー・ラモーンとメタリカのカーク・ハメットが友人同士で、ジョニーがメタリカに
    CJを勧めたのが加入話の発端であるらしい。結局は元スーサイダル・テンデンシーズの
    ロバート・トゥルージロがメタリカに加入することになったが、C・Jは誘いを受けたこと
    自体は光栄だったと語っている。

    ソース:OOPS!
    http://oops-music.com/news.php?nid=69769

    【“元ラモーンズ”ベーシストのCJ・ラモーン、メタリカ加入の打診があったことを明かす。】の続きを読む

    このページのトップヘ