images


1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 投稿日:2011/10/04(火) 20:18:19.88
 89年から96年にかけてラモーンズのベーシストとして活躍したCJ・ラモーンが、
二度もメタリカの加入を打診されていたことを明らかにした。
 C.Jによると、誘いを受けたのは、メタリカからベーシストのジェイソン・ニューステッドが
脱退したとき。彼はこのように話している。
 「一度だけじゃなくて二度も、メタリカに加入するようにアプローチを受けたんだ。
ジェイソンが初めてバンドを抜けたときに、彼らはアプローチしてきたよ。それから
少し経ってから、まだ彼らは新しいメンバーを見つけるのに苦労していたみたいで、
僕に再びアプローチしてきたんだ。でも、当時は息子が自閉症と診断されていたから、
彼を置いていくなんてことは出来なかったんだよね」。
 メタリカとラモーンズというと意外な組み合わせに思えるが、ラモーンズの
ジョニー・ラモーンとメタリカのカーク・ハメットが友人同士で、ジョニーがメタリカに
CJを勧めたのが加入話の発端であるらしい。結局は元スーサイダル・テンデンシーズの
ロバート・トゥルージロがメタリカに加入することになったが、C・Jは誘いを受けたこと
自体は光栄だったと語っている。

ソース:OOPS!
http://oops-music.com/news.php?nid=69769

【“元ラモーンズ”ベーシストのCJ・ラモーン、メタリカ加入の打診があったことを明かす。】の続きを読む