メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/11/07(木) 23:13:15.07 ID:yRRZL+Lr9
    2019.11.07 Thu posted at 13:50 JST
    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35145055.html
    https://www.cnn.co.jp/storage/2019/11/07/cab090053ba1074ac2b79fbda90534df/t/768/432/d/michael-jackson-socks-moonwalk-trnd-super-169.jpg
    michael-jackson-socks-moonwalk-trnd-super-169

    (CNN) 「キング・オブ・ポップ」とも呼ばれたアーティストの故マイケル・ジャクソンがムーンウォークを初めて披露したステージではいていた白色の靴下が競売にかけられることが7日までにわかった。落札価格は200万ドル(約2億1000万円)にのぼるとみられている。

    マイケル・ジャクソンは1983年に放送されたテレビ番組のステージで特注のクリスタルをあしらった白色の靴下をはいていた。

    オンラインのオークションサイト「ゴッタ・ハブ・ロック・アンド・ロール」によれば、落札価格は最高で200万ドルに達する見込み。

    競売は11月13日に行われ、価格は10万ドルから。

    オークションサイトの最高経営責任者(CEO)によれば、靴下はとても使い込まれたように見えるが、テレビ番組後にどのくらいはいたのかはわからないという。

    競売にはこのほか、マイケル・ジャクソンがツアー時に着用した特別製のスーツや、マイケル・ジャクソンとマイケル・ジョーダン選手がサインしたシカゴ・ブルズのジャージーなども出品される。

    マイケル・ジャクソンは2009年に50歳で亡くなった。

    【『マイケル・ジャクソン』のムーンウォーク初披露時の靴下が競売に。予想価格は2億円。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/15(火) 07:21:23.99 ID:XFIN/kl59
    15日発売となる自伝「Me」の中で大物セレブたちの驚きのエピソードを明かし、注目を集めているエルトン・ジョン(72)が自伝の中で、故マイケル・ジャクソンさんについて「精神的に病んでいた」と書いていることがわかった。

    ジョンの自伝には大物ハリウッドスターたちに加え、ボブ・ディラン、フレディ・マーキュリー、ジョン・レノンらを初めとする音楽界のスーパースターたちが続々と登場している。

    米情報サイトTMZによると、マイケルさんを13歳の時から知っていたというジョンは自伝の中で、「彼は最高に可愛い子供だった。しかし、ある時期から、世間や現実から遠ざかるようになった。エルビス・プレスリーと同じように」と書いているという。

    さらに、「彼の頭の中で何が起きていたのか、どんな処方薬を服用していたのかは誰にもわからないが、晩年の彼に会うたびに“可哀そうに、完全にイカれてる”と思っていた」と告白。「冗談で言っているのではなく、彼は本当に精神的に病んでいた。周囲の人々を不安にさせる人になっていた」と書いているという。

    マイケルさんを自宅でのパーティに招待した際、いつの間にか姿を消し、家政婦の子供と遊んでいたエピソードも明かし、「何が理由であれ、彼は大人と一緒にいることが、全く出来ないようだった」と振り返っているという。(ニューヨーク=鹿目直子)


    10/15(火) 6:47配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-10150032-nksports-ent

    【エルトン・ジョン「マイケル・ジャクソンは精神的に病んでいた。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/14(日) 09:58:43.52 ID:H8FtV8Ln9
    世紀のスター、マイケルジャクソンがこの世を去って10年が経った。

    世界中から愛されたがゆえに、興味本位のゴシップの的にもなった彼をもっとも苦しめたスキャンダルは、
    93年に勃発した「少年への性的虐待疑惑」だろう。2人の少年の親からそれぞれ訴えられ、
    1度目は莫大な和解金を払って示談に、2度目は刑事裁判の末、無罪となった。

    彼の没後10年になる今年、サンダンス映画祭で公開され、アメリカのケーブルテレビ局HBOでも放映された「Leaving Neverland」。このドキュメンタリー映画は、
    マイケル亡き後に、彼から性被害を受けていたと証言した2人の男性とその家族を追った作品だ。本作はアメリカでも物議を醸し、マイケルの遺産管理団体は作品の放映に抗議して裁判を起こしている

    『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』(新潮文庫)や『プリンス論』(新潮新書)など、アメリカのポップスターに関する著作を数多く手がけるミュージシャンの西寺郷太氏は、「Leaving Neverland」についてこう語る。

    「被害を受けたという側の証言のみ取り上げていて、マイケルの関係者や専門家、第三者への取材が一切なされていません。それをしてしまうと、
    訴えた男性2人と、その家族の発言に多数含まれる矛盾を指摘されるので、作品化できないと判断したからでしょう。
    告発者の1人は、少年時代にマイケルと知り合い、後に人気振付師となったウェイド・ロブソン。彼は2005年の刑事裁判のとき、マイケル側から依頼され、第一の証言者として『虐待はなかった』と証言しています。
    マイケルの自宅、ネバーランドには、病気の子や身寄りのない子も含め、数千人の子どもたちが招待されています。その中で、わざわざ自分が虐待した少年を裁判の証言者に呼ぶなんて、ありえない話です。
    痴漢や性犯罪は、断じて許されることはない卑劣な行為ですが、意図的に攻撃を仕掛けられた冤罪を晴らすのはとても難しいんです」

    生前マイケルと番組で共演するなどしたテレビ司会者のオプラ・ウィンフリーは、番組内で「虐待を受けた」というロブソンらを支持する発言をしているものの、
    #MeToo運動が盛んなアメリカでも反応は比較的冷静だ。レイプ事件を起こしたR・ケリーのように曲がボイコットされるといった動きはほとんどないという。

    衝撃の急逝から10年。天才・マイケルを知りたいすべての人に――。 『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』西寺郷太[著]新潮社

    虐待疑惑に関するあらゆる資料に目を通してきた西寺氏は、「結論から言うとマイケルはシロ」と断言する。
    90年代の少年虐待疑惑の背景には、スーパースターへの興味が過熱した結果マスコミが生み出した偏見やバッシング、それらに影響された警察やFBIの勇み足があった。
    当時から、動物や子どもへの偏愛、遊園地のような「ネバーランド」の特殊性が、マスコミに奇行として取りざたされ、「マイケルは怪しい」という空気が蔓延していた。
    そんな中で裁判が起き、警察やFBIは組織の威信をかけ、家宅捜索、盗聴、ハッキング、スパイ等あらゆる手段を使って疑惑を実証しようとしてきた。
    だが16年にわたる調査の結果、驚くべきことに、なにひとつとして虐待の証拠は出てこなかったという。
    FBIの捜査資料はのちにジャーナリストの執拗な要請でしぶしぶ公開され、閲覧可能となったこともあり、マイケルの潔白は世の中に印象付けられたはずだった。

    西寺氏は続ける。

    「『Leaving Neverland』が全米で放送された3月、再び隠蔽されていたFBIの捜査資料が、ウィキリークスによって一時期暴かれました。
    『国家が税金を使い冤罪被害者をリンチしていた』と、マイケルが亡くなった後、批判が殺到したためです。
    このファイルを読みさえすれば、誰もがマイケルはゆすりたかりを受けた被害者、という結論にたどり着くはずなのです」



    https://news.livedoor.com/article/detail/16771329/
    2019年7月14日 7時31分 デイリー新潮

    https://www.youtube.com/watch?v=s0u8iA6bJTo


    Michael Jackson singing Ben

    https://www.youtube.com/watch?v=oRdxUFDoQe0


    Michael Jackson - Beat It (Official Video)

    【没後10年・・・『マイケル・ジャクソン』の”少年性的虐待疑惑”とはなんだったのか。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 23:00:18.59 ID:SqfHFlW10

    【マイケルジャクソンとかいうサングラスを外すだけで数千人気絶させる男。】の続きを読む

    images


    1: 豆次郎 ★ 2019/03/17(日) 14:49:33.14 ID:4y2/29VX9
    [2019年3月17日13時30分]

    故マイケル・ジャクソンさんの娘パリス・ジャクソン(20)が16日、自殺を図り、病院に入院したことがわかった。

    米情報サイトTMZによると、パリスは午前7時半ごろ、ロサンゼルス市内の自宅で手首を切り、警官や救急隊員らが現場に駆けつけた後、病院に搬送され、精神病棟に監禁されたという。同日午後には退院したが、現在は担当医師らに付き添われ、自宅で休養中のようだ。

    パリスに近い情報筋によると、自殺未遂の理由は、最近、米国内で放送された父マイケルさんに関するドキュメンタリー番組「Leaving Neverland」で、2人の男性らが子供時代に、マイケルさんに性的虐待を受けたとして告発したことだという。

    関係者がTMZに語ったところによると、パリスは同番組を観ておらず、父親の無実を固く信じているらしい。また、15日、「公の場で父マイケルさんの弁護をするべきではないか」と非難するコメントに対し、「父を弁護することは私の役割ではない」とツイートしていたという。

    パリスは2013年にも自殺未遂を図っており、うつ病との闘いについてもインタビューなどで赤裸々に告白している。(ニューヨーク=鹿目直子)

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201903170000289_m.html?mode=all
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201903170000289-w500_0.jpg 
    201903170000289-w500_0

    【マイケル・ジャクソンさんの娘、パリス・ジャクソンさん(20)が自殺未遂、自宅で休養か。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/03/07(木) 22:46:33.67 ID:i9Y+ELDI9
    2019.3.7 12:17 barks
    スティーヴィー・ワンダー、物議をかもすマイケル・ジャクソンのドキュメンタリーにコメント

    マイケル・ジャクソンから性的虐待を受けたという2人の男性の話をもとに制作されたドキュメンタリー映画『Leaving Neverland』が波紋を呼んでいることに対し、スティーヴィー・ワンダーは「彼がもたらしたインスピレーションのレガシーが継続するよう願う」と話した。

    空港で『TMZ』から突撃インタビューを受けたワンダーは、マイケルの音楽のファンだったというリポーターから「人々は困惑している」とマイクを向けられると、「彼は死んでる。亡くなった。彼が多くの子供たち、多くの人たちに与えたインスピレーションのレガシーを僕らが継続できるよう願っている」と答えた。

    『Leaving Neverland』は1月にサンダンス映画祭でプレミアされた後、アメリカで今週初めHBOから放送され物議をかもした。マイケルに嫌悪感を抱く人達、彼の楽曲を流すのを中止したラジオ局が現れる一方、マイケルには反論する機会がなく公平ではない等の意見も上がっており、マイケルの遺産管理団体は激しく抗議している。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000165212/001.jpg
    001

    ※動画は引用元サイトにてご確認ください。
    https://www.barks.jp/news/?id=1000165212

    【スティーヴィー・ワンダー、物議をかもすマイケル・ジャクソンのドキュメンタリーにコメント。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: カエサル ★ 2019/03/06(水) 19:51:34.84 ID:rXDRT8Zd9
    3/6(水) 19:47 CNN.co.jp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-35133804-cnn-int

    (CNN) 米国のスーパースター、故マイケル・ジャクソンさんにかつて性的虐待を受けたとする男性らのドキュメンタリー映画が、3日から米HBOテレビで放映され、大きな反響を呼んだ。これを受けて、ニュージーランドなどのラジオ局がジャクソンさんの楽曲の放送を中止している。

    映画は「Leaving Neverland」と題した2部構成のドキュメンタリー。2人の男性が登場し、子ども時代にジャクソンさんから数年間、性的虐待を受けていたと話す内容だ。

    ジャクソンさんの遺産管理団体はこの映画を「公開リンチ」だと非難し、HBOを提訴している。

    ソーシャルメディア上ではジャクソンさんを擁護する声が上がる一方で、虐待の被害者に共感を示し、ジャクソンさんの歌声を聞くのは気分が悪いなどと訴える投稿も相次いだ。

    ニュージーランドでは「メディアワークス」など複数のラジオ局が、聴取者の意向に沿うとして、ジャクソンさんの楽曲を流さない方針を示した。

    カナダでもモントリオールの主要ラジオ局3社がすでに放送を中止。他局も状況を注視している。

    ドキュメンタリーに出演した男性2人は4日、米テレビ司会者オプラ・ウィンフリーさんとのインタビューで、「当時は性的なことをされても虐待だとは全く分からなかった」などとコメント。ジャクソンさんに会う前からスターのイメージが固まっていたからだと話した。

    【故マイケル・ジャクソンの楽曲放送中止の動きも。性的虐待めぐるドキュメント公開。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: カエサル ★ 2019/03/01(金) 12:12:58.93 ID:O0Y5VuRE9
    2019年3月1日 BBC
    https://www.bbc.com/japanese/47411380

    米音楽界のスーパースターだった故マイケル・ジャクソンさんに、幼いころ繰り返し性的に虐待されたと主張する男性2人が、BBCの取材に応じた。

    ウェイド・ロブソンさん(36)は、BBC番組「ヴィクトリア・ダービシャー」に対して、自分が7歳のときからジャクソンさんに性的に虐待され、14歳のときに強姦されそうになったと話した。

    ジェイムズ・セイフチャックさん(40)は同じ番組で、ジャクソンさんが自分を「10歳から14歳のころまで」性的に虐待し続けたと話した。

    数々の大ヒット曲を発表し続けたジャクソンさんは2009年6月、50歳で亡くなった。

    ジャクソンさんの家族は、虐待の主張を裏づける証拠は「かけらもない」と反論している。

    ロブソンさんとセイフチャックさんは、近く英チャンネル4で放送予定のジャクソンさんに関するドキュメンタリー映画「Leaving Neverland」にも出演し、被害を主張している。

    <注意:この記事はこれ以降、場合によっては不愉快に感じたり、動揺の原因となるかもしれない描写を含みます>

    (全文はソース先で)

    【男性2人「幼い頃、マイケル・ジャクソンに何百回も虐待された。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/02/04(月) 22:14:09.08 ID:gvVqD+YT9
    Maroon 5(マルーン5)アダム・レヴィーンの上半身裸のパフォーマンスが、15年前のジャネット・ジャクソンと比較され、ダブルスタンダードではないかと物議を醸している。

    Maroon 5は、ジョージア州アトランタで2月3日夜(現地時間)に開催された、アメフトの頂上決定戦「スーパーボウル」のハーフタイムショーに登場。人気ラッパーのトラヴィス・スコットやBig Boiとともに、ヒット曲を次々と披露して会場を盛り上げた。

    パフォーマンスの後半で、レヴィーンはジャケットやタンクトップを脱ぎ捨て、最後は上半身裸になって熱唱した。

    このパフォーマンスと比較されたのが、15年前のジャネット・ジャクソンとジャスティン・ティンバーレイクのパフォーマンスだ。

    2004年のハーフタイムショーで、ティンバーレイクがジャクソンの衣装をはぎとった際、あやまってジャクソンの片胸が露わになるハプニングが起きた。

    一部始終がTVで生中継され、大問題になった。この出来事はその後「衣装の不具合」と説明され、ティンバーレイクとジャクソンはともに、この「事故」は意図的ではなかったと説明してきた。

    そして、ジャクソンはこの件で大きなバッシングを受けた。非難されたのはティンバーレイクではなく、ほとんどがジャクソンだった。

    2004年のスーパーボウルを放送したTV局CBSの当時のCEOは事件の後、CBS関連の放送局でジャクソンの曲を流さないように指示し、ジャクソンを締め出そうとした疑惑が報じられている。

    しかし、今回上半身裸でパフォーマンスしたレヴィーンは、ジャクソンのような批判は受けなかった。これに対し、「なぜアダム・レヴィーンの胸はOKで、ジャネット・ジャクソンの胸はダメなの?教えて」とか、「レヴィーンは露出して良くて、ジャクソンはダメなのか?ダブルスタンダードじゃ?」といった、疑問を呈する声がSNSで上がっている。


    2/4(月) 19:45配信 ハフポスト日本版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00010010-huffpost-int
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/04/jpeg/20190204s00040079233000p_view.jpg 
    20190204s00040079233000p_view

    【ジャネット・ジャクソンの”ポロリ”は非難されたのに、男性ならいいの? スーパーボウルの“矛盾“に疑問の声。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/13(金) 22:32:59.48 ID:CAP_USER9
    マイケル・ジャクソンの元主治医、「マイケルは父親に去勢されていた」
    先月末に亡くなったマイケル・ジャクソンの父ジョー・ジャクソン。マイケルの元主治医がジョーについて衝撃的な告発をしている
    7/13(金) 21:04配信 ELLE ONLINE
    https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a22130540/michael-jackson-180713/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010000-elleonline-ent

    ジョー・ジャクソン(Joe Jackson)、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)
    https://hips.hearstapps.com/hmg-prod.s3.amazonaws.com/images/michael-jackson-gettyimages-88799054-1531417559.jpg
    michael-jackson-gettyimages-88799054-1531417559

    コンラッド・マーレイ(Conrad Murray)
    https://hips.hearstapps.com/hmg-prod.s3.amazonaws.com/images/michael-jackson-2-gettyimages-96500874-1531417713.jpg
    michael-jackson-2-gettyimages-96500874-1531417713

    ニュースサイト「The Blast」はマイケル・ジャクソンの元主治医コンラッド・マーレイの独白ビデオを入手。マーレイはマイケルに強力な麻酔薬を投与し過失致死罪に問われ実刑判決を受けた人物である。
    ビデオでマーレイはジョーを「史上最悪の父親の1人」と非難。「マイケルは父親にされた残酷な行為を語ってくれた」「マイケルに高い声を維持させるため父親が化学的に彼を去勢したという事実は言葉では語れない」。

    ここでは具体的な方法には触れていないけれど、マーレイは過去にもこの化学的去勢について主張していたことが。
    2016年に出版した著作『This Is It! The Secret Lives of Dr. Conrad Murray and
    Michael Jackson』の中で「ジョーはマイケルが12歳のときにニキビの治療と声変わりを防ぐためにホルモン注射を強制した」と書いている。

    ビデオでは「ジョー・ジャクソンが地獄で報いを受ければいいと思う」とまで言っているマーレイ。
    マイケルやジョーの遺族はまだこれに反応していないけれど、祖父ジョーと父マイケルを深く愛しているパリス・ジャクソンら家族がこの発言に怒る可能性は大。続報にも注目したい。

    ──────────────────

    Michael Jackson’s Doc, Conrad Murray, Hopes Joe Jackson ‘Finds
    Redemption in Hell’
    July 6, 2018 at 3:00 am PDT
    https://theblast.com/conrad-murray-michael-jackson-joe-jackson/

    【マイケル・ジャクソンの元主治医、「マイケルは父親に去勢されていた」と主張。】の続きを読む

    このページのトップヘ