メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images (1)


    1: このもん ★ 2019/07/20(土) 09:31:13.04 ID:p9crdVSi9
    森高千里 売れてるオバさんに「少女時代写真」大量流出

    50歳になった今も、高い人気を誇る森高千里に、トンデモない写真が流出した。
    10代のデビュー前後、初々しくもヤボッたい写真が大量流出。その裏には、同業プロダクションの嫌がらせが噂されている。

     「最近、森高の30年以上も前のグラビア写真が、ネットを中心に拡散しています。いずれも、今の森高からは想像できないほどのダサ顔。
    当然、ネット上の書き込みには、整形説まで囁かれています」(音楽ライター)

     彼女は熊本県の高校在学中にバンド活動を開始。'86年、大塚製薬が主催した「ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを獲得。
    同年冬に、芸能活動を本格化させるため上京、東京の高校に入学した。

     「“九州に独特なボイスで注目の高校生がいる”という話は東京にも伝わっていて、複数のレコード会社が、調査をしていたそうです。
    ただ、各社共通の認識を持っていたのは『ルックスに華がない』でした。
    噂では、上京後、メークやプチ修正などで顔を整えたとも囁かれています」(同)

     確かに今回の流出した写真は、“本当に森高なの!?”というような顔ばかり。それにしてもなぜ、今さら昔の写真が流出するのか?

     「森高は、『Love music』をはじめ、フジテレビ系の音楽番組には必ずレギュラーMCとして登場するほど、蜜月関係にあります。
    あの“歌姫”浜崎あゆみ(40)でさえ、お呼びがかからない。森高は、大ヒットした『私がオバさんになっても』の根強い人気と、局のバックボーンによって、今の地位を保っているのでしょう。
    まさに“オバさんになっても健在”です」(レコード会社関係者)

     さらに、流出騒動の原因を作ったといわれているのが、森高の夫であり俳優の江口洋介の存在だ。
    昨年、ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)に出演。今年も『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に準主役級で出演している。

     「『身辺警護人』は木村拓哉、『ストロベリーナイト・サーガ』では亀梨和也と、ジャニーズタレントが出演するドラマにはよく出ていて、最近では、“ジャニーズ御用達俳優”とも揶揄されています。
    江口は“ジャニーズには腰が低い”と悪評が立っているため、嫌っている芸能プロも多いようです。今回の流出写真は、やっかみによる同業の仕業が疑われています」(同)

     オバさんになった森高は、どう乗り越える?

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12151-345460/

    【『森高千里』、”少女時代写真”が大量流出。】の続きを読む

    images (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/04/12(金) 19:21:15.80 ID:w0wVKqle9
    歌手の森高千里さん(50)が2019年4月12日に「あさイチ」(NHK総合)に生出演し、視聴者から「年齢を感じさせない」と話題になっている。

    番組が始まると、すぐに福岡市の大濠公園から生中継で森高さんが歌う「ララ サンシャイン」が始まった。爽やかな曲を歌い上げる様に、司会の博多華丸・大吉さんや近江友里恵アナもノリノリだった。

    21年ぶりのライブツアーも開催中の森高さん(ライブツアーホームページより)
    https://www.j-cast.com/assets_c/2019/04/news_20190412153801-thumb-645x380-155948.jpg
    news_20190412153801-thumb-645x380-155948

    ■「めざましテレビかと思った」

    前日の4月11日に50歳の誕生日を迎えたばかりの森高さん。かつてトレードマークだったミニスカートは少し丈が長くなったものの、アイドル時代とほとんど変わらないスタイルと歌声に、視聴者からは

    「こんな細い脚でミニスカ履ける50歳2児の母とかありえない」
    「『私がオバサンになっても』を歌ってた人が一向にオバサンにならないですね」
    など、驚嘆する声がSNSなどにあふれていた。

    また、「ララ サンシャイン」はフジテレビ系列の「めざましテレビ」で1996年から97年にかけてテーマソングに採用されていた曲だったこともあり、このチョイスには、

    「NHK見てたらめざましテレビかと思った」
    と90年代を懐かしむ視聴者もいた。

    とはいえ、森高さんが今も根強く支持されているのは決して容姿からだけではない。

    ■ドラマ初出演の「秘蔵映像」も

    デビュー翌年の1988年には早くも「ミーハー」「ストレス」などの楽曲の作詞を始め、肩パッドにミニスカートという奇抜な衣装で鮮烈な印象を植え付けた。レコード会社や芸能事務所がプロデュース戦略を決める「昭和時代のアイドル」から脱皮し、作詞や作曲もこなし、バラエティでも活躍するセルフプロデュース型のアイドルタレントへの先鞭をつけたのが森高さんだ。

    1999年に俳優の江口洋介さんと結婚。2010年代に徐々に音楽活動を再開すると、14年にはDJのtofubeats(トーフビーツ)さんとのコラボユニット「森高豆腐」として、自身の楽曲をtofubeatsさんがリミックスしたアルバムが配信されるなど、2児の母となってからも新しい音楽性の追求に意欲的だ。

    今回の「あさイチ」では「ララ サンシャイン」「渡良瀬橋」「この街」の生歌披露だけでなく、デビューから現在に至るまでの活躍ぶりも紹介した。さらにはドラマ初出演だった87年の「まんが道 青春編」での「秘蔵映像」も放送。森高さんと同様に結婚に育児と歩んできた同世代のファンには感無量の内容だったようだ。

    2019年には1年かけて21年ぶりの全国ツアーを行っている森高さん。ミニスカートやコスプレさながらの衣装を変わらず着こなし、トークの中でもコンサートやライブに意欲を見せていた。衣装についても

    「見たくないって言われるぐらいまでは(ミニを)やろうかなと」
    と前向き。まだまた森高さんが歌って踊る快活な姿を見続けることができそうだ。


    2019/4/12 15:57
    https://www.j-cast.com/2019/04/12355106.html

    【50歳の森高千里が一向にオバサンにならない。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/01/27(日) 05:03:32.05 ID:3EjXs3Ul9
    1/27(日) 5:00 スポニチアネックス
    ♪オバさんにな~っても…森高ミニスカ唱 今年50歳、今も膝上15センチ 21年ぶり全国ツアー発進

     歌手の森高千里(49)が26日、埼玉県の狭山市市民会館で21年ぶりの全国ツアー「この街」をスタートさせた。約1400人の前で「私がオバさんになっても」など大ヒットシングルを中心とした19曲を熱唱。49歳になっても代名詞のミニスカートは健在で、衰え知らずの美脚も披露した。

     1987年のデビュー曲「NEW SEASON」で始まり、「ララ サンシャイン」など代表曲を連発。トークでは「21年ぶりって聞くと凄いですよね。皆さんに笑顔になっていただけたらと思います」と客席に語りかけた。

     ミニスカートは21年前から変わらない膝上15センチ。「見に来た人をがっかりさせないように」とスカート丈を変えず、キラキラした衣装を着続けることにこだわりを持っている。

     98年に全国ツアーを行った翌年に江口洋介(51)と結婚し、1男1女の母に。その後は子育てに専念し、13年にステージ復帰。東京を中心にライブを行っているうちに「ファンの方から地元に来てくださいという声を頂くようになって、“久々にやりましょうか”という話になった」と今回の全国ツアーの開催が決まった。

     ツアー中の4月には50歳になる。それでもステージ上で3度の早着替えを行い、6種類の衣装が全部ミニスカという年齢を全く感じさせないパフォーマンス。「“全然オバさんじゃない”と言われてるうちはステージに立てる。同世代の人が自分を見て頑張ろうと思ってくれたらいい」と笑顔。ステージ上で追加公演も発表。12月まで29都府県、36会場を巡る。1年かけてじっくりと、全国のファンに変わらぬ歌声と美脚を届ける。

     ≪12月に26年ぶり地元・熊本公演 「この街」で地震被災地を笑顔に≫12月には、同月にリニューアルオープンする熊本城ホールで公演。地元熊本でステージに立つのは26年ぶりで「熊本のことを思いながら詞を書いた(ツアータイトルの)『この街』を熊本で歌えるのは感慨深い」としみじみ。16年の熊本地震で大きな被害を受けた地元に向けて「私にできるのは歌で皆さんを笑顔にすること。ライブを楽しんでもらいたい」と語った。


    全国ツアーをスタートさせた森高千里
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190127-00000000-spnannex-000-2-view.jpg
    20190127-00000000-spnannex-000-2-view

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190127-00000319-oric-000-1-view.jpg
    20190127-00000319-oric-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000000-spnannex-ent

    【森高千里、今年50歳。21年ぶり全国ツアー発進。今も膝上15センチ。】の続きを読む

    images


    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/06/30(金) 08:12:40.04 ID:CAP_USER9
    今年でデビュー30周年を迎える歌手の森高千里。
    今年の10月にはコンサート「TOMORROW NEVER KNOWS」を開催。
    それだけではない、7月には1991年に行われた渋谷公会堂公演の模様を収めたBlu-ray&DVDもリリースを予定している。

    そんな森高は、6月21日放送のラジオ番組『高橋みなみの「これから、何する?」』にゲスト出演。
    そこで驚きの発言をしたという。

    「今年で48歳になる森高のコンサートに話題が及んだ時です。
    高橋が『ミニスカの森高さん、見たいです』と言ったところ、なんと森高が『ミニスカ、頑張りますよ!』と宣言したんです。
    もしそれが実現したら、往年の森高ファンは涙を流して喜びますよ」(女性誌記者)

    このコンサートでは、1991年から1993年に行われたツアーのセットリストを再現するというもの。
    もちろん当時の森高は、バリバリにミニスカ姿で活躍していた時代。

    ファンならずとも期待したいところだが、森高は衣装に関して、

    「まだ具体的に決めてなくて、これから練ろうかなと思います。
    まったく同じ衣装は残ってないので、そのままというのは無理なんですけど」

    と答えている。

    当時の衣装が残っていないとは残念だが、ミニスカ復活に向けて期待が持てそうだ。

    「実は森高はミニスカを履くことが“原動力”にもなっているんです。
    以前にネットで公開された本人のインタビューでは『基本、ミニスカートは好きだからはいているだけなんです』と明かし、ミニスカをはいてステージに立つために『ジムに通ったり、夜は炭水化物を食べなかったり(中略)
    好きなことをやっていることが原動力になっている』『ムリだからやめてくれって言われるまで、はきたいなと思います』とまで語っていました」(芸能プロ関係者)

    ここまで証言がそろうと、ますますミニスカへの期待は高まるばかり。
    今秋のコンサートは大注目だ。

    http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2017/06/20170629_asagei_moritaka-250x250.jpg
    20170629_asagei_moritaka-250x250

    http://www.asagei.com/excerpt/83996 
    【「やめてくれと言われるまで…」 森高千里、48歳でも“ミニスカートをはく”宣言。】の続きを読む

    images (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/06/22(木) 05:09:23.55 ID:CAP_USER9
    [2017年6月21日20時14分]

     歌手デビュー30周年を迎えた森高千里(48)が、10月に開催するコンサートに向け「ミニスカ、がんばります」と意気込みを語った。

     森高は21日放送のTOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」にゲスト出演。今秋開催のコンサートについて告知した。

     「TOMORROW NEVER KNOWS」と題した今回のコンサートでは、1991年に開催した「ザ・森高」ツアー、92年の「ROCK ALIVE」ツアー、93年の「LUCKY SEVEN」ツアーのセットリストを再現するという。

     ミニスカ衣装で活躍していた当時のコンサートを再現するが、衣装については「まだ具体的には決めてなくて、これから練ろうかなと。全く同じ衣装はもう残ってないので、そのままというのは無理なんですけど」という。

     しかし高橋みなみが「ミニスカの森高さん、見たいです」とリクエストすると、森高は「ミニスカ、がんばりますよ」と宣言。高橋は「絶対似合うもん! ほんとに同じ女性として素晴らしいのは、森高さんってずっとキレイでかわいいじゃないですか。スタイルもそうだし」と大興奮だった。


    森高千里(2015年3月9日)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/P2016050600131200_ksd_moritaka-w500_0.jpg
    P2016050600131200_ksd_moritaka-w500_0

    森高千里(2013年3月30日)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/moritaka_ksd_miniska-w500_1.jpg
    moritaka_ksd_miniska-w500_1

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1843858.html

    【森高千里「ミニスカがんばります。」に高橋みなみが大興奮。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/05/29(月) 20:25:34.01 ID:CAP_USER9
    2017年5月29日 19:17

    森高千里が、1990年代前半に行ったツアーのセットリストを再現する「TOMORROW NEVER KNOWS」と題したライブを10月に3公演行うことが決定した。

    この企画では、10月6日の東京・昭和女子大学人見記念講堂にて1991年のツアー「ザ・森高」、10月11日の東京・Zepp DiverCity TOKYOにて1992年のツアー「ROCK ALIVE」、10月12日のZepp DiverCity TOKYOにて1993年のツアー「LUCKY SEVEN」を再現。約25年前のステージを体感できる貴重な機会となりそうだ。

    チケットは8月12日に一般発売開始。(以下略、全文はソースをご覧ください。)

    ◆TOMORROW NEVER KNOWS

    ◇「ザ・森高」
    2017年10月6日(金)東京都 昭和女子大学人見記念講堂

    「ザ・森高」1991年8月22日 渋谷公会堂 セットリスト
    01. 彼女
    02. 短い夏
    03. ザ・勉強の歌
    04. 青春
    05. あるOLの青春 ~A子の場合~
    06. ザ・ミーハー
    07. 雨
    08. ザ・のぞかないで
    09. ザ・ストレス
    10. NEW SEASON
    11. 臭いものにはフタをしろ!!
    12. その後の私
    13. 夜の煙突
    14. GET SMILE
    15. 八月の恋
    16. ファンキー・モンキー・ベイビー
    17. テリヤキ・バーガー
    18. この街

    >>2以降につづく)


    森高千里
    http://cdn2.natalie.mu/media/1702/0214/extra/news_xlarge_moritakachisato_art201702.jpg 
    news_xlarge_moritakachisato_art201702

    http://natalie.mu/music/news/234526

    【25年前の「森高」を再び。森高千里が90年代ツアーのセットリスト再現ライブ。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/31(金) 05:11:40.36 ID:CAP_USER9
    2017-03-31 05:00

     歌手の森高千里(47)が4月2日放送のBSフジ『ポンキッキーズ』(毎週日曜 前8:00)に出演することが31日、明らかになった。同番組から生まれたヒット曲「ロックン・オムレツ」(1994年発売)を歌唱する。

     過去に「およげ!たいやきくん」「パタパタママ」などのヒット曲を生んできた同番組だが、森高の「ロックン・オムレツ」もその一つ。作詞は森高自身が手がけ、SPEEDの楽曲などで知られる伊秩弘将氏が作曲を担当。
    番組のオープニングおよび挿入歌として使用され、当時は森高本人のスタジオ出演ではなく、番組のオリジナル映像が放送され大反響を呼んだ。今月19日に行われたスタジオ収録ではメンバー全員が小学生のバンド・HAD(ハッド)と共演し、満を持しての番組歌唱が実現した。

     4月から番組新レギュラーとなったシンガーソングライター・藤原さくら(21)、落語家・春風亭昇々(32)とのトークにも参加した森高は、「歌の話をもらった時は、自分も小さなころから『ポンキッキーズ』を見ていたので、とてもうれしかった。
    子どもたちが気軽に口ずさんでもらえるような歌を作ろうと思って一生懸命つくりました」と当時を振り返る。歌唱後は「久しぶりに歌ったのですが、自分の子どもたちよりも小さな子どもたちと演奏する機会がくるなんて思ってもみなかった」と感慨を口にしていた。

     同番組は1973年4月、子ども向け番組『ひらけ!ポンキッキ』としてフジテレビ系列でスタート。
    以後、93年『ポンキッキーズ』にリニューアルし、未就学から小学生までを対象にガチャピン、ムックなどのキャラクターや、歌・アニメをとりいれたエンターテインメント子ども番組として放送されてきた。現在はBSフジで放送され、今年45周年を迎える。


    ・「ロックン・オムレツ」を披露した森高千里(左から2人目)と春風亭昇々(左)と藤原さくら
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170331/2088368_201703310644150001490904011c.jpg 
    2088368_201703310644150001490904011c

    ・ミニ丈のスカートで小学生バンド『HAD』とコラボした森高千里
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170331/2088368_201703310644239001490904011c.jpg 
    2088368_201703310644239001490904011c

    http://www.oricon.co.jp/news/2088368/full/

    【森高千里『ポンキッキーズ』で名曲「ロックン・オムレツ」歌唱。】の続きを読む

    images (4)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/12/18(日) 06:34:23.75 ID:CAP_USER9
    2016/12/17 23:53

    森高千里 『ジン ジン ジングルベル 2016』 【セルフカヴァー】 [森高千里]
    https://www.youtube.com/watch?v=jkSUpGSMnuo




    森高千里がセルフカヴァー「ジン ジン ジングルベル 2016」を公開。公式YouTubeチャンネルで行っている企画「200曲セルフカヴァー」の193曲目で、1995年発表のシングル「ジン ジン ジングルベル」の新ヴァージョンです。ドラムは森高千里によるループドラム


    ・森高千里 『ジン ジン ジングルベル 2016』 【セルフカヴァー】
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/65956.jpg
    65956

    http://amass.jp/82386/


    ∥関連∥
    『雨』 【セルフカヴァー】
    https://www.youtube.com/watch?v=Xa6GMs9j49A


    『17才』 【セルフカヴァー】
    https://www.youtube.com/watch?v=QvwOs4J6Ojs


    『二人は恋人』 【セルフカヴァー】
    https://www.youtube.com/watch?v=ZM2ksjNtDBY


    『臭いものにはフタをしろ!!』 【セルフカヴァー】
    https://www.youtube.com/watch?v=zl73nUIDz8Y


    【森高千里がセルフカヴァー「ジン ジン ジングルベル 2016」を公開。】の続きを読む

    images (1)


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/08/16(火) 20:15:25.68 0
    昔のCDセールス見てもそんなびっくりするような売り上げでもないし
    つんくをつんく呼ばわりするほど偉いのか
    俺から見るとひどい傲慢なおばさんとしか見えない

    【森高千里ってアップフロントの中でえらくでかい顔してるが。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/07/18(月) 17:49:42.97 ID:CAP_USER9
    歌手の森高千里(47)が18日、フジテレビ系の「FNSうたの夏まつり」に出演し、地震で傷ついた故郷・熊本に1990年にリリースした「この街」を地震後に初めて歌い、ささげた。同曲は森高が高校時代に東京に引っ越し、故郷を思って作詞した。森高らしくヒザ上15センチのミニスカートをまとって元気に歌い上げた。

     「この街」は森高が東京でホームシックになり、熊本への愛情を込めて作詞した。ステップを踏みながら歌う軽快な曲。それだけに熊本地震発生後は歌えなかったという。

     森高は熊本で17歳まで過ごした。被災地を歩き「まさか熊本で地震がと思った。地震で怖い思いをしたことはなかった」「熊本の人にとって熊本城はシンボル。小さい時から写生会で行ったり遠足に行ったりとみじか。すごくショックでした」と傷ついた故郷に胸を詰まらせた。

     被災地を歩き、森高は「少しでも役に立てれば」と震災後は歌うことを封印していた同曲を歌うことを決意。ステージではミニスカートをまとって47歳とは思えない脚線美を披露し、ヒールをはきながらも軽快なリズムに合わせてステップを踏み、「この街」と歌い上げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00000067-dal-ent

    【森高千里、47歳の脚線美をミニスカで披露。故郷熊本のため「この街」熱唱 。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/06(金) 05:39:18.24 ID:CAP
    熊本出身の歌手森高千里(47)が5日、約200人が避難する益城町の広安西小学校で炊き出しを行った。

    白いパーカにマスク姿で、ハンバーグカレーを配布。
    こどもの日にちなんだミニサイズのこいのぼりやお菓子を渡したり、写真撮影のリクエストにもマスクを外して気さくに応じた。
    関係者によると、4日から故郷熊本へ帰省し、支援活動を行っていたという。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/06/kiji/K20160506012531260.html
    2016年5月6日 05:30

    http://pbs.twimg.com/media/ChqsJdoUoAIG-Or.jpg
    ChqsJdoUoAIG-Or

    http://pbs.twimg.com/media/ChrDRlbVIAIg_Ar.jpg
    ChrDRlbVIAIg_Ar

    http://pbs.twimg.com/media/ChqyyCMVAAM-kT_.jpg
    ChqyyCMVAAM-kT_

    http://www.youtube.com/watch?v=hYUrBTYuhAQ


    森高千里 『渡良瀬橋』

    【【奇跡の47歳】熊本出身の森高千里、益城町で炊き出し。写真撮影にも気さくに応じる。【いつおばさんになるの?】】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 23:16:15.98 ID:CAP_USER*.net
    森高千里のベストアルバムが本日11月25日にUHQCDで2作品同時発売。
    ワーナーミュージック・ジャパンから「森高千里 UHQCD THE FIRST BEST SELECTION '87~'92」、
    アップフロントワークスから「森高千里 UHQCD THE FIRST BEST SELECTION '93~'99」がリリースされた。

    「森高千里 UHQCD THE FIRST BEST SELECTION '87~'92」は森高の初期の活動をまとめた1枚。
    1987年5月25日発売のデビューシングル「NEW SEASON」や、
    大ヒットを記録した「17才」「雨」「私がオバさんになっても」などのシングル曲、
    「ロックンロール県庁所在地」「テリヤキ・バーガー」などのアルバムの人気曲が17曲収録されている。

    「森高千里 UHQCD THE FIRST BEST SELECTION '93~'99」は1993年から1999年にかけての楽曲で構成。
    「渡良瀬橋」「気分爽快」「ジン ジン ジングルベル」などのヒットシングルを中心に18曲が収められる。

    森高千里「森高千里 UHQCD THE FIRST BEST SELECTION '87~'92」収録曲
    01. NEW SEASON
    02. ミーハー
    03. ALONE
    04. ザ・ストレス -ストレス 中近東ヴァージョン-
    05. 17才
    06. だいて(ラスベガス・ヴァージョン)
    07. 道
    08. 臭いものにはフタをしろ!!
    09. 雨
    10. 勉強の歌
    11. この街
    12. ファイト!!
    13. コンサートの夜
    14. 私がオバさんになっても
    15. 夜の煙突
    16. ロックンロール県庁所在地
    17. テリヤキ・バーガー

    森高千里「森高千里 UHQCD THE FIRST BEST SELECTION '93~'99」収録曲
    01. 渡良瀬橋
    02. 私の夏
    03. 風に吹かれて
    04. 気分爽快
    05. 二人は恋人
    06. ジン ジン ジングルベル
    07. SO BLUE
    08. ララ サンシャイン
    09. 銀色の夢
    10. Let's Go!
    11. SWEET CANDY
    12. SNOW AGAIN
    13. 海まで5分
    14. 私のように
    15. 出来るでしょ!!
    16. 若さの秘訣
    17. Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey
    18. HERE COMES THE SUN

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000104-natalien-musi

    森高千里
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20151125-00000104-natalien-000-0-view.jpg

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 23:18:22.62 ID:MmSCU4uu0.net
    意外に今でも聞くに値する音楽性の高さ
    ライブもアレンジいい感じ。

    【森高千里ベストアルバム、ワーナー&アップフロントから2枚同時発売。】の続きを読む

    このページのトップヘ