メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/04/08(土) 21:21:07.75 ID:CAP_USER9
    2017年4月8日20時38分 スポーツ報知

     歌手・大友康平(61)率いるロックバンド「HOUND DOG」が8日、東京・豊洲PITでデビュー36周年を締めくくるライブを行った。

     冒頭、大友はスタンドマイクを振り回し「最高だぜ! 目と耳と心で最後まで楽しんでくれ!」と絶叫。80年のデビュー曲「嵐の金曜日」、ヒット曲「ff(フォルティシモ)」など22曲を持ち前のハスキーボイスで熱唱し、1500人を熱狂させた。

     MCでは「ここに集まってくれた1万3000人(笑い)、イコール7人目のメンバーです」とボケも絶好調。年齢を感じさせない約3時間のパワフルなステージを見せつけ、「いくつになっても熱くなれるのはみんなのおかげ。今日も最高に興奮しちゃいました!」とファンに感謝した。

     開演前には「社会派のロックンローラーだから」と、築地市場からの移転問題を抱える豊洲市場を一目見ようとジョギングで周辺を散策。場所が分からず迷ってしまったといい、「警察官のオッサンに聞いたら『地方からの派遣だから知らない』って。コイツ~って思いながら帰ってきたら、会場のすぐ近くにあった」と爆笑を誘った。


    ・自慢のハスキーボイスで叫びまくった大友康平
    http://www.hochi.co.jp/photo/20170408/20170408-OHT1I50140-L.jpg
    20170408-OHT1I50140-L

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170408-OHT1T50196.html

    【かっこ悪いロックバンドに成り果てた「HOUND DOG」が36周年ライブ。大友22曲熱唱。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/26(木) 17:17:56.18 ID:CAP_USER9
    歌手の大友康平(61)が26日、都内で、オンキヨーの超高音質スマートフォン「GRANBEAT」発表イベントに登場した。

     ハイレゾ音源対応の新機種に、「デビューした37年前はレコーディングもカセットテープでした。
    こんなにいい音を持ち歩けるのは衝撃。カセットで育った世代からすると革命ですよ」と“プロ”の立場で太鼓判。
    ソロプロジェクトとなっているハウンドドッグのライブを、3~4月に控えており、「ロックンロールの楽しさ、
    だいご味、パワーをつぎ込みます。お客さんもスタミナ十分で来ていただければ」と来場を呼びかけていた。

    デイリースポーツ 1/26(木) 17:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000056-dal-ent
    画像
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggpmXWLzvepYWrV5uNwktQyA---x741-y900-q90/amd/20170126-00000056-dal-000-2-view.jpg 
     20170126-00000056-dal-000-2-view

    【ハウンドドッグの大友康平、ハイレゾ対応スマホに衝撃。「カセッテープで育った世代にとっては革命。」】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/16(金) 08:16:07.32
    年末のディナーショーの日程が続々と決定しているが、今年はあの“大物”がディナーショー商戦に参入して話題になっている。

    その大物とは、ロックバンド「HOUND DOG」の大友康平(59)。
    12月17日に東京・ホテル椿山荘、同23日に名古屋・名鉄グランドホテルで「HOUND DOG JAZZY NIGHT 2015“Song for you”」と題したディナーショーを開催。
    東京は1回公演で、フレンチフルコース付きで1人3万3000円。名古屋は2回公演でS席3万6000円とA席3万4000円が売り出されている。

    どちらもチケットはまだかなり余っているが、大友といえば、近年は俳優もしくはバラエティーのイメージが強烈。
    お笑い芸人を相手に愛想を振りまく姿はかつてのロックで武骨なイメージをいい意味で裏切っている。

    「音楽活動は細々とですが続けている。そんな中、ディナーショーは割がいいので今年から本格的に参入。
    今年は東京と名古屋の2カ所だが、好評なら来年はもっと増やしたい意向のようです」(音楽関係者)

    日本のロックシーンでカリスマ的な輝きを放っていたHOUND DOG。
    しかし、現在は空中分解状態。バンドの完全復活は厳しいという。

    「大友の前所属事務所からの独立問題がバンドの活動にも波及。
    メンバー同士が訴え合ってドロ仕合を繰り広げるなど、本格的な活動再開が困難な状態なのです」(レコード会社関係者)

    その影響は大友のディナーショーにも少なからず影響していて、「同バンドの名曲『ff(フォルティシモ』『Only Love』などの著作権は大友以外のメンバーや前事務所が押さえている。
    そのため、大友はオリジナルの曲を歌えず、ジャズバージョンにアレンジ。苦肉の策です」(前出のレコード会社関係者)

    来年の1月1日の誕生日で還暦の節目を迎える大友。高いカネを払ってディナーショーに足を運んだ往年のファンをがっかりさせる結果にならなければいいが

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/166331
    2015年10月16日

    http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/166/331/9569a50c0381aa65d203d6d67348348620151015134952579.jpg
    苦肉の策?(C)日刊ゲンダイ

    【【HOUND DOG】バンド復活厳しく…ハウンド・ドッグ大友康平「ディナーショー」参戦の舞台裏。】の続きを読む

    このページのトップヘ