メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード (4)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/14(火) 14:48:11.62 ID:CAP_USER9
    日曜日(2月12日)、グラミー賞で共演したメタリカとレディー・ガガ。残念ながら、本番では音声トラブルに見舞われ、メンバーが望んでいた完璧なパフォーマンスは成し遂げられなかったが、彼らはリハーサルの時点で、レディー・ガガとのコラボに大満足していた。

    カーク・ハメットは、本番前、バックステージでこう話していた。「グラミーがいつもデュエットをやりたがるのは知ってるだろ。で、レディー・ガガを提案されたとき、俺ら、“それは面白い”って思ったんだ。でも、実際に(リハーサルで)彼女とやってみたら、すごくすごくよかった。彼女は本当にオープンで、いろいろなアレンジを試すのを進んで受け入れていた。彼女とプレイするのは本当に素晴らしい」

    ラーズ・ウルリッヒも、「彼女は当日、この宇宙で最高にクールなメタル・ガールになる」と絶賛。「リハーサルやってるときに、マネージャーが来て、“これまでグラミーでプレイされてきた中で最高にヘヴィな曲になるかも”って言ってた。俺らが何回かプレイした中でも1番だ。それに、俺らにはいま新しいリード・シンガーがいるしな。共同リード・シンガーって言った方がいいな。さっき、彼女をメタリカの正式メンバーにしようかって話してたとこだ。いまからは5ピースだ」と、本番に向け興奮していた。

    それだけに、ジェイムス・ヘットフィールドのマイクが正常に機能せず、思い通りのパフォーマンスができなかったことに一番失望したのは本人達だったのかもしれない。ステージを去る際、ヘットフィールドはマイクスタンドを蹴り倒し、ギターをスタッフに放って返すなどご立腹な様子だった。

    BARKS 2/14(火) 12:21配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000287-bark-musi

    【メタリカ「レディー・ガガを正式メンバーに加えようか、検討中。」 【動画】ジェイムス・ヘットフィールドがマイク不調に激おこ。マイクを蹴り倒し、ギターを放り投げる。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: アンドローラ ★@無断転載は禁止 2017/02/08(水) 08:57:04.68 ID:CAP_USER9
    http://amass.jp/84445/
    2017/02/07 23:45掲載(Last Update:2017/02/08 00:01)
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/64990.jpg
    64990

    メタリカ(Metallica)とレディー・ガガ(Lady GaGa)が今年のグラミー賞授賞式で共演パフォーマンスを行う模様。
    複数の海外メディアによれば、コラボレーションを伝えるTV-CMが2月6日夜に米国で放送されたようです。
    どういったコラボレーションになるのかは不明。CM映像は以下で観れます。

    【追記:米ローリング・ストーン誌が共演することを確認したと報じています】

    【メタリカ(Metallica)とレディー・ガガ(Lady GaGa)が今年のグラミー賞授賞式で共演パフォーマンス。】の続きを読む

    images


    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/07(火) 17:43:28.48 ID:CAP_USER9
    現地時間2017年2月5日のNFLスーパーボウルのハーフタイム・ショーで観客と世界中の視聴者を魅了したレディー・ガガだが、ショーを終えた後のアルバムと楽曲のセールスが前日比で爆発的に伸びていたことが明らかになった。

     ニールセン・ミュージックに報告された2月5日の米国内初期売上枚数によると、デジタル・アルバムと楽曲が約150,000枚で、前日の15,000枚弱と比べると1000%以上の伸びを記録した。

     また、2月5日の“スーパーボウル・サンデー”の1日のデジタル・フォーマットの売り上げは、2月2日付の週全体のフィジカルとデジタル両方の売り上げよりも多かった。レディー・ガガの2月2日付の週のアルバムと楽曲の売上枚数は30,000枚で、内26,000枚がデジタルだった。

     ガガによる13分のハーフタイム・ショー・パフォーマンスには、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”1位を獲得した全3曲(「ジャスト・ダンス」、「ポーカー・フェイス」、「ボーン・ディス・ウェイ」)や、TOP10入りした「テレフォン」、「バッド・ロマンス」、そして最近のシングル「ミリオン・リーズンズ」などが含まれていた。

     楽曲だけで見ると、2月5日に約125,000回のダウンロード数を記録し、前日の約10,000回と比較すると約960%の伸びだった。一番売れた楽曲は「ミリオン・リーズンズ」で約45,000回ダウンロードされ、前日の約5,000回から約900%の伸びを見せた。また、「バッド・ロマンス」は13,000回で前日比1,525%増、「ボーン・ディス・ウェイ」は12,000回で2,202%増、「ポーカー・フェイス」は10,000回で1,212%増を記録した。

     「ミリオン・リーズンズ」は、2016年11月12日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位デビューを果たした最新アルバム『ジョアン』に収録されている。『ジョアン』は2月5日に最も売れたアルバムとなり、12,000枚以上の売上枚数は、前日の約1,000枚から1,077%増だった。次いで「バッド・ロマンス」と「テレフォン」が収録されている『ザ・モンスター』で、6,000枚だった。全アルバムで見ると23,000ダウンロードで、前日の2,000回から1,395%の伸びだった。

     2016年のスーパーボウル・ハーフタイム・ショーでヘッドライナーを務めたコールドプレイの場合、終了後の2月11日付の週にアルバムが95,000枚(355%増)、デジタル・ソングが254,000枚(174%増)の売り上げを記録し、リリース直後だったアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』も2016年2月20日付のBillboard 200チャートで前週の16位から4位に急上昇した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00047218-exp-musi

    【レディー・ガガ、NFLスーパーボウルのハーフタイム・ショー後に売り上げが1000%以上増。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 不知火(東京都)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/01/14(土) 15:18:19.30 ID:dI79mpfN0 BE:843678962-2BP(6000)
     2月5日にテキサス州ヒューストンで行われるアメリカンフットボールの決勝戦スーパーボウルは、試合自体もさることながら、
    大物アーティストを迎えてのハーフタイムショーが毎年話題になる米最大のスポーツイベントです。

     ところが、今年ハーフタイムショーを務める予定のレディ・ガガ(30歳)が、“ある一つの条例”を巡ってショーをキャンセルする可能性が出てきたと『ハリウッドライフ Hollywood Life』が報道し、ファンたちを不安にさせています。

    ◆米国内でも意見が二分する“トイレ法”とは?

     ガガ様が目くじらを立てている条例とはトランスジェンダーのトイレ利用に関するもので、テキサス州で現在審議中の通称“トイレ法”。
     これがもし可決されれば、テキサスの公立学校ではトランスジェンダーの生徒は
    「生まれた時の性別に応じてトイレやシャワールーム、ロッカー室を利用しなければならない」と定められてしまいます。

     実はアメリカでは昨年、オバマ政権が「トランスジェンダーの人々の意思を尊重し、
    彼らが自分で選んだ性別でトイレを利用できるようにするべきだ」とする指針を発表、
    以来、公立学校や商業施設を中心にその動きが徐々に広まってきているのです。

     実際に筆者が勤めている大手スーパーマーケットもこの指針を支持しており、顧客・従業員ともに「生まれた時の性別」ではなく「自認する性別」でのトイレ利用が可能となっています。

     同僚の中には女性として生きることを選んだトランスジェンダーのスタッフもいますが、彼女はもちろん他の女子に混じって女子用トイレに入っていきます。
     日本でも最近ではLGBTに関する理解が深まっているようですが、まだここまでは進んではいないはず。

    「さすが自由の国、アメリカ!」と感激してしまいそうですが、その反面、政府の打ち出した指針に批判的な意見を持つ州や企業も少なくはないようで、まだ手放しでは喜べないというのが現状です。

    http://stat.news.ameba.jp/news_images/20170114/09/3b/Tl/j/o01880169dreamstime_xs_59710457-e1484282020912-188x169.jpg
    o01880169dreamstime_xs_59710457-e1484282020912-188x169

    http://news.ameba.jp/20170114-162/

    【レディー・ガガ、トイレ法に反対で出演キャンセル。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/11/08(火) 17:03:37.06 ID:CAP_USER9
    世界的な人気歌手のレディー・ガガが最新アルバムのプロモーションで来日。11月4日には「NEWS ZERO」(日本テレビ系)に生出演し、その様子があまりに自然すぎると話題になっている。
    黒系のシックなスーツに身を包んだガガは、番組の冒頭で司会者の村尾信尚らとともに深々とお辞儀。カメラ目線でほほ笑む様子は、
    ラルフ鈴木や市川紗椰のようなハーフ系キャスターかと勘違いしそうなほど、しっくりとハマっていた。

    ところがここでのインタビューがお粗末だったと、ガガファンの不興を買っているのである。その内容は村尾が「およそ2年ぶりの来日ですけど、久しぶりの日本はいかがですか?」と訊いたものだが、
    ガガの答えに対する通訳があまりに雑だったというのだ。テレビ誌のライターがあきれ顔で説明する。

    「この質問にガガは、それなりの長文で回答。ところが通訳は、『2年ぶりに日本に戻ってこれて嬉しいです』との一文にまとめてしまったのです。しかもガガ自身は“2年ぶり”とは口にしていない有様。
    もはや、台本にそう書いてあったのではと疑うほどの適当な訳と言わざるを得ませんね」

    ちなみにガガがしゃべった全文は以下の通り。この回答から、先ほどの日本語にどうやって“超訳”するのか、たしかに謎である。
    せっかく世界の大物をゲストに呼んだからには、しっかりと内容のあるインタビューをお願いしたいものだ。

    【レディー・ガガの回答】

    I love to be here, I’m so happy to be back. It’s amazing, and I miss my fans. Thank you for having me here on this show, such an honor.

    日本が大好きで、戻ってこれてとても嬉しいです。本当に素晴らしいことですし、私のファンに会えなくて寂しかったです。この番組に呼んでいただき有難うございます。とても光栄です。

    http://dailynewsonline.jp/article/1224619/
    2016.11.08 15:45 アサジョ

    http://image.dailynewsonline.jp/media/9/3/93648dd08c3034eec84380ef03743999b0ece76f_w=666_h=329_t=r_hs=a6b81ede2b4d79aac30926562f6e35f6.jpeg 
     93648dd08c3034eec84380ef03743999b0ece76f

    【レディー・ガガに失礼!「NEWS ZERO」生出演の通訳があまりに適当すぎる。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/10/26(水) 04:51:27.19 ID:CAP_USER9
    レディー・ガガの緊急来日決定「早く日本のファンの皆さんに会いたい」
    2016/10/26 04:00

    レディー・ガガが、2016年10月21日に世界同時発売されたニューアルバム『ジョアン』
    のプロモーションのため、来週緊急来日することが明らかとなった。

    世界70の国と地域のiTunesトップアルバムランキングで1位を獲得した今作。
    ここ日本では、大女優・桃井かおりが出演しているアルバムCM動画や、
    東京メトロ銀座線で走行中の“ガガ・トレイン”も話題となっている。

    来日は2014年8月に行った【ArtRave: The ARTPOP Ballツアー】以来ということもあり、
    ガガは「早く日本のファンの皆さんに会いたくてたまらないわ。」とコメント。
    過去には日本語の書かれた白いバーキンを持っていたり、緑のロングコートを着用するなど
    毎回話題になる“空港ファッション”にも注目だ。


    ◎ニューアルバム『ジョアン』
    2016/10/21 RELEASE


    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000043/43513/image.jpg
    image

    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000043/43513/sub_image97830.jpg
    sub_image97830

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/43513/2

    【レディー・ガガの緊急来日決定。「早く日本のファンの皆さんに会いたい。」 】の続きを読む

    ダウンロード (9)


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/28(火) 23:50:52.61 ID:CAP_USER9
    朝日新聞デジタル 6月28日(火)22時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000068-asahi-int
     AP通信によると、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と米人気歌手レディー・ガガさんが26日、
    米インディアナポリスでの討論会で意見交換した。これに対し、中国政府は強い不快感を示している。

     APなどによると、ダライ・ラマは、ガガさんらと人種や性的指向などによる社会の断裂といったテーマで話し合ったという。

     ガガさんは27日、自身のフェイスブックにダライ・ラマと一緒に納まった写真も掲載。コメント欄には、
    「よくやった」などと称賛する声が多いが、中国系とみられるユーザーから「これで中国に来られなくなった」
    「ダライ・ラマは『イスラム国』(IS)のテロリストと同じだ」など厳しい批判も殺到している。

    【中国政府がダライ・ラマとの対談をしたレディー・ガガに不快感。】の続きを読む

    images


    1: Egg ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/20(土) 17:26:57.43 ID:CAP
    ソロアーティストの気まま、わがままを遠慮もなくさらしたのは、米歌手のマドンナ(57)。
    来日公演が2時間遅れてスタートしたと報じられた翌日、都内の百貨店でイベントに出演するも「1時間遅れで登場し、わずか4分で引っ込みました」とカメラマン。

    表向きの理由は「取材のため」だったが、「食事を優先させ、時間に遅れたようです。
    人を待たせることは、人の時間を奪うこと。海外ではライブの遅延は当たり前。車でライブに行く人が多いから成立する。
    でも日本は違う。終電に間に合わない客もいた。そのあたりまでマネジメントしてくれないと」とウェブ媒体記者。

    同じ歌姫でも、親日家のレディー・ガガ(29)は時間を守る人とメディア受けがいい。
    ルーズなスケジュールで行われた会見が映し出すのは、時間の遅れではなく、アーティストの時代遅れ感だ。 (業界ウォッチャーX)

    夕刊フジ / 2016年2月20日 17時9分
    http://news.infoseek.co.jp/article/20fujizak20160220011/

    【“遅刻魔”マドンナは時代遅れ!? 時間を守るレディー・ガガ。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/17(土) 01:51:58.59
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000001-nksports-ent
    レディー・ガガ(29)が米音楽誌「ビルボード」10月24日号で、日々、うつ病や不安と闘っていることを明かした。
    12年、10代の若者たちを救うための非営利団体「ボーン・ディス・ウェイ財団」を設立しているガガは、
    携帯電話やインターネットを利用する若者たちが、社会でますます孤立するようになっていることを懸念。
    「若者たちはネットで、憎悪に満ちたたくさんの言葉を読む。インターネットはトイレそのものよ。
    昔は素晴らしい情報源だったけど、今はいいものを探すのに苦労しなくてはならない」と、ネット社会を批判した。

     若者たちに、苦しんでいるのは彼らだけではないことを知らせ、助けたいというガガは、
    「生涯にわたり、うつ病や不安に苦しんできたし、今でも毎日、苦しんでいる。私はただ若者たちに、
    人間として感じるそういった深い苦しみは、普通のことなんだと知らせたいの。私たちはそんな風に生まれついたのよ。
    皆が皮相的で、つながりがないというのは、現代社会の問題よね? これは人間的じゃないわ」と語った。

     ガガは昨年2月にも、「ハーパーズバザー」誌で、数カ月間にわたり深く落ち込み、
    希望の光が見えなかった時期があったことを告白。「13年の終わりに、重度のうつ病になった。
    人々と争うことに疲れ果ててしまったの。怒り、皮肉屋になり、行く先々で、いかりに引っ張られているような、
    深い悲しみを抱いていたわ。もうこれ以上、争うのがイヤになった。またもう一人、
    私にウソをつく人から自分を守るために、闘う気にはなれなかった」と振り返っていた。

    【レディー・ガガ告白「毎日がうつ病、不安との闘い」】の続きを読む

    このページのトップヘ