メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 臼羅昆布 ★ 2020/03/09(月) 14:08:50.56 ID:kJIdJM989
    2020年 3月9日 13時58分
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0309/spn_200309_0951560055.html

    お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬(46)が9日放送のフジテレビ系「バイキング」(月?金曜前11・55)に生出演。
    覚せい剤取締法違反(所持)罪などで起訴され、6日に保釈された歌手の槇原敬之被告(50)についてコメントした。
    「世界に一つだけの花」など数々のヒット曲を作詞作曲してきた槇原被告。
    吉田は「槇原さんの好きな歌はいっぱいあるけど、薬がキマっている時に思いついた曲だったら嫌やなという不安感はある」と率直に話し、
    「薬キマっていた時に思いついた曲は正直に言ってほしい」と呼びかけた。
    MCの坂上忍(52)は吉田のコメントに「けっこう核心。(薬物で)イッちゃってる時に書いた曲だったら、受け止め方が変わっちゃう人がいることも確か」とうなずいていた。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0309/0951560055/spn_spnbiglb-20200309-0135-001-p-0_thum800.jpg
    spn_spnbiglb-20200309-0135-001-p-0_thum800

    ブラックマヨネーズ 吉田敬

    【ブラマヨ吉田、『槇原敬之』被告の作品に不安感。坂上忍「けっこう核心。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: Egg ★ 2020/02/17(月) 16:34:07.47 ID:nnDEdq/x9
    歌手の槇原敬之容疑者(50)が2月13日、覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。また、危険ドラッグに指定されているRUSHを所持していたとみられている。槇原容疑者は、1999年8月にも覚せい剤所持で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

     有名人が不祥事を起こした際、頻繁に話題となるのが「復帰の時期」だ。槇原容疑者が前回逮捕された時は、逮捕から約1年3か月後にアルバムをリリースし活動を再開。執行猶予期間中のことだった。

    「どういった不祥事を起こすかにもよりますが、少なくとも1年は活動を休止し、長ければ2~3年は表舞台に出られないことが多い。また、全体的な傾向として、俳優やテレビタレントに比べて、ミュージシャンの活動休止期間は短いと言われています。俳優などの場合は、復帰できないケースもありますが、ミュージシャンの場合は比較的復帰しやすいです」(音楽業界関係者)

     大麻所持で逮捕された井上陽水(懲役8か月、執行猶予2年有罪判決)や長渕剛(起訴猶予処分)など、薬物の不祥事を経て、第一線に復帰しているミュージシャンは多い。エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

    「ミュージシャンの場合、“罪を犯してしまったことは悪いが、作品には罪はない”と考えるファンが多く、復帰しやすい状況があると言えます。作品を作ってファンを楽しませることこそが、社会貢献になるという側面もあるので、周囲もサポートしやすい。また、ミュージシャンは基本的に誰かのオファーを待って仕事をするのではなく、自ら楽曲を制作し、ライブを行うという自発的な活動であることも、復帰しやすい一因です。

     俳優やタレントの場合、自分が復帰したくても、出演依頼がないとどうにもならない。不祥事でイメージダウンしてしまうと、なかなかオファーもこないので、復帰が難しいんです。でも、ミュージシャンなら、自分ひとりで弾き語りライブをすることもできるし、インディーズで作品をリリースすることもできる。フットワークが軽い活動ができるので、ミュージシャンは復帰しやすいと言えますね」

    2/17(月) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00000020-pseven-ent

    【『槇原敬之』早期復帰も?ミュージシャンが許されやすい背景。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2020/02/13(木) 17:14:12.76 0
    テレビ速報!!!!!

    10: 名無し募集中。。。 2020/02/13(木) 17:16:15.61 0
    まじかああああああああ
    https://pbs.twimg.com/media/EQpDbXbUwAA-5G7.jpg 
    EQpDbXbUwAA-5G7

    【『槇原敬之』覚醒剤所持で再逮捕。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: muffin ★ 2020/01/26(日) 19:28:03.85 ID:F8UjaDva9
    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/L5GHHFk00Q.html?showContents=detail

    木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。1月のゲストには、シンガーソングライターの槇原敬之さんが登場。1月26日(日)の放送では、音楽談議をしたほか、槇原さんにとっての“人生の1曲”を教えてもらいました。

    ◆槇原敬之“人生の1曲”は?
    最後は、毎回、番組ゲストに挙げてもらっている“人生の1曲”のコーナー。槇原さんが挙げたのは、“YMO”ことYELLOW MAGIC ORCHESTRAの「NICE AGE」。

    選曲理由について、「僕が“ポップスの世界に行こう!”と思ったきっかけが、YMOだったんです。もともとは歌うんじゃなくて、インストゥルメンタルでやりたいと思っていたんですけど、そこにオフコースや大江千里さんとか、いわゆる日本のポップスが入ってきて……“YMOと日本のポップスを合体させたような音楽を作りたい!”って始めて、今に至るんです。だからYMOは外せなくて」と語ります。

    この曲との出会いは、槇原さんの“いとこ”がきっかけだったそう。「ピアノをやっていて、だんだんシンセサイザーに興味を持ち始めたころに、いとこが『お前、そんなにシンセサイザーが好きやったら、YMO聴いたらええねん』って。

    『YMOって何?』って言ったら、『お前、ピコピコしたんが好きやろ?』って(笑)。いとこが結局言いたかったのは、YMOの『RYDEEN』のことだったんですけど、タイトルは知らなかったみたいで」と振り返ります。

    お年玉を握りしめてレコードを買いに行った槇原さんが手にしたのは、当時発売されたばかりのアルバム『増殖』だったそうで「針を落として聴いた曲が、この『NICE AGE』だったんですよ。思っていたよりもピコピコしていないけど“これだ!”って。

    そこから、のちに『RYDEEN』とかを聴いて“あぁ、これね!”ってなるんですけど、僕にとって記念すべきこの曲がズルズルとポップスの世界に入っていくきっかけになった1曲ですね」と話していました。

    【『槇原敬之』人生の1曲は『YMO』の「NICE AGE」。”ポップスの世界に行こう”と思ったきっかけに。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/26(土) 13:21:45.90 ID:5Dfb1lxW9
    槇原敬之と言えばこの1曲! 「なぜこんなすごい歌詞が書けるの」と驚くほどの名曲は
    2019年10月25日
    https://news.j-wave.fm/news/2019/10/1024-1-1.html


    J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。

    10月21日(月)~24日(木)は、槇原敬之を特集。槇原はデビュー30周年を迎えるこの10月、初のカバーベストアルバム『The Best of Listen To The Music』をリリース。この日の放送では視聴者から寄せられた「槇原敬之と言えばこの1曲」を紹介した。

    ■今の時代にこそ必要な槇原の歌詞

    ・『遠く遠く (~'06 バージョン) 』

    リスナーからのメッセージ:'06 バージョンというのがポイントです。この曲がリリースされた92年は、まだ生まれておらず、始めて聴いたのがこのバージョンでした。槇原さんの優しい歌声で歌詞を聴くと、
    嫌なことがあっても負けていられないぞっていう気持ちになれます。
    あっこゴリラ:この歌の歌詞はまさに本質。特に今の時代、マジで大事なパンチラインだと私は思います。

    ・『Hey...』(2008年リリースのアルバム『Personal Soundtracks』より)

    リスナーからのメッセージ:僕がこの曲を知ったのは、リリースの翌年のベスト盤で当時小学6年生。重めの曲だったのでスキップしがちでした。
    しかし、一昨年の4月、僕が大学2年に進級してすぐ、高校の同級生が自殺で亡くなってしまったのです。ちょうどベスト盤を聴き返した時期でこの曲が重なり、忘れられない曲になりました。今でもたまに彼女を思い出してはこの曲を聴いています。
    あっこゴリラ:曲の歌詞をぜひみなさん、チェックしてもらえたら嬉しいなと思います。

    ・『LOVE LETTER』(1996年リリースのアルバム『UNDERWEAR』より)

    リスナーからのメッセージ:夕暮れの田舎駅に一瞬でワープする、これぞマッキーワールドの真骨頂。サビの部分の歌詞の変化だけで主人公の気持ちが手に取るようにわかる。

    ・『Taking The Central Course』(2008年リリースのアルバム『Personal Soundtracks』より)

    リスナーからのメッセージ:「なんでこんなすごい歌詞が書けるんだろう?」と、心底やられたのがこの曲です。曲の主人公に一切自己投影や感情移入ができなかったとしても、その言葉だけで感情を揺さぶられます。
    優しく幸せな日常の歌もあれば、究極の片思いソングもあるし、でも、その全てが強さに裏打ちされた優しさにあふれていると思います。その強さはもしかしたら本当は辛く悲しい思いをしたからこそ生まれてくるものではないか、と思わされます。

    あっこゴリラ:これすごい曲ですね、この特集をやってきて、最後にとんでもない曲が。マッキーだなっていう感じがしますよね。マッキーって世代がちょっと上なんですが、いろんなことを繰り返して、乗り越えて生きて、
    歌を生み出し続けてくれているんだなと思って。これはすごい曲でした。

    それぞれの歌詞をかみしめながら、聴いてみてほしい。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    前スレ
    http://bintan.ula.cc/2ch/%E8%8A%B8%E3%B9%E3%9D%E9%9F%E5%A0%B1+/hayabusa9.5ch.net/1572011945/L
    2019/10/25(金) 22:59:05.42   湛然 ★

    https://www.youtube.com/watch?v=hXcuzhmuKSc


    槇原敬之 - 彼女の恋人


    http://shinchan.biz/player.html?video_id=sm16206640
    蛇口を止めて  M.ノリユキ(槇原敬之)&ユリッペ - 蛇口を止めて

    http://watchfreemusicpv.blog135.fc2.com/blog-entry-3167.html
    槇原敬之 「モンタージュ」

    【『槇原敬之』と言えばこの1曲。 ”なぜこんなすごい歌詞が書けるの”と驚くほどの名曲は。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: Egg ★ 2019/04/04(木) 09:30:52.16 ID:Pp1oKJgP9
    ■CD販売停止は1999年の槇原敬之の覚醒剤事件から

     元号が昭和から平成に変わった1989年6月、美空ひばりが死去し、政府から国民栄誉賞を贈られる。かつて家族の不祥事により公共施設から締め出された歌謡界の女王は、死して昭和を代表する国民的スターに祀り上げられた。

     同じ年の4月、横山やすしは、飲酒運転による事故を起こし、吉本興業からすべての契約を解除される。前月にタレントの長男の傷害事件による4カ月の謹慎からテレビに復帰したばかりだったが、謹慎中にも交通人身事故を起こすなど、不祥事を重ねた末の事実上の「懲戒解雇」であった。

     平成の30年間には、芸能界や音楽業界で清浄化が進んだ。芸能人と暴力団の関係についても規制が強まり、判明した場合は厳しく処分されるようになった。2011年には、タレントの島田紳助の暴力団関係者との交際が発覚し、本人がけじめをとって引退する。多くのレギュラー番組を持っていた大物だけに、その決断は衝撃を与えた。

     薬物事件で逮捕されたミュージシャンのCDの販売が停止されるというケースもあいつぐ。これは1999年の槇原敬之の覚醒剤事件を機に定着したものといわれる。このとき、CDの出荷停止と店頭からの回収を決めたレコード会社は「社会的活動を行っている当社が、反社会的不法行為を犯した槇原の商品を出荷するわけにはいかない」と説明した(『朝日新聞』大阪版1999年10月4日付)。

    ■結局は「商品イメージを傷つけないため」の行動

     不法行為ではないにもかかわらず、世間の批判を受けて活動を自粛するケースもたびたび起こった。

     2008年には、人気歌手のラジオ番組でのある発言がインターネット上で物議を醸す。これを受け、本人が公式ホームページで謝罪、所属レコード会社は活動自粛を発表した。しかし謝罪したことがかえって火に油を注いでしまう。スポンサー各社は出演CMを自粛、本人の掲載されている商品のHPも削除するなど対応する。テレビでも騒動後に放送された出演番組に抗議が殺到、これを受けてか別の番組が放送延期されるにおよんだ(『読売ウィークリー』2008年2月24日号)。

     インターネットの普及により、一般人の意見がより影響力を持つようになったがための現象だろう。スポンサーがすぐに出演CMを自粛したのは、そうした一般からのクレームをあらかじめかわし、商品イメージを傷つけないための行動ともとれる。商業上の理由による対応という意味では、方向性は違うものの、テレビ各局がたけしを事件後早々に復帰させたのと変わりはない。

    ■活動再開のきっかけは坂本龍一のクリスマスコンサート

     放言が原因の場合はともかく、警察沙汰を起こした芸能人が活動を自粛するのは、社会的影響を考えればやむをえないのだろう。活動自粛を余儀なくされた芸能人にとって、その期間は自分を見つめ直す契機なのかもしれない。ビートたけしは謹慎中、読書に明け暮れ、そこからのちの人気番組『平成教育委員会』につながるアイデアを得ている。

     不祥事を起こした歌手が、謹慎期間を経て、音楽業界の賞を獲得した事例もいくつかある。槇原敬之は覚醒剤事件で逮捕されてから4カ月後の1999年12月、懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決を受けた直後、坂本龍一のクリスマスコンサートにサプライズ出演して、事実上活動を再開した。

     本格復帰は翌2000年11月にアルバム『太陽』をリリースするまで待たねばならなかったが、その後、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」がヒットし、教科書にも掲載されるなど平成を代表する名曲との評価を得た。

     社会復帰できるかどうかは結局は本人次第と言ってしまえばそれまでだが、個人が責任を負うのにはやはり限界がある。所属事務所やテレビ局、さらには社会全体でバックアップしていく体制を整えることも必要だろう。とりわけ薬物に関しては、事件を起こした本人が治療の必要な場合も多いだけに、なおさらのはずだ。

    ■「教授の優しさを大切に受け止めたかった」

     ちなみに先述の槇原敬之の坂本龍一のコンサートでの復帰は、坂本が槇原に直接メールで出演を打診して実現した。槇原は10代のときから敬愛していた坂本に、このとき初めて対面したという。周囲のスタッフからは「常識を考えたら出るべきではない」と大反対を受けながらも自らの判断で出演を決めた彼は、その心境をのちに次のように明かしている

    4/3(水) 9:15配信 全文掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190403-00028222-president-soci&p=1

    【槇原敬之が覚醒剤事件から復帰できたワケ。CD販売停止は1999年の槇原敬之の覚醒剤事件から。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/15(金) 09:03:48.17 ID:27XS2JuX9
    今月13日、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)がコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。
    瀧容疑者は容疑を認めているというが、今後、瀧容疑者が芸能界に復帰する可能性はあるのだろうか。違法薬物の使用で逮捕歴のある芸能人の今をみながら考える。

    まず瀧容疑者は多数の映画・ドラマに出演する人気俳優であったが、今回の逮捕を受けて、瀧容疑者をCM起用していた建築材料・住宅設備機器大手のLIXILは、web上のCMなどのコンテンツを閉鎖、差し替えていく方針を公表した。
    また、セガゲームスは昨年12月に発売したPS4専用リーガルサスペンスアクション『JUDGE EYES:死神の遺言』について、<出演者であるピエール瀧容疑者が逮捕されたことは、大変遺憾なことと受け止めております>とコメント。
    当面のあいだ、当該製品の出荷及びDL販売、製品HP掲出等の自粛をすると発表している。

    現在放送中の大河ドラマ『いだてん?東京オリムピック噺?』(NHK)で瀧容疑者は、主人公の足袋をつくる足袋屋の店主を演じているが、こちらもHPやSNSから容疑者の写真が削除され、対応を検討中だという。
    また、公開を控える映画『麻雀放浪記2020』『居眠り磐音』にも出演しており、お蔵入りや撮り直しの可能性が高い。

    槇原敬之は覚せい剤所持で逮捕された1年後に復帰

    過去、違法薬物の使用や所持で逮捕されたタレントが、芸能界に復帰するケースはそれほど珍しくはなかった。
    俳優の岩城滉一は、1977年に覚せい剤を使用したとして覚せい剤取締法違反で逮捕されているが、当時出演が予定されていたドラマは降板となったものの、その後1年も経たないうちに映画に出演し、芸能活動を再開。
    その後もドラマ『北の国から』(フジテレビ系)で重要人物を演じるなど、現在もコンスタントに作品に出演し続けている。

    また、数多くのCDを発売し、音楽番組にも多数出演するシンガーソングライターの槇原敬之も、覚せい剤所持が発覚し逮捕された経験がある。
    槇原が逮捕されたのは1999年で、『NHK紅白歌合戦』にも出場するほどブレイクした後であったため、多くの人が衝撃を受けた。

    しかし執行猶予判決を受け翌年の2000年には活動を復帰し、アルバムを発売。

    2003年にSMAPに楽曲提供した「世界に一つだけの花」が大ヒットを記録し、2007年には『NHK紅白歌合戦』にも2回目の出場を果たしたのだった。

    彼らが早々に完全復帰を果たしたことは、テレビタレントやコメンテーターという立ち位置ではなかったことにくわえ、時代背景によるところが大きいだろう。
    インターネットにより消費者の苦情が可視化される現在では、スポンサーが慎重な判断を下すようになっている。

    酒井法子は復帰、押尾学の現在は再婚して父親に

    だが2009年に覚せい剤を所持・使用したとして逮捕された酒井法子は、この3月、テレビ東京系の歌番組に出演予定であり、すでに番組を収録。
    11年ぶりに地上波テレビでヒット曲を歌う姿が流れる。事件以前のような活動をすることは難しくとも、芸能活動自体は継続できる。

    また酒井法子は2011年に中国禁毒大使に抜擢され、中国でさまざまなキャンペーン活動を行うことに。
    2013年には中国最大の検索エンジン「百度」のファッションの賞「アジア最注目女優大賞」を受賞するなど、現在も中華圏で根強い人気を獲得している。

    一方、酒井法子と同時期に逮捕された押尾学はテレビからは完全に姿を消した。

    酒井法子と同じく2009年夏、合成麻薬MDMAを女性と共に服用し、様態が急変した女性を放置したとして保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕された押尾学は、役者としての活動はもうしていない。

    事件後は妻であった女優の矢田亜希子と離婚し、懲役2年6カ月の実刑を終え2014年に仮釈放されるも、芸能界復帰をすることはなかった。しかし、現在は再婚。
    押尾はインスタグラムを開設しており、ミュージシャンとしてステージに立つ姿や子育てをする様子をUPしている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1732126/
    2019.03.15 06:05 wezzy

    https://www.youtube.com/watch?v=hXcuzhmuKSc


    槇原敬之 - 彼女の恋人

    http://shinchan.biz/player.html?video_id=sm16206640
    蛇口を止めて 

    【槇原敬之は逮捕の1年後に復帰。コカインで逮捕されたピエール瀧の今後は。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/02/17(日) 12:33:07.71 ID:jV9wit3L9
    https://news.mynavi.jp/article/20190217-772693/
    2019/02/17 06:00:00

    シンガーソングライターの槇原敬之が、9日に東京・フジテレビ湾岸スタジオで開催されたトークイベント『久保みねヒャダこじらせライブ VOL.16』の夜公演に登場し、名曲の制作秘話を明かした。
    中略
    駆け出しの頃は、楽曲制作で隣人に迷惑をかけてしまい、槇原は「それで引っ越しは2回くらいしています」と苦労を回想。あの名曲「どんなときも」(1991年)を作っていたときに、隣から“ドン!ドン!”と壁越しに叩かれたことを明かすと、ヒャダインがサビ前の「ドンドン・ド・ドン」はそこから誕生したのでは?と妄想しはじめ、会場は爆笑となった。

    また、彼女の後をつけて浮気現場を目撃してしまったという衝撃ストーリーの「SPY」(94年)について、槇原は「実話なんですね…」と告白。「今となっては、この曲が生まれたので『ありがとうございます』なんですけど、書いていたときは結構恨み節でした(笑)」と、当時の心境を振り返った。

    楽曲制作は、いつも歌詞から考えるという槇原。「曲からは書けないですね。たぶん、ミュージシャンじゃないんだと思います」と発言して会場を驚かせたが、「詞を書いて、メロディーを乗せる仕事みたいな。形としては曲になってるんだけど、歌を作ってる感覚があまりないんですよね」と明かすと、同業のヒャダインは「楽しい!ヤバっ!」と貴重な話に終始ハイテンションだ。
    中略
    この模様は、フジテレビで23日(深夜3:00~4:00)に放送。次回のライブは、3月3日に同局湾岸スタジオで、昼・夜2公演で行われる。

    https://news.mynavi.jp/article/20190217-772693/images/004.jpg 
    004

    【槇原敬之、衝撃ストーリーの名曲「SPY」(94年)は「実話なんですね…」と告白。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: Egg ★ 2018/05/13(日) 10:11:53.84 ID:CAP_USER9
    歌手・槇原敬之(48)の個人事務所社長だった奥村秀一被告(42)の覚醒剤取締法違反における初公判が10日、東京地裁で行われた。
    奥村被告といえば、1999年に槇原が覚醒剤所持で逮捕されたときも、一緒に捕まっている。

    「奥村被告は過去に新宿2丁目のゲイバーで働いていたことがあります。それを槇原さんに見初められ、公私ともにパートナーとなったのです。
    99年に一緒に逮捕されたときは、同棲生活を送っていました」(スポーツ紙記者)

    逮捕直後はパートナー関係を解消すると話していた槇原。だが、2000年には再び同棲状態であることが報じられた。
    「奥村被告は06年に槇原の個人事務所の社長に就任しました。槇原にとって、奥村被告はそれだけ、かけがえのない存在なのでしょう。槇原が仕事の依頼を受けるかどうかは、奥村被告の一存にかかっていました」(レコード会社関係者)

    日刊ゲンダイはそんな奥村被告に“接触”したことがある。事務所を訪れると、ホスト風のガングロ茶髪のイケメンが現れた。それが奥村被告だったわけだが、いかつい風貌とは違って物腰は実に柔らかく、丁寧な応対だった。
    奥村被告と槇原は昨年くらいまで都内の湾岸エリアにあるマンションで同居していたという。数年前にはなんともほほ笑ましい姿が頻繁に目撃されている。

    「毎日お昼くらいですかね。槇原さんとパートナーらしき男性が5~6頭のフレンチブルドッグを連れて散歩するのが日課でした。本当に楽しそうに話しながら、ワンちゃんのフンなどをきちんと拾ってらっしゃいましたよ」(近所の住人)
    また、別のご近所さんはこんな姿も。

    「天気のいいときには、行きつけのオープンテラスのカフェで、お2人がランチをされている姿を何度かお見かけしたことがあります。ワンちゃんたちはカフェの入り口につないで。長年連れ添ったご夫婦みたいな、落ち着いた雰囲気がありましたね」
    個人事務所がある表参道付近では、こんな様子も目撃されている。

    「2、3年くらい前でしたけど、表参道を1本入った落ち着いたブティックで、槇原さんが男性と2人で洋服を買い物していました。2人は手をつなぎながら、
    “あれステキじゃない?”とか“これ絶対似合うよね~”なんて話しながら、ショッピングを楽しんでいました」(お店に居合わせた客)

    約6年前、ハワイの高級ホテルで2人と居合わせた客はこう話す。
    「槇原さんと男性がプールの中で、周りの目を気にする様子もなく、じゃれ合っていたのです。海外で解放感に浸っていたのかもしれませんが、目撃したこちらが恥ずかしくなる光景でした」

    裁判では、13年ごろから覚醒剤を使用していたことを検察に指摘された奥村被告。槇原は逮捕前の3月12日に解任していたことを明かした上で、
    「在職中から使用していたことに関しましては全く知り得ないことでした」と、事務所を通じてコメントを発表している。

    「過去に2人で薬物を使用し、逮捕されたことは紛れもない事実。しかも、公私ともに濃密な関係だったわけですから当然、槇原にも疑惑の目が向くことになるかもしれません。
    それだけに、今後は奥村被告としっかり“決別”できるかどうかがカギになってくるでしょうね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

    “どんなときも”一緒だったという2人。再度、薬物にまみれたパートナーとの関係をしっかり清算できるのだろうか……。

    ゲンダイ 5/13(日) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000009-nkgendai-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180513-00000009-nkgendai-000-view.jpg
    20180513-00000009-nkgendai-000-view

    【芸能】<歌手の槇原敬之さんが所属…>芸能事務所元代表が覚醒剤を使用したとして逮捕!起訴!
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525944701/

    【槇原敬之のパートナーがまた覚醒剤。気になる“同棲生活”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/03/12(日) 18:02:44.49 ID:+1CVIyDpM

    【槇原敬之さん、頭髪の冬がはじまる♪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/12/06(火) 07:39:29.68 ID:ETRjRp//p

    【槇原敬之、RADWIMPSの「なんでもないや」は素晴らしい。キャー!ってなる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/12/05(月) 17:51:59.21 ID:VGgbCXEop
    4日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で、シンガーソングライターの槇原敬之が、
    自作曲「SPY」(1994年発表)は浮気された実体験を元にしていると明かした。

    番組では槇原がゲストで登場し、自身の音楽観などを語っている中、「SPY」の歌詞について「あれは実話なんですね」と告白した。
    この曲の歌詞は、自分の彼女が他の男性と一緒にいる場面に偶然出くわしてしまい、スパイのように後をつけるという内容のものだ。

    なんでも当時の交際相手を不審に思い、槇原が後を追ったところ、浮気現場を目撃してしまったそうだ。さらに浮気相手が自身の友人だったこともあり、槇原は精神的にボロボロになってしまった。
    そのつらい気持ちをエネルギーに変えて生み出したのが、この「SPY」という楽曲なのだという。

    他にも実体験をもとにした曲は多数あるそうだが、槇原は「これぐらい実話なのって、この曲ぐらいかもしれないですね」と振り返っていた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12373630/

    【槇原敬之「恋人に浮気されたことがある。」】の続きを読む

    このページのトップヘ