メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > 薬師丸ひろ子

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/11/28(月) 07:18:06.53 ID:CAP_USER9
    離婚から約18年が経ち、あの元夫婦が雪解けを迎えていた──。芸能関係者がいう。

    「薬師丸ひろ子さん(52)と玉置浩二さん(58)が、最近になって和解したそうなんです。薬師丸さんの方から、玉置さんに連絡をしたそうですよ」

    1987年に玉置が薬師丸のシングル曲『胸の振子』を作曲した縁で急接近し、1991年に結婚。
    人気絶頂のアイドルとミュージシャンの結婚は、「大物カップル誕生」と大いに盛り上がった。

    しかし、結婚生活はわずか8年で終わりを迎える。薬師丸の34歳の誕生日パーティーの場で玉置が、「今日で別れます」と“離別宣言”したことが話題となった。

    お互いの道を歩むための「円満離婚」を強調したが、離婚の原因として「薬師丸の家族と玉置の不和」などが報じられ、現在まで「絶縁」が囁かれていた。

    両者のわだかまりは最近まで大きかったようだ。映画『今度は愛妻家』(2010年)での薬師丸の演技に玉置が感動し、〈一度は一緒になったってことを誇りに思えるような歌を作るからね。ごめんね〉
    というメッセージを書いた手紙を送ったところ、薬師丸からの返事はなかったと、玉置自身がインタビューで明かしている。

    そんな2人が、ここにきてなぜ和解と相成ったのか。前出の芸能関係者がいう。

    「薬師丸さんは今年で歌手デビュー35周年。それを記念して最近、映画音楽のカバーアルバム『Cinema Songs』をリリースしました。そこで、玉置さんの『コール』という曲をカバーしているんです。

    この曲は薬師丸さんの主演映画『ナースコール』(1993年)の主題歌。当時、夫婦だった2人にとっては思い出深い曲です。
    今回のアルバムはすべて薬師丸さんの自選曲で、薬師丸さんはこの曲がアルバムに欠かせないと考えカバーするにあたり薬師丸さんの方から玉置さんに歩み寄ったそうですよ」

    この20年ぶりの「雪解け」について薬師丸のマネージャーは「全曲、版元に許諾を戴きました」と回答した。

    離婚から約18年後の“ラブコール”。なんにせよ、名曲「コール」が2人を再びつないだのである。

    ※週刊ポスト2016年12月9日号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161128-00000006-pseven-ent


    NEWS ポストセブン 11/28(月) 7:00配信

    https://www.youtube.com/watch?v=CxaU3fgjSuM 

    薬師丸ひろ子 素敵な恋の忘れ方

    https://www.youtube.com/watch?v=JD3gpHHmcWY

    薬師丸ひろ子  時代

    【薬師丸ひろ子、元夫・玉置浩二と「18年目の和解」の真相。】の続きを読む

    images


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/07(水) 17:36:09.31
    2014年12月16日&17日に東京・六本木のビルボードライブ東京で開催された<薬師丸ひろ子 Premium Acoustic Night 時の扉~Look For A Star~>の模様を収めたBlu-ray、DVDが本日発売された。

    このプレミアムライブは、2日間計4公演のみ行われ、そのチケットは発売と同時に即完売となった。
    このライブを体感できたファンはわずか1,200人。よって多くのファンから映像化が望まれていた公演だ。

    当日は、ピアノ、ギター、ベース、バイオリンのアコースティック4人編成バンドで薬師丸ひろ子が歌うという、スペシャルステージであった。
    オープニングは、12歳当時のピアノ発表会を再現しながら、本人のピアノ演奏でスタート。そして、「仰げば尊し」「故郷」「黄昏のビギン」「冬の星座」、
    ヒット曲「メイン・テーマ」「Woman“Wの悲劇”より」「探偵物語」「セーラー服と機関銃~ノスタルジア・バージョン~」、
    アンコールでは「夢で逢えたら」など全14曲が熱唱された。

    途中、ステージ後方のカーテンが開いて、東京の夜景とイルミネーションが一望できるシーンもあり、
    大きなコンサートホールでは体感できない観客と至近距離のライブハウスならではの演出で、“歌手・薬師丸ひろ子”の魅力を存分に発揮する内容であった。

    そんなパフォーマンスの待望の映像作品の発売に伴い、この作品から代表曲の一つ「Woman“Wの悲劇”より」の映像も本日からYouTubeで配信されている。

    ◇薬師丸ひろ子 - Woman“Wの悲劇”より(『Premium Acoustic Night 時の扉~Look For A Star~』から)
    http://youtu.be/NyyeNb_i724



    なお、今回の映像作品のジャケットは、数々の雑誌、書籍、広告、webの他、服飾ブランドとのコラボレーションも手がける、イラストレーターの大橋美由紀によるもので、ライブの雰囲気を見事に表現している。

    また、大阪・オリックス劇場、東京・Bunkamuraオーチャードホールで来週開催される<薬師丸ひろ子 コンサート2015>のチケット約7,000枚は即日ソールドアウトを記録している。
    来年2016年は、歌手デビュー35周年を迎える薬師丸ひろ子。歌手としての活躍にも注目したい。


    ◆BARKS.jp
    http://www.barks.jp/news/?id=1000120415

    【薬師丸ひろ子、初のライブハウス公演が映像化。圧巻の「Woman“Wの悲劇”より」も公開。】の続きを読む

    このページのトップヘ