メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > ザ・タイガース

    images (1)


    1: muffin ★ 2018/11/11(日) 12:16:41.30 ID:CAP_USER9
    http://bunshun.jp/articles/-/9604
    11/11(日) 7:00

     沢田研二(70)のコンサート“ドタキャン”騒動も一段落するなか、ポール・マッカートニー(76)が1年半ぶりに来日。10月31日より公演をスタートさせた。

     ポールの“ヒット曲大盤振る舞い”を見るにつけ、「昔の曲は歌わない」主義の沢田に思いが及んだ――と語るのは音楽記者。

    「ポールが披露した36曲のうち、21曲はビートルズ・ナンバー。『イエスタデイ』の前奏が始まっただけで会場は割れんばかりの歓声。ビートルズ以降の楽曲もたくさんあるのに、やはりポールは観客が何を求めているのか知り尽くしている。それが7度目の来日でも東京ドームを満員にできる理由でしょう」

     同日、小田和正(71)も全国ツアーの締めくくりとして、横浜アリーナに1万2000人のファンを集めた。

    「91年のダブルミリオンヒット曲『ラブ・ストーリーは突然に』を歌うのはお約束。60年代のフォークトリオ、ピーター・ポール&マリーの楽曲の弾き語りではオールドファンが感涙。オフコース解散後、30年近くにわたりコンサート活動を続け未だに動員が衰えないのは、観客が聴きたい曲を昔と変わらない声で歌うからこそ」(音楽関係者)

     期せずして、コンサートに臨む姿勢の違いが歴然となった70代の大物たち。

    「ポールのように、観客のニーズにストレートに応えるのもプロなら、キラ星のごとき昔のヒット曲は2、3曲程度しか歌わず、“過去に依存しない”という美学を貫くジュリーもまたプロ。チケットが売れなかったからドタキャン、はどうかと思いますが、ファンも、そんなジュリーの“意地”にこそ、文句を言いながらもついていっている」(芸能デスク)

     今夏、オーケストラをバックに自らの曲を再解釈して聴かせるという趣向で全公演を完売させた玉置浩二(60)のように、“温故知新”路線で健在ぶりを示す歌手もいる。

    「新曲を歌いたい歌手と、昔の曲を聴きたいファンの間のミスマッチは、いわば永遠のテーマ。ニューミュージック黄金期を担ってきた大物たちが今後、どのような道を選ぶのか、興味深い」(同前)

     迷いなんてどこ吹く風。彼らにとっての神様・ポールは、今日も今日とて“イエスタデイ”で喝采をさらう。

    週刊文春 2018年11月15日号
    http://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/c/7/-/img_c755d5c359503e6d9fd3e796537cf676140535.jpg 
    img_c755d5c359503e6d9fd3e796537cf676140535

    【沢田研二と何が違う? ポール・マッカートニーと小田和正の集客が衰えない理由。】の続きを読む

    images


    1: Egg ★ 2018/10/28(日) 20:34:44.33 ID:CAP_USER9
    10月17日に予定されていたさいたまスーパーアリーナでのコンサートをドタキャンし、非難を浴びている沢田研二。その理由が「客入りが悪かったから」と報じられたことで、プロ意識がない、ファンをなめているといった集中砲火を浴びている。この一件で肝心の沢田ファンはどう思っているのだろうか?

    「沢田の目論見よりは少なかったとはいえ、会場には7000人ものファンが集まっていました。それが突然、『契約上の問題』というあいまいな理由で開催中止になったら、普通なら暴動寸前の大パニックになりそうなもの。ところが会場ではおろおろするオバサマたちの姿こそ見られたものの、激怒して大騒ぎするような姿はほとんどなかったのだとか。むしろ、本当は体調の問題ではないか、変な契約トラブルに巻き込まれたのではないかと、沢田の身の上を心配する人も少なくなかったそうです」(芸能ライター)

     そしてネットでも、外野からは様々な批判が飛んでいるものの、当の沢田ファンからは不満を表明するような書き込みはほとんど見られないようだ。沢田本人の高齢化に伴ってファンのほうも年齢が上がっており、アクティブなネットユーザーが少ないという事情もあるが、数少ないファンの投稿を見ると、むしろ沢田を擁護する声のほうが多いというのである。

    「ファンからはツアーのラストを飾る日本武道館スリーデイズに向け、『みんなの力で超満員にしよう!』といった応援の声が続々とあがっています。また、来年1月5日と2月7日に埼玉県・大宮ソニックシティでの代替公演開催が決まりましたが、公演中止から5日目の発表とあって『対応が早い!ファン想い!』と評価する声もあるほど。世間の反応とは異なり、ファンの気持ちはむしろ『雨降って地固まる』のようです」(前出・芸能ライター)

     一部には今回の公演中止に「炎上商法」との見方もあるが、最も燃え上がっているのは沢田ファンの熱い「ジュリーラブ」なのかもしれない。

    アサ芸プラス2018年10月28日09時59分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_114799/

    【”沢田研二ドタキャン騒ぎ”にファンはほとんど怒っていないって?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★ 2018/10/20(土) 01:17:54.13 ID:CAP_USER9
     歌手の中尾ミエ(72)が19日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にコメンテーターとして生出演。後輩で歌手の沢田研二(70)が、17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を急きょ中止したことについて言及した。

     沢田がドタキャンしたことについて「7000人しか集まらなかった」などと話した事について、中尾は「ぜいたく言ってんじゃないわよ」と一喝。続いて「70歳のじじいの歌に7000人も集まってくれたんだから。ありがたいと思わなきゃ。意地があるっていうなら、もっと痩せろ。痩せたらまだ見られる、いい男だもの」と意見した。

     ゲストのドラム奏者・村上“ポンタ”秀一(67)は「沢田さんらしいと言えばらしいけど。観客が0ならまだしも、1人でもお客さんがいたらやるでしょ」と語った。

     沢田は18日に横浜市内で取材に応じ、中止の理由について、事前に所属事務所とイベンター(チケットを販売し、ライブを制作する会社)から観客数が9000人と聞いていたが実際は7000人で、自身が求める満員にほど遠く、意地として中止を決断したと説明。開演前に会場から帰ったと明かし、「僕の実力不足。申し訳ございません」と謝罪した。

    10/19(金) 18:08配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000106-sph-ent
    ★1 2018/10/19(金) 19:37:25.45
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539953325/

    【中尾ミエがジュリーを”一喝”。「ぜいたく言ってんじゃないわよ。意地があるならもっと痩せろ。」 村上“ポンタ”秀一「1人でもお客さんがいたらやるでしょ。」】の続きを読む

    images (2)


    1: ばーど ★ 2018/10/19(金) 12:24:07.02 ID:CAP_USER9
    歌手の沢田研二さん(70)が10月17日、全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を開始直前に中止した。沢田さんは理由として、観客数が9000人と聞いていたが7000人であったこと、死角でもない席が潰されていたことを挙げた。

    沢田さんは以前からイベンターや事務所に「ライブをやるなら客をいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ」と言っていたという。自身に同会場でライブをやる実力がなかったとも述べているが、

    「約束を破っていながらスカスカの状態でやれというのは僕には酷だと。それは老人虐待にも通じることじゃないのって」

    と発言し、各紙が報じた。これに対してネット上では批判的な声が上がっている。タレントのフィフィさんと乙武洋匡さんも19日、自身のツイッターで思いを述べた。

    乙武氏「スーパースターにしかわからない境地なのかもしれない」

    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2018/10/181019ff1.jpg
    181019ff1

    フィフィさんは「やるからには満員にして欲しい。スカスカの中でやらせるとか、老人虐待に通じるものがある」という発言に対して、「虐待されたのはファンだよね」とツイートした。これに対してリプライ欄には、

    「虐待という表現残念です。自分の事しか考えていないし、やりたくないのにやらされてるようにも受け取れる」
    「ガッカリしました。遠方からのファンは、飛行機代もホテル代も全部返ってこないのに」

    など沢田さんに厳しい声が相次いだ。一方、「チケットが売れてないのは随分前から分かってたことで、イベンターが事務所と本人に進捗を相談して進めてればこんなことにはならなかったんじゃないのか」など、批判されるのは沢田さんだけではないという声も寄せられた。

    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2018/10/181019ot.jpg
    181019ot

    乙武さんもツイッターで「スーパースターにしかわからない境地なのかもしれないですね。だけど、集まった7000人の気持ちはどうなるのかなあ」と投稿。さらに、

    「いまの私には、応援していただけることのありがたみが本当に身に沁みる。転落してみて、つくづくそう感じる」

    と自身を振り返った。乙武さんは2011年、複数女性との不倫スキャンダルが発覚。しかし今年10月、車椅子のホストを主人公にした『車輪の上』を刊行し、改めて注目されている。

    2018.10.19
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=61023

    関連スレ
    【歌手】沢田研二が自ら中止の理由を説明「客席が埋まらなかったから」「僕にも意地がある」 「ファンに申し訳ない」と謝罪★11
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539918367/

    【沢田研二「スカスカの状態でやれというのは老人虐待。」 → フィフィ「虐待されたのはファンだよね。」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2018/10/18(木) 18:10:26.03 ID:TShT2JeY0● BE:842343564-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    沢田研二が自ら中止の理由を説明「客席が埋まらなかったから」「ファンに申し訳ない」と謝罪
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000109-sph-ent

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181018-00000109-sph-000-9-view.jpg
    20181018-00000109-sph-000-9-view

    17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を開場直前で突如中止し、騒動となっていた歌手の沢田研二(70)が18日、横浜市内の自宅近くで取材に応じ、経緯を説明した。

    【写真】突如、公演中止を知らせる貼り紙に騒然となった会場

     午後4時10分すぎ、報道陣約10人の取材に応じた沢田は「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。ファンに申し訳なく思ってます。責任は僕にあります。これから取り戻せるようにできるだけしていきたい」と頭を下げて謝罪した。

     同ライブは17日午後5時開演予定だったが、同4時頃に急きょ中止がアナウンスされ、会場入り口に貼られた紙には手書きで「契約上の問題が発生した為」と理由が記された。すでに観客が集まっており、会場周辺は大混乱となった。

     沢田は中止の理由について「動員に関する契約上の問題だった」と説明。同会場は客席が可動式で、規模によって約1万人から最大で3万7000人まで収容可能。
    開演前に所属事務所、イベンター会社から集客状況について「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」と知らされた。本番前のリハーサル時、観客が座れないように客席がつぶされているブロックが目立ったことに腹を立てた。

     沢田は「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる。僕にも意地がある」と自身が中止を決断したことを明かした。
    開場時間の午後3時半まで事務所、イベンター会社から予定通り開催するように土下座で懇願され、押し問答となったが、最後まで首をたてに振らなかった。
    「今回はできませんと1分でも早くお客さんに伝えてほしかった。僕が帰らないと収まらないならと、3時45分くらいに帰った」と説明した。

     また、17日の公演は振り替え公演を実施する方向で事務所、イベンター会社と話し合いを進めていることも明かした。

    【カーネル・サンダースが『沢田研二』公演ドタキャンの理由を代理で説明し謝罪。「客が埋まらなかったから。」】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: ひかり ★ 2018/10/17(水) 18:34:28.71 ID:CAP_USER9
     歌手・沢田研二(70)が17日、さいたまスーパーアリーナで午後5時から予定していた公演「沢田研二 70YEARS LIVE『OLD GUYS ROCK』」が急きょ
    中止となった。同所の管理会社が認めた。

     会場スタッフは、困惑する来場者に向け「重大な契約の問題が発生したため、主催者、所属事務所が協議を重ねた結果、本日の公演は中止とさせて頂くことになりました」と説明。

     来場客はツイッターで「本日の公演は契約上の問題が発生した為、中止とさせていただきます。ご来場いただきましたお客様におきましてはご迷惑をお掛けいたしまして、
    大変申し訳ございませんでした」との掲示を投稿。ファンは「ドタキャン、中止かよ!」「まさかの中止」「勝手にしやがれ!」など突然の発表に困惑している様子を投稿している。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000117-sph-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181017-00000117-sph-000-8-view.jpg 
    20181017-00000117-sph-000-8-view

    【沢田研二のコンサートが急きょ中止に。】の続きを読む

    images (1)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/01/24(水) 13:44:27.53 ID:CAP_USER9
    NHK紅白歌合戦「沢田研二」がトリを嫌がった理由
    2018.01.24
    https://smart-flash.jp/entame/32616?sp
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2018/01/24100325/sawada_kenji_1.jpg
    sawada_kenji_1

     年末のテレビといえば『NHK紅白歌合戦』と『日本レコード大賞』(TBS)。この2つの番組が、本当に輝いていた時代があった。1963年の『紅白』は、81.4%のテレビ史上最高視聴率。まさに、観ないと年を越せなかった。

     1978年、『紅白』の歴史を変える出来事が起こった。史上初めて、両軍のトリをポップス歌手が務めたのだ。
    紅組は『プレイバックPart2』の山口百恵。そして白組は『LOVE(抱きしめたい)』を歌った沢田研二(69)だった。

     当時マネージャーだった森本精人氏(現在・芸能事務所メリーゴーランド代表取締役)が振り返る。

    「皆さん大トリを名誉に感じると思うんですけど、沢田は嫌がりましてね。というのも、大トリは歌っている後ろに、途中から出場歌手全員が出てきて勢揃いして応援するでしょう。

     沢田は『俺はアーティストとして、自分の歌を歌い切りたい。出演者全員が並ぶ前で歌うのは、茶化されるようでどうしても嫌だ』って言うんです。

     結局、ほかの歌手の方は横のサブステージに並んでいただき、カメラが引いたら全員見えるような演出にしてもらいました。『紅白』で、大トリを嫌がったのは沢田だけじゃないかと思います」(森本氏)

     その前年には、『勝手にしやがれ』でレコード大賞を受賞していた。

    「帝劇での『レコ大』が終わって、5分くらいのニュースの時間に、『紅白』のNHKホールに向かう。
    迎えのハイヤーに飛び乗って、霞が関から高速に乗って、代々木出口で出て、ホールに5分で着かせるのがマネージャーの腕でした。よくパトカーで先導とかいうけど、都市伝説ですよ(笑)」(同前)

    (週刊FLASH 2018年1月2・9日合併号)

    【沢田研二が紅白大トリを嫌がった理由。「アーティストとして、歌を歌い切りたい。」 パトカーで先導は都市伝説。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 12:23:11.26 ID:CAP_USER9
    明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった 作詞家売野雅勇氏明かす
    2017.8.29(Tue)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/29/0010504728.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/08/29/Images/f_10504740.jpg
    f_10504740

    売野雅勇氏

     作詞家の売野雅勇氏が27日放送のBS朝日「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」に出演し、売野氏が作詞した歌手・中森明菜のヒット曲「少女A」が、実は沢田研二のために原曲を書き下ろしていたことを明かした。

     「少女A」は売野雅勇作詞、芹澤廣明作曲で1982年7月に明菜の2枚目のシングルとしてリリースされ、大ヒット。明菜はこの年の新人賞を総なめとした。
     売野氏は書き下ろした経緯について、「アルバムの曲を集めているから」とスタッフから言われ、明菜には直接会うことはなく、明菜のチラシを1枚もらって書き上げたという。

     当時について「アイドルの人に書くのは初めてだったが、売れるとも思っていなかったし、そんなに書きたい訳じゃなかった。
    書くんだったら変わったものを書きたいなというコピーライター的な本能があって、まず少女Aというタイトルが出来てから書いた」と振り返った。
     コピーライターから作詞家に転身した売野氏は「新聞を見ていて、少女Aってこういうのがタイトルだと面白いだろうなと思った。それが事の始まりというか、勝因。
    最初は違う曲が付いていたが、詞だけが生き残って、いまみなさんが知っている少女Aのメロディーが付いた」と説明した。

     詞の内容については、映画「ベニスに死す」を原点として以前、沢田研二のために書き下ろしていたことを明かし、「ああいうのを書いたら格好いいだろうなと書いたが、ボツになって」と苦笑い。
    そこで「じゃあ、あのコンセプトを使おうと、(男女を)ひっくり返して少女Aになった」という。原曲は沢田がプールサイドから少女を上目使いに見ている詞だったという。
     一方、明菜は少女Aについてあまり気に入らず、売野氏は「明菜のAだと思って私生活を誤解する人がいると言って嫌いだったらしい。聖子ちゃんの世界とはあまりにかけ離れていて。
    マネジャーが1回だけ歌ってっていって、レコーディングしたらしい。ずっと知らなくて去年知りました」と制作エピソードを披露していた。

    【中森明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/03/24(金) 08:50:26.47 ID:CAP_USER9
    3月11日、ジュリーこと沢田研二(68才)が新アルバムを発売した。タイトルは『ISONOMIA』

    ジュリーは今年2月、デビュー50周年を迎えた。毎年恒例の正月ライブツアー(1月8~25日)は、全公演チケット瞬殺の大盛況。

    「会場を埋めるほとんどは、全盛期からジュリーを追いかけ続けているマダム。私が参加したのは有明で行われた最終日で、当日は機材トラブルで開場が1時間遅れたのに、みな文句ひとつ言わずに待っていた。ジュリーの登場時は大歓声ですよ。往年のヒット曲は一切歌わないんだけど、それでいいんです。MCも最高に面白いの」

    興奮気味にそう話す60代の女性ファンによれば、今回のツアー中、ジュリーはMCで自分の年齢をたびたびネタにしていたという。

    「(日本老年学会の「高齢者は75才以上から」とする提言を受けて)世の中余計なことを考える人がいて、老人と思ってるのに、急に老人じゃないと言われました。年寄りをなんとかボランティアで使おうっていう魂胆が見え見えや」

    「こないだ病院で大腸の検査したんだけど、ポリープの一個もなかった。今日もトイレ入ったらウンコが止まらなくて、それで遅れちゃった」

    一世を風靡した『ザ・タイガース』時代から一転。白髪に無精髭、ポッコリお腹を携えても、ファンはジュリーの“貴重な”一挙手一投足に目が離せない。


    以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00000004-pseven-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170324-00000004-pseven-000-1-view.jpg 
     20170324-00000004-pseven-000-1-view

    【ジュリーこと沢田研二のファン、彼の外見と内面の変化をまるごと受け入れる。】の続きを読む

    images


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/08(日) 21:31:02.74 ID:CAP_USER9
    http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/08/0009813364.shtml
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/01/08/Images/09813365.jpg
    09813365

     歌手の沢田研二(68)が8日、東京・NHKホールで、毎年恒例の正月ライブの初日公演を迎え、50周年イヤーをスタートさせた。1967年にザ・タイガースでデビューして半世紀。新曲「ISONOMIA」(3月11日発売)の初披露などで深みが増した歌声を響かせ、ジュリー節もオープニングからさえ渡った。1曲目の「福幸よ」に続きファン3600人に新春あいさつを終えると、日本老年学会が年明けに見直しを提言した『高齢者の定義』に物申した。

     「74歳までが准高齢者で、75歳からが高齢者…ほっといてぇな!老人と思ってるのに、急に老人じゃないと言われた。若い人が何とか年寄りをボランティアで使おうという、魂胆が見え見え。准高齢者という新しい種族にたてまつられたようです」。来年には古希のベテランが、元気いっぱいに自虐ネタを放った。
     デビュー50周年は精力的に活動予定で、7月から半年かけて60カ所以上を回る記念ツアーを発表。「50曲という数字にこだわりたい。1コーラスずつにする。それしか手はない。皆さん、(曲の)2番は分からないでしょ!?」と“メモリアルプラン”を打ち明けた。5月からは音楽劇「大悪名」の全国公演も控えており、パワフルに節目を駆け抜ける。

    【沢田研二、ライブで「高齢者の定義」にもの申す。准高齢者に高齢者「ほっといて!」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ハイキック(北海道)@無断転載は禁止 2016/07/26(火) 21:32:38.30 ID:g2I98Tdf0● BE:488538759-PLT(13931) ポイント特典
    歌手の沢田研二(68)が26日、東京国際フォーラムで1967年にタイガースでデビューしてから継続している全国ツアーをスタートさせた。

     沢田は来年デビュー50周年、再来年には古希を迎える。還暦の年には東京ドームで記念ライブを行っているが、5000人のファンに
    「(古希に)東京ドームは無理やろ」と呼びかけると大きな拍手が起こり「やれって?せいぜい武道館やろ」と日本武道館での記念公演の可能性を示唆した。

     ライブではオープニングの「ポラロイドGIRL」からステージを走りまくり、跳ねまくり。久々にステージで歌唱したヒット曲
    「渚のラブレター」、「コバルトの季節の中で」に加え、3月11日発売の新曲など全23曲を熱唱した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000089-dal-ent

    昔のジュリー
    http://pds.exblog.jp/pds/1/201207/30/04/a0122904_18233396.jpg
    a0122904_18233396

    現在のジュリー
     ダウンロード (1)


    【かつては美形で人気誇った「ジュリー」こと沢田研二、劣化しすぎて本人判別不能。】の続きを読む

    このページのトップヘ