メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/11(火) 18:52:06.67 ID:CAP_USER9
     歌手のASKA(60)が読売テレビなどに対し、自身の未発表の楽曲が放送され、著作権および著作者人格権(公衆送信権および公表権)が侵害されたとして損害賠償を求めた訴訟の判決公判が11日、東京地裁で開かれ、同局などに計117万4000円を支払うよう言い渡した。判決を受け、同局は「ASKA氏をはじめ関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします」などとするコメントを発表した。

     ASKAは、2016年11月28日の同局制作「情報ライブ ミヤネ屋」で自身の未発表の楽曲を放送され、著作権および著作者人格権が侵害されたとして、同局とASKAから楽曲を入手し番組に提供した芸能リポーターの井上公造氏に対し、約3300万円の損害賠償を求める裁判を17年8月、起こしていた。

     同局によると、東京地裁は「未発表の楽曲を放送する際にASKA氏の許諾を取ったとは認められない」などとして、同局と井上氏に合わせて117万4000円を支払うよう命じたという。

     判決を受け、同局は「今回の判決を真摯に受け止めております」とコメント。「ASKA氏をはじめ関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをおわびします。今後の対応について慎重に検討したいと考えております」とした。

    2018.12.11.
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/11/0011896171.shtml

    【ASKAの未発表曲をミヤネ屋で無断使用、読売テレビに賠償命令。「お詫びします。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ひかり ★ 2018/11/06(火) 14:26:08.77 ID:CAP_USER9
     歌手のASKAさん(60)が2018年11月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で、全国ツアーの初日を終えた。

     その様子を観覧した加護亜依さん(30)が、インスタグラムで「プライベートでも仲良くして頂いています。大変な時期もきちんと乗り越えてまた
    戻ってきてくださいました!」と祝福している。

    ■「中野夫妻」に誘われて...

     ASKAさんは薬物報道が出た13年以降(逮捕は14年)、久々のライブとなる。東京公演を皮切りに、12月まで大阪、仙台、福岡などをめぐる。
    直近の活動としては、他にも、ソロのベストアルバム「We are the Fellows」「Made in ASKA」を10月17日リリースしている。

     そんなASKAさんと加護さん、一見関係が薄そうだが、なぜプライベートで「仲良く」しているのか。インスタ投稿では「中野夫妻もお誘いありがとう!」
    と書かれていて、写真の加護さんの横には、元競輪選手の中野浩一さん(62)らしき姿があった。

     実は中野さんの妻、NAOMIさん(54)は現在、加護さんの所属事務所の社長を務めている。NAOMIさんは、以前からASKAさんのことを
    「ASKA兄」と慕っていて、17年6月12日のインスタ投稿では「35年来のお友達です」と説明していた。

     ライブについて加護さんは、「これからもずっと SAY YESもYAH YAH YAHも聴きたいです!! フルオーケストラの演奏素晴らしかった」と
    感想を書いているが、ファンからは、

      「めっちゃいい写真だね」
      「どんどん写真アップしてくださ~~~い」
      「写真更新楽しみすぎていつもチェックしちゃう」

    などと、ライブではなく、写真そのものへのコメントが寄せられていた。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000001-jct-ent
    https://www.j-cast.com/assets_c/2018/11/news_20181106133248-thumb-645xauto-147387.jpg 
    news_20181106133248-thumb-645xauto-147387

    【加護亜依、ASKAライブに駆けつける。 「プライベートでも仲良く。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/10/23(火) 14:35:00.86 ID:CAP_USER9
    2018-10-23
    https://grapee.jp/579197
    https://grapee.jp/wp-content/uploads/1242com_135614_0.jpg
    1242com_135614_0

    https://grapee.jp/wp-content/uploads/1242com_135614_1.jpg
    1242com_135614_1

    ミュージシャンで、音楽デュオ「CHAGE and ASKA」のメンバーであるASKAが、ニッポン放送「上柳昌彦 あさぼらけ」(10月19日放送)に出演し、今後の活動について語った。

    ASKAは11月5日(月)より、全国8都市で、「PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-」と題したコンサートを実施し、自身のソロ曲及びCHAGE and ASKAの楽曲を披露するという。

    上柳昌彦アナウンサー:チャゲアスの名曲のPRIDEっていうのがタイトルにもついていますね。体調万全にしてやっていただきたいと思います。

    ASKA:久しぶりですからね。

    上柳:僕の尊敬する田家秀樹さんのNACK5の番組に出た時、田家さんがね、「やっぱりASKAの歌聴いてると、コーラス欲しい」って言ってました。俺、同じこと思いました。どうですか?

    ASKA:まだいいや・・・

    2人:(笑)

    ASKA:まだ1人で十分だわ。これ、また(世間からの)反感買うんだよな。(笑)

    上柳:まあそこは、照れもあるだろうしね。

    ASKA:お互いがね、そういう気持ちになった時でいいですよ。

    上柳:それは、僕らは待つから。生きてるうちにやってねって感じです。

    ASKA:ありがとうございます。

    上柳昌彦 あさぼらけ
    FM93AM1242ニッポン放送 月曜 5:00-6:00 火-金 4:30-6:00

    【ASKA「(CHAGE&ASKA復活は)まだいいや(笑)」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 豆次郎 ★ 2018/01/21(日) 12:39:48.39 ID:CAP_USER9
    1/21(日) 12:28配信
     歌手のASKA(59)が21日、「プライバシー」と題し自身のブログを更新し、「週刊文春」の不倫疑惑報道に端を発し引退を表明した小室哲哉(59)への思いをつづった。

     ASKAはブログで「『有名人(芸能人)に、プライバシーはない』」と、言いのけるコメンテーターや、芸能レポーターがいます。僕にだって、知られて欲しくないプライバシーなら、『ひとつ、ふたつ、ああ、いっぱい』あります」と前置きした。

     その上で「今回の『小室』の件。倫理、道徳を、もちだされると、僕同様、『申し訳ありません』と、いうしかありませんが、僕とは違って、小室の行為は犯罪ではありません。あれを報じたゴシップ紙は、それで利益を得ようとしました。他人のプライバシーで、利益を得ようとする。これは犯罪なんです。僕は、奥様の介護で、どれだけ小室が頑張ってきていたのか知っていますので、世の中から、悪人のように見えるように仕立てあげ、それで利益を得ようとしたゴシップ紙を訴える権利が小室にはあると思っています」と示した。

     さらに「今回、それによって引退を決意した小室。テレビでは、『なぜ、引退なのかわからない』と、また、小室をかばいながら、『引退』と、いう選択に矛盾を唱えている光景を見ましたが、僕には、わかる。僕は、小室に一生の恩を感じてます。あいつが、僕のロンドン行きの背中を押してくれたのです。『ASKAさんなら、やれるよ。』僕は、その一言が勇気となり、ロンドンに住むことを決意しました。僕は、小室と会うたびに、感謝を伝えています」と小室との交流を明かした。

     その上で「『引退・・・』僕にはわかる。『他人のプライバシーで利益を得る』もう一度言いますが、これは、犯罪なんです。今回の小室の『引退』は、世の中へ、『気づき』『問いかけ』を、しました。そして、小室のファンの方へ。小室のような大天才は、そうそう出てきません。また、小室自身も音楽を通して『自分の使命』を、誰よりもわかっていると思います。僕は、小室への恩義から彼寄りに発言しているわけではありません。本日のエントリーに関しては、ずいぶん迷いましたが、小室を応援しているファンの方々へ言いたかった。大丈夫。小室は、必ず戻ってきます。戻ってこなくてはならない音楽家ですので。判断は、『今』の判断です。いつか、また、戻ってくる『今』の判断を迎えるときが来ます。『引退』と、いう言葉に対して、『復帰』と、いう言葉が、ちゃんとあります。なんの矛盾もない」と小室のファンへメッセージを送った。

     最後に「今の僕が、このようなことを発言することで、バッシングもあるでしょう。でも、そんなのはどうでもいいんだ。小室、少し休めな。お前が音楽を止めることなんてできないんだから。また、朝まで音楽を語ろう。『ふたり』と、いう世間の中で音楽の未来を語りましょう」と小室ヘ呼びかけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000065-sph-ent

    【ASKA、ブログで小室哲哉への思いを告白。「小室に一生の恩を感じてます。」「また、朝まで音楽を語ろう。」】の続きを読む

    images (1)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/10/29(日) 22:13:03.21 ID:CAP_USER9
    ASKA、音楽配信会社を設立!「安価で良質な楽曲提供」は実現するか
    芸能 2017/10/28 10:14
    http://asajo.jp/excerpt/39997
    http://asajo.jp/wp-content/uploads/2017/10/20171028_asajo_aska-250x250.jpg
    20171028_asajo_aska-250x250

     今月の25日にニューアルバム「Black&White」をリリースしたばかりの歌手・ASKA。そんな彼が、なんと音楽配信会社を設立していたことが明らかになった。

    「ASKAは23日の自身のブログで、新たに会社を設立したことを発表しました。社名は『Weare(ウィアー)』。
    ブログには『この会社は、配信事業によって利益を上げ、成長を遂げて行く会社ではありません』
    『利益よりも音楽業界、アーティストのための配信会社』と、ASKA本人がコメントしています」(スポーツ紙記者)

     さらにASKAは、楽曲ごとの還元率が世界初の70%であること、音楽配信の主流となる高音質の「ハイレゾ音源」(より情報量が多く原音に近い音質)
    を安価で提供するために同社を設立したことを明かし、すでに配信を希望するアーティストが数多く手を上げているという。

    【ASKA設立の音楽配信会社、「安価で良質な楽曲提供」は実現するか。】の続きを読む

    images


    1: あちゃこ ★ 2017/10/23(月) 16:18:41.10 ID:CAP_USER9
     歌手のASKA(59)が音楽配信会社「Weare(ウィアー)」を上げたことが23日、
    分かった。ASKAがブログで発表した。

     ASKAによると、自身のニューアルバム「Black&White」がリリースの第一弾。
    「世界には、たくさん配信会社がありますが、この度、立ち上げたこの配信会社、そして、
    この配信サイト、『Weare』(ウィアー)は、利益を追求しないのが、特色です。この会社は、
    配信事業によって利益を上げ、成長を遂げて行く会社ではありません。音楽業界、そして、
    アーティストのための配信会社です」と利益追求ではなく、アーティストが音楽を
    発信していくことが目的だとしている。

     配信は10月25日にスタートするが、ASKAは
    「10月25日時点での配信は、僕ひとりですが、すでに、配信希望のアーティストが
    たくさん集まって来ています」と“仲間”たちの多数参加が予定されているとしている。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000116-spnannex-ent

    【ASKA、音楽配信会社を設立。利益は追求せず「アーティストのため。」】の続きを読む

    ダウンロード (9)


    1: pathos ★ 2017/10/02(月) 23:06:48.13 ID:CAP_USER9
    2017-10-02
    脳が萎縮、そして壊れているのは、関係ないと思っています。
    細胞は、自分が死ぬ時に、正常な細胞にデータを移してから死にます。
    人間の脳は1/5でも、身体を正常に動かせると、言われています。
    そのデータを移した細胞が、どの細胞であったか?の記録がデータ化されていないことで、起こる症状もあるのでしょう。
    その中でも、コピーしそこなったデータもあると思いますので、
    それは、失ったということになるのでしょうね。
    しかし、ひとつの細胞の中にも、データ修復機能がありますので、
    やっぱり、データを失うことはないのではないかと考えてしまうわけです。
    どのデータから移すのかは、その細胞の性格によるのかもしれません。
    まずは、生きるためのデータを最初に選ぶと考えると、身内のデータなどは、
    あまりにも後回しとなるのかもしれませんね。

    みなさんのお話を聞いて、僕の中に、またまた疑問が増えてしまいました。
    結局、最後には「わからない」と、いうのが、人間界の約束なのでしょうね。

    アインシュタインと並ぶ頭脳の持ち主と言われている「ホーキング博士」が、
    「神はいない」と、発言しました。
    どこかにたどり着いての答えだったのでしょう。
    しかし、多くのキリスト教徒からなるアメリカでは、大変な騒ぎになりました。
    「神」が、いなくてはならないからです。
    と、考えると、「神」は、人間が創り出したものだということを、皮肉にも主張してしまうことになってしましまいました。
    僕も「神」とは、無理をしても存在しなくてはならないものだと思っています。
    「神」の存在で、解決してしまわなくてはならないことが、
    この世の中には、あまりにも、ありすぎですからね。

    つまり、わからないことだらけだということです。

    なんとなくわかっているのは、ヒトは、進化によってヒトになったのではないということです。
    ヒトは、最初からヒトだった。
    原人の進化によってヒトになったのではないということです。
    ダーウィンの進化論には無理があります。

    こんなに計算され尽くした身体、そして機能。
    これは、作られたもの。言わば完璧な作品です。
    あまりにも作品すぎます。

    では、誰の手によってヒトは創られたのか?
    ここから先は唯物論などに話が変わっていきますので、
    このくらいにしましょう。

    今日の仕事は終わりました。

    おやすむね。


    ASKA
    http://aska-burnishstone.hatenablog.com/

    【ASKA「ダーウィンの進化論には無理があります。ヒトは計算して作られた完璧な作品。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/24(月) 18:43:27.91 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000149-spnannex-ent
    スポニチアネックス

     歌手のASKA(59)が24日、自身のブログを更新。離婚したことを発表した。

     「29歳の時でした。私が結婚したのは。あれから、ちょうど30年になるのですね」と切り出し「実は、先月。私たちは、別々の未来に向かって歩み始めました」と報告。「関係各位の皆様、そして私の音楽を愛してくださっている皆様には、このブログを以ての発表とさせていただきます」とした。

     また、「妻は本当によくやってくれました。一般人でありながら、たくさん嫌なこと、悲しいことを乗り越えてくれました。今、振り返ると、耐えさせることの方が多かったのだと思います」と感謝した。

    【ASKA、離婚を発表。「別々の未来に向かって歩み始めました。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 15:38:17.64 ID:CAP_USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170720-OHT1T50132.html
    2017年7月20日15時6分 スポーツ報知

     歌手のASKA(59)が20日、自身のブログを更新。活動休止中のデュオ「CHAGE&ASKA」について「やりますよ。いつか、きっと」と活動再開への思いをつづった。

     90年代に「SAY YES」など数々のミリオンヒットを飛ばした「CHAGE&ASKA」。
    ASKAが14年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、昨年11月に再び同法違反容疑で逮捕(嫌疑不十分で不起訴)されたことを受けて現在も活動休止中となっている。

     ASKAはブログで「『CHAGE&ASKA』は、やりますよ。いつか、きっと」と断言。
    「そのために、お互い、ソロ活動をしているわけですから。ただ『今か、今か』と、みなさんを待たせるようなことはしたくない。それだけなんです」と明かした。

     その後も「CHAGE」のタイトルで記事をアップ。「僕の人生において、あんなに、薄っぺらい、バカで、良いかっこしいで、その場限りの思いつきの言葉を、ドヤ顔で言う人間は知りません。そんな、アホな奴と、70億の人間の中で、よくもまあ、知り合ってしまったものだと、心から、思っているわけす」とつづり、
    「すごいと思いません?70億の民の中でですよ。これは、ある意味、奇跡だと思うのです。きっと、これは、世界中見渡しても、僕だけだと思うのです。僕は、すごいわ・・・」とChage(59)との出会いに感謝する思いをつづった。

    【ASKA、チャゲアス復活へ「やりますよ。いつか。」「薄っぺらい、バカで、良いかっこしいのChageとの出会いに感謝。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: THE FURYφ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/19(日) 23:10:52.80 ID:CAP_USER9
    シンガー・ソングライターで「CHAGE and ASKA」のChage(59)が19日、大阪城ホール(大阪市中央区)で
    エフエム大阪の飲酒運転撲滅啓発イベント「LIVE SDD」に初出演した。93年に発売され、240万枚を超える
    大ヒットを記録したチャゲアスの楽曲「YAH YAH YAH」を、当時の衣装の黒いロングコートをなびかせ、熱唱した。

    覚せい剤取締法違反などの罪で執行猶予中の相方・ASKA(58)は15日、テレビ西日本(福岡)のローカル情報番組で、
    逮捕後初めてとなるテレビ出演し、新曲を歌ったばかり。Chageは同ライブのプロジェクト・リーダーで親交の深いバンド
    「スターダスト・レビュー」のボーカル&ギター根本要(59)から、「相方が忙しいので1人で参加です」と紹介され、
    「力いっぱい歌います」と応じた。

    根本に「せっかく来てくれたからオレ、アレやりたい!」と、「YAH YAH YAH」のコラボをリクエスト。「言っとくけど、
    オレはハモ(りパート)しかできないから」と断りつつ、「小道具持ってくるから」とノリノリで、黒いトレンチコートを持参し、
    ASKA役の根本にも着せた。

    サビでは、目の前の巨大扇風機から吹き出る風を全身に受けながらこぶしを挙げ、94年の発売当時におなじみだった
    歌唱風景を再現。1万人の観客を沸かせた。司会の小倉智昭(69)からは「よかった、涙出た!いい歌はやっぱりいいよ」と
    言われ、「そう、勇気もらえるんですよね」と同意し、黒コートについて「あれ、本物ですからね!」と言って、驚かせていた。

    また、「私にとって一番古いバラード。心を込めて歌わせていただきます」と解説し、79年に自身が作詞・作曲した
    チャゲアスの名曲「終章(エピローグ)」も披露。飲酒運転については、「ダメなものはダメなんです。それに尽きると思います」と
    力を込めた。

    この日はNMB48も登場し「365日の紙飛行機」などを披露した同イベント。今年で10年の節目を迎え、収益金などは全額
    「交通遺児等育成基金」で半額を活用、半額を積み立ててきた。積立金が1億円を超え、音楽を志す交通遺児を対象とした
    「SDD音楽奨学金」をスタートさせることが発表された。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000130-spnannex-ent

    画像
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170219-00000130-spnannex-000-3-view.jpg 
     20170219-00000130-spnannex-000-3-view

    【Chageが「YAH YAH YAH」発売当時の衣装で熱唱。相方はスターダスト・レビューの根本要。】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/13(金) 18:57:53.46 ID:CAP_USER9
    “薬物使用疑惑”がついて回る大物歌手Xの信じられないエピソードをキャッチした。それも、あの歌手・ASKA(58)がらみというから無視できない。XとASKAは旧知の仲。にもかかわらず自らのコンサートにASKAが来ると知るや、スタッフに「楽屋に絶対入れるな!!」と目をつり上げ絶叫したというのだ。そんな「排除命令」を出したXの心情を関係者はどう見たか――。

     昨年、2度目となる逮捕をされたものの、不起訴となったASKAに、Xはビビりまくっているという。

     Xをよく知る音楽関係者は「ASKAの動向をXは、常に細かくチェックしていますよ。釈放されたときはとにかくピリピリしていました」

     大物シンガー・ソングライターであるXは、ASKAの先輩にあたる。以前からASKAとは親交も浅くない。普通に考えると後輩の釈放に喜びこそすれ、動向をマークしてナーバスになるとは、どういうことなのか?

    「下手にASKAと接触して、当局の捜査の手が自分に及ぶことを何よりも恐れているんです」と前出の関係者は説明。それほどXには常に薬物の噂が付いて回っている。
     捜査関係者がこう耳打ちする。

    「Xは普段、睡眠導入剤や精神安定剤などを複合的に使うことでケミカルな感覚を味わっていると聞きました。ただ、覚醒剤も使っているという話も根強くあります。仲が良かったある有名人が覚醒剤で逮捕されたとき、慌てて渡米しようとしていましたからね(苦笑)。結果的にしなかったようですが…」

     一方で、実際にバキバキに“キメている”写真を当局は押さえているとの情報もある。そんなXが都内某所で公演をしたときのことだ。ASKA相手にこんな騒動を起こしていた。

    「ASKAさんが関係者を通じて『コンサートに行きます』とXさんに伝えてきたんです。しかも『楽屋で会いたい』と。おそらく先輩へのあいさつをするためだと思いますが、Xさんの緊張が一気にマックスになったのは言うまでもありません。『見に来るのはいいけど、楽屋には来るなと伝えろ! おまえら、絶対入れるんじゃね~ぞ!!』と目をつり上げて吠えるなり、スタッフを関係者口などに緊急配置したんです。ただでさえ、ライブ前はピリピリしているのに、それはもう大変な騒ぎでした」(前出の音楽関係者)

     何とかASKAの“楽屋来訪”は食い止めたものの、その後一連の逮捕劇が話題になったこともあり、XはASKAの動向に異常に過敏になっているようだ。

     一方のASKAは不起訴となって釈放され、堂々と活動している。

     12月24日付で更新されたASKAのブログでは「Merry Christmas!!」のタイトルで新曲「FUKUOKA」の歌詞とユーチューブのアドレスが記されてあった。リンク先には「コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした」(原文ママ)というメッセージ。そして、この音源が未発表アルバム「Too many people」の一曲だということがつづられてある。

     レコード会社関係者は「さすがASKAさんという感じですね。『FUKUOKA』はメロディアスなピアノバラードとASKAさんの声が非常にマッチしている。とても覚醒剤依存症だったとは思えませんよ」と驚きを隠せない。

     今回の逮捕に至った経緯はブログからはよくわからず、依然として薬物疑惑は払拭できないものの、とりあえず復帰への第一歩となったのは間違いない。今後も何らかの形で新曲を発表していくものとみられる。

     そんなASKAを“排除”しようとしたXは、「FUKUOKA」をどんな思いで聴くのだろうか?

    東スポWeb 1/13(金) 11:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000004-tospoweb-ent
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/638648/
    http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/05994908ba5ee1ac4b9d3ac3610da335.jpg 
     05994908ba5ee1ac4b9d3ac3610da335

    【「ASKAを楽屋に入れるな!!」 旧知の大物歌手が絶叫騒動。】の続きを読む

    images (3)


    1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2016/12/23(金) 15:16:34.78 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 12/23(金) 15:04配信

     フリーアナウンサーの宮根誠司が23日、読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」において、
    歌手ASKAの未発表の音源を番組で放送したことを謝罪した。楽曲を同番組に持ち込んだ
    芸能レポーターの井上公造氏も「ほかのやり方があったかもしれない。本当に申し訳なかった」と
    謝罪した。

     音源を番組で放したのはASKAが逮捕された11月28日。井上氏は宮根アナから
    「どのような形で楽曲を提供されたのか」と聞かれ、「ASKAさんから昨年12月初旬くらいに
    聞いてほしい、ということで音声データを提供された」と明かした。

     井上氏は「ASKAさんの心情を考えたら別のやり方があった。本当に申し訳なかった」と謝罪。
    宮根アナも「番組として放送して申し訳なかった。お詫び申し上げます」と謝罪した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000054-dal-ent

    【宮根誠司アナと井上公造氏、ASKAに中途半端な謝罪。未発表音源を承諾なしに放送。】の続きを読む

    このページのトップヘ