メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > 松任谷由実(荒井由美)

    ダウンロード


    1: 的井 圭一 ★@無断転載は禁止 2016/12/17(土) 02:03:24.86 ID:CAP_USER9
    松任谷由実がクリスマスソングの定番となった『恋人がサンタクロース』について自身のラジオ番組で語った。
    同曲は1980年12月にアルバム収録曲として世に送り出されたが、当初はロック調のクリスマスソングを作ろうといったノリで書き始めたという。
    ところがこの『恋人がサンタクロース』は、やがて生みの親の手を離れて社会現象を起こす存在となっていく。

    音楽番組やバラエティ番組で“お気に入りのクリスマスソング”ランキングを特集すると上位に入るのが山下達郎の『クリスマス・イブ』とユーミンの『恋人がサンタクロース』である。

    松任谷由実が1980年12月1日に出した10枚目のアルバム『SURF&SNOW』に収録されたこの曲は映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌となって広く知られ、今でも愛されるナンバーだ。

    12月16日のラジオ番組『松任谷由実のYuming Chord』(TOKYO FM/JFN)は、“Winter Hollidays Collection ~Yuming's Christmas”をコードに放送した。
    あるママさんから、11歳になって恋愛や結婚に興味を持ち始めた娘とのエピソードが届いた。

    車の中で流れる『恋人がサンタクロース』を聴いた娘が「大人になると恋人がサンタクロースになってやって来て結婚しちゃうってこと?」
    「ママのところにパパが迎えに来てついて行ったってこと!? まじウケる~」などと言い出した。
    それを聞いて、「やがて成長したら彼氏を連れてくるのだろうな」とこのママさんは複雑な気持ちになったという。

    ユーミンが同曲を書いたのは、世間で“クリスマスソング”と言えば『きよしこの夜』をはじめ『サンタが街にやってくる』やビング・クロスビーの歌で有名な『ホワイト・クリスマス』など
    スタンダードナンバーしか耳にしなかった頃だ。
    彼女は「ロックチューンで作ったら面白そう」とアイデアを練るうちに「恋人がサンタクロース」というフレーズを思いつき「これでイケるぞ」と書き上げたという。
    それが今では定番のクリスマスソングとなり、子どもにまでそんな想像をさせる影響力を持つまでになったのである。

    彼女は「自分でいうのもなんだが」と前置きして「“恋人がサンタクロース”というフレーズが社会への呪縛のようになったかも」
    「クリスマスをそういう風な日にしてしまったかもしれなくて。反省してもはじまらないんですけど」と振り返った。

    実は12月13日にTBS系で放送されたバラエティ番組『マツコの知らない世界』でクリスマスソングを取り上げた際に、音楽ライター・冨田明宏さんが『恋人がサンタクロース』によって
    「クリスマスは恋人と過ごすもの」というブームが起きたと説いていた。作者であるユーミンがそのように反省するのだから、彼の説は外れていなかったのだ。
    2016/12/16 18:36
    http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/japantechinsight_329320/

    【ユーミン『恋人がサンタクロース』を反省。 「(クリスマスは恋人と過ごすものという)社会への呪縛になった。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2016/11/01(火) 14:28:49.66 ID:CAP_USER9
    ねとらぼ 11/1(火) 14:24配信

     “ユーミン”こと歌手の松任谷由実さんが10月31日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ)に出演。
    そのオンエア終了後にTwitterで、SMAPについて正直な思いを吐露しています。なお、
    「SMAP×SMAP」はSMAPの解散に伴い年内の終了が決定しています。

     「みんな少し鼻っ柱の強そうな、潑刺とした男子だった!」と10年前にSMAP×SMAPへ
    出演したときのことを振り返りながら、「スマスマの収録に向かうレインボーブリッジの上で、
    たまらなく悲しくなった。純粋なファンという人たちの気持ちが、生まれて初めて理解できたような
    気がした」とSMAP解散について、あらためて湧いてきた思いを打ち明たユーミン。

     ユーミンはメンバーの楽屋にそれぞれ「いつかSMAPとして、みんなが笑って会えるように、
    もっともっと大きなひとになって、思い出の欠片いっこもなくさないようにしてね」という手紙を
    置いてきたそう。さらに、「内向きに輪になるところでは5人の頭、一人一人ぐりぐりぐりって
    したかったよ」というお姉さん的一面も。撮影後は「それぞれと目を見て握手。ひとことふたこと」と
    あるように、握手をして言葉を交したそうです。

     ユーミンのSMAP解散に対する複雑な思いが強く表れていたのは、「今、マイケルが亡くなったとき
    みたいな気持ち。なんでもっと早くSMAPを応援してること、堂々と表明しなかったんだろう」という
    ツイート。いなくなってからその偉大さに気付くという意味で、今後、SMAPロスがわたしたちにも
    やってきそうですね。

     また、最新のツイートでは「1度でも成功を手にしたアーティスト、ましてやスターは、栄光と
    同じだけの不条理も受け入れなくてはならないのだ」とつづっています。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000068-it_nlab-ent

    【「今、マイケルが亡くなったときみたいな気持ち。」ユーミンこと松任谷由実、SMAP解散への思いを吐露。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 的井 圭一 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/24(月) 08:18:06.13 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    立て続けに大きなニュースが飛び込んできた今週。
    “ミスターラグビー”こと平尾誠二(53)の早すぎる死。そして、最大震度6弱を観測した鳥取の地震。
    こんなことをしている場合ではないのかもしれませんが、それでも振り返ります。どうでもいい芸能ニュース。

    ◆①ユーミンの突然の“毒舌ツイート”が波紋を呼ぶ…「早く滅びておしまい」

    松任谷由美(62)のフリーダムなツイッターが話題になっています。

    <メンヘラ? 早く滅びておしまい!>(10/14)なんてツイートはまだカワイイもの。

    <ワードが出来ると、それに甘えて寄りかかるやつが許せん!「僕、フリーター」って開き直るな!>

    <『私、サブカル』って甘えるなよ。カルチャー知らないくせに!>
    に至ってはほとんど言いがかり(同じ10/14)。

     かと思えば、収録で使ったヌーブラを画像付きで公開するサービスっぷり。

    <びーちくだけのヌーブラ。NHKで着用。凹んだ側が密着。“ぽっちり”とよんでます。ウフフ>(10/12)。

     なんか辛いことでもあったんでしょうか?

    続きはソース 
    衝撃のヅラ告白/ユーミン「びーちくだけのヌーブラ」を急に披露【今週の見逃しニュース】 « 女子SPA! 2016.10.22
    http://joshi-spa.jp/606271?display=b

    http://pbs.twimg.com/media/CujcUrPVYAEkzDT.jpg
    CujcUrPVYAEkzDT

    https://twitter.com/yuming_official/status/786120392746217473

    【松任谷由実(62)さん、収録で使ったヌーブラを画像付きで公開!「凹んだ側が密着。“ぽっちり”とよんでます。ウフフ。」】の続きを読む

    images (4)


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/15(土) 18:51:45.37 ID:CAP_USER9
    http://www.j-cast.com/2016/10/15280795.html?p=all

    シンガーソングライターの松任谷由実さんが2016年10月14日、ツイッターで「メンヘラ?早く滅びておしまい!」などと言及、ファンらの間で「ユーミンのツイッターがこわい」という声が上がっている。

    大御所ともいえる彼女がツイートでなぜ......と驚きを隠せない人も少なくないようだ。

    突然の毒舌

    松任谷さんは10月14日昼、ツイッターに

    「【松任谷由実】メンヘラ? 早く滅びておしまい!」
    と投稿した。「メンヘラ」は、「メンタル」面に問題がある人、といった意味で使われることが多い。

    松任谷さんはその1分後にも、

    「【松任谷由実】ワードが出来ると、それに甘えて寄りかかるやつが許せん!『僕、フリーター』って開き直るな!ツンデレとかもサブカルからきてるよね。『私、サブカル』って甘えるなよ。カルチャー知らないくせに!」
    と毒づいた。ツイッターには「ユーミンのTwitter激しいな!?」「ユーミンのツイッターがこわい」と動揺する声が寄せられた。

    松任谷さんがどういう経緯で激怒しているのかは分からないが、そもそも彼女がツイッターのアカウントを持っていたと知らなかった人も多かったようだ。エッセイストの能町みね子さんが15日、

    「ユーミン先生、現時点でフォロワー12000人しかいず、知名度の割に少なすぎるのでツイッター最近始められたのかと思ったらなんと5年前からやってた、けど、5年間で300ちょっとしかツイートしてない!6日に1回くらいしか書かないレアツイッタラー」
    とびっくりしていたように、このアカウントは2011年12月2日から存在していた。もっとも開設以来、16年8月26日まで、基本的に松任谷さんの出演情報ばかりだったが9月1日、

    「【社員1号】今日から「YUMING STAFF」を「松任谷由実 Official」に名称変更しました!これまで以上にパワーアップしてお伝えします」
    と投稿し、9月7日には

    「【社員1号】突然ですが、明日、このTwitterにユーミンが降臨します」
    と宣言。翌日、「ユーミン」が顔写真付きで姿を現したのだ。
    「ユーミン早くTwitterやめた方がいい」

    「【松任谷由実】降臨したよ~さて、何やって欲しい?(笑)」
    松任谷さんのツイッターは8日、そう投稿した。その日以来、「【松任谷由実】」の署名がほぼすべての投稿に添えられており、料理の写真や芸能人とのツーショット、自身の曲「気づかず過ぎた初恋」の歌詞などが発信されている。

    「【松任谷由実】」と書かれていても、それが本人によるものか定かではないが、ツイッターでは多くの人が「ユーミン」の発信だと信じているようだ。

    「なんだかユーミンらしいお茶目な画像も色々載ってる」
    「まさかツイッターでユーミン本人が自宅を公開してくれるとは思わなかったな」
    と、ファンを楽しませていた。

    だが、14日の怒りを露わにしたツイートをきっかけに

    「ユーミン早くTwitterやめた方がいい」
    「なぜか、ユーミン様がTwitterで切れておられる。ちょっと心配。お疲れかなあ?(汗)」
    「ユーミンのツイッターちょっとびっくりした。ツイッターって、友達にしゃべる感覚で書いちゃうとおかしくなる時があるよね」
    という声が寄せられ始めている。

    【「ユーミン」ツイッターが突如ブチ切れ。「何かこわい」と動揺広がる。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/09/01(木) 04:52:46.21 ID:CAP_USER9
    2016.9.1

    シンガー・ソングライターの松任谷由実(62)が、11月18日から自己最多となる
    80本の全国ツアーに挑むことが31日、分かった。

    来年9月22日まで約10カ月の“ロングラン”。
    還暦を過ぎて過酷な挑戦だが、食事やウォームアップなど
    「自己管理を楽しみながらひとつひとつに情熱を注いで走りきります」と宣言している。
    ツアーに先駆け、11月2日に3年ぶり38作目のオリジナルアルバム「宇宙図書館」を発売する。

    ユーミン62歳、“自己最多”に挑む。

    11月18日に神奈川・よこすか芸術劇場で開幕する全国ツアーは42都市80公演を予定。
    1999~2000年の79公演を更新する。
    その思いを「私の人生最大の目的は、より多くのスタンダードナンバーを世に送り出すこと。
    聴き手の思い出に深く関与すること。そのための機会を与えていただけるなら、
    一人でも多くの方に楽曲を直接お届けしたいのです」と説明した。

    現状で千秋楽は来年9月22日の東京国際フォーラムを予定。
    約10カ月の長丁場だが、日頃から節制しており体力には自信がある。
    「私の年齢の、普通に健康な女性の体重や体脂肪率より、それらをずっと低く設定しています。
    なおかつスタミナがなくては☆ユーミン☆をお見せできません」と胸を張った。

    ツアーに合わせて、13年の「POP CLASSICO」以来となる
    オリジナルアルバム「宇宙図書館」もリリース。
    「時間」「普遍性」というテーマをさらに追求し
    「今までにないくらい、自身の内面深く旅をして、悲しみや孤独と向き合い、
    そうして紡いできたPOP ROCK」と表現した。
    映画「真田十勇士」(22日公開)の主題歌「残火」も収録している。

    「近年、親友やかけがえのないミュージシャンたちを立て続けに失った」体験から
    「フィジカルは永遠ではない」という境地に至ったユーミン。
    今ツアー中に通算動員800万人も達成見込みで
    「私自身 可能の限りを尽くすツアーです」と完全燃焼を誓っている。


    ・3年ぶりに38枚目のオリジナルアルバムを出す松任谷由実
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2016/09/01/Images/d_09444610.jpg
    d_09444610

    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/01/0009444609.shtml

    【62歳ユーミン、パワー健在! 自己最多80公演ツアーで通算800万人動員。11月には3年ぶり新アルバム。 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 秘丘、愛液塗れ'φ ★ 投稿日:2011/08/17(水) 06:23:27.20
    松任谷(以下M) 私が馬車馬のように働いていたバブル後期頃、プライベートな場で、
              「あなたも終戦工作が大変ね」って言ったの覚えている?
    井上(以下I)   そんな生意気言いましたかね。

    M 「終戦工作なんてしないよ。競走馬のように玉砕するんだから」と、返した覚えがあって。
      その終戦工作って、どういう状態を指すのか聞きたかった。
    I  やっかみもあって、まあ、「とてもステキですね」なんて言いながら、ちょっと意地悪を
      言いたくなったんでしょうね。

    M 自分でそう言っちゃうことが、逆に大人の余裕を感じるね。まさしくご自身で終戦工作したかったり、
      したかのような局面があったのかなと思ったの。期せずして今日は、初めて100万枚という壁を破った
      陽水さんと、何年後か200万枚の壁を破った私。時代の体感温度でいうと、その100万、200万と、
      宇多田ヒカルさんの800万とは同じ衝撃だったりする。
    I  そうでしょうね。CDだよね、200万。いいねえユーミンは現代人で。僕、レコードだったから。

    M だから、手に入れる手間暇を考えると、100万の重みがより増します。そして、この配信の時代。
    I  もう、誰も音楽にお金なんか払わないですよ。連想するのはね、ブラジルで、欧米で作った
      エイズの薬を使うには特許料を払わなきゃいけないんだけど、ブラジル政府は「目の前の
      貧しい人を助けるほうが先でしょう」と、特許を認めなかった話ね。確かに著作権なんて、
      西洋のある種の文化ですよね。絶対というわけでもない。

    M 音楽にお金を払うこと自体が間違ってたのかもしれない。19世紀の頭頃に出版社ができ、
      楽譜というものを売り始めてね。
    I  もちろん、ある種の発展というのはあったんでしょうけど、「発展ってどうなの?」っていう
      時代に来てますからね。

    http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/yumiyori/20110805-OYT8T00743.htm
    より一部抜粋。全文はサイトでどうぞ。
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110725-249593-1-L.jpg
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110805-467357-1-L.jpg

    【井上陽水「もう、誰も音楽にお金なんか払わない」 松任谷由実「音楽にお金を払うこと自体が間違ってたのかも」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 05:17:39.94 ID:???*.net
    音楽出版社、アルファミュージック創立者の村井邦彦氏(70)が
    今年古希を迎えたことを記念し、東京都内でライブイベント、ALFAMUSICLIVEが開催された。

    シンガー・ソングライター、松任谷由実(61)が19年ぶりに荒井由実としてステージに立つなど、
    ゆかりの18組28人のアーティストたちが27、28日の2日間に登場した。

    総合演出は松任谷の夫、松任谷正隆氏(63)が務めた。

    (紙面から)


    http://www.sanspo.com/geino/news/20150929/geo15092905000005-n1.html
    2015.9.29 05:00


    ◆ALFA MUSIC LIVE
    2015年9月28日 Bunkamuraオーチャードホール セットリスト
    01. 愛は突然に / 加橋かつみ
    02. 花の世界 / 加橋かつみ
    03. 竹田の子守唄(赤い鳥) / 紙ふうせん
    04. 学生街の喫茶店(GARO) / 大野真澄
    05. 蘇州夜曲 / 雪村いづみ
    06. 東京ブギウギ / 雪村いづみ
    07. ひこうき雲 / 荒井由実
    08. 中央フリーウェイ / 荒井由実
    09. ほうろう / 小坂忠
    10. 機関車 / 小坂忠
    11. 朝は君に / 吉田美奈子
    12. 夢で逢えたら / 吉田美奈子
    13. Mr. サマータイム / サーカス
    14. アメリカン・フィーリング / サーカス
    15. ピアニスト / 山本達彦
    16. あの頃のまま / ブレッド&バター
    17. MONDAY MORNING / ブレッド&バター
    18. La Vie en rose(エディット・ピアフ) / コシミハル
    19. ユー・メイ・ドリーム / SHEENA & THE ROKKETS
    20. LEMON TEA / SHEENA & THE ROKKETS
    21. Hot Beach / 日向大介 with encounter
    22. RYDEEN(Yellow Magic Orchestra) / 細野晴臣、高橋幸宏、村井邦彦
    23. 翼をください(赤い鳥) / 紙ふうせん、村井邦彦、Asiah、林一樹、大村真司
    24. 音楽を信じる(村井邦彦) / 小坂忠、Asiah
    <アンコール>
    25. 美しい星 / 村井邦彦


    ・「ALFA MUSIC LIVE」東京・Bunkamuraオーチャードホール公演の様子。
    http://natalie.mu/media/1509/0929/extra/news_xlarge_ALFAMUSICLIVE.jpg
    http://natalie.mu/music/news/161294

    【【ALFA MUSIC LIVE】ユーミン、19年ぶりに「荒井由実」としてステージに立った!】の続きを読む

    このページのトップヘ