メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images (2)


    1: 僕らなら ★ 2019/06/03(月) 12:42:32.81 ID:zLEHTL8E9
    音楽を聴きながらの運転への影響に関する新たな研究によれば、ヘヴィ・メタルは危険な運転の原因になるという。

    アイアム・ロードスマートと自動車雑誌『オート・エクスプレス』は様々な音楽を聴きながらの運転傾向と安全性を分析する実験を行ったという。実験はスリップノットの“(sic)”、テイラー・スウィフトの“Shake It Off”、ケンドリック・ラマーの“HUMBLE”、バッハの“Goldberg Variations”を比較したものとなっている。

    その結果によれば、よりヘヴィで、エクストリームな音楽のほうが、より不安定で、危険な運転になるという。ゆっくりとしたクラシックな音楽ではあまりにリラックスした運転になるとのことで、ポップ・ミュージックが最もコントロールされた運転に適しているとされている。

    消費者レポーターのトリスタン・シェール・ヘスターはオーストリアのレッドブル・リングで車を走らせ、前出の4曲を大音量でかけながら、加速、コーナーリング、タイムチャレンジ、最後のラインをコントロールして止まれるかを2周の走行で検証したという。

    スリップノットを聴いた時はコントロールされた運転時よりも14秒遅くなり、他の走行よりもより不安定になったことが明らかになっている。バッハを聴いた時はコントロールされた運転時よりも12秒遅くなっている。ケンドリック・ラマーでは最後のラインで失敗し、テイラー・スウィフトの場合はスピードが一貫して最もスムースだったという。

    「明らかになったのは激しいスラッシュ・メタルがスムースにトラックを回る能力を減退させるということです」とアイアム・ロードスマートの技術部門の主任であるティム・シャルクロスは語っている。「ハイエナジーのダンス・ミュージックは大音量で聴いて感じるようにデザインされています」

    「音量は集中への主要な要因となっていて、大きな影響を及ぼします。運転をする際には音量を下げること、そして、夜や遅い時間はスラッシュ・メタルを避けるようにすることをアドバイスしたいと思います」

    一方、スリップノットは新作『ウィ・アー・ノット・ユア・カインド』というタイトルにした理由を明かしている。

    スリップノットは先日、8月9日にリリースされる通算6作目となるニュー・アルバム『ウィ・アー・ノット・ユア・カインド』の詳細を発表しており、トラックリストやアートワークのほか、新曲“Unsainted”のミュージック・ビデオが公開されている。

    https://nme-jp.com/news/73761/

    【[研究報告] ヘヴィメタルを聴きながらの自動車運転は危険。 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/03/18(月) 22:42:45.82 ID:mxkhwUGg9
    2019/03/18 21:13
    スリップノットからパーカッション奏者のクリス・フェーンが脱退

    スリップノット(Slipknot)からパーカッション奏者のクリス・フェーン(Chris Fehn)が脱退。バンドの公式サイトで発表されています。
    クリスに関しては先週、バンドとの長年のツアーで受け取るべき報酬を受け取っていないとして、クリスがスリップノットを相手取り、訴訟を起こしたと報じられていました。

    スリップノットは公式サイトの声明で

    「スリップノットの焦点はアルバム#6を作ること、そして今後の公演を過去最高のものにすることだ。
    クリスは、なぜスリップノットのメンバーではなくなったのかを知っている。
    スリップノットの一員であり続けるために必要なことをするのではなく、彼が非難をしてクレームを出すことを選んだことを俺たちは失望している。
    我々は彼が選んだ道をたどらないことを望んだが、しかし進化は何事にも、人生の必要な部分である」

    と説明しています。

    ■スリップノット 公式サイト
    https://slipknot1.com/


    https://pbs.twimg.com/media/D18ZRu5U4AAVMdB.jpg
    D18ZRu5U4AAVMdB

    https://pbs.twimg.com/media/D18TS6fU4AIfC0e.jpg
    D18TS6fU4AIfC0e

    http://amass.jp/118337/

    【『Slipknot』からパーカッション奏者のクリス・フェーンが脱退。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/02/21(木) 22:49:44.70 ID:bdvXBYUc9
    2019/02/21
    スリップノットのコリィ、ニッケルバックに代わってイマジン・ドラゴンズが今最も最悪なバンドと語る

     2017年、ニッケルバックのシンガー、チャド・クルーガーが、Metal Convenantと行ったビデオ・インタビューで、
    「毎晩、ステージ上でお互いを殴り合って、自分のマスクの中にゲロ吐いてるような奴らの音楽がいいわけないよな?」とスリップノットを揶揄したことで、
    スリップノットのフロントマン、コリィ・テイラーとのビーフに発展した。

     この発言に対してコリィは、“世界で最も嫌われているバンド”とも言われているニッケルバックが
    「ロックにおける、チキンにとってのKFC(ケンタッキー・フライドチキン)と一緒だ」と反撃し、チャドの顔が「足みたいだ」とあざけった。


     このビーフから約1年半経ったが、コリィは新たな標的を見つけたようだ。
    現地時間2019年2月19日、元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズのラジオ番組『Jonesy’s Jukebox』に出演したコリィは、
    途中スティーヴがニッケルバックを「ロックンロール界のスケープゴート」と表現したことに同意したものの
    「ただ、奴らは今イマジン・ドラゴンズにバトンをつなげている」と発言。

     スティーヴがイマジン・ドラゴンズについて聞くと、コリィは「奴らは最悪だ、そこはクールだ」と前置きし、
    「みんな徐々にニッケルバックを再評価し始めていて、代わりにイマジン・ドラゴンズへ憎悪の矛先を向けているんだ」と毒舌を炸裂させ、
    彼らの曲「レディオアクティブ」の一部を嘲笑しながら、歌ってみせた。

     番組に一緒に出演していたプロングのベーシスト、ジェーソン・クリストファーが、
    イマジン・ドラゴンズは「まるでヒップスターのニッケルバック」のようだと付けくわえると、
    2人はヒップスターとニッケルバックを掛け合わせた“ヒップルバック”という造語まで生み出し、司会のスティーヴとリスナーを楽しませた。



    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000072/72912/image.jpg
    image

    ※動画は引用元サイトにてご確認ください。
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/72912/2

    【『SLIPKNOT』のコリィ「ニッケルバックに代わってイマジン・ドラゴンズが今最も最悪なバンド。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/01/30(水) 22:34:36.48 ID:dSUvn4mS9
    2019.1.25 金曜日
    スリップノット、アーティスト衣装のクリーニングを手掛けてきた人物が最も洗いづらい衣装だったと語る

    長年、伝説的ミュージシャンの衣装のクリーニングを手掛けてきた人物がスリップノットの衣装がこれまでで最大の挑戦だったことを明かしている。

    ハンス=ユルゲン・トプフは1980年代に、世界各国のツアー・アーティストにクリーニングを提供するロックンロール・ランドリーをドイツで設立している。設立以来、彼はこれまでにビヨンセやU2、エルトン・ジョン、マドンナらの衣装のクリーニングを手掛けてきたという。

    クリーニングのクオリティやそのスピードの早さに定評のあるハンス=ユルゲン・トプフだが、スリップノットがステージで着た衣装を洗うのは格別に難しかったと語っている。予想通りではあるが、彼らの衣装にはパフォーマンス中に使ったおびただしい量の血や血糊が付いていることが多いのだという。

    「トプフがツアーに出るとなれば、ほとんど毎日をパフォーマーの衣装の洗濯に費やすことになる。そして、それらは大抵、小さな扇風機を使って空気で乾燥させなければならないのだ」と『ニューヨーク・タイムズ』紙は彼の特集記事の中で述べている。

    「彼が担当したこれまでで最も汚れていた衣装について訊くと、スリップノットのオーバーオールを挙げている。ビールやクリーム、血糊が付いたまま、ゴミ袋の中に3日間放置されていたものだという」

    ハンス=ユルゲン・トプフはまた、30年以上のキャリアの中でアーティストが衣装に入れっぱなしにしているものにも変化があったと語っている。

    「昔はよくポケットの中にドラッグを見つけた」というハンス=ユルゲン・トプフだが、今はむしろ「ハーブティーのティーバッグ」を見つけることのほうが多いという。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/11/rexfeatures_5825300c_slipknot_2000-720x458.jpg
    rexfeatures_5825300c_slipknot_2000-720x458

    https://nme-jp.com/news/67560/

    【クリーニング屋さん「Slipknotの衣装が洗いづらいお・・・(;ω;`)」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/11/01(木) 23:03:45.56 ID:CAP_USER9
    2018.11.01 12:48 rockinon.com
    スリップノット、4年ぶりの新曲“All Out Life”を突如リリース! ドラマーのショーンが手がけたMVも公開に

    今年に入り、新作に向け制作を行っていると噂されていたスリップノットが、突如新曲“All Out Life”をリリースした。

    同楽曲は、2014年の『.5:ザ・グレイ・チャプター』以来約4年ぶりの新曲となる。

    また、バンドのドラマー、クラウンことショーン・クラハンが監督を務めた同楽曲のミュージック・ビデオも公開された。

    2019年にはデビュー・アルバム『Slipknot』のリリース20周年も迎えるスリップノットだが、バンドのフロントマン、コリィ・テイラーは以前、ニュー・アルバムのリリースは2019年の夏を目指しているとも明かしていた。

    「Lambgoat」の報道をもとに「Consequence Of Sound」が報じるところによると、コリィは「Resurrection Fest TV」のインタビューで次のように語っているようだ。

    来年はスリップノットにとって大きな年になる。当然大規模なワールド・ツアーも考えてるし……

    (ニュー・アルバムも)間違いなく、たぶん夏だ。いつスタジオに入れるか次第だよ。今のところの計画としては、まず来年早々、だから1月から2月にかけてスタジオに入る。

    2ヶ月ほどそれをやって、さらに2ヶ月をプロダクションに費やして、新しいマスクも新しい衣装も全部新しく作って、できればアルバムが出るタイミングで夏にツアーを始めたいね。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    ※動画は引用元サイトにてご確認ください(*暴力的な表現が含まれます)。
    https://rockinon.com/news/detail/181278




    【スリップノット、4年ぶりの新曲“All Out Life”を突如リリース。ドラマーのショーンが手がけたMVも公開に。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 10:47:26.92 0
    アメリカでまたしてもロック、メタルが不人気であることが明らかに

    コリィ・テイラー、AMAsの結果に「メタルはダーティ・マネーだと見なされている」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000680-bark-musi
    >今週開かれた<American Music Awards>でのポップ/ロック部門:最優秀デュオ/グループについて、スリップノット/ストーン・サワーの
    フロントマン、コリィ・テイラーがコメントした。

    >同部門には、ミーゴス、イマジン・ドラゴンズ、マルーン5が候補に挙がり、ミーゴスが受賞した
    >ロック・ジャーナリストEddie Trunkの「全てのメジャーなアワードで、ロック・ミュージックが不当で無礼な扱いを受けていることにウンザリ。
    不快、むかつく、侮辱だ。昨晩の@AMAsで新たな軽視。
    #AMAs = アメリカン・ポップ&ヒップホップ・アワーズ。冗談だろ…」とのつぶやきをリツィートしたコリィは、
    その後、Twitterユーザーからの「なぜロックとメタルは無視されるのだろう? 
    なぜもっとテレビ/ラジオでプレイされないんだろう? 

    >46回開催される中、いわゆるヘヴィ・メタル・バンドの受賞はない。

    テイラーは以前、メタル部門を最優秀メタル・パフォーマンスの1つにしたグラミー賞に対しても「メタルをリスペクトしていない」と苦言を呈していた。

    【『SLIPKNOT』コリィ・テイラー「アメリカの全てのメジャーな音楽賞で、ロック・メタルが不当で無礼な扱いを受けている。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 20:17:11.84 ID:CAP_USER9
    2016-09-16

    スリップノットの中心人物クラウン(#6)が今週、自身たちが主催する
    「KNOTFEST JAPAN 2016」のプロモーションのために緊急来日を果たし、
    京都、大阪、東京、そして青木ヶ原樹海を訪れた。

    プロモーション初日となる9月12日は「KNOTFEST JAPAN 2016」に出演する日本のロックバンドと対面。
    京都でROTTENGRAFFTYと、そして大阪でCrossfaithと対談が行われた。
    さらに大阪ではタワーレコード梅田NU茶屋町店に訪れ、
    「クラウン」と書かれた名札が付いた店員用のエプロンをしてレジカウンターに登場した。

    9月13日には、本人たっての希望で朝から青木ヶ原樹海へと出発した。
    朝早い時間に集合し、雨が降るあいにくの天気だったが、本人は「素晴らしい日だ」とご満悦の様子だった。

    同日夜にはLINE LIVEの特番「ノットフェス開催記念!スリップノットのクラウン緊急来日」に生出演。
    「どうしてこのタイミングで日本に来たのですか?」という質問が飛ぶと、
    「それは樹海に呼ばれたからなんだ」と語りだし、「ここが俺の居場所だと思った」と明かした。

    最終日となった9月14日は東京・タワーレコード渋谷店にて、サイン会が行われたほか、
    AbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」に生出演。
    「KNOTFEST」への思い、日本の素晴らしさ、そして樹海がいかに素晴らしかったかを存分に語り、
    怒涛のプロモーション来日は終了した。

    「KNOTFEST JAPAN 2016」は11月5日、6日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催される。
    チケット情報を含む詳細は公式サイトまで。

    クラウンはスリップノットのステージについて、
    「2日間、セットリストはもちろん変えていくよ。前回の来日で出来なかった新曲も披露するし、
    当然みんなが望んでいる曲も披露する。そして、サプライズも用意しているんだ。
    だから両日楽しめるぞ」とメッセージを残した。
    MTV NEWS


    http://hps.mtvjapan.com/mediacms/images/48cbff88368890af2e297b67adcf785e.jpg 
    48cbff88368890af2e297b67adcf785e

    http://www.mtvjapan.com/news/music/27577


    ∥関連∥
    KNOTFEST JAPAN 2016 -ノットフェス・ジャパン-:
    http://knotfestjapan.com/

    【スリップノットのピエロ(クラウン)が緊急来日。青木ヶ原樹海を訪問。】の続きを読む

    このページのトップヘ