メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード


    1: みつを ★ 2017/11/07(火) 20:02:20.31 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3149543?cx_position=45

    2017年11月7日 9:54 発信地:ニューヨーク/米国

    【11月7日 AFP】ヘビーメタル界の伝説的歌手オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne、68)が6日、自身にとって最後だとする世界ツアーを行うことを発表した。半年以上前には、オズボーンのロックバンド「ブラック・サバス(Black Sabbath)」も解散を発表している。

     センセーショナルで悪魔的な演出のコンサートで50年にわたり熱狂的なファンを引き付けてきたオズボーンは、来年5月5日のメキシコ公演を皮切りに、南米、欧州などを回り、北米でツアーを締めくくることを声明で発表。

    「いつ引退するのかという質問をずっと受けてきた」と語り、「これで最後の世界ツアーになるが、その後、あちこちでのコンサートも一切しないとは断言できない」と述べている。

     ツアーには、オズボーンのバンドを離脱していた米ギタリストのザック・ワイルド(Zakk Wylde)も参加するという。

     ブラック・サバスは2月4日に最終公演と銘打って、同バンドの地元、英バーミンガムでコンサートを行った。(c)AFP

    【ヘビメタ歌手オジー・オズボーン、最後の世界ツアーを発表。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 22:06:09.95 ID:CAP_USER9
    2017-07-27 10:13:54

    ロニー・ジェイムス・ディオ、“ディオ復活”ツアー開催。日本公演も

    昨年夏、ドイツのフェスティバル<Wacken Open Air>でお披露目されたロニー・ジェイムス・ディオのホログラムが、ディオの元バンド・メイト(現Dio Disciples)と共に世界ツアーを開催することが発表された。

    <Dio Returns>と名付けられた世界ツアーは、11月30日にフィンランド・ヘルシンキでヨーロッパ・ツアーをスタート。
    現在告知されているのは、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、ポーランド、スペイン、ルーマニア、ベルギー、オランダでの9公演だけだが、
    SNSに投稿されたツアー・ポスターには、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、ニュージーランド、英国、アメリカ、ベネズエラの国名も見られる。

    『Rolling Stone』誌によると、ヨーロッパのあと、南米、オーストラリア、アジアを周り、北米ツアーは2018年春に行なわれる予定だという。

    ツアーには、ディオ解散時のメンバー、クレイグ・ゴールディ(G)、サイモン・ライト(Ds)、スコット・ウォーレン(Key)にビヨルン・エングレン(B)が参加し、ディオのヴォーカルは過去のライヴからのものを使うそうだ。
    元ジューダス・プリーストのティム・オーウェンズ(Vo)とOni Logan (Lynch Mobシンガー)が参加する公演もあるらしい。

    ディオの奥さんウェンディは今年春、ホログラムに批判的な意見があることに対し、こう話していた。「ポジティブなリアクションもあるし、ネガティブなものもある。実物を観たら…、すごくポジティブだと思うの。
    去年、ドイツで初披露したとき、7万5,000人が完全に、本当に驚き感動していたわ。それにライブ・バンドと一緒だったのは、あれが初めてだった。ロニーと17年間一緒にプレイしていたバンドよ。本当にリアルだった。みんな、泣いてたわ。すごく感動的だった。
    それに、ロニーを観たことがないファンにとっても素晴らしいと思う。彼を観に来ることができるんですもの」

    ギタリストのクレイグ・ゴールディは、世界で80~100公演を開きたいと『Rolling Stone』誌に話している。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000145082/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000145082

    【ロニー・ジェイムス・ディオ、“ディオ復活”ツアー開催。日本公演も視野に。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/09(木) 04:56:27.56 ID:CAP_USER9
    2017/03/09 03:55

    ブラック・サバス(Black Sabbath)がバンドのFacebookページに「Black Sabbath 1968-2017」と書かれた画像をハッシュタグ「#TheEnd」とともに投稿。これについての公式なコメントはありませんが、海外メディアの多くがバンドの終了を公式に認めるものと報じています。

    #TheEnd [Black Sabbath]
    https://www.facebook.com/BlackSabbath/posts/10154595161059615


    ・Black Sabbath
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/67672.jpg
    67672

    http://amass.jp/85762/

    【ブラック・サバス、“バンドの終了”を告げる画像をFacebookページにて公開。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/01/30(月) 12:14:56.50 ID:CAP_USER9
    ブラック・サバスの元キーボード・プレイヤー、ジェフ・ニコルズが土曜日(1月28日)、肺がんのため亡くなった。68歳だった。

    元バンド・メイトのトニー・アイオミは、「最も大切で親しい友人の1人、ジェフ・ニコルズが亡くなったと知り、とても悲しい」との追悼の言葉を寄せた。「彼はしばらく肺がんを患っており、今朝、その闘いに敗れた。ジェフと僕はいつだってとても親しく、彼は僕の真の友であり、40年近く僕を支え続けてくれた。ものすごく寂しくなる。僕らがまた会う日まで、彼は僕の心の中で生き続ける。親愛なる友よ、安らかに」

    また、ギーザー・バトラーは「旧友でサバスのキーボード・プレイヤー、ジェフ・ニコルズが亡くなったと聞き、とても悲しい。RIP ジェフ」と、オジー・オズボーンは「ジェフ・ニコルズは、長いこと、俺の素晴らしい友人だった。とても寂しくなる。俺はすごく悲しい」とつぶやいた。

    アイオミ、バトラー、オジー同様、バーミンガム生まれのジェフ・ニコルズは、1979年バトラーが一時的にバンドを離脱した期間、ベースをプレイ。その後キーボード・プレイヤーとして、『Heaven And Hell』(1980年)で初めてブラック・サバスのレコーディングに参加した。

    2004年に脱退後は、ブラック・サバスの元シンガー、トニー・マーティンと活動を共にしていた。

    合掌。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000613-bark-musi

    【ブラック・サバスの元キーボードプレイヤー「ジェフ・ニコルズ」死去。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/11/06(日) 05:06:56.64 ID:CAP_USER9
    2016/11/06 01:02

    オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)がブラック・サバス(Black Sabbath)での活動を終えた後に
    リリースを計画しているソロ・アルバム。このアルバムでは新たなギタリストを起用する考えのようで、
    ビリー・アイドル(Billy Idol)で知られる2人、スティーヴ・スティーヴンス(Steve Stevens)とビリー・モリソンを迎える模様。

    オジーは出演した米ネット/衛星ラジオ局SiriusXMの番組で、2人と共に新曲を書いていたことを明らかにしています。

    オジーとビリー・モリソンは以前にも共演しており、またモリソンとスティーヴンスが
    ビリー・アイドルで共演している友人であることもあって今回のコラボレーションが実現したようです。
    オジーによれば、すでに「Crack Cocaine」と呼ばれるブルース風の新曲もあるそうです。

    ソロ・アルバムのリリースは2010年の『Scream』以来。
    アルバムのリリース時期については明らかにされていません


    ・Ozzy Osbourne
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/61081.jpg
    61081

    ・Steve Stevens
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2014b/41673.jpg
    41673

    http://amass.jp/80488/

    【オジー・オズボーン、新ソロ・アルバムのギタリストはビリー・アイドル・バンドのスティーヴ・スティーヴンス。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: Glide Across The Line ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/30(日) 09:37:52.76 ID:CAP_USER9
    “メタルの帝王”オジー・オズボーン 「俺の葬式ではビートルズの曲をかけてくれ」
    2016/10/29 14:18 Techinsight

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161029-26911062-techinq

    http://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_siggNcTOB34JKTd4YlI6BBRSqg---x450/c/cmspf/58/05/71/18/2c07d50d4ce7ee086b0cd9004734168e.jpg
    2c07d50d4ce7ee086b0cd9004734168e

    英国発のヘヴィメタミュージシャンで、日本のメタルファンにも人気の高いオジー・オズボーン(67)。そのオジーがこのほど自身の死後について、葬儀では「ぜひビートルズの曲をかけてほしい」と語った。激しいサウンドやビートを好むオジーだが、実はメロディックなサウンドを誇ったビートルズに多大なる影響を受けたという。

    このほどオジー・オズボーンが『NME』誌の取材に応じ、自身の亡き後に執り行われる葬儀につき、こんな希望を語った。

    「まあ、そういうことをじっくり考えるのにあと数年はマジで必要だな。」
    「でも多分、(ビートルズのアルバム)『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、もしくは『リボルバー』の収録曲を希望するだろう。」

    しかし自身のヒット曲は嫌だというオジーは、こうも話している。

    「俺の忌々しいベストアルバムはごめんだな。そんなものは自分でも聴かない。めちゃくちゃ恥ずかしいと思っているし。あ、あと超ハッピーな曲も絶対に嫌だな、なんせ俺の葬式なんだから。」

    オジーは荒んだ子供時代を送り、「どうすればこんな暮らしから抜け出せるのか」と日々思い悩んでいたそうだ。そんな時にラジオでビートルズの楽曲『シー・ラヴズ・ユー』を聴き、人生が変わるほど感動したという。

    「そうなんだ。息子にはいつもこう聞かれる。『ビートルズが大ヒット曲を飛ばした頃、どんな感じだった?』って。俺にはこうとしか言えないね。『夜眠り、目覚めたらガラリと違う世界に生きている。そこはすごくワクワクする世界で、生きていることを嬉しく思える場所―そんな感じだったな』」

    以下ソース参照

    【“メタルの帝王”オジー・オズボーン「俺の葬式ではビートルズの曲をかけてくれ。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/09/30(金) 04:52:57.46 ID:CAP_USER9
    2016/09/30 00:00

    ヘヴィ・メタルの創始者にしてその後のシーンの様相を一気に変え、
    その後のミュージック・シーン全体に絶大なる影響を与え続ける真の帝王、ブラック・サバス。
    最大のメタル・モンスターが70年代に残した数々の名曲で構成された
    アルティメイト・ベスト・アルバムが発売されることが分かった。

    数々のメンバー・チェンジを行ないながらも45年以上のキャリアを持ち、アルバム総売上は
    7500万枚を超えるまさに絶対的帝王、ブラック・サバス。ROLLING STONE誌からは
    「ヘヴィ・メタル界のTHE BEATLES」と称され、TIME誌も「ヘヴィ・メタルの誕生」として位置づける、
    シーンに圧倒的な衝撃をもたらしたオジー・オズボーン在籍時のオリジナル・メンバーによる初期作品は
    「歴史的名盤」として今もなお圧倒的存在感を放っている。

    現在ブラック・サバスとしてのフェアウェル・ツアーを行なっており、2017年2月のUK公演を持って
    活動に終止符を打つとされているこのオリジナル“ブラック・サバス”の軌跡を一枚にまとめた
    究極のベスト・アルバムが、10月28日に輸入盤として発売。さらに、11月18日には4枚組アナログ盤の発売も予定。
    このアナログ盤は完全限定盤となり、パッケージを展開すると十字架の形になる、
    「CRUCIFOLD」エディションという特殊パッケージでの発売となる。

    1970年に衝撃のデビューを果たし、そのオカルト的なサウンドで世界中から絶大な支持を得、
    その後の音楽シーンの様相を一変させるほどの影響力と共に世界を呑み込んでいった、
    イギリスはバーミンガムが生んだ絶対的帝王、ブラック・サバス。
    オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、ビル・ワードの4人からなる彼らが鳴らす
    サウンドは、「ハード・ロック」よりも激しく重いサウンドとして「ヘヴィ・メタル」と呼ばれ、
    現在にも脈々と続く全てのヘヴィ・ミュージックに絶大な影響を与えた。
    「彼らがいなければその後のヘヴィ・ミュージック・シーンはなかった」とまで言われる、
    真のオリジネイターでありヘヴィ・メタルの創始者なのだ。

    『THE ULTIMATE COLLECTION』と名付けられたこのベスト・アルバムは、バンド自身の
    キュレイションの元編成された全31曲で構成されており、「Paranoid」や「Iron Man」、「War Pigs」、
    「N.I.B.」や「The Wizard」といったバンドのクラシック楽曲に加え、70年代に彼らが遺した8枚のアルバムから
    選りすぐりの楽曲を収録している。まさに、全ブラック・サバスファン、否、全ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・ファンが
    押さえておくべき作品となっている。

    >>2以降にリリース情報)

    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000042/42516/image.jpg
    image

    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000042/42516/610x_sub_image95199.jpg
    610x_sub_image95199

    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000042/42516/sub_image95200.jpg
    sub_image95200

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/42516/2

    【絶対的帝王「ブラック・サバス」による究極のベスト・アルバム発売。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/08/04(木) 05:01:01.01 ID:CAP_USER9
    2016/08/04 02:32


    オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)が過去6年にわたって「性依存症」であることを公表。
    声明では、浮気説が浮上していたヘアスタイリストのミシェル・ピューや、他の性的関係を持った女性たちに謝罪。

    また家族についても「私の行動が私の家族に恥をかかせてしまった。
    私の信頼できる妻が私を支援するために私の側にいることについて神に感謝します」とコメントしています。
    オジーは声明の中で、現在、依存症の集中療法を受けていることを明らかにしています。


    │Ozzy Osbourne@ozzyosbourne
    │Over the last 6 years, I have been dealing with a sex addiction.

    │I’m sorry if Ms. Pugh took our sexual relationship out of context.
    │I’d also like to apologize to the other women I have been having sexual relationships with....

    https://www.facebook.com/ozzyosbourne/posts/10154466817727318


    ・Ozzy Osbourne
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/61081.jpg
    61081

    http://amass.jp/76288/

    【オジー・オズボーンが、聞いても反応に困ることを公表する。 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/22(日) 05:05:50.07
    2015/11/22 00:10

    ・Ozzy Osbourne [Ozzy Osbourne @OzzyOsbourne]
    http://pbs.twimg.com/media/CUWAzxfU8AAVPLX.jpg
    CUWAzxfU8AAVPLX


    来日中のオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)が<OZZFEST JAPAN 2015>での
    “ふなっしー”との共演に先駆け、ふなっしー人形との2ショット写真を公開

    ふなっしーは、Day2:11月22日のヘッドライナーを務めるオジー・オズボーン&フレンズに参加。
    当日はオジー、ギーザー・バトラー、トム・モレロ、ザック・ワイルド、デイヴ・ナヴァロらと共演することになるようです。

    │ Looking forward to see Funassyi at Ozzfest Japan!
    │ Posted by Ozzy Osbourne on 2015年11月21日


    http://amass.jp/65517/

    49: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/22(日) 10:06:11.30 ID:NqyENNFd0.n
    >>1
    みうらじゅんみたいだなwww

    69: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/22(日) 18:00:51.37 ID:RYDUSGDm0.n
    >>49
    みうらじゅんはガチで間違われたことがあるらしいぞwww

    【【Ozz Fest 2015】来日中のオジー・オズボーン、ふなっしー人形との2ショット写真を公開】の続きを読む

    images (1)


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 3aeb-RDu4) 投稿日:2015/10/29(木) 00:10:34.21 ID:gmcp962L0
    オジーはNOLA.comのインタビューでこう話した。「サバスはこれで終わる。俺を信じろ。
    12月、俺はクソ68歳になるんだぜ。終わりだって言うときが来たと思うよ。
    ギーザーやトニーと二度とステージに立たないとは言わないよ。でも正式には、俺らは終わりを迎える」

    「どんどん質が落ちていくのに、金のためだけにプレイするなんてことはしたくない。
    だから、そのときが来たんだ。俺はまた自分のことをやり始めるよ」

    トニー・アイオミも最近、もう体力的にツアーは無理で<The End>ツアーが間違いなく最後になると話している。
    その<The End>ツアーは2016年1月20日にスタート。
    現在のところ、北米、オーストラリア、ヨーロッパの日程が発表されている。

    オジーは土曜日(10月30日)、米ニュー・オーリオンズで開かれる<Voodoo Music + Arts Experience>に
    オジー・オズボーン&フレンズとして出演。フレンズの中にはギーザー・バトラーとトム・モレロがいるそうだ。

    オジーは11月、<Ozzfest Japan>で来日する。

    http://www.barks.jp/news/?id=1000121103

    【オジー・オズボーン「ブラック・サバスは解散だ、信じてくれ」】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 00:04:55.45 ID:???*.net
    2015年11月21日(土)・22日(日)の2日間に渡り、幕張メッセ 国際展示ホール9~11ホール
    にて開催される“OZZFEST JAPAN 2015”に、ふなっしーが参加することが緊急決定した。

    メタル好きとして知られ、ジャンプやヘッドバンギングなどのパフォーマンスを
    本イベント主宰のオジー・オズボーンから影響を受けていると公言しているふなっしー。
    昨年ロスにあるオジーの邸宅を訪れ、共演したいとオジー本人に直接ラブコールを
    送ったところ快諾を受け、次の日本公演でのライブ共演を約束されていた。
    この度、その約束が遂に実現することとなる。

    なお、ふなっしーは“Ozzy Osbourne & Friends”として、ザック・ワイルドや
    トム・モレロら錚々たるプレイヤーとも共演を果たす形になる。
    どのようなパフォーマンスが披露されるのか、期待しておこう。
    イベントの詳細についてはオフィシャルサイト(http://ozzfestjapan.com/)を参照されたい。

    <“OZZFEST JAPAN 2015”最終ラインナップ>

    ■11月21日(土) <DAY 1>:
    KoЯn
    Evanescence
    Bullet for My Valentine
    Of Mice & Men
    Corey Taylor of Slipknot & Stone Sour
    VAMPS / ONE OK ROCK / SiM
    Crystal Lake
    MEANING / Crossfaith

    OPENING ACTS:
    wrong city / NoisyCell / The Winking Owl


    ■11月22日(日) <DAY 2>:
    Ozzy Osbourne & Friends
     featuring
     Geezer Butler from Black Sabbath
     Tom Morello from Rage Against the Machine
     Zakk Wylde from Black Label Society
     Dave Navarro from Jane's Addiction
     ふなっしー

    Jane's Addiction
    Hatebreed
    A Day To Remember
    Black Label Society
    BABYMETAL / Fear, and Loathing in Las Vegas
    人間椅子 / 9mm Parabellum Bullet
    HER NAME IN BLOOD
    OLDCODEX

    OPENING ACTS:
    ANIMETAL THE SECOND / a crowd of rebellion / 彼女 in the display

    http://listenmusic.jp/store/musicnews/93440.htm
    listenmusic - (2015-09-20 22:09)

    ║関連║
    ozzfestjapan.com
    http://ozzfestjapan.com/

    29: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 02:09:34.56 ID:FEHIk2xo0.net
    >>1
    ふなっしーの中からオジーが出てくる演出確定だな

    【【OZZ FEST JAPAN】メタル好きのふなっしーがオズフェス出演決定だなっしー!! 1年越しの約束が実現だなっしぃー↑↑↑↑!!】の続きを読む

    このページのトップヘ