メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/02/14(木) 22:50:24.04 ID:z6mJchsD9
    2019/02/14 06:25
    ギラン/オジー・オズボーン・バンド等のギタリスト バーニー・トーメが重病、集中治療中

    イアン・ギラン率いるギラン(Gillan)での活躍でも知られるギタリストで、オジー・オズボーン・バンドにも短期間ながら参加したバーニー・トーメ(Bernie Torme)。
    バーニーのSNSページによると、現在、両肺の肺炎のため入院。病状が極めて重く、集中治療を受けています。

      Bernie Torme is extremely ill in intensive care with virulent double pneumonia. We ask for your prayers.
      Bernie Torme (@Bernie_Torme) 2019年2月13日


    Ozzy Osbourne and Bernie Torme
    https://pbs.twimg.com/media/DzUwSRYWsAEs-Ie.jpg
    DzUwSRYWsAEs-Ie

    http://amass.jp/116966/

    【『ギラン』『オジー・オズボーン・バンド』等のギタリスト「バーニー・トーメ」が重病、集中治療中。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/02/11(月) 06:53:14.68 ID:Z1Q7BJ3U9
    2019/02/10 08:36
    「ブラック・サバス橋」に設置される「ブラック・サバス・ベンチ」のお披露目イベントにトニー・アイオミが出席

    ブラック・サバス(Black Sabbath)の故郷バーミンガムの教会にて、同地の「ブラック・サバス橋(Black Sabbath Bridge)」に設置される「ブラック・サバス・ベンチ」のお披露目イベントが行われ、メンバーのトニー・アイオミ(Tony Iommi)が出席。英BBCによるとアイオミは「素晴らしい。どんな風になるのだろうかと思っていたが、本当に素晴らしい。とても気に入っている」と語っています。

    この「ブラック・サバス・ベンチ」はステンレス鋼製のベンチ。オリジナル・ラインナップ4人のイメージを組み込んだユニークなデザインで、ベンチには“Geezer. Ozzy. Tony. Bill. Made in Birmingham 1968”という文字も刻まれています。

    バーミンガムでは、ジュエラリー・クォーター地区にあるブロードストリートの橋の名前を新たに「ブラック・サバス橋(Black Sabbath Bridge)」へと改名。この「ブラック・サバス・ベンチ」は最終的にこの橋に設置されます。

    この一連のアイデアは、ブラック・サバスの熱狂的なファンで、メンバーとも親交があるという建築家のモハメッド・オサマによって進められていたもの。市議会の承認を得て実現にこぎつけています。


    https://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/F9D6/production/_105585936_tonyonbench.jpg 
    _105585936_tonyonbench

    https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/13216/production/_105585387_sabbathbench.jpg 
    _105585387_sabbathbench


    http://amass.jp/116836/

    【ブラック・サバス橋に設置される"ブラックサバスベンチ"のお披露目イベントにトニー・アイオミが出席。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/02/07(木) 21:58:19.66 ID:8jFt+loH9
    2019/02/07 08:30
    オジー・オズボーン インフルエンザの合併症のため入院

    オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)がインフルエンザからのいくつかの合併症のため入院。妻でマネージャーのシャロン・オズボーンが自身のSNSページで発表しています。
    オジーは先週、重度のウイルス性上気道感染症のため、イギリス/ヨーロッパ・ツアー全体の延期を発表していました。

    シャロンは「すでに聞いているかもしれないが、オジーはインフルエンザからのいくつかの合併症のために入院した。
    医者はこれが彼をより速く回復させるための最善の方法と考えている。心配と愛に感謝します」と投稿しています。


    @MrsSOsbourne
    https://twitter.com/MrsSOsbourne/status/1093254477648261120

    http://amass.jp/116713/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『オジー・オズボーン』インフルエンザの合併症のため入院。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/01/21(月) 23:39:00.85 ID:+1MuN6HH9
    2019.1.21 17:05 BARKS
    オジー・オズボーン、余命数ヶ月のリー・カースレイクの願いを叶える

    オジー・オズボーンのソロ初期のアルバム2枚『Blizzard Of Ozz』(1980年)と『Diary Of A Madman』(1981年)でドラムをプレイしたリー・カースレイクは、末期癌で余命数ヶ月と診断され、
    死ぬ前に自身が成し遂げた業績としてこれらアルバムのプラチナ・ディスクが欲しいと、最近、オジー&シャロン夫妻にお願いしたと明かしていたが、それが叶ったようだ。

    カースレイクは先月、『Metal Voice』のインタビューで、「前立腺がんだった。でも、全身に広がった。医師からは8ヶ月の命だと言われた」と明かし、
    長年、曲の印税等を巡りもめていたオズボーン夫妻に対し「全て忘れたし、許した。最近、シャロンとオジーに手紙を書いたんだ。
    死ぬ前に、壁に飾れるよう、『Blizzard Of Ozz』と『Diary Of A Madman』のプラチナ・アルバムを送ってくれないかって頼んだ」と話していた。

    オズボーン夫妻はすぐにそれに応えたようだ。先週終わり、オジーのTwitterアカウントに、オジーからの手紙とプラチナ・ディスクに囲まれ微笑むカースレイクの写真が投稿された。
    オジーは「リー・カースレイクがプラチナ・アルバムを楽しんでくれて、すごく嬉しい。良くなることを願ってる」とコメントしている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000163742/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000163742

    【『オジー・オズボーン』、ソロ初期のアルバム2枚でドラムをプレイした余命数ヶ月のドラマー「リー・カースレイク」の願いを叶える。】の続きを読む

    ダウンロード (1)
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/12/04(火) 22:35:18.18 ID:CAP_USER9
    2018/12/04 04:24
    ギーザー・バトラー、スティーヴ・スティーヴンスやマット・ソーラムらと新バンドDeadland Ritual結成

    ブラック・サバス(Black Sabbath)のベーシスト、ギーザー・バトラー(Geezer Butler)が新バンド、Deadland Ritualを結成。
    メンバーは、ビリー・アイドル(Billy Idol)のギタリストであるスティーヴ・スティーヴンス(Steve Stevens)、ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)/ヴェルヴェット・リヴォルヴァー(Velvet Revolver)で知られるドラマーのマット・ソーラム(Matt Sorum)、アポカリプティカ(Apocalyptica)のヴォーカリストとして知られるフランキー・ペレス(Franky Perez)。

    新曲が聴けるティーザー映像が公開されています。

    Deadland Ritualは、フランスのロック・フェスティバル<Hellfest>に出演が決定しており、6月22日のメインステージに登場する予定です。


    [deadlandritual]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/059c2ebff15f91b6a3f330ede8d5dd5f/5C091F60/t50.2886-16/47008803_595742907530144_8587227452638494720_n.mp4
    https://www.instagram.com/p/Bq1ja5uBeFa/

    Deadland Ritual:

    Bassist Geezer Butler (BLACK SABBATH)
    guitarist Steve Stevens (BILLY IDOL, VINCE NEIL)
    drummer Matt Sorum (GUNS N' ROSES, VELVET REVOLVER)
    singer Franky Perez (APOCALYPTICA)


    http://amass.jp/114227/

    【『ブラックサバス』のギーザー・バトラー、スティーヴ・スティーヴンスやマット・ソーラムらと新バンド『Deadland Ritual』結成。】の続きを読む

    images


    1: ぽんちきぽんぽんちき ◆gCzmRyzQxE 2018/10/01(月) 18:26:44.44 ID:KAW5HTNk
    本当はピンクフロイドとか人間椅子とか勧めたいけど受けない気がするし・・・(´・ω・`)
    ダウンロード

    ダウンロード (1)





    【甥っ子に「なんかおすすめの音楽教えて」と言われた。ブラックサバス推したいがここは欅坂46でいい?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/11/13(火) 22:51:58.71 ID:CAP_USER9
    2018/11/13 09:54
    ブラック・サバスの故郷に“ブラック・サバス橋”誕生か!? メンバーがデザインされたメタル・ベンチの設置も計画

    ブラック・サバス(Black Sabbath)の故郷バーミンガムでは、橋の名前を“ブラック・サバス橋”に改名し、その橋にメンバー4人がデザインされたメタル・ベンチを置く、という計画があるとのこと。地元のタブロイド紙Birmingham Mailが報じています。

    同紙によれば、バーミンガムのジュエラリー・クォーター地区にあるブロードストリートの橋を“ブラック・サバス橋(Black Sabbath Bridge)”に改名する計画で、その橋にステンレス鋼製の特製メタル・ベンチを置く予定。
    このベンチには“Geezer. Ozzy. Tony. Bill. Made in Birmingham 1968”と刻まれ、オリジナル・ラインナップ4人のイメージも付けられる予定です。
    またベンチの前も舗装され、星印がクロスの形で刻まれる計画です


    https://i2-prod.birminghammail.co.uk/incoming/article15396467.ece/ALTERNATES/s615b/1_Black-Sabbath-Bridge.jpg
    1_Black-Sabbath-Bridge

    http://amass.jp/113345/

    【『ブラックサバス』の故郷に“ブラック・サバス橋”誕生か。 メンバーがデザインされたメタル・ベンチの設置も計画。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2018/11/05(月) 22:35:06.98 ID:CAP_USER9
    2018.11.3 土曜日
    シャロン・オズボーン、夫のオジー・オズボーンに睡眠薬で不倫を白状させたと明かす

    シャロン・オズボーンは夫であるオジー・オズボーンに睡眠薬を盛って不倫を白状させた過去について明かしている。

    オジー・オズボーンの妻で、元スマッシング・パンプキンズのマネージャーでもあるシャロン・オズボーンは新たなインタヴューの中で、2016年にオジー・オズボーンに睡眠薬を余分に飲ませ、美容師のミシェル・ピューとの不倫を白状させていたことを明かしている。

    「あの時は傷ついたわ。オジーから彼のガールフレンドの一人に送るはずだったメールが私に送られてきたの」とシャロン・オズボーンは『ザ・サン』紙に明かしている。

    「その後でオジーは睡眠薬を飲んだんだけどね。私は彼の飲み物に余分に2錠入れてやったの……オジーにあらゆることを質問して、そのすべてを教えてもらったわ」

    「オジーは私に真実を教えてくれたことがなかったの。一度もね。彼は自分を恥じていて、恐れていたのよ。私はどのくらい続いていたのかを聞いて、相手が誰なのかも聞いた。彼の考えていることが分かったところで、私は終わりにしたの」

    「オジーからは、あの女性とは終わりにしたっていうことを聞いて、私はそれを信じることにしたの。それなのに、その6ヶ月後にはそれが嘘だったことが判明して、他にも同じような女性たちがいることが分かったの」

    「その時になってようやく、オジーが打ち明けてくれたの。『俺は依存症なんだ。どうにもできないんだよ』ってね」

    オジー・オズボーンとシャロン・オズボーンは一時的に別居していたことがあったものの、その数ヶ月後には復縁している。

    彼女はは次のように続けている。「彼のことはまったく信用していないわ。この世に不貞行為ほど傷つくものはないのよ。一つもね」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/11/ozzysharon-720x458.jpg
    ozzysharon-720x458

    https://nme-jp.com/news/63547/

    【シャロン・オズボーン「夫(オジー・オズボーン)に睡眠薬を飲ませて不倫を白状させた。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/09(火) 22:54:38.72 ID:CAP_USER9
    2018.10.9 13:192 BARKS
    オジー・オズボーン、手術が必要となった手の感染症、小さな傷が原因

    オジー・オズボーンは週末、感染症により手術を受けなくてはならず、週末(10月6日)予定していた公演を延期したが、これは指にできた小さな傷がもとだったという。

    奥さんのシャロンは、彼女が司会を務めるアメリカのTV番組『The Talk』で、こう説明した。「親指に小さな切り傷ができたの。爪の横を引っ張りぬくとできることあるでしょ。彼はそれを放っておいたのよ。それで、ドアにそこをぶつけたの。そしたら、どんどん大きくなっちゃって、その後、中指にも同じことが起きたのよ…。だから、土曜日の朝、緊急治療室に連れて行ったわけ。爪の横にできた小さなものが、指2本に別の感染症を引き起こすことになったのよ」

    「本当に何でもないって思うことだったのに、彼、まだ病院にいるわ。信じられない。抗生剤の点滴しながら、じっとしてて…アイスクリーム食べてるわ!」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000160550/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000160550

    【オジー・オズボーン、手術が必要となった手の感染症。小さな傷が原因。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/09/24(月) 22:00:28.06 ID:CAP_USER9
    2018.9.24 16:45
    トニー・アイオミ、オジー・オズボーンの「楽しくなかった」発言に「意味がわからない」

    オジー・オズボーンは最近のインタビューで、ブラック・サバスのラスト・ツアーを振り返り「楽しくなかった」と発言したそうだが、
    トニー・アイオミは当時そんな気配は全く感じられず、オジーの意図をはかりかねるという。

    オジーは今月掲載された『The Inquirer』のインタビューでこう話していた。
    「楽しい時間ではなかった。サバスには9~10年いたが、30年以上遠ざかっていた。彼らと一緒だと、俺はただのシンガーだ。
    自分だけなら、好きなことができる。オジーでいることで、彼らから悪いヴァイブを感じてた」

    これに対し、『The List』から意見を求められたアイオミはこう答えた。
    「読んだよ。でも、彼の発言の意味がわからない。僕はラスト・ツアーで、彼らとプレイし、楽しい時間を過ごした。
    オジーはそんなこと、僕には言ってなかったよ。楽しそうだったし、僕らの間には笑いもあった。だから、わからない。言葉尻を捉えられたんじゃないかと思う」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000160076/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000160076

    【トニー・アイオミ、オジー・オズボーンの「楽しくなかった。」発言に「意味がわかんねぇ。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/10(火) 22:30:57.69 ID:CAP_USER9
    2018.4.10 13:18
    オジー・オズボーン、30年かけ60歳で免許を取得も、早々に車の運転をやめる

    オジー・オズボーンの息子ジャックによると、オジーは接触事故を起こしたのを機に車の運転を止めたそうだ。

    ジャックは英国の新聞『Sunday Mirror』紙にこう明かした。「父はフリーウェイで軽く誰かとバンパーの接触があったんだ。“もう運転したくない”って言ってた。そのときすでに、どんどん運転しなくなってた。彼はそういう責任は負いたくないんだと思う。想像してみてよ。オジーが誰かに衝突したなんてことになったら、多額の訴訟が起きる。分別のない人はいるからね。そういう責任は負いたくない、もういいってことなんだと思うよ」

    オジーは2009年、初めての挑戦から30年、19回の試験を経て、60歳にしてようやく運転免許証を取得。彼は以前、試験に関し「たくさん受けたよ。ボーっとしてたからな。一度、試験の最中、居眠りしたこともある。起きたときには、“不合格”って書かれたメモがシートに置いてあった」「試験に行くと、(教官から)“やめてくれ、オズボーンさん! 他の日にしてくれ。君とは一緒に車に乗りたくない”と言われていたもんだ」と、話していた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000153826/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000153826

    【オジー・オズボーン、30年かけ60歳で免許を取得も、早々に車の運転をやめる。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2018/02/05(月) 20:56:11.96 ID:CAP_USER9
    2018/02/05 05:22

    ザック・ワイルドが大好きなオジー・オズボーン楽曲は?

    ザック・ワイルド(Zakk Wylde)が大好きなオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)楽曲は? 
    少年がメタル・アーティストらにインタビューをするLittle Punk Peopleの人気企画にザック・ワイルドが登場し、自身が好きなオジー・ソングについて語っています。映像あり。

    “俺がオジーと一緒に書いた曲、それについては全て愛している。
    だが、ライヴで演奏するのが好きなのは「Mama I'm Coming Home」「No More Tears」「Miracle Man」のようなオジーと一緒に書いた最初の曲だな”

    “俺がオジーと一緒に書いていない曲、ランディ・ローズ(Randy Rhoads)のものは好きだ、ジェイク・E・リー(Jake E. Lee)のも同じく好きだ。
    俺は2人の大ファンだから。それぞれから1曲ずつ選ばなければならないのなら、ランディは「Flying High Again」、ジェイクは「Rock 'n' Roll Rebel」かな”


    ※映像はソースにてご確認ください。
    http://amass.jp/100739/

    【ザック・ワイルドが大好きなオジー・オズボーン楽曲は? 】の続きを読む

    このページのトップヘ