メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2020/08/07(金) 06:23:28.04 ID:CAP_USER9
    ブラック・サバス『Paranoid』50周年記念スーパー・デラックス・ボックスセット CD&アナログ盤で発売
    2020/08/06 23:50amass
    http://amass.jp/137662/

    RHINO
    https://www.facebook.com/RHINO/posts/10159176029469617

    https://scontent-sjc3-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-0/p526x296/117312021_10159176028589617_4349158054743715856_o.jpg?_nc_cat=103&_nc_sid=8024bb&_nc_ohc=Xq1WI95as04AX-Jsk8r&_nc_ht=scontent-sjc3-1.xx&_nc_tp=6&oh=72726315dec5414791eb361049d6412d&oe=5F503017&.jpg
    117312021_10159176028589617_4349158054743715856_o


    ブラック・サバス(Black Sabbath)が1970年にリリースしたアルバム『Paranoid』。発売50周年を記念した50thアニヴァーサリー・スーパー・デラックス・ボックスセットが海外で10月9日発売。

    ボックスセットはCD4枚組とアナログレコード5枚組の2つがあり。

    『Paranoid』のスタンダード・アルバム(2012年リマスター)に加えて、1974年の4チャンネル(quadrophonic)ミックスをリワークしたヴァージョンも収録。『Paranoid』はサバスのアルバムの中で唯一4チャンネル(quadrophonic)ミックスが施されたアルバムです。

    ボックスセットにはさらに2枚のライヴ・アルバムも収録。1つは『Paranoid』がリリースされる直前にスイスのCasino de Montreuxで録音されたもの、もう1つはテレビ番組『Pop Shop』のためにベルギーのブリュッセルにあるTheatre 140で録音されたものです。

    どちらの公演もブートレグが出回っており、2016年の『Paranoid』4CDスーパーデラックス・エディションにも収録されていますが、アナログレコードでは初のオフィシャル・リリースです。

    ボックスセットには、バンドメンバー4人全員のインタビュー、珍しい写真、記念品、ポスター、『Paranoid』ツアー中に販売されたツアーブックのレプリカなどを掲載したハードカバー本も付属されます


    ■『Paranoid 5LP Boxset (50th Anniversary Super Deluxe Box Set)』

    Side A
    War Pigs / Luke's Wall (2012 - Remaster)
    Paranoid (2012 - Remaster)
    Planet Caravan (2012 ? Remaster)
    Iron Man (2012 - Remaster)

    Side B
    Electric Funeral (2012 - Remaster)
    Hand of Doom (2012 - Remaster)
    Rat Salad (2012 - Remaster)
    Jack the Stripper / Fairies Wear Boots (2012 - Remaster)

    Side C
    War Pigs / Luke's Wall (Quadradisc Mix In Stereo 1974)
    Paranoid (Quadradisc Mix In Stereo 1974)
    Planet Caravan (Quadradisc Mix In Stereo 1974)
    Iron Man (Quadradisc Mix In Stereo 1974)

    Side D
    Electric Funeral (Quadradisc Mix In Stereo 1974)
    Hand of Doom (Quadradisc Mix In Stereo 1974)
    Rat Salad (Quadradisc Mix In Stereo 1974)
    Jack the Stripper / Fairies Wear Boots (Quadradisc Mix In Stereo 1974)

    Side E
    Intro (Live in Montreux 1970)
    Paranoid (Live in Montreux 1970)
    N.I.B. (Live in Montreux 1970)
    Behind the Wall of Sleep (Live in Montreux 1970)

    Side F
    Iron Man (Live in Montreux 1970)
    War Pigs (Live in Montreux 1970)

    【『ブラック・サバス』、「Paranoid」50周年記念スーパー・デラックス・ボックスセットをCD&アナログ盤で発売。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/05/06(水) 19:26:34.60 ID:yxGDpuo79
    2020/05/06 15:00掲載
    http://amass.jp/134303/

    オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)の息子ジャックによると、オジーの初期ソロキャリアと妻シャロンとの人生を描いた伝記映画が制作されています。

    以前から伝記映画の噂はありましたが、ウェブショー「The Jasta Show」に出演したジャックは、「(映画を)現実のものにするために、今まさに動いていることがある」と認めています。「数ヶ月後には、おそらく何かが出てくると思うよ。でも、まだ(スタジオに)着地していないんだ。だから、幸運を祈っている」と付け加えています。

    映画の中で誰がジャックを演じるのかと尋ねられ、「(映画で描かれる)その時代、僕は子供だと思う。だから、それほど頻繁に登場することはないと思うよ。僕の両親が世界を切り開いていく姿を描いた映画になると思う」と答えています。

    妻のシャロンは以前に米メディアに、彼女の幼少期とオジーとの初期の日々についての伝記映画を制作する計画を明らかにしていました。「ミュージシャンを題材にしたロックンロール、セックス、ドラッグ、マネー映画はもうやりたくない。私がやってるのはそういうことじゃない。実際にマネージメント側で働く女性を描いた映画はこれまでなかった。本当の話よ。苦労の末に成功して、切り抜けた人についての女性を描いた映画はなんてなかった」と米バラエティ誌に語っていました。またロサンゼルス・タイムズ紙には「私たちの物語はラブストーリーで、たまたま彼が音楽家だっただけ」とも語っていました。

    シャロンは、オジーと一緒に複数の脚本を検討した末に、この伝記映画の脚本とプロットを決めたとも以前に報道されています。

    以下は「The Jasta Show」の動画
    https://youtu.be/t9U5ejXCBgU


    【『オジー・オズボーン』と妻シャロンの伝記映画が制作中。息子が認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 少考さん ★ 2020/04/24(金) 17:11:13.05 ID:NS3WNg3t9
    オジー・オズボーン、72時間限定でコロナに打ち勝てコウモリTシャツ販売
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000713-bark-musi
    https://store.ozzy.com/collections/frontpage/products/bat-coronavirus-l-s-tee

    Tシャツ&マスク
    https://i.imgur.com/gpp3Ktz.png
    gpp3Ktz

    https://i.imgur.com/nIzoECF.png
    nIzoECF

    4/24(金) 12:56配信

     オジー・オズボーンが日本時間4月23日未明、72時間限定で、
    黒地に緑色で“OZZY”“FUCK CORONAVIRUS”の文字とコウモリのイラストが入った
    ロングスリーヴの<バット・コロナウイルスTシャツ>を売りに出した。

     お揃いのマスク(*医療用ではない)が付いて、価格は40ドル(約4,300円)。
    5月中旬に発送するという。日本までの送料は国際便ファーストクラスで15.42ドル(約1,660円)、
    プライオリティになると29.55ドル(約3,200円)。クレジットカードかPayPalで支払うことができる。

     オジーのオンライン・ショップ(store.ozzy.com)ではこのほか、
    昨年、コウモリの頭を食いちぎったアクシデントから37年が経ったの記念し作られた頭部が
    取り外せるコウモリの人形もまだ販売している。
    また、OzzfestのeBayショップ(ebay.com/str/ozzfest)で売りに出しているアイテムは、
    収益の10%をオジーと同じくパーキンソン病を患う俳優のマイケル・J・フォックスが
    この病のリサーチ/患者を支援するため設立した基金へ寄付するという。

     オジーは、4月初めスイスにいるパーキンソン病の専門家に診てもらうはずだったが、
    新型コロナウイルスの影響で断念。しかし、娘ケリーによると、
    幹細胞治療を受けたことにより症状が緩和しているという。

    【『オジー・オズボーン』、72時間限定で”コロナに打ち勝てコウモリTシャツ”販売。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 老師岩食 ★ 2020/04/10(金) 00:05:51.42 ID:WisAAPRL9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000181045
    2020.4.9 10:05


    トニー・アイオミが、家で自己隔離中の生活について語った。近所の人たちや友人との絆が深まったと感じているそうだ。


    彼は地元、英国バーミンガムの新聞『Birmingham Mail』にこう話した。「車洗ったり、ガレージの掃除したり、やらなきゃって気づいたちょっとした作業をしてるよ。みんなと同じだ。妻とテレビを一気見したりね。『オザークへようこそ』と『ボードウォーク・エンパイア』を見てるよ。それに、ギターもプレイしてる。ちょっとツアー中みたいだ。ステージには上がらないけど、毎晩、部屋にこもる」

    「隣人たちが立ち寄って、玄関のところに、買い物の必要はないかってメモを残してくれるんだ。哀れな老人を気遣ってくれている! 僕らみんなの絆が一層深まっているように思う。ロサンゼルスで療養中のオジーとも毎日連絡取ってるんだ」

         ===== 後略 =====
    全文はソースをご覧ください
     

    【トニー・アイオミ「毎日、オジーと連絡取ってる。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2020/02/19(水) 05:38:20.84 ID:V4+58QwU9
    2020年2月19日 0時24分 ナリナリドットコム
    オジー・オズボーン、健康問題で北米ツアー中止
    https://www.narinari.com/Nd/20200258495.html
    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/202002/19/20200219003.jpg
    20200219003


    オジー・オズボーン(71歳)が、アメリカツアーのキャンセルを発表した。先月、パーキンソン病を患っていることを明かしていたオジーだが、昨年の転倒事故による手術からの回復が思わしくないようで、5月復帰を目途にしていたツアーが中止される運びとなった。

    ザ・サン紙に関係者が次のように語っている。

    「まだ強い痛みがある状態です。復帰したいのは山々ですが、全力を尽くすことができるようになるまでツアーを焦りたくないそうです。現在は無理ですね」

    そのアメリカツアーはジョージア州アトランタで5月27日を皮切りに、ネバダ州ラスベガスで7月31日に幕を閉じる予定となっていた。

    上記の関係者はこう続ける。

    「本人及びツアーに携わっていた全員が大変な落胆をしています。しかしオジーは正しい決断であるとして、今年の秋のイギリスでのライブ前には完全復帰するつもりでいます」

    そのイギリスツアーは10月にニューキャッスルで開始予定なものの、現在はオジーの容態次第とされている。

    昨年は肺炎の他、様々な健康問題に直面していたオジーだが、今回のパーキンソン病発症で自分の死についてより考えるようになったという。

    「もうそろそろ時間だって俺が思うかだって?考えるが、不安はない。この世界にこの先15年いるわけじゃない。そう長くはない。しかしそんな事に囚われはしない」
    「俺たち全員にやって来ることさ。今幸せかって?そんなわけない、健康がすぐれないからな。こういった事が俺を打ちのめしやがる。しかし俺はまだここにいる」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『オジー・オズボーン』、健康問題で北米ツアー中止。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 名無しさんのみボーナストラック収録 2018/10/05(金) 01:01:45.51 ID:PIi2D4pD0
    言われてるけど、実は遅れて来たサイケロックだよねw
    ビートルズの影響濃厚だし

    【『ブラックサバス』ってメタルの元祖みたいに・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: みつを ★ 2020/01/22(水) 04:09:51.92 ID:4uEq5xzo9
    【速報】オジー・オズボーン氏(71)、パーキンソン病診断を告白

    2020/01/22


    https://www.smh.com.au/culture/music/rocker-ozzy-osbourne-reveals-parkinson-s-diagnosis-20200122-p53tj2.html


    Rocker Ozzy Osbourne reveals Parkinson's diagnosis
    By Laura Harding
    January 22, 2020 ― 4.04am

    Rock legend Ozzy Osbourne has revealed he has been diagnosed with Parkinson's disease.

    The Black Sabbath frontman and reality TV star, 71, told Good Morning America it was discovered that he had the neurodegenerative disorder after a fall.


    "I did my last show New Year's Eve at The Forum," he said.

    "Then I had a bad fall. I had to have surgery on my neck, which screwed all my nerves and I found out that I have a mild form."
    (リンク先に続きあり)


    https://static.ffx.io/images/$zoom_0.347%2C$multiply_0.4431%2C$ratio_1.5%2C$width_756%2C$x_40%2C$y_8/t_crop_custom/q_86%2Cf_auto/92a36cc7a462e086dcb23029fd7c4c4dd4e475cc

    【オジー・オズボーン氏(71)、パーキンソン病診断を告白。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2020/01/12(日) 14:56:54.27 ID:ifqRf23L9
    2020.1.10 金曜日
    オジー・オズボーン、エルトン・ジョンとのデュエットとなる新曲“Ordinary Man”が公開
    https://nme-jp.com/news/83970/


    オジー・オズボーンはエルトン・ジョンとのデュエットとなる新曲“Ordinary Man”が公開されている。

    エルトン・ジョンとのコラボレーションについてオジー・オズボーンの妻であるシャロン・オズボーンは次のように語っていた。「素晴らしいことがたくさんあるわ。健康だし、ファンのところに戻ってくるの。やりたいことをやるのよ。つまりツアーに出て、ファンと一緒にいるっていうね。そして、もちろん、新曲もあるわ。これが素晴らしいの。友人たちがたくさん参加しているのよ。エルトンとも曲をやってるの。素晴らしい曲がたくさんあるわ。いいことがね」

    “Ordinary Man”の音源はこちらから。
    https://www.youtube.com/watch?v=fWUxkZEuJG4



    オジー・オズボーンは10年ぶりとなるオリジナル・アルバム『オーディナリー・マン』が2月にリリースされることが決定している。

    新作はリズム・セクションをガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンとレッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスが務めている。

    アルバムからは“Under The Graveyard”のほか、スラッシュがギターで参加している“Straight To Hell”が公開されている。

    “Straight To Hell”のミュージック・ビデオはこちらから。
    ※一部に過激、性的な描写が含まれます。
    https://www.youtube.com/watch?v=kSRNrVjISRQ




    (おわり)

    【『オジー・オズボーン』『エルトン・ジョン』とのデュエットとなる新曲“Ordinary Man”が公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/12/09(月) 22:57:42.65 ID:BSaVz7E99
    2019.12.9 月曜日
    オジー・オズボーン、盗まれたランディ・ローズのギターの情報に270万円の報奨金を出すと発表
    https://nme-jp.com/news/82850/

    GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/12/GettyImages-610277660-1-720x458.jpg
    GettyImages-610277660-1-720x458


    オジー・オズボーンは今は亡きギタリストにして友人のランディ・ローズのギターなどが盗まれた盗難事件の解決に繋がる有力情報に2万5000ドル(約270万円)の報奨金を出すと発表している。

    ランディ・ローズがかつて教鞭を執っていたノース・ハリウッドにあるミューゾニア・スクール・オブ・ミュージックは現地時間11月28日のサンクスギビングデーの日に盗難の被害に遭っており、オジー・オズボーンは今回、この事件の解決に繋がる有力な情報に報奨金を出すことを発表している。ランディ・ローズはオジー・オズボーンとの仕事で知られ、1982年に飛行機事故で25歳の若さで亡くなっている。

    オジー・オズボーンは盗まれた品々の写真を公開して次のように述べている。「多くの人たちが知っているかもしれないけど、カリフォルニア州ノース・ハリウッドにあるミューゾニア・スクール・オブ・ミュージック(ランディ・ローズがギターを教えていたことで有名な学校だよ)がサンクスギビングの夜に盗難の被害に遭ったんだ。ミューゾニアはランディの今は亡き母親のドロレスが運営していた学校で、ランディが37年前に亡くなった後は、世界中から彼のファンが訪れる聖地のような場所になっていたんだ」

    彼は次のように続けている。「ここはランディの家族が心を開いて、ランディの人生を喜んで共有できる場所なんだ。想像の通り、盗まれた物のなかにはランディの最初のエレクトリック・ギターも含まれている。これはローズ家にとって掛け替えのない物なんだ」

    「ランディやドロレスが大切にしてきた、思い出の詰まった品々が家族の手から引き離されてしまったことに心を痛めている。そういうわけで、逮捕や有罪判決、もしくは盗まれたすべての品々の返却に繋がる情報に、個人的に2万5000ドルの報酬を出すことに決めたんだ」

    https://www.facebook.com/ozzyosbourne/posts/10157933486367318

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『オジー・オズボーン』、盗まれたランディ・ローズのギターの情報に270万円の報奨金を出すと発表。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (9)


    1: 湛然 ★ 2019/11/08(金) 23:03:38.37 ID:KtqP0vvj9
    11/8(金) 17:40 rockinon.com
    オジー・オズボーン、9年ぶりとなる新曲"Under The Graveyard”公開! 「全身全霊を注ぎ込んだ」新ALは来年初めにリリース予定
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000011-rorock-musi

    OZZY OSBOURNE - "Under The Graveyard" (Official Audio)
    https://www.youtube.com/watch?v=fMAAMfHgO4Q




    オジー・オズボーンが、ソロとしては約9年ぶりとなる新曲”Under The Graveyard”をリリースした。

    また、オリジナル・アルバムとしては2010年の『スクリーム』以来となる新作『オーディナリー・マン』も2020年初めにリリースを予定しているそうだ。

    アルバムはロサンゼルスでレコーディングされ、プロデューサーのアンドリュー・ワットがギター、ダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)がベース、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)がドラムスとして参加しているとのこと。

    なお、ニュー・アルバムについて、オジーから以下のコメントが届いている。

    おそらく『ノー・モア・ティアーズ』以来の、久々の重要な作品になりそうだ。このアルバムは崇高なる力からの贈り物だった。俺にとっては決して諦めてはいけないということの証拠だね。

    (娘の)ケリーがやってきて「ポスト・マローンの曲を手掛ける気はない?」と訊いてきたのがすべての始まりだった。俺の最初の反応は「ポスト・マローンってのは一体誰だ?」だったよ。

    アンドリューを訪ねたら、すぐに作ろうと言われた。一緒にその曲を作り終えると、あいつは「アルバムを作り始める気はないか」と言ったんだ。「それはファッキン素晴らしいことだな。ただ、地下室に半年も篭って作業するのはごめんだ!って思っているんだ」と言ったよ。

    そうしたらほんの短い間にアルバムが仕上がったんだ。ダフとチャドが加わって、日中はみんなでジャムって、夜は俺が曲作りに取り組んだ。自分がアルバムを作るべきだというのは(妻でマネージャーの)シャロンにも以前話したことがあったけど、心の奥では「でもそんなファッキンな力はないんだ…」と考えていた。

    でも、アンドリューが力を引き出してくれたんだ。俺が全身全霊を注ぎ込んだこのアルバムを、みんなが聴いて楽しんでくれることを心から願っているよ。


    ●リリース情報
    オジー・オズボーン
    "Under The Graveyard”
    iTunesでの購入及び各ストリーミング・サービスで配信中

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『オジー・オズボーン』、9年ぶりとなる新曲「Under The Graveyard」公開。 ”全身全霊を注ぎ込んだ”新ALは来年リリース予定。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/10/11(金) 05:37:32.54 ID:82lF1lqw9
    オジー・オズボーン ビデオメッセージ公開、「俺は死んでいない。引退するつもりはない。新しいアルバムを準備中」
    2019/10/10 10:45掲載
    http://amass.jp/126669/

    OZZY OSBOURNE - Message Regarding Upcoming Tour Dates
    https://www.youtube.com/watch?v=iZUnzqA03y0




    オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)は新たなビデオ・メッセージを公開し、自身の健康状態について語っています。またヨーロッパ・ツアーを再び延期することを発表しています。

    自分の健康状態を話すためにここにいる。おそらく知っている、あるいは知らないかもしれないが、俺は今年の初めにひどく転倒した。首の椎骨を痛めて手術をしなければならなかった。今は俺の車よりも多くのボルトとナットが首にある。俺は死んでいないよ。回復している。皆が思っていたよりも少し時間がかかっているだけだ。一日中クソベッドで過ごさなければならなく、うんざりだ。さっさと腰を上げて、また行くのが待ちきれないよ。でも、もう少し辛抱してくれ。まだ準備ができていないので、ヨーロッパツアーは延期する。引退するつもりはない。まだギグがある。アメリカ・ツアーに戻ってきたときには、みんなをびっくりさせるつもりだ。新しいアルバムも準備中だ。

    オジーは最後に、ヨーロッパ・ツアーを一緒に行う予定だったジューダス・プリーストをはじめ、バンドやツアースタッフ、プロモーターのLive Nationに感謝し、そして「ファンに一つだけ言いたいことがある。あなたの忍耐と忠誠心に心から感謝します。愛している」とファンにも感謝を伝えています

    (おわり)

    【『オジー・オズボーン』ビデオメッセージ公開。「俺は死んでいない。引退するつもりはない。新しいアルバムを準備中。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/06/28(金) 23:01:28.08 ID:wOYp7wCM9
    2019.6.28 金曜日
    ブラック・サバスのギーザー・バトラー、今のヘヴィー・メタルは聴いていないと語る
    https://nme-jp.com/news/75177/

    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/06/2019_blacksabbath_getty_2000x1270-720x458.jpg
    2019_blacksabbath_getty_2000x1270-720x458


    ブラック・サバスのトニー・アイオミとギーザー・バトラーは最近のヘヴィ・メタルを聴いていないことを明かしている。

    トニー・アイオミとギーザー・バトラーは現地時間6月26日にイギリスのバーミンガムで開幕したブラック・サバスの結成50周年を記念した回顧展の記念式典に出席して、普段聴いている音楽について語っている。

    「(今のメタルは)特に聴いていないんだ」とギーザー・バトラーは語っている。「ザ・ビートルズとかストーンズとか、ザ・キンクスとかさ、俺が聴くのはそういう音楽だよ」

    「古い音楽を聴くことのほうが多いかな。新しい曲よりも、クラシックな曲を聴くことが多い。そっちのほうが、繋がりを感じるんだ」とトニー・アイオミは語っている。

    「ホーム・オブ・メタル:ブラック・サバス・アット・50’エキシビション」と題された回顧展は、ウェスト・ミッドランズ州出身のブラック・サバスがいかにしてヘヴィ・メタルの先駆的存在となったのかを示し、称賛するものとなっている。

    ギーザー・バトラーはブラック・サバスが後進のメタル・バンドたちに与えてきた影響について、次のように語っている。「言うまでもなく、素晴らしいことだよ。僕らは長きにわたってメディアからないがしろにされてきたんだからさ。アメリカでのギグがソールドアウトしていたり、音楽も売れていたから、そんなのは一切気にしなかったけどね」

    「アンスラックスのようなバンドが“Sabbath Bloody Sabbath”をカヴァーしてくれたり、メタリカが影響を受けたバンドとして俺たちの名前を挙げてくれた時に初めて思ったんだ。『俺たちは称賛されているのか?』ってね」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『BLACK SABBATH』のギーザー・バトラー「今のヘヴィー・メタルは聴いていない。」】の続きを読む

    このページのトップヘ