メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (6)


    1: Egg ★ 2019/11/12(火) 09:50:43.37 ID:OTa7xl9X9
    一部の日本企業が視力の悪い女性にメガネではなくコンタクトレンズの着用を求めていることが報じられ、物議を醸している。報道によると禁止している企業は様々な業種に及び、主張する理由はそれぞれ。航空会社は「安全上」、美容業界は「美容部員のメガネは客にメイクが見にくくなる」、ある企業は「受付の女性がメガネだと冷たい印象を与える」と説明している。

    イギリスのテレビ局「BBC」は京都外語大学の根本宮美子教授のコメントを紹介している。「これはジェンダーに関わる問題で非常に差別的。これは日本的な古い考え方を反映している」「企業は女性らしさという外見に価値を置き、メガネをかけている女性は女性らしくないと考えている」と教授は指摘している。

    写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20191111-00010006-elleonline-001-1-view.jpg
    20191111-00010006-elleonline-001-1-view

    親日家で日本に何度も来日しているシンディ・ローパーも批判の声を上げている。「メガネのおかげで効率的に仕事ができる」とメガネ姿の写真をアップ。さらに「この靴だから仕事中も快適に過ごせる」とオックスフォードシューズの写真も添え、日本企業のハイヒール強制に対して起きた反対運動「#KuToo」もサポートしている。

    日本の女性の間からも「メガネ禁止令は差別だ」という抗議や怒りの声が上がっている。これらの意見に企業がどのように応えるのか見届けたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010006-elleonline-ent

    【『シンディ・ローパー』、日本企業の”女性はメガネ禁止”を批判。メガネではなくコンタクトレンズの着用を求め物議。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/10/28(月) 22:58:29.13 ID:WxMEnUWW9
    シンディ・ローパー 『行列のできる法律相談所 3時間スペシャル』にゲスト出演決定
    2019/10/28 13:21
    http://amass.jp/127395/


    シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)、日本テレビ系『行列のできる法律相談所 3時間スペシャル』にゲスト出演決定。11月3日(日)放送

    ■行列のできる法律相談所 3時間スペシャル』
    テーマ「ちょっと揉めてる人、ちょっと気まずい人」
    日本テレビ系 11月3日(日)19:00-22:00

    <MC>
    明石家さんま

    <アシスタント>
    市來玲奈

    <パネラー>※五十音順
    相武紗季
    新田真剣佑
    市村正親
    篠田麻里子
    田中みな実
    長井短
    浜辺美波
    村田琳
    YOSHI
    ROLAND

    後藤輝基
    東野幸治
    渡部建

    <弁護士>
    北村晴男
    菊地幸夫

    (おわり)

    【『シンディ・ローパー』、日テレ「行列のできる法律相談所 3時間スペシャル」にゲスト出演。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: きつねうどん ★ 2019/10/25(金) 21:14:48.34 ID:CAP_USER
    http://japan.techinsight.jp/wp-content/uploads/2019/10/cyndilauper191025_001-300x180.jpg
    cyndilauper191025_001-300x180

    天皇、皇后両陛下が即位を宣明される「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」が10月22日に行われ、国内から1576人、海外から423人が参列したという。ニュースでもその様子が報じられたが、折しもツアーで来日中の米ロック歌手シンディ・ローパーが注目を集めている。
    デビュー35周年Anniversary Tourを10月8日の仙台公演からスタートした シンディ・ローパーが、10月23日の大阪公演に白い衣装で登場したからだ。
    音楽評論家の湯川れい子がTwitterで「シンディは昨日の大阪公演で、天皇陛下の式典に合わせて祝意と敬意を表するために、自分を含めバンド全員が白い服を着てステージに上がったと言うことです」と「SONYの白木さんが送って下さったとっても素敵な写真」とともに紹介している。

    彼女が「こう言う心配りが素晴らしいですよね! なかなか出来そうで出来ることではありません」とツイートしたところ、フォロワーから「なるほど。広島では、鮮やかな色でした」と感心する声をはじめ「なんて粋な心配り ますますシンディが大好きになりました」、「そんな心配りができるから今でもスーパースターなんですね」などの反響があった。

    そんなシンディ・ローパーは親日家で知られる。2011年3月11日に東日本大震災した際に来日中だった海外アーティストの多くが公演を中止して帰国するなか、彼女は節電を心掛けたうえで予定通り日本公演を行い「私が留まってパフォーマンスをすることで、皆にちょっと気晴らしをしてもらい元気を出してもらいたかった」とコメントしたことは語り草となっている。

    下積み時代は地元ニューヨークのジャパニーズレストランでウェイトレスをしており、働かずにブラブラしていた彼女を見かねて「うちで働きなさい」と声をかけてくれたのが日本人の女性経営者で、そうした経緯から日本が好きになったという。

    それにしても「即位の礼」に合わせて白い服で敬意を表すとは、日本人アーティストのライブでもやっていないのではないか。シンディ・ローパーがデビュー35周年を迎えてなお日本で愛されるのは、パフォーマンスの素晴らしさはもちろんながら、そうした人柄もあるのだろう。

    画像は『Cyndi Lauper 2019年10月24日付Twitter「Thank you Osaka! Xxx」』『湯川れい子 2019年10月25日付Twitter「シンディは昨日の大阪公演で、天皇陛下の式典に合わせて祝意と敬意を表するために、自分を含めバンド全員が白い服を着てステージに上がったと言うことです。」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

    http://japan.techinsight.jp/2019/10/maki10251040.html

    【『シンディ・ローパー』、天皇陛下“即位の礼”に合わせ大阪公演で白衣装。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/10/11(金) 05:16:46.08 ID:82lF1lqw9
    2019.10.10
    シンディ・ローパー 66歳変わらずパワフル「ガンバレ」 派手に35周年ツアー
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/10/0012778867.shtml

    35周年ツアーの東京公演を行ったシンディ・ローパー=東京・Bunkamuraオーチャードホール
    https://i.daily.jp/gossip/2019/10/10/Images/f_12778868.jpg
    f_12778868


     米歌手シンディ・ローパー(66)が10日、4年ぶり12回目の単独来日公演となる、デビュー35周年記念ツアーの東京公演をBunkamuraオーチャードホールで開催した。

     壇上から客席最前列に向けて身を乗り出したり、バンドメンバーと“格闘”するなど賑やかなステージを展開。変わらずパワフルな歌声で、「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン」「トゥルー・カラーズ」など全15曲で満員の2000人を魅了した。時折、観客と「ガンバレ」と声を掛け合う一幕も。ラストは喝采に「シー・ユー」と応じ、ステージを後にした。

     今回の来日公演は8日の仙台からスタートしており、全国8公演で計1万5000人を動員予定。

    (おわり)

    【『シンディ・ローパー』66歳、変わらずパワフル。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/07/24(水) 22:52:58.00 ID:+fCHotjW9
    7/24(水) 17:00 Rolling Stone Japan
    シンディ・ローパー来日公演、東京2デイズ即完につき追加公演が決定
    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/31562
    10月に4年9か月ぶりのジャパン・ツアーを開催するシンディ・ローパー(Courtesy of SONY MUSIC)
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/31000/31562/ORG/9c44772f938f7d14b4222a15e82ba2e7.jpg
    9c44772f938f7d14b4222a15e82ba2e7


    10月に4年9か月ぶりとなる来日公演を行うシンディ・ローパーが、東京2公演が即日ソールドアウトとなったことを受けて、急遽追加公演を発表した。

    今回の来日公演は、シンディのデビュー35周年を記念したアニバーサリー・ツアー。東京以外にも既に大阪と名古屋がソールドアウトしており、他地域も売れ行き好調とのこと。追加公演はツアー千秋楽となる10月25日に、Bunkamuraオーチャードホールにて開催。チケットは本日から7月26日9:59まで、ウドープレミアム・メンバーズにて先行予約を実施中だ。

    また、彼女のデビュー35周年&来日を記念して、8月28日に日本独自企画の最新ベスト盤『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』もリリースされる。2枚組のDISC1には、1984年~1995年に日本で発売された全シングル曲(マキシ・シングルを除く)を、発売順にシングル・バージョンに準じて収録。さらに、シンディ自身も患っている皮膚病「乾癬」についての意識向上キャンペーンにあわせて、2017年末に発表された最新曲「HOPE」もボーナス・トラックとして追加収録。「HOPE」は、彼女自身の病気の経験からインスピレーションを得た、乾癬に苦しむ人々に希望と勇気を与える楽曲で、このたび世界初CD化となる。

    DISC2のDVDには、シンディがEPIC在籍時に発表したすべてのミュージック・ビデオを収録。加えて56ページにおよぶブックレットには、収録曲の当時の日本盤全シングル・ジャケット(ドーナツ盤/一部8㎝CD盤)を12㎝CDジャケット・サイズで復刻再現して掲載した、ファン垂涎のコレクションとなっている。

    <来日公演情報>

    シンディ・ローパー デビュー35周年Anniversary Tour

    【仙台】10月8日(火)仙台サンプラザホール
    【東京】10月10日(木)・11日(金)Bunkamuraオーチャードホール
    【名古屋】10月15日(火)名古屋市公会堂
    【金沢】10月18日(金)本多の森ホール
    【広島】10月21日(月)広島上野学園ホール
    【大阪】10月23日(水)グランキューブ大阪
    【東京追加】10月25日(金)Bunkamuraオーチャードホール

    詳細:https://udo.jp/concert/CyndiLauper

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『シンディ・ローパー』来日公演、東京2デイズ即完につき追加公演が決定。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 湛然 ★ 2019/07/05(金) 22:48:39.23 ID:vP2lQVun9
    2019.7.5 17:04 BARKS
    シンディ・ローパー、全シングル曲とMV収録のベスト盤発売
    https://www.barks.jp/news/?id=1000169134

    https://img.barks.jp/image/review/1000169134/001.jpg
    001


    シンディ・ローパーのデビュー35周年と4年9ヵ月ぶりの来日公演を記念して、日本独自企画の最新ベスト盤『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』が8月28日(水)に発売される。

    同ベスト盤はCDとDVDの2枚組となっており、CDには1984年~1995年に日本で発売された全シングル曲(マキシ・シングルを除く)と、ボーナストラックとして、2017年末に発表された最新曲「HOPE」が収録される。「HOPE」は、自身の患う皮膚病(疥癬)についての意識向上キャンペーンにあわせて発表された楽曲で、今回がCD初収録となる。

    DVDにはシンディがEPIC在籍時に発表した全ミュージックビデオ26作品が収録されており、うち10作品が世界初DVD化である。56ページに及ぶブックレットの内容は、当時の日本盤全シングルジャケットを1曲ごとにCDジャケットサイズで再現して掲載したコレクションだ。

    また、全国のCDショップでは、購入者特典キャンペーンの実施が決定している。対象店舗は後日オフィシャルサイトにて発表されるという。

    ■『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』
    2019年8月28日(水)発売 2枚組(CD+DVD)SICP31238~31239 特別価格¥3,000+税

    【高品質Blu-SpecCD2仕様×全曲2019年デジタル・リマスター(DISC1)】
    ※最新曲「HOPE」を世界初CD化で追加収録

    【シンディがEPIC期に発表した全てのミュージック・ビデオを収録(DISC2)】
    ※最新曲「HOPE」含む全26曲収録。10曲が世界初DVD化

    【カラー56Pブックレット】
    ・日本盤全シングル・ジャケット(ドーナツ盤/一部8cmCD盤)を12cmCDジャケット・サイズで復刻再現して掲載 ・歌詞・対訳・解説付

    ▼収録内容
    DISC1 【CD:JAPANESE SINGLES】 
    01. ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン
    02. タイム・アフター・タイム
    03. シー・バップ
    04. オール・スルー・ザ・ナイト
    05. マネー・チェンジズ・エヴリシング
    06. ホエン・ユー・ワー・マイン
    07. グーニーズはグッド・イナフ
    08. トゥルー・カラーズ
    09. チェンジ・オブ・ハート
    10. ホワッツ・ゴーイン・オン
    11. ボーイ・ブルー
    12. ホール・イン・マイ・ハート
    13. 涙のオールナイト・ドライヴ
    14. マイ・ファースト・ナイト・ウィズアウト・ユー
    15. ヘディング・ウエスト
    16. フー・レット・イン・ザ・レイン
    17. カム・オン・ホーム
    18. タイム・アフター・タイム feat. サラ・マクラクラン *
    19. ホープ *
    *ボーナス・トラック

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『シンディ・ローパー』、全シングル曲とMV収録のベスト盤発売。激安で話題に。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2019/06/03(月) 12:25:32.68 ID:jJdF2aDG9
    シンディ・ローパー、4年振りとなる来日公演が決定
    2019.6.3 12:00
    https://www.barks.jp/news/?id=1000167849

    https://img.barks.jp/image/review/1000167849/news_photo01.jpg
    news_photo01


    グラミー賞のみならずエミー賞、トニー賞も受賞し、音楽シーンに輝き続ける多才な女性アーティスト=シンディ・ローパーの来日公演が決定した。4年振りの来日公演、デビュー35周年Anniversary Tourとなる。

    シンディ・ローパーは大の親日家としても知られており、2011年の東日本大震災の際には多くの来日公演が中止となる中、日本ツアーを敢行。日本のファンを勇気づけてくれた。さらに翌2012年、2015年にもツアーを行い、2013年には夏フェス(サマソニ)に参加した。

    2016年、オリジナル・アルバムとしては5年振り、初のカントリー・アルバム『ディトゥアー ~回り道~』をリリース。80年代から活躍を続け、音楽界で最も愛されるアイコンのひとり、シンディのデビュー35周年を祝うアニバーサリー・ツアーをお見逃しなく。

    ライブ・イベント情報
    <シンディ・ローパー デビュー35周年Anniversary Tour>
    【仙台】
    10月8日(火) 仙台サンプラザホール

    【東京】
    10月10日(木)・11日(金) Bunkamuraオーチャードホール

    【名古屋】
    10月15日(火) 名古屋市公会堂

    【金沢】
    10月18日(金) 本多の森ホール

    【広島】
    10月21日(月) 広島上野学園ホール

    【大阪】
    10月23日(水) グランキューブ大阪

    ■一般発売
    仙台:7月5日(金)
    東京:6月22日(土)
    名古屋:6月29日(土)
    金沢:詳細後日
    広島:7月13日(土)
    大阪:6月29日(土)

    (おわり)

    【『シンディ・ローパー』、4年振りとなる来日公演が決定。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/19(土) 18:04:05.27
    シンディ・ローパーは、ナッシュビルへ向かいカントリー音楽のアルバムを
    制作したいと考えているそうだ。2016年のリリースを予定しているという。

    Contactmusic.comによると、彼女はこう話した。
    「あなたがカントリー音楽聴くか知らないけど、私、Sire Recordsの共同創立者の
    セイモア・ステインと一緒に仕事をしたいの。いつもそう思っていた。
    まだ歯があるうちは、彼とやりたいって言い続けるわ!」

    「それに、ナッシュビルでトニー・ブラウンとカントリー・アルバムを作りたいって思っている。
    昔、アパートメントで歌いまくってた曲をレコーディングしたいのよ。来年リリースするわ」

    シンディは前作『Memphis Blues』(2010年)でブルースのアルバムを制作した。

    最近、アメリカではカントリー音楽に興味を示すロック・アーティストが多いようだ。

    すでにシングル「Love Is Your Name」をリリースした
    エアロスミスのスティーヴン・タイラーだけでなく、
    マリリン・マンソンもカントリー風の音楽を作りたいと話していた。

    Ako Suzuki

    http://img.barks.jp/image/review/1000119889/001.jpg
    http://www.barks.jp/news/?id=1000119889
    2015-09-18 18:48:45

    【【親日家】シンディ・ローパー、カントリー音楽のアルバムを制作する。】の続きを読む

    このページのトップヘ