メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/04/15(月) 22:29:47.05 ID:DKQASogh9
    2019/04/15(月)
    プリンス、1995年のパリコレで無料配布された“幻のカセット”が復刻

     プリンスの未発売音源を収録したミックステープがカセットで4月17日にリリースされる。

     2016年4月21日に57歳の若さで急逝したプリンス。1995年以降に発売され、廃盤後は入手困難となっていた作品をCDやアナログ・レコード等で発売していくカタログ・リリース・プロジェクト<LOVE 4EVER>第3弾として、幻のカセット『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』がリリースされる。

     国内盤はホワイト・カラー・カセット仕様で、スリーヴ/日本語解説付。同作品は数か月後に発売されるアルバム『ザ・ゴールド・エクスペリエンス』収録曲のリミックスや、ニュー・パワー・ジェネレーションのアルバム『エクソダス』、マッドハウス『24』、ザ・NPG・オーケストラ『カーマスートラ』収録楽曲の別バージョンなどの未発売音源が、いわゆる“アルバム”ではなく“ミックステープ”という形で収録されており、これまでプリンスの作品のなかで最も入手困難な未発売アイテムだったという。

     『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』は、1995年夏にパリのファッション・ウィークで開催されたイタリアのラグジュアリーブランド<ヴェルサーチ>(現:ヴェルサーチェ)のショウにて、来場者に無料で配布された幻のカセット。当時500本のみ生産された貴重な作品だ。

     プリンスは、ヴェルサーチのクリエイティブ・ディレクターであるドナテラ・ヴェルサーチと大親友で、彼女のショウのために当時まだ発売前のアルバム『ザ・ゴールド・エクスペリエンス』収録の「ゴールド」や「アイ・ヘイト・U」、「P.コントロール」のリミックス・バージョンほか、プリンスのジャズ・フュージョン・プロジェクト<マッドハウス>やザ・ニュー・パワー・ジェネレーションの未発売音源を収録したミックステープを来場者分用意した。

     今回、その幻のカセットが約24年の年月を経て実現。当時プリンスが選んだ“カセット”という形態でリリースする運びとなった。ちなみに、ソニー・ミュージックから洋楽の国内盤カセットを発売するのは25年ぶり。2000年代では初となり、“平成最後の洋楽カセット”として発売する。

     なお、プリンスの3年目の命日となる4月21日には、タワーレコード渋谷店にて『レイヴ完全盤』(26日リリース)収録のライブ映像の一部先行上映やトーク・イベントが開催される予定。同店舗では命日まで献花台が特別設置されている。


    ◎リリース情報
    ミックステープ『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』
    (原題『The VERSACE Experience Prelude 2 Gold』)
    <カセット>
    2019/4/17 Release
    SITP-1 2,500円(tax out)
    ※完全生産限定盤
    ※国内盤のみホワイト・カラー・カセット仕様/スリーヴ付/日本語解説付

    SIDE A
    1. PRINCE - Pussy Control (Club Mix) (Edit)
    2. PRINCE - Shhh (X-cerpt)
    3. THE NEW POWER GENERATION - Get Wild In The House
    4. PRINCE - Eye Hate U (Remix)
    5. PRINCE - 319 (X-cerpt)
    6. PRINCE - Shy (X-cerpt)

    SIDE B
    1. PRINCE - Billy Jack Bitch
    2. MADHOUSE - Sonny T. (X-cerpt)
    3. MADHOUSE - Rootie Kazootie (Edit)
    4. PRINCE - Chatounette Controls
    5. PRINCE - Pussy Control (Control Tempo) (Edit)
    6. THE NEW POWER GENERATION ORCHESTRA - Kamastutra Overture #5
    7. THE NEW POWER GENERATION - Free The Music
    8. PRINCE - Segue
    9. PRINCE - Gold (X-cerpt)


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000074/74763/650x_image.jpg
    650x_image

    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000074/74763/sub_image176227.jpg
    sub_image176227

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/74763/2

    【『プリンス』、1995年のパリコレで無料配布された“幻のカセット”が復刻。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/02/17(日) 12:35:28.67 ID:0MHuLwVD9
    2019.2.16 土曜日
    プリンス、オフィシャル・ツイッター・アカウントが開設されたことが明らかに

    プリンスのオフィシャル・ツイッター・アカウントが開設されたことが明らかになっている。

    2016年4月に享年57歳で逝去したプリンスだが、現地時間2月14日に開設されたこのアカウントを通してプリンスは讃えられていく予定で、ハンドル・ネームは@Princeとなっている。

    このアカウントの運営者は「@PRNLegacy」のアカウントなどでつぶやかれたツイートをはじめ、生前に開設されていたプリンス関連のアカウントを引き継ぐことになる。

    https://pbs.twimg.com/media/DzX_KrYXcAAA332.jpg
    DzX_KrYXcAAA332

    https://pbs.twimg.com/media/DzYAlmIX0AE4LFT.jpg
    DzYAlmIX0AE4LFT

    https://twitter.com/prince
    - Prince (@prince) February 14, 2019

    これまでに7つのツイートが行われており、プリンスの発言から引用された言葉などがツイートされている(「わざと挑発的になっているわけではなく、自分の意志で自らであるだけだ」等)。他にもプリンスのキャリア初期にまつわる文章や、オバマ前大統領による言葉がツイートされている。

    「音楽やポップ音楽の軌道に明らかな影響を与え、その才能でたくさんの人を感動させられるアーティストはほとんどいない」というオバマ元大統領の発言が引用されている。

    (中略)

    ツイッター・アカウントの開設はここ数ヶ月にわたってプリンスのミュージック・ビデオがYouTubeで公開されたのに続くものとなっている。


    https://nme-jp.com/news/68682/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『プリンス』オフィシャル・ツイッター・アカウントが開設される。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2018/09/14(金) 23:18:07.90 ID:CAP_USER9
    2018/09/11 18:58 rockinon.com
    プリンスのバンド・メンバーが明かした86年の横浜スタジアム公演の真実―― 「ギターを全部叩き壊したのは、プリンスからのメッセージだった」

    生前にプリンスがミネソタの自宅のスタジオで収録した音源を収めたアルバム、『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』が9月21日にリリースされる。

    『ロッキング・オン』10月号では、2年前の急逝以降では初の未発表音源作品となる今作について、当時、プリンスのバンド、ザ・レヴォリューションのキーボードとして一緒に作業に臨んでいたリサ・コールマンへのインタビュー記事を掲載している。

    今作はそのタイトルにもあるように、1983年当時、プリンスがピアノの弾き語りのみでレコーディングした、ごくプライベートな内容となっているが、リサ自身はこの音源の存在については知っていたのだろうか。以下のように答えた。

    特にこの音源の存在については知らなかったんだけど、こういうものをレコーディングしていることは珍しいことではなくて。いつも録音はしていたから。ただの練習でも、ジャム・セッションでも、テープは回しているものだったのね。

    メンバーもそれぞれにテープ・レコーダーで録音していて、というのも、常にアレンジが変わり続けてて、わたしたちも新しいアイデアについて行かなきゃならなくて……つまり、プリンスはものすごく飽きっぽかったから(笑)。いつも新しいアイデアを要求してくるから追いつけなかったの。現状がどうなっているのか確認するためにもそれが必要だった。

    また、今作に収録された楽曲の内、数曲は何か特定の作品用に想定されていたのかという質問には、「特にそういうことはなかったように思うけど」と述べつつも、彼のクリエイティブな一面について以下のように語っている。

    (中略)でも、大半がね、ただ思いつくままに曲を書いてるだけの音源で、プリンスは朝、目が覚めたらもう曲を書き始めてるっていう、そういう生き物だったから。

    それに当時はいくつものプロジェクトを同時進行させていて、やりたいことがあり過ぎて、どの方向に行くのか傍から見ててよくわからない感じだった。ただ、その状態もそんなには続かなくて、それはこの直後に『パープル・レイン』がものすごいことになったからで。

    さらにインタビューでは、1986年のアルバム『パレード』のツアーでバンドの終わりが見えていたのか、という問いには、同年に行われた横浜スタジアム公演での話にも触れ、当時のこと以下のように語った。

    それがわたしにはそう思えなかった。すごく楽観的に構えてたし、終わりを見たくなかったということもあったし。でも、バンドのみんなは落ち着きがなくなってて、どうなるかわからないし、なんか変な感じだよって言ってて。そんなことは絶対にありえないってわたしは言ってたのね。

    だから、あの横浜スタジアム(86年9月9日)のわたしたちの最後のライブで、プリンスはギターを全部叩き壊しちゃったんだけど、あれはバンドへのものすごいメッセージだったのね。もうこれを続けるつもりはないんだよっていう。その瞬間が、プリンスはバンドを終わらせるんだってやっとわかった時だった。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180910-00000018-rorock-000-1-view.jpg
    20180910-00000018-rorock-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000018-rorock-musi

    【プリンスのバンド・メンバーが明かす86年横浜スタジアム公演の真実。 「ギターを全部叩き壊したのは、彼からのメッセージ。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/05/01(火) 22:29:09.02 ID:CAP_USER9
    床に倒れたプリンスさん遺体の現場写真を米誌公開
    [2018年5月1日10時44分]

     2016年、米ミネソタ州のスタジオ兼自宅で倒れ、57歳で死去した米歌手プリンスさんの死亡当時の現場写真を米誌が公開した。

     米ナショナル・エンクワイアラー誌最新号は、遺体となって床に倒れているプリンスさんの10枚におよぶ写真を公開すると同時に、薬物を過剰摂取していた真相について報じた。

     内部事情に詳しい人物が同誌に明かしたところによると、亡くなるまでエイズと闘っていたプリンスさんは、ひそかに鎮痛薬を入手するため、怪しげな薬物の仲介人らと取引をしていたという。内部関係者は同誌に、「彼はあと数カ月の命だと知っていた」と語っている。

     同誌はまた、警察関係者の話として、警察はプリンスさんの自宅兼スタジオ「ペイズリー・パーク」内を家宅捜索し、ビデオテープや書類などを押収。しかし、警察が到着前に、邸内から無数の薬が消えていたことから、証拠隠滅を疑っていると報じている。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    (ニューヨーク=鹿目直子)


    プリンスさん
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201805010000300-w500_0.jpg
    201805010000300-w500_0

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805010000300.html

    【床に倒れたプリンスさん遺体の現場写真を米誌公開。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/03/27(火) 13:03:18.76 ID:CAP_USER9
    故プリンスさんの薬物検査報告書を米AP通信が入手 驚くべき高い数値
    2018年03月27日 11:56
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/27/kiji/20180327s00041000144000c.html
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/27/jpeg/20180327s00041000127000p_view.jpg 
    20180327s00041000127000p_view

    2016年に死去したプリンス(AP) Photo By AP
     2016年に麻酔系鎮痛剤「フェンタニル」の過剰摂取で死去した世界的なミュージシャン、故プリンスさん(享年57=本名プリンス・ロジャース・ネルソン)の遺体解剖の際に実施された薬物検査報告書を米AP通信が入手。
    同通信社によれば、本来1リットル当たり3~58マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1グラム)で致死量に達するフェンタニルが、67・8マイクログラムも検出されていたことが明らかになった。

     フェンタニル自体がヘロインの50倍以上の鎮痛効果があり、プリンスさんの過剰摂取が裏付けられる数値となった。

     肝臓1キログラムからは450マイクログラムを検出。69マイクログラム以上が過剰摂取、もしくは致死量とされており、この数値も大幅に上回っていた。

     腰痛に悩まされていたプリンスさんは鎮痛剤を日常的に服用していたことがわかっており2016年4月21日、ミネソタ州ミネアポリス郊外の自宅のエレベーターの中で意識を失って倒れているところを発見され、そのまま帰らぬ人となった。

    【故プリンスさんの薬物検査報告書を米AP通信が入手。驚くべき高い数値。】の続きを読む

    images


    1: みつを ★ 2017/12/14(木) 18:07:08.64 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155349?cx_position=33

    2017年12月14日 11:09 発信地:ニューヨーク/米国
    【12月14日 AFP】昨年急逝した米国の伝説的ポップミュージシャン、プリンス(Prince)さんが30年前に制作し、直後に廃棄するよう求めた「ブラック・アルバム(Black Album)」と呼ばれるアルバムのレコード盤が新たに数枚現存することが明らかになり、そのうちの1枚が13日、コレクターズサイトで売りに出された。同アルバムはコレクターの間で世界で最もレアなレコードの一つに数えられている。

    「ブラック・アルバム」レコード盤の1枚が販売されているのは、プリンスさんが契約を結んでいたレコード会社ワーナー・ブラザース(Warner Brothers)の元重役ジェフ・ゴールド(Jeff Gold)氏が運営しているコレクターズサイト「レコードメッカ(Recordmecca)」。レコードは未開封で、価格は1万5000ドル(約170万円)だ。

     楽曲「パープルレイン(Purple Rain)」の大ヒット後、名声を欲しいままにしていたプリンスさんは1987年12月、それまで誰も試みたことのない方法で楽曲をリリースしようと考えた。それは、自身の名前を明記せず、何のデザインも加えられていないアルバムを何も伝えずに店舗に出荷することだった。

     プリンスさんとの確執が伝説にもなっているワーナーは当時、思いとどまらせようとしたが、最終的には譲歩し、同レコード盤の製造を命じた。このレコードにはタイトルは付けられていなかったが、何もデザインされていない黒っぽいジャケットにちなんで、非公式に「ブラック・アルバム」と呼ばれていた。

     しかしプリンスさんはその直後、このアルバムは「邪悪」であるとの啓示を受けたと主張し、製造されたレコードをすべて廃棄するよう要求。ワーナーは自社工場にあった50万枚以上の出荷を止め、大半を廃棄した。しかし、ワーナー時代にプリンスさんと仕事をしていたゴールド氏によると、最近になって別の元重役から同アルバムが5枚見つかったと連絡が入ったという。

     匿名希望の男性の元重役は、自身のコレクションを整理しているときに当時社内で配布された2通の封筒を発見し、その中に「ブラック・アルバム」が5枚入っているのを見つけた。そのうち3枚を売却することにし、そのうちの1枚が現在、ゴールド氏のサイトで売りに出されている。ゴールド氏はすでに別の1枚を直接売却しており、残りの1枚も後日商品リストに掲載する予定で、今後は鑑定書を添付するつもりだという。

     プリンスさんは1994年後半、「ブラック・アルバム」の限定版をリリースしたが、レコードではなくCDとカセットテープだったため、同レコードはコレクターの間で垂涎(すいぜん)の的となっている。

     プリンスさんは縛りの多いワーナーとの契約に憤り、1990年代、発音できないシンボルマークに改名したことでも知られたが、2014年にワーナーと和解していた。(c)AFP

    仏パリで全仏オープンテニスを観戦するプリンスさん(2014年6月2日撮影)。(c)AFP PHOTO / PATRICK KOVARIK
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/b/375w/img_7b8666d3953024dd72f1a160b335ae47164544.jpg 
    img_7b8666d3953024dd72f1a160b335ae47164544

    【故プリンスの超レア盤「ブラック・アルバム」 170万円でコレクターが出品。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2017/11/06(月) 22:32:41.31 ID:CAP_USER9
    2017/11/06 20:49

    プリンスのギターが8000万円で落札

    プリンス(Prince)のギターがオークションに出品され、70万ドル(約8000万円)で落札されています。
    プリンスのギターはこれまでにも競売にかけられたことがありますが、今回が過去最高額です。
    主催元のジュリエンズ・オークションは落札価格を60,000ドル~80,000ドル(約685万円~約914万円)と予想していましたが、それを遥かに上回る10倍ほどの値段で落札されています。

    今回のオークションでは、このほかにも、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の手書きによる「Starman」の歌詞が81,000ドル(約925万円)で、
    マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の白いラインストーン入りの手袋が102,000ドル(約1160万円)で、
    マイケルが「Beat It」のミュージックビデオで着用していた赤いスネーク・スキン・ジャケットが118,000ドル(約1340万円)で、
    ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)が着用していたネール・シャツが106,000ドル(約1200万円)でそれぞれ落札されています


    https://i.cbc.ca/1.4388375.1509901570!/fileImage/httpImage/image.png_gen/derivatives/original_220/prince-cloud-guitar.png
    prince-cloud-guitar

    http://amass.jp/96917/

    【プリンスのギターが8000万円で落札。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/04/28(金) 22:14:48.16 ID:CAP_USER9
    2017/04/28 19:22

    プリンス&ザ・レヴォリューション『Purple Rain』のリマスター盤が6月23日に全世界同時発売決定。

    デラックス・エディションは、2015年にプリンス(Prince)本人自らが監修したリマスター音源のオリジナル・アルバム+レア・トラック他を多数収録したFrom The Vault & Previously Unreleasedの2CD仕様。

    そして、デラックス・エクスパンデッド・エディションは、デラックス・エディションに収録される2枚に加え、Disc 3にはシングル・エディット& B-Sidesを、そしてDVDとなるDisc 4には1985年に行われた貴重なライヴ映像(Prince And The Revolution, Live at the Carrier Dome, Syracuse, NY, March 30, 1985)を収録した3CD+1DVDの4枚組仕様です。

    海外ではリマスター音源を収録したアナログレコードも発売されます。

    (中略)

    ●『Purple Rain DELUXE - EXPANDED EDITION』

    [DISC-1/CD]
    ≫ Original Album (2015 Paisley Park Remaster)
    1. レッツ・ゴー・クレイジー
    2. テイク・ミー・ウィズ・ユー
    3. ビューティフル・ワン
    4. コンピューター・ブルー
    5. ダーリン・ニッキー
    6. ビートに抱かれて
    7. ダイ・フォー・ユー
    8. ベイビー・アイム・ア・スター
    9. パープル・レイン

    [DISC-2/CD]
    ≫ From The Vault & Previously Unreleased
    1. ザ・ダンス・エレクトリック
    2. ラヴ・アンド・セックス
    3. コンピューター・ブルー(ホールウェイ・スピーチ・ヴァージョン)
    4. エレクトリック・インターコース(スタジオ)
    5. アワ・デスティニー/ロードハウス・ガーデン
    6. ポセスド(1983年ヴァージョン)
    7. ワンダフル・アス
    8. ヴェルヴェット・キティ・キャット
    9. カトリーナズ・ペイパー・ドールズ
    10. ウィ・キャン F
    11. ファーザーズ・ソング


    >>2以降につづく)


    http://amass.jp/88038/

    【プリンス『Purple Rain』のリマスター盤が6月に全世界同時発売決定。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/14(金) 18:00:49.85 ID:CAP_USER9
    米人気歌手プリンスさんが薬物の過剰摂取により死亡してから半年となる13日、米ミネソタ州セントポールで追悼コンサートが企画され、米R&B歌手のスティービー・ワンダーやクリスティーナ・アギレラ、チャカ・カーンなど多くの有名歌手が出演者リストに名を連ねた。

    コンサートが行われたのは、プリンスの自宅兼スタジオ「ペイズリー・パーク」から西に48キロのセントポールのアリーナ。座席数1万7000席だが、19.99─152.50ドル(約2000─1万6000円)のチケットは、発売直後に売り切れたという。

    3時間のコンサートには、アニタ・ベイカーやトリー・ケリー、ミント・コンディションやプリンスのバックバンドのメンバーらも出演。セントポール市のコールマン市長は、13日を「プリンス・デー」にすると宣言。同市の大型建造物は同夜、プリンスの大ヒット作「パープル・レイン」にちなんで、紫色にライトアップされた。

    http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPKCN12E0CN
    http://i.imgur.com/ZBix0ZO.jpg 
     ZBix0ZO

    【プリンス追悼コンサート、S・ワンダーら有名歌手が出演。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/10(火) 12:08:53.35 ID:CAP
    米歌手プリンスさんの遺産を求めて、半分血のつながった兄弟と名乗る人物が700人ほど殺到しているという。

    先月に他界したプリンスさんが遺書を残していなかったことを受け、兄弟間で分配されるという2億万ドル(約215億円)
    の遺産を求めて名乗りを上げてきた人物の事実確認を急いでいるところだそうで、
    モース・ジニアロジカル・サービスのハーベイ・モース氏はメールオンラインに「弊社の電話は鳴りっぱなしです。
    恐らく600から700件の連絡が入っています」「その中にはありとあらゆるものがあり、
    『同じ地域に住んでいたから血縁関係があるはずだ』というようなものから『親族の集まりの写真にプリンスが写っている』
    というものまで多種多様です」と語っている。

    しかし、事実関係の怪しい個人の主張よりも書類上の証拠が好ましいとモース氏は訴えており、
    「公的な書類が好ましいです。
    出生証明書や結婚、死亡、離婚証明書、国勢調査の記録など、今回の件に関係なく作成された書類です」と続けた。
    ミネソタ州の法律においては、両親か片親が同じである兄弟全員が平等にプリンスさんの遺産を受け取れることになっている。

    そんな中、プリンスさんの妹タイカ・ネルソンと腹違いの5人の兄弟シャロン、
    ノリー、ジョン・ネルソン、オマー・ベイカーとアルフレッド・ジャクソンは
    今後の遺産管理についての審問に出廷したところで、何百万ドルもの価値があると
    言われるプリンスさんの未公開の作品を含めたすべての遺産の一部相続を全員が希望していた。

    http://news.mynavi.jp/news/2016/05/10/113/

    【プリンスさんの血縁者を名乗る人物が700人…遺産求め殺到。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 元ジャニーズJr. ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/27(水) 18:53:23.93 ID:CAP
    4月21日(現地時間)に亡くなった歌手プリンスさんを追悼するギタリストのアンドリュー・ワットのInstagramに、
    ジャスティン・ビーバーが生意気なコメントをしたことで炎上したと New York Daily News などが報じた。

     アンドリューは自身のInstagramにプリンスさんの急死を知りショックを受けたと書き「彼は生存する最高の
    パフォーマーの最後の一人だった。僕にとってギターのアイドルだった」と悲しみを募らせていた。

    そのコメント欄にジャスティンは「まあ、生存する最高のパフォーマーではないけどね」と投稿。これにはアンド
    リューのファンも、プリンスさんのファンも激怒したという。「少しは思いやりを持て、このバカ」「スター気取りの
    ちっぽけなガキがプリンスほどの素晴らしいアーティストを侮辱するなんて信じられない」「プリンスの小指の
    爪だけでも、お前よりも才能が詰まっている」などの書き込みが見られた。

     投稿されたジャスティンのコメントは現在は削除されているが、スクリーンキャプチャーされた写真は彼の
    Instagramのプロフィール写真とマッチしている。しかし、ジャスティンの代理人は彼ではないとBillboard誌に
    関わりを否定している。

    多くのアーティストがプリンスさんへの追悼コメントを出している中、ジャスティンは公式には何のメッセージ
    も送っていないことも話題となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000020-flix-ent

    【ジャスティン・ビーバー、プリンスさんを侮辱してると取れる表現でファンが激怒、炎上。】の続きを読む

    images


    1: 曙光 ★ 投稿日:2016/04/22(金) 06:57:50.66 ID:CAP
    米人気アーティストのプリンス(57)がミネソタ州で急死したと21日、複数の米メディアが報じた。

     報道によると、プリンスは21日の朝、同州ミネアポリス近郊にある、自身が所有するペイズリー・パークスタジオで発見されたという。

     プリンスは1957年生まれでミネソタ州出身。1978年にデビューし、「レッツ・ゴー・クレイジー」などヒット曲を量産。一億5000万枚近くを売り上げ、日本にも6度コンサートのため来日している。
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160422-OHT1T50044.html

    【【訃報】人気アーティストのプリンスさん(57)が急死。「レッツ・ゴー・クレイジー」などヒット曲を量産。日本にも6度来日。】の続きを読む

    このページのトップヘ