メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    images (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/04/23(日) 21:06:02.65 ID:CAP_USER9
    [2017年4月23日20時30分]

     2年ぶりに日本ツアーを行う英歌手ポール・マッカートニー(74)が23日夜、リハーサル先の米カリフォルニア州からチャーター機で羽田空港に到着した。

     着陸したのは午後7時9分で、ポールが到着ロビーに姿を見せたのは午後7時45分過ぎ。黒のカジュアルなジャケットと同色デニムに、ブルーのスニーカーを合わせたスタイルだった。
    「ハーイ、ジャパン!」と言いながらカメラマンの前で立ち止まり、ナンシー夫人(57)の肩を抱き寄せ、しばらく撮影に応じた。

     集まったファンは約700人。ポールはファンに何度も投げキスを送ったほか、サインやハイタッチ、握手に応じた。

     日本ツアーは昨年4月にスタートした世界ツアー「ワン・オン・ワン」の一環。昨年だけで12カ国で計41公演を行い、120万人を動員した。
    明日25日、1966年にザ・ビートルズの初来日公演を行った“聖地”、東京・日本武道館で2年ぶり2度目のソロ公演を開催。27、29、30日に東京ドーム公演を行う。
    日本ツアーは計16万人を動員予定。5月1日に日本を離れる予定。

     ポールは「まだ日本のファンに見てもらえてない演出があるんだ。それを見てもらえるのを楽しみにしてるよ。もちろん、今までやってきた、みんなが大好きな曲もやるつもりだよ」とコメントしている。


    来日したポール・マッカートニーはサムアップポーズする。後方右はナンシー夫人(撮影・小沢裕)
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/et-et-poul20170423-w500_0.jpg
    et-et-poul20170423-w500_0

    来日したポール・マッカートニーは詰め掛けたファンにサインする(撮影・小沢裕)
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/et-et-2poul20170423-w500_1.jpg
    et-et-2poul20170423-w500_1

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1812389.html

    【ポール・マッカートニー「ハーイ!」2年ぶり来日。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: @Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★) 2017/04/12(水) 17:31:33.67 ID:CAP_USER9
    「2017年に日本に行きます! そのときにお目にかかりましょう」──昨年末の紅白歌合戦にビデオ出演し、そう呼びかけたのは、ポール・マッカートニー(74)だ。
    その言葉通り、今月末に日本武道館と東京ドームで来日公演を行なう。ファンは期待に胸を高鳴らせているかと思いきや、そう単純ではないようだ。

    「実は、ビートルズの全盛期を知る年代の人から『えっ、また来るの?』という声が聞こえてきます。3年半で3回、ほぼ年に1回ペースですからね」(芸能事務所関係者)

     2013年秋の11年ぶりの来日公演は大きな話題を呼び、26万人を動員。そこから“ハイペース来日”が始まった。わずか半年後に再来日(本人の体調不良で公演は中止)。
    翌2015年にも武道館公演を敢行し、今回に至るのだ。頻繁に来日公演を企画する背景について、業界関係者はこういう。

    「東京ドーム公演のチケットは1万4000円から。収容人数5万人で単純計算すると、売り上げは1日で7億円以上にのぼる。ポールへのギャラは最低3億円ともいわれています。
    日本側も、大御所スターが立ち寄ると箔がつく高級ホテルやレストランが大歓迎。スイートルームを格安で用意したり、自動車メーカーが車を用意したりと至れり尽くせりです。旅行気分で悪い気はしないのでしょう」

     需要もある。50~70代のビートルズ世代は、日本の人口のボリュームゾーンであり、カネも暇もある世代だ。音楽評論家の富澤一誠氏はこう語る。

    「日本は、音楽市場で米国に次ぐ世界第2位。青春時代にビートルズの曲を聞いた50~70代は約4800万人いますから、その1割と仮定しても潜在的なファンは480万人ほどと見ていい。
    東京ドーム3日間の収容人数が15万人ですから、“死ぬ前にポールを見ておきたい”というファンはまだまだいるという計算が成り立つ」

     そう聞くと焦ってチケットを取る必要はないようにも思えるが、ポールも御年74。ここ2回の来日公演に足を運んだ音楽プロデューサーはこういう。

    「喉にも衰えがきたのか、『ヘイ・ジュード』や『ペニー・レイン』などのキーの高い曲では、息継ぎを増やして高音を絞り出していた。
    毎度、『今回がラストコンサート』という噂が飛び出し、狼少年のようになっていますが、ポール自身がこの先何度もできないという焦りを感じているのは事実でしょう」

     日本人ファンが“ハロー”と呼んでも、ポールが“グッドバイ”と返す日は、遠くないのかもしれない。

    NEWS ポストセブン 4/12(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00000024-pseven-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170412-00000024-pseven-000-view.jpg 
     20170412-00000024-pseven-000-view

    【P・マッカートニーが頻繁に来日公演を企画する背景と需要。毎度『今回がラストコンサート』という噂、まるで狼少年のように。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/04/05(水) 23:28:45.99 ID:CAP_USER9
    [2017年4月5日22時25分]

     ロック史上最高傑作の1枚と言われるザ・ビートルズの67年アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が50周年記念エディションとして、5月26日に世界同時発売されることが5日、分かった。
    50年目を迎え、全曲リミックスバージョンで制作された。

     発売形態は4種類。通常盤はCD1枚で2600円。CDとDVD及びブルーレイなどの6枚組のスーパー・デラックスは1万8000円(いずれも税抜)。
    ザ・ビートルズのオリジナルアルバムが、丸ごと特別盤として発売されるのは初めて。

     67年の発売時に全英チャートで通算27週にわたり1位を獲得した。全米では67年だけで1100万以上をり上げた。67年度グラミー賞で最優秀アルバム賞を含む4部門を受賞。
    99年に英国で大規模に実施された人気投票「ミュージック・オブ・ミレニアム」で、「史上最高のアルバム」に選出された。08年米雑誌「プレイボーイ」の特集「史上最強のアルバムランキング ロックベスト100」でも1位を獲得している。

     ポール・マッカートニー(74)は「50年後の今、僕たちはこのプロジェクトをとても懐かしく振り返りながら、これほどまで長持ちする芸術作品をどうやって作り上げたのか、少々の驚きを感じている。本当にすごいことだと思う」と話している。


    ・5月26日に世界同時発売されるザ・ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド-50周年記念エディション-」デラックスセット
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/beatlesP2017040503611-w500_0.jpg
    beatlesP2017040503611-w500_0

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1803090.html

    【ビートルズが”リミックス”商法を開始。名盤「サージェント―」50周年版を発売。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/10(金) 04:49:49.21 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 3/10(金) 4:00

     元ビートルズの歌手ポール・マッカートニー(74)が、再び日本武道館に帰ってくる。発表済みだった4月27、29、30日の東京ドーム公演に先駆け、25日に武道館公演を行うことが9日、分かった。

     武道館は東京五輪で柔道・空手の会場となるため、2019年9月から本格的な改修工事に入る。ポールが1966年にビートルズが来日公演を行いロックの聖地となった現在の武道館に立つのは恐らくラストだ。

     2015年に49年ぶりの“がい旋公演”を行って以来、2年ぶり3度目の武道館。前回はライブ翌日に都内のホテルから武道館まで自転車をこぎ感慨にふけった。海外でのライブでも武道館の素晴らしさを熱弁。今年最初のライブ会場として特別な場所・武道館を選んだという。


    ・2015年の武道館公演で歓声に応えるポール・マッカートニー(C) MPL Communications/MJ Kim 
    http://amd.c.yimg.jp/im_siggq7BuWaY2NNAbTg82lDfXkw---x900-y566-q90/amd/20170310-00000000-dal-000-1-view.jpg
    20170310-00000000-dal-000-1-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000000-dal-ent.view-000
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000000-dal-ent

    【ポール・マッカートニー、4月またまた武道館で公演。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 22:37:55.40 ID:CAP_USER9
    2017/02/20 20:59

    リンゴ・スター(Ringo Starr)の新アルバムにポール・マッカートニー(Paul McCartney)が参加。リンゴは自身のツイッターにスタジオで撮影したポールとの2ショット写真を「来てくれて、そして素晴らしいベースを弾いてくれてありがとう。愛してるよ、ピース&ラヴ」のコメントとともに公開しています。米ビルボード誌によれば、リンゴの広報担当者が、ポールがリンゴの新アルバムに参加していることを認めているとのこと。またリンゴの新作にはジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)も参加しているようで、リンゴ、ポール、ジョーの3ショット写真も公開されています

    Thanks for coming over man and playing Great bass. I love you man peace and love. pic.twitter.com/Z5kpyLLlkO
    #RingoStarr (@ringostarrmusic) 2017年2月20日
    http://pbs.twimg.com/media/C5EyiF2VcAABXV9.jpg
    C5EyiF2VcAABXV9

    https://twitter.com/ringostarrmusic/status/833502973204459520

    And look out Joe W. came out to play what a day I'm having peace and love. pic.twitter.com/8xQt2j5OLn
    #RingoStarr (@ringostarrmusic) 2017年2月20日
    http://pbs.twimg.com/media/C5E0SN_VUAAKfm_.jpg:l
    C5E0SN_VUAAKfm_

    https://twitter.com/ringostarrmusic/status/833504899073662976


    http://amass.jp/85002/

    【リンゴ・スターの新アルバムにポール・マッカートニーが参加。カッコイイ最新2ショット写真を公開。】の続きを読む

    ダウンロード (6)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/01/17(火) 20:13:10.60 ID:CAP_USER9
    2017.1.17

     元ザ・ビートルズのジョージ・ハリスン(1943-2001)が残したソロアルバム13組が、2月24日にLPボックス「George Harrison-The Vinyl Collection」としてリリースされることが17日、明らかになった。全て個別でもリリースされる。
    また、日本のみ、ソロアルバム13組がSHM-CD&紙ジャケット仕様でリリースされることも決定した。

     2月25日に巡ってくるジョージの生誕74年が、リリースラッシュで盛大に祝われることになった。

     LPボックスには、オリジナルの形で完全復刻されるアルバムの他に、シングル「FAB」「セット・オン・ユー」のピクチャー・ディスク2枚も収納される。音も新たにリマスターされる。

     日本のみ発売される紙ジャケは、オリジナルのLPをもとにしており、日本初回盤の帯も再現。「オール・シングス・マスト・パス」(70年)以降の11組は、世界初の紙ジャケ化となる。

     この他、80年に発表された自伝「I Me Mine」に、新たに50曲以上の歌詞と未発表写真多数を追加した、632ページに及ぶ増補版「I Me Mine-The Extended Edition」の発売も決定。
    さらに、LPを再生するためのターンテーブル「ジョージ・ハリソン・エッセンシャル3」も発売され、こちらは世界で2500台限定となる。


    ・ジョージ・ハリスン
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/01/17/Images/d_09837581.jpg
    d_09837581

    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/01/17/Images/d_09837580.jpg
    d_09837580

    http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/17/0009837576.shtml

    【ジョージ・ハリスン、ソロアルバム13組がLPボックスに。2・24発売。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/19(木) 13:23:15.32 ID:CAP_USER
    http://www.asahi.com/articles/ASK1M33CNK1MUHBI00Q.html

    ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニー氏(74)が18日、米ニューヨークの連邦裁判所に、
    ソニーの子会社が所有するビートルズの楽曲の著作権を返還するよう求める訴訟を起こした。AP通信などが伝えた。
     マッカートニー氏と故ジョン・レノン氏が作った「ラブ・ミー・ドゥ」など、ビートルズのヒット曲の多くの著作権は、
    1985年に故マイケル・ジャクソン氏が購入し、現在はソニーの子会社で世界最大の音楽出版会社「ソニー/ATV」が保有している。

     長年、楽曲の著作権回復を望んできたマッカートニー氏は訴状で、米国の著作権法の規定に基づいて2018年以降に順次、
    著作権が原作者に返還されると主張。「裁判所の宣告が必要で、そうすればマッカートニー氏は平穏で曇りのない
    権利保有ができる」としている。同様の事例で、英国の裁判所に著作権回復を訴えた
    英国のロックバンド「デュラン・デュラン」が昨年12月、ソニー側に敗訴したことも提訴に踏み切った理由とみられている。

     ソニー側は「提訴は不必要で残念だ」とする談話を出した。
     「ソニー/ATV」はソニーと故マイケル・ジャクソン氏が共同出資して95年に設立した。(ロンドン=渡辺志帆)

    【「ビートルズの著作権返して。」 ポール・マッカートニーがソニーを提訴。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2017/01/01(日) 03:02:00.21 ID:CAP_USER9
    オリコン 1/1(日) 0:38配信

     元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー(74)が、15年4月の東京・日本武道館公演以来、
    2年ぶりの来日公演を行うことが発表された。

     大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』にサプライズで英ロンドンからのビデオメッセージで
    「実は2017年、日本に行く予定です。その時に会いましょう!」と予告したポールは、
    昨年4月にスタートした世界ツアー『ワン・オン・ワン』の一環で、4月27・29・30日に
    東京ドーム3daysを開催する。

     チケット最速抽選先行受付はチケットぴあで1月1日午前11時スタート、一般発売は
    2月25日午前10時開始。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000304-oric-ent

    【ポール・マッカートニー、4月に東京ドーム3days。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/11/22(火) 15:24:45.25 ID:CAP_USER9
    2016.11.22 12:13

     ビートルズの元メンバーのジョン・レノン(故人)が生前、ポール・マッカートニーさん夫妻に対して怒りをぶちまけた手紙の下書きが21日までに、米東部ボストンで競売にかけられ、約2万9800ドル(約330万円)で落札された。

     手紙は便箋2枚にタイプで打たれ、一部に手書きで推敲した跡がある。署名はなく、1971年ごろに書かれた。ビートルズは70年に事実上解散した。

     マッカートニーの当時の妻リンダさんが、公に発表しないままビートルズから脱退する考えを伝えたレノンを批判し、レノンがこれに反論した手紙とみられる。

     レノンは手紙でオノ・ヨーコとの結婚後、2人に対するマッカートニーらの対応がひどいなどと非難。「現在の芸術の大半はビートルズのおかげで生まれたと本気で考えているのか。ポール、君がそこまでおかしいとは思わない。目を覚ませ」などと強い口調でつづられている。

     AP通信によると、手紙は米テキサス州のコレクターが落札した。(共同)


    http://www.sanspo.com/geino/news/20161122/geo16112212130018-n1.html

    【ポール・マッカートニーに怒りをあらわにしたジョン・レノンの手紙が330万円で落札。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 頭突き(庭)@無断転載は禁止 [NL] 2016/11/12(土) 13:08:05.40 ID:UUOKVT0T0● BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典
    ねとらぼ 11/12(土) 12:49配信

     芸術家のオノ・ヨーコさんが11月12日(日本時間)、自身のTwitterに動画を
    投稿しました。
    「Dear Friends, I would like to share this message with you as my response to
    @realDonaldTrump(ドナルド・トランプに対する私の主張をみんなに送るわ)」と
    述べていますが……なんだこれ?

     動画は約18秒で、「ああぁ~~ああああぁあああ~~~」とオノさん(と思われる声)が
    叫んでいる? うめき声をあげている?? という内容。トランプ大統領誕生について
    “もう叫ぶしかない!”というオノさんの心情を、現代アートに長く携わってきた
    彼女独自の表現方法をもって主張しているのかもしれません。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000035-it_nlab-ent
    http://image.itmedia.co.jp/l/im/nl/articles/1611/12/l_aifigono001.jpg
    l_aifigono001

    http://twitter.com/yokoono/status/797187458505080834 

    【オノ・ヨーコがトランプ大統領誕生のショックで発狂。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: Glide Across The Line ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/30(日) 09:37:52.76 ID:CAP_USER9
    “メタルの帝王”オジー・オズボーン 「俺の葬式ではビートルズの曲をかけてくれ」
    2016/10/29 14:18 Techinsight

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161029-26911062-techinq

    http://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_siggNcTOB34JKTd4YlI6BBRSqg---x450/c/cmspf/58/05/71/18/2c07d50d4ce7ee086b0cd9004734168e.jpg
    2c07d50d4ce7ee086b0cd9004734168e

    英国発のヘヴィメタミュージシャンで、日本のメタルファンにも人気の高いオジー・オズボーン(67)。そのオジーがこのほど自身の死後について、葬儀では「ぜひビートルズの曲をかけてほしい」と語った。激しいサウンドやビートを好むオジーだが、実はメロディックなサウンドを誇ったビートルズに多大なる影響を受けたという。

    このほどオジー・オズボーンが『NME』誌の取材に応じ、自身の亡き後に執り行われる葬儀につき、こんな希望を語った。

    「まあ、そういうことをじっくり考えるのにあと数年はマジで必要だな。」
    「でも多分、(ビートルズのアルバム)『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、もしくは『リボルバー』の収録曲を希望するだろう。」

    しかし自身のヒット曲は嫌だというオジーは、こうも話している。

    「俺の忌々しいベストアルバムはごめんだな。そんなものは自分でも聴かない。めちゃくちゃ恥ずかしいと思っているし。あ、あと超ハッピーな曲も絶対に嫌だな、なんせ俺の葬式なんだから。」

    オジーは荒んだ子供時代を送り、「どうすればこんな暮らしから抜け出せるのか」と日々思い悩んでいたそうだ。そんな時にラジオでビートルズの楽曲『シー・ラヴズ・ユー』を聴き、人生が変わるほど感動したという。

    「そうなんだ。息子にはいつもこう聞かれる。『ビートルズが大ヒット曲を飛ばした頃、どんな感じだった?』って。俺にはこうとしか言えないね。『夜眠り、目覚めたらガラリと違う世界に生きている。そこはすごくワクワクする世界で、生きていることを嬉しく思える場所―そんな感じだったな』」

    以下ソース参照

    【“メタルの帝王”オジー・オズボーン「俺の葬式ではビートルズの曲をかけてくれ。」 】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2016/10/31(月) 17:08:32.16 ID:CAP_USER9
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/43717/2

    https://pbs.twimg.com/media/Cv23_eTWcAEpqwy.jpg
    Cv23_eTWcAEpqwy

    ジョン・レノンが1969年にエリザベス女王に宛てて書いた手紙が、ある男性宅の屋根裏にあったレコード・スリーブの中から発見された。
    同手紙には、国が外国の戦争に関与する事と、プラスティック・オノ・バンドの曲がチャートダウンしている事への抗議が綴られている。

     同男性はこのレコードを中古品セールにて10ポンド(およそ1,300円)で購入したとのこと。
    しかしCNNの報道によると、この手紙には推定6万ポンド(およそ770万円)の価値があるそうだ。

     手紙のなかでレノンは、「英国のナイジェリア - ビアフラ戦争への関与、ベトナム戦争でのアメリカ支援、そして“コールド・ターキー”がチャートを滑り落ちている事に対しての抗議」として、
    1965年にビートルズのメンバー全員に授与されたMBE(Member of the British Empire/大英帝国メンバー)のメダルを返上すると綴っている。

     「コールド・ターキー」はレノンと妻オノ・ヨーコによるプラスティック・オノ・バンドがリリースしたシングルで、英Official Chartsに8週チャートインし、最高14位を記録した。

     レノンは“John Lennon of Bag”と書かれた部分に直筆のサインを入れている。
    同一文は、彼とヨーコによる60年代後半の平和運動において、偏見やステレオタイプを風刺するものとして創りだした言葉“バギズム(bagism)”をもじったものだ。

     しかしながら、これはレノンが実際に女王に送ったものではないという。ある専門家はCNNに対し、この下書きはインクでよごれているため送られなかったと推定しているのだ。
    「もし手紙を女王宛に書くなら完璧なものにしたいですし、インクで汚れたものにはしないでしょう。おそらく彼はこの手紙のバージョン2を書いて、それを実際に女王に送ったのでしょう」と述べている。

    動画 Cold Turkey - John Lennon Plastic Ono Band [Original video]
    https://www.youtube.com/watch?v=jo7A02KtuDw



    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000043/43717/image.jpg

    【ジョン・レノンがエリザベス女王に宛てた手紙、1,300円の中古レコードから見つかる。 】の続きを読む

    このページのトップヘ