メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    images


    1: 湛然 ★ 2018/02/08(木) 22:04:06.26 ID:CAP_USER9
    2018/02/08 15:30

    クインシー・ジョーンズ、M・ジャクソン/ビートルズ/ヒップホップに対し毒舌再び

     先月末、GQ誌でテイラー・スウィフトの楽曲を批判して話題になっていたクインシー・ジョーンズが、今度はVultureで言いたい放題の毒舌を振るっている。

     このインタビューで彼は、現代の社会問題や政治、そしてケネディ大統領暗殺まで様々な話題について歯に衣着せぬ意見を述べているが、伝説的プロデューサーとして約70年間米音楽業界の内情を見てきただけあり、ミュージシャンや音楽に関するぶっちゃけ話が特に興味深い。マイケル・ジャクソン、ザ・ビートルズ、そしてヒップホップについてなど、音楽関連の彼の発言をピックアップした。

    ◎ジョーンズが『オフ・ザ・ウォール』、『スリラー』、『バッド』を共同製作したマイケル・ジャクソンについて
    「あまり公に言いたくないけど、マイケルは盗作が多かった。たくさん歌を盗んだ。(ドナ・サマーの)「ステイト・オブ・インディペンデンス」と「ビリー・ジーン」とかね。[注:1982年の“ステイト・オブ・インディペンデンス”にマイケルはバックコーラスで参加しており、ベースラインが「ビリー・ジーン」に似ている。]音符は嘘をつかないよ。あと彼はこの上なくマキャベリ的(策略家)だった。貪欲、すごく貪欲。「今夜はドント・ストップ / Don't Stop 'Til You Get Enough」なんかは(キーボーディストの)グレッグ・フィリンゲインズがCセクションを書いたんだ。マイケルは彼に曲の権利を10%はあげるべきだったね。でもそうしなかった」

    [ジョーンズはまた、マイケルの度重なる整形手術について言及しており、当時咎めたものの彼は取り合おうとせず、「何かの病気をのせいにしてた。デタラメだ」と一蹴している。]

    >>2以降につづく)


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000059/59963/650x_image.jpg
    650x_image

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/59963/2

    【クインシー・ジョーンズ、M・ジャクソン/ビートルズ/ヒップホップに対し毒舌再び。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/03(土) 21:48:28.01 ID:CAP_USER9
    高嶋ちさ子 「鍋敷きに使ってた」ビートルズ幻のレコードに思わぬ鑑定額が?!
    2/3(土) 21:44配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000170-spnannex-ent

    高嶋ちさ子
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180203-00000170-spnannex-000-view.jpg
    20180203-00000170-spnannex-000-view

    バイオリニストの高嶋ちさ子(49)が3日、日本テレビ系「嵐にしやがれ」(後9・00)に出演。ビートルズの日本未発売という幻のレコードをテレビで紹介した。

    父の高嶋弘之氏(83)はビートルズの日本での初代ディレクターとして活動していた人物。しかし、娘曰く発売した楽曲の「致命的に英語が出来ないので和訳がほとんど間違ってる」といい、例として「ノルウェイの森」は本来「ノルウェイ製の家具」という意味だったのを弘之氏がこの名前にしてしまったといい、「詐欺師といかさま師の中間」だと話していた。

    そんな高嶋が家で眠っていたというビートルズの未発表のレコードを持参。このレコードはかつて弘之氏が日本で企画し制作したものの、本国から発売の許可が下りずに発売中止となってしまい、家では「鍋敷きとして使っていた」というもので、そのレコードをビートルズ関係の専門家である本多康宏氏に鑑定してもらったところ、鍋敷きに使ってたとあってレコードそのものの状態が悪かったが、世界中のコレクターが捜し求める「永久欠番」のナンバーであるということで120万円の価値があると査定された。思わぬ高額結果に高嶋は「どこに行けば買ってもらえますか?」と目を輝かせていた。

    【高嶋ちさ子、”鍋敷きに使ってた”ビートルズ幻のレコードの鑑定額120万円に「どこに行けば買ってもらえますか?」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/01/28(日) 05:34:28.92 ID:CAP_USER9
    2018.1.28 05:05

    元ビートルズのジョージ・ハリスン未発表詞「ヘイ、リンゴ」日本初上陸

     元ビートルズのジョージ・ハリスンが生前残していた作詞原稿やプライベート写真を展示し、英米で話題になった「アイ・ミー・マイン展」が日本に初上陸することが27日、分かった。
    2月17日から3月11日まで東京・渋谷ヒカリエで開催される。目玉はリンゴ・スター(77)へあてた未発表曲「ヘイ、リンゴ」。
    昨年存在が明らかになった作詞原稿で、夫人のオリビアさん(69)がポール・マッカートニー(75)に曲をつけてもらいたいと熱望する逸品だ。

     2001年11月に58歳で他界したジョージが生誕75周年を迎える今年2月、ゆかりの品々61点が日本にお目見えする。
    ジョージの妻、オリビアさんの全面協力を得て、同17日から23日間、渋谷ヒカリエ8階のギャラリーで開催される。

     展示される手書き作詞原稿は「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」「ヒア・カムズ・ザ・サン」などビートルズ時代の5点、
    「マイ・スウィート・ロード」「クラウド・ナイン」などソロ曲16点、未発表曲「ヘイ、リンゴ」の計22点。全てオリビアさんの監修の元、忠実に復刻されたもの(現物は厳重に自宅で保管)で、
    未発表曲以外はジョージ自身が手書きでしたためた解説書付きだ。

     注目すべきは「ヘイ、リンゴ」。ビートルズが解散危機にあった1968、9年ごろに最も仲の良かったリンゴへあてた作詞原稿と思われ、ジ
    ョージの死後、自宅スタジオのピアノの長いすの中に入っていたのをオリビアさんが発見した。

     ほかにも、オリビアさんが所有するジョージの幼少時代やビートルズとしてデビューする前も含む貴重な写真11点が公開。
    映画「レット・イット・ビー」で登場するアップルビル屋上ライブで着用したフェイク・ファーのコートや直筆のギターコードのメモ、手紙、直筆サインなども展示される。

     同展は昨年2月に米ロサンゼルス、同6月に英ロンドンで開催され、ロスではリンゴ、ロンドンではポールの長女で写真家、メアリーさん(48)と次女で世界的ファッションデザイナー、ステラさん(46)が来場し、話題となった。

     オリビアさんは、ポールに「ヘイ、リンゴ」の作曲をしてもらいたい意向を持っている。
    実現すれば、リンゴのドラム、ポールのベース、ジョージの一人息子、ダニー(39)のギター、全員のボーカルで楽曲を披露する日が訪れるかもしれない。
    そんな夢が広がる貴重な展示会だ。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    昨年2月に米ロサンゼルスで開催された「アイ・ミー・マイン展」に来場したリンゴ(左)(C)Harrison Family
    http://www.sanspo.com/geino/images/20180128/geo18012805050002-p1.jpg
    geo18012805050002-p2

    ジョージ・ハリスン「ヘイ、リンゴ」手書き歌詞(C)Harrison Family
    http://www.sanspo.com/geino/images/20180128/geo18012805050002-p2.jpg
    geo18012805050002-p1

    「アイ・ミー・マイン展」
    http://www.sanspo.com/geino/images/20180128/geo18012805050002-p3.jpg
    geo18012805050002-p3

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180128/geo18012805050002-n1.html

    【元ビートルズのジョージ・ハリスン未発表詞「ヘイ、リンゴ」日本初上陸。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2017/12/25(月) 22:34:40.63 ID:CAP_USER9
    2017.12.25 12:15

    リンゴ・スター、ナイトの称号を授与されることに。ポールの受章から20年越し

    リンゴ・スターがイギリスの勲章であるナイトの称号を与えられることが決定したようだ。
    この勲章を授与されることにより、「サー(Sir)」の敬称で呼称されることとなる。

    英紙「The Telegraph」によると、リンゴ・スターは新年に発表される予定の受章者リストに名を連ねているとのこと。
    音楽界への貢献に加え、エイズ研究、児童虐待、人権、飢餓、そして芸術活動に対し行ってきた支援が今回の受章の理由だという。

    1965年にザ・ビートルズの他のメンバーと共にMBE勲章(大英帝国勲章)を授与されてから、実に52年が経過しての受章となる。
    ザ・ビートルズのメンバーとしては、ポール・マッカートニーが1997年にナイトの称号を与えられている。

    なおポールは、自身の1997年の受章後10年以上経っても勲章を授与されないリンゴに関し、
    2011年に「NME」に対し冗談混じりに以下のように語っていたことがあったようだ。

    そろそろ受章してもいいよね。(リンゴの受章について聞きにいくため)前にバッキンガム宮殿を尋ねたことがあったんだけど、エリザベス女王は出かけてたんだ。
    出かけてなければちょっと顔を出して、「僕の愛しい女王、“サー”リチャード・スターキー(リンゴの本名)を連れてきたよ」って言おうと思ってたんだけどね。


    https://rockinon.com/news/detail/171241

    【ビートルズのドラマー「リンゴ・スター」がナイトの称号を授与されることに。ポールの受章から20年越し。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2017/12/15(金) 22:41:35.47 ID:CAP_USER9
    2017.12.15 17:49

    ザ・ビートルズの元ドラマー、ピート・ベストが俳優デビュー

    メジャー・デビューする前のザ・ビートルズのドラマーだったピート・ベストが、76歳にして、来春、英国リバプールで上演されるお芝居『Lennon’s Banjo』で俳優デビューを飾るそうだ。

    『Lennon’s Banjo』は、2012年に出版された小説『Julia’s Banjo』(ロブ・フェナ&ヘレン・A・ジョーンズ著)をもとにした、ジョン・レノンが初めてプレイしたバンジョーの行方(60年間行方不明)をめぐるコメディーで、ベストは自身役で出演するそう。
    なので、俳優デビューとはいえ、演技力はそれほど必要とされていないかも……。

    『Lennon’s Banjo』は、ジョン・レノンにバンジョーの弾き方を教えた彼の母ジュリアの没後60年(1958年7月15日44歳で死去)を記念し、4月24日~5月5日リバプール市内にある、ザ・ビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインに敬意を表し彼の名を冠したエプスタイン・シアターで上演される。
    ベストが出演するのは3公演のみだという。

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000150004/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000150004

    【ザ・ビートルズの元ドラマー、ピート・ベストが俳優デビュー。】の続きを読む

    ダウンロード (6)


    1: 湛然 ★ 2017/10/11(水) 05:30:59.59 ID:CAP_USER9
    2017/10/10(火) 19:48

    ザ・ビートルズ、ステレオ盤SHM-CD紙ジャケシリーズ16タイトルが“W復刻帯”仕様で再発売

     2014年に世界初/日本独自企画盤として、全16作品がSHM-CD/紙ジャケット仕様で限定発売されたザ・ビートルズのアルバム・シリーズの再リリースが12月6日決定した。

     今回は2014年に限定発売されたステレオ盤SHM-CD/オリジナルLPアートワークを復刻した紙ジャケットに、日本初回盤LP帯を可能な限り復刻した“オリジナル巻き帯”と、1972~76年に発売されていた通称“Forever帯”の意匠をタイトルを変更して再現した“Forever被せ帯”の“W復刻帯”仕様となる。

    ◎リリース情報
    2017/12/6 Release
    <発売ラインナップ>
    プリーズ・プリーズ・ミー
    ウィズ・ザ・ビートルズ
    ハード・デイズ・ナイト
    ビートルズ・フォー・セール
    ヘルプ!
    ラバー・ソウル
    リボルバー
    サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
    マジカル・ミステリー・ツアー
    ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(2枚組)
    イエロー・サブマリン
    アビイ・ロード
    レット・イット・ビー
    パスト・マスターズ(2枚組)
    ザ・ビートルズ 1962年~1966年(赤盤)(2枚組)
    ザ・ビートルズ 1967年~1970年(青盤)(2枚組)
    <仕様>
    ・初回生産限定
    ・オリジナルLPアートワークを復刻した紙ジャケット仕様(日本製作)
    ・日本初回盤LP帯を可能な限り復刻した巻き帯
    ・1972~76年に発売されていた通称“Forever帯”の意匠を、タイトルを変更して再現した被せ帯
    ・2009年デジタル・リマスター音源(ステレオ盤)
    ・英語・日本語ブックレット(*ブックレットは2009年リマスター盤と同一)/歌詞・対訳付


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000056/56256/610x_image.jpg
    610x_image

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56256/2

    【ビートルズがまた往年のファンをカモに。ステレオ盤SHM-CD紙ジャケシリーズ16タイトルが“W復刻帯”仕様で再発売。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: みつを ★@無断転載は禁止 2017/09/30(土) 20:18:35.94 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170930/k10011162691000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_075

    世界的なロックバンド、ビートルズの代表曲の1つ、「ノルウェーの森」でメンバーのジョージ・ハリスンさんが印象的な音色を聞かせているインド伝統の弦楽器「シタール」がオークションにかけられ、日本円でおよそ700万円で落札されました。

    オークションにかけられたのはビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスンさんが1965年に、ビートルズの代表曲の1つ「ノルウェーの森」のレコーディングで使用したインド伝統の弦楽器シタールです。ハリスンさんはこの時に初めてシタールを楽曲に取り入れ、曲のイントロ部分などで印象的な音色を聞かせています。

    イギリスの公共放送BBCなどによりますとハリスンさんは当時の状況について「レコーディングの際に何かが足りなかった。シタールを手に取り、初めはどう弾けばよいかわからなかったが、最後はうまくいった」と話していたということです。

    ハリスンさんはその後、インドを訪れ、世界的なシタール奏者ラビ・シャンカールさんから演奏を教わるなどして本格的に楽曲に取り入れるようになったと言われ、アメリカのオークション会社の代表は「シタールとの出会いはハリスンさんの人生と音楽を大きく変えた」と話しています。

    このシタールは後にハリスンさんの当時の妻の友人に贈られ、28日に行われたオークションの結果、6万2500ドル、日本円でおよそ700万円で落札されました。

    9月30日 2時03分

    【ビートルズのギタリスト、ジョージ・ハリスンさんのシタールが700万円で落札。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 23:55:06.79 ID:CAP_USER9
    9/21(木) 10:23配信 ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000030-reut-eurp
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170921-00000030-reut-000-1-view.jpg

    [ロンドン 20日 ロイター] - ビートルズの故ジョン・レノンの妻でアーティストのオノ・ヨーコさんが、レノンさんの名前をもじった
    「ジョン・レモン」の銘柄の飲料を英国で発売したポーランドの飲料メーカーに対し、商標権侵害だと抗議し、
    法的措置も辞さない姿勢を示した。

    オノ・ヨーコさんの担当弁護士らは、販売店向けに、商標権を侵害した場合1日に5000ユーロ(約67万円)、
    1本販売するごとに500ユーロの支払いを請求される可能性があると警告。これを受け、
    飲料メーカーは銘柄名を「オン・レモン」に変更することに同意した。

    オノさんの弁護士は「ジョン・レモン・アイルランド」のフェイスブック投稿にレノンさんの画像が含まれていると指摘している。
    また、宣伝資料に書かれたブランドロゴの横には「レット・イット・ビー」の文字や、丸メガネが添えられている。

    飲料メーカー側の弁護士は権利侵害はなかったとし、ジョン・レモンの商標はジョン・レノンの商標が
    欧州連合(EU)に登録される2年前の2014年に登録済みとしている。 

    2017/09/21(木) 10:33:16.85
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505957596/

    【オノ・ヨーコさん「ジョン・レモン」の飲料名は商標権侵害と抗議。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 21:40:17.42 ID:CAP_USER9
    2017.09.22 18:20

    ザ・ビートルズ、リンゴではなくジョンがボーカルの“What Goes On”未発表デモ音源がオークションに

    ザ・ビートルズの1965年のアルバム『ラバー・ソウル』の収録曲、“What Goes On”の未発表デモ音源がeBayに出品された。

    “What Goes On”は『ラバー・ソウル』の収録曲としてはリンゴ・スターがリード・ボーカルを務めているが、今回出品されているデモ音源では、リリースされた歌詞とは異なる歌詞をジョン・レノンが歌っている。

    (中略)

    オークション出品元の広報担当者によると、このデモ音源ではジョン・レノンがアコースティック・ギターを弾きつつ歌い、ポール・マッカートニーがコーラスを務めているという。


    https://rockinon.com/news/detail/167397

    【ザ・ビートルズ、リンゴではなくジョンがボーカルの“What Goes On”未発表デモ音源がオークションに。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/08/05(土) 14:51:33.85 ID:CAP_USER9
    http://www.oricon.co.jp/news/2095247/full/
    2017-08-05 14:07

     ザ・ビートルズのメンバー、ジョン・レノンさんの妻でアーティストのオノ・ヨーコ(84)が18日放送のNHK総合『ファミリーヒストリー』(後7:30~8:43)に出演することが5日、明らかになった。
    近年メディアの前に姿を見せず、健康状態なども心配されていたが、久々のテレビ出演が実現する。

     ヨーコは1969年にレノンさんと結婚し、「イマジン」をはじめとした数々の共作を残している。前衛芸術家、平和活動家としても活躍してきた。
    今回、息子ショーン・レノンに自らルーツを伝えたいと、番組出演を決めたという。収録は米・ニューヨークで先ごろ行われたばかりだといい、ヨーコと息子・ショーン2人で取材に応じた。

     祖父は日本興業銀行総裁、父は東京銀行の常務取締役を務めた人物。また、母は安田財閥・安田善次郎の孫にあたる。
    激動の時代を生き抜いた家族の、知られざる日々が浮かび上がる。当日は、73分スペシャル版として放送される。

    ショーン・レノン、オノ・ヨーコ
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170805/2095247_201708050066198001501911380c.jpg 
    2095247_201708050066198001501911380c


    【84歳オノ・ヨーコ、久々テレビ出演が実現。NHK『ファミリーヒストリー』】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/08/04(金) 21:49:45.50 ID:CAP_USER9
    2017-08-03 17:19:21

    ポール・マッカートニー、フー・ファイターズの新作でドラムをプレイ

    フー・ファイターズのデイヴ・グロールは、9月にリリースする彼らのニュー・アルバム『Concrete And Gold』の収録曲の1つで、ポール・マッカートニーがドラムをプレイしたことを明かした。

    グロールは、『ET Canada』にこう話したという。「ポール・マッカートニーが俺らの曲の1つでドラムをプレイしている。彼は友人だ。僕ら、彼を長いこと知ってる。彼はスゴいよ。世界で最も素晴らしい人だ」

    バンドのドラマー、テイラー・ホーキンスによると、マッカートニーは2テイクで完璧なプレイを見せたそうだ。
    「彼は曲を聴いたことさえなかった。彼が来て、デイヴがアコースティック(・ギター)を手にし、ホントに簡単にやってみたんだ。
    彼は、彼のテックがセットアップした特別なドラム・セットに座り、僕はドラムスティックで合図を送った。2テイクだよ」

    フー・ファイターズの9枚目のスタジオ・アルバム『Concrete And Gold』は9月15日に世界同時リリース。マッカートニーほか、ザ・キルズ/デッド・ウェザーのアリソン・モシャート、ボーイズIIメンのショーン・ストックマン、そして“世界最大のポップ・スター”が参加している。

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000145360/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000145360

    【ポール・マッカートニー、フー・ファイターズの新作でドラムをプレイ。】の続きを読む

    このページのトップヘ