メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images


    1: 湛然 ★ 2019/11/24(日) 05:08:11.46 ID:R8edMDGk9
    2019年11月24日 0時10分 ナリナリドットコム
    奥田民生とトータス松本“LINEグループでケンカ”の顛末
    https://www.narinari.com/Nd/20191157243.html

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201911/24/20191124002.jpg
    20191124002


    ロックユニット・カーリングシトーンズの寺岡シトーン(寺岡呼人)、奥田シトーン(奥田民生/ユニコーン)、斉藤シトーン(斉藤和義)、浜崎シトーン(浜崎貴司/FLYING KIDS)、キングシトーン(YO-KING/真心ブラザーズ)、トータスシトーン(トータス松本/ウルフルズ)が、11月22日に放送されたバラエティ番組「有吉ジャポン」(TBS系)に出演。メンバーのLINEグループ内で起きた、奥田とトータスのケンカについて語った。

    もともと全員がLINE仲間で、寺岡の25周年のときに集まったことがきっかけでバンド結成の話になっていったというカーリングシトーンズ。この日も、仲の良さそうな、和気あいあいとしたトークを繰り広げていたが、これまでに1度だけ、ケンカをしたことがあったという。

    それは奥田とトータスのケンカ。トータスは「1回だけあったのは、LINE上でカレーの話になって。あそこ美味しい、行ってみるわ~、それ知らんかった、とか。あれ美味いよね、とか共有してるんです、話を」と、“おじさんたちのカレートーク”が盛り上がっているときのことだった。

    トータスは「僕がちょっと、奥田シトーンの大好きなカレーに対して『おれ、あんま、そこまで好きじゃないわ』みたいなこと言ったら、めちゃくちゃ怒った。青ざめるくらい怒った。すぐ出て行けー!みたいな感じで」と、奥田が激怒し、トータスはLINEグループを抜け、「逃げた(笑)。2日くらい入られへんかった」と、そのときを振り返る。

    そんな2人のケンカがLINEグループ上で展開している際、斉藤は「なんか打った。『まあまあ』みたいな」とのこと。そして、そのあと「個人的にトータスにはLINEして、戻っておいでよって」と、優しく呼びかけたという。

    トータスは、斉藤から「『みんな心配してるよ~』って。『奥田シトーンも、もう怒ってないよ~』って」とLINEが送られてきたと明かすと、スタジオからは斉藤に「優しい~!」の声が飛んだ。

    (おわり)

    【奥田民生とトータス松本、“LINEグループでケンカ”の顛末。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/27(日) 17:38:38.11 ID:CAP_USER
    歌手の奥田民生が、27日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)にVTR出演し、YouTuberとしての活動理由や音楽業界の未来について語った。

    番組では、YouTuberとして活動する奥田に密着。奥田は「DIYレコーディング」と題して、アナログデッキでレコーディングする様子などを配信している。

    収録現場を訪れたピアニスト・清塚信也からYouTuberとして活動するきっかけについて聞かれると、「YouTubeはスピードの速さがすごいところ。CDというものも永遠なわけなくて。なくなっていくことも当たり前だなと思うわけですよ。『前の方が良かった』とか言ってられないし、(時代の流れに)ついていくしかない」と背景を説明。

    一方で、「わりと甘く考えていたんですよ。見てくれたら収入になるんじゃないかと。YouTuberがこれだけ世の中にいるんだから。全然ないですね」と収入源にはなっていないようで、「再生回数がすさまじくないとそれで飯は食えない。実際にやってみて分かりましたけど、収入はないです。僕程度の再生回数では」と苦笑する。

    また、今後の音楽業界については、「CDはなくなるでしょうね。ゼロになるんじゃないかと僕は勝手に思っています」と危機感を抱いているようで、「アナログは残りますけどね」「タダで聴かれると儲からないので、Tシャツを売るしかない。あとライブですよね。そうやって考えるしかないですよね」と終始淡々。

    「お金がどうというよりも、やりがいというか。そういうものが続いてほしいというか。それを飽きちゃったら自分もつまんないでしょうから。モチベーションがずっと何かであってほしい。そういう努力はしないといけない。こういうことをやったりするのも、自分が興味を持ってできるから。そういうのをやっていると長くやっているということになったのかなとは思います」と音楽活動を続ける秘訣にも触れていた。

    https://news.mynavi.jp/article/20191027-915127/

    【奥田民生「CDはなくなるでしょうね。」】の続きを読む

    images (2)


    1: ひかり ★ 2019/06/12(水) 20:21:08.59 ID:FQmzHoh69
     歌手の奥田民生が『SWITCHインタビュー 達人達』(NHK Eテレ)に出演し、自身が歩んできたアーティスト半生と、音楽業界の未来について語った。

     1987年、ロックバンド「UNICORN」のボーカルギターとしてデビューした奥田は、音楽活動を始めるきっかけについて話し始めた。

    「母は歌が上手いんですよ。いまも自分より上手いと思います。そして、父はとにかく声がでかい。だから、2人のいいところを受け継いだと思います」

     1993年、いったんバンドを解散し、ソロを経て、2009年にUNICORNを再結成。足かけ32年、プロとして歌い続けている。奥田のモチベーションは
    どこにあるのだろうか。

    「楽器を演奏することが好きなんですよ。録音するために、CD作るために曲を作る人もいますが、僕は『何回も演奏するため』に作る。

     個人的にはこの先を考えると、『もうCDいらねえや』って思います。CDでは儲からないし、配信で提供することがスタンダードになっているいま、
    スピード感が全然足りないんですよ」

     最近の奥田は、ユーチューバーとしての活動も注目を集めている。牛乳パックで作った疑似ドラムや、折りたたみ傘の収納袋などを楽器として使いながら、
    遊び心いっぱいに楽曲制作する過程の、一部始終を配信している。

    「ユーチューバーのスピード感にあこがれました。音楽でそれができないかと、始めたのがこれ。楽曲収録を公開しているプロのミュージシャンは、
    ほかにいないでしょう? おれも逆だったら見たいもん(笑)」

     チャンネル名は「RCMR」。「Ramen/ラーメン」「Curry/カレー」「Music/ミュージック」「Records/レコーズ」の略だ。

    「最初はグッズを作るために、イラストと、好きなものの名前をつなげて『RCM』という文字を組み合わせて、ロゴを作りました。

     RCMという名前は当初、ラーメン、カレー、あと明太子の頭文字だったんですけど(笑)。ミュージシャンらしくしなきゃなと思って、明太子を『Music』に変えました。
    それから、実際にユーチューブで作曲活動するにあたり、『Records』をつけて、個人レーベルにしたわけです」

     時代の流れを取り入れ、大物ミュージシャンのなかでも一歩先を行く奥田が、今後の展望を語った。

    「お客さんの前で演奏するライブが、より重要になる。そしてそれを『もっとお茶の間で体感できないか』と考えています。

     前に、ライブの後に、すぐにそのライブをCDにして売ったことがあるんですが、たとえばこれからは、会場を出たらすぐ携帯にライブ音源が入っているように
    するとか。聴けるところすべてで聴ける、ということが大切なんです」

     最新の技術を採り入れる一方、アナログの温かみを重視し、RCMRの音源をレコード盤でリリースするなど、従来のメディアのよさも生かしている奥田。
    レジェンドになったいまも、「大好きな演奏をファンに届ける」音楽に夢中なのだ。

    FLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00010007-flash-ent

    【奥田民生「CDいらねえや。」 】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/03/04(月) 22:18:57.12 ID:KXRwoIpr9
    2019/03/04 12:02 CDジャーナル
    ユニコーンがアルバム『UC100V』をリリース 特典映像公開&100周年特設サイトオープン

     ユニコーンが、14thアルバム『UC100V』(初回生産限定盤 CD + DVD KSCL-3137~8 4,800円 + 税 / 通常盤 CD KSCL-3139 3,000円 + 税)を3月27日(水)にリリース。発売に先駆け、初回生産限定盤付属DVDに収録されている「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」のスポット映像がYouTubeにて公開されています。併せて、“ユニコーン100周年 特設サイト”が開設されています。

     2019年は“ユニコーン再始動10周年”、またABEDON(阿部義晴)が加入し現メンバー体制となった“アルバム『服部』から30周年”、さらに“ドラム川西幸一還暦、つまり60周年”という、周年が重なる年。これらの数字を“なんとなく足して100”ということから命名された“ユニコーン100周年”。スローガン「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」を掲げ、“楽しいこと100やろう”というコンセプトのもと、まずは14thアルバム『UC100V』のリリースと年間50本に及ぶ全国ツアー〈ユニコーン100周年ツアー“百が如く”〉の開催が発表されました。

     “ユニコーン100周年 特設サイト”では、14thアルバム『UC100V』と〈ユニコーン100周年ツアー“百が如く”〉の詳細がチェックできるほか、アルバム収録曲の先行試聴に加え、ユニコーン再始動から10年間の移り変わりをちょっとだけ体験できる、初回生産限定盤に付属するDVDに収められている「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」のスポット映像が視聴できます。

     また、〈ユニコーン100周年ツアー“百が如く”〉の中から、7月3日(水)と7月4日(木)に行われる東京・日本武道館公演と、8月31日(土)に沖縄・宜野湾海浜公園屋外劇場にて行われる沖縄公演の詳細も発表。沖縄公演では、MONGOL800と対バンすることが決定しています。なお3月4日(月)12:00より、ユニコーン ファンクラブ 「UCFC ビジーファイブ」にてチケット最速先行の受付がスタートしています。


    ■2019年3月27日(水)発売
    ユニコーン
    『UC100V』
    初回生産限定盤 CD + DVD KSCL-3137~8 4,800円 + 税
    通常盤 CD KSCL-3139 3,000円 + 税
    vinyl LP KSJL-6205 3,500円 + 税
     
    [収録曲]
    01. 10Nuts
    02. ZERO
    03. 大航海2020
    04. 1172
    05. 365歩のマッチョ
    06. 青十紅
    07. 気まぐれトラスティーNo.1
    08. 55
    09. GET WIND 360°
    10. うなぎ4のやきとり1
    11. OH! MY RAD10

    [初回生産限定盤付属DVD]
    再始動後の勤労から10年間の働き方を追体験するスペシャル映像作品「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」


    ■ユニコーン100周年ツアー“百が如く”
    www.unicorn.jp/live
    (以下略、ライブ詳細は引用元サイトをご覧ください。)


    ユニコーン New Album『UC100V』初回生産限定盤DVD「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」SPOT
    https://www.youtube.com/watch?v=6x4z2lxwsqM



    ユニコーン100周年特設サイト
    http://www.unicorn.jp/special/100th/

    https://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z347000801.jpg
    Z347000801

    https://www.cdjournal.com/main/news/unicorn/82005

    【『ユニコーン』が新アルバム『UC100V』をリリース。特典映像公開&100周年特設サイトオープン。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2018/06/01(金) 19:45:50.47 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/284707
    2018年6月1日 12:00

    ユニコーンが6月27日にリリースするニューシングル「OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労]」にあわせて新たなアーティスト写真を公開。またシングルのジャケット写真も発表された。

    最新のアーティスト写真には、これまでのゆるいつなぎ姿とは打って変わり、ピシッとスーツに身を包んだメンバーの姿が収められている。
    またニューシングルは初回限定盤と通常盤の2形態で、初回限定盤のジャケットはシルバーの三面紙が用いられた“万華鏡風仕様”。
    今後公開される「OH! MY RADIO」のミュージックビデオを視聴する際、このジャケットを三角形に組み立てて覗き込むと、万華鏡のように反射する映像が楽しめる。

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0601/UNICORN_art201805_fixw_640_hq.jpg 
    UNICORN_art201805_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0601/UNICORN_jkt2018051_fixw_640_hq.jpg 
    UNICORN_jkt2018051_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0601/UNICORN_jkt2018052_fixw_640_hq.jpg 
    UNICORN_jkt2018052_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0601/UNICORN_jkt2018053_fixw_640_hq.jpg 
    UNICORN_jkt2018053_fixw_640_hq

    【ユニコーンがスーツでイメチェン。最新アーティスト写真&シングルジャケット公開。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/08/16(火) 06:30:55.85 ID:CAP_USER9
    ロックバンド・ユニコーンの約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『ゅ 13-14』(読み:ゆのいちさんいちよん、10日発売)が初週2.5万枚を売り上げ、8/22付オリコン週間アルバムランキング1位に初登場した。アルバム1位は、2009年3/2付で再結成後初のオリジナルアルバム『シャンブル』が記録して以来、7年半ぶり通算5作目となった。

     1987年10月にアルバム『BOOM』でデビューし、28年(28年10ヶ月)のキャリアを持つユニコーンは、今作で「男性グループのオリジナルアルバムによる首位獲得最長キャリア記録」を樹立。これまでは、1988年9月にシングル「だからその手を離して」、アルバム『B’z』の同時リリースでデビューし、2015年3/16付『EPIC DAY』で1位を記録したB’zの26年6ヶ月が最長だった。

     今作のタイトル『ゅ 13-14』は、「ユニコーンの13枚目14曲入りのアルバム」という意味。TBS系4月期ドラマ『重版出来!』主題歌で、6月にカセットテープ限定で発売された「エコー」などが収録されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000338-oric-musi

    【ユニコーン、7年半ぶりにアルバム1位。 】の続きを読む

    images


    1: リサとギャスパール ★@無断転載は禁止 2016/06/29(水) 15:14:54.16 ID:CAP_USER9
    http://cdn2.natalie.mu/media/1606/0629/UNICORN/extra/news_xlarge_UNICORN_art201606.jpg

     ユニコーンが8月10日にリリースするニューアルバム「ゅ 13-14」のジャケット写真と新たなアーティスト写真が公開された。
    今回のアートワークには、メンバーの写真を立体化した「リアルフェイス」と呼ばれるマスクを使用。
    アルバムタイトルにちなみ車を中心に据えた構図とあいまって、ユニコーンならではのユーモアにあふれたビジュアルが完成した。

     また、5000セット限定で発売されるアルバム完全生産限定豪華ボックスの“おまけ”の内容も明らかになった。
    この商品にはアナログ盤サイズのボックスが入るオリジナルトートバッグと、「聴く前にかく耳かき」が封入される。

    ■2016年8月10日発売
    【5000セット限定!完全生産限定豪華BOX】(CD+DVD+2LP+カセットテープ+おまけ)
    KSCL-2750~5/15,700円+税
    ※ユニコーン「ゅ 13-14」オリジナルトートバック&聴く前にかく耳かき付き
    【初回生産限定盤】(CD+DVD)
    KSCL-2756~7/3,600円+税
    【通常盤】(CDのみ)
    KSCL-2758/3,000円+税
    【完全生産限定盤】(2LP)
    KSJL-6183~4/4,500円+税
    【完全生産限定盤】(カセットテープ)
    KSTL-1/3,600円+税
    <収録曲>
    ■CD
    01.すばやくなりたい
    02.オーレオーレパラダイス
    03.サンバ de トゥナイト
    04.僕等の旅路
    05.道
    06.ハイになってハイハイ
    07.マッシュルームキッシュ
    08.TEPPAN KING
    09.マイホーム
    10.CRY
    11.エコー
    12.第三京浜
    13.風と太陽
    14.フラットでいたい
    ■DVD ※完全生産限定豪華BOX、初回生産限定盤のみ
    MOVIE31「ゅ13-14」レコーディングドキュメント

    「ゅ 13-14」初回限定盤ジャケット
    http://cdn2.natalie.mu/media/1606/0629/UNICORN/extra/news_xlarge_UNICORN_jkt201608_lim.jpg
    news_xlarge_UNICORN_jkt201608_lim

    「ゅ 13-14」通常盤ジャケット
    http://cdn2.natalie.mu/media/1606/0629/UNICORN/extra/news_xlarge_UNICORN_jkt201608_nor.jpg
    news_xlarge_UNICORN_jkt201608_nor

    「ゅ 13-14」アナログ盤ジャケット
    http://cdn2.natalie.mu/media/1606/0629/UNICORN/extra/news_xlarge_UNICORN_jkt201608_analog.jpg
    news_xlarge_UNICORN_jkt201608_nor

    「ゅ 13-14」カセット盤ジャケット
    http://cdn2.natalie.mu/media/1606/0629/UNICORN/extra/news_xlarge_UNICORN_jkt201608_Cassete.jpg
    news_xlarge_UNICORN_jkt201608_Cassete

    http://natalie.mu/music/news/192625
    (2016年6月29日 12:00)

    【ユニコーン新作アルバムのビジュアル公開。生産限定BOXには耳かき封入。 】の続きを読む

    このページのトップヘ