メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2020/03/20(金) 13:07:56.42 ID:VyptvSyk9
    キッス ジーン・シモンズのドキュメンタリーがNHKで放送決定 独占密着で知られざる“素顔”を明らかに 3月28日放送
    2020/03/20 09:13
    http://amass.jp/132554/


    キッス(KISS)のジーン・シモンズ(Gene Simmons)のドキュメンタリーがNHKで放送決定。『ザ・ヒューマン「誇り高き悪魔 ジーン・シモンズ」』はBS1で3月28日(土)放送。46年間、悪魔を演じてきたシモンズが、ついに引退を決意。独占密着取材で知られざる“素顔”を明らかに

    ■『ザ・ヒューマン「誇り高き悪魔 ジーン・シモンズ」』
    NHK BS1 3月28日(土)午後10時00分~ 午後10時50分

    スーパーロックバンドKISSのリーダー、ジーン・シモンズ(70)。46年間、悪魔を演じてきたが、ついに引退を決意。独占密着取材で知られざる“素顔”を明らかに!

    ラストツアーの舞台裏!火を噴く秘密、悪魔メイクはなんと自分で

    ▽70歳の今も20キロ近い衣装で、2時間休みなく演奏。過酷なステージを支えるものとは

    ▽原点は最愛の母の生い立ち。ナチスの強制収容所に送られ、両親が殺害されるのを目の当たりに。過酷な人生を乗り越えた母の教えとは

    ▽ビジネスも大成功!関連グッズの売上は1000億円以上。「いつも金がもっと欲しい」

    ▽スーパースターの心の内。「我々は頂点のまま去る」

    【出演】ジーン・シモンズ,ポール・スタンレー

    予告映像(約4分半):
    https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=22755

    番組ページ:
    https://www4.nhk.or.jp/P6137/x/2020-03-28/11/1638/3115869/
    https://www.nhk.or.jp/pr-image/ef4898acb9eb08ddd56fe62e65f30fd3_ll.jpg
    ef4898acb9eb08ddd56fe62e65f30fd3_ll

    (おわり)

    【『キッス』ジーン・シモンズのドキュメンタリーがNHKで放送決定。独占密着で知られざる“素顔”が明らかに。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20191210-OHT1I50126-L


    1: muffin ★ 2019/12/16(月) 15:14:02.27 ID:/bwOSXaz9
    https://www.m-on-music.jp/0000383421/
    2019.12.16

    12月15日にNHKで行われた記者会見にて『第70回 紅白歌合戦』にYOSHIKIが出場することが発表され、伝説のロックバンドKISSと共に『YOSHIKI feat. KISS<YOSHIKISS>』として登場することが明らかにされた。

    今月11日に、KISS最後のワールドツアー『END OF THE ROAD WORLD TOUR』の東京ドーム公演にYOSHIKIがサプライズ出演し、「Beth」でピアノを演奏、「Rock and Roll All Nite」ではドラムを叩き、共演を果たした。

    YOSHIKIとKISSの縁は、1994年に発売されたKISSのトリビュートアルバム『KISS MY ASS』に、YOSHIKIが『Black Diamond』のプロデューサーとして参加してから。両者はそれ以来の親友だという。

    KISSが記念すべきラストツアーのステージにYOSHIKIを招き、今度はYOSHIKIが日本の歴史ある『紅白歌合戦』に彼らを招くという、本人たち同士の深い繋がりがあるからこそ実現した夢のコラボレーション。昨年のサラ・ブライトマンに続き、今年もKISSという世界的アーティストを招くという、YOSHIKIにしかできない偉業は、紅白の知名度を世界に広げることに大きく貢献している。

    今回、自らの夢の原点とも言える彼らと『紅白歌合戦』でタッグを組み、特別枠で共演することとなったYOSHIKIは、会見で「頑張って生きていれば良いことがあると思いました。毎年紅白では“何か”をやらかしているので、かなりショッキングなステージになると思います。やるからには、大きなインパクトを残すパフォーマンスをお見せします」と語った。また、KISSのジーン・シモンズは「世界中でいちばん好きな国のNHKというテレビ局に出演することができて光栄」とコメントした。

    さらにジーンはYOSHIKIに対し「YOSHIKIは日本のレジェンドなのに、謙虚な心を忘れない。仕事に対する謙虚な姿勢に影響を受けた」。そして、ポール・スタンレーは、「YOSHIKIはピアニスト、そしてドラマーとして素晴らしいのは当然のこと、それ以外にも生きることの大切さを発信し続けていて、僕らも影響を受けています」と絶賛した。

    動画
    KISS, Yoshiki, Beth, Tokyo Dome, December 11 2019
    https://www.youtube.com/watch?v=v81MOY0cXXk



    https://www.m-on-music.jp/admin/wp-content/uploads/2019/12/191215-CI-212000.jpg
    191215-CI-212000

    他ソース
    X JAPAN YOSHIKI、紅白歌合戦でKISSとコラボ「僕が紅白に招かせていただきました」
    https://times.abema.tv/posts/7033222

    【YOSHIKI、”親友”『KISS』とともに紅白に降臨。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★ 2019/12/11(水) 22:24:20.45 ID:l5nllNq69
    YOSHIKI、「KISS」メークで貴重な5ショット公開「俺の人生を変えたバンド!」
    2019年12月10日 19時43分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20191210-OHT1T50173.html

    インスタグラムより@yoshikiofficial
    https://hochi.news/images/2019/12/10/20191210-OHT1I50126-L.jpg
    20191210-OHT1I50126-L


     X JAPANのYOSHIKIが10日、自身のインスタグラムを更新。KISS風のメークをして、来日公演中の米4人組ロックバンド「KISS」と一緒に撮影した写真を公開した。「KISS」のメンバーがXポーズをしている貴重な5ショットだ。

     YOSHIKIは英語と日本語で「明日は#キッスの#東京ドーム公演。俺の人生を変えたバンド!」と記し、白く塗り右目の周りに星型を描いたメークでポーズ。KISSのメンバーのうち2人は、手を前でクロスさせX JAPANのXポーズで写っている。YOSHIKIの表情はこころなしか緊張してはにかんでいるように見える。

     この投稿には「YOSHIKIさんの人生を変えたバンドのトリビュートアルバムに参加され、親交を深めていらっしゃる 本当に凄い事です」「日本で観れるのですね 楽しみですね~」「東京ドームでの公演は懐かしいでしょうね お母様や弟さんとお出掛けになりませんか~あのときのように~」「キャー よっちゃんもKISS可愛い~」「明日ですよね!!楽しんできてください」「私の人生はYOSHIKIさんが変えたんですよ」などの声が寄せられた。

     1時間足らずの間に18万件を超える「いいね!」がつけられ反響を呼んでいる。

    (おわり)


    関連
    キッス、12月11日に行われた東京ドーム公演のセットリストが明らかに
    https://nme-jp.com/news/82960/

    【YOSHIKI、”KISS”メークで貴重な5ショット公開。「俺の人生を変えたバンド!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★ 2019/11/29(金) 22:49:06.00 ID:6iJV/m089
    KISS、来日公演のオフィシャル・グッズとして“地獄の辛さのボンカレー(トレカ付)”を販売
    2019/11/29 18:37掲載
    https://www.cdjournal.com/main/news/kiss/84343

    https://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z335002689.jpg
    Z335002689


     来週末から開催される、KISSの来日公演〈KISS END OF THE ROAD WORLD TOUR〉のオフィシャル・グッズとして、KISSとボンカレーゴールドがコラボした“地獄の辛さのボンカレー(トレカ付)”の販売が決定しました。
    価格は1,000円(税込)。ボンカレーゴールドの“大辛”を“地獄の辛さ”と言い換えた、火を吹く辛さのレトルトカレーが、会場限定のオリジナルパッケージに入っています。また、全10種のトレカがランダムで1枚封入されています。

     KISSの最後の来日公演となる〈KISS END OF THE ROAD WORLD TOUR〉は、12月8日(日)宮城・仙台 ゼビオアリーナ仙台を皮切りに、12月11日(水)東京・後楽 東京ドーム、12月14日(土)岩手・盛岡タカヤアリーナ(盛岡市総合アリーナ)、12月17日(火)大阪・京セラドーム大阪、12月19日(木)愛知・名古屋 ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催。
    仙台、盛岡、名古屋での公演のチケットはすでにソールドアウトとなっています。

    (おわり)

    【『KISS』、来日公演のオフィシャル・グッズとして“地獄の辛さのボンカレー(トレカ付)”を販売。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★ 2019/11/22(金) 05:20:53.35 ID:eNbPa2co9
    2019年11月22日 0時4分 ナリナリドットコム
    キッス“サメのためのライブ”に1匹も姿見せず
    https://www.narinari.com/Nd/20191157222.html

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201911/22/20191122003.jpg
    20191122003


    ロックバンド・キッスが、ホホジロサメのために開催したライブに、肝心のサメが一匹も来なかったという。オーストラリアのポートリンカーンにて、“サメのためのスペシャルなショー”を開催した同バンドだったが、 同種のお眼鏡には適わなかったようだ。

    このイベントの主催者で、ホホジロサメ専門家のマット・ウォラー氏は、地元メディアABCエアー・ペニンシュラにこう話している。

    「タイトな演奏でした。メンバーらは没頭していました。爆音でした。照明もスモークマシンもありました」
    「キッスのコンサートに必要なものは全て揃っていたのです」

    11月18日、その模様を中継していた同バンドだが、海中にスピーカーを設置するなどサメ専用ライブの装いだったものの、徒労に終わったようだ。ロックンロールの低音がサメの心に響くことを期待したというメンバーだったが、今回、ジーン・シモンズ(70歳)、エリック・シンガー(61歳)、トミー・セイヤー(59歳)が参加したものの、ポール・スタンレー(67歳)はインフルエンザで欠席を余儀なくされていた。

    ちなみに、今回のショーについて、ポールは以前「俺たちをどれだけサメが理解できるのか不明だ。奴らが『ロックンロール・オールナイト』を知っているといいが」と答えていた。

    (おわり)

    【『KISS』“サメのためのライブ”に1匹も姿見せず。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/06/21(金) 05:07:38.94 ID:rGDPjajl9
    2019年6月21日 5時0分スポーツ報知
    KISSが最後の日本ツアー「究極の祭典であり、最後のチャンス」
    https://hochi.news/articles/20190620-OHT1T50307.html

    最後の日本公演が決まったKISS(C)Photo:Brian Lowe
    https://hochi.news/images/2019/06/20/20190620-OHT1I50215-L.jpg
    20190620-OHT1I50215-L


     米4人組ハードロックバンド・KISSが、12月8日の宮城・ゼビオアリーナ仙台から最後の来日公演を行うことが20日、分かった。

     昨年9月に「最後の世界ツアー」の開催を発表し、1月にカナダ(バンクーバー)で開幕。来日公演は4年半ぶり12回目になる。

     4人は「45年間で築き上げ、克服してきた全てのことはクラブやアリーナ、スタジアムを埋め尽くしてくれた何百万人もの世界中のファンがいなければ実現し得なかった」と感謝。来日公演に「究極の祭典であり、まだ見たことがない者にとっては最後のチャンスとなる」とコメントした。

     1970年代にデビューし、白塗りの化粧と奇抜なコスチューム、ド派手なステージで人気に。メンバー交代や再結成を繰り返しながら活動し、2014年にロックの殿堂入りを果たした。

     今回は東阪ドーム公演を含む5公演で8万人を動員予定。「キッス・アーミーたち、我々は過去最大規模のスケールでショーを行い、このツアーで別れを告げる。生誕の時と同じく潔く。それを止めることはできない」と話した。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    関連
    【音楽】KISS来日か 〈END OF THE ROAD WORLD TOUR〉の日本特設サイトがオープン
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560760907/

    【『KISS』が最後の日本ツアー。「究極の祭典であり、最後のチャンス。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 幻の右 ★ 2019/06/17(月) 17:41:47.39 ID:YO5hmdjy9
    1月31日のカナダ・バンクーバー公演を皮切りに行なわれているKISSのファイナル・ツアー〈END OF THE ROAD WORLD TOUR〉が各地で話題を呼び、日本公演の期待が高まるなか、日本特設サイトがオープン。ツアーは1月に始まった全44公演の北米を経て、現在は7月まで続くヨーロッパ公演中。その後は再び北米に戻り、11月にはオーストラリアとニュージーランドでのスケジュールが発表されています。特設サイトではカウントダウンが始まっており、カウンターがゼロになる6月24日(月)正午に何らかの発表があるものと思われます。

     KISSはファイナル・ツアーを記念して、新たに選曲されたベスト・アルバム『KISSWORLD - THE BEST OF KISS』(輸入盤)を1月に発表。YouTubeのKISSオフィシャル・アカウントでは、各地の公演の模様やバックステージの様子などが公開されています。
    https://youtu.be/svaAOO3e7l0



    ■KISS
    END OF THE ROAD WORLD TOUR 日本特設サイト
    endoftheroad.udo.jp
    https://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z335002390.jpg
    Z335002390

    2019/06/17 12:39
    https://www.cdjournal.com/i/news/kiss/82869

    【『KISS』来日か。〈END OF THE ROAD WORLD TOUR〉の日本特設サイトがオープン。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: 湛然 ★ 2019/06/03(月) 22:29:25.72 ID:LZgSWeA59
    2019.6.3 20:44 BARKS
    マーティ・フリードマン、キッスのオーディションが叶わなかった理由
    https://www.barks.jp/news/?id=1000167904

    https://img.barks.jp/image/review/1000167904/001.jpg
    001


    マーティ・フリードマンは、キッスが新たなギタリストを探しているとき、オーディションに興味がないか声がかかったそうだ。しかし、1つだけ条件を満たしていなかったという。

    何年か前に日本の番組でちらっと明かしたことがある逸話のようだが、フリードマンはあらためて「Sam Ash Music」のインタビューで、こう話した。
    「ずい分前、彼らがギター・プレイヤーを変えるとき、キッス側の誰かから僕のところに電話があったんだ。
    “キッスのオーディションに興味あるか?”って訊かれて、僕は“いつ、どこで?”って答えた。そしたら“いくつか質問がある。
    まず、髭はないよな? 髪は長いんだろ? 痩せているよな? 6フィート(約183センチ)以上あるよな?”って言われて、
    僕は“え、なに? 僕は5フィート7.5インチ.(約171.5センチ)だ。でも、手術する。何とかする”って言ったんだけど、“申し訳ない。それは上手くいかない”って…。すごくガッカリした…。
    ジーン、ポール、ブーツ履かずに6フィートあるユダヤ人がどれだけいるんだ? どうしてそんな必要がある? 完全にわかるけど」

    フリードマンは以前、『Meet Recruit』のインタビューで、ギターを始めたきっかけについて問われると、
    「14歳のとき、友達がキッスのファンで、一緒にコンサートに行って衝撃を受けた。(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki

    (おわり)

    【マーティ・フリードマン、『キッス』のオーディションが叶わなかった理由。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/11/07(水) 22:41:58.32 ID:CAP_USER9
    2018.11.07 19:30 rockinon.com
    ヴァン・ヘイレンはキッスに加入寸前だった? ポール・スタンレーがジーン・シモンズによる噂を完全否定

    キッスのポール・スタンレーが、バンドメイトのジーン・シモンズが広めていた、エディ・ヴァン・ヘイレンが1982年にキッスに加入寸前だったという噂を否定している。

    「Ultimate Classic Rock」によると、この噂はエディがシンガーのデイヴィッド・リー・ロスに不満を抱きキッスへの加入を希望したというもので、2012年にシモンズは次のように語っていたという。

    だから俺は(エディを)ランチに誘ったんだよ。それで彼は実際俺に「キッスに入りたい。ロスには我慢ならない。あいつのせいで頭がおかしくなりそうだ」と言ったんだ。

    俺はそれに対してこう言った。自分が言ったことを誇らしく思ったけどさ。「キッスなんか入るな。自分が始めたバンドにいろよ。ここには君の役目はない。君の存在は大きすぎて、キッスのギタリストになったら大きな影を落とすことになる」とね。

    そして彼は自分のバンドに戻り、その後20、30年間惨めだったというわけさ。でも入ってもうまくいかなかったと思うよ。かすりもしなかっただろうね。


    そして最近行なわれたイベント「Kiss Kruise」の質疑応答コーナーでこの噂について訊ねられたスタンレーは、以下のように答えたとのこと。

    いや、エディ・ヴァン・ヘイレンはキッスに加入寸前ではなかったよ。あの時おそらく(ヴァン・ヘイレン内に)不和が起こっていて、彼はただ(俺たちのスタジオに)様子を見に来たんだ。

    その時に“Creatures Of The Night”のソロにかなり圧倒されてたのを覚えてるよ。彼は「あの“Creatures”でソロを弾いてる男を連れてきてくれ」と言ったんだ。

    ミスター・ミスターというバンドのスティーブ・ファリスという男で、ヒット曲も多かったね。あのギタリストはすごかった。


    さらにスタンレーは、その当時エディがキーボードに夢中になっていたことについて次のように言及したという。

    彼は当時自分が取り組んでいた曲のテープを持ってきてたんだ。それで俺は、こいつは確かとんでもなくすごいギタリストだったよなと思ってさ。「エディ、キーボードで何してんの?」って訊いたんだよ。

    でもそれが“Jump”とその後に続く楽曲群の始まりだったんだよ。とにかくエディがキッスに入ることになってたこともなければ、加入寸前だったこともなかったよ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    ※動画は引用元サイトにてご確認ください。
    https://rockinon.com/news/detail/181447

    【エディ・ヴァン・ヘイレンはキッスに加入寸前だった? ポール・スタンレーがジーン・シモンズによる噂を完全否定。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★ 2018/09/20(木) 22:52:00.02 ID:CAP_USER9
    2018.9.20 木曜日
    キッス、最後となるフェアウェル・ツアーを行うことを発表

    キッスは最後となるフェアウェル・ツアーに乗り出すことを発表している。

    現地時間9月19日夜に「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演したキッスは“Detroit Rock City”を披露し、今後の見込みについて語っている。

    「過去40年間で俺たちが築き上げたもの、勝ち取ってきたものは、これまでライヴハウスやアリーナ、スタジアムを埋めてくれた世界中の多くの人々なしにはありえなかったものなんだ。このツアーはこれまで俺たちを観てきてくれた人には究極のお祝いになるだろうし、俺たちを観たことのない人にはラスト・チャンスになるよ」

    「キッス・アーミーよ、俺たちは過去最大のショウと共に最後のツアーでお別れを言うことにするよ。これまでやってきたのと同じやり方で行こうと思うんだ。悪びれず、止められないっていうね」

    バンドは最後のツアーの日程をまだ発表していないが、報道によれば、今後数週間のうちに発表されるという。

    キッスの最後のツアーについては「ミュージシャンによるライヴ・パフォーマンス」の分野で「エンド・オブ・ザ・ロード」という言葉が商標登録された時に話が持ち上がっていた。

    先日、ジーン・シモンズはスウェーデンの新聞『エクスプレッセン』紙に対し、キッスが来年に「最高にスペクタクルなツアー」と共にシーンに復帰すると語っている。ジーン・シモンズはまた、ワールド・ツアーについて「すべての大陸」を訪れるものになるとも語っている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/09/kiss-720x458.jpg
    kiss-720x458

    ※動画は引用元サイトにてご確認ください。
    https://nme-jp.com/news/61364/

    【『KISS』、最後となるフェアウェル・ツアーを行うことを発表。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★ 2017/11/20(月) 22:05:22.54 ID:CAP_USER9
    11/20(月) 19:30

    ジーン・シモンズ、米TV局「FOXニュース」を出禁に。ジーンが声明を発表

    自身の新たな著書『On Power』のプロモーションのため米TV局「FOXニュース」の番組「Fox & Friends」と「Mornings With Maria」に出演したジーン・シモンズだが、不適切な言動によりTV局から出演禁止の措置を受けたことが明らかになった。

    「The Daily Beast」が報じ、「The Guardian」など主要メディアが取り上げた内容によると、ジーン・シモンズは『On Power』に関するインタビューを受ける前に自身と関係のない「FOXニュース」の会議室に乱入。

    スタッフの会議が行われている最中にも関わらず、「やあ、姉ちゃんたち! 俺を訴えろよ! 」と、着ていたシャツを捲り上げ上半身裸で叫んだのだという。

    それだけでなく、マイケル・ジャクソンを絡めた小児性愛に関する発言もあった他、手にしていた自身の著書でスタッフ2人の頭を殴ったのだとか。

    これによりジーン・シモンズは「FOXニュース」のビルへの立ち入りが永久に禁止され、TV局の番組への出演禁止の措置を受けることとなった。

    「The Daily Beast」によると、ジーン・シモンズは以下のような声明を発表しているという。

    「FOXニュース」や「Fox Business」の番組にはこれまで何年もの間出演してきました。TV局で働く、才能ある女性たち、そして男性たちには多大なる尊敬の念を抱いています。

    しかし報道を見る限り、事実が誇張され、誤解を招くような内容になっているようです。私の訪問中、自分でも気づかないうちに「FOXニュース」のチームのみなさんの気分を害してしまったことに対しては心から申し訳なく思っています。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://rockinon.com/news/detail/169790

    【KISSのジーン・シモンズ、米TV局「FOXニュース」を出禁に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/06/25(日) 05:42:45.48 ID:CAP_USER9
    2017.6.24

    キッスのジーン・シモンズは議論を呼ぶこととなった、いわゆるデヴィル・ホーンというハンド・ジェスチャーの商標登録について撤回したと見られている。

    先週、ジーン・シモンズは現地時間6月9日に米国特許商標庁に商標出願したことが報じられている。ジーン・シモンズは1974年のキッスによる『ホッター・ザン・ヘル』ツアーの中で、現在はおなじみのこのジェスチャーが初めて世に広まったと主張している。ジーン・シモンズは「エンターテイメント、すなわちミュージカル・アーティストによるライヴ・パフォーマンス:ミュージカル・アーティストによる公の場への登場」の際の同ジェスチャーの商標登録を試みていたという。

    しかし、今回、米国特許商標庁のウェブサイトはジーン・シモンズの商標登録が諦めたことを示唆している。この商標登録の現状についてウェブサイトでは「申込者が放棄を表明したので廃案に」と記されている。

    ジーン・シモンズはこの件について公の場で発言していない。

    ジーン・シモンズのこの商標登録については多くの批判を受けており、このハンドサインを広めたことで知られるロニー・ジェイムズ・ディオの未亡人であるウェンディ・ディオはジーン・シモンズの今回の行動について「最低」で「冗談のよう」で「クレイジーでしかない」と評している。「このようなことでお金を稼ごうとするなんて最低だわ。あれはみんなのものよ。誰かに属するものじゃない。あれは公共の財産なの。商標登録なんてすべきじゃないわ」

    同ジェスチャー、または同様のものの使用はジーン・シモンズによる使用以前に遡っている。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2016/05/2016_GeneSimmons_GettyImages521963508_100516-720x477.jpg
    2016_GeneSimmons_GettyImages521963508_100516-720x477

    http://nme-jp.com/news/39812/

    【キッスのジーン・シモンズ、ロニー・ジェイムズ・ディオの未亡人に猛批判され、「デヴィルホーン」の商標登録を撤回。】の続きを読む

    このページのトップヘ