メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード


    1: れいおφ ★@無断転載は禁止 2017/05/15(月) 22:40:46.70 ID:CAP_USER9
    5月11日発売の『FRIDAY』(講談社)で、沖縄デートの様子がスクープされた皆藤愛子(33)。

    しかし本人は生放送番組であっさりこれを否定した。こうして事態はすぐに収束するかと思いきや、
    実は皆藤と共にいた人物が人気ビジュアル系バンドDIR EN GREYのベース・Toshiya(40)ではないか? と
    ネット上で話題になり、再び騒動は熱を帯びている。

    『FRIDAY』の記事によると、4月28日の午後1時頃、沖縄の古宇利島にあるデートスポット「ハートロック」
    の前に皆藤は姿を現したという。

    そして一緒にいた、細身の長身にサングラスをかけ、ダメージジーンズを履いている“ミュージシャン風”の
    男性に「ねえ、一緒に撮ろうよー」と語りかけ、ハート型の岩の前で記念撮影をしていたらしい。

    アラサーといえど、<超清純派>で男性人気が高い皆藤のスキャンダルに、
    ファンは「やばい死にそう」「よりによって相手すげえチャラそう」「はあ、俺の愛ちゃんが」等とネット上に愚痴っているが、
    しかし5月11日放送の生放送番組『ゴゴスマ~GOGO! Smile!』(CBC)に出演した皆藤は
    笑顔で自分のスキャンダル記事を読み上げて、「本当にお友達です」と交際を否定。

    記事にはダブルデートとも書かれていたが、本当は男性2人女性3人の合計5人で、
    恋愛関係じゃない仲良しグループ旅行だったと釈明したのだからファンは安心したことだろう。

    ところが。
    『FRIDAY』に掲載された皆藤と共にハートロックの前で記念撮影をする“ミュージシャン風”の男性が、
    DIR EN GREY(以下、DIR)のToshiyaではないか、と、同バンドのファンが検証をはじめたのだ。

    DIR EN GREYは海外で最も評価されているといっても良い日本のバンド。
    最近でもアメリカのメタル系の音楽サイト「ラウドワイアー」が、絶対に聴くべき日本のメタルバンド10組の中にDIRを選出。
    他のメンツは今世界中で大人気のBABYMETAL、レジェンド級のバンドであるX JAPAN、LOUDNESSなどだ。

    Toshiyaといえば、DIRの中でもっとも美形であると有名。
    181cmという長身に加え、ガリガリではなくほどよく筋肉のついた細マッチョな体つき、さらにここ数年の流行に
    マッチした薄め・爽やか・整った俳優のような顔立ちもあわせて、女性人気が極めて高い。

    一方で、DIRを神のように崇めるファンたちの中でも、Toshiyaのファッションはネタされるほどなかなか残念で有名。
    今回の『FRIDAY』で皆藤とともに映っている男性のファッションが分析され、
    「このだっせぇ私服とスタイルの良さは間違いなくToshiyaですわ」とファンの間で話題になり、いっそうToshiya説が強まっている。
    しかもよく見るとこの男性のダメージジーンズは、2016年6月15日にDIRのインスタグラムにアップされていた、
    Toshiyaの履いているダメージジーンズとそっくりなのだ。

    DIRが翌日の4月29日に沖縄でライブをしていること、皆藤が“バンギャ”だと以前から界隈で有名なことから、
    さらにToshiya説が強まっている。

    果たして本当にToshiyaなのだろうか、そして皆藤とToshiyaは恋愛関係、または「お友達」なのか……。
    皆藤ファンにとっては相当ダメージが強そうな交際事情だ。

    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_46323/

    フライデー
    皆藤愛子「沖縄デート旅行」幸せ写真
    https://friday.kodansha.ne.jp/sn/u/entertainment/100745 
    ダウンロード (1)


    【皆藤愛子、熱愛報道の相手は人気ビジュアル系バンド「DIR EN GREY」のベース・Toshiyaか。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/13(月) 20:04:16.57 ID:CAP_USER9
     ビジュアル系ロックの「2大カリスマ」と言われるディル・アン・グレイとピエロが、今夏に横浜アリーナで行う
    初のジョイント公演「ANDROGYNOS」の事前予約に申し込みが殺到していることが13日、分かった。

     同公演は7月7、8日の両夜、行われる。常に対立してきたバンドの競演だけに「宗教戦争勃発」と言われるなど注目度も高い。
    このため新たに「立ち見席」の予約も決定するなどうれしい悲鳴を上げている。

     ディル・アン・グレイとピエロは、ビジュアル系のバンドが全盛期だった95年後半から00年代前半にかけて
    “2大カリスマ”として人気を集めた。特に、東京・原宿の神宮橋には、双方のファンが詰めかけ、コスチュームで
    競い合い、その後「2つの宗教(バンド)の信者(ファン)による抗争」にもつながり、
    ファンの間では「神宮橋の宗教戦争」として語り継がれてきた。

     今回のコンサートは、その“2大カリスマ”が同じステージに立ち演奏で戦うだけに、ビジュアル系ファンにとっては
    「今年、最大のイベント」と盛り上がっている。主催者も、ファンのモチベーションを高めるために、さまざまな工夫を取り入れている。

     その1つが「会場の配置」だ。ステージは「危険地帯」とし、ステージの最前列を「前線基地」、さらに、
    その周囲は「緩衝地帯」、そしてセンター席の後方を「中立地帯」、スタンド席を「非武装地帯」と細かく分けている。
    さらに、座席内には両バンドの曲目が使用されている。会場内の趣向を凝らした配置はファンにも大好評で。
    チケットの予約が殺到していることから、一般販売を前に新たに「立ち見席」も追加することを決定した。
    「ステージとファンが一体化するような公演にしたい」と関係者。

     ディル・アン・グレイは、今年、結成20年目を迎える。「世の中の矛盾や人のエゴから発生するあらゆる痛みを
    世に伝える」ことをコンセプトに結成した5人組。インディーズ時代からコンサート中心の活動を続け、
    ビジュアル系ロックの雄として圧倒的な人気を誇る。

     特に、06年以降は活動の範囲を世界に広げ、アジアはもちろん全米やヨーロッパなどでも活動を展開しており、
    英国の老舗ロック誌「KERRANG!」では表紙にボーカルの京が日本人アーティストとして初めて登場し
    大きな話題を呼んだ。また、米ビルボード誌では「異色の日本人ロック・グループ」として異例の大特集もされたが、
    11年の東日本大震災以降は「日本の背負った痛みを全身で表現している」と評価する声も多く、さらに人気も高まっている。

     一方、ピエロはメンバーはボーカルのキリトを中心にアイジ、潤、KOHTA、TAKEOの5人組。メジャーデビューは98年だが、
    活動開始は95年。デビューの翌年には、デビュー最短で日本武道館公演を行い話題になった。
    また、米ロックバンドのマリリン・マンソンやメガデス、ミスフィッツなどとも異色のコラボレーションを繰り広げた。

     その後も、アリーナ級の会場でのライブを繰り広げ、ファンを増やしていったが、06年4月2日の東京・日比谷野音での
    ライブを最後に突如、解散を発表、その後はコンサートはもちろん、釈明もしないままファンの前から姿を消していた。
    ロック業界からは「現在のロックシーンを先導する数多くのバンドにも影響を与えてきた存在だった」と悔やむ
    声が多かったが、3年前の14年10月に、さいたまスーパーアリーナで2日間のライブを突然に敢行、
    ビジュアル・ファンを熱狂させていた。

     また、公演を盛り上げるため、14日から1週間、「ディル・アン・グレイ号」と「ピエロ号」と名付けたトラックが
    都内を走行する。関係者は「ライブに先駆け2台のトラックを神宮橋で遭遇させるかどうか検討しています」と話している。

    日刊スポーツ 3/13(月) 19:09配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-01791757-nksports-ent

    【ビジュアル系ロックの「2大カリスマ」ディル・アン・グレイとピエロ、初のジョイント公演に申込みが殺到。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/01(日) 05:28:56.80 ID:CAP_USER9
     2006年4月に解散したビジュアル系ロックバンド・PIERROT(ピエロ)が、人気ロックバンド・DIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)と組み、
    14年の再結成以来のプロジェクトを開始することが12月31日、わかった。関係者は「これまでにはないビッグプロジェクト」と鼻息荒く、
    V系ファンにとって大きな期待が寄せられる。

     PIERROTは95年、ボーカルのキリトを中心にアイジ、潤、KOHTA、TAKEOの5人で始動。98年のメジャーデビューの翌年には、
    当時としてはデビュー最短で東京・日本武道館公演を成功させ話題に。さらに米ロックバンドのマリリン・マンソンやメガデス、
    ミスフィッツなどとも異色のコラボレーションを繰り広げた。

     その後もアリーナ級会場でのライブを繰り広げファンを増やしていったが、06年4月2日の東京・日比谷野外音楽堂での
    ライブを最後に突如、解散を発表。解散コンサートも明確な説明もしないままファンの前から姿を消し、ロック業界では
    「現在のロックシーンを牽引する数多くのバンドにも影響を与えてきた存在だった」と悔やむ声が多かった。

     その後はキリトとKOHTA、TAKEOが新バンドAngelo、アイジと潤も他のバンドに加入してそれぞれの活動を続けてきたが
    14年10月、さいたまスーパーアリーナで2daysのライブを突然に敢行し、ファンを熱狂させていた。その解散から11年目の
    今年、新たな活動を開始することが明らかになった。その活動は人気ロックバンドとのスペシャル・プロジェクトを組んでの再開だという。

     「世の中の矛盾や人のエゴから発生するあらゆる痛みを世に伝える」ことをコンセプトに結成した5人組、
    DIR EN GREYは今年、結成20年目を迎える。インディーズ時代からライブ中心の活動を続け、
    ビジュアル系ロックの雄として圧倒的な人気を誇る。

     06年以降は活動の範囲を世界に広げ、アジアはもちろん全米やヨーロッパなどでも活動を展開、
    英老舗ロック誌『KERRANG!』では表紙にボーカルの京が日本人アーティストとして初めて登場し大きな話題を呼んだ。
    また、米ビルボード誌では「異色の日本人ロックグループ」として異例の大特集もされている。

     V系バンドに詳しい音楽関係者によると「PIERROTとDIR EN GREYは、かつてはライバル関係にあるバンドで
    人気を二分していた」とした上で「ビジュアル系の世界では、両者が組むなんて想像出来なかった。
    そういった意味では、どんな形のプロジェクトになるのか大いに気になる。両者とも海外での評価が高いので、
    内容によっては日本以上に欧米や欧州などから注目が集まるのではないか」と言う。

     プロジェクトの詳細は今後、随時公式サイトなどで発表される予定で続報が待たれる。

    ソース 朝日
    http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2084004.html
    画像
    http://www.asahicom.jp/and_w/interest/entertainment/images/AS20170101000360_comm.jpg 
     AS20170101000360_comm

    【V系ロックバンドのPIERROTが復活。DIR EN GREYとタッグ。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/06(日) 08:27:40.09
    9月12日(土)に日本テレビ系で放送される「有吉反省会」に、Shinya(Dr / DIR EN GREY)が“反省人”として出演する。

    バンドのイメージとは裏腹にプライベートは地味だというShinyaは「地味な生活で1人だけ浮いている」ことを反省。
    1人で栗拾いやイチゴ狩りなどに行き、唯一テンションが上がることは「チェブラーシカが当たったとき」という衝撃的な私生活を明かし、スタジオを爆笑に導く。彼の反省ぶりをぜひオンエアで確認しよう。

    日本テレビ系「有吉反省会」
    2015年9月12日(土)23:30~23:55


    ◆音楽ナタリー
    http://natalie.mu/music/news/159237

    【DIR EN GREYのShinya「有吉反省会」で地味すぎる私生活を反省】の続きを読む

    このページのトップヘ