メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > ゴールデンボンバー

    ダウンロード (4)


    1: ネイトのランプ ★ 2019/04/07(日) 02:00:08.55 ID:R02cLS9k9
     ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔さんが4月4日にブログを更新。鬼龍院さん名義の楽曲、歌詞について、「何にだって大いに使って頂きたいです」「SNSに全文を載せても良いです」など楽曲の宣伝になるような形での無断使用、無断転載を認める方針を明らかにしました。時代に合わせていく力がハンパない。

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/05/fsfigkiryutens01.jpg
    fsfigkiryutens01

    鬼龍院さん(画像は鬼龍院翔Instagramから)

     4月1日に爆速で発表した新元号ソング「令和」が各所で話題となっている金爆(関連記事)。「皆さん見て頂きありがとうございます!」とブログで感謝をつづった鬼龍院さんは、SNSユーザーが同曲を使用した動画を投稿している件について、「是非、何にだって大いに使って頂きたいです こちらにお伺い、確認なんて要りません!(^-^)」と許諾なしの楽曲使用を認める姿勢を表明。数件の投稿に関しては、すでにバンドの公式Twitterでリツイートするなど拡散にも協力しており、「権利で縛る故に音楽が広まることにブレーキが掛かるような現象ってホント勿体無い事だと思うんですよ」とSNS全盛の時代に合わせた柔軟な考え方を明かしました。

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/05/fsfigkiryutens02.jpg
    fsfigkiryutens02

    新元号ソング「令和」が話題の金爆(画像はYouTubeから)

     続けて、楽曲の歌詞についても触れた鬼龍院さん。自身の歌詞をネットで探す際に、バンドへの配慮から歌詞全文の転載を控えていたファンを発見したことがあるそうで、「いやいや! 良い歌と思ってるなら歌詞全部載っけて良さを宣伝してくれた方がよかったのに!」とフリーダムな感想を抱いたとのこと。「もっと自由に使ってもらえないのか事務所の方に確認取ってみた」と早速行動に移しており、「タイムマシンがほしいよ」「僕クエスト」「あの素晴しい朝をもう一度」の3曲を除き、鬼龍院さんが作詞した楽曲に関しては「曲の歌詞を無料のSNSに全文を載せても良いです」と宣伝のための転載を正式に認めました。転載禁止の3曲については、「権利がウチだけのものではないから」と事情を説明しています。

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/05/fsfigkiryutens03.jpg
    fsfigkiryutens03

    権利まで自由になったゴールデンボンバー(画像は鬼龍院翔オフィシャルブログから)

     音楽業界では異例とも言える決断とあって、「これはあくまで鬼龍院翔に限った話で、他アーティストさんは別です」「作家である鬼龍院翔と権利元の事務所が自己責任でOKにした形です」と例外中の例外であることを念押しした鬼龍院さん。最後にはあらためて、「(楽曲、歌詞ともに)是非、如何様にも使って頂けたら嬉しいです 作った音楽が他人の人生に触れることがミュージシャンの喜びであると思っています」と持論をつづっています。

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/05/news101.html

    ゴールデンボンバー/令和 Full size
    https://www.youtube.com/watch?v=VeUQk7O-1E4


    【『ゴールデンボンバー』鬼龍院翔、楽曲&歌詞の無断使用を容認。「何にだって大いに使って頂きたい。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ばーど ★ 2019/04/01(月) 13:59:35.57 ID:N63GquCT9
     政府が1日、「平成」に代わる新元号に「令和(れいわ)」を決定したことを受けて、男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」が新元号ソング「令和」を“最速配信”した。ジャケット写真にも「令和」の文字が刻まれている。

     この日午前11時頃から制作現場を動画配信サイト「LINE LIVE」で配信。新元号発表後の午後0時45分頃、新元号ソングのミュージックビデオ(MV)を公開した。サビの歌詞には「令和 新しい時代」などと新元号が盛り込まれた。“世界最速新元号ソング”の完成にメンバーは口々に「にぎやかだね」とやり切った表情。ボーカル・鬼龍院翔(34)が「引き続きゴールデンボンバーをよろしくお願いします」と呼びかけ、番組を結んだ。

     新曲は動画配信開始のこの日午前11時までに新元号部分以外を制作。発表後に歌詞、MV、ジャケット写真などに新元号を盛り込み、発表から2時間以内に完成させた。この日中にYouTubeでMVを公開し、CDは10日から一部店舗で発売される。

    4/1(月) 13:38
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000113-sph-ent

    【『ゴールデンボンバー』、新元号発表わずか1時間でMV配信。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/03/23(金) 14:47:13.21 ID:CAP_USER9
    金爆がエアバンドになったのはB’zのおかげ?喜矢武、ギターが難しすぎて…
    2018.3.23(Fri)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/23/0011094236.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/03/23/Images/f_11094238.jpg
    f_11094238

    ゴールデンボンバーの喜矢武豊

     ゴールデンボンバーのメンバー・喜矢武豊が22日、テレビ朝日系で放送された「アメトーーク」(木曜深夜11・15)の「B’z芸人」に出演。
    B’zの「Calling」をギターで弾こうとして練習したが、あまりの難しさにすぐに諦めたおかげでゴールデンボンバーがエアバンドになったと話した。

     今回、B’zが結成30周年を迎え、番組では「B’z芸人」を企画。
    出演者は喜矢武のほかに、ブラックマヨネーズ・小杉竜一、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔、スリムクラブ・真栄田賢らが出演。MC二人と陣内智則に対して、それぞれのB’z愛を語っていた。
     オープニングでは、各自がお気に入りの曲を熱唱しながら登場。あまりの騒がしさにMCの雨上がり決死隊・宮迫博之が「それぞれすな!」と注意。
    すると、小杉が「各自が好きな歌を歌うという愛を表現したんですけど」と言い訳をしていた。

     まず、B’zヒストリーとして、小杉が今まで出したシングル曲のジャケットを指しつつ、30年の軌跡を振り返ることに。
    初の売り上げランキング1位を獲得したのが「太陽のKomachi Angel」で、以来、49作連続1位を獲得し続けていると解説。蛍原徹は「すげ~」と驚いていた。
     次に、各自が曲にまつわる思い出トークを披露。鬼龍院が「ultra soul」の歌詞に背中を押されたと話し、
    喜矢武は「Calling」のギターが「めちゃめちゃかっこいいんですよ」と、自分で弾けるようになりたいと練習するも、
    あまりの難しさにすぐに諦め、結果、ゴールデンボンバーがエアバンドになったと言い出し、今のゴールデンボンバーがあるのはB’zのおかげだとバンドの誕生秘話として、こじつけていた。

    【【アメトーク】金爆がエアバンドになったのはB'zのおかげ?喜矢武「ギターが難しすぎ。」】の続きを読む

    images (1)


    1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/05/17(水) 08:45:32.64 ID:CAP_USER9
    ゴールデンボンバー・鬼龍院翔(32)が16日深夜に放送されたテレビ東京系「チマタの噺」(火曜・深夜0時12分)に出演し、エアーバンドであるがゆえの苦悩を語った。

    鬼龍院は、「(エアーバンドは)風当たりがハンパないです。何しにライブハウスに来てるんだって。お客さんからも、ライブハウスのスタッフさんからも結構邪険に扱われてました」と打ち明けた。

    MCの笑福亭鶴瓶(65)が「もうエアーやったら、ずっとエアーでしかアカンやんか」と問うと、鬼龍院は「エアー、楽なんですよね」と一言。これには「当たり前やんか」とツッコまれるも「凄く楽ですよ。リハーサルがいらないんですよね。ミュージシャンの仲間も出来たりして、よく会って話したりするんですけど、みんなリハーサルスタジオとか詳しかったり、リハーサル期間の話とかするんですけど、僕は『その時間大変ですね』って。経費も安いですし」とエアーバンドのメリットも話した。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170517-OHT1T50032.html

    【ゴールデンボンバー・鬼龍院、エアーバンドであるゆえの苦悩。「風当たりがハンパない。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/02(月) 19:50:20.47 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000134-sph-ent

     ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(32)が2日、ブログを更新し、元旦のアルバイトに応募し不採用となっていたことを明かした。

     2016年の元旦にアルバイトをしていたことが報道された鬼龍院。ヒット曲「女々しくて」で12年から4年連続出場した紅白に昨年は落選。年明けの17年の仕事始めの計画も失敗に終わったという。

    以下ソース

    【金爆・鬼龍院、今年の元旦アルバイト不採用に。「紅白に落ちてバイトにも落ちる。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2016/10/28(金) 23:47:10.22 ID:CAP_USER9
    http://www.cinematoday.jp/page/N0087132
    2016年10月28日 22時50分

    https://img.cinematoday.jp/a/N0087132/_size_560x/_v_1477662630/main.jpg
    main

    人気エアーバンド・ゴールデンボンバーの歌広場淳が28日、自身のTwitterでハロウィンの仮装をしたメンバーの写真を掲載、安定(?)の爆笑コスチュームに、ファンから絶賛の声が殺到している。

    この時期になると、恒例となったVAMPS主宰のライブイベント HALLOWEEN PARTY に出演し、奇抜でシュールな仮装で話題をさらう金爆。
    昨年も、やたらとリアル頭身な地デジカやMr.CONTAC、ドナルド(ベンチ付き)、パーソナルロボットPepperの仮装を披露して爆笑をさらった。

     今年も気合は十分な様子で、歌広場は「VAMPSさんのハロウィンパーティー、楽しんできます!」とツイート。
    その数時間後、例年以上にシュールなコスチュームに身を包んだメンバーの写真と共に「ハロウィンってもっとこう…キラキラしてるもんだって思ってたよ?」とつぶやいた。

     今年も、ピンクパンサー(樽美酒研二)、ラッキーマン(歌広場)、「ど根性ガエル」のピョン吉(鬼龍院翔・ひろし付き)など絶妙なチョイスの仮装となっており、
    なまじマッチョな体の効果もあってか、昨年以上にシュール。「進撃の巨人」の巨人になった喜矢武豊にいたっては、あまりに喜矢武そのままな見た目ゆえに判断がつきにくい。

     安定の面白さと気持ち悪さにファンからは、ライブへのねぎらいの言葉と共に、「なんで毎年毎年あなたたちはそうなる……」「毎度毎度すごいですwwww」
    「今年も安定の気味悪さです…('ω'`)」「なんかもう芸術。あっぱれ」「今年も笑かしてもらいました」など称賛と感謝のコメントが多数寄せられている。(西村重人)

    【ゴールデンボンバー、今年のハロウィーン仮装が安定の気味悪さで大反響。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/02(土) 07:53:00.43 ID:CAP
    3月31日放送の『アメトーーク!』にゴールデンボンバーの鬼龍院翔(31)と喜矢武豊が(31)出演。
    鬼龍院が不真面目な喜屋武のエピソードを明かし、苛立つ様子が見られた。

    今回の番組テーマは「学生時代の友達とコンビ組んでる芸人」。
    鬼龍院と喜矢武の2人でゴールデンボンバーを結成したエピソードなどが語られ、鬼龍院が学生時代に1人でやったライブの映像も放送された。

    番組中盤では、「心に残る相方の言葉」について語るコーナーに。
    鬼龍院は「バンドを組みたての時に、初めからふざけるバンドを……」と語り始め、司会の雨上がり決死隊・宮迫博之(46)が
    「なるほど。コンセプトとして」と相槌を打つと鬼龍院は「ライブ演出中に、ふざける内容をどんどん盛り込んでいって。彼、本当に何もしないんですよ。ギターの練習も。本当にして来ないんですよ」
    と喜屋武の不真面目な態度を明かすと、喜屋武は照れ笑いを浮かべた。

    さらに鬼龍院は「さぁ、じゃあこんなプログラムでライブをやろう、って話し合ってた時に(喜屋武が)言った言葉が、
    『本当はB’zみたいなバンド、やりたいんだよね』だった」という事を明かした。
    鬼龍院はヒートアップして「どの口が言ってるんだこいつは! と思って!」と、何も行動しないのに理想が高すぎる喜屋武を大きな声で批難した。
    鬼龍院は「
    『本当はふざけるバンドやりたくない。本当はかっこいいバンドがやりたいんだよね』みたいな事を(喜屋武が)言ってきて。こいつダメだなと!」
    と喜屋武に対し苛立ちを隠さなかった。
    しかし喜屋武は、にこやかな表情で「それはダメだねー」と、腕組みをしながら他人事のように受け流していた。

    「ゴールデンボンバーが結成されたのは鬼龍院と喜屋武が20歳の時ですが、高校時代の映像を見る限り、すでに鬼龍院の中では高校時代にコンセプトが固まっていたようですね。
    『エアバンド』なので喜屋武も演奏はしませんが、ライブで使う段ボール製の小道具は全て彼の手作り。
    体を張ったパフォーマンスをすることで知られています」(音楽ライター)――オリジナルメンバーの喜屋武が練習をしなかったため、
    苦肉の策で『エアバンド』のコンセプトが生まれたのかもしれない?

    http://dailynewsonline.jp/article/1111060/
    2016.04.02 07:00 日刊大衆

    http://image.dailynewsonline.jp/media/3/5/3543a3672000576f8cfac88dc9a71f96698c20e0_w=666_h=329_t=r_hs=d38c9030e9e8ff64e478e6c4d5b70ab2.jpeg 
     3543a3672000576f8cfac88dc9a71f96698c20e0

    【金爆が「エアバンドになった理由」は、喜矢武の性格が原因だった?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/02(土) 07:52:47.54 ID:CAP
    人気グループ「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(31)が1日、自身のブログを更新。
    毎年恒例の元日アルバイトをし、今年はデザート工場で働いたことを明かした。

    「元日ですね」というエントリーで、「紅白歌合戦を終えCDTVでローションにまみれた後帰宅し寝て朝起きて10~17時に某デザート工場で日雇いバイトして来ました。
    コンビニのデザートを作る工場ね。電車に揺られバスに揺られ、なかなかのどかなところ

    でした」と報告した。

    作業服を着た自身の写真もアップし「これでさらにマスクをする感じね、さすがにバレなかったよ」と正体はバレなかったとつづったが、
    作業には疲れた様子で「めちゃ疲れた…もうホント来年は正月バイトシリーズやめる!
    目を閉じたらベルトコンベアーに乗ったシュークリームの大群が襲ってくるー!!
    いやはや、お金を稼ぐとはやはり大変なことだなぁ…」と来年は正月バイトシリーズからの引退宣言?をしていた。

    鬼龍院は13年から元日バイトシリーズを始め、13年はコンビニエンスストア、14年は番組観覧、15年は女装カフェで働いていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160102-00000034-spnannex-ent
    スポニチアネックス 1月2日(土)7時27分配信
    【金爆・鬼龍院、今年も元日バイト。「めちゃ疲れた」引退?宣言も。】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/12(土) 15:49:02.95
    キリショーの愛称で知られる、人気ヴィジュアル系エアーバンドのメンバー、鬼龍院翔(31)が8日に自身のブログを更新。
    「雨レイン」というタイトルを付けた文章には、ニンニクを食べ過ぎ体調を崩していたことをコミカルにつづっている。

    人気バラエティー番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の5日放送分について振り返った。
    「一番スタミナの数値が上がる食べ物は?」というロケに参加したゴールデンボンバーのうち、ニンニク担当になったという鬼龍院。

    「江頭2:50さんのぷっすまでの塩の大量食い等を見ている僕は
    ニンニクを一欠片食べるだけじゃあ面白くないよなあ…と思って、かなりたくさん食べてみました!」と、満足げな顔文字付きで記載。

    しかしロケの翌日目覚めてみると、めまいや腹部の激痛を感じ、「にんにく 食べ過ぎ」とネットで症状を検索したところ、
    自分の症状とピタリと当てはまることが分かったという。

    さらにニンニクの食べ過ぎが身体には刺激が強く胃腸を荒らす、
    また、ニンニクを食べたければ事前に牛乳を飲んだ方が良い、と言及し、「よい子はマネしないでね!」と、読者への気遣いを見せている。

    その日は痛みをこらえつつも生放送の番組に出演したことや、その翌日にはようやく病院へ行き診察を受けたことも、ブログには書かれている。

    「健康大事だな、しっかり食の知識つけなきゃな。」としみじみ感じていることも付け加えられ、一連の行動から鬼龍院の人間味溢れる表情がうかがえる。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150912-88724778-taishu
    2015/9/12 11:00 - 日刊大衆

    【【ゴールデンボンバー】金爆の鬼龍院翔。ニンニクを食べ過ぎで病院送り。】の続きを読む

    このページのトップヘ