メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (11)


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 4d9f-NOTn) 投稿日:2016/02/04(木) 01:31:32.58 ID:wHUKe9z80.n
    【オリコン】GLAY、7年8ヶ月ぶりシングル首位 「G4」
    http://www.oricon.co.jp/news/2066216/full/

    【LUNA SEAとかGLAYってなんで伝説のバンド扱いされないんだろうな。過去のヒット曲がCMソングになったりもしないし…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/04(金) 23:51:43.63 ID:CAP_USER9
    9/4(金) 20:01配信
    J-CASTニュース

    函館市の活火山「恵山」

     北海道函館市の工藤壽樹市長は2020年9月4日、地元出身の人気ロックバンド・GLAYの恵山での無観客コンサート撮影に関する一部メディアの誤った報道について、「GLAYの名誉が大きく傷つけられた」「地元としてとても残念なこと」とするコメントを発表した。

    【動画】GLAYがYouTubeで配信した無観客ライブ

     同コンサート撮影をめぐっては8月18日、函館新聞が「無許可で撮影」と報じたが、同紙は8月21日にこれが誤りだったとお詫びした。9月2日には社内検証を実施したとして、誤報の原因や経緯について詳報していた。

    ■函館新聞が検証記事を公開

     GLAYは8月12日、「GLAY野外無観客ライブ in函館・恵山」と題して活火山の恵山道立自然公園で無観客のコンサートを実施し、YouTubeで配信した。このコンサートについて同18日、函館新聞(電子版)が「許可申請をせずに撮影していた」などと報じ、騒動になった。

     だが同21日に函館新聞は、この「無許可で撮影」という情報は誤りだったとしてお詫び文を出した。実際に道の許可が必要なのは「撮影」でなく「ステージなど工作物設置」であると訂正。元の記事で「収録について事前に申請や相談は来ておらず」としていた点も、「収録について事前にドローンの飛行計画などの提出はあったが、工作物設置の申請はなく」の誤りだったとした。

     その後9月2日、同紙は「道立公園内音楽ビデオ撮影の記事に関する社内検証/周辺取材不足のまま掲載 誤ったイメージ与えおわびします」の見出しで検証結果を詳報した。

     まず「無許可撮影」という記事になったのは、「この件に関する情報を入手した記者は、道立公園を管理する渡島総合振興局を取材した際、道から得る必要のあった許可が工作物(簡易ステージなど)の設置に関する行為だったにもかかわらず、撮影行為自体であると受け止めた」ためだと説明。「この部分は確認不足による不正確な表現であり、8月21日付で訂正とおわびの記事を掲載しました」と振り返った。

     さらに制作側から「申請や相談はなかった」としていた点についても、同紙は複数の関係者に聞き取りを実施。その結果、動画制作会社が函館市を通じて事前調査しており、「市恵山支所から許可申請に関する助言を受け、それに基づき国有林の入林などの申請がなされ、許可されていた」ことが分かったという。そのため、「工作物の設置については、工作物そのものに対する解釈に誤解はあったものの、『相談はなかった』との部分は誤りでした」と改めて訂正した。制作会社の代表は「手順を踏んで手続きを進めていたつもりだったが残念」と話しているという。

    次ページは:「当初の記事によって誤ったイメージが拡散」と謝罪

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggAi2Fu2sjpvAUpw2gruGfVw---x640-y480-q90-exp3h-pril/amd/20200904-00000017-jct-000-1-view.jpg
    20200904-00000017-jct-000-1-view

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1cd455d60752a46fa9a4939221c7d954976b8f9

    【函館市長「GLAYの名誉が大きく傷つけられた。」 無観客ライブめぐる”誤報”にコメント。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: ひかり ★ 2020/08/21(金) 07:33:32.73 ID:CAP_USER9
    400㎡もの敷地、ガーデンパーティも可能なプール付きの庭、イルミネーションが施された庭木――都内屈指の高級住宅地で『GLAY』のヴォーカル、TERU(49)と『PUFFY』大貫亜美(46)夫妻の邸宅は一際、存在感を放っている。

    人気ミュージシャン夫婦にふさわしい豪邸だが、レコード会社幹部によれば「夫妻は不在がち」なのだという。

    「亜美が家を飛び出したと聞いている。TERUはピュアソウルの持ち主、悪く言えば天然ちゃん。仕事にのめり込むあまり、亜美や義母がほったらかしになっていたんじゃないかな。音楽業界では『一昨年の冬には別居状態になっていて、離婚が成立している』と専らのウワサだよ。ただ、’19年~’20年にかけてGLAYは全国ツアーなど〝デビュー25周年イベント〟が目白押しだから、関係者には箝口令が敷かれているんだとか……」

    TERUはデビュー前に結婚。妻子がいたが、’98年に亜美と出逢ってしまったことで人生が一変。大恋愛の末、’02年に亜美と結ばれたのは周知の通りだ。

    訝りながらTERU御殿に向かうと、たしかに豪邸は静まり返っていた。

    と、そこに亜美がハンドルを握るミニクーパーが登場。助手席には愛娘が座っている。だが、亜美は車をガレージに入れようとしない。路駐したまま、小走りで玄関へ入り、すぐに両手に荷物を抱えて戻ってきた。そしてそのままミニクーパーを発進させて、そこから30分ほどの距離にあるタワマンの駐車場へ入って行くのだった。

    お盆明けの8月17日、豪邸から出てきたTERUを直撃したが、「事務所を通して」と頑なに拒まれた。代わりにTERUの所属事務所がこう答えた。

    「離婚はしていません。子供も大きくなってきたので、都内にいくつかある仕事部屋(衣装部屋や作業部屋)をコロナの感染予防や互いの仕事のペースなどを考えて、使い分けて生活をしています」

    あれだけの豪邸だ。「3密」を避けた衣装部屋や作業部屋なんていくらでも造れるだろうし、子供が両親のもとを行き来するほうがかえってリスクだと本誌は思うのだが―。

    8月21日発売の『フライデー』最新号では、亜美とすれ違い生活を送るTERUの寂しげな単独ショットを掲載している。
    FRIDAYデジタル

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a9ecf8a49d718de1deee9e774ede46745b0ac660
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggZIrWpiuWthzIxSDByphSeg---x640-y627-q90-exp3h-pril/amd/20200821-00000001-friday-000-1-view.jpg 
    20200821-00000001-friday-000-1-view

    【『GLAY』のTERUと『PUFFY』の亜美、別居疑惑を直撃。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2020/03/17(火) 12:09:17.89 ID:9vsYpyKg9
    https://news.j-wave.fm/news/2020/03/post-5543.html
    2020年03月17日

    J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。3月12日(木)のオンエアでは、GLAY・HISASHIが登場。GLAYはベストアルバム『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』をリリースしたばかりだ。

    HISASHIはこの日、ギターを始めたきっかけや、ギターの可能性ついて語った。
    中略
    ■HISASHIが弾けないコードは…

    サッシャがギターの演奏について、1本の指で複数の弦を同時におさえる「バレーコード」で苦戦したことを明かすと、HISASHIが「僕もバレーコードできないですよ」と驚きの告白をした。

    サッシャ:ウソでしょ!? どうしてですか?

    HISASHI:僕らが始めたころって「楽器の位置がいかに低いか」が大事だったんですよ(笑)。なんなら膝ぐらいのやつが優勝みたいな。のちのち、(音楽プロデューサーの)佐久間(正英)さんにめちゃくちゃ怒られるっていう。もう、それはシド・ヴィシャスのせいですよ。特にかっこよく見えたし、実際アウトロー気味だったし。

    サッシャ:低く弾く人は、バレーコードは絶対に弾けないですよね。だって高く持たないと指が曲がらないから。

    HISASHI:絶対に弾けないです。僕らが始めたころもギターが低い人が多かったんです。日本人にはそのほうが似合っているような気がして。「親指で押さえて」みたいな、いろいろな逃げ方はあったんですけども、6本(の弦)全部弾くことって、GLAYの今のライブのなかではあまりないんです。ツインギターだったり音数が多かったり……。ただでさえGLAYは中域のレンジが詰まっていたりするんですよ。なので、いろいろな工夫をして曲を表現するということを考えると、シンガーソングライターのF(コード)とは違うんです。

    サッシャ:じゃあ別にバレーコードでつまずいてもギターをあきらめる必要なんかないと?

    HISASHI:全然大丈夫です。

    最後にHISASHIは「楽しくやればいい」とアドバイスを送った。

    全文はソースをご覧ください
    https://news.j-wave.fm/news/assets_c/2020/03/0312_5-thumb-900x675-63227.jpg 
    0312_5-thumb-900x675-63227

    【『GLAY』HISASHIが”弾けないコード”とは? 「バレーコード。シド・ヴィシャスのせいですよ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: ひかり ★ 2020/03/21(土) 18:15:33.34 ID:VsSfSrDO9
    DAIGOがパーソナリティをつとめ、健やかな暮らしをキーワードにお届けするTOKYO FMの番組「DAIGOのOHAYO-WISH!!」。3月15日(日)の放送は、
    デビュー25周年を迎えベストアルバム『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』も発売中のGLAYからTAKUROをゲストに迎えてお届けしました。

    DAIGO:今年デビュー25周年を迎えられたGLAYさん。3月11日(水)に4枚組ベストアルバム『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』がリリースされたばかりということで。
    1997年リリースの『REVIEW ~BEST OF GLAY~』は初動売り上げがなんと200万枚を超えたスーパーベストアルバム。

    TAKURO:もういろんな人の人生を狂わせたね(笑)。

    DAIGO:すごいですよね。だって最終的に500万枚ぐらい……。

    TAKURO:もうそのときのスタッフの人が「TAKURO大変ですよ、バックオーダー20万枚ですよ!」って。そのすごさなんてわからないから、まだデビュー3年目だし。

    DAIGO:やばいっすね!

    TAKURO:へぇーって聞いてたけど。

    DAIGO:だって日本で20何人に1人くらいが持っている計算ですからね。

    TAKURO:もう今となっては心から思うけど、あのとき一気に500万じゃなくていいから20年でちょびちょび売れればよかったね(笑)。でも会う人会う人に、
    「青いの持ってました」と言われるのは、とても幸せなことですよね。

    ◆メンバーの“らしさ”が光る選曲を楽しんで

    DAIGO:もちろん僕も持っていたんですけど。(今回の『REVIEW II~BEST OF GLAY~』は)膨大な楽曲数のなかから……これ選曲めっちゃ大変だったんじゃないですか?
    メンバーセレクトで、今回4枚組なんですよね。

    TAKURO:そうですね。元々『REVIEW ~BEST OF GLAY~』が結局デビューして3年目のバンド、そんなにヒット曲も少ないし、だけどベストを出すってことになってじゃあ
    残りの曲どうするってなったとき、俺、絶対ヒットすると思ってコケた「彼女の”Modern…”」を入れたいです、とか、インディーズ時代の人気曲を収録したいですって奴もいて、
    結局ヒット曲とか以外は、自分たちがこれを聴かせたい、これがGLAYなんだって、それがウケたみたいだから。やっぱり人気曲とか有名曲だけじゃないものが
    『REVIEW』なんだなってことでメンバー1人1人に「どんなマイナー曲でもいいから自分が今、この令和の時代に聴かせたいという曲を選んで持ってきてください」って言ったら
    見事にかぶらなかった。


    DAIGO:え!? 1曲もかぶらなかったんですか?

    TAKURO:ほぼ被らなかったかな。俺でいうと「Winter again」がTERUとかぶって。話し合いだかじゃんけんして、TERUに持っていかれたっていう(笑)。

    DAIGO:なるほど! そうなんですね。確かにTERUさんとTAKUROさんのセレクトは結構シングルもありながら。

    TAKURO:そうですね。

    DAIGO:なんですけど、やっぱりHISASHIさんとかは攻めた感じの選曲で。

    TAKURO:攻めすぎて、しかもベストだっつってんのに録り直したいって言いだして。今ツアー中だし、こんな忙しい時期にマジかよって思いながら。
    「(HISASHIは)いや、もうそんな後ろなんか振り向きたくない。俺が選ぶなら今のサウンドで今の曲たちがやっぱりいいと思う」ってことで。だからこの間アルバムを
    出したばっかりなのに、何曲かそのアルバム曲も入っているという。実にあまのじゃくなHISASHIらしい。

    DAIGO: HISASHIさんもJIROさんも、なんか“らしい”セレクトだなっていう感じで。

    TAKURO:ひどいんだよ。JIROのセレクトを見てTERUがひと言。「暗いねぇー!」って。いやいや、そういうこと言うなって(笑)。

    DAIGO:やっぱりメンバーの個性も際立っているバンドですからね。

    (TOKYO FMの番組「DAIGOのOHAYO-WISH!!」3月15日(日)放送より)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00010004-tokyofm-ent
    TAKUROさん、DAIGO
    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/contents/sqOZYbQ3QGAe.jpg 
    sqOZYbQ3QGAe

    【『GLAY』TAKURO、500万枚ヒット当時を振り返る。 「いろんな人の人生を狂わせた。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 靄々 ★ 2020/02/24(月) 11:54:30.88 ID:c0E1a91/9
    GLAY、伊・ベネチアのイベント中止 新型コロナウイルス影響 TERU「致し方なし」

     ロックバンド「GLAY」は24日、ボーカルのTERU(48)とギターのHISASHI(48)がイタリア・ベネチアで出演予定だったイベントが、新型コロナウイルスの影響で中止になったと発表した。

     バンドの公式サイトでイベント中止を発表。「イタリア時間2月24日17:45よりTERU、HISASHIの出演が予定されていた『CARNEVALE DI VENEZIA2020』に関しまして、コロナウイルスの影響により、中止が決定となりました」とアナウンスした。

     TERUはイベント中止を受けて自身のツイッターに「致し方なし」と投稿。ファンからは「とても楽しみにしてたけど、仕方ないですね」「気をつけて帰ってきて下さい」など、気遣いの声が寄せられた。

    GLAYのTERU(右)とHISASHI
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggjVgQ7VQRG8tyvMiw6SNSnA---x792-y900-q90-exp3h-pril/amd/20200224-00000152-spnannex-000-view.jpg
    20200224-00000152-spnannex-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000152-spnannex-ent
    2/24(月) 11:47配信スポニチアネックス

    【『GLAY』、新型コロナウイルス影響で伊・ベネツィアのイベント中止。TERU「致し方なし。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2019/10/04(金) 12:25:15.15 ID:cN3RsIZk9
    https://news.j-wave.fm/news/2019/10/101hisashiglay3-1.html
    2019年10月04日

    J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週はGLAYを特集。

    特集2日目となる10月1日(火)のオンエアでは、HISASHI がGLAY の転機となった3曲を選んだ。

    ・『More than Love』 (1996年リリース/アルバム『BEAT out!』収録曲)

    HISASHI:アルバムとしてオリコン1位を果たしたました。僕らはアマチュアの頃、ツアーをほとんどやったことがなかったんです。95年くらいから、初めて行くような場所に徐々に行くようになりました。今も一緒にコンサートとレコーディングをやっているドラムの永井利光さんと、キーボーディストのDIEさん(「hide with Spread Beaver」メンバー)と一緒にツアーをまわることが、大きなきっかけになりました。当時、同じ事務所だったhideさんにも「GLAYはもっと自由にやったほうがいい」と言われて、ツアー中にロックバンドとしてすごく成長した記憶があります。ツアーを終えたあとの音が『More than Love』に込められているような気がして、すごくイキイキした音が収録されたと自負しています。このアルバム自体にライブ感があります。いろいろな先輩のおかげで、ここまで自由になることができました。

    ・『HOWEVER』(1997年リリース)

    HISASHI:この曲は、知っている方も多いと思いますが、メンバーの想像を超えるほど、いろいろなところで聴いてもらったり、歌っていただけました。「本当にそんなことってあるのか」と思うほど、曲がひとり歩きすることを実感した曲でした。いまだに、当時のカラオケで歌ったという思い出話を聞いて「こういう方が聴いて買ってくれてたのかな」って思います。GLAYメンバーの予想超えた1曲ということで選びました。

    ・『ROCK 'N'ROLL SWINDLE』(2006年リリース)

    HISASHI:33枚目のアルバム『G4』に収録されています。GLAYが「ラバーソウル」という会社を立ち上げた時期がちょうどこの頃です。日本武道館で「GLAY in BUDOKAN 2006 ROCK'N' ROLL SWINDLE」を3日間行いました。今までのキャリアというか、そういうものを捨てて再出発する表明みたいなものをこの公演に感じていて、いまだにこの曲を思い出します。2000年以降、かなり自由に音楽をやっていたけど、"ピストルズ スピリット"というか、そういうものがいまだにあり続けていて、ロック的なアプローチを改めて形にできた曲だと思います。

    【『GLAY』HISASHIが語る、転機になった3曲。”メンバーの予想超えた曲”は? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ひかり ★ 2019/07/01(月) 06:49:16.91 ID:39vqj5N19
     【ソウル30日】ロックバンド、GLAYがKBSアリーナで初の韓国公演を開催した。

     この日は2夜連続ライブの最終日。トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の歴史的会談が実現した板門店からわずか55キロのソウルで、
    ジャパニーズロックスターが気を吐いた。

     2013年6月の公演が現地プロモーターの都合で中止となり、6年越しで韓国に初上陸。約3000人のファンを前に、韓国語を猛勉強した
    ボーカルのTERU(48)が「ハングゲ ワソ チョクヨ(韓国に来られてうれしい)キダリョジョソ コマウォ(待っていてくれてありがとう)」と
    叫ぶと、大歓声で沸き返った。

     韓国公演は、TERUが興味を持つK-POPの本拠地でのライブを切望。デビュー25周年イヤー最初となる海外公演として、6年ぶりに
    リベンジを果たした。

     韓国は、1998年から日本の大衆文化を段階的に開放。それとともにGLAY楽曲も浸透し、現地でも人気者に。ファンは自然と日本語歌詞を
    口ずさみ、日本に負けない盛り上がりを見せた。

     代表曲「誘惑」「グロリアス」から、2日発売の新曲「JUST FINE」まで22曲を披露し、通常よりも“攻めモード”。ギターのHISASHI
    (47)が韓国焼酎「チャミスル」をラッパ飲み。先月に誤って熱湯をかぶり、顔にやけどを負ったTERUもけがが完治し、
    「サランヘヨ(愛している)」と笑顔で絶叫した。さらに名曲「HOWEVER」では♪やわらかな風が吹く韓国で…と替え歌で歌い、
    観客を感動させた。

     25年の“生きざま”を見せつけたGLAY。米大統領初の北朝鮮入りとなったトランプ氏同様、新たな歴史を刻んだ。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-00000503-sanspo-ent
    https://www.sanspo.com/geino/images/20190701/geo19070104000004-p1.jpg
    geo19070104000004-p1

    https://www.sanspo.com/geino/images/20190701/geo19070104000004-p2.jpg
    geo19070104000004-p2

    https://www.sanspo.com/geino/images/20190701/geo19070104000004-p3.jpg
    geo19070104000004-p3

    https://www.sanspo.com/geino/images/20190701/geo19070104000004-p4.jpg
    geo19070104000004-p4

    https://www.sanspo.com/geino/images/20190701/geo19070104000004-p5.jpg
    geo19070104000004-p5

    https://www.sanspo.com/geino/images/20190701/geo19070104000004-p6.jpg
    geo19070104000004-p6

    https://www.sanspo.com/geino/images/20190701/geo19070104000004-p7.jpg 
    geo19070104000004-p7

    【『GLAY』が悲願の韓国初上陸。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (9)


    1: muffin ★ 2019/05/25(土) 12:22:47.65 ID:6Hbx022c9
    https://www.oricon.co.jp/news/2136199/full/
    2019-05-25 12:15

    ロックバンドGLAYのボーカル・TERUが、25日に行われるデビュー戦25周年公約発表会を顔の火傷により欠席することが公式サイトで発表された。

    サイトでは「本日のGLAYデビュー25周年公約発表会ですが、メンバーのTERUが欠席となります。誠に申し訳ございません。5月24日(金)昼頃、熱湯を扱っていた所、誤って熱湯が顔にかかり左顔面に火傷を負いました」と現状を報告。

    続けて「本日も午前より再診を受けたのですが、医師より未だ安静にしておいた方が良いとの判断があり、大事をとって欠席させて頂きます。本日の公約発表会に関しましては、TAKURO、JIRO、HISASHIの3名で予定通り開催させて頂きます」と伝えている。

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggaVArjnkiCaaGp71qfYqeIQ---x900-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190525-00000335-oric-000-4-view.jpg 


    【『GLAY』TERU、熱湯が顔にかかり顔面火傷でイベント欠席。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/01(月) 06:33:49.98 ID:j+WNmZcO9
    3月23日に初の全国ツアーファイナルを北海道で迎えたロックバンドACE OF SPADES。GLAYのHISASHIがリーダーを務め、EXILEのTAKAHIROがボーカルを担当していることから、
    この日はGLAYのTERUもゲストに登場。観客だけでなくGLAYファンを公言しているTAKAHIROも歓喜するライブとなった。

    ところがファンの間では「1度に2度ガックリした」との声があがっているというのだ。

    「実はTAKAHIROのぽっちゃり化が進行しているんです。この日のツアー最終日のライブでは、TAKAHIROとGLAYのTERUがステージのフロントに2人並んで歌ったんですが、
    2人の見分けがつかないほどで、TAKAHIROファンからは『武井咲と結婚してからぽっちゃり化が止まらない』『TAKAHIROはもういない。
    いるのは歌が上手いブラマヨ小杉』『幸せ太りかと思うと2度ガックリする』といった声があがったのだとか。
    TAKAHIROは武井との結婚を2017年9月に発表しましたが、約1カ月後の10月13日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時にはすでにぽっちゃり化が始まり、
    お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一にますます似てきたと話題になりました。
    一方のTERUも、2011年頃からぽっちゃり化が始まり、2013年1月18日放送の同番組に出演した時には『マツコ・デラックスのようだ』『彦摩呂かと思った』などとネット上で話題になり、
    その後は多少の増減を繰り返しながらぽっちゃりをキープ。しかし47歳のTERUに対しTAKAHIROは34歳。
    年齢的にまだ代謝は落ちていないと思われるので、真剣にダイエットに取り組めばすぐにやせられると思うのですが」(女性誌記者)

    2015年4月26日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演した時のTAKAHIROは、まだ結婚もしておらずボディもスリムで「ブラマヨの小杉さんに顔が似ていると母からも言われる」と告白し、
    小杉との共演も果たして笑いを誘っていたが、そろそろ自分の役割を考えてダイエットに励んでみてはいかがだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1753859/
    2019.03.31 18:15 アサジョ

    https://up.gc-img.net/post_img_web/2017/10/1af6a4879e70b2e4f90b64c25f3090bf_18863.jpeg 
    1af6a4879e70b2e4f90b64c25f3090bf_18863

    【『EXILE』TAKAHIROが『GLAY』TERUと区別がつかないほど“ぽっちゃり化” 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: ばーど ★ 2019/02/21(木) 15:56:34.04 ID:uao2QFZ19
     ロックバンド・GLAYのTERUが18日にインスタグラムで行った生配信が物議を醸している。

     同日夜、TERUはインスタグラムで生配信を行ったが、カメラに映されていた場所は夜景の見える大きな窓が付いた風呂。そこにはTERUの知人と思われる男性3人が缶飲料などを片手に浴槽に浸かっており、盛り上がっている様子が映されていた。TERUはカメラを持ったまま男性らに近づいたが、その際、浴槽に浸かった男性の股間が丸見えになる状態に。配信は1分ほどで終了したものの、TERUは笑って撮影していた。

     生配信された動画は、それから数分ほどアーカイブされTERUのアカウントから見られる状態になっていたものの、その後削除。とはいえ、少なくない数のファンがその動画を見てしまうことに。ファンからも「怒りを通り越して恥ずかしすぎる」「GLAYの25周年を汚さないで」「こんなことばっかりやるんだったらSNSもうやめて」といった批判が相次いで聞かれている。

     「TERUといえば、先月8日、ツイッターで飛行機遅延に対する不満をぶつけ、ネット上で物議に。『安全最優先で遅延になってるのに…』『クレーマーじゃん』といった声が聞かれました。SNSの印象が悪くなっていた中でのこの不祥事なだけに、『ネットリテラシー勉強して』『誰かTERUにSNSの使い方教室開いてほしい』『TERUさん、しくじり先生にいつか出演するな』という皮肉めいた声まで聞かれています」(芸能ライター)

     騒動後の翌19日、TERUはインスタグラムを更新しているものの、昨晩自身が起こした不祥事には触れず。ネットには「普通の更新する前に謝罪したほうがいい」「なんで昨日のインスタライブの釈明ないの?」といった厳しい声も寄せられていた。

    2019年02月19日 11時23分 リアルライブ
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-46183/
    https://news.nifty.com/cms_image/news/entame/12184-46183/thumb-12184-46183-entame.jpg 
    thumb-12184-46183-entame

    【『GLAY』のTERU、入浴中のインスタ生配信で “とんでもないモノ”も丸見えに。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2)


    1: Egg ★ 2019/01/07(月) 16:04:01.42 ID:SrLQ5oRP9
    GLAYのボーカルTERU(47)が、大雪の影響で混乱した北海道の新千歳空港で約3時間にわたって足止めされたことを報告し、航空会社に対し「誠意を持って対応して欲しいと強く願います」とつづった。

    【写真】六本木ヒルズアリーナで熱唱するGLAY

    TERUは6日夜、新千歳空港からツイッターを更新。「どんな理由があるのか? 理解できないが。千歳から自分が乗る予定の便が2時間10分遅れになり、自分が乗る予定の便の30分後に出発する便が30分遅れで出発、1時間半後の便も30分遅れで飛ぶ予定。なぜこの便だけ2時間10分遅れなんだろう?」と書き出した。

    当初は1時間半の遅れとアナウンスされたが、その後さらに40分の遅延が決まったという。また、遅延理由についても「使用機到着遅れのアナウンスから、使用機は到着してるけど「使用機材の遅れ」と言うアナウンスに変わりました。使用機材の遅れってなんだろう? まだまだ遅れる気がします…」と混乱する現場の状況をつづり、正確な情報が得られないことに「ちゃんとアナウンスしてくれないのは困る」と不満をつぶやいた。

    それでも利用客たちは冷静だったようで、「日本は素晴らしい。誰一人としてクレームを入れる人がいない」と様子をつづり、「企業には、これに甘んじることなく誠意を持って対応して欲しいと強く願います」とした。

    一方、対応に追われた空港のスタッフについては「本当にお疲れだったと思います。企業としての対応マニュアルもあると思うのでスタッフの方々も板挟みになり大変ですよね。お疲れ様でした」とねぎらったTERU。結局、3時間以上足止めを食い、帰京後には「無事荷物を受け取りました。長い1日だった~(笑い)明日から学校の子達も多いですよね~。子供も沢山いたから心配ですね。少しでも早くお布団に入れますように お疲れ様でした!」とつづった。

    1/7(月) 11:27配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00438287-nksports-ent

    写真
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201901070000320-w500_0.jpg 
    201901070000320-w500_0

    【『GLAY』のTERU、大雪の影響で混乱した北海道の新千歳空港遅延に「誠意を持って対応して欲しいと強く願います。」】の続きを読む

    このページのトップヘ