メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード


    1: あずささん ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/26(火) 19:10:11.06 ID:CAP
    今年2016年でメジャーデビュー22年目を迎えるロックバンド・GLAY。ヒット曲「BELOVED」のイントロは、
    私(中澤)世代のギタリストなら1回はコピーしたことがあるんじゃないだろうか?
    そんなギタリストハートを直撃するフレーズを弾くGLAYのギタリスト・HISASHIさんが、人気アニメ
    『おそ松さん』のオープニング曲「はなまるぴっぴはよいこだけ」を弾いた映像が話題になっている。
    実際に映像を見てみると、アレンジや安定感、音質まで、クオリティーが異次元すぎる……。
    どうやったらこんなに違いが出るのか? プロってスゲェェェエエエ!!

    ・難しいことはしていない
    まず映像を見て思ったのは、難しいことはしていないということ。アマチュアの中には数倍速く弾くことが
    できる人も、もっと感情を揺さぶるプレイをする人もいるだろう。ではこのプレイは何がプロであり、
    何が凄いのか? 個人的な見解を書いていきたい。

    ・HISASHIさんの凄い点

    HISASHIさんの凄い点は2つある。まず、圧倒的な丁寧さ。ブリッジミュートの粒も、ピッキングハーモニクスの
    ニュアンスも、ダブルチョーキングの音程も、まるで修正でもしたかのように正確で美しい。一発録音にも
    かかわらず、抜群の安定感で音源にぴったり寄り添っていて、このままCDにできるクオリティーだ。

    ・漂うGLAYっぽさ

    2番目はアレンジ。特にBメロの歌の裏で弾く裏メロや、サビの最後のフレーズをピッキングハーモニクスで
    ユニゾンする部分、1回目のサビが終わった後のCメロのバッキングは極めてGLAY臭が漂う良い
    アレンジである。2回目のサビの前半で、上昇していくフレーズに変わる展開も地味に飽きさせない工夫が
    されていて良い。
    もしかしたら1サビに入って4小節目のコードは、間違っているかもしれない。しかし、逆に言うとそのミスの
    おかげで生演奏であることがわかるので問題なしだ。とにかく、20年以上もプロでやり続ける演奏は
    さすがの一言。GLAYファンはもちろん、かつてGLAYに影響を受けた方は必見だ!

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2016/01/25/699081/
    動画
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=EEnPbKInqU8


    【GLAYのギタリスト・HISASHIさんが人気アニメ『おそ松さん』のOP曲を弾いた動画が話題!(※動画あり)】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/12(土) 14:09:21.87
    「GLAY」のヴォーカルを務めるTERUが9月5日、自身のインスタグラムにて、ある写真をアップし注目を集めている。

    「この日、TERUは『ヤバイ…。9日、撮影なのに焼けすぎた(笑)日射し強かったもんね…』というコメントと共に、
    日に焼けて赤くなっているアップの顔写真を投稿しました。どうやらサッカーを楽しんだ際、彼は日焼け止めクリームを塗るのを忘れてしまったようです。
    写真が投稿されるとファンからは『日焼け顔もステキ!』『ドキッとしちゃいます?』など絶賛コメントが殺到していました」(芸能記者)

    しかし、この写真がニュースサイトで取り上げられると、一般のネットユーザーからは「ビジュアル系の面影がまったくない」
    「普通のおっさんじゃん」「この写真を載せようと思ったのが凄い」「ハゲテル…」など厳しいコメントが相次いだ。

    一時は20万人ライブなど数々の伝説を残してきた「GLAY」のTERUだが、特に女性からは、過去のプライベート関係が原因で叩かれやすい状況にあるのだという。

    「TERUといえば、2002年にPUFFYの大貫亜美と結婚していますが、元々彼には一般女性の妻と2人の子供がいた。
    当時、最初の妻とまだ離婚が成立していなかったにも関わらず、大貫との熱愛報道が出たため、一部のファンは大きなショックを受けたと言われています。
    やはりその時の記憶がまだ残っている女性側からすると、最初の奥さんの気持ちを考えてしまい、
    売れない時代から約7年間も支えてきた妻から離れていったTERUを好意的に見ることができないのでしょう」(前出・芸能記者)

    PUFFYの亜美との再婚からは、すでに13年が経過しているが、何年経っても厳しい目で見られてしまうようだ。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150912-00010006-asagei
    2015/9/12 11:02 - アサ芸プラス

    【【画像あり】「ハゲテル…」変わり果てた姿の「GLAY」TERUが話題。】の続きを読む

    このページのトップヘ