メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (2)


    1: 名無し募集中。。。 2018/12/22(土) 17:20:00.47 0
    昔々 そんなに遠い昔じゃない
    トミーは造船所で働いてた
    組合はずっとストライキで
    彼は金に困ってた
    ひどい話だ、まったく
    ジーナは食堂で働いてる
    一日中働いて
    稼ぎを家に持って帰るんだ
    愛のため、愛する彼のため
    彼女は言う
    この手につかんだものを
    離すわけにはいかない
    うまくいくかどうかは
    重要じゃない
    私たちは お互いを手に入れた
    愛のためには それで充分だから
    やるしかないわ
    まだ道の途中
    希望を支えに生きていく
    手をつないで そしたらきっと
    うまくいくから
    希望を支えに生きていく
    トミーはギターを質に入れた
    今は気持ちを抑えてるんだ
    いつも 自分の思いを奏でていたものへの
    キツイよな、ほんと
    ジーナは逃げ出す夢を見る
    夜 彼女が泣いてると
    トミーは囁く
    ベイビー 大丈夫だから いつかきっと
    この手につかんだものを
    離すわけにはいかない
    うまくいくかどうかは
    重要じゃない
    僕らは お互いを手に入れた
    愛のためには それで充分だから
    やるしかないさ
    まだ道の途中
    希望を支えに生きていく

    https://www.youtube.com/watch?v=lDK9QqIzhwk


    【『BON JOVI』の「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ってめっちゃ泣ける歌詞なんだな。】の続きを読む

    images


    1: みつを ★ 2018/08/19(日) 00:29:02.54 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180818/k10011581741000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

    ボン・ジョヴィの名曲で盆踊り ネットで話題 本人たちも反応
    2018年8月18日 22時15分

    東京で開かれた盆踊りのイベントで、世界的なロックバンド「ボン・ジョヴィ」の曲にあわせて参加者が踊る動画がツイッターで拡散し、バンドの公式アカウントも反応するなど、大きな反響を呼んでいます。

    発端となったのは今月14日。東京・中野区で開かれた盆踊りのイベントで、アメリカのロックバンド、「ボン・ジョヴィ」の大ヒット曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」にあわせて参加者が踊る様子の動画がツイッターに投稿されました。

    動画はこのイベントに来ていたDJの男性が撮影して投稿し、18日午後までに5万回以上リツイートされるなど急速に拡散しました。

    さらに「ボン・ジョヴィ」の公式アカウントも18日、「11月に東京と大阪で演奏するときはこのダンスが見られることを楽しみにしているよ!」と英語で反応し、ネット上では「盆踊り」にかけた「盆ジョビ」という言葉とともに大きな反響を呼んでいます。

    動画を投稿したDJのはやとデラロッサさんは「何気なく投稿したものなので、反応の大きさに驚いています。ボン・ジョヴィがみんなの盆踊りを受け入れてくれたことが日本人としてうれしい」と話しています。

    【ボン・ジョヴィの名曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」で盆踊り、本人たちも反応。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/06/25(月) 05:08:15.99 ID:CAP_USER9
    6/25(月) 5:00 スポーツ報知
    ボン・ジョヴィ、5年ぶり17回目の来日公演…11月、東京D&京セラD

    5年ぶりに来日公演を行うボン・ジョヴィのボーカル、ジョン・ボン・ジョヴィ

     米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」が11月に5年ぶり17回目の来日公演を行うことが24日、分かった。11月26日に東京ドーム、同27日に京セラドーム大阪の計2公演で7万人を動員する。

     84年の初来日以来、日本でのライブは前回13年に通算100公演を達成。総観客動員は150万人を記録した。全世界アルバム通算売り上げは1億3000万枚。今年4月にロックの殿堂入り後、初の日本公演となる。

     日本のスタジアム公演数は今回の2公演で45回に上り、海外アーティストで歴代単独1位を独走(2位はマイケル・ジャクソンの39回)。特に東京ドームは88年の初ライブから丸30年で17回目。80~2010年代の4年代で行った唯一の海外アーティストとなる。

     今回は最新アルバム「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」と連動したツアー。代表曲「イッツ・マイ・ライフ」などパワフルなハードロックサウンドを聴かせてくれそうだ。ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィ(56)は「やあ、日本のみんな。ようやく僕たちは日本へ戻ることができるよ! 久しぶりの来日公演だ! 11月にまた会おう」とコメントを寄せた。

     ◆7月14日からチケット発売
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    5年ぶりに来日公演を行うボン・ジョヴィのボーカル、ジョン・ボン・ジョヴィ
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180624-00000224-sph-000-5-view.jpg
    20180624-00000224-sph-000-5-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000224-sph-ent

    【ボン・ジョヴィ、11月に5年ぶり17回目の来日公演。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 19:50:05.14 ID:CAP_USER9
    2018.4.15 13:31
    ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン

    ボン・ジョヴィが、土曜日(4月14日)米オハイオ州クリーブランドで開かれたロックの殿堂入りの式典で、2013年にバンドを離脱したリッチー・サンボラ(G)、1994年に脱退したアレック・ジョン・サッチ(B)とリユニオンしパフォーマンスした。

    ラジオDJ、ハワード・スターンの紹介により殿堂入りした彼らは、「You Give Love A Bad Name」「It's My Life」「When We Were Us」「Livin' On A Prayer」の4曲をプレイ。リッチーが、彼の離脱後発表されたアルバム『This House Is Not for Sale』(2016年)のリイッシュー盤に収録される「When We Were Us」をライブ・パフォーマンスするのは初めてで、ジョン・ボン・ジョヴィとマイクをシェアする一幕も見られたという。

    ボン・ジョヴィは、デヴィッド・ブライアン(Key)、ジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、ヒュー・マクドナルド(B)、リッチー・サンボラ(G)、アレックス・ジョン・サッチ(B)、ティコ・トーレス(Ds)が殿堂入りした。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    Rock & Roll Hall of Fame: Class of 2018. [bonjovi]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/55f16cab19b14e5a0709d7845bd2055a/5B50D788/t51.2885-15/e35/30078269_624715801202862_8018831832873172992_n.jpg
    30078269_624715801202862_8018831832873172992_n

    https://img.barks.jp/image/review/1000153999/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000153999

    【ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/02/27(火) 23:03:38.64 ID:CAP_USER9
    2018/02/26

    ボン・ジョヴィ、【ロックの殿堂】入り式典でリッチー・サンボラやアレック・ジョン・サッチと共演することについて語る

     ボン・ジョヴィのデヴィッド・ブライアンとティコ・トーレスが、2018年3月14日にデンバーで開幕する【ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール・ツアー】の2度目となる北米日程のプロモーションをするために記者との電話会議を行い、念願だった【ロックの殿堂】入りを果たすことや、当日元メンバーのリッチー・サンボラやアレック・ジョン・サッチと共演することなどについてコメントした。

     トーレスは【ロックの殿堂】入りについて「どう感じるか予測するのは難しい」と述べ、「アレックとは電話で話したけど、素晴らしかった。俺たちはグループとして一時期一緒に旅をしていたわけで、自分たちの為だけじゃなく、ファンのためにも再演できるのは素晴らしいことだと思う。古い友人と集まれば、そこには常に深い感情が生まれると思うよ」と再結成について語っている。

     ボン・ジョヴィは9年前から必要条件を満たしていたにも関わらず、なかなか殿堂入りが叶わなかったが、今回ファン投票でトップに立ち、ようやく実現することとなった。ブライアンは、「少し遅くなったけど、クラブに入れた」と喜び、「エルヴィスからビートルズやストーンズまでいる素晴らしいクラブだし、入れるに越したことはない。大変光栄だ」とコメントした。また彼は、4月14日に米クリーブランドで開催される式典で元メンバーと再結成するバンドは「2、3曲」披露すると明かし、「結構クールだね。すごく楽しみにしてるんだ」と話している。1994年にバンドを去ったジョン・サッチがバンドと演奏するのは2001年に一度だけ復帰した時以来で、サンボラは2013年にバンドと仲違いしてから初めて復帰することとなる。

     バンドは先日、最新アルバム『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』に2曲の新曲「When We Were Us」と「Walls」を追加した新ヴァージョンをリリースした。ブライアンは「When We Were Us」について「【ロックの殿堂】入りとか、俺たちのキャリアで現在いる位置に影響を受けた曲で、俺たちが来た道、現在いる場所、そしてこれから行く先について語っている」と説明している。「Walls」に関しては「分断ではなく団結」についての曲であり、個人的、政治的な土台を持つと話している。「それは世の中で起きることだ。自分の中で壁(walls)を作ってしまう。それに関連するメタファーはたくさんある。“キープ・ザ・フェイス”が時代を物語っていたように、今も時代を表した作品を書いているんだよ」と彼は語っている。

    (中略)

     ボン・ジョヴィは3月11日に【iHeartRadio Music Awards】で<アイコン・アワード>を授与される。


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000060/60497/650x_image.jpg
    650x_image (1)

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/60497/2

    【ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂入り式典でリッチー・サンボラやアレック・ジョン・サッチと共演することについて語る。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2017/11/06(月) 04:57:53.92 ID:CAP_USER9
    2017.11.05.

    椿鬼奴 45歳、限界宣言…十八番のボン・ジョヴィ曲「フルで歌えなくなった」


     タレント・椿鬼奴(45)が5日、大阪市内で開催された吉本新喜劇座長・小籔千豊(44)主宰の音楽と笑いのフェス「コヤブソニック2017」に出演。
    十八番のネタ、ボン・ジョヴィの名曲「You Give Love A Bad Name」を大熱唱したが、途中から苦しくなり、歌唱後に息を切らしながら「45歳になってフルコーラスで歌えなくなりました」とギブアップ宣言した。

     鬼奴はボン・ジョヴィの大ファンで、番組に楽曲を歌いながら登場していたことから、ボン・ジョヴィのドキュメンタリー映画の予告編ナレーションの仕事が入ったことも。

     この日も代表曲の「「You Give-」熱唱でステージをスタートさせたが、声が出にくくなった。

     歌唱後に、はあはあ、ぜえぜえ、と息を切らせながら言葉をつなぎ「お聞きいただいたのは、ボン・ジョヴィ。ごめんなさいね、今年45になりまして、フルコーラスで歌うことができなくなりました」と限界宣言。
    続けて「あいまって、秋の花粉の影響で気管支炎になっています」と、苦しそうに語った。

     その後、共演の森三中・黒沢かずこが歌姫キャラで登場し「あゆじゃないよ」と言いながら、キューティーハニーの曲を歌ったが、わずか45秒で歌唱終了。
    再びステージに登場した鬼奴は「はあはあ…まだキューティーハニーを挟んでも…」と呼吸が整わないことをボヤいて笑わせていた。


    「コヤブソニック」に出演した椿鬼奴(左)と、黒沢かずこ=大阪市内
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/11/05/Images/d_10707834.jpg
    d_10707834

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/05/0010707833.shtml

    【椿鬼奴45歳、限界宣言。十八番のボン・ジョヴィ曲「フルで歌えなくなった。」】の続きを読む

    ダウンロード


    9: 湛然 ★ 2017/10/10(火) 21:47:23.52 ID:CAP_USER9
    BARKS 10/10(火) 10:31

    R・サンボラ「ボン・ジョヴィが殿堂入りしたら共演したい」

    リッチー・サンボラは、もしボン・ジョヴィがロックの殿堂入りしたら、来春開かれるセレモニーで彼らと一緒にプレイしたいと考えているそうだ。

    ボン・ジョヴィは2011年に続き、2018年度、2度目の候補に挙がった。現メンバーのジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、デヴィッド・ブライアン(Key)、ティコ・トーレス(Ds)に、1994年に脱退したアレック・ジョン・サッチ(B)、2013年に離脱したリッチー・サンボラ(G)がその対象メンバーとなっている。

    『Billboard』誌のインタビューで、リッチーはノミネートされたことについてこう語った。「もちろん、認められたというのは素晴らしいことだ。どうもありがとう。でも、僕は取らぬたぬきの皮算用はしないよ。前にもノミネートされているからね。どうなるかは、誰にもわからない。それに、候補者のリストを見れば、とっくに殿堂入りしているべきだって思う素晴らしい人たちがいっぱいいる。ザ・カーズとかダイアー・ストレイツとか、みんな、そうだ」

    「殿堂入りしたら、セレモニーでパフォーマンスする可能性はあるか?」との質問には、「もちろん。恨みつらみばかりってわけじゃない。ただ……、あのときは、僕にとって(バンドを)離れるときが来たってだけだ。ああ、だから、もちろんありだ」

    リッチーは、パフォーマンスしたい曲として、「Livin’ On A Prayer」「Wanted Dead Or Alive」を挙げた。

    また、ロックの殿堂に限らずバンドに戻る可能性はあるかと問われると、「わからない。それは、いろいろなこと次第」であり、「正直言って、いまは(自分の)曲に専念している」と答えた。


    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171010-00000667-bark-000-0-view.jpg
    20171010-00000667-bark-000-0-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000667-bark-musi

    【リッチー・サンボラ「ボン・ジョヴィが殿堂入りしたら共演したい。」 】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: みつを ★@無断転載は禁止 2017/05/10(水) 23:45:42.09 ID:CAP_USER9
    http://japan.techinsight.jp/2017/05/kay05101027.html

    女優ダイアン・レイン(52)がこのほど人気番組に出演し、人気ロックバンド「ボン・ジョヴィ」のリーダーとして知られるジョン・ボン・ジョヴィ(55)と交際していた時期があると明かした。さらにダイアンは人気ロッカー達が愛用するという“股間サポーター”に言及し、番組をおおいに盛り上げた。

    『アウトサイダー』『運命の女』などに出演し、長い間ハリウッドで活躍してきたダイアン・レイン。彼女がこのほど『Watch What Happens Live』に出演し、「80年代の一時期、ジョン・ボン・ジョヴィと交際していた」と告白した。

    「そう、期間は5か月よ。当時の私はまだハタチだったわ。」
    「そういう年代の女の子なら、みんな素晴らしい経験が必要よ。」

    またダイアンはジョンがツアーに出る準備をする様子を見たというが、その際“ある物”を大量に目撃したそうだ。

    「そう、彼がツアーに出るため荷造りをしている写真も何枚かもっているの。」
    「床に、ズラッと股間に当てる男性用サポーターが並んでいて。バンドのメンバー全員がツアーを乗り切るのに十分な数だったわ。」

    ちなみにダイアンによると、このサポーターはロックンローラーが愛用するピチピチのレザーパンツの下に穿くものという。その理由が「固定」なのか「見栄っ張り」なのかは不明だが、いつもクールなジョンが「股間サポーターをつけている」とは意外である。
    (TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

    2017.05.10 14:15

    http://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/05/diane-lane170510-300x300.jpg 
     diane-lane170510-300x300

    【ダイアン・レイン「昔、ジョン・ボン・ジョヴィと付き合っていた。」】の続きを読む

    ダウンロード (10)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/08(土) 12:06:57.01 ID:CAP_USER9
     ジョン・ボン・ジョヴィ(55)が気管支炎を患っているため、今週末に予定されていたボン・ジョヴィのニューヨーク公演が延期されることになった。

     6日にマディソンスクエア・ガーデンで開催されるはずだった一連の公演が延期されると発表され、同バンドの代理人はビルボード誌に「難しい決断でしたが、バンドはボン・ジョヴィが知られているようなフルで力いっぱいのパフォーマンスをしたいと考え、このような決断に至りました」とコメントしている。

     4月7日の公演は4月13日に、8日分は15日へ切り替えることができるようだ。

     また、ジョンは1週間以上気管支炎に悩まされており、パフォーマンス中に高音を出すのに苦労していたうえに、ペンシルベニア州ピッツバーグでの公演を予定されていた時間より約1時間早く終了させており、今回のニューヨーク公演が延期となる前兆は見えていたようだ。

     ピッツバーグ公演の際にはジョンは観客に向かって、「俺は今夜かなりクソみたいに歌っていると思うんだ。申し訳ない。でも、続行するし、俺に最後までついてきてくれるなら、俺もおまえらについていくよ」と呼び掛けていた。(BANG Media International)

    2017.4.8
    https://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2017/04/08/0010076903.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/foreign_topics/2017/04/08/Images/d_10076904.jpg 
     d_10076904

    【ジョン・ボン・ジョヴィ、気管支炎でニューヨーク公演延期。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/11/14(月) 21:36:51.63 ID:CAP_USER9
    2016-11-14 13:43:51

    今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ボン・ジョヴィの3年半ぶりの新作、
    13枚目のスタジオ・アルバムとなる『This House Is Nor For Sale』が初登場で1位を獲得した。

    ボン・ジョヴィのスタジオ・アルバムが全米1位に輝くのは、サード『Slippery When Wet』(1986年)にはじまり、
    『New Jersey』(1988年)、『Lost Highway』(2007年)、『The Circle』(2009年)、『What About Now』(2013年)に次ぐ6枚目。
    『Lost Highway』から4枚連続となる。

    2位には、アリシア・キーズの6枚目のスタジオ・アルバム『Here』が初登場した。
    1位は逃したものの、彼女のアルバムは6枚全てがトップ2圏内をマークしている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000135025/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000135025


    ∥動画∥
    Bon Jovi - This House Is Not For Sale [BonJoviVEVO]
    https://www.youtube.com/watch?v=_Ri2KEiXlNk


    【ボン・ジョヴィ、新作が初登場で全米1位。長年の生き残りとクオリティの高さに「貫禄」「圧巻」の声。】の続きを読む

    このページのトップヘ