メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (1)


    1: フォーエバー ★ 2020/01/04(土) 12:53:47.83 ID:rMpIswwD9
    住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。毎週月曜日の「スマイルナビ」では、毎日を元気付けるニュースやトピックスをご紹介しています。12月23日(月)の放送では、ロックバンド・BON JOVIのジョン・ボン・ジョヴィが始める、新しいレストランの話題について取り上げました。

    アメリカを代表するロックバンド・BON JOVIのリーダー、ボーカルをつとめるジョン・ボン・ジョヴィ。音楽活動と並行して、チャリティ活動にも取り組んでいます。2006年に非営利組織「JBJ Soul Foundation(ジョン・ボン・ジョヴィ(JBJ)・ソウル・ファンデーション)」を設立し、貧困にあえぐ人たちやホームレスなどに積極的なサポートをおこなっています。

    2019年1月には、トランプ政権による政府機関の閉鎖で報酬未払いを強いられている職員に、無料の食事を提供したボン・ジョヴィ。今回の放送では、そんな彼が新たにオープンするレストランについて紹介しました。

    ◆ボン・ジョヴィが運営する非営利レストランとは?

    2011年から、アメリカ・ニュージャージー州で非営利レストランとして営業しているボン・ジョヴィのレストラン「JBJ Soul Kitchen(JBJソウル・キッチン)」。経済的に余裕のある人が料金を多く払い、貧しい人は無料で食事をできるというレストランです。現在は、ニュージャージーに2店舗オープンしています。

    人々の善意と、助けが必要な人々をつなぐ同レストランは、お金を払うお客さんと無料で食べるお客さんがちょうど半々くらい。経営的にも、きちんと回っているそうです。

    ◆学生たちにレストランの豊かな食事を…

    そんな、「JBJソウル・キッチン」を運営するボン・ジョヴィが、現在、向き合っているのが学生の貧困問題。57歳の彼が、“若い人たちの食生活をより豊かなものにしたい”と立ち上がりました。日本でも借金や奨学金の返済などに苦しむ学生の姿が伝えられていますが、アメリカの学生も同じ状況に置かれています。教材費や生活費などを支払う余裕がない学生たちが、食費を削ってインスタントラーメンばかりを食べているのを目の当たりにし、学生向けレストランをオープンすることを思いついたそうです。

    ◆大学敷地内に無料レストランオープン

    「JBJソウル・キッチン」の新店舗は、2020年1月22日(水)にニュージャージー州・ラトガース大学のニューアーク・キャンパス内に開店予定。生活に余裕のない学生に無料で料理を提供するそうです。経済的余裕のある人には20ドルを払ってもらい、そのお金は寄付に変わるとのこと。一方、飲食代の支払いが困難な学生は、レストラン内でボランティアをするなど、“サービス”と食事を交換できるそうです。

    ちなみに、レストランで使用する食材は、地産地消を基本としていて、地元農家などからの寄付によるものが多いそうです。

    1/4(土) 12:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00010001-tokyofm-ent

    【『ボン・ジョヴィ』が学生向け無料レストランをオープン。「若者の食生活をより豊かに。」】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/12/11(水) 23:02:36.45 ID:l5nllNq69
    2019.12.11 水曜日NME Japan
    ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラの不在を今も寂しく思っていると語る
    https://nme-jp.com/news/83001/

    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/04/GettyImages-662746776-720x457.jpg
    GettyImages-662746776-720x457


    ボン・ジョヴィのフロントマンであるジョン・ボン・ジョヴィは2013年に経験した元ギタリストであるリッチー・サンボラの脱退を振り返り、リッチー・サンボラのことを今も寂しく思っていると語っている。

    物質依存症に苦しんでいたことで知られるリッチー・サンボラは2013年に行っていた「ビコーズ・ウィー・キャン」ツアーの途中でバンドを脱退している。ジョン・ボン・ジョヴィは彼の脱退後も同ツアーを続行して、現在までバンドとしての活動を続けている。

    今回、ジョン・ボン・ジョヴィは『ポールスター』誌のインタヴューに応じて、リッチー・サンボラが脱退した当時を次のように振り返っている。「ティコ(・トーレス/ドラマー)やデヴィッド(・ブライアン/キーボーディスト)や俺にとって、リッチーが抱えていた問題のために(バンドとして)立ち止まってしまうのは不公平だと感じたんだ」と彼は当時について語っている。

    「(バンドを解散させる)そんなつもりはなかったからね。バンドの名前はボン・ジョヴィなわけでさ。他の何物でもないんだ。ヴァン・ヘイレンやU2のように、ギタリストに依拠しているようなバンドではないからね。大切なのは楽曲であり、(バンド名は)僕のことを示しているんだ。僕らにはそういう認識があったんだよ」

    一方、ジョン・ボン・ジョヴィは今でもリッチー・サンボラのことを寂しく思っているとしして次のように語っている。

    「彼がそばにいてくれたらと思うよ。僕らは恐るべし2人組だったんだからさ」とジョン・ボン・ジョヴィは語っている。「僕らは魔法のような歌声の持ち主で、彼は本当に素晴らしい人だったんだ。けど、彼の選択が彼自身を迷わせてしまったんだよ」

    現在57歳のジョン・ボン・ジョヴィは続けて、リッチー・サンボラが抜けたことでバンドにはさらなる重圧がかかることになったとも語っており。、それを乗り越えるのは容易なことではなかったと語っている。

    「リッチーが崩れてしまうなんて思ってもいなかったから、仕事にかなり支障が出たよ」と彼は語っている。「その後で、僕らは見事に乗り越えることができたんだ。とてもよかったと思う、本当にね。良かったっていう言葉じゃ足りないくらいさ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【ジョン・ボン・ジョヴィ「リッチー・サンボラの不在を今も寂しく思っている。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 14:49:00.774 ID:ZhVubdAP0
    クイーンとかも

    【『BON JOVI』の音楽って適度にハードでメロディもよくて凄いクオリティ高いはずなのに今一つオタクっぽさが足りないよな。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/08/30(金) 23:10:36.19 ID:rE5mCWnO9
    2019.8.30 金曜日
    ジョン・ボン・ジョヴィ、当初は“Livin’ on a Prayer”をお蔵入りにしようとしていたと明かす
    https://nme-jp.com/news/78043/

    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/12/Jon-Bon-Jovi-720x457.jpg
    Jon-Bon-Jovi-720x457


    ジョン・ボン・ジョヴィは“Livin’ on a Prayer”について当初ロックではないと考えたためにお蔵入りにしようと考えていたことを明らかにしている。

    ボン・ジョヴィはこの曲を元バンド・メンバーのリッチー・サンボラとコラボレーターのデズモンド・チャイルドとともに作曲したが、完成した時には「興味がなくなっていた」という。

    『アルティメイト・ロック』によれば、現在「ラナウェイ・トゥ・パラダイス」と題したクルーズ公演を行っているジョン・ボン・ジョヴィはファンとのQ&Aセッションで“Livin’ on a Prayer”について語っている。

    「この曲は本当に唯一無二なんだ」とジョン・ボン・ジョヴィは語っている。「“Livin’ on a Prayer”は他のどれとも違って聴こえるわけで、だから、ある種興味がなくなっていたんだ。『なんか、違うんだよな、でもこれはロックなのか?これは俺たちなのか?』と思ってね」

    ボン・ジョヴィは、クレジットされていないもののベーシストであるヒュー・マクドナルドのおかげで最終的にこの曲を『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』に収録することにしたという。。

    「この曲はアコースティック・ギターで書いたんだ。だから、最初はドラムのビートも何もなかったんだよ。ベースラインもなかったんだ」


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【ジョン・ボン・ジョヴィ、“Livin’ on a Prayer”をお蔵入りにしようとしていた。「(完成した時には)興味がなくなっていた。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/08/28(水) 22:07:36.67 ID:2UjthJUI9
    2019.8.28 水曜日
    ボン・ジョヴィ、次回作となるアルバムのタイトルが明らかに
    https://nme-jp.com/news/77888/

    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2016/11/Bon-Jovi-artist-photo--720x480.jpg
    Bon-Jovi-artist-photo--720x480


    ボン・ジョヴィは次回作となるアルバムのタイトルが明らかになっている。

    ボン・ジョヴィは今年3月にオーシャン・ウェイ・ナッシュヴィル・スタジオで新作のレコーディングを行う短い映像をインスタグラムのストーリーで公開していた。

    今回、「ラナウェイ・トゥ・パラダイス」と題したクルーズ公演を行っているジョン・ボン・ジョヴィはアルバムのタイトルが『ボン・ジョヴィ:2020』になることを明かしている。

    「選挙の年だからね。だったら、なぜそうしないんだっていうね」とジョン・ボン・ジョヴィは語っている。「これ以上、悪くはできないわけでね」

    彼は次のように続けている。「『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』では個人的なことを扱ったんだけど、それはもう終わってね。今回は前に進む明確なヴィジョンがあるんだ」

    ジョン・ボン・ジョヴィはより「社会を意識した」テーマを扱うことになると語っており、PTSDを抱えた退役軍人や先日のオハイオ州やテキサス州で起きた銃乱射事件についての曲があるとしている。

    「そのことにすごく満足しているんだ。違うアルバムになっているからね」

    ジョン・ボン・ジョヴィについては彼が手掛けたロゼワインの受注が日本のウェブストアで開始されている。

    ジョン・ボン・ジョヴィと彼の息子のジェシー、そしてフランスのワインメーカー、ジェラール・ベルトランが造ったロゼワイン「ダイヴィング・イントゥ・ハンプトン・ウォーター」は、フランス地中海地域の特徴的な品種であるグルナッシュ、サンソー、ムールヴェードルが使用されており、「ハンプトン・ウォーター」という名前をきっかけにこのワインは生まれることになったという。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『ボン・ジョヴィ』、次回作となるアルバムのタイトルが明らかに。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/09(火) 19:17:34.03 ID:7p0rH/259
    2019年もボン・ジョヴィ(Bon Jovi)「Livin' On A Prayer」で盆踊り? 2018年夏、ボン・ジョヴィで盆踊りをしている映像が話題となった<中野駅前大盆踊り大会>が今年は8月11日(日)12日(月・祝)に行われます。11日には昨年にボン・ジョヴィの「Livin' On A Prayer」をプレイしたDJ CELLYも登場。“盆ジョヴィ”再びか?

    <第7回 中野駅前大盆踊り大会>
    2019年8月11日(日) 8月12日(月・祝)
    15:00~21:00(予定)
    中野セントラルパーク内パークアベニュー

    ■出演

    ●高橋洋子【11日(日)出演予定】
    初登場!
    平成のアニソン代表曲 新世紀エヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」。これを和太鼓アレンジした「残酷な天使のテーゼ MATSURI SPIRIT」が、令和初開催を彩る!

    ●DJ CELLY【11日(日)出演予定】
    今年も登場!
    昨年、ボン・ジョビの「Livin ‘ On A Prayer 」をPLAYし、会場を興奮のるつぼに。
    昨年の興奮をもう一度!

    ●DJ KOO【12日(月・祝)出演予定】
    日本の盛上げ番長!今年も参戦!
    EZ DO DANCE、BOY MEETS GIRL、survival dAnce 等の
    名曲をBON DANCEで最KOO潮に!

    公式サイト:
    https://bon-odori.net/nakano-bonodori/


    2019/07/09 09:52掲載
    http://amass.jp/122873/
    https://pbs.twimg.com/media/D_AGEkXU0AAE8S_.jpg 
    D_AGEkXU0AAE8S_

    【今年もBON JOVI「Livin' On A Prayer」で盆踊り。 中野駅前大盆踊り大会開催決定。“盆ジョヴィ”再びか。】の続きを読む

    ダウンロード (8)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/21(火) 18:35:46.43 ID:6PAtvl+u9
    [20日 ロイター] - 米ロック歌手のジョン・ボン・ジョヴィさんは20日、音楽と社会奉仕活動への貢献が評価され、ペンシルベニア大学で音楽の名誉博士号を授与された。

    ボン・ジョヴィさんは、ホームレスらを悪循環から救うことを目的とした、ジョン・ボン・ジョヴィ・ソウル財団を設立している。

    2019年5月21日 / 11:36 / 7時間前更新
    https://jp.reuters.com/article/people-bonjovi-idJPKCN1SR088
    https://pbs.twimg.com/media/D7D089KVUAAxTRc.jpg 
    D7D089KVUAAxTRc

    【『BON JOVI』のジョン・ボン・ジョヴィさん、ペンシルベニア大で名誉博士号を授与。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 名無し募集中。。。 2018/12/22(土) 17:20:00.47 0
    昔々 そんなに遠い昔じゃない
    トミーは造船所で働いてた
    組合はずっとストライキで
    彼は金に困ってた
    ひどい話だ、まったく
    ジーナは食堂で働いてる
    一日中働いて
    稼ぎを家に持って帰るんだ
    愛のため、愛する彼のため
    彼女は言う
    この手につかんだものを
    離すわけにはいかない
    うまくいくかどうかは
    重要じゃない
    私たちは お互いを手に入れた
    愛のためには それで充分だから
    やるしかないわ
    まだ道の途中
    希望を支えに生きていく
    手をつないで そしたらきっと
    うまくいくから
    希望を支えに生きていく
    トミーはギターを質に入れた
    今は気持ちを抑えてるんだ
    いつも 自分の思いを奏でていたものへの
    キツイよな、ほんと
    ジーナは逃げ出す夢を見る
    夜 彼女が泣いてると
    トミーは囁く
    ベイビー 大丈夫だから いつかきっと
    この手につかんだものを
    離すわけにはいかない
    うまくいくかどうかは
    重要じゃない
    僕らは お互いを手に入れた
    愛のためには それで充分だから
    やるしかないさ
    まだ道の途中
    希望を支えに生きていく

    https://www.youtube.com/watch?v=lDK9QqIzhwk


    【『BON JOVI』の「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ってめっちゃ泣ける歌詞なんだな。】の続きを読む

    images


    1: みつを ★ 2018/08/19(日) 00:29:02.54 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180818/k10011581741000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

    ボン・ジョヴィの名曲で盆踊り ネットで話題 本人たちも反応
    2018年8月18日 22時15分

    東京で開かれた盆踊りのイベントで、世界的なロックバンド「ボン・ジョヴィ」の曲にあわせて参加者が踊る動画がツイッターで拡散し、バンドの公式アカウントも反応するなど、大きな反響を呼んでいます。

    発端となったのは今月14日。東京・中野区で開かれた盆踊りのイベントで、アメリカのロックバンド、「ボン・ジョヴィ」の大ヒット曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」にあわせて参加者が踊る様子の動画がツイッターに投稿されました。

    動画はこのイベントに来ていたDJの男性が撮影して投稿し、18日午後までに5万回以上リツイートされるなど急速に拡散しました。

    さらに「ボン・ジョヴィ」の公式アカウントも18日、「11月に東京と大阪で演奏するときはこのダンスが見られることを楽しみにしているよ!」と英語で反応し、ネット上では「盆踊り」にかけた「盆ジョビ」という言葉とともに大きな反響を呼んでいます。

    動画を投稿したDJのはやとデラロッサさんは「何気なく投稿したものなので、反応の大きさに驚いています。ボン・ジョヴィがみんなの盆踊りを受け入れてくれたことが日本人としてうれしい」と話しています。

    【ボン・ジョヴィの名曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」で盆踊り、本人たちも反応。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/06/25(月) 05:08:15.99 ID:CAP_USER9
    6/25(月) 5:00 スポーツ報知
    ボン・ジョヴィ、5年ぶり17回目の来日公演…11月、東京D&京セラD

    5年ぶりに来日公演を行うボン・ジョヴィのボーカル、ジョン・ボン・ジョヴィ

     米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」が11月に5年ぶり17回目の来日公演を行うことが24日、分かった。11月26日に東京ドーム、同27日に京セラドーム大阪の計2公演で7万人を動員する。

     84年の初来日以来、日本でのライブは前回13年に通算100公演を達成。総観客動員は150万人を記録した。全世界アルバム通算売り上げは1億3000万枚。今年4月にロックの殿堂入り後、初の日本公演となる。

     日本のスタジアム公演数は今回の2公演で45回に上り、海外アーティストで歴代単独1位を独走(2位はマイケル・ジャクソンの39回)。特に東京ドームは88年の初ライブから丸30年で17回目。80~2010年代の4年代で行った唯一の海外アーティストとなる。

     今回は最新アルバム「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」と連動したツアー。代表曲「イッツ・マイ・ライフ」などパワフルなハードロックサウンドを聴かせてくれそうだ。ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィ(56)は「やあ、日本のみんな。ようやく僕たちは日本へ戻ることができるよ! 久しぶりの来日公演だ! 11月にまた会おう」とコメントを寄せた。

     ◆7月14日からチケット発売
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    5年ぶりに来日公演を行うボン・ジョヴィのボーカル、ジョン・ボン・ジョヴィ
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180624-00000224-sph-000-5-view.jpg
    20180624-00000224-sph-000-5-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000224-sph-ent

    【ボン・ジョヴィ、11月に5年ぶり17回目の来日公演。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 19:50:05.14 ID:CAP_USER9
    2018.4.15 13:31
    ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン

    ボン・ジョヴィが、土曜日(4月14日)米オハイオ州クリーブランドで開かれたロックの殿堂入りの式典で、2013年にバンドを離脱したリッチー・サンボラ(G)、1994年に脱退したアレック・ジョン・サッチ(B)とリユニオンしパフォーマンスした。

    ラジオDJ、ハワード・スターンの紹介により殿堂入りした彼らは、「You Give Love A Bad Name」「It's My Life」「When We Were Us」「Livin' On A Prayer」の4曲をプレイ。リッチーが、彼の離脱後発表されたアルバム『This House Is Not for Sale』(2016年)のリイッシュー盤に収録される「When We Were Us」をライブ・パフォーマンスするのは初めてで、ジョン・ボン・ジョヴィとマイクをシェアする一幕も見られたという。

    ボン・ジョヴィは、デヴィッド・ブライアン(Key)、ジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、ヒュー・マクドナルド(B)、リッチー・サンボラ(G)、アレックス・ジョン・サッチ(B)、ティコ・トーレス(Ds)が殿堂入りした。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    Rock & Roll Hall of Fame: Class of 2018. [bonjovi]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/55f16cab19b14e5a0709d7845bd2055a/5B50D788/t51.2885-15/e35/30078269_624715801202862_8018831832873172992_n.jpg
    30078269_624715801202862_8018831832873172992_n

    https://img.barks.jp/image/review/1000153999/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000153999

    【ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン。】の続きを読む

    このページのトップヘ