メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:海外アーティスト(アルファベット順)※編集途中 > DEEP PUEPLE・RAINBOW・WHITE SNAKE

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: Egg ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 12:34:42.99 ID:CAP
    ロックの殿堂入りを果たすハード・ロックの至宝ディープ・パープルの来日が決定した。

    ディープ・パープルは、ジョン・ロードが2012年7月16日に他界したのち、『NOW WHAT?!』を2013年にリリース。2014年には18年振りとなる日本武道館を含むJAPAN TOURを敢行。その武道館公演は新たなる「LIVE IN JAPAN」=『・・・トゥ・ザ・ライジング・サン<ライヴ・アット・武道館>』としてリリースされ、健在ぶりを広くアピールしている。

    そして2016年5月にJAPAN TOURが決定。伝説の武道館が再現される。新たなる伝説の誕生に立ち会おう。

    ■来日メンバー(予定)
    ・イアン・ペイス(Ds.)
    ・イアン・ギラン(Vo.)
    ・ロジャー・グローヴァー(B.)
    ・スティーヴ・モーズ(G.)
    ・ドン・エイリー(Key.)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000321-bark-musi

    【ディープ・パープル、伝説の武道館が再現される来日公演が決定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/30(月) 21:56:27.94 ID:CAP
    2015/11/30 13:07

    ・Ritchie Blackmore's Rainbow
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2015b/52902.jpg
    52902


    ハード・ロックに回帰するリッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)。

    2016年にヨーロッパで4公演ほどロック・コンサートを開催する
    新生リッチー・ブラックモアズ・レインボー(Ritchie Blackmore's Rainbow)のバンド写真が公開されています。

    ●Ritchie Blackmore's Rainbow

    Ritchie Blackmore (g)
    Ronnie Romero (vo) [LORDS OF BLACK]
    Jens Johansson (key) [STRATOVARIUS]
    David Keith (dr) [BLACKMORE'S NIGHT]
    Bob Nouveau (b) [a.k.a. Robert "Bob" Curiano, ex-BLACKMORE'S NIGHT]

    現在までに決定しているのは、2016年6月25日の英バーミンガムGenting Arena公演、
    そしてドイツのフェス<Monsters Of Rock Festival>。このフェスは6月17日にローレライ、
    翌18日にシュトゥットガルトにて行われる予定で、リッチーは両日に出演する予定です。

    いずれも当日はディープ・パープル(Deep Purple)やレインボー(Rainbow)の
    楽曲を演奏する予定です。

    リッチーは以前のインタビューで、2016年6月にヨーロッパで4つのロック・コンサートを
    行うと説明しています。リッチーがロック・コンサートを開催するのは、およそ20年ぶり。

    以下はヴォーカルとして参加するロニー・ロメロ(Ronnie Romero)が自身の
    YouTubeチャンネルにアップしているディープ・パープル「Stormbringer」のカヴァー音源。
    リッチーは“ロニー・ジェイムス・ディオとフレディ・マーキュリーを足して2で割ったような感じ”
    と説明しています

    ・Stormbringer (Deep Purple Cover) - Ronnie Romero [Ronnie Romero]
    http://www.youtube.com/watch?v=NcbcYqyvW30




    http://amass.jp/65846/

    【新生リッチー・ブラックモアズ・レインボー、バンド写真を公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 元ジャニーズJr. ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/10(火) 23:25:53.10
    2013~14年に行われた<Now What?!>ツアーでのドイツ・ヴァッケン公演を収録した『From The Setting Sun… (In Wacken)』と日本武道館での公演『…To The Rising Sun (In Tokyo)』の
    2枚のライヴCD/DVDを同時期にリリースしたディープ・パープルのロジャー・グローヴァー(B)が、日本のオーディエンスは「音楽をリスペクトしていて、彼らから学ぶことは多い」と語った。

    グローヴァーは『Goldmine』のインタビューで、2公演どちらもリリースすることにした理由をこう説明した。「ヴァッケンや武道館という特別な場所でプレイする機会があれば、使うか使わな
    いかはべつとして、レコーディングしておきたいと思うものだ。両方リリースするっていうのはバンドのアイディアじゃなかった。レコード会社から話をもちかけられ、“どう思う”って訊かれたとき、
    俺は“わからない”って答えたんだ。でも、“ドイツと日本のオーディエンスは全く違う。その相違がわかるんじゃないか”って言われて、それって素晴らしいなって思い始めたんだよ。バンド
    は同じだ。そして毎晩同じようなセットリストだが、違うオーディエンスに向き合っている。そして、この2つのオーディエンスは正反対なんだ」

    ヴァッケンでのパフォーマンスはヨーロッパで最大級のヘヴィ・メタル・フェスティヴァルでのことであり、ドイツのどのオーディエンスとも違っていたそうなので、ドイツと日本のオーディエンス
    が正反対と言っているのではない。

    しかし、この2公演の違いは明らかだった。「ヴァッケンでは、俺らのことは知っているだろうけど、多分観たことはないというオーディエンスを前にプレイした。会場の大きさ、オーディエンス
    のエネルギーに圧倒されたよ。その一部になれたのはすごい体験だった」

    「武道館、日本のオーディエンスは一般的にもっと落ち着いているし、もっと礼儀正しい。実際にステージに上がるまで、そこにオーディエンスがいるのかわからないほどだった。そして、
    数秒、大騒ぎになった後また静かになる。椅子に座り、音楽を聴こうとしているんだ。じっくり耳を傾けるオーディエンスだ」

    「だから、全く違う体験だった。日本のオーディエンスは、音楽をリスペクトする方法を知っている。と言っても、静か過ぎるっていうわけじゃない。このDVDを観ていて、俺はたくさんのことを
    学んだよ。武道館へ来た人たちは、俺らがステージへ上がる5~6分前には着席して待ってるんだ。彼らを見るのは勉強になる。すごく礼儀正しいし、きちんとした服を着て、音楽について話
    している。大聖堂にでもいるような雰囲気だよ。一方のヴァッケンは純然たるパーティーだった」

    また、グローヴァーは、武道館はサウンドも素晴らしく、パフォーマンスにいい影響を及ぼすと話した。

    『…To The Rising Sun (In Tokyo)』は、2014年4月12日に行われた公演を収録している。

    http://www.barks.jp/news/?id=1000121432

    51: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/10(火) 23:49:55.62 ID:uI96JNfQ0.n
    >>1
    単にノリ方が分からないだけのカッペ連中を
    音楽をリスペクトしているとかアホ外人の勘違い丸出しだな

    57: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/10(火) 23:51:45.50 ID:jYp/X1uT0.n
    >>51
    ノリ方わかってるぜ系の老人のウザさは異常

    【ディープ・パープル「日本の観客は音楽をリスペクトしている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: どれみ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/09(水) 22:50:06.89
    リッチー・ブラックモアが、2016年6月にヨーロッパでレインボーとディープ・パープルのメンバーと
    パフォーマンスすることを明かした。

    「6月に4公演やる。すべてロックだ。バンドはおおむね決まっている。レインボー&ディープ・パープルになる。
    楽しみだ。でも、ヨーロッパで4公演だけだ。それ以上はやりたくない。いまやってること(Blackmore’s Night)の
    ほうを重視しているから」

    なぜ、今やることにしたのか問われると、こう答えた。

    「俺は70歳になった。関節炎も気になり始めた。ジョン(・ロード)はもういない。他にもたくさんの人たちが
    いなくなった。友人が亡くなるのを見始めて、昔の曲をプレイするときだって思った。ノスタルジア、それが大きな理由だ」

    バンドのメンバーはまだ明かされていないが、デイヴィッド・カヴァデール、ジョー・リン・ターナーが参加するのでは
    ないかと期待されている。

    リッチーさん
    http://img.barks.jp/image/review/1000119610/001.jpg

    http://www.barks.jp/news/?id=1000119610

    【リッチー・ブラックモア、来年にレインボー&ディープ・パープルの公演をやると明言】の続きを読む

    このページのトップヘ