メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード


    1: ひかり ★ 2019/10/13(日) 16:15:08.01 ID:Ii2UPKdU9
     デビュー20周年を迎えた氷川きよし(42才)が、新境地を開拓している。今夏、アニメソング(通称アニソン)の祭典『アニメロサマーライブ2019』に出演した氷川は、
    シースルーの衣装で登場し、頭を上下に激しく振りながらアニソンをロック調に熱唱。観客を沸かせた。公演後は取材陣に対応し、「ズンドコの氷川とのギャップで
    注目してくださっている!」と胸を張った。

     イメチェンは、目下開催中の全国ツアーでも見られている。

     10月3日の静岡公演。この夜も、演歌だけにとどまらず、アニメ『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』を、紫のアイシャドーがばっちりの
    ビジュアル系メイクで、ハードロックに熱唱。まるで若手ロックアーティストのようなライブを見せた。

     さらなるギャップはライブ後に待っていた。氷川は鮮やかな黄色のワイシャツとデニム、黄色が蛍光に輝くスニーカーという服装で、颯爽と静岡の夜の街に繰り出した。 
    スタッフとみられる中年女性、外国人男性、若い日本人男性の3人と、静岡おでんや海の幸が堪能できる炉端焼き店に入った。

    「氷川さんは派手ないで立ちだったもんだから、私も含めて店内の多くの客がすぐに気づいちゃいました。顔を指されても笑顔で返す気さくなかたでした。
    4人は個室に入って、たくさんのお酒を注文していましたね。漏れ聞こえる会話は英語。氷川さんは、“SEXY(セクシー)”という単語を連発していました。
    どうやら“もっとセクシーになりたいけどどうしたらいい?”ということを言って、同席していた外国人男性に意見を求めていたようです」(居合わせた客)

     不惑を超え、昨年には本厄も終えて、自分のやりたいこと、目指すことに遠慮がなくなったという氷川。

     9月23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演すると、中性的なメイクを施し、自らを「あたし」と言い、スタジオ内を笑いに包んだ。
    「若いかたがたからは『覚醒した』とか言っていただけるようになって、うれしいです。演歌もロックも、アニソンもシャンソンもなんでも歌っていきたい。
    振り幅を大きく、自分を生きてきたい」と話していた。

    ※女性セブン2019年10月24日号 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00000010-pseven-ent&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00000010-pseven-ent&p=2
    炉端焼き店の客たちは氷川の美貌を前に体が固まったという
    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_04.jpg
    hikawa_kiyoshi_04

    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_05.jpg
    hikawa_kiyoshi_05

    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_07.jpg
    hikawa_kiyoshi_07

    炉端焼きを堪能した氷川
    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_06.jpg
    hikawa_kiyoshi_06

    白Tシャツ姿で抜群の“SEXY”を見せていた
    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_02.jpg
    hikawa_kiyoshi_02

    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_03.jpg 
    hikawa_kiyoshi_03

    外国人と会話していたという
    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_09.jpg
    hikawa_kiyoshi_09

    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_08.jpg 
    hikawa_kiyoshi_08

    【『氷川きよし』、蛍光色に身を包み、静岡の夜で「セクシー」連発。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/16(月) 21:02:57.65 ID:YA/aq0Np9
    「じゅんさいだったらバケツいっぱい食べれるわ?」

    旅番組で好物を手に喜色満面なのは、演歌界のプリンス・氷川きよし(42)。22歳でデビューした氷川も今年、20年目を迎えた。

    そんな彼に最近、異変が起きているという。

    「どんどん“美しく”なっているのです。髪はゆるいパーマがかかったフェミニンな茶髪のショートボブ。眉は細く、唇にはテカテカのグロス。
    8月8日、ヤクルト―阪神戦の始球式に登場した際には、ショートパンツから伸びた、ムダ毛が一切ない生足を披露し、神宮球場がどよめきました」(スポーツ紙関係者)

    23日には「スッキリ」(日テレ系)に生出演。自分のことを思わず「あたし」と言い、司会の加藤浩次に「志村(けん)さんみたいになってるよ」とフォローされる場面も。
    翌日には「朝だ!生です旅サラダ」(テレ朝系)にてショートパンツで山形ロケに挑んだ氷川。
    冒頭のように黄色い声を挙げつつ、ホテルのベッドの上では「なんか……眠たい」としなを作る。

    この妖艶なさまに、すぐに視聴者が「私より女子」「きよしがついに本性をあらわした」とSNSで反応。
    2日連続でツイッターのトレンド入りを果たした。

    紅白出場19回を誇る大歌手の時ならぬ変貌を、芸能記者が解説する。

    プライベートでも垣間見えるきよしの“女子力”

    「過去に松村雄基とのお泊りを『文春』や『フライデー』に報じられ、業界内では氷川の男性への愛は有名だった。
    親しい編集者の前では女性らしさを隠さず、カメラマンに『綺麗に撮ってね』と注文することも。

    それでも従来は、テレビではあくまで王子様然と振る舞っていた。が、ここにきて“真の姿”を隠さなくなってきたのです」

    プライベートでも、培ってきた女子力の高さが窺えるという。

    「化粧品は高級ブランド品で揃え、肌はツルツル。お尻が綺麗に見える女性用の下着を愛用しています。足には自信があるようで、ショートパンツはよく穿いていますね。
    料理が上手で、家庭菜園で採れた野菜をピクルスにしたり、最近はソースから作るピザにはまっているみたい」(知人男性)

    7月に行われた20周年記念ライブのアンコールでは、ウェディングドレスを髣髴とさせる純白のドレスに身を包み登場。未発表曲「あなたがいるから」をしっとりと歌い上げた。

    今年は「自分らしく、美しく、そしてみんなに喜んでもらうこと」を目標にしているとインタビューで語り、
    「本当の自分はもうちょっとセクシー系」と攻めの発言も。さらなる“自分らしい姿”の披露を、刮目して待ちたい。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年9月12日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17090616/
    2019年9月16日 17時0分 文春オンライン

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/a/babe4_1386_3c4b46f1ae2622109cdc98e75691abe3.jpg
    babe4_1386_3c4b46f1ae2622109cdc98e75691abe3

    前スレ 2019/09/16(月) 17:41https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568623296/

    【『氷川きよし』がついに“本気”を出してきた。一人称は「あたし」、女性用下着着用。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: アンドロメダ ★ 2019/08/09(金) 09:38:55.73 ID:1oKWTGwO9
    歌手の氷川きよし(41)が8日、東京・神宮球場で行われたヤクルト-阪神戦で始球式を務めた。
    氷川は紺のショートパンツとデビュー20周年にちなんだ背番号「20」のユニホームで登場。
    新曲「大丈夫」を歌唱した後、始球式に臨み、ボールは高く浮いたものの、ノーバウンドで見事にキャッチャーまで届いた。

    氷川は「新曲歌うのに緊張しました。スタンドのどこ見たらいいか、分からなかったです。始球式の方が楽しかったです」と振り返った。

    氷川の公式戦での始球式は通算6度目。
    ヤクルト戦では4年連続4度目となるだけに、自身の採点も前年の「41点」から「99点」に大幅アップした。

    氷川は「まっすぐキャッチャーの方に届いた。残る1点はもう少し速いスピードを出せたら。キャッチャーの方が受けきれない球を投げたいですね」と思いを口にした。

    7回のヤクルトの攻撃前には、氷川は神宮名物の「東京音頭」を歌唱。
    さらに球場を盛り上げた。

    ▼写真 
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggvKydsJmU5bcin9J4G5jUcA---x764-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190808-00000147-dal-000-2-view.jpg
    https://i.imgur.com/Q4HdzKI.jpg
    20190808-00000147-dal-000-2-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000147-dal-ent

    【『氷川きよし』、もう隠す気一切なし。”LGBTみたいな格好”で神宮球場の始球式に登場。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/06(木) 23:24:04.97 ID:ivsYd0ts9
    ◆ 氷川きよし、V系メイクとシャウトで豹変の背景に「非・演歌志向」「業界の苦境」

    まさか演歌を歌うことに「やだねったら やだね」と言ったわけではあるまいが、ヴィジュアル系さながらのメイクとシャウトに業界関係者は度肝を抜かれたのだった。
    今年でデビュー20年目。それでも、このままでは生き残れないという氷川きよし(41)、魂の叫びである。

    映像が所属レコード会社の公式YouTubeチャンネルにアップされたのは5月20日のこと。
    昨年末に東京国際フォーラムで行われたスペシャルコンサートの模様を映したそれには、演歌のイメージとはあまりにかけ離れた氷川の姿があった。

    芸能記者が言う。
    「歌っているのはフジテレビ系列のアニメ『ドラゴンボール超』の主題歌となっていた『限界突破×サバイバー』という曲です。
    ド派手なラメ入りの衣装に濃いアイシャドウを施し、長髪をなびかせる。ヴィジュアル系バンドのような激しいリズムのナンバーを歌う姿が話題になりました」

    あっという間に動画の視聴回数は70万回を突破。
    フジテレビ系の「めざましテレビ」などでも取り上げられた。

    氷川ファンを公言する放送作家の山田美保子氏は当時の様子をこう語る。

    「年末恒例のコンサートでは、クリスマスソングやKIYOSHI名義のポップス調の歌を披露することもあります。
    ですから、演歌以外を歌うのは珍しいことではありません。
    ファンとしては“メイクには驚いたけど、何を歌ってもやっぱりカッコいい”と感想を持った方が多いと思います」

    ファンの心を掴んでいるのは相変わらずのようだ。

    所属事務所に聞くと、
    「路線を変更したわけではなく、デビュー以来、色々なジャンルの曲を歌ってまいりました。これからも挑戦していきたいと思います」

    そう言うのだが、ならばなぜこの時期に動画を公開したのか。
    先の山田氏が続ける。

    「今年でデビュー20年目なので、世間の注目を集めるという意味合いもあったと思います。
    実際、ライブでも本人が“今年は色んなことにチャレンジしたい”と話していました」

    氷川自身の事情があったと漏らすのは、芸能関係者。

    「氷川さんは長年演歌を歌い続ける中で、他のジャンルでも歌いたいと事務所とレコード会社に訴えていたんです。
    中でもやりたがっているのはシャンソンでした。ですが、そればかりでは、と今回のような楽曲も歌うことになったのです。
    また、演歌だけではテレ朝の『ミュージックステーション』など、地上波の有名音楽番組には出られない。
    動画をアップすることで、そうした番組に出演したいという思惑もありました」

    20年もの月日は様々な思いが去来するのに十分な時間である。
    一方で、その背景に業界の苦境があると指摘するのは、音楽評論家の富澤一誠氏だ。

    「1998年に6千億円あった音楽ソフト売り上げが、現在は半分以下です。
    しかも、演歌に限れば、客層は60代以上で、売り上げは全体の数%しかありません。
    デジタル配信があるものの、大御所の演歌歌手も本業以外の仕事を入れないと新規にファンを獲得することは難しい。
    最近では、細川たかしさんもNTTドコモのCMに出演して、一休さんの替え歌を披露するなど、新分野に挑戦しています」

    作詞家の阿久悠氏は生前、「曲作りは時代とのキャッチボールだ」と語っていた。
    演歌界の貴公子であっても“時代”からは逃れられないのである。

    2019/6/6(木) 13:50 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00564292-shincho-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190606-00564292-shincho-000-3-view.jpg 
    20190606-00564292-shincho-000-3-view

    【氷川きよし、”V系メイク”と”シャウト”で豹変の背景に、非・演歌志向と業界の苦境。「このままでは生き残れない!」  】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/05/19(日) 05:36:09.39 ID:eZAfOWmC9
    氷川きよし2年ぶりトレンド入り アニソン動画に「断然こっち路線推したい」
    [ 2019年5月18日 18:03 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/18/kiji/20190518s00041000354000c.html

    氷川きよしPhoto By スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/18/jpeg/20190518s00041000350000p_view.jpg
    20190518s00041000350000p_view


     演歌歌手の氷川きよし(41)の名が18日、2年ぶりにTwitterのトレンドに入った。2017年に初挑戦したアニメソングの動画に対して、視聴者から「方向性180度変えててすげぇ」など再評価の声があがり、ツイート数を急激に伸ばした。

     動画が思わぬ反響を巻き起こしているのは、2018年3月まで放送されたフジテレビ「ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編」のオープニング曲「限界突破×サバイバー」。氷川は演歌の時とは一変し、ビジュアル(V)系ロックのボーカリストばりに妖艶に激しく歌いまくっている。ラメの衣装で、濃いアイシャドーのメーク。視聴者も「え、これ本当 氷川きよし? V系メイクもいい!」「もはや氷川きよしではなくて」などとツイート。

     さらに「氷川きよしすげぇ!!これはかっこいい!!全王様もおったまげじゃん」「ガッツリアイシャドウ塗らせてロック歌わせた人たちに120点あげたい」「演歌もいいんやけど、私は断然こっち路線推したい」「めちゃくちゃV系似合うな」などの声が上がった。

     1年以上前にシングル発売された曲だが、ネット上でおススメ動画に取り上げられたところ、閲覧数は右肩上がりに急カーブ。午後12時36分頃には「氷川きよし」がトレンド入りした。その後、1時間に約3,000ツイートされるなどの状況が続いた。トレンド入りは、2016年12月17日から42回目という。

    (おわり)


    「限界突破×サバイバー」
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1129404484545736704/pu/vid/1280x592/h9sDPkeBpMv88Gnc.mp4

    【『氷川きよし』が2年ぶりにトレンド入り。】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/10/10(水) 07:28:20.03 ID:CAP_USER9
    “演歌界のプリンス”として、2000年のデビュー以来、第一線を進んできた歌手・氷川きよし(41歳)。現在、明治座で行われている『氷川きよし特別公演』には連日、多くのファンが詰めかけている。この劇場公演を取材したコラムニストのペリー荻野さんが、氷川が活躍を続ける秘密に迫る。

     * * *
     ステージに姿を見せただけで、満員の客席から「キャーッ」と悲鳴のような大歓声があがり、右に動けば右側の観客が、左に動けば左側の観客が大拍手。首をかしげてちらっと流し目ビームを送った途端、目線の先の客席から、ため息のようなどよめきが聞こえる。歌に合わせて客席を埋めたペンライトがキラキラと揺れ動き、合いの手、掛け声もみんなの息がぴったり…。先日、明治座の『氷川きよし特別公演』でひしひしと感じたのは、「これぞスターの王道」という氷川きよしのパワーだった。

     公演は第1部が芝居『母をたずねて珍道中 お役者恋之介旅日記』。旅一座の人気者恋之助(氷川)が、実は笛の名門の息子で、江戸にいる母を訪ねて旅をするというお話。氷川は旅役者の役だけに、花鳥風月柄の華やかな衣装にアイラインもばっちりの花形メイク。恋之介は、みんなに「若様」と呼ばれ、困ったときは、拳をこめかみ辺りに当てて、「えへっ」っとやる…って、こりゃもう江戸時代というより、昭和のアイドルみたいなんですけど!?
     
     公演のあとの囲み取材の際、ベテランの記者の中から「セリフが長くなって…」と感慨深げな声が出た。それはずっと氷川公演を見続けている私も感じたことだった。これまで氷川は舞台公演で「森の石松」「銭形平次」「め組の辰五郎」「ねずみ小僧」など、時代劇の有名人を演じてきたが、その演技は余裕たっぷりとはなかなかいかず、セリフも短め。その分、決めセリフが決まると「よくやった!!」と観客は大喜びしていたのだが、今回は長いセリフもすんなりこなし、山村紅葉、ベンガルらとのやりとりでも笑わせる。かなりアドリブもあるらしい。

     本人は「座長と呼ばれるのは苦手」らしいが、「(座長としては)まだまだだと思う氷川も頑張っている、自分も頑張ろうとお客さんの励みになれれば」と語っていた。セリフだけでなく、舞や立ち回りもある1時間40分の芝居を一気にやり切る姿を見られるのは、劇場公演だけである。

     そして第2部のコンサートでは、真っ赤なスーツに深紅のバラのモチーフを全身にあしらったドレスコートをブワッとはためかせつつの熱唱でスタート。客席はもう大騒ぎである。持ち歌だけでなく、『恋人よ』『愛の賛歌』など名曲も圧倒的な歌唱力で聴かせる。テレビの歌番組で新曲を一曲披露する場面とは違う、底力を見せつけられた気がした。
      
     テレビでもしばしばグッチ裕三らからいじられてきたが、「きよしちゃん」と親しまれる氷川も41歳。20年近くトップを走り続ける。人生100年時代と言われる今、アイドルやスターとのつきあいも長くなる可能性が高い。歌だけでなく、芝居でチャーミングさを見せる。それが観られるのは劇場だけ。昭和のころからスターが続けてきたことだが、長く愛される戦略としては正解だと思う。そして、氷川きよしにはいくつになっても「えへっ」をやってもらいたい。それが求められる存在であることが、永遠のスターの条件なのだから。

    10/10(水) 7:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00000001-pseven-ent
    https://img2.news-postseven.com/picture/2018/10/hikawa_kiyoshi.jpg 
    hikawa_kiyoshi

    【“演歌界のプリンス”氷川きよしが18年トップでいられる理由。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 15年生 ★ 2018/05/29(火) 20:06:02.65 ID:CAP_USER9
    演歌歌手・氷川きよし(40)が28日、東京・新橋のSL広場で、アルバム「新・演歌名曲コレクション7」の発売記念イベントを行った。

    広場に集まった5000人のファンを前に、1月に発売したシングル「勝負の花道」のほか、アルバム収録曲でアルバム発売日の29日が
    誕生日という美空ひばりさんが歌ったヒット曲「真赤な太陽」など7曲を熱唱。氷川は「美空ひばりさんは亡くなった方で一番お会いしたい方。
    ご健在なら80歳ですよね」としみじみと語った。

    また、16日に死去した西城秀樹さん(享年63)には「すごく影響を受けた。リズム歌謡は魅力を感じます」。歌番組で共演し、
    一緒にヒット曲の「激しい恋」も歌ったことがあるという。

    「初めて会ったときにはすごく緊張していて、西城さんに『緊張しなくていいよ』と言われた。前奏のときに一緒にピースサインを
    しようと言われたんですけど、緊張しすぎて、変なピースサインになっちゃいました」と思い出を語った。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022479/

    【氷川きよし「西城秀樹さんと初めて会った時、すごく緊張した。変なピースサインしちゃった。」】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/03/05(月) 11:56:01.18 ID:CAP_USER9
    氷川きよしがゲゲゲのゲ♪「鬼太郎」主題歌を担当、EDテーマはまねきケチャ
    2018年3月5日 6:00 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/272138

    テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期キービジュアル
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0304/kitaro_key_logo_fixw_640_hq.jpg
    kitaro_key_logo_fixw_640_hq

    テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期キービジュアル(ロゴなし)
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0304/kitaro_key_nologo_fixw_640_hq.jpg
    kitaro_key_nologo_fixw_640_hq

    水木しげる原作によるテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期のオープニング主題歌が、氷川きよしの歌う「ゲゲゲの鬼太郎」に決定した。

    氷川は「鬼太郎は幼い頃の僕の“人生の師匠”的存在」とコメントを発表。大きくなったら妖怪になりたいと思っていたそうだが「妖怪にならずに歌手になって本当によかった」と喜びを語った。

    またエンディング主題歌が5人組アイドルユニット・まねきケチャの楽曲「鏡の中から」に決定。アニメのテーマソングを歌うことが「まねきケチャにとって夢のひとつだった」と述べ、「いつかアニメにも登場できたら…」と期待を寄せている。

    テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期は4月1日9時より、フジテレビほかにて放送開始。人々が妖怪の存在を忘れた現代を舞台に、人間の心の闇や問題点を描いていく。

    ■氷川きよしコメント
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0304/hikawa_fixw_640_hq.jpg
    hikawa_fixw_640_hq

    「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌を歌わせていただけるなんて、これは夢なんじゃないでしょうか!? 昨年、子供の頃から大ファンだった「ドラゴンボール超」のオープニングテーマを歌わせていただき、もしかして、一生分の運をすべて使ってしまったのではないかと心配になるほどうれしかったのですが、今回また、「ゲゲゲの鬼太郎」ですよ! 鬼太郎は幼い頃の僕の“人生の師匠”的存在です。大きくなったら妖怪になりたいと思っていたくらいです(笑)。この世のものとは思えないくらい幸せです。妖怪にならずに歌手になって本当によかったです。長く皆様に親しんでいただける、氷川きよしらしい歌声をお届けしたいと思います。

    ■まねきケチャコメント
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0304/maneki_fixw_640_hq.jpg
    maneki_fixw_640_hq

    結成当時より、まねきケチャにとって夢のひとつだったアニメのテーマソングを歌えること、それが誰もが知っている「ゲゲゲの鬼太郎」の50周年という節目にご一緒出来ることに興奮しています。老若男女、皆さんに楽しんでいただけるような楽曲になったと自負しております。歌だけでなく、天使と妖怪は接点もありそうなので、いつかアニメにも登場できたら…なんてちょっぴり期待しております。

    ■狩野雄太(プロデューサー・フジテレビ編成部)コメント

    「ドラゴンボール超」に引き続き、氷川さんに“あの楽曲”を歌唱して頂けることになり全員感激しています! そして楽曲は「ワンピース」でもお馴染みの田中公平先生が編曲して下さいました!! 声優陣に負けず劣らず最強すぎる組み合わせが実現しましたので日曜あさ9時からリアルタイムで是非ご覧頂けたら幸いです。さらにエンディングも今作のねこ娘やまなに引けを取らない素敵なアーティストに歌唱して頂けることになり、番組に勢いと大きな華が加わりました! また奇妙奇天烈なゲゲゲの鬼太郎の世界観とこの世界に福を招く見習い天使・まねきケチャとの化学反応って素直に面白いと思いました! エンディングも必見になるようにしますので番組の最後まで絶対ご覧頂きたいです!

    【「氷川きよし」がゲゲゲのゲ♪【ゲゲゲの鬼太郎】第6期主題歌を担当。EDテーマは「まねきケチャ」 】の続きを読む

    images


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/28(木) 22:13:22.48 ID:CAP_USER9
    歌手の氷川きよし(40)が28日、東京・中野サンプラザでファンクラブ限定ライブを行った。

     2000年のデビューから歌ってきた約680曲から、会員による2万件以上のリクエストで選ばれた楽曲を発表。シングル曲1位に最新曲「男の絶唱」、シングル以外のオリジナル曲1位に「かあさん日和」、カバー曲1位に「無法松の一生~度胸千両入り~」が選ばれ、「意外な曲が選ばれておもしろい」と笑顔を見せた。

     GReeeeNが作詞・作曲した「碧し」、フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール超」のオープニング曲「限界突破×サバイバー」(10月25日発売)など27曲で2200人を魅了した。

     今月6日に40歳を迎えた。特製ケーキで祝福され「これからがすごく楽しみ」。15年には喉のポリープ手術を受けており、「歌えない時はしんどかった。今は、一生歌しかないと思える」としみじみ。40代に突入し、結婚について聞かれると「夜に1人ぼっちで寂しい時もあるけど、今は歌を聴いてくれるだけで幸せ。親に孫を見せたいと思うけど、焦ってない」と語った。

     また、17年連続出場中のNHK紅白歌合戦への思いは強く、「日本最大の歌の祭典ですし、ファンの皆さんも喜んでくれると思うので出させていただきたい」と力を込めた。

    9/28(木) 20:03配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000205-sph-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170928-00000205-sph-000-2-view.jpg 
    20170928-00000205-sph-000-2-view

    【氷川きよし、40代突入も結婚は「焦ってない。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/26(土) 23:55:38.43 ID:CAP_USER9
     アニソンライブ「アニメロサマーライブ2017」(通称アニサマ)2日目が26日、
    さいたまスーパーアリーナで行われ、18組の声優、歌手らが全53曲を披露した。

     この日は「angela×fripSide」の「僕は僕であって」で開幕。angelaはトップバッターとしてそのままステージに残った。
    ボーカルのatsukoは「改めまして、fripSideです」と自己紹介し、fripSideの「sister’s noise」をアカペラで歌うなど、
    終始楽しそうな表情でパフォーマンスした。

     一方のfripSideはトリで「only my railgun」など3曲を披露。ボーカルの南條愛乃は
    「初めて出た時に右も左も分からなかった私が今、トリを務めています」と感慨深げな表情を浮かべた。

     終盤には演歌歌手の氷川きよし(39)がシークレットゲストとしてアニサマ初出演。自身が歌う
    テレビアニメ「ドラゴンボール超」OPテーマの「限界突破×サバイバー」、大好きな曲だという
    「CHA―LA HEAD―CHA―LA」を熱唱した。MCでは「きよしのズンドコ節」のサビを歌い、
    2万7000人の「きよしコール」に「みんなサイコー!」と満面の笑顔を見せた。

     アニサマ恒例のコラボでは、いずれも声優の鈴村健一と羽多野渉による「ウルトラマンネクサス」OPテーマの「英雄」、
    三森すずこと茅原実里の「Minorin Mimorin」による「けいおん!」EDテーマ「Don’t say “lazy”」、
    スフィアとi☆Risによる「おジャ魔女どれみ」OPテーマ「おジャ魔女カーニバル!!」などが披露された。

     27日の最終日にはLiSA(30)、水樹奈々(37)、奥華子(39)らが出演する。

    8/26(土) 23:00配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00000166-spnannex-ent

    アニサマに初出演した氷川きよし (C)Animelo Summer Live 2017/MAGES.
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170826-00000166-spnannex-000-1-view.jpg 
    20170826-00000166-spnannex-000-1-view


    【アニサマに氷川きよしが初出演。「ドラゴンボール超」OPテーマ熱唱】の続きを読む

    images (1)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/17(土) 12:58:28.80 ID:CAP_USER9
    2017年2月5日から、新章「宇宙サバイバル編」に突入する「ドラゴンボール超」の新オープニング曲を、氷川きよしが担当することが発表された。
    これは12月17日より、千葉・幕張メッセ国際展示場にて行われている「ジャンプフェスタ2017」にて発表されたもの。氷川きよしが歌う新オープニング曲『限界突破×サバイバー』は、作詞を森雪之丞が、作曲を岩崎貴文が担当。なお、氷川きよしがアニメソングを歌うのは、これが初めて。

    【氷川きよしコメント】

    「この度ドラゴンボール超「宇宙サバイバル編」の新オープニング曲『限界突破×サバイバー』を歌うことになりました!初めてアニソンに挑戦です!作詞は憧れの森雪之丞さんです。

    子どものころから雪之丞さんの歌詞に励まされて、39年生きてきたのですごく嬉しい気持ちとともに、緊張しながら楽しく歌わせていただきました。

    雪之丞さんワールド全開なロックなアニソンに仕上がっていますので、ドラゴンボールファンの皆さんをはじめ、多くの方に僕の新しい歌を聞いていただければ嬉しいです。楽しみにしていてください!」

    2016/12/17
    http://news.dwango.jp/2016/12/17/115872/j-pop/

    【氷川きよし、「ドラゴンボール超」 で初のアニソンに挑戦。「楽しみにしていてください!」】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/14(水) 20:20:20.78 ID:CAP_USER9
     演歌歌手の氷川きよし(39)が14日、東京・有楽町の国際フォーラムで開催されたクリスマスライブ『きよしこの夜Vol.16』昼公演後に報道陣の取材に対応。公演中に披露した“全身ヒョウ柄”衣装のまま報道陣の前に登場し、多くのフラッシュを浴びた。

     同じ“ヒョウ柄仲間”としてピコ太郎の活躍ぶりが話題にあがると「本当に素晴らしい、僕も目標にしてますからね。『上を向いて歩こう』みたいな幅広い老若男女の皆さんが歌えるような作品に出合うのが目標ですからね」と意外にも羨望の眼差し。

     自身の全米進出を期待されると「とんでもございません」と謙そんした上で「おこがましいですけど、日本の歌を世界に届けたいという夢はあります」と内なる野望をかいま見せた。

     デビュー2年目から行い、今年で16回目を迎えた恒例のクリスマスライブ。2日4公演で計4万人を動員し、同日発売の『新・演歌名曲コレクション4-日本全国 歌の渡り鳥-』の楽曲を中心に熱唱。「30代後半になって歌える作品、歌の幅と演歌の重みがある。日本人に生まれたからには日本の歌をしっかりとお届けしたい」と言葉に力を込めた。

     年末には『第58回日本レコード大賞』、『第67回NHK紅白歌合戦』の出演が控える。「とにかく風邪を引かないように、ストレスを溜めないように頑張りたい」とリラックスした様子で、意気込みを語っていた。


    2016-12-14 20:00
    http://www.oricon.co.jp/news/2083011/full/
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20161214/2083011_201612140405252001481713232c.jpg 
     

    【氷川きよし「日本の歌を世界に。」 ピコ太郎に羨望も。】の続きを読む

    このページのトップヘ