メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > スーパーモンキーズ

    ダウンロード (1)


    1: ひかり ★ 2018/07/20(金) 23:12:51.90 ID:CAP_USER9
     9月16日に引退する歌手の安室奈美恵さんが表紙を飾った女性ファッション誌「andGIRL(アンドガール)」(エムオン・エンタテインメント)の
    8月号がこのほど、発売され、安室さんはインタビューで、これまでの人生のターニングポイントを「30歳前後かな」と告白している。

     世間でブームを巻き起こした20歳のときよりも、「30歳前後」が自身の転機と話した安室さん。「30代の音楽活動は、充実していましたね。
    周囲に自分の意思を素直に話せるようになったし。いろんな音楽に挑戦しながらも、自分では詩や曲を作らないと決めたのもこの頃」と話した。

     その理由について「何度かチャレンジしたけど、それほど向いてないなと(笑い)。自分の頭にある理想の音楽やライブを表現するには、私が書くより、
    信頼するプロに意思を伝えて任せた方がいいかなと」「そもそも、私は自分が全部を完璧にやれるとは思わないんです。時間は有限だから、苦手なことを
    無理にやるより、私がやるべきパートをさらに磨いた方がいいかなって」と明かしている。

     同号では、巻頭特集「いままでも、これからも!『いつも心に安室奈美恵』」を掲載。安室さんに「どんな30代を過ごしてきたのか?」を聞く
    インタビューのほか、30代前後の“アラサー女性”が選んだ安室さんの楽曲ベスト3を紹介する企画も掲載された。また俳優の山下智久さん、
    竹内涼真さんも登場。ファッション企画「『まんま真似(まね)するだけ!』夏のシーン別!誰より可愛いワンツーコーデ」なども掲載されている。
    690円。

    毎日キレイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000005-maikirei-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180720-00000005-maikirei-000-1-view.jpg 
    20180720-00000005-maikirei-000-1-view

    【安室奈美恵、人生の転機は30歳前後。「詩や曲を作らないと決めた。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: きゅう ★ 2018/05/26(土) 11:33:28.66 ID:CAP_USER9
     4人組ダンス&ボーカルグループ・MAXが24日、都内で行われたイベントに出席。9月16日で引退する歌手の安室奈美恵が出身地の沖縄県の県民栄誉賞を受賞したことを祝福していたことを、各スポーツ紙などが報じている。

     安室は23日に沖縄県庁で県民栄誉賞を授与され、声援を送ってきた沖縄のファンに対して、「一人でも多くの人が笑顔になり、元気を出してくださったなら、25年間やって来てよかったと思う」と感謝した。

     MAXのメンバー4人といえば、沖縄アクターズスクール時代から安室と苦楽を共にし、音楽ユニット「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」として活動。その後、いつの間にか安室はソロ、4人はMAXとして単独で活動していた。

     各紙などよると、NANAは「私たちもうれしくて、素晴らしい賞。誇らしいです」と喜びの声。

     直接お祝いの言葉は伝えられていないそうだが、REINAは「これから機会があれば言いたい」と笑顔。

     6月3日の東京ドームで引退ツアーのファイナルを迎えるが、MINAは「寂しい気もしますが、彼女らしく胸を張ってステージを終えるんじゃないかな」。

     そして、LINAは「奈美恵も落ち着ついた後にお祝いできたら」と祝賀会の開催も匂わせたのだが…。

     「そういう流れになるのは仕方ないとして、MAXに安室のことを聞いた人はなかなかのチャレンジャー。というのも、現在はほとんど絶縁状態になってしまっている。要は、ソロで売れた安室がMAXを“捨てた”ような形になったことで遺恨が勃発。そうでなければ、安室は引退公演のステージにMAXをゲスト出演させてもおかしくない」(芸能記者)

     MAXのメンバーたちが安室に祝福の言葉を伝えることも、安室同席での祝賀会を開くこともなさそうだ。

    https://wjn.jp/article/detail/7870195/
    https://wjn.jp/images/article/95/7870195-1-1.jpg 
    7870195-1-1

    【MAX、安室奈美恵の県民栄誉賞を祝福も、現在は“絶縁状態”。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 47の素敵な(pc?) (4級) 2018/05/07(月) 18:45:40.35
    簡単な経緯
    安室奈美恵さんのライブにて、とあるファンの方が入場時の身分証提示に障害者手帳を使用(チケットなどは正規ルートでちゃんと準備済み)

    しかし「国の物ではないから」と入場を拒否される
    ※障害者手帳は国が認めてるもので各自治体が発行してるもの
    ※ライブの公式サイトやメールにも、障害者手帳での入場が可能と書かれている

    チケット会社には「障害者手帳での入場を断った記録がない」「手帳を見せたという証拠がない」と言われ嘘つきにされる

    防犯カメラの映像を確認してくれなど抗議を繰り返すも聞いて貰えず、チケット代などの返金もなし。
    「障害者差別ではないか」など運営の対応に対して批判が集まる
    (※上記はあくまでTwitterでの本人の証言)

    @
    5月2日の安室ちゃんのライブにて、身分証として精神障害者保健福祉手帳(写真あり)を持参した。
    正規のルートでチケットが取れてきちんと身分証と電子チケット持参したのに入場拒否された。
    理由は国のではないからと。障害者手帳は国が認めてるもので各自治体が発行してるものである。#安室奈美恵


    @
    中身も良く確認しないまま、何人か違う人に聞くもやはり同じで、国がのものじゃないと入場拒否。
    その後再度持参するものをネットで確認した。一旦地元駅まで帰宅したが抗議に行きました。 色んな偉い方々が来て確かめるが同じダメだと言われた。その後さらに偉いは人が来た。


    @
    更に、どうしてこの緑の精神障害者保健福祉手帳で入場出来ると思ったんですか?と意味のわからない質問。
    そんなの、前から注意事項としてメールやサイトに書かれていたから持って来たに決まってる。
    結局、返金も振り替え席の用意も一切しません。とのこと。#安室奈美恵東京ドームツアー#安室ちゃん


    @
    勿論ですが安室さんは何も悪くないし大好き。障害者手帳を利用して訴えるつもりも無い。
    ただただ、入場出来るはずだったチケット代を運営側のせいで入場出来なかったので返金して欲しいだけ。
    それ以上は求めない。今のところ、断られてる。悲し過ぎです。#安室奈美恵Finally #安室奈美恵ドームツアー

    【安室奈美恵の東京ドームライブで障害者の入場拒否した事で大揉め。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/02/13(火) 07:38:52.91 ID:CAP_USER9
    「ジャパネットたかた」高田明氏、2年ぶり“復帰”安室奈美恵グッズ売る
    2018年2月13日4時0分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180212-OHT1T50320.html
    http://www.hochi.co.jp/photo/20180212/20180212-OHT1I50202-L.jpg
    20180212-OHT1I50202-L

    17日から5大ドームツアーに臨む安室奈美恵

     大手通販「ジャパネットたかた」の創業者で、サッカー・J1長崎社長の高田明氏(69)が、歌手・安室奈美恵(40)の公式YouTubeの「スペシャルムービー」(13日配信開始)に登場する。

     安室が17日(愛知・ナゴヤドーム)から引退前のラストライブとなる全国5大ドームツアーをスタートさせるに当たり、
    マグカップ&スプーンBOX、刺しゅうワッペンシールなど、全17種類のツアーグッズを紹介する。独特の声、テンポは健在で、安室の代表曲「Hero」を熱唱するシーンもあるという。

     高田氏は16年1月の放送を最後にテレビショッピングを引退していたが、安室サイドの依頼で約2年ぶりに復帰。
    「紅白歌合戦で熱唱する姿を見て、彼女のひたむきで、ファンを思っている姿に感動した。私でも役に立てたらと思い、決意した」と話している。
    http://www.hochi.co.jp/photo/20180212/20180212-OHT1I50203-L.jpg
    20180212-OHT1I50203-L

    安室奈美恵公式YouTubeでグッズの魅力を語る高田明氏

    【「ジャパネットたかた」高田明氏、安室サイドの依頼で2年ぶり“復帰して”安室奈美恵グッズを紹介。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: プーアル ★ 2018/01/01(月) 20:10:05.50 ID:CAP_USER9
    歌手の安室奈美恵(40)が12月31日の『第68回NHK紅白歌合戦 夢を歌おう』に出演し、ファンの前で圧巻の歌唱力を披露した。
    9月20日に引退を宣言して以来、紅白への出場が注目された安室だったが、結局その出演部分は(紅白会場の渋谷・NHKホール
    とは別の)同局スタジオからの中継となり、楽曲は16年リオ五輪のNHKテーマ曲『Hero』となった。

     だが、その安室の姿が、一部視聴者の間で「まっ白すぎて、一瞬誰か分からなかった」と波紋を呼んでいるという。

    「”安室専用”スタジオは、まっ白の柱が立ち並び、奥行きある豪華なセットが組まれていました。しかし、なぜか360度全方位から
    不自然なほど強い照明があたり、安室の顔はまっ白に。中継の直前にデビューから現在までの映像が編集されて流されたので、
    一瞬『えっ、誰…?』と戸惑う視聴者が続出しました」(週刊誌記者)

     たしかに、白い光に包まれながら歌う安室は美しかった。しかし、浅黒く野性的な顔立ちだったデビュー当時の安室の映像から、
    現在の女優のように洗練されて真っ白い安室の姿を見ると、視聴者が戸惑うのも無理はないだろう。

     この放送を見た直後のSNS上の反応は「え、誰だよ? 顔変わってない?」「ハイター並の驚きの白さ」「詐欺写メかってくらい光
    飛ばしすぎ」「なんかマイケル・ジャクソンみたくなってきたな」「安室って、白組だっけ?」など、驚きと戸惑いが飛び交っていた。
    ここまで”白さ”にこだわったワケとは何なのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1390401/

    【安室奈美恵の”白塗り”紅白で騒然。「マイケル・ジャクソンかよ。」】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: サイカイへのショートカット ★ 2017/12/19(火) 18:28:48.82 ID:CAP_USER9
    安室奈美恵がNHK紅白出場!紅組でなく特別出場か
    2017年12月19日18時12分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712190000638.html

    安室奈美恵(2012年10月13日撮影)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201712190000638-w500_0.jpg
    201712190000638-w500_0

    NHKは19日、大みそかの「紅白歌合戦」に、歌手安室奈美恵(40)が出場すると発表した。

    特別出場歌手となっており、紅組の出場歌手ではないとみられる。

    安室は今年9月、残り1年での引退を発表したこともあり、NHKは会長をはじめ、幹部が紅白への出場を懇願していた。

    【安室奈美恵がNHK紅白出場。紅組でなく特別出場か。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: ひぃぃ ★ 2017/11/12(日) 11:29:32.22 ID:CAP_USER9
     12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で来年9月16日で引退する歌手の安室奈美恵(40)が、8日に発売したベストアルバム「Finally」が100万枚を突破し、10代、20代、30代、40代のそれぞれで史上初めて4世代にわたってミリオンヒットを記録したことを特集した。

     この快挙に社会学者の古市憲寿氏(32)は「みんなが褒め過ぎな気がして」と見解を示した。その理由を「ベスト盤、確かに良かったんですけど、昔の曲、全部歌い直しているんですよ。歌い直した曲、正直、昔の方がいいなと思っている曲もあるんですね。音の伸びだとか高音だとか。それもちゃんとひっくるめて評価されないと多分、本人も辛いのかなと。今が最高だと言い過ぎちゃうと。安室さんにノーと言えない空気が気持ち悪い」と持論を展開した。

     これに対し、女優・佐藤仁美(38)は、「ずっと人気がある」などと安室を絶賛したが、古市氏は「絶頂っていうわけでもなくて」と異論を挟むと、佐藤は「ずっと絶頂なのよ」と真顔で反論。古市氏が「最近のシングルとか、オリコンのランキングとかで6位とか。ずっと1位ってわけではない」と返すと、佐藤は「ちょっとこいつ、ネガティブだな!人が好きだって言うとすぐ上から来るんだよ。お前、受け入れる器、ゼロだな」とマジギレした。

     さらに今年のNHK紅白歌合戦に出演して欲しいかを聞かれた佐藤は「出て欲しいです」と熱望。古市氏が「どっちでもいいんじゃないですか」と答えると、佐藤は「てめぇこの野郎!」と再びキレていた。

    2017年11月12日11時14分
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171112-OHT1T50080.html

    画像
    http://www.hochi.co.jp/photo/20171112/20171112-OHT1I50045-L.jpg 
    20171112-OHT1I50045-L

    【佐藤仁美が安室引退を巡って古市憲寿氏にマジギレ。「てめぇこの野郎!」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2017/11/08(水) 04:55:34.36 ID:CAP_USER9
    11/8(水) 4:00 スポニチアネックス

    安室奈美恵「4年代」ミリオンセールスへ ベスト盤注文数100万枚突破

     来年9月に引退する安室奈美恵(40)のベスト盤「Finally」の販売が7日、全国のCDショップなどで始まった。

     発売元のエイベックスによると、販売店から寄せられた注文数が同日、累計で100万枚を突破。いきなり“ミリオン”を達成するロケットスタートとなった。
    同社は想定を超えるオーダーに出荷が追いついておらず、急ピッチで生産を進める。

     全国の販売店はこの日、特設コーナーを設けるなどして店頭に並べ始めた。
    東京のタワーレコード渋谷店で2枚購入した会社員の女性(39)は「聴く用と飾る用で買った。青春の歌が詰まっているので楽しみ」とうれしそうに話した。

     早くも品薄になる店が相次ぎ、音楽関係者は「この勢いなら実売ベース(売り上げ)でも100万枚突破は間違いない」と、ミリオンセールスを確実視。
    安室は10~30代の「3年代」でミリオンセールスを達成している唯一のアーティスト。40代も加わり、「4年代」という前人未到の記録を達成しそうだ。

     ベスト盤は1992年のデビュー曲「ミスターU.S.A.」から最新曲「Just You and I」までヒット曲を網羅しており、新曲6曲も収録されている。
    インターネット通販サイトでは9月21日に予約が始まり、主要7サイトで1位を独占していた。

     安室は8日からラジオ番組などでプロモーション活動を開始する。4年代のミリオンセールスで有終の美へ、勢いを加速しそうだ。


    安室奈美恵の最新アーティスト写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171108-00000001-spnannex-000-1-view.jpg
    ダウンロード (2)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000001-spnannex-ent

    【安室奈美恵、初の「4年代」ミリオンセールス確実。ベスト盤注文数100万枚突破。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: Egg ★ 2017/10/24(火) 19:17:37.85 ID:CAP_USER9
    もし『NHK紅白歌合戦』に安室奈美恵(40)と桑田佳祐(61)が“大トリ”で出たなら、最大視聴率は85%を超すだろうと言われている。今年も『紅白』の司会や出場者を巡り情報が飛び交っているが、引退を発表した安室と、NHKの朝ドラ『ひよっこ』の主題歌を担当した桑田の出演交渉が暗礁に乗り上げているという。

     安室については来年9月での引退を発表後、NHKが即、レコード会社を通じて紅白出演を打診し、NHKの上田良一会長も定例会見で「大変な活躍をされた」とラブコールを送った。
     「NHKはギャラと美術費で3億円、出演時間15分での大トリという破格の条件を出したとの情報が流れている。というのも過去、人気絶頂にあった都はるみが電撃引退を発表した'84年に紅白で大トリを務めた際、平均視聴率78.1%、瞬間最大視聴率も84.4%という仰天の数字をマークした。NHKは“夢よもう一度”とばかりに、安室に莫大な制作費を提示したといいます」(レコード関係者)

     ところが、それでも安室は出場を辞退すると見られている。
     「ライブを重視してきた安室が、テレビで生歌を披露することに難色を示したというのは表向きの理由。真相は、引退発表した際、NHKが前夫のSAMとの入籍会見の映像を流したことへの怒りだという。安室は'15年に契約問題を巡り所属事務所から独立しているが、いまだに前事務所に対する怒りが収まっていない。かなり根に持つタイプですからね。NHKの凡ミスということです」(芸能記者)

     一方の桑田は、所属事務所の後輩の小出恵介が淫行騒動による無期限活動休止で、6月からNHKで放送開始予定だった小出主演のドラマ『神様からひと言~なにわお客様相談室物語~』が放送中止。NHKは事務所へのペナルティー料を請求しない代わりに、桑田の紅白出演を打診していたという。
     「桑田の出演を想定し、『ひよっこ』と横浜アリーナで行われる桑田の年越しライブとのコラボ企画を、2億円とも言われる制作費で練っていたが、肝心の桑田が乗り気ではない。どうやら、今年5月に行われた定例会見で上田会長が『ひよっこ』の主題歌『若い広場』の歌詞について『聞き取りにくい』『意味不明なところがある』と軽はずみな発言をしたことが、桑田のプライドを傷つけたようなのです」(芸能関係者)

     どうやらNHKは大きな地雷を2つ踏んでしまったようだ。

    実話 2017年10月24日 12時03分
    http://npn.co.jp/sp/article/detail/91613325/

    【安室奈美恵、桑田佳祐、紅白“大トリ”条件でも返事は「NO」。 ”怒り”を買ったNHKの凡ミス。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Egg ★@無断転載は禁止 2017/10/01(日) 22:55:21.65 ID:CAP_USER9
    世間に大きな衝撃を与えた、歌手安室奈美恵(40)の電撃引退発表だったが、そこでにわかに注目を集めているのが、安室と同時代を生き、何かとライバルとして評されることも多かった歌手浜崎あゆみ(39)だ。業界では、こんな声が飛び交っている。

    「安室の引退によって、はからずも現在の浜崎の痛々しさが際立ってしまった」(音楽業界関係者)

     浜崎といえば、デビューアルバムが約150万枚を売り上げ、2012年には、シングル・アルバムの総売上枚数が5千万枚を突破し、ソロアーティスト、女性アーティストとしては史上初となる大記録を打ち立てた立役者だ。

     だが、現在は新曲の売り上げも鳴かず飛ばす。コンサートツアーの客の入りも悪く、テレビ出演も激減。最近では、“激太り”がささやかれたり、SNSなどでの極端な写真補正がうわさになったりと、絶頂期とは異なる意味で話題をさらっている。

    「浜崎は実際のところ完全に落ち目ではありますが、本人にはその意識がまったくない。絶頂期と同じ感覚で過ごしているからこそ、時にその姿が痛々しく映る。SNSを頻繁に更新しては私生活をひけらかす様子を、“痛いもの見たさ”でのぞくフォロワーも多い」(前出の関係者)

     一方の安室は、19歳の息子がいるとは思えない、スレンダーで鍛え上げられた身体の持ち主。私生活をほとんど匂わせないことでも知られている。前出の関係者は言う。

    「安室の自己プロデュース力は、業界内でもピカイチとして知られています。若いころから、体形と体力維持のため、人一倍過酷なトレーニングを続けている。浜崎もライブ演出や衣装など、あらゆる面で厳しくチェックすることで有名ですが、最近は体形の崩れも目立つし、やたらと私生活をひけらかすことがイメージダウンにつながっている。今の2人を比較すると、その差は歴然です」

     ファンのみならずとも気になるのは、長年のライバルが表舞台から去った後の浜崎の今後。安室の引退発表後に更新したSNSでは、自身の歌詞を用い「私は私のままで立ってるよ。ねえ君は、君でいて欲しい」とつづった、意味深な投稿が世間をにぎわせた。

    「浜崎に限って、引退は絶対にあり得ないでしょう」

     コラムニストの今井舞さんは、こう断言する。

    「本業と私生活とを完全に分けてプロに徹する安室と違って、浜崎は“セレブで歌姫な私”を存分にアピールしたい性分。そのメンタリティーはまさに正反対です。いくら売れなくても、いつまでも“歌姫”という肩書で人生を生きたいというのが本音では」

     安室が引退発表をした40歳まであと1年。歌姫だって人生いろいろだ。40代は、歌姫ならぬ“痛姫”路線で再ブレークしたりして? (本誌・松岡かすみ)

    ※週刊朝日  2017年10月13日号

    10/1(日) 16:55配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00000026-sasahi-ent

    【ライバル安室の引退で久々に注目された“痛姫”浜崎あゆみの去就。「本人にはその意識がまったくない。」 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/28(木) 09:46:43.63 ID:CAP_USER9
    無念、憎悪、悲哀、呆然……。どんな言葉を尽くしても、程遠いのでしょう。あるいは、それらを含めた無数の感情が次々と巡っていたのかもしれません。
    そんな状況においても、彼女はステージに立ちました。
    1999年3月29日放送のフジテレビ系音楽番組「HEY!HEY!HEY!」生放送スペシャルでのことです。

    ■ 世間を震撼させた、安室奈美恵実母殺害事件

    そこから遡ること12日。信じがたいニュースが流れました。
    当時人気絶頂だった安室奈美恵の実母が、義理の叔父によって殺害されたというのです。
    事件が起こったのは、1999年3月17日午前10時40分頃。
    沖縄県大宜味村喜如嘉の道路上で、実母と再婚相手の夫が横断歩道を渡ろうとしたところを、叔父が運転する車で轢かれたとのこと。
    さらに車から降りた叔父に、ナタのようなもので顔を中心に何度も切りつけられ心肺停止に。
    病院に搬送されたものの、帰らぬ人となってしまったのです。
    犯人である叔父はというとその後、近くの山中で服毒自殺。
    犯行に至った動機が不明なため、様々な憶測を呼び、マスコミの報道合戦を加熱させました。

    メディアの視線は当然、安室にも向けられます。
    国民的スーパースターの身に起こった前代未聞の悲劇。本人の口から語られるコメント、
    あるいは表情を電波や紙面にのせたいと思い、カメラは彼女の姿を捉えようと躍起になります。
    しかし当然、安室サイドは徹底した報道規制を敷き、完全に報道陣をシャットアウト
    告別式以外の撮影は許さず、本人の口からコメントが聞かれることもありませんでした。

    ■ 沈黙を破り、TVの舞台に姿を現した安室奈美恵

    そうした過程を経て、事件から12日後の3月29日。『HEY×3』にてTV復帰を果たすのです。
    後に語るところで本人はこの2週間あまりの期間に「引退も考えた」とのこと。
    その気持ちを振り切ってのステージ。相当な覚悟をもって臨んだのは、想像に難くありません。
    安室が舞台に登場したとき、割れんばかりの拍手が巻き起こります。「がんばれー!」などの声援や、応援のメッセージを掲げたプラカードも目立ちました。
    壇上で迎えるダウンタウンにも、さすがに緊張の雰囲気が滲み出ていました。当然です。
    スーパースターとは言え、彼女はこのとき21歳。去年ようやく成人に達したばかりの女の子が受け止めるには、あまりに大きすぎる出来事がたった12日前に起こっているのです。
    被害者感情に寄り添いすぎたらバラエティになりません。
    かと言って、「その部分」を避けて通るのはあまりに不自然……。さしものダウンタウンも対応に苦慮したことでしょう。

    ■ 安室に見せた、ダウンタウンの優しさ

    安室に対し開口一番、松本は「いやーこれは絡みづらい!」と言って、浜田も同調していたと記憶します。
    この突き放すような一言。一瞬だけ緊張感が走ります。
    しかしその後、「おっちゃんたちには何もできひんけどな……」と彼女の気持ちに寄り添うような発言もしていました。…

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160326/E1458641972755.html
    90s チョベリー

    【悲劇の事件から12日後、『HEY×3』に出演した安室奈美恵とダウンタウンの優しさ。】の続きを読む

    images


    1: ホイミン ★@無断転載は禁止 2017/09/27(水) 23:34:29.84 ID:CAP_USER9
    来年、多くの惜しむ声とともに芸能界を引退していくであろう安室奈美恵。ファンは言葉にできないほどの悲しみに包まれると思うが、それこそがある意味
    “美しい引き際”であるのかもしれない。

    その一方で、安室引退を意識してか知らずか、安室とは時期は違うものの歌姫として時代を築いた歌手の浜崎あゆみが、自身のインスタグラムを更新しまくっている。

    まず安室の引退発表から数日後の25日には、なぜかサングラスと胸元が開きまくった服装でそば屋にいる写真を投稿。本人曰く「風邪がぶり返して困ってた」とのことだが、
    フォロワーからは「そんな恰好だから風邪を引くんじゃ」といった飽きれきった声や、そもそもそば屋に相応しくない黒づくめのコーデに注目し「今時流行らないヤンキーファッション
    はやめて」「なんでサングラス?お店やメニューに失礼では」という指摘も寄せられた。

    その翌日にも愛犬の「きびだんご」と「オレオ」の2匹を抱えた、こちらもまた胸元が見えそうな写真を懲りずに投稿。これは雑誌撮影の一コマであったそうだが、ネットでは
    「見ていて恥ずかしい」「ダサい」という声が相次いだ。

    一時期は安室と浜崎の二人はよく比較されていたものだが、今ではすっかり「カッコいい安室」と「ダサい浜崎」という印象にわかれ、浜崎のインスタグラムにはファンとともに
    痛いもの見たさのフォロワーも多い。最近ではパフォーマンスよりも私生活や発言に注目されることが多く、すっかり“歌姫”としての姿は影を潜めている。過去には「スマホの
    使い方が分からない」とテレビで発言をしておきながら、明らかに加工された写真ばかりを投稿し続け批判を浴びたこともある。

    そんな注目されたい感が全面に出ている浜崎に比べ、安室は自身のHPで過熱する報道に対し「過度な取材を止めていただけないでしょうか」と懇願。安室が引退したらもう
    二人が比較されることはなくなるであろうが、浜崎の今後も気になるところだ。

    http://images.npn.co.jp/article/1/1/30/92014130.jpg
    92014130

    http://npn.co.jp/article/detail/92014130/

    【安室引退でより「ダサさ」が目だってしまった“歌姫あゆ”】の続きを読む

    このページのトップヘ