メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード


    1: Egg ★ 2017/11/12(日) 17:40:46.62 ID:CAP_USER9
    12日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、T.M.Revolutuonの西川貴教が、ドナルド・トランプ米大統領来日における日本国内の歓迎ムードに疑問を連発した。

    番組では、5日から7日にかけて訪日したトランプ大統領に対する日本政府の「おもてなし」を取り上げた。トランプ大統領の滞在中、日本政府はプロゴルファーの松山英樹を招いたゴルフ、ピコ太郎ら著名人が参加した晩さん会などでもてなした。

    そのため、トランプ大統領が「この2日間は本当に素晴らしかった。もっと一緒にいたかった」と、安倍晋三首相に感謝の思いを述べる場面もあった。

    このニュースに対し西川は、トランプ大統領が次に訪れた韓国で、デモが相次いだことを持ち出し、「日本って、何となくぼんやり『まあ、いいよね』になっちゃってる感じが不思議だなと思いました」と指摘したのだ。トランプ大統領に対する米国民の支持率がとても低く、その発言も含めてさまざまな問題があるにもかかわらず、日本国内の「なんかすごい! トランプさん喜んでくれている!」という雰囲気に「これでええんかな?」と感じるそうだ。

    西川は続けて、トランプ大統領が共同記者会見で「安倍首相は多くの武器をアメリカから買うことになるでしょう」と声明を発し、安倍首相も一層の武器購入を示唆したことに対しても、「(トランプ大統領が)『最新兵器買うてや!』みたいな。(対する安倍首相が)『いっぱい買うで!』みたいな。それでええの!?」と首をかしげる。

    日本国内の歓迎ムードを疑問視する意見に対し、コメンテーターの松本人志も考え込みながら「国民性だなぁ~」と漏らしていた。

    2017年11月12日 15時45分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13880647/

    【T.M.Revolutuonの西川貴教、トランプ米大統領来日での日本国内の歓迎ムードに疑問連発。「これでええんかな?」 】の続きを読む

    images


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/05/18(木) 23:08:04.11 0
    西川貴教 認証済みアカウント @TMR15

    人をいじるボケにもいじられた方まで笑ってしまう鮮やかな比喩や「まさかその角度から!」
    と感嘆するものこそが許されるボケであり、言われた本人が嫌な気持ちになったり、
    ただ人を傷付けるだけのいじりはボケと言わない。
    お笑いや芸人さんを尊敬するからこそ、テレビ等観ていて感じるものがあります。


    ・みなさんのおかげでした、放送中のツイート
    ・とんねるず石橋が女性の太ってる一般女性店員に対して何度もチャシューと呼んだり黒子を虫がついてると弄ってツイッターで炎上中

    【TMR西川「ただ人を傷付けるだけのいじりはボケと言わない。」→とんねるず批判か?と憶測。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/07/12(日) 13:58:30.69
    タレント・上沼恵美子(60)が、12日に放送された読売テレビのバラエティー
    「上沼・高田のクギヅケ!」で、T・M・Revolutionの西川貴教(44)が
    ツイッターに投稿して話題になった「アンコール問題」に言及。「スマホをいじられると
    いうのもアナタのせいでもある。これ終わったら、ラーメンにする、お好みに焼きするいうて、
    隣の子とやっているのかも。そんなことしないで夢中にさせないといけない。偉そうに言って
    悪いけど…」と苦言を呈した。

     西川は「アンコールは演る側も義務ではありませんし、お客様も強制ではありませんよ」と
    ツイッターに投稿し、「スマホを触ったり、着席して談笑されてることがある」と
    一部ファンのマナーの悪さを指摘していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150712-00000116-sph-ent

    【上沼恵美子、TMR西川のアンコール問題に苦言「スマホいじられるのアナタのせい」】の続きを読む

    images


    1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 09:41:23.84 ID:???*.net
     T.M.Revolutionこと西川貴教には「観客の声が小さいとアンコールは行わない」というこだわりがあるのは有名な話。
    さる6月28日に佐賀で行われたライブでも、観客のアンコールのかけ声に西川本人が苦言を呈し、アンコールが中止になりかけた。

     そのことに関して、自身がツイッターでアンコールに対するスタンスを2回に渡って説明。そしてこの“アンコール問題”が、今なおくすぶり続けている。

    「西川はツイッターに『お客様にアンコールを強要している訳ではなく、アンコールを頂きステージに出ると、
    スマホを触ったり、着席して談笑されてることがあるので』と前置きしたうえで、
    『アンコールは演る側も義務ではありませんし、お客様も強制ではありませんよ、というそもそものお話をさせて頂きました』と投稿している。
    これは西川の言う通りです。西川のように、歌だけでなくアクションも激しいステージになると、アンコールは体力、気力ともにかなり厳しい。
    ましてや西川はもうすぐ45歳。客に対して観る姿勢を求めたくなる気持ちはよくわかります」(音楽プロデューサー)

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~

    アサ芸プラス 2015年7月7日 5:59 PM
    http://www.asagei.com/excerpt/39390

    【T.M.Revolution「アンコールはやる義務はない」と問題提起】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/21(金) 22:51:46.99
    8月19日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、TMレボリューションの西川貴教(44)が出演。
    元妻、PUFFYの吉村由美(40)と別れた理由について語る一幕があった。

    お互いのデビュー日が全く一緒の1996年5月13日だっというPUFFYとTMレボリューションが
    8月11日に対バンイベントを開催したことについて、TOKIOのメンバーが恐る恐る質問。西川は「触り方が、おかしくなるから。
    皆、ふぁーっとした感じになるじゃない。だから、これ、普通にライブやりますよ。
    イベントです。対バンです」と説明した。

    また、国分太一(40)の「なんで別れたんですか?」という直球すぎる質問に対し
    、「そら、あの……その……それ?……の話?……いや」としろどもどろ。しかし、現在は普通に2人で食事をしたりする仲だという。

    対バンに関しては、一昨年、西川が開催したイベントにPUFFYが出演したこともあり、その恩返しだと語った。

    また、離婚の原因については、周囲の人間関係も近く、ツアーのやり方など仕事の方針をめぐって文句を言い合ってしまったのがきっかけだという。
    西川は「向こうもグループだし、これ、お互い、ある程度、距離感有った方が」「たまに会って、イチャイチャしてるぐらいの方がちょうど良かったのかもなっていう……」と、
    同業者同士ゆえの人間関係の難しさが原因であったことをほのめかしていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1004594/
    日刊大衆 2015.08.21 21:00

    【TMR西川貴教、PUFFY吉村由美と離婚した理由を激白!】の続きを読む

    このページのトップヘ