メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    images (2)


    1: 湛然 ★ 2018/04/09(月) 06:14:53.86 ID:CAP_USER9
    2018年04月09日
    翔んで埼玉:「パタリロ」作者の“埼玉ディス”マンガがまさかの映画化 二階堂ふみ&GACKTのW主演で

     「パタリロ」で知られる魔夜峰央さんの“埼玉ディス”マンガ「翔んで埼玉」(宝島社)が、女優の二階堂ふみさんと歌手のGACKTさんのダブル主演で実写映画化されることが9日、明らかになった。タイトルは「翔んで埼玉」(武内英樹監督、2019年公開予定)で、二階堂さんは初の男役、GACKTさんは高校生役を演じる。GACKTさんは「このオファーがあった時は『設定に無理があるんじゃないかな?』とは思ったんですけれども、ずっと以前から魔夜先生の作品のファンだったことから、先生からの指名ということであればやるしかない……という思いで、今回の作品は受けてしまいました(笑い)」と話している。

     原作マンガは、魔夜さんが1982年に発表し、2015年に宝島社の「このマンガがすごい!comics」でコミックスが復刻された。映画は、埼玉県民は東京都民から迫害を受けていたという設定で、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美(だんのうら・ももみ)は、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(あさみ・れい)と出会い、2人は互いに引かれ合う。しかし麗は埼玉県出身で、2人の前に県境が立ちふさがる……というストーリー。

     当時、埼玉県所沢市に住んでいた魔夜さんが「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ」などとネタにしていた。復刻するとSNSなどで話題になり、上田清司・埼玉県知事からも「悪名は無名に勝る」と“お墨付きコメント”をもらうまでになった。

     同作は未完のため、映画オリジナルの要素も盛り込む。大都会・東京から虐げられた埼玉が、自由を求めて徒党を組み戦う……という原作の設定に、新たに“千葉”という対抗組織も用意する。二階堂さんが演じる百美は、外見は女性のように見えるが、東京都知事の息子というエリート。当初は映画版は、原作とは異なり女性にする方向で調整していたが、マンガを読んだ二階堂さんが「私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と提案し、原作通りの男性に決まった。

     麗はGACKTさんが演じる。原作者の魔夜さんは「まさかオファーを受けていただけるとは思いませんでした」と前置きし、「願ってもないキャスティングですが、この役がGACKTさんの人生の汚点にならないことを祈っております」と話している。

    >>2以降につづく)


    https://storage.mantan-web.jp/images/2018/04/08/20180408dog00m200039000c/001_size6.jpg
    001_size6

    https://storage.mantan-web.jp/images/2018/04/08/20180408dog00m200039000c/002_size6.jpg
    002_size6

    https://storage.mantan-web.jp/images/2018/04/08/20180408dog00m200039000c/003_size6.jpg
    003_size6

    https://mantan-web.jp/article/20180408dog00m200039000c.html

    【「パタリロ」作者の“埼玉ディス”マンガ「翔んで埼玉」がまさかの映画化。二階堂ふみ&GACKTのW主演。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ヴァイツェン ★ 転載ダメ©2ch.net 2015/07/14(火) 06:48:10.76 ID:???*
    GACKTがAKB48の特典商法に言及 「本来やってはならないこと」

     アーティストのGACKTが、CDの“特典商法”について「本来はやってはならないこと」と批判した。

     GACKTは、音楽総合サイト「エキサイトミュージック」のインタビューで「特典が欲しくてCDを何枚も1人で買って、CDを破棄する……それはミュージシャンとしての正しい在り方なのか?」と発言。  

    さらに、「そんなことをすればするほど、間違いなく音楽がダメになるし、損失のほうが大きい」と苦言を呈した。

     昨今のGACKTのファンの数はさておき、GACKTはこれまで自身のCDをリリースする際、“DVD有り・無し”の2形態での販売を基本としてきたこともあり、

    「音楽で勝負している」という自負があるのだろう。多くの人気アーティストがアイドルの特典商法について言葉を濁す中、今回の発言はGACKTのみならず、多くのアーティストたちの“本音”といえそうだ。

     それもそのはず、2014年の「年間シングルCDランキング」(オリコン調べ)の上位5作品は、すべてAKB48。先月発表された「上半期シングル売り上げランキング」も、トップ10のうち6作品がAKB48関連グループ。

    さらに、イベント抽選券を封入したKis-My-Ft2などもランクイン。チャートはまさに“特典商法ランキング”と化している。

    「4月にミュージックカードのランキング集計合算を廃止したオリコンも、ほかの特典商法については理解を示していますから、もはやチャートは崩壊しているといっていい。 

    一方で、特典商法をアーティストサイドの“企業努力”と見る向きもあり、頭ごなしに否定するのはどうかという意見も。

    音楽業界も音楽ファンも、GACKTが危惧する『音楽がダメになる』という問題について、すで
    に諦めモードといえそう」(音楽ライター)

     音楽自体の価値が落ちるばかりの今、GACKTの声はどこまで届くのだろうか?

    http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150709_683901/

    写真
    http://www.cyzo.com/images/gackt0807.jpg 
    gackt0807

    【GACKTがAKB商法を批判。「本来やってはならないこと。」「音楽がダメになる。」】の続きを読む

    images


    1: きゅう ★ 2018/01/15(月) 20:34:43.26 ID:CAP_USER9
     1月1日に放送されたバラエティ番組「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル」(テレビ朝日系)にて、X JAPAN・YOSHIKIとペアを組んだGACKTが全勝を果たした。これでGACKTは、個人連勝記録を55に伸ばした。

    「芸能人たちが“本物”を見極める正月恒例番組の『格付けチェック』ですが、今や視聴者の注目の的は、連戦連勝記録を更新するGACKTが、どこまで記録を伸ばすのかという点です。そして彼は今回も『ベテランの和楽器演奏』や『1億円の盆栽』などを見抜き、不敗神話を継続させました」(テレビ誌記者)

     そんなGACKT効果もあってか、同番組は19.6%という高い平均視聴率を記録。しかし一部では、出演者が予め答えを知っているのではないかというヤラセ疑惑が持ち上がっているという。

    「1月10日発売の『週刊新潮』が、『誰が勝つか予めシナリオがある』と語るテレビ関係者の証言を掲載。記事によると、直接答えを教えることはないものの、問題の傾向を教えていると聞いたことがあると暴露しているのです。これが本当ならば、出演者は、盆栽や楽器問題が出ることを先に知りながら収録に臨んでいることになります。それでも当てるのは凄いことかもしれませんけどね」(芸能記者)

     果たしてGACKTがミスをする日はやってくるのだろうか。

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_44664/

    【「芸能人格付け」GACKT連勝の裏側を関係者が暴露? 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ストラト ★ 2018/01/01(月) 21:09:12.64 ID:CAP_USER9
    歌手のGACKTが1日放送のABC・テレビ朝日系の正月恒例特番『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』(後6:00~9:00)に出演。
    “一流芸能人”としての個人連勝記録を55に伸ばしただけでなく、YOSHIKIとのペアでも全勝を果たした。

    GACKTの個人51連勝中で迎えた今回の放送。
    「5年前からずっと(出演を)お願いしていた」というX JAPANのYOSHIKIを相棒に迎えた最強タッグで臨んだ。今回、2人が“AB部屋”どちらかに入った瞬間に、ほかの出演者たちがまるで正解したかのような気になってしまうのを防ぐため、出演者も視聴者もシャットアウトしたYOSHIKI&GACKT専用の“AB部屋”が用意されたほど、事前の期待値も高かった。

    その前評判に違わず「100万円のワイン」、「ベテランの和楽器演奏」、「高級キャビア」、「総額39億円の名器による弦楽器演奏」、「1億円の盆栽」、「最高級神戸牛」と2人で危なげなく連勝を積み上げ、一流芸能人の格を守りきった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000320-oric-ent

    『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』GACKTとYOSHIKI
    http://pbs.twimg.com/media/DSdCuGkV4AIJHqY.jpg
    DSdCuGkV4AIJHqY

    http://pbs.twimg.com/media/DSdCuHMU8AI1YeF.jpg 
    DSdCuHMU8AI1YeF

    【『格付け』GACKTの個人連勝55に。YOSHIKIとの最強コンビでも全勝。】の続きを読む

    images


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/06/20(火) 22:53:52.25 ID:CAP_USER9
    GACKT”人見知り”についての持論展開で「なんか突き刺さる物が」「凄く響きました」と反響
    2017.6.20 21:10
    https://e-talentbank.co.jp/news/37638/?type=desc
    https://e-talentbank.co.jp/wp-content/uploads/2017/06/img_107351_2-1-2-1-1.jpg
    img_107351_2-1-2-1-1

    歌手のGACKTが18日に自身のブログを更新し、”人見知り”に関しての持論を綴った。
    GACKTは「人見知り・・・。」としたタイトルでブログ更新。ツアーメンバーに人見知りの人物がおり、現在はぎこちなさもありつつ会話ができるようになってきた、と語りながら「キツイ言葉かもしれないが【人見知り】という言葉を使っても許されるのはせいぜい20代前半までだろう。」と、述べた。

    続けてGACKTは、自身も昔は人見知りであったし、人見知りが完全に間違っているわけではない、と前置きしながらも「この考え方だと自分が何かの仕事を始めたり、組織を作っていったりまとめたりすることは限りなく不可能と言える。」と綴った。

    そして、仕事をする上の運営やトラブル解決も、人とのコミュニケーションが必ず必要になると語り「『人見知りなんで・・・』などという言葉は、ガキだけに許された言葉だと思っておく方がいい。」と、持論を述べた。

    また、GACKT本人も「今でこそ、多くの人と話せるようになったもののけっして未だにそれが得意というわけではない。」と綴りながら、ぎこちないながらも一生懸命コミュニケーションを取ろうとするツアーメンバーに「何はともあれ仲間の成長に触れることは本当に嬉しい。」と嬉しさを覗かせた文章でブログを締めていた。

    この更新に同ブログのコメント欄には「ハッとさせられました。ありがとうございます。」「なんか突き刺さる物が。。」「凄く響きました。」「グサッときました」と、感銘を受けた様子の感想が寄せられた。

    GACKTは過去のブログでも自身の考えを述べており、「スタッフに預けていたパスポートをそのスタッフがなくしてしまい結局見つからない」と、まさかのトラブルが起きてしまったとしながらも「(スタッフは)ボクにもっと怒られると思ってた・・・と言うが、怒っても何かが変わるわけではない。」と綴り、コメント欄には「ガクさん大人…」と賞賛コメントが寄せられていた。

    【GACKTが”人見知り”についての持論展開。「なんか突き刺さる物が」「凄く響きました」と反響。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/04/26(水) 22:08:22.89 ID:CAP_USER9
    ミュージシャンのGACKT(43)が、ボーカルを務めたヴィジュアル系ロックバンドMALICE MIZER(マリスミゼル)を脱退した経緯を明かした。

    GACKTは25日、「18年前の今日」のタイトルでブログを更新。「18年前の今日。ボクがバンドからソロに復活した記念すべき日だ・・・」と切り出したが、
    「と言ってもこの日に辿り着くまで そしてこの日から全国ツアーをスタートするに至るまで恐ろしいぐらい紆余曲折したあの一年を未だにはっきりと覚えている」
    と、決して順風満帆とはいかなかった当時を振り返った。

    GACKTは1995年に2代目ボーカルとして同バンドに加入。97年にメジャーデビューを果たしたが、翌98年には失踪したとも報じられ、事実上の脱退となった。

    GACKTは「色んなことが脳裏に蘇る。MALICE MIZERのメンバーそしてあの当時の女社長に突然なんの相談も前触れもな
    く『MALICE MIZERは解散する』と告げられたあの日のことも。
    あのミーティングで最後は喧嘩のような状況になったことも」と、内紛があったことをうかがわせた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12986940/
    2017年4月26日 13時54分 日刊スポーツ

    https://www.youtube.com/watch?v=LEuVNzH5wCo


    [PV] MALICE MIZER - 月下の夜想曲

    【GACKTが語る、MALICE MIZER脱退の真相。「ケンカのような状況。」】の続きを読む

    images


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/04(土) 13:53:22.88 ID:CAP_USER9
     ミュージシャンのGACKT(43)が、態度の悪い税関職員に苦言を呈した。

     GACKTは3日、「その国民の第一印象が決まる場所」のタイトルでブログを更新し、ミュージックビデオ撮影のため1日だけ日本へ帰国したことを報告した。

     海外に渡航することが多いGACKTは日本の国際空港を頻繁に利用しているが、「中には態度の悪い税関職員もいる」と指摘。「もちろん、毎日毎日、いろんな人を見ていれば挨拶をすることも忘れてしまうかもしれない。だが、アナタ達が日本の顔なのだから!といつもそういう態度の悪い税関職員に出会うと思うわけだ」とつづった。

     今回も態度の悪い税関職員に当たってしまったそうで、「どう見てもボクの方が歳上でいくらなんでもその態度はないだろ?と瞬間的に殺気立ってしまった」という。べつの職員の好対応でその場は収まったが、GACKTは「税関職員の方々、毎日、いろんな人を見て大変だと思います。ご苦労様です」とねぎらうとともに、「アナタ達が日本の入口になります、笑顔を添える余裕があれば、お願いします。きっと海外から来た人たちは不安も少しは減るでしょう。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-01774442-nksports-ent
    日刊スポーツ 2/4(土) 13:48配信

    【GACKT、税関職員に苦言。「アナタ達が日本の顔。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/19(月) 11:57:56.06 ID:CAP_USER9
    来年元日に放送されるテレビ朝日系「芸能人格付けチェック」に、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が参戦、
    連勝街道を突き進むミュージシャン・GACKTとタッグを組むこととなり、堀江氏は18日、ツイッターで「これマジでプレッシャーでしたよ」とつぶやいた。

    正月恒例となった「格付けチェック」初参戦となったホリエモンは「これマジでプレッシャーでしたよ。よく内容を知らず、
    軽い気持ちでOKしちゃってたので。。。」とツイート。

    しかもパートナーは個人として42連勝中のミスター格付けことGACKT。今年はパートナーが間違えたため、
    チームとしては初めて一流芸能人から普通芸能人に格下げとなったが、個人としては連勝を続けている。
    絶対に間違えられないという強烈なプレッシャーがホリエモンに襲いかかったようだ。

    「芸能人格付けチェック」とは、ワインや音楽、食べ物など、さまざまなものの超一流と三流を出演者たちが見分ける番組。
    間違えると一流芸能人から普通芸能人など、出演者たちの格付けが下がっていく。

    デイリースポーツ 12/19(月) 11:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000047-dal-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20161219-00000047-dal-000-view.jpg 
     20161219-00000047-dal-000-view

    【堀江貴文氏「格付けチェック」でGACKTパートナーに「マジでプレッシャー。」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 6baf-PsAc) 投稿日:2016/04/01(金) 17:42:25.23 ID:lbuFjju60.n
     ミュージシャンのGACKTが、「山を衝動買いした」という驚愕のエピソードを告白をした。29日に放送された
    日本テレビ系『火曜サプライズ』の特別番組「GACKTアポなし!波瑠と仰天グルメ!豪邸訪問!豪華2時間SP」の放送内で明かされたもの

    2人はGACKTが名古屋を訪れた時によく行くというカフェへ。ウエンツが衝動買いをよくするというGACKTに対して「どこでその衝動、起きます?」と質問
    GACKTは「スノーボードを始めたのがすごく遅くて。本当ヘタクソで全然上手くならないんだよ」と返し、ウエンツも「難しいですもんね」と相槌を打つ

    「滑ってた時に、これ(山を)持ってたら絶対(スノボが)上手くなるなと思って、山買おう!」と。GACKTの思考の飛躍ぶりにウエンツは「なるかな、その考え?」と首を傾げた

     GACKTのスノボ好きはファンの間では有名で、一部の情報によれば、都内にあるスノボショップによく訪れているといい、過去にはショップとのコラボウェアも手掛けたようだ

    http://www.musicvoice.jp/news/20160331038921/

    【GACKTさん、「スノボが上手くなりたい」という理由で山を衝動買い。】の続きを読む

    images


    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/17(木) 05:34:36.88 ID:CAP
    ◆元巨人・野村氏 格闘技に意欲「GACKTって強いんですかね」

    覚醒剤取締法違反(使用)の罪で15日に追起訴された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の巨人時代の同僚で、ワイドショーなどに引っ張りだこになっている野村貴仁氏(47)。
    清原被告の更生を願う野村氏は、自らの今後についても言及。
    野球指導を再開させる一方で、キックボクサーとして“腕試し”したい仰天野望を明かした。

    ――野村氏は清原騒動で一気に有名人になった

    野村氏:テレビはNHKしか見ないからわからない。バラエティーやワイドショーは見ない。

    ――ヘルメット姿にヒゲ面が衝撃的だった

    野村氏:家の周りを掃除するのにヘルメットは必需品なんですよ。ヒゲは伸びたらハサミで切っていた。面倒くさいから伸ばしていたんですわ。でも、あの姿は出してほしくなかった。

    ――今後はまた野球教室を復活させるのか

    野村氏:教室じゃなく、個人の育成ですよ。プロに入りたい若い選手が来たら絶対プロに行かせる自信はあります。松本以外にも兵庫県警に入った選手とか、同級生の子供とかに教えたこともある。今はパソコンや電話が故障したりしているから通信環境を整える準備期間。でも変な電話もあるんですよ。

    ――いたずら電話?

    野村氏:35歳の女が「私の家まで来ないで…」とか。わけのわからん電話。仕事の電話がつながらなくて、変な電話だけつながってしまう(笑い)。家の部屋に知らないグラブが置かれていたり…。気を付けんといけません。

    ――格闘技にも取り組むとか

    野村氏:和製ベニー・ユキーデ(元人気キックボクサー)ですよ! 昔は格闘技世界一を目指していたんですから。4年前にK―1に出してくれとお願いしたこともあった。断られましたけど…。空手家の緑健児さんは僕の師匠だし、藤原敏男先生も知ってる。(ユキーデのトレードマークだった)赤いパンタロンもある。前蹴りとか、ほら!(実際に蹴りを披露)

    ――うわっ…。トレーニングを開始しているのか

    野村氏:いや、10年間やっていない。年やけど、そこそこいける。清原はやってないでしょう。

    ――47歳でユキーデを目指す

    野村氏:GACKTっているでしょ。テコンドーで芸能人最強と言ってるけど、強いんですかね。

    ――対戦したいのか

    野村氏:軽く遊びごとでね。前蹴りだけなら自信ある。体重も現役時代と変わらない80キロくらいだし、10キロくらいはすぐに調整できます。体力づくりをやらんでもGACKTくらいなら勝てる。

    ――社会的信用を取り戻したい

    野村氏:あとオリックス時代の裏話の本も書きたい。でも、今は野球の仕事を休業中なんで、まずそっちの対策を練らんといかんですね。

    写真:蹴りを披露する野村氏
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160317-00000000-tospoweb-000-2-view.jpg
    20160317-00000000-tospoweb-000-2-view

    東スポWeb 3月17日(木)5時11分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000000-tospoweb-base

    【元巨人・野村貴仁氏 「前蹴りだけなら自信ある。自称“テコンドーで芸能人最強”のGACKTくらいなら勝てる。」…格闘技に意欲。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/02(土) 17:32:22.55 ID:CAP
    「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)で、不敗神話を守ってきたミュージシャン・GACKTさんがついにその連勝記録をストップさせた。
    2016年1月1日、その瞬間がオンエアされると同時に、ネット上はこの話題一色となった。

    「格付けチェック」はゲストの芸能人が数名でチームを組み、食や音楽などさまざまな「一流」の品と、
    安物とを二者択一で見分けることに挑む人気番組だ。2005年以来、お正月の定番企画として毎年放送されている。

    ■「ぶっ飛ばす」とハッパをかけたが...

    13回目となる今回も、俳優の石坂浩二さんや梅宮辰夫さん、松方弘樹さん、桐谷美玲さんといった大物が多数登場していたが、
    視聴者の興味は「GACKTさんの『連勝記録』がどこまで伸びるのか」に絞られていた。
    というのもGACKTさんは2009年の初登場以来ほぼ毎年出演していながら、チームメイトも含め1度のミスもなく36問連続正解、常に「一流芸能人」の称号を守り続けてきたからだ。

    今回、GACKTさんは、ジャニーズ事務所の若手、Kis-My-Ft2の北山宏光さんと中山優馬さんと組むことになった。
    チームメイトとして、GACKTさんの不敗神話を守らなければならない北山さんと中山さんには番組冒頭から繰り返しプレッシャーがかけられ、
    司会のダウンタウン・浜田雅功さんが「(GACKTさんの)連続記録をお前らがはばめ!」といじれば、
    GACKTさんも「間違えたら、ジャニー(喜多川)さんには申し訳ないけどぶっ飛ばしますよ」と微笑みで威圧する。

    それでも第1問、第2問、第3問と順調に3人は正解を重ね、「40連勝」がかかった第4問へ。
    日本を代表する「東京吹奏楽団」と、学生楽団の演奏を聞き分ける、という問題だ。
    チームを代表してこれに挑んだ北山さんと中山さんだが、ここで中山さんが学生楽団を選ぶ、痛恨のミスを犯してしまう。

    この結果に、GACKTさんはスタジオで放心状態に。これまでの強気が嘘のように、「ヤバい、涙が出てきた」「心弱い、ボク......」「40(連勝)だよ?」
    「辛いななんか」「いやー、辛っ」と情けない発言を連発する。怯えきった様子で北山さんと中山さんが戻ってくるが、
    もはや「ぶっ飛ばす」気力もなく、「怒ってるんじゃないんだよ、悲しいんだよ」と絞り出すのが精いっぱいだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160102-00000001-jct-ent
    J-CASTニュース 1月2日(土)16時44分配信

    http://www.j-cast.com/assets_c/2016/01/news_20160102160052-thumb-645xauto-79115.jpg 
    news_20160102160052-thumb-645xauto-79115

    【GACKT「格付け」まさかの一流陥落 ネット上はこの話題一色に。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/13(日) 16:01:11.55
    シンガーソングライター・GACKT(42)が12日夜、自身のブログを更新。
    ネットやメディアで最近、盛んに用いられるようになった「劣化」という言葉について、反論するとともに、持論を展開した。
    「いつまで写真に耐えられるのか」と“美”への不安も口にしている。

    7月に42歳になったGACKT。ミステリアスなビジュアルでカリスマ的人気を不動のものとしているが、
    この日は「もう42歳になったろ?『いつまで写真に耐えられるのかなぁ・・・』何て思うことたまにある」とビジュアルへの不安を吐露した。

    また、「世の中では歳を取った役者やアーティストに対して【劣化】なんて言葉を使って表現する輩もいる。
    メディアも劣化劣化と騒ぎ立てる。
    自分たち自身の顔のことは置いといて、よく他人のことをそこまでボロカスに言えるよな・・・って思うことだって多い」と世の中の風潮に苦言を呈した。

    自身の「劣化」については、「そりゃ、歳は取ってるわけだから、昔に比べりゃシワだって増えたさ」
    と加齢現象は認めた上で「でもな。歳を取ること=劣化じゃない」と反論した。

    GACKTといえば、「1日、3時間しか寝ない」と公言していることでも知られる。
    「若さを数字で表し、その数字の少なさだけで勝負するなら、ボクは負ける」とした上で、
    「経験を積み重ねた年数と実績を歳というナンバーに置き換えるなら僕は誰にも負けやしない。誰よりも努力してるんだ。
    負けず嫌いだからさ」と年齢を重ね、努力を重ねたことによる自信と経験を訴えた。

    さらに昔に比べ、「人に対して随分と優しく出来るようにもなった」とし、「これは、若い頃の尖ってた自分からじゃ、微塵も想像が出来なかったことだ」と明かした。

    GACKTはブログで続ける。
    「人生ってのは楽しいことばかりじゃない。むしろ、辛いと思えることの方が多いんじゃないかとさえ感じる。
    でも、だからこそ、心から楽しいと思えること、みんなが笑顔になれるようなことをドンドン作って届けられるようになった。
    こんなことを含めてボクが【劣化】したというなら大いに劣化歓迎だ」と“GACKT流劣化論”を展開。
    「それに、今のボクは【劣化】と書くよりも凄まじく【烈華】のさなかだよ。
    GACKT人生史上、今が一番、【最強で最狂】と自信を持って言える」と胸を張った。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150913-00000056-dal
    2015/9/13 15:38 - デイリースポーツ

    【芸能人格付けチェックキング GACKTが『劣化』に反論。「よく他人のことをボロカスに…」】の続きを読む

    このページのトップヘ