メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > Every Little Thing

    images (1)
    気合。

    1: リサとギャスパール ★@無断転載は禁止 2016/08/07(日) 20:51:31.30 ID:CAP_USER9
    http://lpt.c.yimg.jp/im_siggRIYqbpcn1HuTXUK3U1YIRg---x599-y900-q90/amd/20160807-00000102-dal-000-view.jpg
    20160807-00000102-dal-000-view

    音楽ユニット「ELT」が7日、1996年のデビューから丸20年を迎え、代々木第二体育館で記念ライブを開催。ボーカル・持田香織(38)が、ギターの弾き語りに初挑戦したほか、初のオーケストラ編成の演奏をバックに、ヒット曲をなど19曲を披露した。

     デビュー曲「Feel My Heart」の歌唱時には、普段は露出が少ない持田が、当時をイメージしたひざ上のミニスカートで登場。「気合入れてミニスカートはいた!」と叫び会場を盛り上げた。

     さらにサプライズで20周年記念の20層のケーキが用意され、ファンの「おめでとう!」の声に持田が感極まる場面も。持田は「宝物のような20年。今日皆さんと一緒に過ごせること。とてもうれしく誇りに思う」と話し、ファン、多くの方へ「ありがとう」と感謝していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00000102-dal-ent
    デイリースポーツ 8月7日(日)20時9分配信

    【ELT持田、デビュー当時再現のミニスカで「気合入れてはいた!」絶叫。 】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/03(木) 07:48:07.34
    8月8日に9歳年下のスポーツトレーナーと結婚したEvery Little Thingの持田香織(37)が先月29日、結婚後初となるライブに登場した。

    持田から結婚についてのコメントはなく、左手薬指に指輪もなかったというが、花道でスキップするなど幸せオーラを振りまき、
    永遠の愛を誓うヒット曲「出逢った頃のように」を締めくくりに熱唱したという。

    「当日は所属レコード会社・エイベックスのライブイベントだったが、多くの客はトリで登場した韓国のグループ・SUPER JUNIOR目当て。
    出番が早かったELTの時には席がガラガラで、声援も少なかった」(ライブを見た音楽関係者)

    声援が少なかった原因は、持田の歌声にもあったようだ。

    「往年のヒット曲『Time goes by』なども歌ったものの、思いっきりキーを下げて演奏したにもかかわらず、
    声が出ないのか苦しそうに歌っていた。もはや、全盛期の伸びのある高音は聴けなかった」(同)

    近年はまったくヒット曲に恵まれず、4月に発売したシングル「ANATA TO」はオリコン最高位が46位と低迷。
    今や持田よりも、いっくんの愛称で親しまれているギターの伊藤一朗の方がバラエティーで顔が売れているほど。
    夫と二人三脚のトレーニングで、かつての美声を取り戻せるか。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/163323
    2015年9月3日

    http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/163/323/f78b234f7754db1db8b0ff891b1e138420150902132245767.jpg
    幸せオーラはいっぱいだけど…(C)日刊ゲンダイ

    http://www.youtube.com/watch?v=pr12RbvsOW8


    【Every Little Thing】 Time goes by

    http://www.youtube.com/watch?v=CUaLLE5tBVc


    Every Little Thing(エヴリ・リトル・シング)「Time gose by」LIVE

    74: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/03(木) 08:45:12.07 ID:hXdj/Gzk0.n
    >>1
    今頃言い出すのか

    【「声が出ていない」ELT持田香織 結婚後初ライブに“落胆の声”】の続きを読む

    このページのトップヘ