メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    images


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/12(土) 21:30:06.29 ID:CAP
    2015-12-12 18:18:55

    <セットリスト 12/8(火)@オーチャードホール>
    1. Peace
    2. 21st Century Schizoid Man
    3. Epitaph
    4. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)I
    5. Meltdown
    6. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)II
    7. Level Five
    8. Hell Hounds Of Krim
    9. The ConstruKction Of Light
    10. One More Red Nightmare
    11. Banshee Legs Bell Hassle
    12. The Letters
    13. Sailor's Tale
    14. Easy Money
    15. Starless
    Encore
    16. In The Court of the Crimson King
    17. The Talking Drum
    18. Larks' Tongues In Aspic Part II

    http://img-test.barks.jp/image/review/1000122326/news_photo01.jpg
    news_photo01

    http://img-test.barks.jp/image/review/1000122326/news_photo02.jpg
    news_photo02

    http://img-test.barks.jp/image/review/1000122326/news_photo03.jpg
    news_photo03


    キング・クリムゾンは予定調和を許さない。ロバート・フリップの理想の下、
    1968年に結成したこのバンドは、数回の活動休止を挟みながら、常に新しい音楽表現を行ってきた。
    真の意味での“プログレッシヴ”なグループととして前進することを求められてきた彼らが
    最もファンにショックを与えるとしたら、グレイテスト・ヒッツ・ショーをやることだろう。

    2015年12月、約12年半ぶりの来日公演は、ファースト・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』
    (1969)からの曲を含む名曲の数々を披露するという、まさか!?...のステージが実現することになった。

    ◆キング・クリムゾン@渋谷オーチャードホール~画像~

    過去のクラシックスを多く演奏する今回のツアーだが、メンバー構成は新しいラインアップだ。
    ステージ前方にはパット・マステロット、ビル・リーフリン、ギャヴィン・ハリスンの3台のドラム・キットが置かれ、
    他4人のメンバーは後方の壇上で演奏することになる。

    そんなステージ・セットを見るだけで、今回のツアーがただのレトロ・ショーでないことが明らかだった。
    「ライヴの撮影は禁止。撮っていいのはトニー・レヴィンがカメラを構えているときだけ」
    「演奏中の再入場は禁止」など、フリップ自らが開演前のアナウンス(姿は見せず)。
    相変わらずの偏屈ぶり…と思わせて、最後は「以上を守って、キング・クリムゾンとパーティーしましょう」
    と締めくくり、観衆を沸かせている。

    東京公演2日目となるこの日のオープニングは、『ポセイドンのめざめ』(1970)からの「平和/終章」だ。
    ジャッコ・ジャクスジクが歌い上げるこの曲を導入部にして、効果音が流れ始める。
    観客はもちろんそれが何かを知っている。そう、「21世紀のスキッツォイド・マン」のイントロだ。
    キング・クリムゾンというバンドを世界に知らしめた名曲で斬り込むこの日のセットリストは、
    ジャパン・ツアーで最もインパクトのあるものだった。

    >>2以降につづく)


    http://www.barks.jp/news/?id=1000122326

    【キング・クリムゾン、来日公演!! 渋谷オーチャードホールにてあの名曲の数々を披露。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 15:41:30.66 ID:???*.net
    12月に約12年半ぶりの来日公演を行うキング・クリムゾンだが、新たに東京での追加2公演と高松での新規公演の日程が発表された。

    公演の詳細は以下の通り。

    「THE ELEMENTS OF KING CRIMSON TOUR in JAPAN 2015」
    東京追加公演
    2015年12月16日(水) Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN18:00 / START19:00
    指定席 ¥15,000(税込/全席指定)
    チケット発売日:10月31日(土)~
    2015年12月17日(木) Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN18:00 / START19:00
    指定席 ¥15,000(税込/全席指定)
    チケット発売日:10月31日(土)~

    高松
    2015年12月19日(土) サンポートホール高松
    OPEN17:00 / START18:00
    指定席 ¥15,000(税込/全席指定)
    チケット発売日:10月31日(土)~

    <チケット発売中公演>
    東京
    2015年12月7日(月) Bunkamuraオーチャードホール
    2015年12月8日(火) Bunkamuraオーチャードホール
    2015年12月9日(水) Bunkamuraオーチャードホール
    2015年12月10日(木) Bunkamuraオーチャードホール ※SOLD OUT
    OPEN 18:00 / START 19:00
    指定席 \15,000(税込/全席指定)

    大阪
    2015年12月12日(土) フェスティバルホール
    OPEN 17:00 / START 18:00
    指定席 \15,000(税込/全席指定)
    2015年12月13日(日) フェスティバルホール
    OPEN 16:00 / START 17:00
    指定席 \15,000(税込/全席指定)


    名古屋
    2015年12月21日(月) 名古屋国際会議場センチュリーホール
    OPEN 18:00 / START 19:00
    指定席 \15,000(税込/全席

    更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。
    http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/12kingcrimson/


    ◆RO69
    http://ro69.jp/news/detail/130172?rtw

    【12年ぶり来日のキング・クリムゾン、12月に東京での追加公演と高松公演の開催が決定【た、高松!?】】の続きを読む

    このページのトップヘ