メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    images


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/03/04(土) 23:40:09.18 0
    久本「この中でタイプの男性は?」

    名取裕子「ちょっとおでこ見せてくれる?」

    伊野尾「…」

    http://i.imgur.com/DYvmO9Y.jpg 
     DYvmO9Y

    45: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/03/04(土) 23:59:50.65 0
    名取裕子鬼かよ


    【大物女優の「デコ見せろ。」の一声で、伊野尾慧君が自らデコを晒すハメに。】の続きを読む

    images


    1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2017/02/25(土) 17:58:04.75 ID:CAP_USER9
    オリコン 2/25(土) 17:00配信

     歌手の田原俊彦(55)が25日、東京・二子玉川アレーナホールでファンクラブイベントを開催。
    6月21日にユニバーサルミュージックからシングル(タイトル未定)を発売し、約11年ぶりに
    メジャーレーベルに復帰することを発表した。

     田原がメジャーから作品をリリースするのは、2006年7月にガウスエンタテインメントから
    発売したシングル「ジラシテ果実」以来。所属事務所の自主レーベルから12枚のシングルリリースを
    経てのメジャー復帰が実現した。楽曲は現在レコーディング中で、勢いのあるロックチューンになる
    予定だという。

     毎年恒例となっているこの日のイベントでは、28日の誕生日をファンと共に祝った田原。今回の
    シングル発売に「デビューして今年で38年になりますが、この度、ユニバーサルミュージックから
    73枚目のシングルを6月にリリースすることになりました。とてもいい曲に仕上がりそうです。
    今年もまだまだ、歌って、踊って、暴れてやろうと思っています」と自信をみなぎらせている。

     シングルの発売を記念し、6月24日には『田原俊彦ニューシングル リリースパーティ~ミニライブ
    &握手会~』を午後5時半から東京・品川ステラボールで行うことも発表。チケットの一般発売は
    4月4日から開始される。また、8月下旬から10月下旬にかけては全国ツアーも開催予定。

    ■ユニバーサルミュージックジャパン 田原俊彦公式ページ
    http://universal-music.co.jp/tahara-toshihiko/

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000371-oric-ent
    https://pbs.twimg.com/media/C5f6ZtYUoAEfUvT.jpg 
     C5f6ZtYUoAEfUvT

    【田原俊彦、11年ぶりメジャー復帰。ユニバーサルミュージックから6/21シングル】の続きを読む

    images (1)


    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/02/25(土) 14:46:18.73 ID:CAP_USER9
    2月18日放送のテレビ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で、世間をざわつかせた“謎のモザイク”騒動。複数の男性アイドルグループによる「次世代イケメンだらけの大運動会」という企画が放送されたが、会場のセットなどに不自然なモザイク処理が施されていたのだ。

    「すでに一部で報じられているように、あのモザイク部分には『ジャニーズ以外だらけの大運動会』というロゴが書かれていました。同番組は2011年にも『AKB48以外だらけの大運動会』と題し、その名の通り“AKB以外”の女性アイドルグループを集めた企画を放送。今回はその男性バージョンとして、超特急やBOYS AND MENなどジャニーズ事務所以外のグループを起用し、タイトルも前回と同様に設定していたのです」(芸能事務所関係者)

     しかし、結局オンエアではモザイクが掛けられ、あとから本来のタイトルが発覚したことで、各所で「ジャニーズからフジに“圧力”があったのではないか」との指摘が飛び交った。

    「フジ側は圧力説を否定しているようですが、やはりジャニーズからのクレームはあったようです。それ以前に、フジはジャニーズの許可なしに当初のタイトルでやろうとしていて、収録現場では他の事務所スタッフらから『大丈夫でしょうか?』などと心配の声が上がりましたが、フジのスタッフは『全然問題ないです!』と強気だったようです」(テレビ制作会社スタッフ)

     そもそも、ジャニーズはなにかと制約が厳しいことで知られているのに、なぜフジはそこまで強気だったのだろうか。その背景には、フジのバラエティ班がジャニーズにつくった“貸し”が関係しているという。

    「昨年のSMAP解散騒動で、フジは看板番組のひとつといえる『SMAP×SMAP』を急遽、年末で打ち切ることになってしまった。これはフジ史上でも類を見ないほどの大トラブルだったので、ジャニーズはその後、フジのバラエティに関して何も言えない状況になっていたんです」(同)

     その関係で、フジは他局では扱えないSMAPの過去映像を使えるなど、優位に立っていたという。

    「しかし、今回勝手に“ジャニーズ以外”というタイトルを使用したことには、さすがにジャニーズも見逃さなかった。出演者も多く、撮り直しも難しかったので、フジもモザイクで対処するしかないといった悲惨な結果になっていしまいました」(同)

     フジは“貸し”にかこつけて、少々調子に乗りすぎたようだ。
    (文=編集部)



    http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_313141/

    【フジテレビ、調子に乗りクレーム受け大惨事。めちゃイケのジャニーズ・モザイク事件の真相。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2017/02/25(土) 13:57:23.02 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ 2/25(土) 12:12配信

     X JAPANのYOSHIKI(51)が、テレビ朝日系「ミュージックステーション」
    生放送中にスマートフォンを操作していたことをHey!Say!JUMPファンたちから
    とがめられて謝罪した。

     X JAPANもHey!Say!JUMPも24日放送の「ミュージックステーション」に
    生出演した。YOSHIKIはちゃめっ気を出して、番組中に「生出演中!」と英文で
    インスタグラムにこっそり投稿したのだが、Hey!Say!JUMPがトークしている
    タイミングでのことだったため、同グループのファンから批判の声が寄せられた。その後、
    YOSHIKIは「ごめんなさい。今後気をつけます」とツイッターで謝罪した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-01783923-nksports-ent

    【生放送中にスマホのYOSHIKIがジャニーズファンから説教を喰らい謝罪。「気をつけます」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/02/08(水) 05:12:03.93 ID:CAP_USER9
    2017/2/7 16:15 Techinsight

    元「男闘呼組」メンバーの前田耕陽が、ブログで高橋和也らと会食をしたことを報告している。「男闘呼組」活動休止(事実上の解散)の要因となった高橋の事務所解雇から20年以上が経過した現在、2人の関係はどうなっているのだろうか。

    1980年代後半から90年代前半に活躍した4人組ロックバンド「男闘呼組」。現在、メンバーは岡本健一だけがジャニーズ事務所に残り、成田昭次、高橋和也(当時:一也)、前田耕陽の3人は事務所を離れている。今の高橋はカントリー・ミュージック歌手として観客の前で歌声を披露したり、俳優としては昨年の大河ドラマで岡本と共演し話題になっていた。

    2月6日の『前田耕陽オフィシャルブログ「54ライフ」』によると、2年ぶりにその高橋と会ったそうだ。若い頃は彼と話をしていると“イラッ”としていた前田だが、今は素直に受け止めることができるという。数年に一度でもお互いに“会いたい”と思える関係を、「こいつの事やっぱり好きなんだな~」と綴っている。

    トップアイドルからそれぞれの道を歩み、人生の山谷を乗り越え、父親になった高橋和也と前田耕陽もあと数年で50歳になる。時の流れは2人に新たな信頼関係を築くきっかけを、プレゼントしてくれたのかもしれない。

    出典:http://ameblo.jp/k0y0maeda5o4o
    (TechinsightJapan編集部 みやび)


    左から、高橋和也と前田耕陽(出典:http://ameblo.jp/k0y0maeda5o4o
    http://japan.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/02/k0y0maeda5o4o170207_001.jpg
    k0y0maeda5o4o170207_001

    http://japan.techinsight.jp/2017/02/miyabi02071535.html

    【元・男闘呼組の前田耕陽、高橋和也に「若い時はイラっときた時もあった。」】の続きを読む

    images


    1: o(^・-・^)o ★@無断転載は禁止 2017/02/10(金) 10:22:00.91 ID:CAP_USER9
     8日にNHKのEテレで放送された「ねほりんぱほりん」で、2015年に報じられたNEWSの手越祐也(29)とAKB48の柏木由紀(25)の温泉旅行スキャンダルを揶揄する演出があったと話題だ。

    「ねほりんぱほりん」は昨年から始まったトーク番組。司会は南海キャンディーズ・山里亮太(39)とタレントのYOU(52)が務めるが、カメラの前に登場はせず、2匹のモグラのぬいぐるみ「ねほりん」「ぱほりん」に、2人の声があてられるのが特徴だ。

     ゲストは毎回、業界のウラを知る“顔出しNG”の専門家や当事者ばかりで、こちらも出演は音声のみ。代わりにブタのぬいぐるみが登場し、ねほりんたちと共に人形劇形式でトークが進んでいく。

     この日の特集内容は「地下アイドル」。現役のアイドル女性3人が業界の暴露話を続けていったが、視聴者の注目を集めたのはアイドルたちの恋愛事情に関するくだりだ。

    画面に映し出されたのは、週刊誌を再現した白黒の見開きページ。男女2匹のブタが肩を寄せ合う写真に加え、「女性アイドルグループBTAのメンバー・ブタリン(23)は肉食系だった!」「27歳イケメン若手俳優と温泉へ」などの刺激的な見出しが躍る。

     この映像が流れてすぐ、ネット上では<どこかで見た写真だな>などの声が殺到。やがて、見出しからヒントを得たという視聴者から、手越と柏木のスクープ記事のパロディーではないか、との指摘が飛び出した。

     手越と柏木の温泉旅行スクープが週刊文春に報じられたのは2015年6月のこと。手越と柏木が肩を寄せ合いながらVサインをしている写真が大々的に掲載された。

     当時、手越は27歳、柏木は23歳。見出しに表記された年齢が当時の2人と一致しているほか、柏木のあだ名が「ゆきりん」であることなどから、<芸が細かい>といった指摘もある。

     NHKにしては珍しい“攻めの姿勢”に、同番組には称賛の声も上がっている。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/199233/

    【NHKが柏木由紀&手越祐也を揶揄? 番組で「女性アイドルグループBTAのメンバー・ブタリン(23)は肉食系だった!」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 驫 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/01(水) 22:36:48.96 ID:CAP_USER9
    http://image.dailynewsonline.jp/media/8/1/81817f08eeb10890cf657bec4286f04396ee8c1f_w=845_h=329_t=r_hs=f7298d040760dbaaadb3bdb7f33a68c3.jpeg
    81817f08eeb10890cf657bec4286f04396ee8c1f

     日本テレビ系の看板報道番組『NEWS ZERO』のキャスターを丸10年にわたって続けている嵐の櫻井翔(35)が、同番組のメインキャスターに昇格すると報じられた一件が物議を醸している。報じたのが『東京スポーツ』だったために懐疑的な見方も強いが、それを発端に視聴者の間で「櫻井翔不要論」が噴出。これまで潜在的だった「アイドルキャスター」への拒絶感が一気に表出する事態となっている。

    ■「報道番組にアイドルは不要」との声が続出

     同番組では、櫻井は「嵐の活動に支障をきたさないように」との配慮で月曜限定の週1でキャスターを務めている。だが、同紙の報道によるとSMAP解散をきっかけにジャニーズ事務所が方針転換。今後は頭打ちとなっているアイドルよりも「司会者」「キャスター」の育成に力を入れていくといい、その柱として櫻井のメインキャスター就任を局側に要請したという。

     現在、同番組のメインキャスターは大蔵省(現財務省)元キャリア官僚で関西学院大学教授の村尾信尚氏(61)。元NHKアナウンサーで獨協医科大学特任講師の小正裕佳子氏(33)がサブキャスターとして脇を固めている。もし櫻井のメインキャスター就任が実現すれば、政治経済の専門家や本職のアナウンサーを押しのけての昇格。週5で番組出演することになり、名実ともに日テレの報道の顔になる。

     ところが、これにネット上の視聴者からは「ニュース番組にアイドルはいらない」「ちゃんとした報道番組ならプロに任せろよ」「アイドルが簡単にメインキャスターになったら真面目に頑張ってる本職のアナウンサーが可哀想」「ジャニーズは他の畑を荒らしすぎ」などと批判が噴出。単にメインキャスター就任は歓迎できないというばかりか「そもそも報道番組に不要」という話にまで発展している。

     さらに嵐の一部ファンからも「週5でキャスターやったら嵐が副業になっちゃう」「キャスターよりコンサート頑張ってほしい」「キャスターの櫻井くんよりも嵐の櫻井くんが見たいのに……」と不安の声が漏れ聞こえている始末だ。

    「櫻井さんはアイドルでありながら報道番組をソツなくこなしている印象もありますが、しゃべりはプロに比べると今ひとつ。また、肩に力を入れ過ぎているせいで変に堅苦しくコメントもありきたりです。また、新春に放送された主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)が平均視聴率8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大コケしたこともあり、アイドルファンではない視聴者が大半の番組で需要がどれほどあるかも微妙。これでメインキャスターに祭り上げられたら、事務所の方針とはいえ本人も気の毒です」(テレビ局関係者)

    ■櫻井に批判殺到の一方、高評価の「ジャニーズキャスター」も

     昇格報道によって視聴者から「不要論」が沸き起こり、ファンからも「NO」の声が噴出するという踏んだり蹴ったりの櫻井。その一方、似たような境遇でありながらキャスターとしての評価がうなぎ上りのジャニーズアイドルもいる。同じ日テレ系の報道番組『news every.』で第一部(午後4時台)のメインキャスターを務めているNEWSの小山慶一郎(32)だ。

    「櫻井さんも含めて大半のジャニーズアイドルはニュース番組でカンペを読むだけといった場面が多いのですが、小山さんはほとんどカンペを使用せずに自分で考えた言葉でコメントしている。日々の鍛錬によって滑舌は本職のアナウンサーがベタ褒めするほど上達し、東日本大震災の被災地に60回以上も足を運ぶなど体当たり取材も数多くこなしています。局幹部からの評価は非常に高く、日テレが『専属キャスターになってほしい』と打診したほど。例えアイドルであっても、真摯に報道に取り組んでいれば視聴者からも現場からも認められる好例といえるでしょう」(前出・テレビ局関係者)

     同じアイドルの小山がキャスターとして評価されているのに、事務所の看板である嵐の櫻井に「不要論」が噴出してしまっている状況だ。無理なゴリ押しで視聴者の拒絶感が強まれば嵐の人気低下につながる恐れもあるだけに、どうやらジャニーズ事務所の「キャスター育成戦略」は前途多難のようである。

    文・橘カイト(たちばな・かいと)
    >>1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

    http://dailynewsonline.jp/article/1268960/

    【報道にアイドルは不要? 嵐・櫻井翔、メインキャスター昇格に”不要論”】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2017/01/30(月) 05:39:56.66 ID:CAP_USER9
    中居正広(ex. SMAP)が出演するキリンビール「キリン 氷結」の新CM「あたらしくいこう 中居正広」編が、明日1月31日(火)よりオンエアされる。

    CMでは「氷結」が掲げるブランドテーマ「あたらしくいこう」をコンセプトに、ソロとして新たな一歩を踏み出した中居が、力強くバットをスイングして“あたらしくいく”ことの緊張と前向きなメッセージをストレートに伝える。決意の心象風景を描いたバットスイングのシーンでは、野球が得意な中居がボールではなく水風船のバッティングに挑戦。回数が限られた撮影の中、中居は芯をとらえた見事なバッティングを見せた。

    CM音楽には過去の「あたらしくいこう」シリーズに引き続き、東京スカパラダイスオーケストラが採用された。

    ソース
    http://natalie.mu/music/news/218717
    http://natalie.mu/media/1701/0130/extra/news_xlarge_kirin_cm01.jpg
    news_xlarge_kirin_cm01

    http://natalie.mu/media/1701/0130/extra/news_xlarge_kirin_cm02.jpg 
    news_xlarge_kirin_cm02
     

    【中居正広「氷結」新CMで決意のフルスイング。音楽はスカパラ。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 腐乱死体の場合 ★@無断転載は禁止 2017/01/14(土) 19:30:55.89 ID:CAP_USER9
    講談社『FRIDAY』からの謝罪。
    1月13日発売『FRIDAY』(編集長/秋吉敦司)について。
    http://www.8man.jp/201701_report.jpg
    201701_report

    エイトマン
    http://www.8man.jp/

    エイトマン所属葵つかさ
    http://aoitsukasa.com/

    【【松潤の相手】「もう印刷してしまったので。」 講談社『FRIDAY』 葵つかさグラビアトラブルで謝罪。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/13(金) 12:17:42.58 ID:CAP_USER9
    年末の12月28日に放送されたバラエティー番組『ナカイの窓』(日本テレビ)は“関東6県ガチンコ対決SP”と題し、司会の中居正広を除く6名の出演者が“地元”をプレゼンするという内容だった。横浜DeNAベイスターズ一筋だった元プロ野球選手の三浦大輔(43)は神奈川県を絶賛し、『南海キャンディーズ』の山里亮太(39)が千葉県を大いに語るなどして、関東6県の魅力をそれぞれが存分に披露していた。


    放送中盤に、群馬県代表のJOY(31)が、世界遺産に登録された『富岡製紙場』を行きたい場所として紹介したとき、“事件”が起きた。中居は「一生行かないと思う」と言い切り、観光に力を入れている群馬の関係者の怒りを買ったのだ。


    「群馬だけではないです。ゲストの武井壮がボードを使って茨城県と栃木県の場所の説明をしているとき、中居が『どこでもいいよ』と興味がなさそうにしていたのを見て、さすがに怒りを覚えました。馬鹿にするのもいいかげんにしろと」(栃木県の観光業者)


    この中居の「一生行かない」発言を放送倫理検証委員会(BPO)の審議メンバー数名が問題としているという。


    「この発言がどういう真意でなされたかは知りませんが、年間の外国人観光客が年間2千万名を超え、これからも増やそうという矢先に、こうした風潮に水を差すという点で、審査員数人が重く考えていると聞いています」(放送作家)


    他の群馬の観光業者はどう感じているのだろうか。


    「それは頭にきます。少しでも多くの観光客の方々に来てほしいのに、あんなことを言われては群馬のイメージが悪くなります。中居さんには群馬の名所を回って、よさを分かっていただきたいです」(高崎の旅行代理店スタッフ)


    富岡製糸場は1872年(明治5年)に開業した繰糸所であり、いまも重厚な雰囲気が歴史的な建造物だ。日本の絹産業の技術革新と交流などにも大きく貢献した工場で、その建物は雰囲気があり、外国人観光客にも人気がある。


    「番組を見ましたが、制作したテレビ局は観光地同士が激しく外国人観光客を取り合っているという、観光業界事情を知らなかったのでしょう。そうでなければ、あんな無知蒙昧なやりとりにはならないはずです」(旅行ライター)


    BPOに審議入りしようがしまいが、中居が群馬入りしたときの県民の目は、相当に厳しくなりそうだ。

    まいじつ  2017年01月12日 19時00分
    https://www.google.co.jp/amp/a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170112/Myjitsu_015303.amp.html

    【「ナカイの窓」MC中居正広が番組中にした心ない発言に怒りを隠せない”機転の利かない”人々。「馬鹿にするのもいいかげんにしろ。」← ピンチはピンチのままw】の続きを読む

    ダウンロード


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/07(土) 15:02:27.29 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000107-spnannex-ent
    スポニチアネックス 1/7(土) 14:56配信

     元光GENJIで俳優の大沢樹生(47)が7日、東京・渋谷の映画館で第2回監督作品「ジ・アクター」の公開イベントを行い、舞台あいさつを行った。イベント後には報道陣の取材に応じ、昨年末をもって解散したSMAPについて言及した。

     SMAPはデビュー前は光GENJIのバックダンサーをしていたことでも知られている。SMAPとの関係について「バックでは踊ってくれていましたけど、当初からあまり関わりがなかった。光GENJIの下の子たちはつながりは深かったみたいですけど、(自分は)二十歳すぎていて、彼らは十代ですから」とプライベートな関わりはなかったとしながらも、自身もグループの脱退を経験。のちにグループも解散している。

     「グループ自体は解散されましたけど、本人たちは個々で活動をしていくので、ファンの皆さんは引き続き、応援していくと思うし、今は一番そっとしておいてあげるべき部分がある。離婚もそうですけど、1つやめる時のエネルギーは莫大、精神的な負担もありますし」と解散という選択をした後輩たちに理解を示した。

    【大沢樹生、解散のSMAPを気遣う。「離婚と同じ。やめるエネルギーは莫大。」】の続きを読む

    このページのトップヘ