メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (4)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/25(水) 20:00:04.96 ID:TzgsG5o+9
    本当に不倫騒動などあったのだろうか思ってしまうほどだ。斉藤由貴(53)がかかりつけの医師と不倫関係になり、週刊誌で報じられたのは、2017年9月のこと。
    医師には妻子があり、W不倫の関係であったのもさることながら、キス写真やその医師とおぼしき男性がパンティーをかぶった写真が流出するなど、予想外の盛り上がりを見せた。

    上原多香子「母の日」投稿は“鍵付き”アカウントなのに炎上

    結果、斉藤は出演が決まっていた18年放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」の幾島役を辞退するハメになった。

    CM降板などもあり、騒動の影響は長引くかと思われたが、その後は映画や舞台の仕事が続き、ドラマ復帰もそれほど時間がかからなかった。

    同じ不倫騒動に巻き込まれた女性でも、第4次安倍再改造内閣で内閣府政務官に“スピード起用”された元SPEEDの今井絵理子参院議員(35)などとは大違いだ。
    今井議員は18日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」で、遠野なぎこ(39)から「不倫疑惑の説明責任も果たさないで、
    それで(政務官に)なれちゃうってさ」と指摘されていた。不倫が許されない人と許容されてしまう人の違いはどこにあるのだろうか。

    結論から言うと、斉藤はみんなに好かれていることが大きい。

    芸能人が不倫騒動を起こすと、さまざまな意見が飛び交う。もちろん当事者を非難するものが圧倒的だ。
    だが中には、「あの人ならしょうがない」「あの人だったらいいんじゃないの」という意見がみられることがよくある。ワイドショーでも同様のコメントをする人もいる。

    それは、年齢を重ねた大物俳優であったり、世間によくある「何をやっても憎めない人」だったりする。その多くは男性である場合が多いため、「芸能界は不倫男に甘い!」なんて言われてしまう。

    斉藤は女性だが、実はこれに近いのかもしれない。W不倫騒動が起きた時、彼女は51歳。高級ブランド品でもなく、特に何の変哲もない白いワンピース姿で謝罪会見に姿を見せた時、“萌え”た記者が多かった。
    記者だけでなく、ネットで記者会見を見た男性たちから、「斉藤由貴、いいじゃないか」という声が噴出した。

    斉藤を責める男性などいないと言っても過言ではない。

    3回の不倫騒動と、そのたびに口に出る名言からか、彼女は「魔性の女」と呼ばれるようになったが、「魔性の女」に不倫は付き物だ。それを世間は認めているということなのだろう。

    加えて、芸能ニュースの賞味期限は昔に比べてはるかに短くなっている。自分たちの生活に何の関係もない芸能人の不倫など、
    1年も経てば記憶の彼方に追いやられても仕方ない。もはや斉藤のことをとやかく言う人はいないだろう。こんな意見もある。

    「斉藤さんの女優としての才能は誰もが認めるところですが、あの吸い込まれるような色気は彼女しか持ちえない個性です。
    ドラマでも映画でも、使ってみたいと思っている監督、演出家は多いです。またスタッフのウケがよく、業界内で彼女を悪く言う人は見当たりませんね」(キー局プロデューサー)

    それに対し、今井議員は元アイドルとはいえ、今は公人として襟を正す立場にある。そんな人間が不倫に走ると世間から叩かれ、事あるごとに過去を蒸し返されてしまうのだ。

    斉藤は稀有なキャラクターの持ち主なのだ。もしかしたら次の不倫騒動を期待している男性さえいるかもしれない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17123614/
    2019年9月23日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/b/0b177_28_6ca454ee_0d19d3fe.jpg
    0b177_28_6ca454ee_0d19d3fe

    https://www.youtube.com/watch?v=xI0M_xm2r2g


    斉藤由貴 / 情熱

    https://www.youtube.com/watch?v=EpbGa3Z1-tk


    斉藤由貴 / 砂の城

    【不倫した斉藤由貴と今井絵理子の違い。 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 豆次郎 ★ 2019/09/13(金) 18:37:19.33 ID:YqQn+sLB9
    9/13(金) 18:18配信
    上西小百合、今井議員の政務官起用に「許容範囲。絶対大臣にはしてもらえない」

     元衆議院議員でタレントの上西小百合が13日、ツイッターを更新。「SPEED」のメンバーで歌手の今井絵理子参院議員が内閣府政務官に起用されたことを受け、「そこまでは許容範囲だが、大臣にはしてもらえない」と今後の見通しについて見解をつづった。

     上西は「不倫疑惑報道をされた今井絵理子議員の政務官就任に批判が出ているけど、不倫で自分と相手の家庭をぐちゃぐちゃにしたと疑惑報道された議員も副大臣までにはなれてるから、そこまでは許容範囲なんだろうな。1人しか選ばれない大臣と違って人数も結構いっぱいいるし」と、不倫報道があっても副大臣になった議員の例を匿名で挙げて解説。そのうえで「ただ絶対大臣にはしてもらえない」と指摘した。

     さらに、上西はツイートを連投して「今井絵理子議員だってブーブー言われるのは承知で受けてるだろうし、就任したからには本気で頑張って欲しい」とエールを送った。

     2017年に一部週刊誌で当時の神戸市議との不倫が報道されている今井氏について、菅義偉官房長官はこの日の会見で「本人が説明するだろう」としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000106-dal-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190913-00000106-dal-000-1-view.jpg 
    20190913-00000106-dal-000-1-view

    【上西小百合さん、元『SPEED』今井議員政務官起用に「不倫で自分と相手の家庭をぐちゃぐちゃにした議員も副大臣にはなれてるから、許容範囲。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ひかり ★ 2019/05/29(水) 18:53:27.59 ID:CrFz716p9
    5/29(水) 12:35配信
    上原多香子の夫・コウカズヤ氏が劇団を退団処分 SNS投稿原因で

     劇団BuzzFestTheaterは29日、ツイッターで同劇団の脚本・演出担当のコウカズヤ氏が退団したと発表した。コウ氏は妻でSPEEDの上原多香子のツイートを巡り、
    自身もツイッターで反論するなどして騒動となっていた。コウ氏も自身のツイッターで「退団処分を受けることになった」と発表した。

     BuzzFestTheaterは、公式ツイッターで「当劇団の脚本・演出を担当しておりましたコウカズヤは本日5月29日をもちまして退団となりました」と告知され
    「この度、本人のSNSでの発言におきまして皆様へ大変ご不快な思いをさせてしまいました事、心よりお詫び申し上げます」と退団原因がコウ氏のSNSだったとした。

     コウ氏もツイッターで「この度、私のTwitter上での投稿で、多くの方々に不快な思いをさせてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と記し
    「私が所属していた劇団BuzzFestTheaterは今回の一件を重く受け止め、その責任として、私は劇団から退団処分を受けることになりました。その処分を真摯に
    受け止めるとともに、心から深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした」とつぶやいている。

     コウ氏は14日にツイッターで、承認された人しか読むことができない妻・上原のツイッターがネットニュースとなったことに「週刊誌のネットニュースに晒されて、
    また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました」「鬱陶しい」などと激怒ツイートを投稿。匿名コメントについても「屁でしか返しませんので」など辛辣な言葉をつぶやいていた。

     また、一部で上原の前夫が自殺したことにコウ氏が「親の責任」などと語っていたことに「自殺が全て、親の責任とは一切思っておりません」と改めてつぶやき
    「一部だけ切り取って解釈しないでいただきたいです」と訴えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000046-dal-ent

    ★1が立った日時:2019/05/29(水) 12:46:42.34

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559107236/

    【上原多香子の夫・コウカズヤ氏、SNS投稿が原因で劇団を退団処分。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: ひかり ★ 2019/05/15(水) 22:46:53.28 ID:0YwQd9tM9
     SPEEDの上原多香子の夫で劇作家のコウカズヤ氏が15日、上原に関する記述が炎上を招いていた一連のツイッター投稿を削除した。

     コウ氏は14日に、承認された人しか読むことができない上原のツイートが一部で記事化されたとして
    「特定の人にしか見られないはずのうちの嫁のツイートが、週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました。鬱陶しい。
    実に鬱陶しい…」とツイート。

     背景には、以前に上原と自殺した前夫でET-KINGのTENNさんの問題が報じられていることもあり、この投稿には多数のコメントが殺到した。

     コウ氏は「実態のない匿名の方にどんだけ叩かれても屁とも思わないので、どんどん叩いてくれて結構です」などとツイートしていた。

     しかし一夜明けた15日午前には「実態のない匿名の方々と一瞬でも向き合ってしまった僕がいけなかった」と記した。「思った以上に面倒くさいことに
    なってしまい、僕の周りに多大なるご迷惑をかけてしまった」と反省し、「今は自分が子供だったと反省しております。もう二度と皆さんと向き合わないので、
    今後は何を言われても貝にならせてもらいます」としていた。

     これらの投稿は15日午後、ツイッターから消えた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000086-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557913678/

    【上原多香子の夫・コウカズヤ氏、炎上したSNS投稿を全削除。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: アルテミス@ ★ 2019/02/20(水) 23:00:43.03 ID:1oE2WP769
     SPEEDの島袋寛子(34)が20日、日本テレビ系で放送された「今夜くらべてみました」に出演。2000年3月に解散した際のきっかけは、「多分私だった」と明かした。

     SPEEDは1996年にシングル「Body & Soul」デビューし、「White Love」などミリオンヒットを連発したが、2000年に解散した(その後、再結成)。活動休止(解散)の理由を聞かれると、「きっかけは私だったと思うんですけど」と切り出し、「私の声が出なくなる、(だから)1回休もうか」ということになったという。ハイトーンボイスが特徴だった島袋の声が思春期で出なくなることがきっかけだったと明かした。

     結成当時11歳、デビュー当時12歳だった島袋。「このまま大人になっちゃいけないな、っていう焦り」もあったという。ほかの3人のメンバーも「勉強したい」などの思いがあり、何度も話し合って、解散を決意。
    最終的に、『活動休止』ではなく、『解散』という言葉を用いたことについて、「(ファンに)変な期待を持たせるより、解散ってした方がいいんじゃないか」という理由だったことも明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000131-dal-ent

    【島袋寛子、『SPEED』解散のきっかけは「多分、私だった。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ひかり ★ 2019/02/21(木) 20:01:07.78 ID:0gc5ACAK9
    元SPEEDの島袋寛子が、20日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。宇多田ヒカルへの知られざる思い、
    さらにはグループ解散の理由も明かした。

     1996年、SPEEDのメンバーとしてデビューした島袋。メインボーカルを務めた5枚目のシングル『White Love』は
    累計200万枚の売上を記録。SPEED最大のセールスとなった。

     そんな絶頂期の98年にデビューしたのが宇多田ヒカルだった。島袋は彼女に対し「デビューしたときから衝撃でした」と振り返り、
    そのインパクトに「何が起こったんだろうっていうぐらい(驚いた)」と回顧した。

     また、そんな驚異の新人の登場に彼女は、「どうしようと思いましたね。自分のパフォーマンスとか歌に関して」と焦りを感じたと吐露。
    そして、「ガラリと変わっていくぞというのを感じていました」と音楽シーンが塗り替わる予感を抱いたことを明かした。

     そんなSPEEDも2000年3月に解散。これについて島袋は、「世の中で言われていると思うんですけど」と切り出しながら、
    「きっかけは多分、私だったと思う」と言及し、「個人的なことでいえば、声が出なくなるとか」と語った。

     また、CDデビュー時、彼女はメンバー最年少の12歳だったが、「このまま大人になっちゃいけない焦り」があったことも打ち明けた。
    そして、「変な期待を持たせるよりも解散をしたほうがいいんじゃない?という提案もあった」とし、「いろいろありましたね」と
    つぶやいていた。

    RBB TODAY
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0221/rbb_190221_2149136511.html

    【元SPEED島袋寛子、宇多田ヒカルの出現に「どうしようと思いましたね。」】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/12(金) 07:51:26.70 ID:CAP_USER9
    10月10日に「デイリー新潮」が、元SPEED・上原多香子(35)の妊娠を報じた。同記事では取材を受けた関係者が「コウさんは“今年11月に子供が生まれる”と周囲に漏らしています」と証言。
    また上原多香子本人に直撃したところ、「私の口からはいえません」と返答したという。

    そして同日には、お相手の演出家・コウカズヤがFacebookとTwitterを更新。

    「直接ご報告させてもらってる方もいますが、まだご報告できていない方にこの場をお借りしてご報告させてください。
    私は、かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹には念願であった子供も授かりました」
    「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております! 家族を守ります! もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります! 
    どうか、どうか、どうか! 我々家族を暖かく見守っていただけたら幸いです。何卒、よろしくお願いいたします」

    一部週刊誌は、昨夏から上原多香子は妊活していたとも伝えており、「念願」の妊娠であることはおめでたい限りだ。しかし慶事にもかかわらず、この再婚と妊娠には批判の声が殺到。


    なぜなら上原多香子は2012年に結婚したET-KINGのTENNさん(享年35歳)を、不倫によって深く傷つけたとされているからだ。
    2014年にTENNさんは自宅の車の中で自ら命を絶っている。

    後に「女性セブン」(小学館)で公開された遺書には、「多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい」
    「僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。
    お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ」との文面が。
    そのためTENNさんの自殺には、上原多香子と阿部力(36)の“不倫”が大きく関わっていると見られていた。

    さらに同記事には、上原多香子と阿部のLINEの内容も掲載されている。
    これによると彼女は阿部のことを“トントン”と呼んでおり、「2人の子供作ろうね」「私とトントンの子はどんな子かなー」「早く会いたいね」などと送っていた。

    ところがTENNさんの死後、阿部とは破局。遺族による告発も、阿部ではなくコウカズヤとの交際報道がきっかけだった。

    あまりに軽率な不倫子作りLINEには、批判を通り越して「上原多香子怖い」等、恐怖を感じるコメントもネット上には多い。

    ただ、新しく生まれる命にはなんら関係のないことで、上原多香子自身ももう芸能活動はまったくしていない。
    今後、芸能界での仕事を再開することも不可能だろう(それほどに不倫LINEの内容は非常識で衝撃的だった)。であれば、そっとしておくのが一番だ。

    それにしても、彼女と阿部の不倫LINEやTENNさんの自殺など、すべての過去を飲み込んだうえで、
    「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたい」「全力で僕が盾になります!」と宣言するコウカズヤはすごい。
    上原多香子がそれだけ魅力的な人物ということなのかもしれないが、確かに「怖い」レベルだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1538638/
    2018.10.12 00:10 messy / メッシー

    【元・SPEEDの上原多香子、泥沼不倫を経ての妊娠に批判を通り越して「怖い」の声。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: Egg ★ 2018/10/09(火) 23:32:25.39 ID:CAP_USER9
    『不倫報道から1年あまり……今井絵里子議員が堂々の交際宣言!』

     このニュースを聞いて、驚いたというか、呆れた人も多いだろう。

     今回、今井議員が交際宣言をすることになった原因は『週刊新潮』(10月11日号)の直撃取材にある。

     昨年7月、彼女は“ハシケン”こと橋本健・元神戸市議会議員との不倫を同誌に報じられている。その翌月に、橋本氏は政務活動費の不正受給が発覚し議員辞職に追いやられることに。さらに今年2月、詐欺罪で起訴され、先月初公判があったばかり。いわゆる“被告人”でもある。

    「昨年の時点では関係ありません」
     不倫報道の際に行われた会見での「一線は越えていない」発言も記憶に新しいだろう。

     その後、ふたりは破局したものだと思われていたが、交際が続いていると見ていたマスコミ関係者は多かった。ほとぼりが冷めるまで、会うのを控えていたのだろうが、そろそろ大丈夫と踏んだのかーー。

     今井議員は『新潮』の直撃取材に対して、交際が再開したのは今年に入ってからと回答。そして、同誌記事のタイトルに記されていた“略奪愛”という文言ついては、

    《昨年の時点では関係ありません。それに、橋本先生は当時、離婚調停中で、夫婦関係は破綻していた。略奪ということには、非常に困惑しています》(一部を抜粋) 

     と、真っ向から否定。強気の姿勢を見せている。

    「SPEED時代から、気が強いことで有名でした。まだ子どもと言える年齢だったときから、周りの大人に対しても言いたいことはハッキリと言ってましたからね」(レコード会社関係者)

     国会議員となった今もそれは変わっていないようだ。政治家でシングルマザー、そして聴覚障害を持った子どもを一人で育て上げていくのには、多少気も強くなければつとまらないのもわかるが、

    「いつまでたっても、“芸能人気質”が抜けていないんですね。略奪に対する言い分も、芸能人がよく使う常套句です。不倫自体は認めても、“相手の夫婦関係はすでに破綻していた”として、自分が家庭を壊したわけではないと主張するところはまさにそうです。何かとSNSを使って私生活を発信するのもそう」(芸能プロ関係者)

     加えて同誌の取材には、今後は橋本氏を支えていくことを示唆しつつ、再婚の可能性にまで言い及んでいる。

     ここで気になるのは、橋本氏に判決が下されたとき、場合によっては歯科医師の免許停止になる可能性だ。

     『新潮』記事の最後は、

    《残りの任期は4年。あと1億円以上の税金が、彼女、場合によってはその「マスオさん」たるハシケンの懐に入ることを、我々国民は肝に銘じておくべきであろう》

     と締められている。その可能性は大いにあるわけだが、それだけではなく、

    「彼が、今井議員の秘書になることもあり得ますね」

     と、テレビで語った政治評論家もいる。

     冗談はほどほどにしてもらいたい。

    <芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
    ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

    2018年10月9日 16時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15419823/

    【元・SPEEDの役立たず国会議員『今井絵理子』の、いつまでたっても抜けない“芸能人気質”】の続きを読む

    images


    1: Egg ★ 2018/10/05(金) 01:37:59.94 ID:CAP_USER9
    女優の真矢ミキ(54)が4日、MCを務めるTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)の生放送に出演。3日に神戸市議会議員だった橋本健氏(38)と交際していることを明らかにした元「SPEED」で、自民党の今井絵理子参院議員(35)について言及した。

     今井氏は3日、ブログで「現在、私今井絵理子は元神戸市会議員の橋本健さんとお付き合いさせていただいております」と橋本氏との交際を正式に宣言。2人は昨年7月27日発売の週刊新潮で電車内で手をつないで眠る姿などが掲載され、今井氏は「一線は越えていません」などと釈明。橋本氏は市政報告のチラシを架空発注して政務活動費を申請した疑いで、同年8月29日に辞職。今年2月に詐欺罪で起訴された。プライベートでは離婚も成立していた。

     真矢はこのニュースに「一線を超えましたというご報告ではないですか」と皮肉たっぷりな痛烈な一言。即座に苦笑いを浮かべ「私、えらいこと言ってますか?」と話すと、国分太一(44)も「いろいろな見方があったとは思いますけど…」と笑った。コメンテーターのテリー伊藤(68)は「批判覚悟ということであるというならば、場合によっては議員をやめてもいいという意識の中でやっているのかも。でも、まだ任期4年ありますよ。その中で沖縄の人たちがどう思うかですよね」と語っていた。

    2018年10月4日 10時29分スポニチ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15397413/

    【真矢みき「一線を超えましたというご報告ではないですか。」今井絵理子議員の交際宣言に皮肉たっぷり、痛烈な一言。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ばーど ★ 2018/10/05(金) 11:15:21.08 ID:CAP_USER9
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/3/93412_1399_b63da1f9_5f790d87.jpg
    93412_1399_b63da1f9_5f790d87

    元神戸市議会議員の橋本健氏(38)との交際を宣言した元SPEEDメンバーで自民党の今井絵理子参院議員(35)のSNSに批判の声が相次いでいる。

    今井氏は3日にブログを更新し「略奪不倫」を否定した上で、橋本氏との交際を正式に認めた。直後から今井氏のツイッターやインスタグラムは荒れ始め、

    「税金泥棒」

    「今はSPEED=不貞」

    「彼氏のご報告なんかいらん」

    「あんたの不倫活動費は国民の血税から出てたんやで」

    「議員を辞めて消えてください」

    「開き直って何様のつもり?」

    「交際宣言は辞職と奥様に慰謝料を払ってからするべき」

    「犯罪者と交際する政治家など前代未聞!」

    などと、厳しい書き込みが続出する事態となっている。

    今井氏は4日夜、インスタグラムを更新したが、これらの批判には触れず「特別支援教育の現状」と題して、手話などの資格を持つ専門教員の不足などを訴えた。

    2018年10月5日 9時59分
    東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/15402597/

    【元・SPEED『今井絵理子』議員のSNSが大荒れ。 「彼氏のご報告なんかいらん。」】の続きを読む

    images


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/02/09(金) 10:07:40.12 ID:CAP_USER9
    上原多香子、格安マンションに転居で移動は自転車 恋人は「そっとしておいて」
    芸能週刊新潮 2018年2月8日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02090559/
    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2018/02/1802090559_1-714x476.jpg
    1802090559_1-714x476

     さくらと一郎の「昭和枯れすすき」とは異なり、愛する男と一緒ならば、貧しさにも世間の冷たさにも負けないということか。
    自らの不貞が原因で夫を自殺に追いやったとされる元SPEEDの上原多香子(35)。以来、芸能活動もままならず、庶民派マンションに転居し、新恋人とともに慎ましく暮らしていた――。
     ***

     上原の夫でヒップホップグループ「ET-KING」のボーカル、TENN(享年35)が亡くなったのは、2014年9月のこと。
    告別式では夫の遺影を手にした上原が、涙を浮かべて悲嘆に暮れる未亡人を演じていた。
    だが、昨年夏、自殺の原因が上原の不倫にあったことが、遺族の告白によって表沙汰に。悲劇のヒロインから、一転、悪妻になってしまったのである。

     スポーツ紙記者が言う。
    「遺族が告白した時点で、すでに上原は不倫相手とは別れていました。しかし、キス写真や不倫相手との間で交わされた“2人の子供作ろうね”
    といったLINEのやりとりが表に出てしまったことで、世間からバッシングを受け、活動停止状態になってしまったのです」

     夫の死から、約3年しか経たないうちに、新恋人である劇団の演出家・コウカズヤ(40)と同棲をしていたことも、批判の拡大に拍車を掛けた。

     芸能記者の話。
    「上原はSPEED時代の貢献があったため、以前は、仕事をしていなくても、月200万円の給料を貰っていたそうです。
    ところが、騒動の影響で歩合制になった今は、仕事の依頼がないため、事実上、無給の状態にあると言われています」

    >>2以降へ続く

    【元SPEED・上原多香子、格安マンション転居で移動は自転車。現在の恋人は「本人は批判されたことで傷ついている。」「そっとしておいて。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ