メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > 小室ファミリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/03(木) 08:37:14.80 ID:CAP_USER9
    「宇多田ヒカルの登場が僕を終わらせた」小室哲哉が当時を振り返る
    11/2(水) 18:00配信

    小室哲哉さんは、宇多田ヒカルさんの登場を
    「時代が変わると思った」と振り返ります。
    一体何が衝撃だったのでしょうか?

    CDから「聴き放題」のストリーミング配信への転換が進み、
    音楽ビジネスは新しい時代を迎えようとしています。
    音楽ジャーナリスト・柴那典さんの新刊
    『ヒットの崩壊』発売に先駆け、その内容を特別先行掲載。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161102-00002313-cakes-life

    【小室哲哉「宇多田ヒカルの登場が僕を終わらせた。」と当時を振り返る。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/17(月) 21:39:09.10 ID:CAP_USER9
    「Who are you?」

    10月1日に歌手の鈴木亜美が自身のブログにアップした1枚の写真がネット上をザワつかせている。

    鈴木は「伸ばしてたけど、我慢できずにカットしちゃいましたぁ~!!」と自撮り画像をアップし、前髪を切ったことを報告。
    しかし、付け根がわからないほどまっすぐな鼻筋をネット民は見逃せなかったようで、「これは誰が見ても‥‥だね」
    「イタリア人みたい」「ダレノガレ明美かと思った」「ニューハーフ?」と一斉にツッコミが入った。

    「鈴木といえば、トレードマークのアヒル口など、アイドル的なルックスから爆発的な人気を獲得していましたが、寄る年波には勝てず、最近は“劣化”の声が聞かれました。
    昨年頃から、ネット上では『目頭切開したのでは?』とささやかれていましたが、今回アップされた写真でも『目頭の形がカレーパンみたい』との声が飛び交っています。
    斜めからの角度だったためか、よけいにお茶の間が知っているアミ~ゴとは違って見えたようですね」(芸能ライター)

    鼻といえば、女優の夏菜も今年出演したドラマ「99.9」(TBS系)での顔がこれまでと違って見え、「鼻がおでこから生えているように見える」と、視聴者を騒然とさせている。
    最近はDJとパチンコ営業が主戦場だった鈴木だが、テレビに出る前にもう少しブログで現在の顔を馴染ませたほうがいいかもしれない!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1212622/
    2016.10.17 17:59 アサジョ

    http://image.dailynewsonline.jp/media/1/5/15ce239519fa450770d7843ee5bf2514cce386ff_w=666_h=329_t=r_hs=eab040978ada791b7b549f6fdf41f6fb.jpeg 
     15ce239519fa450770d7843ee5bf2514cce386ff

    【【Who are you!?】鈴木亜美の“不自然な顔面”に恐怖を覚える。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/06/29(水) 05:59:24.19 ID:CAP_USER9
    globeが8月3日(水)にリリースする20周年プロダクト「Remode 2」の制作にあたり、マーク・パンサーが新たなレコーディングを行ったことが発表された。

    マークが新たに歌い直したのは、未だに色褪せない鮮烈なデビュー曲「Feel Like dance」、globeのライブでは定番の「MUSIC TAKES ME HIGHER」、
    そしてダブルミリオンを記録した代表曲「DEPARTURES」の3曲。またアルバムの収録曲全11曲も解禁となり、
    「Can't Stop Fallin' in Love」や「Anytime smokin' cigarette」といったシングル曲や、
    「Get Wild」「Self Control」などのTMネットワークカバー曲がセレクトされている。

    また、特典として付属するDVDには今回の“Remode 2”バージョンの「Feel Like dance」ミュージックビデオと、
    今作の聴きどころやglobeの歩んできた20年を懐かしい映像とともに振り返るオリジナルインタビューも収録される。

    インタビュー中で小室哲哉は「(DEPARTURESは)絶対売れなきゃいけなかった。大売れするか?クビか?どっちかだった。」などと語っており、
    当時は語られなかった裏話も盛り込まれた内容となっており、ファンならずとも気になるところだ。

    さらにglobe20周年プロダクトとして同時発売となる、globeの伝説的なライブ計7本をまとめた限定ライブBlu-rayボックスには、
    2000年に行われたKEIKOソロツアーライブ音源がCD初収録されることに加え、
    ファンクラブ「house of globe」加入者にしか手に入らなかった秘蔵映像もDVDに収録されるなど充実した内容となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-10120571-lisn-musi
    music.jpニュース 6月29日(水)5時0分配信

    https://i.ytimg.com/vi/XXg_iOW8A98/hqdefault.jpg
    hqdefault

    https://i.ytimg.com/vi/HA7_8Hadua4/hqdefault.jpg
    hqdefault (1)

    https://www.youtube.com/watch?v=Z-asfMte17s


    globe / 「DEPARTURES」

    【小室哲哉、大ヒット曲「DEPARTURES」を振り返り「大売れするか?クビか?どっちかだったね。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/13(金) 09:17:59.89 ID:CAP
    4月9日放送の音楽トークバラエティ番組『Momm!!』(TBS系)で、AKB48の峯岸みなみ(23)が吐露した悩みに、hitomi(40)や司会の中居正広(43)が応じた。

    番組では、視聴者やゲストからの悩みをひとつずつトークテーマに採用し、世良公則や前川清、天童よしみらゲスト出演者らがアドバイスを意見交換した。
    後半では峯岸が「AKB48に所属して10年。現在私は23歳になり、すでに年を取ることに不安を感じています。
    皆さんは年齢で不安を感じますか?」という相談をしたのだ。

    メンバーに中学生・高校生など10代の女子が増え、「一緒に踊っていると自分の体力の衰えを感じるんです」という峯岸だが、
    中居が「でも20代、スポーツ選手でも26~28歳あたりが一番体力があって良い時期だといわれる」と返すと、
    「えっ、じゃあ私の気持ちの問題なんですかね」と不安げに。

    世良が「20歳そこそこで『もう私もおばさんだから』と自分で言うのがわからない。
    30~40代で本当の女性らしさが出るのに、20代でそんなことを言っても。20代なんてまだ“女性”ですらないですよ」と、大人の意見を述べると、
    峯岸と同じアイドルという立場から中居が「オレも40代で年取ったなと思うけど、上の世代で頑張ってる人たちを見ると自分なんかまだまだ若いなと思う」。

    そうした意見を聞いた峯岸は、次に「どうしたら美しく年をとれるのか。
    かっこいい年の取り方の定義はないけど……」と質問。
    するとhitomiが、「さっき世良さんも言ってましたけど、老いることが恥ずかしい日本ってすごく恥ずかしいですよね」と切り出した。

    「すぐ『おばさん』って言うでしょ? 『おばさんですよ? 何か?』って言いたくなる」
    「『あの人、おばさんじゃん』みたいに(言われても)、『おばさんで何がいけないんだ?』『おばさんになっちゃいけないの?』って言いたくなる」

    中居もこれに同調し、今は若い女性でもいずれ等しくおばちゃんになるのだと話した。余談だが、昨年12月2日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)でも、
    hitomiは自身の所属事務所「avex」が「若い子ばっかりに力を注ぐ傾向がある」と不満を述べていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1128503/
    2016.05.13 00:00 messy / メッシー

    【峯岸みなみ(23)「年取るの不安」、hitomi(40)「老いることが恥ずかしい日本って変。おばさんですけど何か?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 下半身は親日@シコリアン ★@無断転載は禁止 2016/05/18(水) 13:47:37.67 ID:CAP_USER9
     歌手のhitomiが5月13日、自身のブログで第3子を妊娠したことを発表した。現在、妊娠5カ月。「体調も少しずつ落ち着き、今はゆったりと過ごせています」と、今秋に出産予定であることを明かし、「バタバタとした妊婦ライフになりそうですが‥‥今年は、引き続き音楽活動も、頑張りながら‥‥この小さな命を大切に体調第一に優しい気持ちで過ごしてゆけたらな~と思っています」と心境をつづっている。

     ファンからは祝福メッセージが届けられる中、
    目につくのが、hitomiへのネガティブなコメントだ。「おめでとうと素直に言えない」「そんなに子供を作って大丈夫なの?」「歌のほうは一発屋だけど子作りのほうは何発も出させてるんだね」といった辛辣な声が次々飛び出しているのである。

    「第3子は、昨年結婚した不動産会社の社長との子供になる。小学生の長女も一昨年生まれた長男も、それぞれ父親が違います。昨年9月、『人生が変わる1分間の深イイ話』で、hitomi一家の密着取材コーナーが放送された。長女にことさら厳しく、長男にはやたら甘い母親ぶりが視聴者を凍り付かせました。ネットにはhitomiの長女への対応を虐待と感じる人が続出。その2カ月後、育児雑誌の表紙に長男が登場することをブログで報告したことに対しても、話題にするのは長男ばかりだと、温度差のある子育てぶりがやり玉にあげられています。それだけに、第3子妊娠発表ももろ手を上げての歓迎ではないようです。本人にまるで自覚がないため、バッシングの声が高まった経緯がある」(女性誌記者)

     子育てに対する世間の目はかくも厳しい。「もっと長女に優しく接して」という声はhitomiの耳に届くのだろうか。

    (塩勢知央)

    アサジョ / 2016年5月18日 9時58分
    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_10718/

    【hitomi、第3子妊娠を報告したら何故か炎上。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウ Sa3b-7hW1) 投稿日:2016/03/09(水) 10:41:17.67 ID:8rkhiiLUa.n
    斜陽化の叫ばれる音楽市場。一般社団法人 日本レコード協会による直近の統計によれば、
    2015年におけるCDの総生産枚数は1億6783万9000枚で、年々、減少傾向にあるという。
    その背景をどこに求めるかはさておき、少なくとも音源を手にするという喜びやありがたみは以前とは異なってきた印象もある。

    では、もっとも隆盛をきわめたのはいつか。“1998年”だとするのは、『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)の著者である音楽ジャーナリストの宇野維正さんだ。
    本書によれば、1998年におけるCDの総生産枚数は4億5717万3000枚。
    総売り上げ金額は5878億7800万円とされるが、現在までに市場規模は3分の1へ迫るほどに縮小したことになる。

    参考までに、同時期のアメリカにおける売り上げ枚数は8億4610万枚。
    しかし、人口比でみると1998年の日本人は「人類の歴史が始まって以来、最も多くの音楽ソフトを買っていた人々」だと著者は語る。

    そのさなかで音楽市場に新たな風をもたらしたのが、本書で取り上げられている宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみという4人の歌姫である。

    4人に共通するのは、自分自身で作詞・作曲を手がけるだけではなく、作品をリリースするたびにプロデューサー的な立ち位置から楽曲とキャリアの方向性をコントロールする姿勢。
    さらに、同性や異性を問わずファンの心を惹きつける点であり、彼女たちがデビューする以前のアーティストとは「まったく異なるタイプの音楽家だった」と著者は分析する。

    また、時代の移り変わりを象徴したのが小室哲哉による“TKブーム”の終焉である。
    小室本人もテレビ番組などで「(宇多田)ヒカルちゃんが僕を終わらせたって感じですね」と発言しているが、
    同書には著者のインタビューによる小室の回想も記録されている。

    小室は当時を振り返る中で日本特有の芸能界というエンターテインメントの世界において、
    プロダクションやレコード会社の上役からの意向を調整しながら、一方で才能ある若い世代を表舞台へと引き上げることへの苦悩を語っている。

    小室の気持ちを「様々なしがらみによって仕事を減らすことは不可能だった。むしろ増えていくばかりだった」と著者は代弁する。

    あまりにも巨大なビジネスになった果てには、約5年間にわたりヒットチャートを独占してきたことによる大衆の「飽き」と「反動」が訪れた。
    そして、著者いわく「B級アイドルを歌姫として再生させる」という“小室システム”を蜜月にあったエイベックスが自製し、
    浜崎あゆみへの資本投下へ切り替えたことも“TKブーム”が終焉を迎えた要因のひとつに挙げている。

    歴史を振り返ると、従来からあるプロデューサーが才能を見出し輝かせるという手法だけではなく、

    アーティスト本人が自身をいかに輝かせるかという姿勢が求められはじめた時期であったようにもみえる。
    そして、現況を眺めてみると、ニコニコ動画などから商業的に活躍する音楽クリエイターが誕生するなど、アマチュアとプロの線引きも薄れつつある。

    本書は1998年を中心として音楽市場を俯瞰した本であるが、その変遷にふれてみると、音楽を取り巻く世界の見え方もまた変わってくるはずだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160309-00009772-davinci-ent
    ダ・ヴィンチニュース 3月9日(水)6時30分配信

    http://www.youtube.com/watch?v=-9DxpPiE458


    宇多田ヒカル - Automatic

    【1998年、小室ブームを終わらせ新しい時代を作ったのは、たった一人の15歳の少女だった・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images-5


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/30(水) 14:10:35.84 ID:CAP

    音楽プロデューサーの小室哲哉(57)が右足関節骨折の診断を受けたことが30日、わかった。
    同日、公式サイトで報告した。これに伴い4月9日に台北「ATT SHOW BOX」で開催を予定していた公演
    『小室哲哉 PIANO BIOGRAPHY feat.坂本美雨』を延期することも発表された。

    サイトでは「小室哲哉の右足関節骨折診断のため、急遽延期させていただくこととなりました」とし
    「公演を楽しみにされていたお客様をはじめ、関係機関の皆様方に多大なご迷惑をおかけし事を深くお詫び申し上げます」と謝罪。

    なお、振替公演日は6月19日で「4月9日の公演チケットをお持ちのお客様は、振替公演にそのまま有効となりますので、
    振替公演日までの間、大切に保管していただきます様お願い申し上げます」と呼びかけ「振替公演にご来場頂けないお客様には、払い戻しを承ります」と伝えている。

    同日、小室も自身のツイッターで「ご迷惑を、おかけします。明日、手術なのでまた術後報告しますね」とつづり「仕事は休まない様、努めます」と伝えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000325-oric-ent
    オリコン 3月30日(水)13時39分配信

    http://stat.news.ameba.jp/news_images/20160330/13/17/OP/j/o0358047020160330_133914_size640wh_9346.jpg


    【小室哲哉が右足関節骨折。台湾公演を延期「ご迷惑をおかけします」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: BaaaaaaaaQφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/15(月) 22:45:41.01 ID:CAP
     音楽プロデューサーの小室哲哉は14日に、音楽ユニット『globe』のボーカルで、病気療養中の妻・KEIKOへの思いを綴った。「歌えなくて全然いい。あの笑顔に会いたいな」な
    どとし、バレンタインデーの車窓から眺めるカップルの姿を羨ましく思う率直な心境を伝えている。

     2011年11月にくも膜下出血により倒れ、療養生活を送っているKEIKO。14日のバレンタインデーに小室は自身のツイッターを更新し、「マシンガントークの桂子が懐かしい。歌
    えなくて全然いい。あの笑顔に会いたいな」とKEIKOへの慕情をしたためた。

     さらに、「5年間、車窓からバレンタインのカップルを眺めてきた」とし、KEIKOが倒れて以降の郷愁を綴る。「ただ肩を並べて歩く街並み みんな様々な努力をしたほんのひととき
    なんだろう」と街ゆくカップルを優しい視線で見つめながら「でも、ときには羨ましく思って良いよね」と本音をこぼしている。

     小室はこのツイートをする直前には、「アタマの中にはつねに砂時計の砂が減っているイメージだけど、やれる限り日本の音楽維新のタメに心を癒やしてくれる人がいると良いなぁ
    」とし、「ちょっと疲れちゃった」と弱気なコメントも。

     日本音楽界をけん引してきたプロデューサーから漏れたため息。これにファンは、「疲れたら、立ち止まって休んでくださいね」「この言葉を歌詞にしてほしい」「奥さまのチカラを
    信じてらしてくださいね」「小室さんの笑顔が桂子さんを癒してますよ、きっと」などと励ましのメッセージを寄せている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00010001-musicv-ent

    【小室「歌えなくていいからあの笑顔に会いたいな。ちょっと疲れた。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: キドクラッチ(東日本)@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/01(月) 22:07:13.18 ID:tl1K/jfJ0.n
    3人組音楽ユニット・globeのマーク・パンサーが、過激派組織の「ボコ・ハラム」や「IS」らによる自爆テロが、
    海外で「神風」の言葉を使って報じられていることに「やめてほしい」と訴えた。

    1月30日にはナイジェリア北東部の村でボコ・ハラムと見られる武装集団が住民を襲撃。31日にはシリアの首都ダマスカス口外で
    ISによる自爆テロが発生し、多くの死傷者を出した。

    パンサーは1日にTwitterでこれらのテロ事件に触れ、「平和な日本ではあまりニュースになってないけど、
    世界ではこんなニュースの中に『神風』と言う日本語がどうどうと使われている」とし、「間違ってる…やめてほしい…」と切に願った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000025-rbb-ent
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160201-00000025-rbb-000-0-view.jpg 
    20160201-00000025-rbb-000-0-view
     

    【マーク・パンサー、自爆テロを“神風”と表現する海外報道に「間違ってる。やめてほしい。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: ダークホース ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/12(火) 07:08:43.79 ID:CAP
    3人組ロックバンド「TM NETWORK」の木根尚登(58)が11日、
    テレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」(後7時)に出演。
    30年間「エアギタリスト」だったことを全国放送で初めて告白した。

    木根は大ヒット曲「Get Wild」に乗せてギターを弾きながら登場。
    しかし演奏が終わると「エアギタリスト木根です」と自己紹介し、
    デビューして30年間「エアギタリスト」だったことを明かした。
    出演者からは「えー!」と悲鳴とともに「実際に弾いてるみたい」と聞かれると、
    「30年(エアギタリストを)やってると上手くなるんだよね」と答えた。
    さらに続けて「ロックギターに全然興味ないんです」と衝撃の告白をした。

    木根はバンド結成当時、キーボードを担当。
    小室と「ツインキーボード」でコンテストにも優勝していた。
    その後、演奏は打ち込みに変更するという小室の提案から、
    やることがなくなり「ギターでも持っておけば」と言われたため、「ギタリスト木根」が誕生したという。

    結成から1年でデビューが決まると、レコード会社の戦略会議で「華がない」ことを指摘され、
    「サングラス」か「坊主」のどちらにするか提案された。
    サングラスを選択した木根は365日サングラス生活が始まった。

    またバンド名の「TM」は、メンバー3人が多摩地域に住んでいたため、
    地名を入れたかった小室の「多摩だよね」のひと言で「TAMA」に決まったことも告白。
    しかし、レコード会社の方針でデビュー後は「TM」は「タイムマシーン」の略にすると決まったことも明かした。

    木根は2014年5月に関西ローカル番組で「エアギターだった」とカミングアウトしていた。
    その後に行われたバンドデビュー30周年ライブでファンの号泣を見て感動し、
    「初めて心の底からライブを楽しめた」と告白した。

    また「ウソをついてしまった罪悪感は努力でしか消せない」と現在の心境を語ると、
    努力した結果、「最近、どんどんギターが上手になっている」と成長したこと告げ、
    最後にアドリブで豪快にギターを弾いてみせた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160111-00000132-sph-ent

    木根尚登
    http://natalie.mu/media/1601/0104/shikujiri/extra/news_xlarge_0104_shi_006.jpg
    news_xlarge_0104_shi_006

    http://natalie.mu/media/1601/0104/shikujiri/extra/news_xlarge_0104_shi_005.jpg
    news_xlarge_0104_shi_005


    【【しくじり先生】エアギタリスト木根尚登が告白 「どんどんギターが上手になってる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/15(火) 09:50:48.15
    https://livedoor.blogimg.jp/aoba_f/imgs/8/4/84e76edf-s.jpg
    84e76edf-s

    http://officehit-trend.com/wp-content/uploads/2014/03/ami2.jpg
    ami2

    http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/03/64c1f5409e1eec05e41652a013144802_3468.jpeg
    64c1f5409e1eec05e41652a013144802_3468

    7日、歌手の鈴木亜美が自身のブログに“new nail”と題して、白いコートを着て全身鏡の前に立ち、自撮りした画像や真っ赤なネイルを見せびらかすようなポーズの画像を投稿したのだが、
    「アミーゴ、もはや芸能人のオーラないやんけ!」「一度失った栄光を取り戻すのは、不可能なんだな」など、ネット上では、鈴木の凋落ぶりを指摘する声が上がっている。

    「鈴木は、1998年に小室哲哉プロデュース『love the island』(SMEJ Associated Records)でデビューすると、いきなり累計30万枚突破のスマッシュヒット。
    翌年発売されたファーストアルバム『SA』(同)は、約180万枚を売り上げるミリオンセラーとなり、
    年末の『第50回NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たすなど、“アミーゴ現象”を巻き起こし、当時絶大なる人気ぶりでした。
    しかし、2000年以降、ギャラをめぐって事務所と対立。民事訴訟を起こし、それと共に芸能活動は事実上、休止状態に。
    その後、紆余曲折を経て、05年にエイベックス・マネジメントに移籍。
    08年には歌手業に加え、DJとしての活動も開始したのですが、去年発売された『女性自身』(光文社)では、
    鈴木が営業先のクラブに『ドンペリを5本、用意しておいて』と要求するなど、横柄な態度ですっかり嫌われ者になっていることを報じられ、
    『態度だけは大物』『干されたのに、何も反省していないんだな』など、批判が殺到しました」(芸能関係者)

    “干された”当時については、今年出演したテレビ番組で回顧する場面があり、話題となった。

    「10月に放送された『旅ずきんちゃん』(TBS系)に出演した際、鈴木は『事務所ともめて、干されて……』と振り返り、
    『人って怖いなとも思うし、一気に裏返しになるというか、いつ何が起こるかわからないんだなっていうことを思い知らされた』と語りましたが
    、『欲張って、賃上げ要求した結果なんだから、自業自得でしょ』『もともと歌唱力はなかったから、遅かれ早かれ干されてはいたと思う』など、辛辣な意見が多く見受けられました。
    さらに、番組内で鈴木は、小室と時折一緒に飲むことを明かしていましたが、デビュー15周年記念として去年、配信限定で発売されたシングル『graduation』のプロデュースを、1
    4年ぶりに小室が担当したという経緯もあり、『結局、小室頼みなんだな』『小室依存症。
    華原朋美と同じ症状だね』など、揶揄する声が上がっていました」(同)

    人気絶頂の頃に売り出した写真集『AmiGo』(ワニブックス)は、20万部突破という異例の売り上げを記録。
    現在売れに売れているAKB48ですら、今年3月に発売された小嶋陽菜の写真集『どうする?』(宝島社)の売り上げ約12万部が歴代トップであることからも、
    当時の鈴木の人気がどれほどすさまじかったのかがうかがい知れるのだが、それと同時に、人気稼業の怖さをも如実に物語っているといえる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151215-00010000-otapolz-ent
       

    76: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/15(火) 10:24:17.70
    >>1
    うわっ

    【鈴木亜美(33)が一気に劣化!“アミーゴ現象”を巻き起こした全盛期のオーラが全くなくなる…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイW e906-IFMK) 投稿日:2015/12/08(火) 22:39:18.82 ID:DJYJhLES0.n
    サンセイより2月に販売予定の新台
    『CR PROJECT TK』ですが、
    豪華5アーティスト、搭載楽曲は23曲とのことです。

    ・TM NETWORK 6曲
    ・TRF 5曲
    ・globe 6曲
    ・鈴木あみ 1曲
    ・AAA 5曲
    http://i.imgur.com/7hWuWfz.jpg
    7hWuWfz

    【パチンコ】CR PROJECT TK  プロモーション動画
    http://www.youtube.com/watch?v=nSGQ_hINTpg


    【小室哲哉までもがパチンコ化!】の続きを読む

    このページのトップヘ