メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:日本国内アーティスト(50音順)※編集途中 > 小室ファミリー

    ダウンロード (4)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/05(日) 14:24:33.10 ID:CAP_USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170304-OHT1T50162.html
    2017年3月5日14時0分 スポーツ報知

     音楽プロデューサー・小室哲哉(58)率いる3人組バンド「TM NETWORK」の代表曲「GET WILD」が4月8日に発売30周年を迎える。
    アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマとして有名で、今なお幅広い世代から支持される名曲。
    33曲すべて同曲という異例のアルバム「GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)」(4月5日発売)を制作した小室に誕生秘話などを聞いた。(加茂 伸太郎)

     サビの♪Get wild and tough―というフレーズは、音楽好きなら1度は耳にしたことがあるはずだ。
    デジタルサウンドにキャッチーなメロディーを乗せた同曲は、今も日本の80年代を象徴するヒット曲として語り継がれている。

     根強い人気の理由に、小室は「神懸かっている曲が一生に1、2曲あるんです。それがこの曲かもしれない。狙ってやったわけじゃないから僕も分からない」。
    作り手の領域を超えた“神ってる曲”。「バカ売れしたわけではないのに、みんなが知っている。アニメの影響は大きいけど、見ていない人も、歌詞を完璧に覚えていない人も、口ずさめたりする。
    ツイッターのトレンドワードに『GET WILD』を見ると、(注目度が高いという)実感は湧きますね」

     オリジナル版の発売は87年。日本レコード協会では、ダブルプラチナ(50万枚)に認定されている。以降、時代に沿ってアレンジが加えられ、様々なバージョンをライブで披露してきた。
    今回の30周年記念盤にはレコード会社の垣根を越え、ソニーミュージック(エピックレコードジャパン)、よしもとR&C、エイベックスで発売された様々な「GET WILD」が1枚に集約される。

    小室は「ここまでオリジナルを変えるのも珍しい。ファン心理では『変えないでほしい』と思うのが普通だから。そういう意味でも、特殊な曲だと思う」。
    globe、玉置成実(28)、超新星らがカバーし、吉幾三(64)の「俺ら東京さ行ぐだ」(84年)を、ミックスした珍バージョン「俺らゲットワイルだ’89」も収録される。

     誕生のきっかけは、週刊少年ジャンプに連載されていた人気漫画「シティーハンター」(作・北条司)のアニメ化にあたり、曲を作ってほしいという依頼からだった。
    腕は立つが無類の女好きの殺し屋・冴羽リョウが、美人依頼人の仕事をこなしていくアクションコメディー。
    制約の多い中での楽曲制作になった。「『この(絵の)部分で音を広げてほしい』『何秒後にドーンという音がほしい』という感じで細かくオーダーが来た。
    アニメ会社の方は、冴羽のキャラクターを大切にされていた。ロックほど不良なキャラクターではないから、ダンスミュージックがピッタリだと。スピード感、開放感も意識しました」

    当時は作曲した渡辺美里(50)の「My Revolution」(86年)がヒットしたばかり。
    「作曲家として、オーダーに応えるやり方が合っていると思い始めた頃。やりにくさはなかった。逆に、オーダーが多ければ多いほど、やりやすいものなんです」

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/6/8/685c4_60_7bbcb5db9a41e5dd85597f3b42419f70.jpg

    続く

    【小室哲哉が明かす「GET WILD」誕生秘話。】の続きを読む

    images (1)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/10(火) 13:23:53.69 ID:CAP_USER9
    8日放送のテレビ朝日系「あるある議事堂」でシンガーソングライターのtohkoが、小室ファミリーとしてデビューした当時と現在の活動について語った。

    番組では「最近見ないヒット歌手 一体今何してる?」と題してヒット曲はあるが、最近テレビで見る機会の減った歌手が集合した。

    コーナー中、小室哲哉プロデュースで現役女子大生歌手としてデビューしたtohkoは「1曲でもヒットすると扱いが急にハリウッドスターのようになり勘違いする」と説明した。
    小室にデモテープなどを送っていたというtohkoは、ある日、大学の授業中に事務所関係の人から電話がきて「2日後にロス行くから」と言われたそう。

    それがファーストシングル「BAD LUCK ON LOVE ~BLUES ON LIFE~」のレコーディング、その後PVを撮影し
    「3カ月くらいで生活一変したんですよね、上手くいくときってトントン拍子で全部いくんだな~って思って」と語った。
    そしてそこからは大学に行く際も現場マネージャーとチーフマネージャーの送迎つきだったと明かした。

    また、PV撮影も100人体制だったと話すtohkoは「スゴイ所にいきなり来ちゃったなって、そのせいで勘違いしちゃいましたね」とコメント。
    今田耕司に勘違いしていたときの振る舞いについて聞かれると「周りの大人にちょっとタメ口だったなとか、あと『私なんでグリーン車じゃないんですか?』みたいな」と話したのだった。

    そんなtohkoだったが、ヒット曲に恵まれず10曲目には「気づいたら小室ファミリーじゃなくなってましたね」と明かし、
    「予告もなく作曲のクレジットが全然違う人になっていて」と回想した。その頃は小室ファミリーとしてミリオンセラーを出せないことを夢でうなされてしまうほどに悩んでいたそう。

    いつの間にか小室ファミリーではなくなってしまったtohkoは、現在は間取り1Kで家賃9万円の部屋で一人暮らし。ゲームの主題歌などを歌い、歌手活動をしているという。
    また、レコーディングが自宅で行い、昨年出したCD「無限のチカラ」は自費出版で、「(CDの)在庫管理も自分なんで、お家にまだいっぱいあるんですよね」と語っていた。

    番組を観た視聴者からはTwitterで「tohko懐かしい デビュー曲はほんといい曲」「小室ファミリーの大半は知ってて、
    tohkoは知らないって人は結構居るだろうな。」「tohko久しぶりにみた 懐かしい」と言ったツイートが多数並んでいた。

    E-TALENTBANK 1/9(月) 20:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00010000-etalent-musi

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170109-00010000-etalent-000-view.jpg
    a6ccaf1f05d54d6ecca380065f5db204

    http://s-bellkochan.com/wp-content/uploads/2014/07/a6ccaf1f05d54d6ecca380065f5db204.png 
     20170109-00010000-etalent-000-view

    【元小室ファミリー「tohko」全盛期の生活の変貌ぶりと、突然の終わりを明かす。「気づいたら…」】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/01/27(金) 21:20:22.36 ID:CAP_USER9
    2017/01/27 19:04

    TM NETWORKの「Get Wild」が発売30周年を記念して12インチ・アナログレコードでリリース。同曲の代表的4ヴァージョンを収めた作品で、全曲オリジナル・トラックダウン・マスター音源を使用。なかでも「Get Wild ‘89」は今回の制作で発見されたオリジナル・アナログテープ(リミックスを担当した「PWL」のロゴが入ったテープ)の音源をオリジナル盤以来28年ぶりに使用、最良の音に重点を置いています。4月12日発売。完全生産限定盤
    ●『Get Wild【完全生産限定盤】』
    2017/04/12発売
    MHJL-15 ¥3,780(税込)

    [Tracklist]
    1. Get Wild
    2. GET WILD '89
    3. GET WILD (techno overdub mix)
    4. Get Wild (オリジナル・カラオケ)


    ・TM NETWORK / Get Wild [EP]
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/67317.jpg
    67317

    http://amass.jp/84001/

    【TM NETWORK「Get Wild」発売30周年記念12インチ・アナログレコードがリリース決定。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2016/12/27(火) 19:35:32.51 ID:CAP_USER9
    1995年にダウンタウンの浜田雅功と、音楽プロデューサー小室哲哉がタッグを組んだコラボユニットH Jungle With tが放ったクラシックヒット"WOW WAR TONIGHT?"が7インチレコード化されることになった。

    総売り上げ枚数200万枚以上を売り上げた同曲は、絶頂期の小室哲哉がプロデュースを手掛け、ダウンタウンの浜田雅功がボーカル、そしてマーク・パンサーや松本人志も参加している。

    「浜松町で働くサラリーマンを見ているうちに応援歌になった」という歌詞と、当時UKのアンダーグラウンドダンスミュージックシーンでムーブメントを起こしていたジャングルを融合させた、画期的なJ-Popチューンだ。

    レコード化されるにあたり、B面には"WOW WAR TONIGHT(Original Karaoke)"も収録している。

    『WOW WAR TONIGHT』の7インチはJet Set Onlineで予約受け付け中だ。

    ソース
    http://fnmnl.tv/2016/12/27/18996?articleview=more
    http://cdn.fnmnl.tv/wp-content/uploads/2016/12/27184943/AQK1-77270_5001-e1482832196476.jpg
    AQK1-77270_5001-e1482832196476

    http://cdn.fnmnl.tv/wp-content/uploads/2016/12/27184858/AQK1-77270_500.jpg
    AQK1-77270_500

    H JUNGLE WITH T / WOW WAR TONIGHT | Record CD Online Shop JET SET / レコード・CD通販ショップ ジェットセット:
    https://www.jetsetrecords.net/i/826005224709/

    【世界で1番売れたジャングル、H Jungle With tの「WOW WAR TONIGHT」が7インチレコード化。】の続きを読む

    images


    1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2016/12/13(火) 13:19:01.51 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 12/13(火) 12:57配信

     音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が13日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」
    (月~金曜・後12時)に12年ぶりに出演。5年前にくも膜下出血で倒れ療養中の、
    妻でglobeのボーカル・KEIKO(44)の肉声メッセージを黒柳に届けた。

     2003年にKEIKOが同番組に出演した際の映像が流された後、小室が
    「テレビ(で流れるの)は初めて」と言いながら、肉声テープを披露。現在の
    KEIKOの声が公の場で流れるのは、15年8月のglobeのデビュー20周年記念
    イベント以来、約1年半ぶりとなった。「徹子さ~ん、お元気ですか? 
    globeのKEIKOです。前回お邪魔してから13年になるんですね。
    もう病気は5年前になりましたが、段々元気になってきてます。また、
    お会いできるのを楽しみにしています」と、往年と変わらない美声がスタジオに流れた。

     久々のKEIKOの声に「すごい理路整然、落ち着いた感じで」と喜ぶ黒柳に
    「だいぶ練習もしたんですよ」と小室。最近のKEIKOの様子について、
    「普通の生活で、おしゃべりするくらい変わらないけど、ちょっと忘れっぽい。
    5分前とか1時間前とか近い時間のことが忘れやすくて、『何回も言ってるよね、私』って
    確認してきます」と明かした。

     「躁鬱のうち躁だけ、明るい方だけの性格だから、今は何にも悩み事がないと思います。
    前向き過ぎるくらいポジティブで『稼いで、稼いで、哲哉君』って言われてます」と小室。

     現在のKEIKOについて、「たぶん小学校高学年か中1くらいの女の子の感じ。
    思春期とか反抗期の前の『パパ、大好き』って言ってくれる女の子の感じ。
    とにかく明るいし、すぐ(物事を)忘れちゃうのもかわいい」と小室。

     3回ほどカラオケにも連れて行ったが、「1番くらいで飽きちゃう。あまり、
    ちゃんと歌えないかなという感じです。歌は好きなんだけど、『声の出し方忘れちゃった』と
    笑いながら言うんです。高い声って、どう出すんだっけという感じで」と続けた小室に、
    黒柳は「段々良くなると思いますよ。そう思いましょうよ」と励ます場面もあった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000062-sph-ent

    【小室哲哉が「徹子の部屋」でKEIKOの肉声披露。「すぐ忘れちゃうのが、かわいいんです。」】の続きを読む

    07


    1: パピコ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/28(月) 00:19:28.69 ID:CAP_USER9
    2016.11.27(Sun)

    くも膜下出血で2010年11月に倒れ、リハビリ中の歌手・KEIKO(44)が
    夫で音楽プロデューサーの小室哲哉の58歳の誕生日となった27日、自身の
    ツイッターを更新。小室との久々のツーショット写真を公開し、ファンに
    驚きと歓喜の輪が広がっている。

    KEIKOは27日夜、ツイッターで「今日は、TKの、お誕生日で、食事に、
    きてますよ~」とバースデーディナーを明るくツイート。夜景が見える高層
    ビルの窓辺に座り、語り合う夫婦2ショットをアップした。
    KEIKOはマスク姿で、白い襟の黒いワンピースに黒いタイツ、小室も黒い
    スーツと、ペアルックのよう。直後には小室がケーキを前に、KEIKOが
    その後ろで花束を手に立っている別のツーショット写真もアップした。

    ファンからは「素敵なツーショット写真、ありがとうございます」「久々の
    画像アップ嬉しすぎます」「久々に、御二人がステキなツーショット写真拝見
    出来て嬉しいです」「お二人がご一緒の写真を見る事が出来て嬉しいです」
    などと喜びのメッセージが殺到している。
    2人は2002年11月22日(いい夫婦の日)に結婚。ツイッターには小室の
    誕生日と結婚記念日を祝うメッセージも多数届いている。
    KEIKOは昨年8月9日に新宿で行われたglobeのデビュー20周年記念
    イベントに、肉声と直筆のメッセージを寄せた。くも膜下出血で倒れて
    初めての肉声だった。
    ツイッターでは毎日、午後10時から11時ごろにかけて「お休みなさい」と
    書き込むだけで、2行以上にわたるツイートは極めてまれ。過去2年間を
    さかのぼっても、KEIKOのツイッターに写真がアップされたことは
    なく、それがKEIKO自身も写った夫婦ショットとあり、驚きが広がっている。

    画像:http://lpt.c.yimg.jp/im_siggnKucigO3PozYVrqpt_dhXw---x900-y855-q90/amd/20161127-00000117-dal-000-view.jpg
    20161127-00000117-dal-000-view

    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2016/11/27/Images/f_09704351.jpg
    f_09704351

    ソース:http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/27/0009704115.shtml

    【小室哲哉の誕生日に夫婦2ショットをKEIKOが公開。ファン驚き、歓喜。】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/03(木) 08:37:14.80 ID:CAP_USER9
    「宇多田ヒカルの登場が僕を終わらせた」小室哲哉が当時を振り返る
    11/2(水) 18:00配信

    小室哲哉さんは、宇多田ヒカルさんの登場を
    「時代が変わると思った」と振り返ります。
    一体何が衝撃だったのでしょうか?

    CDから「聴き放題」のストリーミング配信への転換が進み、
    音楽ビジネスは新しい時代を迎えようとしています。
    音楽ジャーナリスト・柴那典さんの新刊
    『ヒットの崩壊』発売に先駆け、その内容を特別先行掲載。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161102-00002313-cakes-life

    【小室哲哉「宇多田ヒカルの登場が僕を終わらせた。」と当時を振り返る。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/17(月) 21:39:09.10 ID:CAP_USER9
    「Who are you?」

    10月1日に歌手の鈴木亜美が自身のブログにアップした1枚の写真がネット上をザワつかせている。

    鈴木は「伸ばしてたけど、我慢できずにカットしちゃいましたぁ~!!」と自撮り画像をアップし、前髪を切ったことを報告。
    しかし、付け根がわからないほどまっすぐな鼻筋をネット民は見逃せなかったようで、「これは誰が見ても‥‥だね」
    「イタリア人みたい」「ダレノガレ明美かと思った」「ニューハーフ?」と一斉にツッコミが入った。

    「鈴木といえば、トレードマークのアヒル口など、アイドル的なルックスから爆発的な人気を獲得していましたが、寄る年波には勝てず、最近は“劣化”の声が聞かれました。
    昨年頃から、ネット上では『目頭切開したのでは?』とささやかれていましたが、今回アップされた写真でも『目頭の形がカレーパンみたい』との声が飛び交っています。
    斜めからの角度だったためか、よけいにお茶の間が知っているアミ~ゴとは違って見えたようですね」(芸能ライター)

    鼻といえば、女優の夏菜も今年出演したドラマ「99.9」(TBS系)での顔がこれまでと違って見え、「鼻がおでこから生えているように見える」と、視聴者を騒然とさせている。
    最近はDJとパチンコ営業が主戦場だった鈴木だが、テレビに出る前にもう少しブログで現在の顔を馴染ませたほうがいいかもしれない!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1212622/
    2016.10.17 17:59 アサジョ

    http://image.dailynewsonline.jp/media/1/5/15ce239519fa450770d7843ee5bf2514cce386ff_w=666_h=329_t=r_hs=eab040978ada791b7b549f6fdf41f6fb.jpeg 
     15ce239519fa450770d7843ee5bf2514cce386ff

    【【Who are you!?】鈴木亜美の“不自然な顔面”に恐怖を覚える。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/06/29(水) 05:59:24.19 ID:CAP_USER9
    globeが8月3日(水)にリリースする20周年プロダクト「Remode 2」の制作にあたり、マーク・パンサーが新たなレコーディングを行ったことが発表された。

    マークが新たに歌い直したのは、未だに色褪せない鮮烈なデビュー曲「Feel Like dance」、globeのライブでは定番の「MUSIC TAKES ME HIGHER」、
    そしてダブルミリオンを記録した代表曲「DEPARTURES」の3曲。またアルバムの収録曲全11曲も解禁となり、
    「Can't Stop Fallin' in Love」や「Anytime smokin' cigarette」といったシングル曲や、
    「Get Wild」「Self Control」などのTMネットワークカバー曲がセレクトされている。

    また、特典として付属するDVDには今回の“Remode 2”バージョンの「Feel Like dance」ミュージックビデオと、
    今作の聴きどころやglobeの歩んできた20年を懐かしい映像とともに振り返るオリジナルインタビューも収録される。

    インタビュー中で小室哲哉は「(DEPARTURESは)絶対売れなきゃいけなかった。大売れするか?クビか?どっちかだった。」などと語っており、
    当時は語られなかった裏話も盛り込まれた内容となっており、ファンならずとも気になるところだ。

    さらにglobe20周年プロダクトとして同時発売となる、globeの伝説的なライブ計7本をまとめた限定ライブBlu-rayボックスには、
    2000年に行われたKEIKOソロツアーライブ音源がCD初収録されることに加え、
    ファンクラブ「house of globe」加入者にしか手に入らなかった秘蔵映像もDVDに収録されるなど充実した内容となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-10120571-lisn-musi
    music.jpニュース 6月29日(水)5時0分配信

    https://i.ytimg.com/vi/XXg_iOW8A98/hqdefault.jpg
    hqdefault

    https://i.ytimg.com/vi/HA7_8Hadua4/hqdefault.jpg
    hqdefault (1)

    https://www.youtube.com/watch?v=Z-asfMte17s


    globe / 「DEPARTURES」

    【小室哲哉、大ヒット曲「DEPARTURES」を振り返り「大売れするか?クビか?どっちかだったね。」】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/13(金) 09:17:59.89 ID:CAP
    4月9日放送の音楽トークバラエティ番組『Momm!!』(TBS系)で、AKB48の峯岸みなみ(23)が吐露した悩みに、hitomi(40)や司会の中居正広(43)が応じた。

    番組では、視聴者やゲストからの悩みをひとつずつトークテーマに採用し、世良公則や前川清、天童よしみらゲスト出演者らがアドバイスを意見交換した。
    後半では峯岸が「AKB48に所属して10年。現在私は23歳になり、すでに年を取ることに不安を感じています。
    皆さんは年齢で不安を感じますか?」という相談をしたのだ。

    メンバーに中学生・高校生など10代の女子が増え、「一緒に踊っていると自分の体力の衰えを感じるんです」という峯岸だが、
    中居が「でも20代、スポーツ選手でも26~28歳あたりが一番体力があって良い時期だといわれる」と返すと、
    「えっ、じゃあ私の気持ちの問題なんですかね」と不安げに。

    世良が「20歳そこそこで『もう私もおばさんだから』と自分で言うのがわからない。
    30~40代で本当の女性らしさが出るのに、20代でそんなことを言っても。20代なんてまだ“女性”ですらないですよ」と、大人の意見を述べると、
    峯岸と同じアイドルという立場から中居が「オレも40代で年取ったなと思うけど、上の世代で頑張ってる人たちを見ると自分なんかまだまだ若いなと思う」。

    そうした意見を聞いた峯岸は、次に「どうしたら美しく年をとれるのか。
    かっこいい年の取り方の定義はないけど……」と質問。
    するとhitomiが、「さっき世良さんも言ってましたけど、老いることが恥ずかしい日本ってすごく恥ずかしいですよね」と切り出した。

    「すぐ『おばさん』って言うでしょ? 『おばさんですよ? 何か?』って言いたくなる」
    「『あの人、おばさんじゃん』みたいに(言われても)、『おばさんで何がいけないんだ?』『おばさんになっちゃいけないの?』って言いたくなる」

    中居もこれに同調し、今は若い女性でもいずれ等しくおばちゃんになるのだと話した。余談だが、昨年12月2日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)でも、
    hitomiは自身の所属事務所「avex」が「若い子ばっかりに力を注ぐ傾向がある」と不満を述べていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1128503/
    2016.05.13 00:00 messy / メッシー

    【峯岸みなみ(23)「年取るの不安」、hitomi(40)「老いることが恥ずかしい日本って変。おばさんですけど何か?」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 下半身は親日@シコリアン ★@無断転載は禁止 2016/05/18(水) 13:47:37.67 ID:CAP_USER9
     歌手のhitomiが5月13日、自身のブログで第3子を妊娠したことを発表した。現在、妊娠5カ月。「体調も少しずつ落ち着き、今はゆったりと過ごせています」と、今秋に出産予定であることを明かし、「バタバタとした妊婦ライフになりそうですが‥‥今年は、引き続き音楽活動も、頑張りながら‥‥この小さな命を大切に体調第一に優しい気持ちで過ごしてゆけたらな~と思っています」と心境をつづっている。

     ファンからは祝福メッセージが届けられる中、
    目につくのが、hitomiへのネガティブなコメントだ。「おめでとうと素直に言えない」「そんなに子供を作って大丈夫なの?」「歌のほうは一発屋だけど子作りのほうは何発も出させてるんだね」といった辛辣な声が次々飛び出しているのである。

    「第3子は、昨年結婚した不動産会社の社長との子供になる。小学生の長女も一昨年生まれた長男も、それぞれ父親が違います。昨年9月、『人生が変わる1分間の深イイ話』で、hitomi一家の密着取材コーナーが放送された。長女にことさら厳しく、長男にはやたら甘い母親ぶりが視聴者を凍り付かせました。ネットにはhitomiの長女への対応を虐待と感じる人が続出。その2カ月後、育児雑誌の表紙に長男が登場することをブログで報告したことに対しても、話題にするのは長男ばかりだと、温度差のある子育てぶりがやり玉にあげられています。それだけに、第3子妊娠発表ももろ手を上げての歓迎ではないようです。本人にまるで自覚がないため、バッシングの声が高まった経緯がある」(女性誌記者)

     子育てに対する世間の目はかくも厳しい。「もっと長女に優しく接して」という声はhitomiの耳に届くのだろうか。

    (塩勢知央)

    アサジョ / 2016年5月18日 9時58分
    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_10718/

    【hitomi、第3子妊娠を報告したら何故か炎上。】の続きを読む

    images


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウ Sa3b-7hW1) 投稿日:2016/03/09(水) 10:41:17.67 ID:8rkhiiLUa.n
    斜陽化の叫ばれる音楽市場。一般社団法人 日本レコード協会による直近の統計によれば、
    2015年におけるCDの総生産枚数は1億6783万9000枚で、年々、減少傾向にあるという。
    その背景をどこに求めるかはさておき、少なくとも音源を手にするという喜びやありがたみは以前とは異なってきた印象もある。

    では、もっとも隆盛をきわめたのはいつか。“1998年”だとするのは、『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)の著者である音楽ジャーナリストの宇野維正さんだ。
    本書によれば、1998年におけるCDの総生産枚数は4億5717万3000枚。
    総売り上げ金額は5878億7800万円とされるが、現在までに市場規模は3分の1へ迫るほどに縮小したことになる。

    参考までに、同時期のアメリカにおける売り上げ枚数は8億4610万枚。
    しかし、人口比でみると1998年の日本人は「人類の歴史が始まって以来、最も多くの音楽ソフトを買っていた人々」だと著者は語る。

    そのさなかで音楽市場に新たな風をもたらしたのが、本書で取り上げられている宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみという4人の歌姫である。

    4人に共通するのは、自分自身で作詞・作曲を手がけるだけではなく、作品をリリースするたびにプロデューサー的な立ち位置から楽曲とキャリアの方向性をコントロールする姿勢。
    さらに、同性や異性を問わずファンの心を惹きつける点であり、彼女たちがデビューする以前のアーティストとは「まったく異なるタイプの音楽家だった」と著者は分析する。

    また、時代の移り変わりを象徴したのが小室哲哉による“TKブーム”の終焉である。
    小室本人もテレビ番組などで「(宇多田)ヒカルちゃんが僕を終わらせたって感じですね」と発言しているが、
    同書には著者のインタビューによる小室の回想も記録されている。

    小室は当時を振り返る中で日本特有の芸能界というエンターテインメントの世界において、
    プロダクションやレコード会社の上役からの意向を調整しながら、一方で才能ある若い世代を表舞台へと引き上げることへの苦悩を語っている。

    小室の気持ちを「様々なしがらみによって仕事を減らすことは不可能だった。むしろ増えていくばかりだった」と著者は代弁する。

    あまりにも巨大なビジネスになった果てには、約5年間にわたりヒットチャートを独占してきたことによる大衆の「飽き」と「反動」が訪れた。
    そして、著者いわく「B級アイドルを歌姫として再生させる」という“小室システム”を蜜月にあったエイベックスが自製し、
    浜崎あゆみへの資本投下へ切り替えたことも“TKブーム”が終焉を迎えた要因のひとつに挙げている。

    歴史を振り返ると、従来からあるプロデューサーが才能を見出し輝かせるという手法だけではなく、

    アーティスト本人が自身をいかに輝かせるかという姿勢が求められはじめた時期であったようにもみえる。
    そして、現況を眺めてみると、ニコニコ動画などから商業的に活躍する音楽クリエイターが誕生するなど、アマチュアとプロの線引きも薄れつつある。

    本書は1998年を中心として音楽市場を俯瞰した本であるが、その変遷にふれてみると、音楽を取り巻く世界の見え方もまた変わってくるはずだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160309-00009772-davinci-ent
    ダ・ヴィンチニュース 3月9日(水)6時30分配信

    http://www.youtube.com/watch?v=-9DxpPiE458


    宇多田ヒカル - Automatic

    【1998年、小室ブームを終わらせ新しい時代を作ったのは、たった一人の15歳の少女だった・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ