メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (2)


    1: 牛丼 ★ 2019/08/30(金) 15:08:15.61 ID:fTXMJJtw9
    国産の高級車から降り立つと、車をスタッフに預けて長渕は颯爽とリュックサックを担いで歩き出した
    8月下旬、自らハンドルを握り都内の個人事務所に現れた長渕剛は、62歳という年齢を感じさせない精悍さ。今年デビュー40周年を迎え、意気軒高のようだ。

    「いま長渕さんが力を入れているのが、主演映画『太陽の家』です。長渕さんは人情に厚い大工の棟梁の役。彼が広末涼子演じるシングルマザーのために家を作るというストーリーだとか」(映画ライター)

    長渕が映画に主演するのは、ドラマ『とんぼ』のその後を描いた『英二』以来、実に20年ぶり。4月1日にクランクインし、5月上旬に撮影は終了。あとは公開を待つだけだが、ファンの間では、「本当に観られるのか」という不安が広がっている。肝心の公開日がいつまで経っても『2020年予定』としか公表されていないからだ。

    『FRIDAY』は事務所から出てきた長渕に聞いた。

    ―公開日は決まりましたか?
    「公開日はね、まだ言っちゃいけないの」

    ―ファンが心配しています。
    「そうですよね、まもなくね。近いうちに発表します。ちゃんとしないといけないからね」

    ただ、その言葉を額面通りに受けとっていいのか。映画会社関係者が語る。

    「大手の配給会社とは話がまとまらなかったのでしょう。長渕さんは映画業界でも、トラブルメーカーですからね。20年前の『英二』の際には、シナリオをめぐって、親友だった黒土三男監督と大ゲンカ。’89年の主演映画『ウォータームーン』でも、長渕さんについていけないと、巨匠・工藤栄一監督が途中降板するアクシデントがありました」

    9月7日は長渕の63歳の誕生日。映画を待ち望むファンたちは、その日までに何らかの発表を期待している。

    8月30日発売の『FRIDAY』最新号では、長渕の主演映画の公開日が決まらないより詳しい事情を報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00000003-friday-ent

    【『長渕剛』20年ぶりの主演映画の公開日が決まらない。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/08/29(木) 18:06:56.73 ID:kW36LGwR9
    https://www.oricon.co.jp/news/2143345/full/
    2019-08-29

    シンガー・ソングライターの長渕剛をアクションフィギュアとして立体化した『S.H.Figuarts 長渕剛』の発売が29日、発表された。長渕監修で「魂のデジタル彩色」により、細かいディテールも表現している。

    今年デビュー40周年を迎えている長渕。同商品は、それを記念したものでBANDAI SPIRITSの公式ショッピングサイトのプレミアムバンダイ内「魂ウェブ商店」、「長渕剛 オフィシャル・オンラインストア」で予約を開始。来年1月に発走予定となっている。

    フィギュアの表情はS.H.Figuarts独自の「魂のデジタル彩色」技術により、まるで本人のような完成度に仕上がった。さらに愛用のギターやギターストラップ、ピック、マイク、ハーモニカなど、長渕を取り巻くあらゆるアクセサリーパーツが付属し、長渕初の本格アクションフィギュアでありながら、決定版といえる仕様となった。

    商品化にあたり、長渕監修のもと、実際の革ジャンやギターを参考にし、質感や縫い目、ボタンなどの細かいディテールまでもリアルに表現された。もちろん全身可動でステージに立つ長渕の躍動感あふれるポージングが再現可能。また、3種類の頭部が付属。凛々しい表情、シャウト、ほころんだ顔により、多彩な表情も再現できる。サングラスは着脱式となっている。

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0829/nagabuchitsuyoshi_Figuarts10_fixw_640_hq.jpg 
    nagabuchitsuyoshi_Figuarts10_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0829/nagabuchitsuyoshi_Figuarts07_fixw_640_hq.jpg 
    nagabuchitsuyoshi_Figuarts07_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0829/nagabuchitsuyoshi_Figuarts02_fixw_640_hq.jpg 
    nagabuchitsuyoshi_Figuarts02_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0829/nagabuchitsuyoshi_Figuarts01_fixw_640_hq.jpg 
    nagabuchitsuyoshi_Figuarts01_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0829/nagabuchitsuyoshi_Figuarts04_fixw_640_hq.jpg 
    nagabuchitsuyoshi_Figuarts04_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0829/nagabuchitsuyoshi_Figuarts05_fixw_640_hq.jpg 
    nagabuchitsuyoshi_Figuarts05_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0829/nagabuchitsuyoshi_Figuarts08_fixw_640_hq.jpg
    nagabuchitsuyoshi_Figuarts08_fixw_640_hq
     
    https://natalie.mu/music/news/345504

    【『長渕剛』がまさかのフィギュア化。シャウト顔も驚きの完全再現。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/19(金) 08:40:09.35 ID:aEgrTiXR9
    歌手の長渕剛が99年公開の「英二」以来、20年ぶりに映画主演を務める映画「太陽の家」(権野元監督、来年公開)の製作が発表されていたが、
    現状では配給会社が決まっていないことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

    長渕が同作で演じるのは、神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎役。しっかり者の女房&年ごろの娘と幸せに暮らし、弟子たちと仕事に励んでいるが、
    ある日、シングルマザーと少年と出会った川崎は、父親を知らずに育ったという少年と次第に距離を縮めて心を通わせるように。そして、この親子に家を作ろうと思い立ったところに、突如、少年の父と名乗る男が現れるという。

    「いかにも昭和の世界観が漂う作品ですが、おそらく、長渕が独断で決めたのでしょう。スタッフがコロコロ変わるので、今や周囲にいるのはイエスマンばかり。
    興行的に当たるかどうかなど、長渕はまったく考えていないのでは」(音楽業界関係者)

    同誌によると、いまだに配給会社は公表されず、製作委員会にどんな企業が名を連ねているのかも不明。
    以前の主演作でもことごとく監督と対立したため、ベテランや有名どころの監督は長渕と絡みたがらず。
    すでにクランクインしているが、長渕が演出や脚本に口を挟むため、遅々として撮影が進まないというのだ。

    劇場公開が危ぶまれる状況だというが、動画サイト・GYAO!が同作の特設サイトを公開。
    そのため、ネット配信にとどまる可能性もありそうだというのだ。

    「そんな状況を悟らせないようにするためか、公式LINEでは頻繁に撮影中の様子の動画を配信。順調な撮影ぶりをアピールしている」(芸能記者)

    今月中に同作の製作発表会見が行われるというが、その時点で劇場公開のメドが立っているかどうかが注目される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16338020/
    2019年4月18日 23時0分 リアルライブ

    https://www.youtube.com/watch?v=Kbx4ITGuAGM


    長渕剛/とんぼ

    https://www.youtube.com/watch?v=enM9bNqA0KY


    長渕剛/ろくなもんじゃねえ

    【長渕剛、20年ぶり主演映画の内容もスタッフも本人の独断で劇場公開が微妙か。 】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2018/11/21(水) 12:02:42.55 ID:CAP_USER9
    https://news.mynavi.jp/article/20181121-727703/
    2018/11/21 06:00:00

    女優の志穂美悦子が、きょう21日に放送されるフジテレビ系『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00~)で、30年ぶりにバラエティ番組に出演する。

    日本初のアクション女優として18歳でデビューした志穗美。30歳の時には、映画『男はつらいよ』のマドンナ役に抜てきされ、女優として順調に成長を続けていたが、1987年、31歳で歌手の長渕剛と結婚し、それを機に、芸能界の第一線から退いていた。

    それから30年以上たった今、志穗美が意外なところで活躍していたことが判明。ワークショップを開けば男女問わず生徒が殺到、日本全国のイベントには引っ張りだこだというが、果たしてどんな仕事なのか。そして、なぜその業界へ転身したのか…。仕事と私生活に独占密着し、その答えを明らかにしていく。

    スタジオには、長年にわたり長渕家と家族ぐるみの付き合いをしているという、音楽評論家の湯川れい子氏が登場。彼女だからこそ知る長渕・志穂美さん夫妻の秘話が語られる。

    https://dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/prod/kanren_news/20181120/63a0a82afbd94c75ace2b5a2a6669b6e.jpg 
    63a0a82afbd94c75ace2b5a2a6669b6e

    【長渕剛の妻・志穂美悦子、30年ぶりにバラエティ出演 。意外な場所での活躍が判明。】の続きを読む

    ダウンロード (8)


    1: Egg ★ 2018/03/11(日) 13:49:36.76 ID:CAP_USER9
    長渕剛(61)といえば「とんぼ」「巡恋歌」をはじめ、数々のヒット曲を持つシンガー・ソングライターだ。
    これまでに様々な騒動が取りざたされてきたものの、そのカリスマ性は今もなお衰えていない。

    その長渕の次男・蓮(24)こと「ReN」が、父と同じシンガー・ソングライターの道を歩んでいることをご存じだろうか。

    長渕の関係者が語る。
    「もともとはレーシングドライバーでした。車好きが高じて12歳からレースを始めたそうです。

    2010年にイギリスに渡って転戦し、ベストルーキーアワードを2回受賞したほど才能があったんですが、腰を負傷し、15年には引退してしまいます。
    で、イギリスにいたときに衝撃を受けたのがロックでした。そこで、ミュージシャンに転身したのです」

    オフィシャルHPのプロフィルを見ると、長渕や母の志穂美悦子のことはまったく触れられていないが、鼻筋から唇、顔の輪郭は父親にそっくり。ギターを肩に担いだ姿は、まさに長渕の面影がありありと分かる。
    「父と母のことを隠しているわけではありませんが、あえて触れないようにしているんです。というのも、自分と父はそれぞれの音楽をやっているという自負があるし、やはり父の七光りというのはイヤだという思いがあるんですよ」(同関係者)

    とはいえ、やはりミュージシャンとしてのDNAは確実に息子に受け継がれているようだ。レーシングドライバーを引退した15年に、いきなり102本のライブを敢行。しかも「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演を果たす。

    翌年には初アルバム「Lights」をリリースし、iTunesオルタナティブ部門で1位を獲得。ツアーファイナルとなった渋谷のライブハウス「エッグマン」を超満員にさせた。
    17年にはスペースシャワーTVの「New Force2017」に選出されるなど、破竹の勢いなのだ。

    音楽関係者の話。
    「音楽活動をやる上で背中を後押してくれたのが『ONE OK ROCK』(以下ワンオク)のTakaです。偶然知り合いだったそうで、Takaにデモテープを聞かせたところ『これ、いいじゃん!』と大絶賛。
    当時、TakaはReNの父親が長渕と知らなかったようですが(笑い)。そこで『ワンオク』のオープニングアクトに抜てきされたのが大きいでしょうね」

    今でもTakaとは大の仲良しだという。それにしても、気になるのは長渕本人だ。息子の活動をどう思っているのだろうか。

    前出の長渕の関係者が明かす。
    「それはそれは喜んでいます。やはり子はかわいいですからね(笑い)。ReNがあるアイドル雑誌に取り上げられることがあったんですよ。そしたら、掲載用の写真を何百枚の中から自ら選んだほどです。
    『これがいいんじゃねえか』と我が子のことに真剣そのものでした。親子ライブ? ReNがキャリアを積み重ねればあり得るでしょうね」

    いつか富士山の麓で、一緒にギターをかき鳴らす日が来るかもしれない。

    2018年3月11日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/14416607/

    写真
    http://care-send.com/wp-content/uploads/2017/08/ReN201702top.jpg

    ReN - Lights [Offcial Video]
    https://www.youtube.com/watch?v=wrtiKQ3B25M


    【長渕剛の息子ReN、七光り頼らず独力で躍進。ワンオクのTakaも「いいじゃん!」と大絶賛。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 05:08:37.84 ID:CAP_USER9
    8/23(水) 5:01 スポーツ報知

     シンガー・ソングライターの長渕剛(60)が22日、東京・北の丸公園の日本武道館で、3年ぶりとなる同所でのコンサートを行った。

     やまない剛コールの中、1万2000人と拳を突き上げた。今年1発目のライブ。「楽しいか? おい、楽しいか? もうビンビン、ビンビンだぞ、きょうは。ガンガン、一緒に歌おうぜ」。開演直後からアドレナリン全開で歌い、叫び、飛んだ。

     新アルバム「BLACK TRAIN」の表題曲「Black Train」で幕開けした。「2年前の富士(のライブ)に比べたら、お茶の子さいさいだよな? 天井をぶち破れ」とシャウト。「いくぞー!」「やるぞー!」と何度もあおった。ギターを手に、代表曲「とんぼ」を大合唱。「しゃぼん玉」やアルバム収録曲「誰かがこの僕を」「Can you hear me?」など2時間半、21曲で完全燃焼した。

     心も体も万全の状態で、この日を迎えた。7月末から大自然の中に身を置き、トレーニングで肉体強化を図った。今月11日からスタジオリハーサルをスタート。15日には、異例とも呼べる報道陣向けの公開リハーサルを行うほどの充実ぶりだった。

     8月22日は特別な日だ。2004年、故郷の鹿児島・桜島で7万5000人と歌った。15年には、富士山麓のキャンプ施設・ふもとっぱら(静岡・富士宮市)で10万人とのオールナイトライブを成功させた。「俺にとって、ファンにとって、聖なる復活祭とも言うべく数字でもある」と語るほど、思い入れが強い。

     本編終了後、大歓声に応え、予定になかったダブルアンコールを実施。長渕は「こんなにたくさん来てくれて、本当に感謝しています。ありがとう。また会おうな」と喜びをかみ締めた。音楽の聖地での特別な一日を、格別のパフォーマンスで終えた。

     ◆9・5大阪でバースデーライブ ステージでは、9月5日に大阪城ホールでバースデーライブ(午後7時)を開催すると発表した。長渕は「9月7日が誕生日だけど、バースデーパーティー、やりたいじゃねーかー。箱(会場)、空いてたよ」とニヤリ。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    3年ぶりの日本武道館公演で熱唱する長渕剛
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20170822-00000286-sph-000-3-view.jpg
    20170822-00000286-sph-000-3-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000286-sph-ent

    【長渕剛、3年ぶり武道館ライブで「もうビンビン、ビンビンだぞ、きょうは!!」と攻めの発破。】の続きを読む

    images


    1: ブッカ ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 05:18:09.21 ID:CAP_USER9
    8月16日にニューアルバム「BLACK TRAIN」を発表する長渕剛が、タワーレコードの意見広告「NO MUSIC, NO LIFE?」シリーズに初登場。8月4日よりタワーレコードおよびTOWERmini全店に長渕の「NO MUSIC, NO LIFE?」ポスターが掲出される。

    ポスターには優しい表情でギターを構える長渕のモノクロ写真に、「嘘は聞きたかねぇよ。 見え見えの商売根性丸出しの歌も聞きたかねぇよ。 売れる? 売れない? だけでは計れねぇから 音楽はぶっ飛べんだよな!!」と彼の音楽愛あふれるメッセージが添えられている。なおタワーレコード、TOWERmini、タワーレコード オンラインでアルバム「BLACK TRAIN」を購入すると、応募抽選で30名にこのポスターがプレゼントされる。うち10枚は長渕のサイン付きとなるので、ファンはこの機会をお見逃しなく。

    またタワーレコードとTOWERminiでは、長渕が表紙を飾るフリーマガジン「bounce」最新号が8月25日より配布される。さらにアルバム発売を記念した長渕とタワーレコードのコラボグッズも多数登場。Tシャツ、ピック入りキーホルダー、ドッグタグ型ネックレス、モバイルバッテリーなどがラインナップされ、8月15日に販売開始となる。予約受付開始は8月1日正午より。

    ソース
    http://natalie.mu/music/news/242384
    長渕剛の「NO MUSIC, NO LIFE?」見本。
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_nagabuchitsuyoshi_nmnl.jpg 
    news_xlarge_nagabuchitsuyoshi_nmnl

    「長渕剛×TOWERRECORDSTシャツ」背面にはタワーレコードのロゴを模した「TSUYOSHI NAGABUCHI」の文字が。
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_tee02.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_tee02
     
    「長渕剛×TOWERRECORDSピック入りキーホルダー」は長渕剛のオリジナルピック2枚入り。
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_key02.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_key02

    「長渕剛×TOWERRECORDSTシャツ」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_tee01.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_tee01

    「長渕剛×TOWERRECORDSトートバッグ」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_bag01.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_bag01

    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_bag02.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_bag02

    「長渕剛×TOWERRECORDSタオル」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_towel.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_towel

    「長渕剛×TOWERRECORDSピック入りキーホルダー」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_key01.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_key01

    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_key04.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_key04

    「長渕剛×TOWERRECORDSピック入りキーホルダー」は長渕剛のオリジナルピック2枚入り。
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_key03.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_key03

    「長渕剛×TOWERRECORDSドッグタグ型ネックレス」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_necklace01.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_necklace01

    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_necklace02.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_necklace02

    「長渕剛×TOWERRECORDSモバイルバッテリー」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_battely.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_battely

    「長渕剛×TOWERRECORDSスマホポーチ」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_pouch.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_pouch

    「長渕剛×TOWERRECORDSファブリックパネル」はタワーレコード オンライン限定商品。
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_panel01.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_panel01

    「長渕剛×TOWERRECORDSファブリックパネル」見本
    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/tower/extra/news_xlarge_tower_nagabuchi_panel02.jpg 
    news_xlarge_tower_nagabuchi_panel02

    【長渕剛が「NO MUSIC, NO LIFE?」に初登場。「音楽はぶっ飛べんだよな!!」とギリギリ発言。】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/13(金) 18:57:53.46 ID:CAP_USER9
    “薬物使用疑惑”がついて回る大物歌手Xの信じられないエピソードをキャッチした。それも、あの歌手・ASKA(58)がらみというから無視できない。XとASKAは旧知の仲。にもかかわらず自らのコンサートにASKAが来ると知るや、スタッフに「楽屋に絶対入れるな!!」と目をつり上げ絶叫したというのだ。そんな「排除命令」を出したXの心情を関係者はどう見たか――。

     昨年、2度目となる逮捕をされたものの、不起訴となったASKAに、Xはビビりまくっているという。

     Xをよく知る音楽関係者は「ASKAの動向をXは、常に細かくチェックしていますよ。釈放されたときはとにかくピリピリしていました」

     大物シンガー・ソングライターであるXは、ASKAの先輩にあたる。以前からASKAとは親交も浅くない。普通に考えると後輩の釈放に喜びこそすれ、動向をマークしてナーバスになるとは、どういうことなのか?

    「下手にASKAと接触して、当局の捜査の手が自分に及ぶことを何よりも恐れているんです」と前出の関係者は説明。それほどXには常に薬物の噂が付いて回っている。
     捜査関係者がこう耳打ちする。

    「Xは普段、睡眠導入剤や精神安定剤などを複合的に使うことでケミカルな感覚を味わっていると聞きました。ただ、覚醒剤も使っているという話も根強くあります。仲が良かったある有名人が覚醒剤で逮捕されたとき、慌てて渡米しようとしていましたからね(苦笑)。結果的にしなかったようですが…」

     一方で、実際にバキバキに“キメている”写真を当局は押さえているとの情報もある。そんなXが都内某所で公演をしたときのことだ。ASKA相手にこんな騒動を起こしていた。

    「ASKAさんが関係者を通じて『コンサートに行きます』とXさんに伝えてきたんです。しかも『楽屋で会いたい』と。おそらく先輩へのあいさつをするためだと思いますが、Xさんの緊張が一気にマックスになったのは言うまでもありません。『見に来るのはいいけど、楽屋には来るなと伝えろ! おまえら、絶対入れるんじゃね~ぞ!!』と目をつり上げて吠えるなり、スタッフを関係者口などに緊急配置したんです。ただでさえ、ライブ前はピリピリしているのに、それはもう大変な騒ぎでした」(前出の音楽関係者)

     何とかASKAの“楽屋来訪”は食い止めたものの、その後一連の逮捕劇が話題になったこともあり、XはASKAの動向に異常に過敏になっているようだ。

     一方のASKAは不起訴となって釈放され、堂々と活動している。

     12月24日付で更新されたASKAのブログでは「Merry Christmas!!」のタイトルで新曲「FUKUOKA」の歌詞とユーチューブのアドレスが記されてあった。リンク先には「コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした」(原文ママ)というメッセージ。そして、この音源が未発表アルバム「Too many people」の一曲だということがつづられてある。

     レコード会社関係者は「さすがASKAさんという感じですね。『FUKUOKA』はメロディアスなピアノバラードとASKAさんの声が非常にマッチしている。とても覚醒剤依存症だったとは思えませんよ」と驚きを隠せない。

     今回の逮捕に至った経緯はブログからはよくわからず、依然として薬物疑惑は払拭できないものの、とりあえず復帰への第一歩となったのは間違いない。今後も何らかの形で新曲を発表していくものとみられる。

     そんなASKAを“排除”しようとしたXは、「FUKUOKA」をどんな思いで聴くのだろうか?

    東スポWeb 1/13(金) 11:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000004-tospoweb-ent
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/638648/
    http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/05994908ba5ee1ac4b9d3ac3610da335.jpg 
     05994908ba5ee1ac4b9d3ac3610da335

    【「ASKAを楽屋に入れるな!!」 旧知の大物歌手が絶叫騒動。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2016/12/12(月) 05:51:06.99 ID:CAP_USER9
    年末恒例のフジテレビ「FNS歌謡祭2016 第一夜」に出演した長渕剛が往年の名曲「乾杯」を歌唱する前に、様々な思いを込めたメッセージをギター一本で歌い上げた。メッセージの中で特に目立ったのが、マスコミ批判。今年2月、元プロ野球選手清原和博が覚醒剤取締法違反で逮捕された時に、実名を出して“仲間”と報じられており、よほど腹に据えかねていたからだ。一方、清原は最近になって東京に舞い戻って飲んでいる姿が目撃されており、ケンカ別れした長渕は再び落ち着かない日々を過ごすことになりそうだ。

     長渕は「乾杯」を歌い出す前に、政治や マスコミを批判するメッセージを付けた特別バージョンを披露した。「今日もマスメディアが正義のツラして話している」などと何度もマスコミ、ワイドショー批判を繰り広げた。朝のワイドショー「とくダネ!」のメーンMCで、同番組に出演していた小倉智明も苦笑いするしかないほど、強烈なものだった。

     音楽関係者は「ここにきてマスコミ批判をブチかましたのは清原の逮捕に絡んで、長渕本人も一部週刊誌に実名を出されて薬物疑惑を報じられたからでしょう。報道が出た時は本気で切れていましたから。ただ、さすがにどこも確証を取れず追いかけなかったからか、大事にはしなかったと聞いています」

     長渕がマスコミ批判をしたくなるのも無理はないが、ここ最近本人にとってあまり嬉しくない情報が駆け巡っている。

    http://tocana.jp/2016/12/post_11718_entry.html
    http://tocana.jp/2016/12/post_11718_entry_2.html

    「清原は薬物事件で5月に有罪判決を受けた後、地元の大阪に戻るとされていた。また沖縄での姿が写真誌に撮られるなど事件の舞台となった東京からは離れていたが、秋になって戻ってきたようです。普通に都内の飲み屋で何度も見られています」と芸能プロ関係者。

     長渕と清原はかつて蜜月関係だったのだが、清原がどんどんクスリにはまっていくのを見て、長渕は清原との関係を断ち切った。

    「清原はこのことを今でも恨んでおり、逮捕前から常々『長渕のことは絶対に許さない!』と口にしていました。今でもその気持ちは消えていませんよ」と前出関係者。

     現在は執行猶予中で特に仕事もない清原だが、「本の出版に向けて、出版社が動いている。初めは否定的だった 清原も、段々とその気になってきた。本を出すとなれば、どういう形かは分からないが、長渕のことが書かれる可能性はかなり高いだろう。そうなればワイドショーなどのマスコミも追いかけるだろうし、長渕にとっては面白くない状況になりかねない」とワイドショー関係者。

     清原がどう動くか、長渕としても目を離せないだろう。

    【清原和博『長渕のことは絶対に許さない!』・・・いよいよ「告白本」出版か?】の続きを読む

    images (1)


    1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2016/12/13(火) 12:35:16.76 ID:CAP_USER9
     はたして本当の評価は?

     12月7日に放送された音楽特番「2016FNS歌謡祭 第一夜」(フジテレビ系)に初出演し、
    大トリを飾った長渕剛のパフォーマンスがここしばらく話題だ。

     長渕はギター1本で代表曲「乾杯」を歌い上げたのだが、今回は本来の歌い出しの前に現代の
    日本の政治、マスコミ、音楽への批判。さらに、若者の貧困、地域の過疎化など日本が抱える
    問題にも触れた3分強にも及ぶ“魂の叫び”をギターの音に乗せて、披露。

    「おーう!」「うお~!」「はあっ!」と絶叫するなど、長渕節全開のトータル7分30秒の
    渾身のステージだった。

    「『歌の安売りをするのも止めろー!』『オリンピックもいいんだけどよぉ、若者の貧困どうする 
    地域の過疎化どうする 騙されねえぜマスコミ』など、アイドル系アーティストでは
    口にできないことをとにかくストレートにぶつけていたという印象。長渕ファンも
    世間の声を代弁した圧巻のパフォーマンスに惚れ直したようです」(エンタメ誌記者)

     しかし、長渕の自己陶酔も無念。中高生など、多くの若者たちには長渕の心の叫びは胸に
    響かなかったどころか、違う意味でツイッターが盛り上がってしまった。

    「メディアは拍手喝采とばかりの太鼓持ち報道が多かったようですが、長渕を歌番組で
    あまり見る機会がなかった若者たちからは『モノマネのお笑い芸人かと思った』
    『家族で見ていて恥ずかしくなった』『説教臭いオジサンて感じ』など、スベった芸人に
    対するようなツイートが目立っていました。むしろ称賛は一部。ほとんどがネタ扱いですから、
    ネット時代の怖さを改めて感じましたね」(前出・エンタメ誌記者)

     本気で怒っているなら、マスコミという大雑把なものを敵視せず、海外の社会派シンガーの
    ように権力者の実名を出すべきとも感じるが、歌謡特番の大トリを飾るに相応しい大反響を
    呼んだのも事実。長渕の破天荒キャラだけは、若者も思い知ったことだろう。

    (佐伯シンジ)

    http://www.asagei.com/71845

    【【渾身のナガブチギャグ不発】長渕剛「FNS歌謡祭」での“魂の叫び”は若者にはまったく届かず。「スベッた芸人」扱い。】の続きを読む

    ダウンロード


    378: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/12/07(水) 23:41:40.41 0



    ※オリジナル動画が削除されていたので新たにアップしておきます。(管理人)

    385: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/12/07(水) 23:42:23.06 0
    >>378 
    腹いてえwwww

    192: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/12/07(水) 23:23:13.64 0

    208: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/12/07(水) 23:25:05.23 0
    >>192
    おっさん痛すぎ

    243: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/12/07(水) 23:29:01.29 0
    >>192
    ワロタw

    【【FNS歌謡祭】長渕剛が壊れた。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/08/10(水) 15:16:01.89 ID:CAP_USER9
    8月4日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、ものまねタレントのコロッケ(56)が出演。
    歌手の長渕剛(59)のものまねが、本人非公認であることを明かし、ダウンタウンの浜田雅功(53)、松本人志(52)らに心配される場面が見られた。

    この日の番組は「全員モノマネ芸人SP」。
    コロッケは映画「崖の上のポニョ」の主題歌を、長渕のものまねで歌う芸を披露。
    コロッケ独特のアレンジで、浜田や松本らを「ホンマにヤバイ!」「アカン、この人ホンマにヤバイ」と爆笑させていた。

    その後、トークコーナーで浜田から「公認なんかないですよね?」と、長渕にものまねをやっていることを伝えているか聞かれたコロッケは
    「あの、唯一、お会いしていない方なんですよ」と告白。さらに「他の方の(ものまねの)応援で出てて、長渕さんもいらっしゃって。
    ちょっと向こうから、ちらっと姿が見えて、僕はすぐトイレに隠れました」と、自ら避けていることを明かした。

    さらに松本から「噂レベルも聞いてないですか?」と、長渕が実は知っているのではないか聞いたところ、「なんにも(情報は)入ってこないですね。
    たぶんご本人までいってないんじゃないかな」とコメント。
    続けて「だから、まだ大っぴらにやれる」と、面識がないからこそできる芸だと説明していた。
    また、長渕本人には怒られていないが、ファンから「大事な曲を“なにをするんだ!”“ふざけんな!”と、30分くらい外で説教くらって」と、
    怒られたことがあると明かし、出演者たちを爆笑させていた。

    「ものまねされる側からすると、よほどひどい場合以外は自分の歌の宣伝になるので、ものまねに対して、おおむね好意的なようです。
    かつて『キンタロー。』(34)が、前田敦子(25)のものまねをしてファンからバッシングを受けましたが、
    前田本人が“公認”と取れる発言をしたため、“さすがあっちゃん、器が大きい”と、前田の評価が上がったことがあります。
    長渕もあえてコロッケのものまねを公認すれば、評価も上がるんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)ーーここはあえての公認で!

    http://dailynewsonline.jp/article/1177757/
    2016.08.10 14:00 日刊大衆

    【「コロッケふざけんな!」長渕剛のものまねで激怒されていた!? 】の続きを読む

    このページのトップヘ