メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/05(日) 08:29:32.80 ID:CAP_USER9
    12月2日(金)にニュー・アルバム『ブルー&ロンサム』をリリースしたザ・ローリング・ストーンズ。

    現在発売中の『ロッキング・オン』3月号には、3日間でレコーディングを終えたと言われる制作の舞台裏や、メンバーがブルースへの思いを語った最新インタビューが掲載されている。

    ストーンズは1960年代初期にブルースとR&Bのカバー・バンドとしてスタートしたが、いつしかブルース・ファン向けではなく、ロックンロール・バンドとして成長していくこととなる。その境目について問われると、ミック・ジャガーは当時を振り返り、以下のように話した。

    「そもそも俺達のファンは別にブルース純粋主義者じゃなかったと思うよ。確かにクラブを経営してたのはブルース純粋主義者だったろうけど、オーディエンスは喜んでロックを聴いてた。

    でも、トラディショナル・ジャズ・ナイトとモダン・ジャズ・ナイトに分かれていて、それぞれ違う客が来る。

    どれもこれもちっぽけな箱に収められ、箱から箱へ移動することはできなかった。だからストーンズはそこから抜け出すしかなかったんだよ。

    俺達はそこを離れ、映画館とかダンス・ホールとか、当時のブリティッシュ・ロックをアンプでがんがん響かせる場所に出るようになった」

    こうして、ストーンズはロック・バンドとして知られていくことになるが、ブルース音楽はメンバーの心の中にルーツとして常にあったという。ミックはその思いを込めたアルバムの手ごたえを、以下のように語った。

    「このアルバムは、自分達がどこから来たか、その土台に立ち返るものだ。今でもお前達にそういうものがやれるのか?って思うわけだよ。俺は家でブルースを聴くけど、バンドでプレイすることはそんなにない。

    それからすると『お前、こんなのやれるのか?』となるだろ。どうやらやれたみたいで嬉しいよ」

    RO69(アールオーロック) 2/3(金) 20:03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00155428-rorock-musi

    【ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、ブルース・バンドからロック・バンドへの転換期を語る。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2017/01/21(土) 22:10:48.70 ID:CAP_USER9
    スタジオ・アルバムを10年以上リリースしていないザ・フーだが、ザ・ローリング・ストーンズの新作『Blue & Lonesome』に影響を受け、新しい音楽制作への意欲がぐっと高まったそうだ。

    ピート・タウンゼントは『Music Week』のインタビューで、こう話した。「ストーンズはブルース・アルバムを作り、すごく上手く行ったよね。それでいま、ザ・フーも同じことをすべきだって、みんなから提案されているんだ! ロジャー(・ダルトリー)と僕はこれまでも何度か曲やアルバムを作ろうって企ててきたけど、いま、これまでになく楽観視してるんだよ。だって、クリエイティブ面でロジャーはすごく成長したからね。何かできるんじゃないかって楽観してる」

    ザ・フーの新作は2006年の『Endless Wire』以来となる。

    ザ・フーは、2017年春、ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホールで開かれるロジャー・ダルトリー主催のチャリティー・コンサート<Teenage Cancer Trust>で『Tommy』をアコースティック・パフォーマンスするほか、<Back To The Who Tour 51!>でUK5都市でプレイする。

    Ako Suzuki

    ソース
    https://www.barks.jp/news/?id=1000137313
    https://img.barks.jp/image/review/1000137313/001.jpg 
     001

    【ザ・フー、ストーンズに刺激され「新作があるかも。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: ちくわ部φ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/12/09(金) 17:40:02.26 9
    英BBCなどによると、ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガーさん(73)に8日、
    8人目の子供が生まれた。

     2014年から交際している米国人バレリーナ、メラニー・ハムリックさん(29)が、米ニューヨークの
    病院で男児を出産した。

     ジャガーさんの広報担当者は、「2人はとても喜んでいる。誕生時、ミックは病院にいた。母子共に健康だ」
    との声明を発表した。

     ジャガーさんにはこれまでに、過去の交際相手ら4人との間に17歳~46歳の子供7人と孫5人がおり、
    14年にはひ孫も誕生している。

    http://www.yomiuri.co.jp/world/20161209-OYT1T50064.html

    【「ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガーさんに8人目の子供が誕生。「元気なお爺ちゃん」「羨ましい」と話題に。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 18:11:51.77 ID:CAP_USER9
    11月9日にアメリカ大統領選挙に勝利したことが判明したドナルド・トランプは、勝利宣言の退場曲に
    ザ・ローリング・ストーンズの“You Can’t Always Get What You Wan(邦題:無情の世界)”を使用している。

    ワイドショーを賑わす億万長者から共和党の大統領候補になったドナルド・トランプだが、過半数である270人を超える
    選挙人を獲得したことが確実となり、民主党候補のヒラリー・クリントンと争ったアメリカ大統領選挙で勝利している。
    ドナルド・トランプは激戦州と言われるフロリダ、オハイオ、アイオワ、ノース・キャロライナでヒラリー・クリントンを上回る結果となった。

    ニューヨークの集会に姿を現したドナルド・トランプは正式にアメリカ大統領の座を受けることを表明し、有権者の支援に感謝の意を表明している。
    スピーチの後、集会ではザ・ローリング・ストーンズの“You Can’t Always Get What You Want”がかけられている。

    この選曲についてソーシャル・メディア上では多くの怒りを生む事態となっている。

    その模様はこちらから(“You Can’t Always Get What You Want”は16分4秒から)。
    https://www.youtube.com/watch?v=Wn9_z0e819U



    ドナルド・トランプはその選挙活動で音楽を使うことで、多くのミュージシャンの怒りを招いていて、
    アデル、クイーン、R.E.M.といったアーティストが自身の楽曲を使わないよう要請している。
    ドナルド・トランプはザ・ローリング・ストーンズにも楽曲の使用を禁止されたが、それを拒否している。

    今年5月に発表された声明で、ザ・ローリング・ストーンズはドナルド・トランプに
    楽曲の使用を許可していないと指摘し、「今すぐに使用を中止するよう」要請していた。

    ソース
    http://nme-jp.com/news/29147/

    【ドナルド・トランプ、勝利宣言の退場曲にローリング・ストーンズの“無情の世界”を使用。】の続きを読む

    ダウンロード (13)


    1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2016/10/16(日) 13:46:52.92 ID:CAP_USER9
    ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞、ロック界では久々のめでたいニュースに世界中が湧き立っているが、依然として自身の受賞コメントはなし。
    10月13日のラスベガス公演でも、14日の「デザート・トリップ」でも、一言も何も言わなかったそう。

    オフィシャルtwitterでは、オバマ大統領のツイートを「リツイート」し、それがニュースになっている模様。
    https://twitter.com/bobdylan

    10月14日に出演した「デザート・トリップ」のステージでは、アンコールにて2013年ローマ公演以来約3年ぶりに〝ライク・ア・ローリングストーン〟が演奏された。
    https://www.youtube.com/watch?v=QqDzOTXZGOk



    続いての出演はローリング・ストーンズ! ミックとキースが以下のお祝いのコメントをのべた。
    ミック「 We have never shared the stage with a Nobel Prize winner before. Bob is like our own Walt Whitman. 」
    キースのコメントは、こちらの映像で見れます。
    https://www.youtube.com/watch?v=N59AeDebK1I



    そして、バックステージでは、ポール・マッカートニーの娘、ステラ・マッカートニーとの2ショットも!?
    https://twitter.com/StellaMcCartney/status/787352004721045504

    ちなみに、10月13日のラスベガス公演では、〝運命のひとひねり/Simple Of Twist Of fate〟でギターを持って歌い、ファンを驚かせた。
    今年4月の日本公演でもピアノとヴォーカルのみで、近年ほとんどギターを弾いていなかったとか。 (井上貴子)
    https://www.youtube.com/watch?v=c8PD3TfB7As



    ソース
    http://ro69.jp/blog/rockinon/150004

    【ボブ・ディラン、3年ぶりに〝ライク・ア・ローリング・ストーン〟を演奏。続いて出演したミック&キースが祝辞。 】の続きを読む

    ダウンロード (15)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/10/06(木) 05:31:07.91 ID:CAP_USER9
    R・ストーンズ、10年ぶりにアルバム発表か ツイッターに動画
    2016年10月05日 10:33 発信地:ニューヨーク/米国

    【10月5日 AFP】英ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)」が、
    10年以上ぶりにスタジオアルバムを発表する直前であることをほのめかしている──。
    作品は、シカゴブルース(Chicago blues)の名曲のカバー集になるようだ。

    ストーンズの公式ツイッター(Twitter)には4日、「来る10月6日」という意味深なメッセージとともに、
    ボーカルのミック・ジャガー(Mick Jagger)やギタリストのキース・リチャーズ(Keith Richards)らが、
    ハーモニカに合わせてごりごりのブルースをジャムセッションしている短い動画が投稿された。

    ストーンズはそれ以上の詳細を明らかにしていないが、米国人プロデューサーで
    過去20年にわたってストーンズのスタジオセッションをプロデュースしてきたドン・ウォズ(Don Was)は、
    同バンドがシカゴブルースの曲を録音したアルバム制作を行ったと述べている。

    先週、日刊紙フィガロ(Le Figaro)の取材に応じたウォズは、レコーディングに要したのは
    わずか3日だったこと、録音はマイクのみで行われたこと、リアルで正統派の雰囲気を保つために
    サウンドを加工しなかったことなどを明かしている。

    作品には、隣接するスタジオでアルバムのレコーディングを行っていた英ロックギタリストの
    エリック・クラプトン(Eric Clapton)も飛び入り参加したとされる。

    リチャーズは、日ごろからシカゴブルース好きを公言しており、英イングランド(England)での
    少年時代に始めたギターの演奏にもその影響を受けていることを明らかにしている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/0/500x400/img_60023628630acdf41d575e4e03deafaf194522.jpg 
    img_60023628630acdf41d575e4e03deafaf194522

    http://www.afpbb.com/articles/-/3103252

    【ローリング・ストーンズ、10年ぶりにアルバム発表か。ツイッターに動画。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/05(木) 13:57:12.86 ID:CAP
    ローリング・ストーンズ、トランプ氏に楽曲使用取りやめ要請

    世界的ロックバンドであるローリング・ストーンズが、アメリカ大統領選挙で共和党からの指名を
    確実にしたトランプ氏に対し、集会などで自らの楽曲を使わないように要請しました。

    トランプ氏は自身の集会の際に「スタート・ミー・アップ」など、ローリング・ストーンズの楽曲を
    使用することで知られています。これについて、バンドの広報担当者はアメリカのタイム誌に対し、
    「トランプ氏陣営に楽曲の使用許可を出したことはなく、全ての楽曲の使用を速やかに取りやめるよう求める」
    と語りました。これに対して、トランプ氏側から今のところ明確な回答はないということです。

    トランプ氏の集会ではシンガーソングライターのニール・ヤングさんや
    イギリスのアーティストのアデルさんらが自らの楽曲を無断に使われていることに抗議し、
    トランプ氏陣営が使用を取りやめた経緯があります。

    アメリカの選挙キャンペーンでは、著作権料を支払っている限り、必ずしもアーティスト側の
    許可を得る必要はないとされており、しばしば今回のような問題が起きています。
    (05日08:42)

    TBS Newsi
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2765692.html

    【ローリング・ストーンズ、トランプ氏に対し集会などで自らの楽曲を使わないように要請。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 元ジャニーズJr. ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/13(火) 21:29:04.42
    ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが、レッド・ツェッペリンは「空っぽだった」とし、一方でロジャー・ダルトリー率いるザ・フーは「見た目だけ」と発言している。

    キース・リチャーズは今年に入ってから、ザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を「駄作」とコメントしており、他のロックンロールの
    大物バンドについて訊かれた際、自分たちと同じような大物バンドはほとんど好きではないことを認めた。

    「(ギタリストの)ジミー・ペイジは大好きだが、バンドとしては好きじゃない。ジョン・ボーナムが高速道路を18輪の暴走トラックですごい音を立てて走ってるみたいだから
    な」とレッド・ツェッペリンに関して米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「ジミー・ペイジは市場を独占したよな。素晴らしいギタリストだ。でも、俺はいつも、何かちょっ
    と空っぽな印象を受けるんだよ、分かるかな?」

    ザ・フーの話に移ると、キース・リチャーズは、ヴォーカルのロジャー・ダルトリーは「見た目だけ」の存在で、ドラマーのキース・ムーンは他人と演奏することに関しては
    「ダメなやつ」だったと発言している。

    「キース・ムーンは世界中で他の誰よりもピートと上手く演奏できた。でも、もしあいつが他のやつとのセッションに放り込まれたら、酷いもんだっただろう。それは全然悪
    いことじゃないんだ、一本しか筆がなくても、すごいことができるんだよ」

    キース・リチャーズの多くのバンドに対する見解は、次の発言にまとめられるかもしれない。自身の新しいソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』について聞かれたキース・
    リチャーズはインタヴューを次のように締めくくっている。「俺は昔から、あんまり他のイギリスのロックンロールバンドに興味がなかったんだよな、実は。というか、全然
    興味がなかったんだ」

    一方で、キース・リチャーズは最近、ザ・ローリング・ストーンズが来年新しいスタジオアルバムを制作し始めるかもしれないと語っている。

    『エンターテイメント・ウィークリー』のインタヴューで、キース・リチャーズは、ツアーの日程を終えたら、できるだけ早くバンド・メンバーとレコーディング・スタジオに入りたい
    と語っている。「ストーンズでスタジオに入ろうとしているところなんだ。だけど、今年については、正直に言ってどうなるか分からないけどね」

    さらにキース・リチャーズはこう続けている。「(来年の)2月と3月で南アフリカの公演を終えたら、4月にはスタジオに入りたいんだ。だけど、他の連中のことも分かってる
    からね。やつらはツアーを終えたら、なんにもやりたくないだろうな」

    http://nme-jp.com/news/6348/

    【キース・リチャーズ、ツェッペリンは「空っぽ」、フーは「見た目だけ」と批判。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/10(土) 20:11:10.75
    ザ・ローリング・ストーンズの「サティスファクション」のCDシングルが、
    10月9日に発売となった。

    名曲「サティスファクション」は、今年7月に発売50周年を記念して
    12インチ・アナログ盤が輸入盤で発売となったが、このCDシングルは
    日本のみの発売で、7インチ・サイズの紙ジャケ仕様でナンバリングが入った商品だ。
    初回日本盤シングル・ジャケットも復刻され中に封入されている。

    1963年にレコード・デビューを果たしたザ・ローリング・ストーンズは、
    以降、本国イギリスと、アメリカの両国でアルバムとシングルをコンスタントに発表していった。

    アメリカのヒット・チャートで初めて1位に輝き彼らを大スターに押し上げたのが、
    1965年6月にリリースされたシングル「サティスファクション
    (原題:(I Can't Get No)Satisfaction)」だった。

    この曲のオープニングを飾る最も有名であろうギター・リフは
    キース・リチャーズのアイディアによるもので、彼らがアメリカをツアーしていた期間の
    とある夜中に、夢うつつの状態のキースがポータブル・テープ・レコーダーに
    録音したフレーズを発展させたものだという。

    1965年5月の初頭、フロリダ州クリアウォーターにあるガルフ・モーテルの
    プールサイドで、キースがミック・ジャガーにそのリフと「(I Can't Get No)Satisfaction」
    というタイトルを聞かせると、ミック・ジャガーは即座に歌詞を書き上げたという
    エピソードが残されている。

    ザ・ローリング・ストーンズ「サティスファクション」
    2015年10月9日発売
    CD MAXI SHM-CD UICY-77523 1,500円+税
    ※初回完全生産限定
    >>7インチ紙ジャケ仕様/ナンバリング入り
    ※初回日本盤シングル・ジャケットを復刻封入
    1.サティスファクション
    2.ウェスト・コーストの宣伝屋
    3.クモとハエ


    http://img.barks.jp/image/review/1000120503/001.jpg
    http://www.barks.jp/news/?id=1000120503
    2015-10-09 13:42:18

    【ザ・ローリング・ストーンズが今更「サティスファクション」のCDシングルを発売。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 05:53:01.04 ID:???*.net
    世界最強のロックンロールバンド、ザ・ローリング・ストーンズのギタリスト、
    キース・リチャーズ(71)が17日、サンケイスポーツに特別メッセージを寄せた。
    18日、実に23年ぶりとなるソロアルバム「クロスアイド・ハート」を世界同時発売するキース。
    日本盤にはボーナストラックはもちろん、サイン入り色紙の抽選券など、日本限定の特別企画が満載だ。

    ミック・ジャガーとの2枚看板でストーンズを支えるキース。
    無数の神話と名曲を残してきたロックンロールの“ラスト・レジェンド”が、
    23年ぶりのソロアルバムを世に放つ。

    「レコーディング中、俺は世界中のありとあらゆる音楽から影響を受けているのを痛感した。
    そういう音を人に伝えようと曲を書くのが、ミュージシャン魂ってやつだ」

    キースはミックとの“冷戦期”の1988年に初のソロアルバム「トーク・イズ・チープ」を発表。
    その後ストーンズの活動が安定し、92年の「メイン・オフェンダー」が2作目にして
    最後のソロ盤となっていた。

    「ロックンロールにはユーモアが必須条件なんだ。シリアスな方へ走った連中もいたけれど、
    ロックンロールは楽しくて、体を動かしたくなって、ハッピーにしてくれなきゃダメなんだ」

    半世紀を超える音楽生活で得た、最初で最後の“サティスファクション”が今作だ。
    その世界同時発売を日本でも盛り上げるべく、日本盤にはさまざまな特典が盛り込まれる。

    定番のボーナストラックには、親友のジャマイカ人レゲエアーティスト、リー・スクラッチ・ペリーと
    コラボした「ラヴ・オーヴァーデュー」を収録。CDには抽選で直筆サイン色紙を5人に
    プレゼントする応募券を封入する。

    キースのような超大御所が、こうしたプレゼント企画を承諾するのは極めて異例だ。
    「ロックンロールに国境はない。日本のみんな、一緒にクールでいようぜ!」

    キースが開く23年ぶりのパーティーに、参加しないのはもったいない。

    (紙面から)

    ・「ソロワークはストーンズのためにもなる」と語るキース・リチャーズ (撮影・梨子田まゆみ)
    http://www.sanspo.com/geino/images/20150918/geo15091805040014-p1.jpg
    http://www.sanspo.com/geino/images/20150918/geo15091805040014-p4.jpg
    ・「クロスアイド・ハート」ジャケット写真
    http://www.sanspo.com/geino/images/20150918/geo15091805040014-p6.jpg
    http://www.sanspo.com/geino/news/20150918/geo15091805040014-n1.html
    2015.9.18 05:04

    【23年ぶり!ローリング・ストーンズのキース・リチャーズがソロアルバム世界同時発売!!】の続きを読む

    ダウンロード


    1: しずぼん ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/04(金) 22:01:15.74
    キース・リチャーズはヘヴィメタルとヒップホップが嫌いで、メタリカやブラック・サバスを冗談だと見ているそうだ。

    「ロックは死んだ」とコメントするミュージシャンは少なくないが、キースにとってはずっと前からそうだったという。

    「俺には鈍いドスンっていう衝撃音にしか聞こえないよ。大半のバンドはシンコペーションなんてお構いなしだ。
    バウンスもリフトもシンコペーションもなく、エンドレスにドスンドスンやり続けている」

    「メタリカやブラック・サバスを愛する連中がたくさんいるが、俺は、彼らは最大級のジョークだって思ったよ」

    ヒップホップに関しては、「ラップの功績は、この世には音痴な連中がたくさんいるって明らかにしたことだ。
    あいつらは、ドラム・ビートと誰かがそれに合わせて叫んでいればいい。それでハッピーだ。音符の区別がつかない
    連中向けの市場はどでかいよ」と話した。

    http://img.barks.jp/image/review/1000119445/001.jpg

    http://www.barks.jp/news/?id=1000119445

    【ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ「ヘヴィメタルとラップが大嫌い。メタリカやブラック・サバスはジョーク」】の続きを読む

    images (1)


    1: アンクルホールド(福岡県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/16(日) 10:35:38.69 ID:9dY8JA9W0
    アートディレクターの佐野研二郎氏(43)が火だるまだ。東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場のロゴに似ていると
    「盗作」を疑われ、その後、サントリーのトートバッグのデザインについても同様の声が上がった。13日、サントリーは
    バッグのデザイン30種類のうち8種類を撤回。佐野氏は14日、トートバッグの盗作を認めただけに立場は苦しい。

     その佐野氏にまた、新たな疑惑が浮上した。
    同氏が手掛けたTシャツのデザインに、あるアーティストの写真が使われたのではないかというのだ。

     Tシャツは英国のロックグループ「ローリング・ストーンズ」の意匠をあしらったもので、キャンペーン名は
    「ザ・ローリング・ストーンズ OFFICIAL T―SHIRTS」。佐野氏は数種類のデザインを手掛けたが、
    そのひとつにフランスのギタリスト、ビレリ・ラグレーンに似た写真が使われているのだ。ラグレーンはジプシージャズの第一人者である。

     佐野氏に詳しい事情を聞こうと事務所に電話したが、「担当者が会議中」との答え。
    その後、深夜になってHPを見るよう連絡があった。HPでは
    「過去の作品については、制作過程に、法的・道徳的問題は確認されていない」という主張だった。

     騒動は簡単にはおさまりそうにない。
    http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/162/771/b491dac8c3ac7dc9526984d193bf7f7920150815140919010.jpg

    http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/162771/1

    【【やりおった!!】東京五輪ロゴの佐野研二郎氏、ローリング・ストーンズのTシャツに無関係のジャズ奏者の写真をコピペ】の続きを読む

    このページのトップヘ