メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード (2)


    1: きのこ記者φ ★ 2018/01/20(土) 10:46:54.72 ID:CAP_USER9
    昨年ヨーロッパを中心に行われた『WE ARE X』プレミア・ワールドツアーの動画が、YOSHIKIのオフィシャルYouTubeにて公開された。

    この映像の冒頭で、YOSHIKIは「自分がこのように世界を駆けめぐることで、HIDEの偉大さをみんなに伝えることができる」とが語っている。

    映像には、世界各国(ドイツ、フランス、フィンランド、スウェーデン、イタリア、中国、ロシア、日本、メキシコ、アメリカ、オーストリア、オランダ)での
    舞台挨拶の様子や、日に数十本単位で受ける現地メディアのインタビュー風景、感動のあまり泣き出すファンが続出する映像などが収められている。
    いかにX JAPANが世界中にファンを持つ、唯一無二のロックバンドであるかということが、各国の熱狂的ぶりから見て取れる。

    また、世界のスターたちが映画『WE ARE X』についてコメントを寄せており、マリリン・マンソンからは「YOSHIKIは誰も味わったことのないような
    経験をたくさんしてきた。それが今の彼を形成しているのだと思う。彼は俺の親友だ。そして、今、楽曲を一緒に製作している」と、
    YOSHIKIと現在レコーディングしていることが明らかにされた。

    そしてバックストリートボーイズのA.J.は「映画の最後には涙が止まらなかった。僕もYOSHIKIのような人間になりたい。
    彼が経験してきた数々の困難……ふたりのメンバーの死と、そして幼少期に経験した父親の死。それに対する彼のリアリズムや
    どこまでも謙虚な姿勢に引き込まれた」、さらにKISSのジーン・シモンズは「彼にはカリスマ性があり、文句なしに最高。
    世界一になるべきだ」と絶賛している。

    2016年1月のサンダンス映画祭への出品を皮切りに、月末のモスクワ公開を含め、これまで実に世界29もの国と地域で
    上映されている映画『WE ARE X』。YOSHIKIが、東洋と西洋に立ちはだかってきた壁をどこまで壊せるのか、
    また彼の率いるX JAPANがこれからどのような道のりを歩み、どんな“前代未聞”に挑んでいくのか。今、世界中の熱い視線が注がれている。

    なお、X JAPANは4月12日と21日(現地時間)に行われる米国最大規模のロックフェスティバル『コーチェラ2018』への
    出演が決定しており、歴史に残るステージに期待が高まる。

    https://www.m-on-music.jp/0000249380/

    【マリリン・マンソン、A.J、ジーン・シモンズら世界のスターがYOSHIKIに熱いコメント。「彼みたいになりたい。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 豆次郎 ★ 2018/01/11(木) 12:47:52.98 ID:CAP_USER9
    1月9日、「マツコの知らない世界」(TBS系)でX JAPAN・YOSHIKI(年齢非公表)の特集が放送された。番組ではファンの代表として、自称「YOSHIKI以上にYOSHIKIを知る女性」さかいさん(37)がX JAPANの歴史を解説。この女性の「YOSHIKI愛がすごい」と、ネット上で話題になっている。

    YOSHIKIがプロデュースする48万6千円の着物「YOSHIKIMONO」を身にまとって登場したさかいさん。YOSHIKIが今までに出たテレビや雑誌のインタビュー、ファンクラブの会報、イベントなどを全て網羅しているという。

    ファンになった当時OLだったさかいさんは神出鬼没なYOSHIKIを追いかけるため、会社を退職。「ウェブ系なら世界中どこでも仕事ができ、時間の融通がきく」という理由で、一から勉強してウェブ関係の会社を立ち上げ、経営者になった。

    さかいさんはYOSHIKIについて「神様です」「結婚はしていないがYOSHIKIさんと結婚したいわけではない」「(YOSHIKIの出身地の館山を)日本の首都にするべき」と名言を連発。番組にYOSHIKIが登場し、隣に座ると「近づけない、もやがかかって発光してる」と焦った姿を見せた。

    そして「YOSHIKIに会うために2千万以上使った」という驚きの告白も。YOSHIKIがプロデュースするクレジットカードで10,000ポイント(約1千万円)貯めると、YOSHIKIに会える特典がついているのだという。今はYOSHIKIのスケジュール待ちの状態だといい、YOSHIKIは「2回これからお会いできる」と優しく応答していた。

    ちなみにほかの特典は12,000ポイントで「YOSHIKIと一緒にスタジオで未発表曲を試聴」、15,000ポイントで「YOSHIKIがスタジオでピアノ生演奏をして、その内容を録音したCDに、直筆サインを入れてプレゼント」。

    ネット上では、これらの特典に「豪華すぎる」と衝撃を受けた人も。またファン代表のさかいさんについて「熱狂的なファンなのに、本人を前にして泣かずに冷静に話せてすごい」「ファンの鑑だ」などと、賛辞の声が上がった。

    https://jisin.jp/smart/serial/エンタメ/エンタメ/32196
    https://data.jisin.jp/contents_img/138/047/138047.jpeg 


    【“1千万円使えばYOSHIKIに会えるカード”に視聴者衝撃。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 渋柿の木 ★ 2018/01/09(火) 23:20:40.13 ID:CAP_USER9
    X JAPANのYOSHIKIが、9日放送のTBS系「マツコの知らない世界」に出演し、
    過激なドラムパフォーマンスの内幕をぶっちゃけた。

    YOSHIKIといえば超高速ドラミングで知られるが「当時は何か目立つことがないと。なんかわかりやすいじゃないですか、一番早いとか、そういうのが1個あるとっていう」と、
    戦略的に行っていたことを説明。
    「途中から『これはもう音楽と関係ないんじゃないか』ぐらいに」と、自分でも思っていたという。

    ドラムセットの破壊については「こういう世の中なんで、また炎上すると思うんですけど、ドラムのメーカーが僕に『壊してくれ』ってくれるわけですよ。
    僕が壊せば壊すほどドラムが売れるんですよ。また今日も壊さなきゃいけないですか?っていうぐらいな…」と、オトナの事情を打ち明けていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000157-dal-ent

    【YOSHIKI「また炎上する・・・」 過激なドラムパフォーマンスの内幕を告白。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ストラト ★ 2018/01/01(月) 21:09:12.64 ID:CAP_USER9
    歌手のGACKTが1日放送のABC・テレビ朝日系の正月恒例特番『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』(後6:00~9:00)に出演。
    “一流芸能人”としての個人連勝記録を55に伸ばしただけでなく、YOSHIKIとのペアでも全勝を果たした。

    GACKTの個人51連勝中で迎えた今回の放送。
    「5年前からずっと(出演を)お願いしていた」というX JAPANのYOSHIKIを相棒に迎えた最強タッグで臨んだ。今回、2人が“AB部屋”どちらかに入った瞬間に、ほかの出演者たちがまるで正解したかのような気になってしまうのを防ぐため、出演者も視聴者もシャットアウトしたYOSHIKI&GACKT専用の“AB部屋”が用意されたほど、事前の期待値も高かった。

    その前評判に違わず「100万円のワイン」、「ベテランの和楽器演奏」、「高級キャビア」、「総額39億円の名器による弦楽器演奏」、「1億円の盆栽」、「最高級神戸牛」と2人で危なげなく連勝を積み上げ、一流芸能人の格を守りきった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000320-oric-ent

    『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』GACKTとYOSHIKI
    http://pbs.twimg.com/media/DSdCuGkV4AIJHqY.jpg
    DSdCuGkV4AIJHqY

    http://pbs.twimg.com/media/DSdCuHMU8AI1YeF.jpg 
    DSdCuHMU8AI1YeF

    【『格付け』GACKTの個人連勝55に。YOSHIKIとの最強コンビでも全勝。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2017/12/11(月) 05:15:20.25 ID:CAP_USER9
    2017年12月10日 21:31

    hide没後20年、2018年春に大規模メモリアルライブ2DAYS開催決定

    2018年に没後20年を迎えるhideのメモリアルライブイベント「hide 20th memorial SUPER LIVE『SPIRITS』」が、4月28、29日の2日間にわたって東京・お台場野外特設ステージで行われることが発表された。

    これは本日12月10日に神奈川・CLUB CITTA'で開催されたhideの生誕イベント「hide Birthday Party 2017」のエンディングにて、hideの実弟でヘッドワックスオーガナイゼーションの松本裕士代表取締役が告知したもの。
    松本氏は「私たちはみんなの笑顔が見たくて、みんなに喜んでほしくてこれまでやってきました」と話してから、イベントの開催および第1弾出演者としてhide with Spread Beaverを発表。
    「たくさんの人たちが応援してくれています。もうこんなことはできない。本当に最後だと思うくらいの気持ちでがんばるので、皆さんこれからもよろしくお願いします」と来場者にメッセージを送った。

    なお本日の公演では、1998年5月2日にhideが他界してからこれまでを振り返る映像が放映され、映像の終わりに「hide 20th Memrial Project」と銘打ったプロジェクトの始動が明かされた。
    hideのドキュメンタリー映画が2018年に公開予定であることや、1998年にhideが遺した貴重な声と映像をまとめたメモリアルボックスセット(タイトル未定)と、
    hideと共に楽曲制作を行ってきた盟友I.N.A.(hide with Spread Beaver)がつづった書籍「君のいない世界 ~hideと過ごした2486日間の軌跡~」がそれぞれ来春に発売されることなどが明らかになった。
    詳細は「hide 20th Memrial Project」の特設ページで確認を。

    ◆hide 20th memorial SUPER LIVE「SPIRITS」

    2018年4月28日(土)東京都 お台場野外特設ステージ
    <出演者>
    hide with Spread Beaver / and more

    2018年4月29日(日・祝)東京都 お台場野外特設ステージ
    <出演者>
    hide with Spread Beaver / and more


    「hide 20th Memorial Project」ロゴ
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2017/1210/hide20thmemorial_logo_fixw_730_hq.jpg 
    hide20thmemorial_logo_fixw_730_hq

    https://natalie.mu/music/news/260427

    【hide没後20年、2018年春に大規模メモリアルライブ2DAYS開催決定。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2017/12/09(土) 05:17:16.79 ID:CAP_USER9
    2017/12/8 16:00

    Toshl、RYUICHIや清春と2ショット ファン興奮「神と神と神!」

    SUGIZOのソロデビュー20周年を記念したツアーにてファイナル公演に、Toshl、RYUICHI、清春がスペシャルゲストとして登場した。ToshlのInstagramには彼らと撮ったツーショットが公開されており、大きな反響を呼んでいる。

    11月19日宮城県石巻市からスタートした『SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth』のファイナル公演が今月6日、Zepp Tokyoで開催された。
    スペシャルゲストとして、オリジナルアルバム『ONENESS M』(11月29日リリース)に参加したToshl、RYUICHI、清春が招かれ、奇跡のコラボが実現したのだ。

    そのファイナル公演翌日、『Toshl toshl_officia Instagram』に投稿されたRYUICHI、清春それぞれとのツーショットにフォロワーは歓喜の声をあげている。
    コメント欄には「スーパーボーカリスト大集合ですね」「震えるツーショット!」「豪華なボーカリスト。ゴールドトゲトゲもかっこいい」「神と神と神や」「3人ともカッコよすぎるー」といった声や、
    「凄い豪華なLIVEでした。同じ時間を共有できたことが幸せです」と実際に会場に足を運んだ方からの声も見受けられた。

    画像は『Toshl 2017年12月7日付Instagram「特集第二弾!#sugizo #ライブ」』のスクリーンショット


    特集第二弾!#sugizo #ライブ #zepptokyo [toshl_officia]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/25006077_557047097968680_2368773054718279680_n.jpg
    25006077_557047097968680_2368773054718279680_n

    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/25012809_1945089042478554_5170919497992765440_n.jpg
    25012809_1945089042478554_5170919497992765440_n

    http://japan.techinsight.jp/2017/12/miyabi12081406.html

    【Toshl、RYUICHIや清春と2ショット、ファン興奮。「神と神と神!」】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2017/10/15(日) 04:42:33.87 ID:CAP_USER9
    2017.10.14 23:28

    X JAPAN、『ロンドン・タイムズ』で“世界一不幸なバンド”と紹介される

    X JAPANが、英国で1788年に創刊された世界最古の新聞媒体と言われている『ロンドン・タイムズ(The Times)』で紹介されている。本紙で日本のバンドが表紙に登場するのは、 229年にわたる歴史の中で初の事だ。

    記事のタイトルは「The world’s unluckiest band: the bizarre story of X Japan」。直訳すると「世界一不幸なバンド:奇妙なX JAPANの物語」だ。
    その記事は「1982年に結成され、ドラマー・コンポーザーYOSHIKIが率いるバンドX JAPANは、QUEENに加え、 Iron Maidenのヘヴィメタ・ヒステリア、 洗練されたクラシック音楽のシンフォニーを融合させたような壮大さの中に十分なメロドラマがある。
    X JAPANを世界的現象にしたいというYOSHIKIの計画は、そう遠くない未来まで来ているようだ。」という冒頭から始まる。

    以降YOSHIKIの幼少期、Kiss、David Bowie、Led Zeppelin、Sex Pistolsとの出会いからロックの道へ。さらにバンドの解散と復活、メンバーの死など、その後起こる数々のドラマをかなり深いところまでX JAPANの歴史として掘り下げ、 読者に紹介している。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000147881/top.jpg
    top

    https://www.barks.jp/news/?id=1000147881

    【X JAPAN、『ロンドン・タイムズ』で“世界一不幸なバンド”と紹介される。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/05(火) 10:57:15.46 ID:CAP_USER9
    「暑い夏の夜に、不自然なほど大きな白いマスクをしていなければ、ただの熱烈にヘビメタが好きな中年男にしか見えなかったと思いますよ。
    このへんには、そんな服装の人は少なくないわけですから」

    そう話し始めたのはX JAPANファンでもある、フリーライターだ。彼が言うマスク男の名前はX JAPANのベースを担当するHEATHだという。

    「YOSHIKIやToshIに比べると一般にはその名前は浸透していませんが、93年にXJAPANが世界デビューすることを発表した、24歳時に加入して以来のベテランメンバーです。
    ちなみに当時はXというバンド名でしたが、世界デビューするに当たって、この時に、『X FROM JAPAN』そして『X JAPAN』に変わった経緯があります」(スポーツ紙記者)

    そんなHEATHが東京・新宿の路上を歩いていたのは、去る8月30日。午後10時頃。ファンだった前出・フリーライターはしばらく、彼の様子を観察していたが、こう話す。

    「いわゆる、革のジャケットに白いTシャツ、黒革のタイトなズボンをはいているという典型的なロッカースタイル。
    コンビニに入っていったんですが、手に何も持っておらず、買い物はしなかったようです。
    で、近くの弁当屋に入ったんですが、そこでも何も買わない。で、またコンビニに入って、出てきたんですが、そこでも何も買っていない。
    察するに、遅い夕食をとろうと思ったが、気に入った弁当がなかなか見つからなかったといったところでしょうか」

    そうだとしたら、なかなか庶民的でほほえましい光景なのだが、妥協を許さない姿勢ともとれ、ロッカーらしいのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13568761/
    2017年9月5日 9時58分 アサ芸プラス

    【X JAPAN現役メンバー、周囲に溶け込みすぎた深夜の徘徊現場。】の続きを読む

    images (2)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 18:03:20.93 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/245784
    2017年8月23日

    YOSHIKI(Dr, Piano)がInstagramを更新。X JAPANのニューアルバム(タイトル未定)のレコーディングがほぼ終了したことを告知している。

    アメリカ・ロサンゼルスに滞在中だというYOSHIKIは、「Im in LA right now, recording #XJAPAN new album.. almost done.Xx」というコメントと共に8月20日のレコーディングスタジオの様子を公開。
    動画ではYOSHIKIがショパンの「幻想即興曲」を演奏する姿や、X JAPANの日本公演でストリングスアレンジを手がけたシェリー・バーグがYOSHIKIについてコメントする様子などを観ることができる。
    また動画の最後にはX JAPANのロゴと「NEW ALBUM COMING SOON」という文字が浮かんでいる。

    なおYOSHIKIはTwitterにもInstagramの動画をアップしており、「ニューアルバム、でるかも」と日本語でひと言添えている。

    https://www.instagram.com/p/BYGmJIbg84e/
    http://cdn2.natalie.mu/media/1505/0518/extra/news_xlarge_XJapan_art201505.jpg 
    news_xlarge_XJapan_art201505


    【YOSHIKI、X JAPANについて「ニューアルバム、でるかも。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/06/09(金) 17:06:01.32 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/236121
    2017年6月9日 15:28

    YOSHIKI(Dr, Piano)の人工椎間板置換手術により開催を協議中だったX JAPANのツアー「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」日本公演。この公演に関する記者会見が、本日6月9日に東京都内で行われた。

    この会見にはメンバーのToshl(Vo)とPATA(G)、HEATH(B)が登壇。会見の冒頭、Toshlは今回のツアーについて協議を重ねた結果「なんとか、前向きにやろうということになりました」と、公演の決行を発表した。
    しかしYOSHIKIはまだ手術直後でドラムの演奏が難しいことからピアノで参加すると明かし、ライブの構成に関して「アコースティックのセッションをするコンサートにしようという方向で話を進めている」と語った。

    アコースティックライブへの内容変更により、ツアーのタイトルも変更。「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle ~奇跡の夜~ 6DAYS」という新しいタイトルが発表された。
    この公演についてToshlは「今の時期だからこそできる我々の最高のパフォーマンスを。ファンの方々とメンバーで素敵な時間を共有したい。これからわくわくしながらリハーサルに入り、本番を迎えたい」と意気込んだ。

    ライブに向けての心境を問われるとPATAは「実際、まだいまいちよくわかってないんですけども(笑)。来ていただいたファンの方々が納得できるコンサートをやりたい」、
    HEATHは「どんな状況になってもベストを尽くしていきたい。応援のほどよろしくお願いします」と語った。
    また、スケジュールの都合で会見を欠席したSUGIZO(G, Violin)からは「どんな状況であろうとも全力を尽くします。どんな苦境になろうとも全霊で臨みます。それが僕の役目だと思います」というメッセージが寄せられた。

    会見の後半にはYOSHIKIが国際電話で会見に参加した。
    YOSHIKIは「元気?」とToshlに問いかけ「それ、こっちのセリフです(笑)」と笑わせる。その後ツアーについて「自分はやはり前に進んでいないと生きていけないタイプの人間で。僕のわがままですけど、ぜひやらせてほしいと」
    と開催を熱望したことを明かし「今はドラムは叩けない、というか今後叩けるかどうかもわからないんです。でもまずピアノを演奏して、次の目標に向かっていきたい。
    コンサートに向かっていることが自分にとってもリハビリになっています」と前向きな姿勢を見せた。

    (続きはソースをご覧下さい)

    http://cdn2.natalie.mu/media/1706/0609/xjapan/extra/news_xlarge_DSC_0396.jpg
    news_xlarge_DSC_0396

    http://cdn2.natalie.mu/media/1706/0609/xjapan/extra/news_xlarge_DSC_0380.jpg
    news_xlarge_DSC_0380

    http://cdn2.natalie.mu/media/1706/0609/xjapan/extra/news_xlarge_DSC_0362.jpg
    news_xlarge_DSC_0362

    http://cdn2.natalie.mu/media/1706/0609/xjapan/extra/news_xlarge_DSC_0382.jpg 
     news_xlarge_DSC_0382

    【X JAPAN、夏のツアーはアコースティック形式で決行。YOSHIKIはピアノで参加。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/05/10(水) 21:53:27.25 ID:CAP_USER9
    ロックバンド「X JSAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が5月16日に米ロサンゼルスで頸椎の緊急手術を受けるという。
    5月9日、同バンドの公式サイトが発表した。

    YOSHIKIはその激しすぎるドラムプレイの影響から09年に頸椎椎間孔狭窄症と診断され、手術を受けていた。
    同サイトによると、半年前に頸椎椎間板ヘルニアが悪化。
    手や腕に麻痺や強度のしびれなどの症状が現れ、演奏にも支障をきたしていたという。

    担当医師によると「今の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況」とのこと。
    スポーツ選手の症状に例えると、プロのラグビー選手なら引退せざるを得ないほど深刻なダメージを受けているというのだ。

    「自分の首が厳しい状況だと知りながらも、YOSHIKIは全力でパフォーマンスを続けてきました。
    このところ、あまりにも積極的に活動をこなしたため肉体的にも精神的にも限界に達したようです」(音楽業界関係者)

    今回の手術により、5月に予定されていたスケジュールは全てキャンセル。
    同バンドのワールドツアー日本公演やYOSHIKIのプレミアムディナーショー、LA公演を皮切りにスタート予定だった世界ツアーの予定日などについては「協議中」としている。

    それでも、YOSHIKIはツイッターを更新。
    「今の時点では7月に予定されているX JAPANのコンサートをやるつもり」と意気込んだ。
    なぜこれほどボロボロになるまで働き続けるのだろうか?

    「彼はX JAPANに関する楽曲の版権をほとんど持っています。それだけに年間に入ってくる印税だけでも相当な金額になる。
    またLAの豪邸やプライベートジェットの維持費やスタッフたちの給与など、それこそ“息をしているだけ”でも出て行く金が多い。
    そうした日々出入りするお金があまりに大きすぎるため、途中で止めることができなかったのです」(大手レコード会社関係者)

    ファンとして早期の復帰はうれしい限りだが、常に限界ギリギリのYOSHIKIの体調が心配される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170510-00010008-jisin-ent

    【YOSHIKIがギリギリまで働き続けなければならなかった理由。“息をしているだけ”でも出て行くお金が多い。】の続きを読む

    このページのトップヘ