メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/08/19(金) 20:11:09.86 ID:CAP_USER9
    2016-08-19 07:59:06

    メタリカが、11月に2008年の『Death Magnetic』以来となるニュー・アルバムをリリースすることを発表した。
    タイトルは『Hardwired…To Self-Destruct』。ダブルCD、ランニングタイム約80分の大作だという。

    アルバムは、『Death Magnetic』やブラック・サバス『13』のエンジニアで、
    スリップノットの『.5: The Gray Chapter』の共同プロデューサーGreg Fidelmanが、
    ジェイムス・ヘットフィールド、ラーズ・ウルリッヒと共にプロデュース。
    バンドは、「『Hardwired…』は、メタリカとしての俺らの旅の次章を象徴している。
    みんなと共有できることにすごく興奮している」とコメントしている。
    リリースの発表とともに、オープニング・トラックの「Hardwired」が公開された。

    『Hardwired…To Self-Destruct』のトラックリストは以下のとおり。

    ディスク1
    1.Hardwired
    2.Atlas, Rise!
    3.Now That We’re Dead
    4.Moth Into Flame
    5.Am I Savage?
    6.Halo On Fire

    ディスク2
    1.Confusion
    2.Dream No More
    3.ManUNkind
    4.Here Comes Revenge
    5.Murder One
    6.Spit Out The Bone

    ディスク3(デラックス・エディションのみ)
    1.Lords Of Summer
    2.Riff Charge (Riff Origins)
    3.N.W.O.B.H.M. A.T.M. (Riff Origins)
    4.Tin Shot (Riff Origins)
    5.Plow (Riff Origins)
    6.Sawblade (Riff Origins)
    7.RIP (Riff Origins)
    8.Lima (Riff Origins)
    9.91 (Riff Origins)
    10.MTO (Riff Origins)
    11.RL72 (Riff Origins)
    12.Frankenstein (Riff Origins)
    13.CHI (Riff Origins)
    14.X Dust (Riff Origins)

    『Hardwired…To Self-Destruct』は11月18日にリリースされる。

    Ako Suzuki


    http://img.barks.jp/image/review/1000129986/001.jpg
    001

    http://img.barks.jp/image/review/1000129986/002.jpg
    002

    https://www.barks.jp/news/?id=1000129986


    ∥動画∥
    Metallica: Hardwired (Official Music Video) [MetallicaTV]
    https://www.youtube.com/watch?v=uhBHL3v4d3I


    【メタリカ、11月にニュー・アルバムをリリース。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!©2ch.net 2016/07/11(月) 04:46:53.47 ID:CAP_USER
    © AFP 2016/ Nils Meilvang
    2016年07月10日 21:31(アップデート 2016年07月10日 21:43)
    ベラルーシの税関職員たちは、ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のメンバーらに、
    へヴィメタルバンド「メタリカ」のアルバムと写真にサインするようお願いした。
    「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のベーシスト、マイケル・バルザリーさんがインスタグラムで伝えた。

    バルザリーさんによると、「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のメンバーたちは、ベラルーシの税関職員らに、
    自分たちは「メタリカ」のメンバーではないと説明したが、それでも税関職員たちはアルバムへのサインを求めたという。
    バルザリーさんは、「彼らの方が強かった」と指摘した。

    なおRussia Todayによると、バルザリーさんは「メタリカ」の曲を演奏するはめになったという。
    バルザリーさんは、「いずれにせよ僕はメタリカの曲が好きだけど、ロベルト・トゥルヒーヨ(メタリカのベーシスト)
    ではないんだよね」とジョークを飛ばしたという。
    http://jp.sputniknews.com/life/20160710/2458129.html

    【ベラルーシの税関職員が「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のメンバーに「メタリカ」のアルバムと写真を差し出しサインをねだる。→誤解を伝えるも、根負けしメタリカの曲も演奏w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 投稿日:2016/05/04(水)19:29:45
    メタリカやレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、Museのマネージャーのピーター・メンシュ(Peter Mensch)は、
    英BBCのラジオ番組で、YouTubeは”レコード業界を殺している”と意味深い発言をしています。

    この発言は、音楽ビジネスの歴史と変化を取り上げたBBC Radio 4のドキュメンタリー
    「The Business of Music, with Matt Everitt」の中で、メンシュがしています。
    >>2回シリーズのドキュメンタリーは、レディオヘッドのエド・オブライエンやプライマル・スクリームのボビー・ギレスピー、
    レディオヘッドのマネージャーであるブライアン・メッセージ(Brian Message)、
    インディーズレーベルGlassnote Recordsの創始者ダニエル・グラス(Daniel Glass)、
    XL Recordingsのリチャード・ラッセル(Richard Russell)、YouTubeのロバート・キンクル(Robert Kyncl)らが出演しています。

    メンシュは番組の中で、YouTubeのビジネスモデルが持続不可能だと発言した上で、
    「誰かがYouTubeの問題を解決しなければ、我々はおしまいだ」とYouTubeで表示される広告が収益源
    となっている現状を非難しました。

    YouTubeはこれまで音楽業界に30億ドル(約3200億円)を支払ったと説明しています。
    しかしYouTubeがこの内訳について明らかにすることはありません。
    メンシュは「今までフリーで手に入れられてきたモノに対して対価を支払わせることは困難だ。
    これは消費者行動の基本だ」と、YouTubeのモデルが定額課金モデルの普及にまで影響を与えていることを指摘します。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    blogos 5月2日付け
    http://blogos.com/article/174165/

    【「YouTubeは悪魔だ。」メタリカのマネージャーが痛烈に批判 。「YouTubeはレコード業界を殺している。誰かがYouTubeの問題を解決しなければ、我々はおしまいだ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2)

    【メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドがベネフィット・ライヴで「Motorbreath」をアコースティックVerで披露。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/19(火) 22:22:43.98 ID:CAP
    2016/01/19 18:14

    メガデス(Megadeth)のデイヴ・ムステイン(Dave Mustaine)がお気に入りのメタリカ(Metallica)楽曲をセレクト。

    よく知られているように、デイヴはデビュー前のメタリカでギタリストを務めていましたが、
    メンバー間の衝突により解雇された過去があります。

    今回、メガデス最新作の宣伝のためにLA Weeklyのインタビューを受けたデイヴは、
    取材中にインタビュアーから「メタリカのデビュー・アルバム『Kill 'Em All』で4曲を共同で書いていますが、
    お気に入りはどれですか?」と質問されたデイヴは

    “俺のお気に入り?ふーん。面白いね。良い質問だ。
    俺が好きなのは「Phantom Lord」と「Metal Militia」だ、とても面白い曲だからね。
    だけど、君が俺が書いた中でのマイ・フェイバリット・メタリカ・ソングを尋ねているなら、
    それはおそらく「The Call Of Ktulu」(『Ride The Lightning』収録のインストゥルメンタル曲)だろう”

    と述べています


    ・Metallica
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016/54326.jpg
    54326

    http://amass.jp/67881/

    【メガデスのデイヴ・ムステインがお気に入りのメタリカ楽曲をセレクト。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 投稿日:2013/01/24(木) 18:41:57.17
     1986年から2001年までメタリカのメンバーだったジェイソン・ニューステッド(B)が
    メタリカについて語った。クリフ・バートンが事故で亡くなった後に加入し、
    サイド・プロジェクトが認められず脱退したといわれるニューステッドは、
    「俺は入ったことでメタリカを救い、やめたことでメタリカを救った」と考えているそうだ。
     彼は『Metal Force』のインタビューでこう話した。「もし俺がメタリカにいたら、
    メタリカはもはや生存していなかっただろう。バンドではなくなっていただろう」
    「これまで誰にも言ったことなかったけど、君には言うよ。俺は加入したときに
    メタリカを救った。そして、バンドをやめたときに彼らを救った。俺がその両方をやったから、
    彼らはいまでもいるんだ。俺だけの力でそうなったわけじゃない。だから、勘違いしないでくれ。
    独力じゃないんだ。俺の手柄だって思っているわけじゃない」
     また、メタリカへの復帰を望むファンの声を聞くものの、その気はないそうだ。
    「“バンドへは戻るの? お願いだから復帰してくれ”とか言われるが、それはあり得ない。
    俺はもうあのバンドにいたんだ。俺のバンド人生の半分を一緒に過ごした。
    俺はいまいい感じだ。彼らのバンドのいまいましさの中にいる必要はない(笑)。
    すでにあのバンドにいたんだよ」
     ニューステッドは2012年12月、Jesus Mendez JR(Dr)とJessie Farnsworth(G)と
    自身の名を冠したバンドNewsteadを結成したことを発表。1月初めに4曲入りの
    EP『Metal』をリリースした。

    ソース:BARKS
    http://www.barks.jp/news/?id=1000086741

    【元メタリカのジェイソン・ニューステッド、バンド脱退について「俺はやめることでメタリカを救った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ラナンキュラス(埼玉県) 投稿日:2009/07/30(木) 20:48:46.87 ID:3tAPT4Mn
    UtadaがUtadaのコーラス!仲良しカラオケ動画公開

    MySpaceの新サービス「MySpaceカラオケ」の開始を記念して、
    日米のMySpaceで実施されたUtadaのカラオケコンテスト。
    この優勝者を招いたパーティが7月19日に行われ、本日その動画がMySpace上に公開された。

    当日のパーティでUtadaは優勝者とともに、宇多田ヒカルの「ぼくはくま」「HEART STATION」や
    「Ain't No Mountain High Enough」など計6曲を熱唱。
    コンテストの課題曲となった「Come Back To Me」ではUtada本人がバックコーラスを担当し、前代未聞のコラボレーションも実現した。

    また、公開中の動画では、Utadaが普段カラオケでMETALLICAを歌っていることが判明するなど意外な事実も続出。
    ファン必見の観ごたえある内容となっている。

    なお、このパーティの詳細レポートは8月25日発売の雑誌「MySpace From JP.」に掲載される予定。

    http://natalie.mu/news/show/id/19267

    画像
    http://natalie.mu/media/0907/0730/extra/news_large_utada_karaoke.JPG 
    news_large_utada_karaoke
     

    142: 西洋オダマキ(関西・北陸) 投稿日:2009/07/30(木) 23:56:17.20 ID:9onGJTxz
    宇多田がメタリカを…
    これまた超意外だなおい

    29: オウレン(コネチカット州) 投稿日:2009/07/30(木) 20:55:20.41 ID:6hcigaID
    >>1
    So what?

    【宇多田「普段カラオケでMETALLICAを歌ってるわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 投稿日:2012/05/31(木) 18:57:00.44
     現在1991年の『メタリカ(ザ・ブラック・アルバム)』の全曲ライヴを含んだ
    セットを引っ提げ、ヨーロッパをツアー中のメタリカは印税では充分稼げないから
    ツアーをやめるわけにはいかないと明かしている。
     ギターのカーク・ハメットはできればもっと家族との時間を大切にしたいところだが
    そんな生活はもうまかなえないのだとしていて、過去5年のうちなぜ4年はヨーロッパを
    ツアーしているのか次のようにローリング・ストーン誌に語っている。
     「2年間オフを取ってっていうサイクルはもはや存在しないんだ。そんなことを以前
    やれていたのは、常に印税収入が入ってきてたからなんだよ。それが今じゃアルバムを
    出しても1度か2度くらいはお恵みにありつけるけど、かつてのような、3か月おきに
    印税の小切手が届くようなことはもうないんだよ」
     さらにカークはバンドとしてはツアーを少なくしていきたいのだが、それがもはや
    できない状態になっていると語っている。「俺たちは元々ライヴ・バンドだったし、
    とにかくライヴ、ライヴ、ライヴってそうやるしかなかったんだよね。でも、最近になって
    もうちょっと楽に構えたいというところもあって、家族との時間を満喫したいとか
    そういうこともあるんだよ。でも、これはもうこういうものになっちゃってるからね、
    それを変えるわけにもいかないんだな」

    ソース:RO69
    http://ro69.jp/news/detail/68548

    91: はんどるとらふりぃ ◆7DSin/vN4A 投稿日:2012/05/31(木) 19:49:15.90 ID:J0lmoL4V0
    >>1
    もう充分稼いだはずじゃないの。
    ジェイムズやラーズに大半持っていかれてるのだろうか。

    【メタリカのカーク・ハメット「印税では充分稼げないからツアーをやめるわけにはいかない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2)


    1: 北村ゆきひろ ★@転載は禁止 ©2ch.net 投稿日:2015/03/05(木) 20:42:13.47
    ヘヴィメタルバンド Metallica が次の作品をカセットテープで発売します。毎年4月第3土曜日に行われる
    レコードストアデイに合わせたもので、1982年のデモテープ『No Life 'til Leather』をリマスターし、カセットテープの形態でリリースします。

    Metallica といえば、言わずと知れた超大物ヘヴィメタルバンド。1983年に初のアルバム『Kill 'Em All』を発表するや
    ザクザクとしたギターにやたらと高速なリフが特徴のスラッシュメタルブームを巻き起こし、1989年には映画
    『ジョニーは戦場へ行った』を題材とした楽曲『One』がグラミー賞を受賞、グルーブ重視の音楽性に方向転換した
    1991年発売のアルバム『METALLICA』では4週連続全米1位、2000万枚以上を売り上げる大ヒットを生み出しました。

    その後もさらに音楽性の幅を広げ、ルー・リードとのコラボレーションアルバム『Lulu』の発表で物議を醸したり、
    南極大陸公演開催により「1年間に世界7大陸すべてでコンサートを行ったバンド」としてギネスに登録されたりもしています。

    レコード・ストア・デイは、全米のレコードショップとアーティストが一体となってCDやアナログレコードを手にする楽しさを
    共有するというイベント。賛同する数多くのアーティストがこの日に合わせて未発表曲などのレアな作品を主に
    アナログレコードでリリースします。また最近はレコードストアデイに合わせてカセットテープで作品をリリースするアーティストも増えてきました。

    今年のレコードストアデイに合わせて Metallica がリリースするのも、1本のカセットテープです。『No life 'til leather』と
    記されたそのテープはバンドの結成2年目、1982年に製作されたデモテープで、ファンの間では数百ドルで取引される代物です。

    1982年当時の在籍メンバーは、オリジナルメンバーのジェイムズ・ヘットフィールドとラーズ・ウルリッヒ、ロン・マクガヴニー、
    そして現在は Megadeth を率いる"大佐"ことデイヴ・ムステイン。メンバー全員がまだ18~19歳のころに録音された
    この音源は、Metallica ファンだけでなく Megadeth ファンにもかなり魅力的な商品となりそうです。

    もちろんこのカセットは当時のデモテープそのままではなく、リマスター処理を施したうえで、自身のレーベル
    Blackened Recordings のリイシューシリーズ第1弾としての発売となります。
    発売日は4月18日で全米のレコード店およびバンドのサイトから購入可能となる予定。また、遅れて夏頃に発売される
    CD とアナログレコードにはさらに未発表音源が追加されます。

    ちなみに、2008年の第1回レコードストアデイでアンバサダーを務めたのが Metallica。毎年アンバサダーは
    著名アーティストが歴任しており、今年は Foo Fighters のデイヴ・グロールが就任しています。レコードストアデイは
    日本でもここ数年開催されており、今年は THE BAWDIES のROY 氏がアンバサダーとなっています。

    蛇足ですが、下は2月28日 Metallica のカーク・ハメットがツイッターに投稿したツアー用の洗濯機。
    これを見たファンの間では「Wash 'Em All」、「Disposable Laundry」、「Some kind of Washer」、
    「...And Clean Clothes for All」、「un-Blackened」などといった作品名にちなんだ名付け大会が勃発しており、何やら楽しそうです。

    B-4yi3dUcAAi0pr

    http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/c1e1f1a9be6b10651bbc80c00f906f68/201640077/sub02.jpg 
    sub02

    http://o.aolcdn.com/dims-shared/dims3/GLOB/crop/3000x1997+0+0/resize/630x419!/format/jpg/quality/85/http://hss-prod.hss.aol.com/hss/storage/midas/e941d1f5cf980b41515f93b372c2d33a/201638670/458829174.jpg
    458829174

    http://japanese.engadget.com/2015/03/03/82/

    【メタリカ、次回作をカセットテープで発売。82年ムステイン在籍時の音源リマスター。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 投稿日:2012/04/13(金) 22:18:48.75
     80年代の日本における活躍をきっかけに大ブレイクして世界的なレスラーとなったことでも
    知られるプロレスラーのハルク・ホーガンは最初期のメタリカにベースとして参加していたと
    発言しているが、ドラムのラーズ・ウルリッヒがこの発言を否定している。
     今ではパーソナリティとしての活動が目立つようになったハルクだが、『ザ・サン』紙に
    次のように発言している。「俺はレスリングをやる前はセッション・ミュージシャンをやってたんだよ。
    ベース・ギターをやってたんだ。ラーズ・ウルリッヒとも大親友で、初期のメタリカでベースを
    やらないかと誘われたんだけど、うまくいかなかったんだな」
     この発言の真偽について訊かれたラーズは、まず自分はそもそもプロレス・ファンではないので
    ハルク・ホーガン自身を知らないし、別の人物ならまだしもそういうことはまず起きていないと語っている。
     音楽サイトの『ブラバーマウス』にラーズはこう語っている。「これを長所ととるか、短所ととるかは
    見方によるんだけど、俺は自分が関わってきたことについてはたいがい映像的な記憶を
    持ってるんだよね。でも、2~3か月前から持ち上がってるこの件についてはね、ちょっと頭を
    ぽりぽりかきつつ首をひねっちゃうんだよね」
     「まずハルク・ホーガンを知らないし、どういう人物なのかしっかり知らないからね。
    俺はプロレス・ファンじゃないんだよ。せめてなんか、本名でいってくれないとさ、
    それにハルク・ホーガンの本名を知ってそうな奴さえ俺は知らないわけだからね。
    なんかデイヴ・スミスとかね、まったく違った名前で俺たちとなんか関わりがあったっていう
    ことならまだしも、ハルク・ホーガンと関わった記憶は俺にはまったくないんだな。
    これはやっぱり頭をぽりぽりかいちゃうというか」

    ソース:RO69
    http://ro69.jp/news/detail/66490

    104: 名無しさん@恐縮です 投稿日:2012/04/14(土) 09:04:11.56 ID:HTfefC5O0
    >>1
    ラーズよ
    頭をポリポリかきすぎるとハゲちゃうぞ

    【初期メタリカにハルク・ホーガンがベースとして参加していた? ラーズ・ウルリッヒ「ホーガン自身を知らない」と否定。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 投稿日:2011/10/04(火) 20:18:19.88
     89年から96年にかけてラモーンズのベーシストとして活躍したCJ・ラモーンが、
    二度もメタリカの加入を打診されていたことを明らかにした。
     C.Jによると、誘いを受けたのは、メタリカからベーシストのジェイソン・ニューステッドが
    脱退したとき。彼はこのように話している。
     「一度だけじゃなくて二度も、メタリカに加入するようにアプローチを受けたんだ。
    ジェイソンが初めてバンドを抜けたときに、彼らはアプローチしてきたよ。それから
    少し経ってから、まだ彼らは新しいメンバーを見つけるのに苦労していたみたいで、
    僕に再びアプローチしてきたんだ。でも、当時は息子が自閉症と診断されていたから、
    彼を置いていくなんてことは出来なかったんだよね」。
     メタリカとラモーンズというと意外な組み合わせに思えるが、ラモーンズの
    ジョニー・ラモーンとメタリカのカーク・ハメットが友人同士で、ジョニーがメタリカに
    CJを勧めたのが加入話の発端であるらしい。結局は元スーサイダル・テンデンシーズの
    ロバート・トゥルージロがメタリカに加入することになったが、C・Jは誘いを受けたこと
    自体は光栄だったと語っている。

    ソース:OOPS!
    http://oops-music.com/news.php?nid=69769

    【“元ラモーンズ”ベーシストのCJ・ラモーン、メタリカ加入の打診があったことを明かす。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/09/17(木) 02:21:25.31 ID:vKktQyWN0.n
    matallicaの…and justice for all
    ベース消したらどれだけしょぼい音楽になるかよくわかるアルバムやからまあええわ…

    【【…and justice for all 】いじめでベースラインだけ消した世界一のメタルバンド、メタリカwwベース音を再現したらクッソカッコイイワロタwwww正式にリミックスしろやwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ